いまさら聞けないAED基本のき AEDの機種によってのAEDの使い方の違い 電源の入れ方と、電極パッドの形状 徹底解説 

AED基本のき


AEDとは、電気ショックによる処置を必要とする心臓の異常なリズムを検知し、電気ショックを与えて、心臓が本来持っているリズムに回復させるための機械です。

AEDには複数の種類があり、機種によって若干の違いがあります。

意外とAEDには種類があるというのを知らない方も多いのではないでしょうか?



AEDの使い方は簡単ですが、いざAEDを使うとなると気が動転してしまうということが考えられます。


そこで、今回はいざというときに慌てないようにAEDの機種によってのAEDの使い方の違い 電源の入れ方と、電極パッドの形状 徹底解説していきます。 



AEDの使い方




AEDの使い方は3ステップと簡単です。

音声ガイドに従って操作しましょう


➀電源を入れる

➁電極パッドを素肌に貼る

➂ショックボタンを押す


このように、手順も少なく、音声ガイダンスで説明が入るため誰でも簡単に使えるようになっています。

しかし、機種によって多少違うところもあるため、いざというときに対応できるように使い方の違いを知っておきましょう。




AEDの使い方の違い


機種によって操作が若干違っている部分は、電源の入れ方と、電極パッドの2点です。


この2点を知っておくだけで、どんなAEDも慌てずに使うことができます。



電源の入れ方の違い



AEDは、電源を入れて、音声ガイダンスに従っていれば正しく使用することができます。


AEDには電源ボタンを押すタイプふたを開けるとスイッチが入るタイプの2タイプのAEDがあります。



電源ボタンを押す タイプ


電源ボタンが主にAEDの表面にありますので押して電源をいれます。

むやみに電源が入らないように、少し長めに強く押さないと電源が入らない事があります。


http://aed-blog.com/way-to-start-aed




ZOLL AED Plus AEDの使い方と心肺蘇生


オムロン ハートスタートHDF-3500クイックガイド



https://youtu.be/owfWLt6JvtE



ふたを開ける タイプ


電源スイッチを右方向へスライドさせるとカートリッジカバーが開き、スイッチが入ったりふたを開けると自動的に電源が入るタイプがあります。

このタイプはAEDの表面が蓋のようになっていて、その中に電極パッドがしまわれています。

http://aed-blog.com/way-to-start-aed



This image has an empty alt attribute; its file name is 2021-05-16-2.png
使用方法|レンタル・購入は日本ライフライン (aed-rescue.com)


ライフパック CR Plus|AED「ライフパック」のことなら 日本ストライカー株式会社 メディカル事業部 (physio-control.jp)



電極パッドの違い


電極パッドの違いとしては、形状の違い未就学児用の違い電極パッドの取り出し方法の違いの3つがあります。


形状の違い


ほとんどのAEDは、電極パッドは2枚に分かれていて、それを右胸の上側と左脇腹に貼ります。

しかし、電極パッドが1つに繋がっているタイプもあります。

https://youtu.be/owfWLt6JvtE



電極パッドが1つに繋がっているタイプ

ZOLL AED Plus AEDの使い方と心肺蘇生




未就学児用パッドの違い

未就学児に対しては、未就学児用パッドを張り替えるタイプ小児キーを使うことによって成人と未就学児を切り替えることができるタイプ切り替えスイッチで成人と未就学児を切り替えて使用するタイプがあります。

ソース画像を表示
消耗品の交換方法(HDF-3500)|オムロン AED(自動体外式除細動器)|オムロン ヘルスケア (omron.co.jp)


小児キーを使うことによって成人と未就学児を切り替えることができるタイプ
https://youtu.be/owfWLt6JvtE



切り替えスイッチで成人と未就学児を切り替えて使用するタイプ




電極パッドの取り出し方の違い


電極パッドの取り出し方にも違いがあります。

袋をやぶいて電極パッドを取り出すタイプケースから台紙を取り出し、台紙から剥がすタイプ

ハンドルを引いてパッドを取り出すタイプ
パッドと書かれた緑のつまみを引っ張り、袋を取り出すタイプ
電源スイッチをスライドさせることで表れる、パッドカートリッジから剥がすタイプ

