119番通報を学びたいならコレ!消防署・自治体のHPランキング





出典 左上  mireiの119番通報の仕方 春日井市消防本部 – YouTube

   右上  消防・救急最前線!潜入!豊田市消防本部 指令室   

   左下  福岡市消防局~119番通報は住所から 海編(本編)~

右下  札幌市消防局 正しい119番通報のポイント



119番通報をしたことがなくて、いざというときに正しくできるか不安・・という方も多いと思います。

そんな119番通報ですが、消防署や自治体のHPにはわかりやすい動画や記事が多く紹介されています。

応急手当や防災に関する消防署や自治体のHPを勝手にランキングづけしてきましたが

第6弾の今回は

119番通報のやり方を紹介している消防署・自治体のHPを勝手にランキングづけてご紹介していきます




10位から8位 119番通報のポイントは、ゆっくり落ち着いて、はっきりと係員の質問に答えること


それでは早速10位からの発表です。


10位 千葉県松戸消防局です。


動画は松戸市消防局より、119番のかけ方を学ぼう119番動画です。

動画はこちらから→119番のかけ方を学ぼう119番動画


おすすめポイント


新人女性消防士が先生となり、生徒の「まつど応援キャラクター松戸さん」に119番のかけ方について講義している動画で子供でも分かりやすい内容となっています。







“9位は よくある通報とは”



9位は 石川県かほく市です。

かほく市内の119番通報は金沢市消防局内「2市2町消防指令センター」で受信しているそうです。



動画はこちらから→石川県かほく市 正しい119番通報について


おすすめポイント



119番通報をするときによくあるのがパニック状態で『早く来て』の一点張りです。

石川県かほく市の『正しい119番通報について』では、よくある通報のあとに正しい通報の解説をしてくれており、この動画を見れば、なぜ、まず住所から伝えるのか?ということがわかるようになります。




“8位 救急隊目線の119番通報”


8位は岐阜県飛騨市消防本部です。

動画は 119番通報覚知から出動までの流れ です。

動画はこちらから→119番通報覚知から出動までの流れ



おすすめポイント

119番通報を受けてから救急隊が出動するまでの流れを紹介してくれています。

通信指令はどのような動きをするのか、救急隊はどのように出動するのかがわかるだけでなく、消防団員への要請放送まで紹介してくれている珍しい動画です。






7位から4位はさらに119番通報の裏側に  消防本部を徹底解説の7位 



7位は愛知県春日井市消防本部です。

春日井市消防本部の動画はリモート筋肉トレーニング消防隊員の自炊メニューの紹介などバラエティに富んでいます。

119番通報の紹介は春日井市広報大使でモデルのmireiさんが通信指令室に突撃取材をします。

動画はこちらから→mireiの119番通報の仕方 春日井市消防本部 – YouTube


おすすめポイント


通信指令室の中がどうなっているのか、通信指令はどのような仕事をしているのかも詳しく教えてくれます。

また、119番通報をした際、司令員が心肺蘇生法の指導してくれる場面も紹介してあり、とても参考になる動画です。





“第6位は  実際の出動スピードを体感 ”



5位は大阪府 東大阪市消防局 です。


動画は緊迫の98秒に密着してみた、、、~火災出動の裏側~です。

動画はこちらから→ 緊迫の98秒に密着してみた、、、~火災出動の裏側~


おすすめポイント

東大阪市消防局が行っている訓練を、普段見ることのない角度から紹介してくれています。

実際の出動スピードを体感することができます。





“第5位は 救急隊を支える最先端技術をあわせて紹介”


5位は愛知県豊田市消防本部 です


7位に続き5位も愛知県からです。


動画はこちらから→消防・救急最前線!潜入!豊田市消防本部 指令室


おすすめポイント

消防・救急最前線!潜入!豊田市消防本部 指令室では 119番通報の仕方や通信指令員の仕事だけでなく、現場に素早く駆け付けるための様々な最先端の技術を紹介してくれています。







“第4位は 多言語で119番通報!?”


