いざというときに役立つ知識!日用品で防災グッズを作る方法 上級編

バイプレイヤーズ

 

出典 https://bunshun.jp/articles/-/6455?page=2

 

災害時の用意は十分にされていますか?

地震や災害はいつ起こるかわからないものです。

そのため、いざという時の為に、あるもので出来る、簡単な防災グッズの作り方を覚えておくと便利です。

 

前回はいざというときに役立つ知識として日用品で防災グッズを作る方法をご紹介しましたが、今回は少し手間はかかりますが、とても便利な防災グッズやアイデアをご紹介します。

 

 

 

日用品でできる防災グッズ


災害時には寝るところや食事も困ります。

そんな時、段ボールや空き缶、ペットボトルなどで代用品が簡単に作れます。

 

日用品でできる防災グッズとして今回は、

 

段ボールで作るベッド

ろ過装置

簡易コンロ

 

 

このようなものがペットボトル、段ボール、空き缶などを使って簡単に作ることが出来、いざというときにとても役立ちます。

 

 

 

段ボールを使ったベッド


避難所として使われる体育館などはホコリが多く高さ30cm以上のベッドで寝ることが好ましいので段ボールベッドがあればとても便利です。

難しそうに見えますが、男性1人で、1床15分~20分で完成します。

 

 

準備するもの

・同じ大きさの段ボール  12枚

・テープ

・はさみまたはカッター

 

 

段ボールベッドの作り方

 

段ボール6個を組み立て、底側だけテープを貼ります。

同じサイズの段ボールを半分にカットしましょう。

 

 

段ボールベッドが命を守る

出典 http://jpacks.co.jp/archives/492

 

ひっくり返して斜めに段ボール板を入れます

段ボールで段ボールを補強するというアイデアで、これで段ボールの強度が何倍にもなります。

 

 

 

段ボールベッドが命を守る

出典 http://jpacks.co.jp/archives/492

 

ふたをしてテープを貼ります 収納するときはテープは貼る必要はありません。

 

 

 

段ボールベッドが命を守る

出典 http://jpacks.co.jp/archives/492

 

段ボールの枠を広げてミカン箱を4つ入れます

 

 

 

段ボールベッドが命を守る

出典 http://jpacks.co.jp/archives/492

 

段ボールの枠を6つ並べて段ボール板を2枚敷いて完成です。

 

座る時は手前の空いたスペースをさけ真ん中に座るのが潰さないコツです。

 

 

応用編

段ボールベッドが命を守る

出典 http://jpacks.co.jp/archives/492

 

同じサイズの段ボール板を2枚立てればパーテーションにもなりますし、

 

 

 

段ボールベッドが命を守る

出典 http://jpacks.co.jp/archives/492

 

ふたを開ければ生活用品をベッドの中に収納もできます。

 

 

 

 

 

ペットボトルを使ったろ過装置


災害時は断水が起こる可能性が非常に高くなります。

雨水などで急場をしのぐ必要も出てきますし、復旧してからも、しばらくは水が濁った状態が続きます。

しかし、日用品を使って、雨水や濁った水を飲用に近い状態にするろ過器を作ることができます。

 

 

準備するもの


・ペットボトル=2本

・小石(園芸用の鉢底石、観賞魚用の水槽石など)=適量

・木炭(バーベキュー用の炭など)=適量

・カット綿=適量

・はさみまたはカッター

・ビニールテープ

 

作り方


防災アイテム・ペットボトル濾過器の作り方の工程:ペットボトルを切った様子

出典 https://sp.chintai.net/news/2019/03/01/56270/

 

ペットボトルを二つに切ります。

Aは底の部分を、Bは上部をはさみで切り取ります

ペットボトルの切り口は鋭いので、ビニールテープなどで保護しましょう。

 

 

防災アイテム・ペットボトル濾過器の作り方の工程:ペットボトルの飲み口に綿を詰めた様子

出典 https://sp.chintai.net/news/2019/03/01/56270/

 

次に、カット綿を飲み口につめます。

この時、水で湿らせてからきつく絞り、飲み口から外れないくらいギュウギュウの量を詰めるのがポイントです。

 

 

防災アイテム・ペットボトル濾過器の作り方の工程:カットした2本のペットボトルに小石とカット綿を順番に詰めた様子

出典 https://sp.chintai.net/news/2019/03/01/56270/

 

下から、小石⇒カット綿⇒木炭⇒カット綿⇒小石の順に隙間なく重ねます。

Bにセットしたら完成です。

 

濾過した水はそのままでは飲用できないので、必ず煮沸してから利用するようにしましょう。

 

 

 

 