など多彩です。

クイックステップ方式のイメージ
ハンドルを引いてパッドを取り出すタイプ ライフパック CR2|AED「ライフパック」のことなら 日本ストライカー株式会社 メディカル事業部 (physio-control.jp)


パッドと書かれた緑のつまみを引っ張り、袋を取り出すタイプ
仕様・各部名称(HDF-3500)|オムロン AED(自動体外式除細動器)|オムロン ヘルスケア (omron.co.jp)


電源スイッチをスライドさせることで表れる、パッドカートリッジから剥がすタイプ
https://www.aed-rescue.com/products/use.html


最後に



いかがでしたでしょうか?

初めて見たAEDもあるのではないでしょうかあるのではないでしょうか


AEDの使い方は簡単ですが、いざAEDを使うとなると気が動転してしまうということが考えられます。


いざというときに慌てないように、 AEDの使い方の違い 電源の入れ方と、電極パッドの形状 を知っておきましょう。



AEDの種類に関してはこちらの記事もご覧ください。

AEDが動かない!?もしAEDから「電気ショックは不要です」というアナウンスが流れてきたら こんなときあなたならどうする?    

電気ショックは不要です


AEDとは、電気ショックによる処置を必要とする心臓の異常なリズムを検知し、電気ショックを与えて、心臓が本来持っているリズムに回復させるための機械です。

もし、そのAEDから「電気ショックは不要です」というアナウンスが聞こえてきたらどう考えますか?

実は電気ショックは不要=安心・大丈夫ではありません。


では、AEDはどんなときにショックが必要なのでしょうか?
また、電気ショックが不要と言われたらどうしたらよいのでしょうか?



AEDが必要なケース




突然心停止は心臓がけいれんし、小刻みに震える心室細動によって起きることが多く、この状態では心臓は全身に血液を送り出すポンプの役目を果たすことができません。

そして、小刻みに震えている心臓に、心臓マッサージを行っても、心臓は正常なリズムには戻ってくれません。

そこで役立つのがAEDです。

AEDとは、自動体外式除細動器(Automated External Defibrillator)の略語です。

除細動つまり、心臓の細かい動きを取り除く=電気ショックで心臓を止める「自動」=(人の代わりに)自動で判断して「体外式」=体の外側から「除細動器」=心臓のけいれん(細動)を取り除く機械がAEDです。




AEDが「電気ショックは不要です」と判断するケース


AEDは心臓が正常な状態や、逆に完全に心臓の動きが止まっている場合は適応外と判断し、「電気ショックは不要です」と音声ガイダンスで案内します。

他にも無脈性電気活動(PEA)と呼ばれる状態でも電気ショックは不要と判断されます。



AEDは停まった心臓を動かすための機械ではなく、心停止かどうかを判断する機械でもない



AEDが停まった心臓を動かすための機械ではないということはお判りいただけたと思いますが、AEDは倒れている人が心肺停止かどうかを判断することもできません。


AEDが解析しているのは、心電図で、電気ショック(除細動)が必要な心停止か、それとも電気ショックが無効な心停止かを判断しているに過ぎません。



そのためAEDを使うときには2つの条件が必要となります。



AEDを使うときの2つの条件とは



AEDを使う条件は意識がないこと普段通りの呼吸をしていないことの2つです。

倒れている人がいたら、まずAEDを使おうと考えている方がいるかもしれませんが、まずは倒れている人の反応を確認すること普段通りの呼吸をしているか確認することが重要です。


AEDは、心肺停止の人に対して装着するように設計されている機械であるため、明らかに意識がある人、呼吸をしている人などには使用してはいけません。



AED+胸骨圧迫の重要性



意識がない場合・普段通りの呼吸をしていない場合は、AEDを使用できるようになりますが、AEDによる電気ショックは心臓のけいれんを取り除く効果しかありません。


AEDの電気ショックに成功しても、その直後から心臓が正常な動きになることはほとんどありません。

90%のケースで心電図が横線一本で表されている心静止電気活動はあるが心臓からの血液の拍出はない無脈性電気活動になるといわれています。


AEDを使用した後も、血液を循環させるポンプの役割が出来ていないため、胸骨圧迫を行い脳に酸素を供給し続ける必要があります。


また、胸骨圧迫は脳のダメージを防止するだけでなく、電気ショックの効果を高めるためにも必要なものです。


つまり、 電気ショックは不要ですの状態にも、電気ショック使用後すぐの状態にも胸骨圧迫が不可欠ということです。





最後に



いかがでしたでしょうか?