4位は秋田県秋田市消防本部です。


秋田市消防本部では、災害時に外国の方々とスムーズにコミュニケーションを取るため、「多言語三者通話サービス」の運用を開始しており、その紹介動画となります。


動画内では手首をひねったと言って救急要請していますが、本来はこのような状態では救急要請しないようにしてください。

動画はこちらから→6月1日運用開始 119番通報に17カ国語で対応!多言語三者通話サービス



おすすめポイント

外国人や外国人観光客など、日本語による会話が困難な方からの119番や、救急・災害現場で活動する隊員が、迅速的確に情報を収集し対応できるよう、電話での同時通訳を用いた「多言語通訳サービス」の紹介を兼ねた119番通報の仕方の紹介動画です。



いよいよ第3位です。


第3位は北海道札幌市 消防局です。

これは動画を先に見てみてください。


動画はこちらから→札幌市消防局 正しい119番通報のポイント

おすすめポイント

30秒のコマーシャルのように簡潔でインパクトがある動画です。


119番通報で大切なことは、落ち着いてまず場所を言うということだということを教えてくれています。




そして第2位は!


第2位は東京消防庁です。


 東京消防庁のHPやYouTubeチャンネルは子どもから大人まで楽しめ、役立つものが多いですが、119番通報の方法に関してもわかりやすく紹介してくれています。


動画はこちらから→ リモート防災訓練 キュータと学ぼう!119番通報のしかた



おすすめポイント

今回のランキングでは、司令員や救急隊の動きに焦点を当てたものが多くなっていますが、東京消防庁の『リモート防災訓練 キュータと学ぼう!119番通報のしかた』では、火事を発見した場合の119番通報、急病人・けが人が発生した場合の119番通報をわかりやすく説明してくれています。





1位はこちらです!


1位は福岡県福岡市消防局です。


今回のランキングはいい動画がとても多く、選考にとても悩んだのですが、『福岡市消防局~119番通報は住所から』を1位とさせていただきました。


動画はこちらから→福岡市消防局~119番通報は住所から 山編(本編)~

福岡市消防局~119番通報は住所から 海編(本編)~


おすすめポイント

『福岡市消防局~119番通報は住所から』は街中だけでなく、山で遭難した、ケガや病気で動けなくなった場合の119番通報をするポイント



海での119番通報のポイント、溺れている人を見つけた場合に絶対にやってはいけない危険な行為などをわかりやすく伝えてくれています。


他にも、より効果的な応急手当を行うため、119番通報時にスピーカーモードにして応急手当を行う方法など、他にはない動画がたくさんあります。



最後に


119番通報するときに、慌ててしまってどのような症状や状況かを伝えようとする方は多いと思います。

今回紹介した動画を参考にして、119番通報する時に伝えたいポイントを押さえるようにしましょう。




今回ランキングで紹介した動画はどれも素晴らしい内容となっており、何度も繰り返してみることでいざというときの備えにつながります。



また紹介しきれなかった自治体や消防の動画もあります、ぜひ、お住いの地域の消防HPも確認してみてください。



“ランキングまとめ”


福岡市消防局~119番通報は住所から 山編(本編)~

福岡市消防局~119番通報は住所から 海編(本編)~

リモート防災訓練 キュータと学ぼう!119番通報のしかた

札幌市消防局 正しい119番通報のポイント



秋田市消防本部 6月1日運用開始 119番通報に17カ国語で対応!多言語三者通話サービス

消防・救急最前線!潜入!豊田市消防本部 指令室


東大阪市 緊迫の98秒に密着してみた、、、~火災出動の裏側~


mireiの119番通報の仕方 春日井市消防本部 – YouTube


飛騨市消防本部 119番通報覚知から出動までの流れ


石川県かほく市 正しい119番通報について

松戸市消防局119番のかけ方を学ぼう119番動画




今までの消防署・自治体のHPランキングはこちらをご覧ください。


第1回





第2回






第3回






第4回




第5回

「救急車を呼ぶべきか」悩んだりためらった時に便利な救急安心センター事業(♯7119)って全国で通じるわけじゃないってホント?

#7119




出典 https://youtu.be/I4GAUE0LuIY



家族の様子がなんとなくおかしいけど、救急車を呼んだ方が良いのかな?






具合が良くないけど病院へ行った方が良いかな?







