AEDをさがせ!結局のところAEDってどこにあるの?                        AED設置施設別 設置個所 徹底解説

AEDをさがせ


①オレンジのAEDはどこにあるでしょうか?

②赤いAEDはどこにあるでしょうか?

③ウォーリーはどこにいるでしょうか?


正解は本記事の一番下で




AED N@VIなどのAEDマップでAED設置施設はわかったんですけど、施設内のAEDを発見することができません
探し方が悪いんでしょうか?



確かに、施設によってはわかりにくい場所にあったり、背景に溶け込んだりして見つけづらいAEDもあります。




施設の人に借りたくても近くにいないというケースもありますね。

今回はAED設置施設別 設置個所AED設置施設別 設置個所を解説していきましょう。





代表的なAED設置施設


AEDには適正配置に関するガイドラインというものが設けられており、以下のような場所に設置することが推奨されています。


1.駅・空港・長距離バスターミナル・高速道路サービスエリア・道の駅
2. 旅客機、長距離列車・長距離旅客船等の長距離輸送機関
3. スポーツジムおよびスポーツ関連施設
4. デパート・スーパーマーケット・飲食店などを含む大規模な商業施設
5. 多数集客施設
6. 市役所、公民館、市民会館等の比較的規模の大きな公共施設
7. 交番、消防署等の人口密集地域にある公共施設
8. 高齢者のための介護・福祉施設
9. 学校(幼稚園、小学校、中学校、高等学校、大学、専門学校等)
10. 会社、工場、作業場
11. 遊興施設
12. 大規模なホテル・ コンベンションセンター
13. その他
13-1 一次救命処置の効果的実施が求められるサービス
13-2 島しょ部および山間部などの遠隔地・過疎地、山岳地域など、救急隊や医療の提供までに時聞を要する場所)

引用 AEDの適正配置に関するガイドライン


AED設置施設を調べるのに便利なAED N@VIの使用方法に関してはこちらの記事をご覧ください。




目印となるステッカーを探す


上記のような場所でも、AEDは全ての建物に設置されているわけではありません。


AEDが設置されている場所の多くは、目立つところにAEDの設置ステッカーが貼ってあります。

「AED設置施設」と記載されたステッカーが貼ってあれば、その施設のどこかにAEDがあります。

AEDステッカーとは に対する画像結果
ソース画像を表示
AEDステッカーとは に対する画像結果



施設の管理者や従事者に尋ねてみましょう。




AEDは施設のどの辺に設置されているのか



AED N@VIのようなAEDマップに登録はあってもAEDの設置ステッカーが 貼っていない場所や管理者や従業員が周りにいない場合はどうしたらよいのでしょうか?


代表的なAED設置施設ごとに設置個所の目安を解説していきますので参考にしてください。





都市部の駅であれば、AEDは設置されています。

あまり大きな駅でなければ有人改札内にありますが、大きな駅は利用者の妨げになりづらい場所に設置してあるためわかりづらいことがあります。

主に、精算機近く路線図近くエレベーター近くトイレの近く

大きな駅ではホームにAEDが設置してある場所もありますし、新幹線など車内に設置してある車両もあります。



また、都市部以外の小さい駅では
AEDが設置されていない場合があるので注意が必要です。

こちらの記事ではAEDが設置されていない駅を紹介しています。


空港


空港にはより多くの人が集まることから、駅よりも多くAEDが設置してあります。

待合所手荷物受取所付近保安検査場付近ゲートエリア付近などに設置してあります。

空港のAEDはフロアマップに掲示してありますので、フロアマップも参照してください。


サービスエリア・道の駅


サービスエリアやパーキングエリア、道の駅などの多くにもAEDが設置してあります。

店舗内入り口付近に設置してあることが多く、店舗の営業時間内に使用できます。


遊園地など遊興施設


遊園地など遊興施設も多くの人が集まることから、多くAEDが設置してあります。

遊園地など遊興施設 では訓練を受けたスタッフがいるため、スタッフ通用口救護センターに設置してあることが多いです。


スポーツジム


スポーツジムは、今まではビル共用のAEDを使用していることが多かった印象ですが、24時間営業のスポーツジムが増えてきており、店舗内にAEDが設置されているジムも多くなってきました。