まとめると、AEDは 停まった心臓を動かすための機械ではなく、心停止かどうかを判断する機械でもない ため、まずは反応の確認と呼吸の確認が必要でどちらもなければ胸骨圧迫を行いましょう。

胸骨圧迫をしても反応がなければAEDを使いましょう。


また、電気ショックは不要ですと言われても、胸骨圧迫と人工呼吸を続けながら、
救急隊が到着するまで実施
しましょう。



AEDの流れに関してはこちらの記事もご覧ください。

AEDにまつわる都市伝説 徹底解説


以前、〇×クイズで学ぶ AED10の誤解 – (minna-guard.site)  でAEDにまつわる誤解を教えてもらいましたが、他にもAEDの誤解ってありますよね?


そうですね、実はAEDには都市伝説的に語られているものがいくつかあります。

中には残念ながら間違って伝わっているものが多いので、今回はAEDにまつわる都市伝説がホントなのかウソなのか徹底解説していきます。





都市伝説その1 服をはだけずにAEDパッドを貼ることができる


よく言われているのが、服は完全に脱がさずに、襟元や裾からパッドを差し入れて貼ればいいというやり方です。


よく聞きますけど ホントなんですか?ウソなんですか?



ウソではないが貼りづらい


写真は湿布ですが、本物のAEDパッドは湿布よりもさらに粘着成分層が厚く重量感がありますから、手に取るとこのようにたわみます。

焦ってる中、服の隙間からパッドを貼ろうとしても、シートが折れ曲がって粘着面同士がくっついてしまったり、服に貼り付いてうまく伸ばせなかったりする危険性があります。



もし適切に貼れなければ、練習パッドと違い、粘着度もかなり強力なため剥がすのが困難なうえ、パッドが使えなくなってしまったら予備パッドと交換する時間もとられてしまいます。



そのため、確実なやり方としてはやはり服ははだけるかハサミなどで切り確実に貼付部を露出させて貼るのが確実で早い方法になります。






都市伝説その2 プールでAEDを使うと感電する



プールでAEDを使うと感電するって聞いたことがあるんですけど、 ホントなんですか?ウソなんですか?



ウソ 濡れた床でもAEDを使用することはできる


お風呂やプールなど床がある程度、濡れていてもAEDを使用することはできますが、水たまりのように水が溜まっているところでは使用できませんし、左の脇腹に貼るAEDの電極パッドが濡れている床に触れないようにしましょう。


また、体表面が濡れている状態で電極パッドを貼り電気ショックを行うと、心臓に十分な電流が届かない危険性があるため、電極パッドを貼る部分とその周辺の水分はタオルなどで拭きとってから電極パッドを貼ってください。





都市伝説その3 ボディピアスをしている人にAEDを使うと乳首が吹っ飛ぶ


ボディピアスをしている人にAEDを使うと乳首が吹っ飛ぶってホントなんですか?ウソなんですか?


ウソ ただしボディピアスの上にパッドは貼らないこと


金属には電気が流れやすく、やけどの危険があるため、ボディピアスなどの上にパッドは貼らないようにしましょう。


ボディピアスなどの上に直接パッドを貼ってピアスをはさみこまない限り、大きなやけどを負うこともないそうですが、AED作動時にやけどを負ってしまったという例もありますので、ボディピアスであっても外せるものは外した上で使いましょう。






都市伝説その4 AEDの電気ショックで身体が浮き上がる



ドラマなどでAEDを使うと身体が10センチくらい浮き上がっていますが、 ホントなんですか?ウソなんですか?