このように、急なケガや病気をしたとき、救急車を呼んだが方がいいか、今すぐに病院に行った方がいいかなど、判断に迷った時に便利なのが、専門家からアドバイスを受けることができる電話相談窓口が救急安心センター事業(♯7119)です。





しかし、#7119は使えない地域も多くあります。




#7119はとても便利な番号ですが、いざというときに使えない地域だったということがないように、#7119はどの地域で使えるか、又、#7119月かえない地域での相談窓口はどうなっているのかについてご紹介します。


#7119とは



出典 https://youtu.be/I4GAUE0LuIY




2007年6月1日から東京消防庁で開始されたこの制度は、



#7119を設けたことで救急車119番通報の適正利用に効果



・#7119のアドバイスで、救急車以外の夜間診療が減少、翌日の病院受診へ勧奨


という効果をもたらしています





#7119にかけると救急相談センターに繋がり、専門の救急相談医が次のような対応をしてくれます。



・すぐに救急車を呼んだ方がいい症状かどう、協力医療機関の救急相談医が緊急性を判断


・必要であれば救急相談通信員が救急車を出動要請

・緊急性が低い症状でも、病院への受診が必要かどうかのアドバイス


・受診可能な病院を検索し案内



#7119は当初、東京都のみのサービスでしたが、現在では東京の他にも利用できる県や市があります。





しかし、#7119が通じる地域はまだ全国17地域と#7119が通じない地域の方が多くあります。








#7119の対応地域




出典 7119(救急安心センター事業)の全国展開 総務省消防庁



2020年(令和2年)10月現在で#7119の対応16地域のうち都道府県全域対応が12都県、一部実施地域が5地域他の番号で対応しているのが4県となっています。





都道府県全域対応


上記地図で赤色

東京都/奈良県/大阪府/福岡県/宮城県/埼玉県/新潟県/鳥取県/茨城県/山口県/京都府/徳島県




一部実施地域


上記地図でピンク色

北海道札幌市周辺/神奈川県横浜市/和歌山県田辺市周辺/兵庫県神戸市周辺/広島市周辺







♯7119以外の番号で実施している自治体


上記地図でオレンジ色

山形県#8500、栃木県#7111、千葉県#7009、香川県087-812-1055








全国の救急相談センター・救急医療システム等 まとめ



#7119やほかの番号で対応している地域、救急医療システムを都道府県別にまとめたものです。

調べたい地域をクリックしてください。

目次へ戻る


※2020年10月現在

北海道

#7119対応(札幌市、石狩市、新篠津村、栗山町、島牧村、当別町)

救急医療情報センターでは医療機関案内サービスのみ行っています

0120-20-8699(フリーダイヤル)

011-221-8699(携帯電話・PHSから)

北海道救急医療・広域災害情報システム




青森県

(#7119非対応)

県内の休日夜間当番医を地域ごとに案内しています

0120- 733620

あおもり医療情報ネットワーク




秋田県

(#7119非対応)

休日・夜間緊急医案内サービス

0570-0018-99

082-250-5182(PHS、IP電話等)

あきた医療情報ガイド




山形県

(#7119非対応、他の番号で対応)

大人の救急電話相談

相談日:毎日

相談時間:午後7時から10時(3時間)

電話番号:#8500(県内のプッシュ回線・携帯電話)

023-633-0799(ダイヤル回線・IP電話・PHS)

山形県医療機関情報ネットワーク




岩手県

(#7119非対応)

岩手医療ネット




宮城県

#7119対応 

宮城県医療機能情報提供システム




福島県

(#7119非対応)

救急医療情報案内サービス(医療機関の案内)

0120-963-990

ふくしま医療情報ネット




栃木県

(#7119非対応、他の番号で対応)

とちぎ救急医療電話相談

相談時間

 月~金曜日 18時から22時

 土曜日・日曜日・祝休日 16時から22時

電話番号:#7111 又は 028-623-3344

とちぎ医療情報ネット




群馬県

(#7119非対応)

軽症患者を自家用車等で搬送する場合の問合せ(テレホンサービス)

(最寄りの消防本部で24時間体制で案内)

前橋市消防局       027-221-0099

高崎市等広域消防局           027-325-0011

桐生市消防本部    0277-22-0099

太田市消防本部    0276-45-7799

伊勢崎市消防本部              0270-23-1299

館林地区消防本部              0276-73-5699

利根沼田広域消防本部       0278-24-0099

渋川広域消防本部              0279-23-0099

多野藤岡広域消防本部       0274-23-6699

富岡甘楽広域消防本部       0274-64-0099

吾妻広域消防本部              0279-68-2399

ぐんま統合型医療システム




茨城県

#7119対応 

茨城県救急医療情報システム




埼玉県

#7119対応 

埼玉県救急医療情報システム




千葉県

(#7119非対応、他の番号で対応)

