溺れた人への救助は人工呼吸をするの?しないの?溺水者の心肺蘇生法 徹底解説




プールや海で溺れた人が救助されたら、意識なし、呼吸なしだったが人工呼吸をしたら自発呼吸が戻ったというニュースを目にしたことがある方も多いと思います。

しかし、コロナ禍においては成人の心停止に人工呼吸は行わず胸骨圧迫とAEDを実施というニュースも目にします。

実際に溺れた人への救助は人工呼吸をするのか?しないのか?どのように救助を行えばよいのでしょうか?





確かに、コロナ禍における一般市民の方に向けての心肺蘇生の講習では、

胸骨圧迫とAEDが強調されすぎてしまい、とりあえずAEDを貼っておけばいい、胸を押しておけばいいという、心室細動以外の原因をあまり考えない流れが主流となってしまいる風潮があります。

しかし、小児蘇生や溺水者の救助には胸骨圧迫とAED以外に非常に重要なポイントがあります。




AEDがあればただちに装着すべきですが、それと同じかそれ以上に、子どもや溺水者の救助では人工呼吸が重要です。






心肺蘇生法ガイドラインと溺水者に対する心肺蘇生


一般的な心肺蘇生の根幹をなす重要なガイドラインであるAHA(アメリカ心臓協会)の心肺蘇生法ガイドラインが新しくなり、2020年10月21日に全世界に公開されました。

JRC蘇生ガイドライン2020 | (japanresuscitationcouncil.org)


今回の改定では手技の面では大きな変更はありませんでしたが、これまでは特殊なケースとされていた妊婦さんへの心肺蘇生や溺水者に対する心肺蘇生が記載されるようになりました。

特に溺水に関しては通常の流れとは異なる流れになっていますので、一般市民であっても学校の先生やプールの監視員などはきちんと習得しておく必要があります。



溺水者に対する心肺蘇生


コロナ渦における心肺蘇生では、バッグマスクがない、もしくはバッグマスク換気ができない場合は、成人傷病者には人工呼吸はしない、というのが基本方針ですが、

呼吸が原因で心停止が起こる可能性が高い子どもや溺水者に対しての心肺蘇生は人工呼吸が欠かせません



溺水者の救助手順


反応を確認する

大声で助けを呼ぶ

119番通報・AEDの手配

呼吸の確認

(普段通りの呼吸、胸・お腹の動きが確認できる場合は回復体位にして様子を見ながら救急隊を待つ)   

普段通りの呼吸をしていない 

 

気道確保・補助呼吸(2回)

 ↓

脈拍確認

 ↓

胸骨圧迫30回人工呼吸2回を繰り返す

 ↓

AED装着

 ↓

心電図の解析

電気ショック1回後直ちに心肺蘇生法を再開する

救急隊が到着するまで繰り返す



まとめ

溺水の救助手順
呼吸確認・なし → 人工呼吸2回       →脈拍確認・なし→ 30対2のCPR開始

最初の吹込み2回には、酸素供給と人工呼吸で状態を改善できる事を期待して行う補助呼吸の意味合いを持っています。


溺水者への救助で最も重要なことは人工呼吸をできるだけ早く行うこということです。

しかし、口対口人工呼吸は、フェイスシールドを使って練習したことがある、もしくは、あったとしてもできる自信がないというのが正直なところではないでしょうか?


そこで施設などに用意しておきたいものがポケットマスクです。

コロナ禍において人工呼吸をためらわれることがあって当然ですが、 呼吸が原因で心停止が起こる可能性が高い、子どもや溺水者に対しての心肺蘇生は人工呼吸が欠かせないことから、学校の先生やプールの指導者、プールの監視員などはポケットマスクとあわせて人工呼吸の練習をしておくとよいでしょう。



心肺蘇生の講習に関してはこちらの記事をあわせてご覧ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です