ホント 実際に電気ショックを与えた場合は倒れている人の身体が5〜10センチ浮くほどの衝撃がある


電気ショックに使用される電圧は1,200〜2,000V程度、電流は30〜50A程度と、非常に強い電気で電気が流れる時間は数ミリ~十数ミリ秒程度です。

AEDのエネルギー単位は「ジュール(J)」で表現されジュール(J)=電流(A)×電圧(V)×時間(秒)で求められますので、

ジュールだと150Jとなります。

150Jは、15.3キログラムの物体を1メートル持ち上げたり、50キログラムの物を30センチの高さから落とし、床に加えられたエネルギーに相当する、非常に強い電気が流れるため、 ショックを行うと 倒れている人の身体が5〜10センチ浮くほどの衝撃があります。

ただ、AEDは電極パッドを素肌に貼り付け、心電図を解析した結果電気ショックが必要な時にだけ、電気を流せる仕組みになっているため、間違えて電気ショックのボタンを押してしまっても電気が流れる事はありません




都市伝説その5 救急隊はAEDを返してくれない



使ったAEDを救急隊がそのまま使って返してくれないと聞いたことあるのですが、 ホントなんですか?ウソなんですか?



ウソ 救急隊は自分たちのAEDを使うためすぐ返してくれる


一度つけた AED は、救急隊員に引き継ぐまで外してはいけません。

しかし、救急隊到着後AEDはどうなるのでしょうか?

人が倒れてから救急隊に引き継ぐまでをわかりやすくまとめてくれている動画がありますのでご紹介します。この動画の6分過ぎに救急隊がAEDパッドを救急隊が持ってきたAEDにつなぎなおします。

出典 https://youtu.be/JnZ2AC6S8q8

消防機関における自動体外式除細動器(AED)の取扱いについてには

救急救命士は、心電図波形が確認できるAEDを使用し、傷病者の脈や呼吸
状態を必要に応じて確認するとともに、心電図の最終波形を確認した上で除細動を実施することが求められること

  • 消防機関における自動体外式除細動器(AED)の取扱いについて
  • とあります。



    つまり、救急救命士は使用していたAEDの電極パッドを、救急隊が用意する心電図波形が確認できるAEDに付け替えて使うということになります。


    AEDの使用後は次の使用に備えて、

    救助データを保存する

    使用した電極パッドを取り外すして、新品の電極パッドを接続する

    バッテリ残量を確認する

    などの必要がありますので、使用後はメーカーに問い合わせるとよいでしょう。



    また、使用したAEDが交番や他施設から借りたものであれば、使用届の申請など適切な処置が必要になります。





    最後に


    今回ご紹介したもの以外にも、AEDには「使うには資格が必要」「AEDさえあれば止まっている心臓を動かすことができる」「AEDは妊婦さんには使えない」「AEDは心臓を動かしてくれる機械である」「AEDは心肺停止を判断する機械である」などといった誤解が多いのが事実です。



    このような誤解が無くなるよう、AEDをいざ使うようなときに備えて、正しい知識をしっかりと確認しましょう。



    参考文献


    • 「JRC蘇生ガイドライン2015」監修;一般社団法人日本蘇生協議会・発行:株式会社医学書院(2016年2月15日発行第1版第1刷)
    • 「救急蘇生法の指針2015(市民用・解説編)」株式会社 へるす出版(2016年3月31日)
    • 消防機関における自動体外式除細動器(AED)の取扱いについて
    • AED情報なら株式会社ヤガミ (yagami-inc.co.jp)
    • 次の救命の準備|AEDの使用後について|設置済みのお客様へ|AEDライフ by 日本光電 (aed-life.com)
    • BLS横浜|AHA-BLS/ACLS/PEARS/PALS/ファーストエイド講習
    • AEDガイド — AEDを知りたい人・買いたい人のためのメディアサイト (inoti-aed.com)
    • AEDを点検しましょう! |厚生労働省 (mhlw.go.jp)
    • 誰でもおぼえやすい救命講習、救命テキスト|ボジョレーに教わる救命ノート (119aed.jp)

    AEDを学びたいならコレ!消防署・自治体のHPランキング

    AEDを学ぶならコレ





    出典 左上 (225) キュータとやってみよう!AED01(AEDの使い方) – YouTube
       右上 消防士が教える!AEDの使い方【大和市消防本部】  
       左下 救急アニメ救え!ボジョレー!!ver.4第3話「AEDの使い方」
       右下 宝塚ぼうさい劇場➂AEDの使い方



    年間7万3千件以上、突然の心停止が発生しており、そのうち2万3千件以上が一般市民の目の前で起こっています

    院外心停止の救命率向上のカギを握っているのが、心肺蘇生法とAEDの普及です。


    しかし、AEDは見たことあるけど難しそう‥と考えている方も多いのではないでしょうか?