アルミ缶コンロ


災害で電気やガスが止まってしまうと、火を使って調理ができなくなってしまいます。

カセットコンロもガスに限りがあります。

そこで、簡易コンロの作り方を知っておけば、いざというときにとても役立ちます。

 

準備するもの
・アルミ缶=1個

・定規

・油性ペン

・はさみ(またはカッター)

・ラジオペンチ

 

 

アルミ缶コンロの作り方

 

防災アイテム・アルミ缶コンロの作り方の工程:アルミ缶をカットした様子

出典 https://sp.chintai.net/news/2019/03/01/56270/

 

アルミ缶を二つに切ります。

飲み口から4㎝、底から3㎝の位置に油性ペンでガイドラインを引き、はさみで切断します。

 

防災アイテム・アルミ缶コンロの作り方の工程:ラジオペンチでアルミ缶にくぼみをつけている様子

出典 https://sp.chintai.net/news/2019/03/01/56270/

 

次に、切り口にくぼみを入れます。

ラジオペンチなどを使って、指1本分くらいの間隔でくぼみを付けていきましょう。

 

 

防災アイテム・アルミ缶コンロの作り方の工程:ラジオペンチでアルミ缶にくぼみをつけた様子

出典 https://sp.chintai.net/news/2019/03/01/56270/

 

このくぼみがガスの通り道になるので、できるだけ均等にナミナミさせるのがポイントです。

 

 

防災アイテム・アルミ缶コンロの作り方の工程:アルミ缶BにくぼみをつけたAを重ねた様子

出典 https://sp.chintai.net/news/2019/03/01/56270/

 

使用する時は燃料用アルコール(薬局で400円くらい)を入れて、飲み口にライターを近づけて点火しましょう。

 

 

注意点

アルミ缶の切り口は鋭いのでカットする際は十分に注意が必要です。

また使用する際は必ず屋外で使用してください。

異常な燃え方や音がする際は使用を取りやめるようにしてください。

 

 

 

最後に


今回は、日用品でベッド・ろ過装置・コンロを作る方法をご紹介しました。

災害に備えて、色々と準備されている方も多いと思いますが、段ボールやペットボトル、空き缶などをとっておくと、いざというときにとても役に立ちます。

 

災害の備えに関してはこちらの記事でもご紹介していますので、ご覧ください。

 

災害に備えて!いますぐできること 徹底解説

 

いざというときに役立つ知識!日用品で防災グッズを作る方法

防災

 

出典 https://www.youtube.com/watch?v=R2zvNV8uSpc

 

災害時の用意は十分にされていますか?

地震や災害はいつ起こるかわからないものです。

そのため、いざという時の為に、あるもので出来る、簡単な防災グッズの作り方を覚えておくと便利です。

 

そこで今回は、いざというときに役立つ知識として日用品で防災グッズを作る方法をご紹介します。

 

 

 

日用品でできる防災グッズ


災害時には断水や停電が起きたり物資が不足します。

そんな時、ラップや新聞といった日用品で代用品が簡単に作れます。

 

日用品でできる防災グッズとしては、

暖をとるもの

おむつ

シャワー

スリッパ

お皿やコップ

簡易トイレ

簡易ランタン

このようなものがラップ、新聞紙、ポリ袋、ペットボトル、タオル、段ボール、キッチンペーパーなどで作ることが出来ます。

 

 

暖をとるものの作り方


出典 http://country-webnews.com/post-3002/

 

お腹や手足、体の冷えは、避難生活が長引けば長引くほど、体力を奪っていきます、そのためしっかりと防寒対策を心がけるようにしましょう。

新聞紙を羽織って防寒するだけでなく、ポリ袋と合わせるとより暖かくなります。

また、靴下、腹巻きと新聞紙をあわせることでも有効な暖を取る方法となります。

 

 

 

簡易おむつ


出典 http://country-webnews.com/post-3002/

 

 

大きめのレジ袋とタオルを用意してください。

持ち手の端と両脇を切って開きます。

その上に清潔なさらしやタオルを畳んでおきます。

布の上に赤ちゃんのお尻が来るように寝かせ、上側になった持ち手の部分を赤ちゃんのお腹で結びます。

下側の持ち手部分をT字体の要領でお尻からお腹の前に入れ込みます。

余った部分を下に折り返します。

 

 

 

 

シャワー


 

ペットボトルを準備してください。

蓋に画びょうや先の尖ったもので穴を2~3カ所開け、ペットボトルに水を入れ蓋を閉めれば完成です。

ペットボトル本体に穴を開けて吊り下げる様にすればシャワー代わりになります。

 

 

 

 

 

