キーボードが動かない 原因と応急処置 徹底解説

キーボードが動かない

・・・キーボードが動かない
どうしよう・・・



こんな経験ありませんか?


パソコンは精密機械のため、いろいろなトラブルが起こりますが、中でも多いのがキーボードが動かないキーボードが反応しないということです。

昨日までは普通に使えていたのに・・・
マウスは使えるのに・・・
再起動を繰り返してもキーボードが動かない


そんな時どうしたらよいでしょうか


今回は、そんな時にも困らないように、キーボードが動かない 原因と応急処置 を徹底解説していきます。



キーボードが動かない原因



キーボードが動かない場合の多くには何かしらの原因があります。


キーボードが動かない原因を解明することができれば、キーボードが再び動くようになるかもしれませんので、代表的な原因をご紹介します。



キーボードにごみやほこりが詰まっている 液体をこぼしてしまった


キーボードにごみやほこりが詰まっていたり、液体をこぼしてしまった場合にはキーボードが動かなくなることがあります。

ごみやほこりが詰まっている場合には、原因になりそうなものを取り除いて、キーボードが動くかどうかを確認してください。


また、水濡れの場合に放置しておくとキーボードだけでなく、他のパソコンパーツまで故障の原因になるため、早めに修理を依頼しましょう。



接続が不十分



キーボードが動かない場合に、確認してもらいたいのがキーボードの接触です。


有線で使用するタイプの場合、何かの拍子で接続がパソコン側がキーボードを認識できなくなるということがあります。


このような場合には、キーボードのケーブルを抜いて、もう一度差し込んでみてください。


無線キーボードの場合には、電池が少なくなっている場合は電池を交換したり、電源の入れ忘れを確認するとともに、キーボードの動作情報を受け取るための受信機(レシーバー)がパソコンのポートから外れそうになっていないか確認してみましょう。



フィルターキーが有効になってしまっている



Shift キーを8秒間以上長押しをするとフィルターキーが設定されます。


フィルターキー機能とは、同じキーを押したままにしてしまった際などに誤入力を防ぐための機能です。

うっかり、フィルター機能がオンになっているとキーボードを押しても反応しない可能性があります。


「設定」の「キーボード」に表示されている「フィルターキー機能の使用」がオフになっているかを確認してみましょう。






帯電によりキーボードが機能しない



パソコンは電気を帯びやすいため、帯電によってキーボードが動かなくなることもあります。

その場合は次の手順で放電作業を行ってください。


1電源を一度おとしてから、電源コードをコンセントから抜いてノートPCのバッテリーを外す。

2その状態で約90秒間放置する。

3その後再度バッテリーと電源コードを取り付けます。


放電が出来たらキーボードが動くかどうか動作確認を行ってください。




直らない キーボード自体が故障している場合の応急処置



上記の方法以外にも、Windows Updateを実行してシステムを最新にすることで、キーボードの問題が解決する場合もありますが、上記の原因に当てはまらない場合は、キーボード自体の故障も考えられます。


ノートパソコンの場合、キーボードだけの取り換えはできないため、外付けのキーボードを使うか修理が必要になります。


しかし、すぐにキーボードを使えないと不便なため、キーボードが使えないときの応急処置をご紹介します。



スクリーンキーボードを使用する



キーボードが使えず入力ができないときにも有効な手段がスクリーンキーボードです。


スクリーンキーボードとは、画面にキーボードを表示して、マウスでキーボードのボタンをクリックすることで、入力が可能になる機能です。



スクリーンキーボードには、マウス操作でキー入力ができるためキーボードが使えないときにとても役に立つだけでなく、(ハードウェア的な) キーボード入力をせずに、(ソフトウェア的に)スクリーンキーボードを利用することで盗み取りリスクも軽減されるというメリットもあります。

スクリーンキーボードの出し方


スクリーンキーボードを出す方法はいくつかありますが、キーボードが動かない場合に使用できる方法をご紹介します。

1デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開く

2「すべてのアプリ」から「Windows簡単操作」フォルダを展開して「スクリーンキーボード」をクリックしましょう。

[Windows 簡単操作]の[スクリーンキーボード]を選択


サインイン画面では画面右下の3つ並んでいるアイコンの中央にあるアクセシビリティアイコンをクリックしましょう。

メニューが表示されるので、「スクリーンキーボード」をクリックすると画面にスクリーンキーボードが表示されるようになります。


キーボードの故障が直ったり、外部キーボードを購入したら、非表示にしましょう。




最後に 




今回はキーボードが動かなかったり、反応しないときの原因と応急処置をご紹介しました。


急にキーボードが使えなくなると焦ってしまいますが、今回の方法を試してみてください。

また、日頃から電池残量の確認やレシーバーが差し込み口に差し込まれているかなどを確認しておくことが大切です。

それでも、キーボードが動作しない場合は、パソコンに詳しい方に見てもらうか修理に出すようにしましょう。


他のパソコン使用中のトラブルに関してはこちらの記事もご覧ください。

Excelが対応なし・フリーズする原因と応急処置

出典 http://dele.life/

ExcelWordPowerPoint、そしてOutlookなどのOffice製品で、起動できなくなってしまったということはありませんか?