    実はAEDは電源を入れると音声で操作方法を案内してくれるので、誰でも簡単に使えます。



    そして、消防署や自治体のHPには、AEDをわかりやすく説明してくれている動画が多数あります。




    そこで今回はAEDの観点から見た消防署・自治体のHPを勝手にランキングづけてご紹介しています




    10位から8位 AEDとは?わかりやすく解説


    それでは早速10位からの発表です。


    10位 兵庫県宝塚市です。


    動画は宝塚市消防本部より、宝塚ぼうさい劇場③AEDの使い方です。

    出典  https://youtu.be/pnZCj8kUlmw


    おすすめポイント


    宝塚市文化財団と宝塚市消防本部がコラボレーションの宝塚シリーズの第3弾です。

    ぼうさい劇場というだけあって舞台で説明という珍しいスタイルをとっています。







    “9位は 事務機器、光学機器などを製造するメーカーがAEDを説明”



    9位は秋田県仙北市です。

    仙北市はファミリーマートと提携を結び、AED設置推進に力を入れている地域の一つです。


    出典 https://youtu.be/YULb675sriY



    おすすめポイント



    仙北市では事務機器、光学機器などを製造するメーカーで日本光電者のAED販売メーカーでもあるリコーの動画でAEDの紹介をしています。

    携帯電話での連絡はAEDから1メートル離れるようになど、販売メーカ―ならではの詳しい解説が特徴です。




    “8位 消防の有名キャラクターがAEDを操作”


    8位は東京消防庁です。

    動画はキュータとやってみよう!AED01(AEDの使い方)です。

    出典 https://youtu.be/bO52tOYys24



    おすすめポイント

    東京消防庁のマスコットキャラクターであるキュータ君がAEDを使用します。


    説明を挟まず、AEDの音声に従ってキュータ君がAEDを使用するのですが、動作が丁寧でとても分かりやすくなっています。





    AEDをわかりやすく説明している消防署HPランキング7位から4位は  アニメがわかりやすい7位 



    7位は大阪市消防局です。


    大阪市は全国で初めて、パソコンやスマートフォンで応急手当講習を体験できるアプリケーションをボジョレーに学ぶ応急手当を開発しました。


    この動画はボジョレーに学ぶ応急手当シリーズからAEDの使い方です。

    出典  https://youtu.be/Jtu2Fg1Gsak




    おすすめポイント


    かわいいキャラクター「ボジョレー」の声と動きに合わせて心肺蘇生やAED、応急手当の手順を進めていくので、大人から子どもまで楽しみながら学べます。

    当サイトの応急手当を学びたいならコレ!消防署・自治体のHPランキング – (minna-guard.site)1位です。






    “第6位は AEDパッドを貼り方をリアルに説明”


    6位は茨城県水戸市消防本部です


    水戸市は市内全てのコンビニにAEDを設置するなどAEDの普及に力を入れていまる自治体の一つです。


    出典 https://youtu.be/-FchOczwQWg



    おすすめポイント

    ボタンを押して電源を入れるタイプ、蓋を開けて電源を入れるタイプの2タイプの説明をトレーニング機で説明してくれています。


    AEDのパッドを貼る際の注意点を実際の男性にパッドを貼ることで説明しています。





    “第5位は むずかしい説明をはぶき、おもしろおかしく説明”



    5位は大阪府堺市です。


    堺市の動画は元々はコロナ禍において講習会を開けない代わりに始めたという経緯があったそうです。

    応急手当普及啓発シリーズの第6回でAEDを紹介してくれています。

    出典 https://youtu.be/hTlhHL4O2UA




    おすすめポイント

    応急手当普及啓発シリーズは難しい説明をはぶき、映像を見ればわかるように作られています。

    AEDがテーマの第6回は道で人が倒れて、AEDを探し、救急隊到着までを面白おかしく応急手当を説明してくれています。







    “第4位は 質問に答える形でAEDを解説”