スリッパ


出典 https://youtu.be/_ahFG4bkR0U

新聞紙があれば作れます。

新聞紙を折筋に沿って半分に折ります。

新聞紙を床に置いて、輪になっている方にかかとをあわせ、輪になっていないほう方をつま先の方におります。

折り曲げた方を2センチほど外側に折り返します。

裏返して、折ってないほうを表に横側にして置きます。

左右半分に折っており筋を付けます。

左右中央まで右側と左側から折ります。

左側の袋状になっている部分に、右側の上部を折り込みます。

帯状になっている部分の上側を斜めに追って内側に折り込みます。

四つの角に折り込んで完成です。

 

 

 

お皿やコップ


出典 http://country-webnews.com/post-3002/

 

 

新聞紙とビニールを使ったお皿やコップの作り方です。

新聞紙以外の物を使った食器の作り方も便利で非常時に用意しやすいのでご紹介します。

洗い物もままならない状況となりますので、利用できるものを最大限いかすことで節水にもつながります。

 

2リットルのペットボトルの飲み口をカッターで切り取り、次に縦に切ります。

底の部分は硬いので、大き目のハサミを使ったほうがうまくいきます。

この状態で、お皿として使えます。

切り方を工夫すれば汁気のある食べ物にも使えるので便利ですし、ホット用のペットボトルを使うことによって温かいスープなどを入れることも可能です。

 

 

 

 

簡易トイレ


出典 http://country-webnews.com/post-3002/

 

被災時には水道が止まってトイレも使えなくなることがあります。

そこで、水分を吸わせるなどの意味合いで新聞紙を細かく砕いてビニールに入れ簡易トイレとして利用します。

また、段ボール箱に穴を開け、ポリ袋を入れて簡易トイレを作ることができます。

 

具体的な作り方としては

段ボールないしバケツの中に二重にしたポリ袋をかぶせます。
この事からも段ボールは極端に底が浅く作ったり、深すぎないように気を付けましょう。

次の工程も一緒ですが、ちぎって丸めた新聞紙を沢山その中に入れましょう。
実際これだけの作業で簡易トイレの制作は完了です。

水が止まった状況などではこういった方法を使いましょう。

 

 

 

簡易ランタン


懐中電灯を用意してあるご家庭は多いと思いますが、懐中電灯は遠くを照らすのには便利でも周りを照らすのにはもの足りません。

しかし、懐中電灯の上に水を入れたペットボトルを乗せるだけで、光が乱反射して周りを照らすことができます。

懐中電灯が小さい場合はコップに入れてやってみてください。

 

また、懐中電灯が無くても、スマホで代用できます。

スマホには、懐中電灯の代わりとなるフラッシュライト機能が備わっていますが、ランタン代わりに使うには明るすぎるし、光の範囲が狭いのが難点です。

 

そこで、スマホの光を和らげ、広範囲に拡散させるためにペットボトルが役に立ちます。

 

 

 

 

 

出典 https://edmm.jp/72569/

 

やり方としては

ライトをつけてスマホを階段などに置きます。

スマホの上に水の入ったペットボトルを置きます。

すると、光が液体に反射し、広範囲に拡散し、周りを照らすランタン代わりになります。

 

スマホの場合、懐中電灯よりも電池の減りを気にしないといけませんが、多くの人が持っているスマホと身近なペットボトルでできるので、特別な準備も必要ありません。

 

 

最後に


今回は、日用品で防災グッズを作る方法をご紹介しました。

防災グッズを備えている状態が理想的ですが、常にそれらを肌身離さず持ち歩くわけにもいきません。

 

そのためにも、簡易的とはいえ、これらの作り方を知っておくなどの対策を事前にしておくだけでも、いざというときに役立ちます。

 

いざというときの緊急持ち出し袋に関してはこちらの記事をご覧ください。

 

災害に備えて 非常時持ち出し袋に入れておきたいものと普段から持ち出し袋歩きたい防災グッズ

災害に備えて 非常時持ち出し袋に入れておきたいものと普段から持ち出し袋歩きたい防災グッズ

 

出典 https://douganow.jp/archives/20190531132275.html

 

非常時持ち出し袋は用意されていますか?