スタッフがいない時間帯もあることから入り口付近マシンの近くにAEDが設置されていることが多いです。



デパート


デパートや大型商業施設にもAEDの設置が増えてきています。


デパート、大型商業施設のAEDは、守衛室防災センター案内所内エレベーター近くトイレ付近に多く設置してあります。


小田急デパート新宿店のように、ほぼすべてのフロアにAEDが設置してある店舗もありますが、すべてのデパートにAEDが設置されているわけではありません。



スーパーマーケット


スーパーマーケットはデパートほど多くはありませんが、AED設置が増えています。

スーパーマーケットにあるAEDは、入り口付近サービスカウンター付近トイレ付近駐車場付近に多く設置されています。




ドラッグストア


ドラッグストアにAEDが設置されている場合は、デパートやスーパーに比べ狭いことが多いため、幅をとらない壁掛けタイプのAEDを設置している施設も多くあります。

店内の壁に設置されたAEDの機械の写真
ドラッグストア マツモトキヨシ 安田店/阿賀野市 (city.agano.niigata.jp)



ドラッグストアのAEDは、レジ・キャッシャー内入り口付近など消化器と一緒に設置してある施設が多くあります。



コンビニエンスストア


事業所内などにAED設置が進む中、24時間利用できる場所は少ないのが実情でした。

そこで注目されているのが、コンビニエンスストアへのAED設置です。

地方自治体がコンビニと連携し、多数存在するコンビニエンスストアにAEDを設置することにより、一般市民による心肺蘇生の機会が拡大し、更なる救命率の向上が期待されます。

コンビニにあるAEDの多くはレジ内にあります。

中には陳列棚付近に設置しているコンビニもあるので、店員さんへの確認が必要です。


銀行


AED設置施設として見落としがちなのが銀行、信用金庫です。

銀行、信用金庫はATMキャッシュサービスコーナーにAEDが設置されています。




管理者・従事者が必ずいる施設 


上記にあげた施設以外にも、


市役所、公民館、市民会館等の比較的規模の大きな公共施設
交番、消防署等の人口密集地域にある公共施設
学校(幼稚園、小学校、中学校、高等学校、大学、専門学校等)
カーディーラー
など

にはAEDが設置されていますが、管理者や従事者が必ずいるので許可を得る必要がありますし、中には AED使用報告書の記載を求められることがあります。


また、
会社、工場、作業場
マンション
高齢者のための介護・福祉施設
病院施設、歯医者

などの施設では

施設のAEDは建物と敷地内で発生した心肺蘇生法が必要な事案に対応するためのもので、基本的に敷地外には貸し出していないということがあります。



最後に

いかがでしたでしょうか?

AEDはどういう場所に設置されているのか、特に普段よく行く場所の周りはよくチェックしておくことで、もしもの時に落ち着いて行動ができるようになります。

AEDを借りる場合には、無言で借りず必ず許可を得ましょう。

AEDを持ち出す際、大きな音がなりますので周囲の人への呼びかけも重要です。




おまけ


冒頭のクイズの正解です。

見つけることはできたでしょうか?

『AED 1000台登録するまで 帰れま1000!?』AED N@VIの使い方とAEDを効率よく見つける方法 徹底解説

帰れま1000


出典 日本AED財団 主催 AED1000台登録するまで帰れません!? 公式アカウントさん (@2021Aed) / Twitter


日本では年間7万人、約5分に1人の方が心臓突然死で亡くなっています。

しかし、早い段階で心肺蘇生を行えば2倍、さらにAEDを使えば、6倍もの人の命を助けることができます。



そのAEDが、平成16年7月1日にAED(「自動体外式除細動器」)の市民使用が認められたことを記念して、7月1日は「AEDの日」とされています。




そのAEDの日に公益財団法人日本AED財団が監修するAEDマップのAED N@VIのアプリ版がリリースされました。


さらに、日本AED財団は、7月4日14:00~17:00までの間AED N@VIを使った「AEDをもっと身近にキャンペーン」という日本全国から楽しみながら参加できるイベントを企画します。



その名も『AED 1000台登録するまで 帰れま1000!?』です。

https://youtu.be/8yRoWQZowiI

このイベントの目標はみんなで力を合わせて1000台のAED設置情報の登録をすることです。


現在、全国に65万台のAEDが設置されていますが、いざというときにすぐAEDを使用できるようにするためには、AEDの正確な設置情報が必要不可欠です。

しかし、AEDはどこに行けばあるのでしょうか?