    4位は大分県中津市 です。


    新型コロナウイルス感染拡大の影響で2020年消防フェアを開催中止し、代わりに救急のソニシお兄さんと中津市消防非公認キャラクターQちゃんが、わかりやすく応急手当をお教えてくれる動画を配信してくれています。

    出典 https://youtu.be/aILSRpfRgfo


    おすすめポイント

    ソニシお兄さんがQちゃんの質問に答える形でAEDの使い方を一つ一つ丁寧に教えてくれているため、子どもと一緒に見て知識を深めることが出来ます。







    いよいよ第3位です。


    第3位は滋賀県湖南広域消防局です。


    湖南広域消防局では、誰でもできる応急手当シリーズとして他にもコロナ禍における心肺蘇生法や熱中症対策の動画を紹介してくれています。

    出典 https://youtu.be/U7PWMRQYk-8




    おすすめポイント

    湖南広域消防局では、AEDの説明を場所や種類など一つ一つ紹介してから最後に1連の流れを見ることで授業などでも有効活用することが出来ます。



    また、パッドを貼るときの目隠しの方法なども説明してくれています。




    そして第2位は!


    第2位は奈良県広域消防組合消防本部です。


    奈良県広域消防組合消防本部の救急戦隊タスケルンジャーに学ぶは当サイトの新型コロナウイルス感染対応心肺蘇生法を学びたいならコレ!消防署・自治体のHPランキング – (minna-guard.site)の1位でした。 


    出典 https://youtu.be/vyjHiC6AIqk



    おすすめポイント
    

    ミルクボーイ風の漫才からスタートし、タスケルンジャーが説明をする救急戦隊タスケルンジャーに学ぶの第4回はAEDがテーマとなっています。

    ミルクボーイ風の漫才からタスケルンジャーの説明までこって作られているため繰り返してみても楽しめるようになっています。






    1位はこちらです!


    1位は神奈川県大和市消防本部です。


    消防士が教える!AEDの使い方【大和市消防本部】はAEDの教科書ともいえる内容となっています。


    出典 https://youtu.be/aDytUZ4l8bI



    おすすめポイント

    イラストと実写両方で説明しており、授業などでも有効活用できそうなほどわかりやすくAEDを説明してくれています。



    消防士が教える!AEDの使い方【大和市消防本部】は日本における2大AED会社である、日本光電社・フィリップス社のトレーニング機を使った説明動画になっています。



    また、小児乳児に対してのAEDの使用方法や救急隊への引継ぎまで、定期的に動画を見ることによっていざというときの備えにつながります。






    最後に


    病院や診療所、駅やスポーツ施設、コンビニやスーパーなどでも見かけるようになったAEDですが、存在は知っているけど、使い方が分からないという人も多いと思います。


    日本では、年間7万3千件以上、突然の心停止が発生しており、すぐにAEDを使えば救えた命もあります。



    今回ランキングで紹介した動画はどれも素晴らしい内容となっており、何度も繰り返してみることでいざというときの備えにつながります。



    また紹介しきれなかった自治体や消防の動画もあります、ぜひ、お住いの地域の消防HPも確認してみてください。



    “ランキングまとめ”


    神奈川県大和市消防局 消防士が教える!AEDの使い方【大和市消防本部】

    奈良県広域消防組合 救急戦隊タスケルンジャーに学ぶ

    滋賀県湖南広域行政組合 AEDの使い方」~誰でもできる応急手当シリーズ~

    大分県中津市市消防局 中津市消防本部公式PR動画~救急編(AED)~

    堺市 応急手当普及啓発シリーズ 第6回「AED」

    AEDの使い方 水戸市

    大阪市 救急アニメ救え!ボジョレー!!ver.4第3話「AEDの使い方」

    東京消防局 キュータとやってみよう!AED01(AEDの使い方)