地震や災害はいつ起こるかわからないものです、いざというときの備えの一つとして非常用持ち出し袋があります。

しかし、外出先で災害に会うというケースも大いに考えられます。
そのために、普段持ち歩くカバンにも防災グッズを入れておけば安心です。

 

そこで今回は、非常時持ち出し袋に入れておきたいものと普段から持ち出し袋歩きたい防災グッズをご紹介します。

 

 

非常時持ち出し袋の中身チェックリスト


避難時には素早い行動が重要です。

「なにを持ち出そう?」「あれはどこだ?」と慌てないために、事前に非常持出袋を準備して、玄関脇などすぐ持ち出せる場所に保管しておきましょう。

手を空けるため入れ物にはリュックを選択し、中身も詰め込みすぎず、背負って走れる5キロ程度の重さが理想になりますので中身をご紹介していきます。

 

雨具と着替え

雨に濡れると体温が下がり冬季は危険な状態となるため、レインウェア、タオル、着替えなどを準備しておくようにしましょう。

また、アルミブランケットなども有効です。

 

 

応急手当用品

衛生管理用品

携帯トイレ

小型ラジオ

メモ

乾電池式充電池

ヘッドライト

軍手

マスク

ゼリー飲料

水分と食べ物を兼用できて、摂取もしやすいゼリー飲料がおすすめです。

 

食べ物

 

 

通勤通学時に持っておきたい防災グッズ


基本は非常時持ち出し袋と変わりません。

しかし、普段の荷物にプラスするため、できるだけ普段から使える物を中心にして、防災専用のグッズは最小限にすることがポイントです。

 

 

食べ物

モバイルバッテリー

タオル

応急手当グッズ

 

 

眼鏡

水筒

お菓子

ライト

携帯トイレ

ホイッスル

閉じ込められたとき、叫び続けると体力を消耗します。

水にぬれてもふける、玉のないタイプがおすすめです。

 

 

地図

自宅周辺のハザードマップ(災害想定地図)というものがあります。

津波・洪水・土砂災害といった災害は、避難することが命を守る唯一の方法です。

地元の役場やWebサイトでハザードマップを入手し、自宅の周囲で生じやすい自然災害を把握しておきましょう。

 

 

ウエットティッシュ

 

 

お子さんがいる方ママバックに入れたい防災グッズ


ただでさえ荷物が多いママバッグですが、現在日本は地震や火山が活動時期にはいっており、いつどこで被災してもおかしくない状況です。

そのため、一人では自分を守れない子どもたちのために、お母さんたちが自分の身だけでなく、子どものためにも本気で備えなければならない時期といえます。

 

 

食べ物

モバイルバッテリー

レジ袋

オムツ、止血、簡易トイレなどいろいろな用途に使えます。

 

子供用爪切り

ひも、袋などを切らなくてはならないときに、役立ちます。

 

生理用品 

仮オムツや、止血などの応急処置に使えます。

 

ベビーフードなどおやつ

水筒

母子手帳

ライト

携帯トイレ

ホイッスル

着替え

 

従来の防災品より役立つもの


上記に加えて、準備しておくと便利なもの、従来のものの他に用意した方が良いものをご紹介します。

皮手袋 

従来、防災グッズとして定番だった軍手ですが、釘や割れたガラスでケガをしてしまうこともあります。

そのため、頑丈な皮手袋の方が役に立ちます

 

ヘッドライト

懐中電灯よりもヘッドライトは両手が使えるので、片付けや荷物を持つ時にも便利です。

 

ラップ

地震などで水道管が破損すると最大5ヶ月の間、上下水道が使えないこともあります。

そのため、水は極力節約しなければなりません。

そんな時、食器にラップを引いて使えばラップだけ捨てて食器を洗わずに済みます。

さらに、ケガをした時は止血に利用、身体にラップを巻いてその上から新聞紙を巻けば防寒具としても使えます。

 

口腔ケアティッシュ

水が使えないと歯磨きも一苦労です、しかし、歯みがきをしないでいると口の中に細菌が繁殖し、肺炎を引き起こすこともあります。

そんな時は、口腔ケアティッシュがあればしっかり歯を拭くことができます。

 

ガムテープ

ガムテープは、物を止める、貼り合わせる以外にも、伝言メモとして活用できます。

油性ペンで避難先を書き貼っておけば、風で飛ぶこともなく家族との連絡手段になります。

 

最後に


防災グッズや非常時持ち出し袋は、日頃からチェックをしておかないと必要な時に見当たらないといったことがあります。

一年に一回はチェックするようにしていきましょう。

最後に、非常時持ち出し袋ではないですが、119番通報をして救急車に乗ったり、病院へ行くときに慌てないように次のものを準備しておきましょう。

お薬手帳

本人確認できる物
(免許証、保険証、医療証)
→市外の救急病院などで二度手間
にならないために必要です。

病院の一時金と帰るときのお金

携帯電話やスマートフォン

上の2つは後日でもなんとかなりますが、交通費だけは、なんともなりません。

行きは救急車に乗れても帰りは自分で帰らないと行けませんので、準備しておきましょう。

救急車を呼んだ後に必要な事項をまとめましたので参考にしてください。

119番通報をした後どうしたらよいのかを徹底解説