そこで今回は、AED N@VIの使い方とAEDを効率よく見つける方法を徹底解説していきます。


AED N@VIとは


AED設置情報を広く共有する、AEDマップには 日本全国AEDマップ日本救急医療財団 全国AEDマップ があり、AED N@VIはAEDマップとしては後発になりますが、


2名以上のボランティアが確認したAED情報のみ掲載されること
1年以上情報の更新がない設置情報は削除すること


この2つによって、情報の正確性に乏しい・古い設置情報が更新されないといったAEDマップ全体のデメリットを解消し、最新の情報を更新し続けることができるというメリットを持った参加型の新しいマップです。


参加型の仕組みとして、自分たちの周りにあるAEDを見つけ、情報を共有することを通じてよりAEDを身近に感じることができます。


それをイベント化したものが 、『AED 1000台登録するまで 帰れま1000!?』 です。


それでは、 『AED 1000台登録するまで 帰れま1000!?』 に参加するにはどうすればよいのか?また、AED N@VIはどう使用すればよいのでしょうか?



『AED 1000台登録するまで 帰れま1000!?』 に参加するためには


『AED 1000台登録するまで 帰れま1000!?』への参加方法は

AED N@VI – ホーム | AED MAP(マップ) (aed-navi.jp)へアクセスし、個人サポーターか団体サポーターになるか、下記スマホアプリ版AED N@VIから登録する


【iOS】版 https://itunes.apple.com/jp/app/id1567351854?mt=8



【android】版 https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.dawncorp.aednaviapp




② 日本AED財団 主催 AED1000台登録するまで帰れません!? 公式アカウントさん (@2021Aed) / Twitter

をフォローするか

申し込みフォーム
から登録する



③ 7/4 14時以降にAED N@VIでAEDの情報を登録・更新する



アプリ版AED N@VIマニュアル_サポーター登録・アプリのデータ連携マニュアル編1.pdf (dropbox.com)


AED N@VIの使用方法


①アプリをDLしたらまずはサポーター登録
画面左下の「マイページ」をタップし、案内に従ってマイページ発行まで進めます。  

画像
日本AED財団 主催 AED1000台登録するまで帰れません!? 公式アカウントさんはTwitterを使っています 「アプリ版AED N@VIの使い方①:アプリをDLしたらまずはサポーター登録。画面左下の「マイページ」をタップし、案内に従ってマイページ発行まで進めよう! #AED #AEDマップ #BLS https://t.co/eWDGRKB8Sn」 / Twitter



②発見したAEDを地図上に登録していく 
アプリ版を開いた画面 




登録するAEDの設置場所をピンに合わせる
円内でないと投稿範囲外となるので注意




AED設置場所の画像を登録する



施設名・設置場所などを登録する




その他施設管理者を確認したか、使用可能時間は何時から何時かなど記入し登録完了です。


他にも


AEDを登録したり、他の人が登録したAEDを承認することでポイントがもらえます。

ポイントを使用して、クイズやガチャを引くことができます。

クイズに正解すると犬のキャラクター、ボジョレー君の階級が昇級していきます。

階級によってボジョレー君の服装や消防階級章が変わったり、ガチャではレアキャラが出ることもあるため、楽しみながら救命法についての理解を深めることができます。






どこにいけばAEDを見つけることができるか?


AEDには適正配置に関するガイドラインというものが設けられており、以下のような場所に設置することが推奨されています。


1.駅・空港・長距離バスターミナル・高速道路サービスエリア・道の駅
2. 旅客機、長距離列車・長距離旅客船等の長距離輸送機関
3. スポーツジムおよびスポーツ関連施設
4. デパート・スーパーマーケット・飲食店などを含む大規模な商業施設
5. 多数集客施設
6. 市役所、公民館、市民会館等の比較的規模の大きな公共施設
7. 交番、消防署等の人口密集地域にある公共施設
8. 高齢者のための介護・福祉施設
9. 学校(幼稚園、小学校、中学校、高等学校、大学、専門学校等)
10. 会社、工場、作業場
11. 遊興施設
12. 大規模なホテル・ コンベンションセンター
13. その他
13-1 一次救命処置の効果的実施が求められるサービス
13-2 島しょ部および山間部などの遠隔地・過疎地、山岳地域など、救急隊や医療の提供までに時聞を要する場所)

引用 AEDの適正配置に関するガイドライン




実際にAEDはどこに設置されているのか?