    秋田県仙北市 RICOH AED使用方法・救急救命方法について

    兵庫県宝塚市 宝塚ぼうさい劇場③AEDの使い方




    今までの消防署・自治体のHPランキングはこちらをご覧ください。


    第一回





    第二回






    第三回






    第四回

    本物そっくり!?AEDガチャを使ってAEDの使い方徹底解説

    AEDガチャ






    念願のAEDガチャついにゲットできました。


    クリックで拡大できます





    それは日本光電のカルジオライフAED-3100ですね。

    日本光電のオフィシャルライセンス商品だけあってかなりリアルですね。



    AEDトレーナーは実際の現場で使われないようにデザインを変えていることがあります。

    中身を見る機会はあまりないと思うので
    今回は本物そっくりなAEDガチャを使って、AEDの使い方をおさらいしてみましょう





    AEDの使い方

    AEDの使い方は3ステップと簡単です。

    音声ガイドに従って操作しましょう


    1 ふたを開けると自動で電源が入ります





    日本光電のAEDはふたを開けると電源が入るタイプですが、他にも、電源ボタンを押すタイプの2タイプのAEDがあります。





    2 電極パッドを胸に貼る





    電極パッドを貼る際には、肌と電極パッドの間に隙間を作らないようにして、素肌に直接貼ります。




    3 ショックボタンを押す




    電極パッドを貼るとAEDが心電図を調べ、電気ショックが必要かを自動的に判断してくれます。

    電気ショックの指示があった場合は、周囲にいる人に離れるように指示した後、ショックボタンを押します。






    装置各部名称





    電源スイッチ



    電源スイッチを手前にスライドさせてふたを開けます。


    ふた

    クリックで拡大できます


    AEDのふたを開けると自動的に電源が入ります。



    電極パッド

    クリックで拡大できます


    電極パッドはあらかじめ本体に接続されており、袋をやぶいて電極パッドを取り出します。







    クリックで拡大できます


    電極パッドを貼る場所は、イラスト表示されています。






    液晶画面

    音声ガイドに加えて、液晶画面に表示されるイラストとメッセージで操作方法を分りやすく案内してくれます。






    成人・小児モード切り替えスイッチ




    電気ショックのエネルギー量を調整する

    切り替えスイッチで成人と未就学児を切り替えて使用したり、小児用電極パッドを使用します。


    小学生以上なら成人用を使用します。





    ショックボタン




    電気ショックの指示があった場合は、周囲にいる人に離れるように指示した後、ショックボタンを押します。

    日本光電のAEDは、使用者が他のボタンと押し間違えることがないようにボタンはショックボタンのみになっています。






    日本光電のAEDの流れ



    AEDガチャは音声が流れませんので日本光電のAEDの音声ガイダンスをご紹介いたします。




    成人モードです。意識・呼吸を確認してください



    胸を裸にして、AEDのフタから四角い袋を取り出してください



    袋をやぶいてパッドを取り出してください



    パッドを青いシートからはがして、図のように右胸と左わき腹に貼ってください



    貼り終わるまで繰り返す

    体にさわらないでください。心電図を調べています。



    はなれてください。





    電気ショックが必要です。充電しています。体からはなれてください。



    はなれてください。




    点滅ボタンをしっかりと押してください。



    ボタンを押します。



    電気ショックを行いました。



    体にさわっても大丈夫です。ただちに胸骨圧迫とAEDをはじめてください。




    1・2・3・4・・・。


    電気ショック後はすぐ胸骨圧迫を再開します。


    AEDはまた心電図を解析して、2分ごとに電気ショックが必要か否かを指示してくれます。

    2分後 


    残り五回です。



    1・2・3・4・5。




    体からはなれてください。



    はなれてください。





    電気ショックは必要ありません。ただちに胸骨圧迫とAEDをはじめてください。



    救急隊が到着するまで繰り返します。




    最後に


    日本光電のAEDは唯一の国産メーカーであり、今のところ唯一のオフィシャルライセンス商品のAEDガチャです。


    日本光電のAEDは、日本のAEDシェア1位であることから、AEDガチャでどのような中身になっているのかチェックすることで万が一の時の備えになります。



    また、日本光電以外でもAEDの種類があります。

    下記の記事で紹介していますのでご覧ください。