また、起動するものの応答なし動作を停止しましたとなると作業ができないだけでなくストレスもたまります。

特にExcelを使っている人は多いと思います。

そこで今回は、Excelが対応なし・フリーズする原因と応急処置の方法をご紹介します。

Excelが対応なし・フリーズする原因


Excelが対応なし・フリーズする原因は多いですが、応答なしが一部のExcelファイルのみで起きるのか、常に頻発するのかである程度原因を切り分けることができます。

  • Excelファイルのデータが大きすぎる
  • パソコンのスペックが足りていない
  • 設定やアドインでトラブルが起きている
  • Excelプログラムの不具合・バージョンが古い
  • ウィルス対策などの常駐ソフトの干渉

一部のファイルのみの場合はファイルのデータが大きすぎるかパソコンのスペックが足りてないことが多く、頻発する場合設定などのトラブルプログラムの不具合他ソフトの干渉の可能性が高いです。

Excelデータが大きすぎる


Excelはかなり自由にデータを増やしていけますが、数式のセルやシートの枚数が大量になると、パソコンへ掛かる負担が大きくなって動作が重くなってしまいます。

それでも処理しきれれば止まることはありませんが、パソコンのスペックの限界になってしまうと、Excelが応答なしになってしまいます

一部のファイルのみ応答なしが発生するようであれば、まずはファイルサイズや数式セルの数、シート数を確認しましょう。

もし、他のファイルに比べて多いようであれば、シートを一旦別ファイルに分けるか、不要なシートを削除して運用するようにしてみてください。

パソコンのスペックが足りない


データの少ないExcelファイルは快適に動くのに、データが多いExcelファイルで応答なしが起きやすい場合は、単純にパソコンのメモリ不足が考えられます。

エクセルを快適に使うためにも、パソコンのメモリの量が大切です。

パソコンのメモリ量を確認して、4GB以下の場合は、できればパソコンの買い替えかメモリの増設が望ましいです。

すぐには変えれないという場合は、Excelを起動している時に、できるだけ他のアプリケーションを同時に使わないようにして見てください。

設定やアドインでトラブルが起きている


エクセルの応答なしが、どんなファイルを開いても頻発するようであれば、設定を見直すことで改善するケースがあります。

追加したアドインが原因となってExcelが応答なしになってしまう場合もあるようです。

一旦次の手順に従ってアドインを無効化してみてください。

ファイルからExcelのオプションを表示します

アドインを選択するとアクティブなアドインが表示されます

セレクトボックスが【Excelアドイン】になっていることを確認して【管理】ボタンをクリックします

有効になっているアドインのチェックをはずして【OK】を押します

同じくセレクトボックスで【COMアドイン】を選択して【管理】ボタンを押します

有効になっているアドインのチェックをはずして【OK】を押します

以上の手順で、現在有効になっているアドインを無効化することできます。

アドインを無効にして、症状が改善した場合は、アドインが原因になっているため、今後は利用しないか、どうしても使いたいアドインがある場合は、代用のアドインを探してください。

Excelプログラムの不具合


(1) スタートボタンをクリックして、「コントロールパネル」をクリックします。

(2) 「コントロールパネル」が表示されます。
表示方法がアイコンの場合は「プログラム」をクリックします。

(3) プログラムを選択してクリックし、officeを選択しクリックします。

(4) 「Officeプログラムをどのように修復しますか?」と表示されたら、「クイック修復」をクリックし、「修復」をクリックします。

●クイック修復
インターネットに接続していなくても、ほとんどの問題をすばやく修正します。

●オンライン修復
すべての問題を修正しますが、少し時間がかかり、処理中はインターネットに接続している必要があります。クイック修復を実行しても問題が修復されない場合、このオプションを選択できます。

(5) クイック修復を開始してもよろしいですか?」と表示されたら、「修復」をクリックします。

(6) 修復しています

(7) 「修復が完了しました。」と表示されたら、「閉じる」をクリックします。

修復作業を行う前に、Excel 2016やWord 2016などのOfficeアプリケーションを終了する必要があります。

ウィルス対策などの常駐ソフトの干渉


パソコンには、バックグラウンドで起動しているソフトが多くあります。

この中で特に処理が重くなるのが、ウィルス対策系のアプリケーションです。

ウィルス対策ソフトをインストールしている場合は、一時的にソフトを停止してからExcelを使ってみてください。

状況が改善されれば、ウィルス対策ソフトが原因になっている可能性が高いです。

Excelが対応なし・フリーズしたときの応急処置


パソコンの調子が悪い時や、トラブルで正常な動作ができない時などに役立つ方法としてセーフモードがあります。

セーフモードは最低限の機能で起動するモードのため、アドインや機能拡張、ユーザ設定、個人用マクロブックなどが読み込まれません。
そのため、一部の作業が制限されます。

セーフモードで制限される作業


テンプレートの保存 Wordでいうdotファイル、Excelでいうxltxファイルの保存

Officeアシスタントは自動で表示されない (イルカのカイル君が出ない)

ツールバーやコマンドバーのユーザ設定が読み込まれず保存できない カスタマイズしたツールバー

オートコレクトリストが読み込まれず変更保存できない

修復した文書が自動的に開かない
など

セーフモードでアプリケーションが立ち上がれば、問題点を修正することも可能になってきます。

つまり、セーフモードは、アプリケーションにとって1つの生命線となります。

セーフモードで立ち上げる方法


「Ctrl」キーを押しながらアプリケーションを起動します。

すると、「セーフモードで起動しますか?」といったメッセージが表示されますので、[はい]をクリックします。

最後に


アプリケーションがセーフモードでしか起動しなくなった場合は、そのままにしておくと、アプリケーションが壊れてしまう可能性がありますので、まだセーフモードでなんとか起動しているうちに問題点を解決するようにしてください。

どこかに、無理やりな設定が入っているはずです。