AEDは駅や交番、人が集まるところにあります。

多くの人が利用するという意味では、学校や市役所、図書館、公民館、スポーツセンターといった公共施設にも設置されていることが期待できます。


ただし、 『AED 1000台登録するまで 帰れま1000!?』 で新規AED登録を目指すのであれば、交番や学校や市役所、市区町村の施設は登録してある可能性は高いため、他にAEDがありそうな場所を探さないといけません。

AEDはやはり、多くの人とが利用する場所に設置されているため、多いのは病院、診療所などの医療機関です。

歯科医院など、一見心停止とはあまり関係がなさそうなところでも設置していることは多いので、普段から確認しておきましょう。

このほか、介護・福祉施設などでも設置しているところは多くあります。

他にも、大きな集合住宅や会社などでは、万一に備えてAEDを導入しているところもあります。

また、デパートや大規模商業施設などでも、万一に備えてAEDを設置するところが多くなってきました。

さらに、ドラッググストアやコンビニなどは、比較的小さな店舗銀行や信用金庫などでも、人命救助への意識の高まりから設置しているところが増えています。






最後に 


7月1日は「AEDの日」、そして7月は「AEDの月」です。

『 AEDをもっと身近にキャンペーン』 では 『AED 1000台登録するまで 帰れま1000!?』 をはじめとし、AEDを中心とした救急蘇生の普及啓発を推進するとともに、命の大切さを再認識するよう全国的な市民運動を呼びかけています。


この機会に家族や友達と 『AED 1000台登録するまで 帰れま1000!?』 に参加して救命について考えてみませんか?


公益財団法人日本AED財団 はAEDの認知普及の為に「日本循環器学会」と共同製作した、AEDサスペンスドラマゲーム「心止村湯けむり事件簿」を発表しており、こちらもかなりおススメです。

心止村湯けむり事件簿に関してはこちらの記事で詳しく解説していますので、併せてご覧ください。



驚かないでください!AEDは持ち出すときに大きな警報音が鳴ります AEDは収納ボックスで見た目が変わります AEDの警報音と収納ボックス 徹底解説

AED収納ボックス




左から 

出典 ALSOKの収納ボックスAED搭載型自動販売機 総合環境衛生業ゴトーグループセコムの収納ボックス、右上フクダ電子の収納ボックス、右下サマリタン用収納ボックス



人が倒れています!誰か来てください、あなたは119番通報をしてください、あなたはAEDを持ってきてください!



はい!119番通報をします。


はい!AEDをもってきます。



AEDの場所は日本全国AEDマップ日本救急医療財団 全国AEDマップで調べたから大丈夫!あったAEDだ! よし、開けよう



🔊大音量の警報音


えーっ!!こんな大きな音が鳴ってどうすればいいんだろう・・・






驚いて逃げ出したり、泥棒と間違えて通報しないでください。




実は、AEDが入っている収納ボックスの扉を開けると、大音量の警報音が鳴ります。






扉を開けると大音量の警報音が鳴る理由

講習で使用するAEDには収納ボックスから出た状態で用意されているため、実際に収納ボックスを開けた時の警報音を聞いたことがないという方も多いと思います。



警報音の動画がありましたので下で紹介させていただきます。

出典 https://youtu.be/KG7IciTxd-I



このように大きな警報音が鳴る理由は


盗難防止

周囲の人に急病人発生を知らせる


という2つの理由があります。




“盗難防止のための警報音”



AEDの収納ボックスは誰でも使えるようにするため、基本的には鍵をかけません。


2014年7月にAEDがヤフーオークション出品禁止になって、オークションサイトなどで出回ることがないため盗難もほとんどなくなりましたが、屋外など人目がつかない場所や人がいない時間帯などは盗難の恐れがあると考えられていました。


そのため、ほとんどのAED収納ボックスは、扉を開けると大きなブザーのような警報音が鳴るように作られています。




“周囲の人に急病人など重篤な傷病者発生を知らせるための警報音”



AED収納ボックスの扉を開けると大音量の警報音が鳴る二つ目の理由は、施設管理者をはじめ、周囲の多くの人へAEDが必要な事態を警報音で告知し、救命処置の協力者を募る目的です。


扉が開いている限り、警報音は鳴り続けるため、「音が鳴り続けているけどどうしたのかな?」と人が見に来るのも効果として期待されています。



AED収納ボックスを開ける際には、周囲の人へ「倒れている人がいるため、AEDを持ち出します。」と伝えるとよいでしょう。




AED収納ボックスの警報音を止める方法と注意点



AED収納ボックスの警報音を止める方法は大きく分けて、


収納ボックスの扉を閉める

ボックス内の警報スイッチをオフにする



の二つです。





“AED収納ボックスの警報音を止める際の注意点”