救急安心電話相談:#7009または03(6735) 8305

平日土曜:18~23時

日曜祭日・年末年始・GW:9~23時

ちば救急医療ネット




東京都

#7119対応

東京都福祉保健局 24時間医療機関案内




神奈川県

#7119対応(横浜市のみ) 

神奈川県救急医療情報システム




新潟県

#7119対応

にいがた医療情報ネット




富山県

(#7119非対応)

とやま医療情報ガイド




石川県

(#7119非対応)

石川県医療・薬局機能情報提供システム




福井県

(#7119非対応)

福井県広域災害・救急医療情報システム




長野県

(#7119非対応)

緊急医案内サービス

0570-088199

長野県広域災害・救急医療システム




岐阜県

(#7119非対応)

岐阜県救急・災害医療情報システム




山梨県

(#7119非対応)

山梨県広域災害・救急医療情報システム




愛知県

(#7119非対応)

愛知県救急医療情報システム




静岡県

(#7119非対応)

当番情報電話案内

0800-222-1199

医療ネットしずおか




滋賀県

(#7119非対応)

医療ネット滋賀




京都府

#7119対応(令和2年10月から)

※笠置町・南山城村等は、電話の区域が隣接する他府県に所属しますので、0570-00-7119に直接ダイヤル

京都健康医療よろずネット




兵庫県

#7119対応(神戸市・芦屋市)

兵庫県広域災害・救急医療情報システム




大阪府

#7119対応 または06-6582-7119

大阪府医療機関情報システム




三重県

(#7119非対応)

自動音声・FAX案内サービス

0800-100-1199(通話料無料)

082-250-9813(通話料有料)

三重県広域災害・救急医療情報システム




奈良県

#7119対応

なら医療情報ネット




和歌山県

#7119対応(田辺市、上富田町) 

わかやま医療情報ネット




鳥取県

#7119対応 

とっとり医療情報ネット




島根県

(#7119非対応)

島根県の救急告示病院一覧




岡山県

(#7119非対応)

おかやま医療情報ネット




広島県

#7119対応(広島市周辺)広島市、呉市、竹原市、大竹市、東広島市、廿日市市、安芸高田市、江田島市、府中町、海田町、熊野町、坂町、安芸太田町

救急医療NET HIROSHIMA




山口県

#7119対応 下関市、宇部市、山口市、防府市、下松市、光市、長門市、柳井市、美祢市、周南市、山陽小野田市、周防大島町、上関町、田布施町、平生町(岩国市、和木市は広島広域都市圏の救急相談センター事業)萩市、阿武町では、「萩・阿武健康ダイヤル24」で対応

やまぐち医療情報ネット




香川県

(#7119非対応、他の番号で対応)

一般向け救急電話相談

087-812-1055

相談時間:毎日、午後7時から翌朝8時

広域災害・救急・周産期医療情報システム




愛媛県

(#7119非対応)

愛媛県広域災害・救急医療情報システム




徳島県

#7119対応

医療とくしま




高知県

(#7119非対応)

救急医療情報センター(救急対応の医療機関の案内)

088-825-1299

高知県救急医療・広域詐害情報システム




福岡県

#7119対応 

福岡県広域災害・救急医療情報システム




佐賀県

(#7119非対応)

佐賀県医療機関情報・救急医療情報システム




長崎県

(#7119非対応)

長崎県救急医療情報システム




大分県

(#7119非対応)

おおいた医療情報ほっとネット




熊本県

(#7119非対応)

熊本県総合医療情報システム くまもと医療ナビ Indexs (med.or.jp)




宮崎県

(#7119非対応)

宮崎県総合医療機能情報提供システム




鹿児島県

(#7119非対応)

かごしま医療情報ネット




沖縄県

(#7119非対応)

沖縄県医療機関検索システム










最後に



救急車を呼んだほうがいいのか、今すぐ病院に行ったほうがいいのか、など迷った時は#7119へ連絡しましょう。


しかし、#7119の全国の普及には、相談窓口の人材確保と医療機関の連携が必要なため全国に展開しづらいこと、充分に認知されていないことなど様々な課題は残されています。


#7119非対応地域で、救急車を呼んだほうがいいのか、今すぐ病院に行ったほうがいいのか、など迷った時に医療機関の番号などを調べている時間はありません。



そのためにも、今回の記事でご自身のお住まいの地域の番号などを登録しておいてください。



また、小児に関する救急相談サービスは全国共通の番号#8000があります。



#8000に関してはこちらの記事をご覧ください。