AED収納ボックスの警報音は、扉を閉めることによって止まりますが、あらかじめ警報音のスイッチをオフにしてある場合があります。


あらかじめ警報音のスイッチをオフにしている理由として

点検の際にスイッチをオフにして戻し忘れた

頻繁に開閉する必要があるため、うるさいからオフにしてある



ということが考えられます。


実際に、小学校のプールでAEDを使うために一時間ごとに扉を開け、警報音が鳴ることを煩わしいと感じ、あらかじめオフにしてしまっているという学校が稀にあります。


警報スイッチがオフのままだと、万が一の時に周囲への周知が遅れることになりますので、警報スイッチは必ずオンの状態にしておかなければいけません。



また、警報音は約100dBの音大音量ですので、耳をそばに近づけないでください。








AED収納ボックスの種類




これまで、AED収納ボックスの警報音に関してご紹介してきましたが、AED収納ボックスには、警戒音が鳴るもの、鳴らないもの、壁掛型、自律型など様々な種類のものがあります。

日本全国AEDマップ日本救急医療財団全国AEDマップAEDの場所がわかってもどれがAEDかわからないということがないようにAED収納ボックスの種類をご紹介します。


AED収納ボックスには、壁掛型・スタンド型・卓上型・屋外型・埋込型などがあり、それぞれ警報音が鳴るものと警報音が鳴らないものがあります。




“壁掛型 収納ボックス”



現在最も多いAED収納ボックスが壁掛型ではないでしょうか。


壁掛型AED収納ボックスのメリットは

狭い場所でも設置できる

となりに物があっても邪魔になりにくい

左右どちらの開閉にするか、設置時に選択できるものもある

などがあります。

出典 https://item.rakuten.co.jp/suzumori/aed110k/



出典 https://youtu.be/c262SkR23fk


出典 https://aed-navi.jp/map




“スタンド型 収納ボックス”



オフィスや公共施設などの入り口にあることが多いのがスタンド型の収納ボックスです。


スタンド型AED収納ボックスのメリットは


誰にでもわかるように目に付く場所に設置することが出来る

壁に固定などをする必要がないため、場所の移動がしやすい

下部スペースに毛布など防災用品などを一緒に収納できる


などがあります。



出典 https://aed-navi.jp/map




出典 https://aed-navi.jp/map




出典 https://www.amazon.co.jp/dp/B008EDC6RU






“卓上型  収納ボックス”


AEDは企業やスポーツ施設などの受付などに置いてあることも多くあります。



これら卓上型のメリットは


持ち出しやすい

場所を選ばない

取付工事が不要ですぐ設置できる


などがあります。




出典 https://www.physio-control.jp/physio_news/special/special05.html



出典 https://aed-navi.jp/map




出典 ZOLL AED Plus 神姫バス






“屋外型 収納ボックス”


AEDは保管・使用環境の条件に温度の指定がありますが、防水機能や温度調節機能などを備えたAED収納ボックスであれば屋外に設置することも可能です。


屋外にAEDを設置することのメリットは



24時間、365日使用することが出来る

通行人や近隣住民への地域貢献が期待できる

ゴルフ場、野球場、テニスコート、サッカー場、スキー場などスポーツ関連施設に設置できる


といったものがあります。



出典 http://aed.i-da.co.jp/jisseki/tokyo/




出典 出典 http://aed.i-da.co.jp/jisseki/tokyo/




出典 http://aed.i-da.co.jp/jisseki/tokyo/






“埋め込み型 収納ボックス”



壁にかけるのではなく、壁に埋め込むタイプのAED収納ボックスもあります。


埋め込み型のメリットは


壁掛型と違い出っ張りがないため頭上の危険がない

壁をスッキリ見せることができる

場所をとらないため、お店や家への設置も適している


などがあります。




出典 https://www.narita-airport.jp/jp/service/svc_63




出典 https://www.naka-kogyo.co.jp/products/aed-box.html



出典 https://aed-navi.jp/map#







最後に



講習でAEDを使用したことがある方でも、警報音や収納ボックスを気にしたことがある人は少ないのではないでしょうか。




警報音は、周囲の人に急病人など重篤な傷病者発生を知らせるためのものでもあり、収納ボックスは、どこにAEDがあるかを印象付けるものでもあります。



年に一度は消防訓練などで実物を開けてみることで、警報音と収納ボックスを確認する機会を作ってみてはいかがでしょうか