仕事ができる人の秘訣!仕事ができる人は立つ鳥後を濁さず 円満退職のポイント 徹底解説

 

出典 https://www.cygames.co.jp/press/press-14588/

 

転職活動をしていてストレスを感じるという人は多いと思います。
決断をして、転職活動を進めていっても、転職活動にはやることがたくさんあり、悩む人が多くいます。

 

転職活動の流れとしては

求人探し

応募書類の作成

面接

内定

退職交渉

入職準備

 

上記のようなものがあり、この中で最も悩み、ストレスをトレスを感じるのが退職交渉ではないでしょうか?

 

そこで今回は転職活動の悩みの中でも最も労力を使いストレスの原因ともなる円満退職をするためのポイントをご紹介していきます。

 

 

 

円満退職に必要な事


退職交渉が悩みどころというのは、誰しもが円満退職したいからに他なりません。

しかし、退職にあたっては、行動する前にきちんと計画を立てることが大事です。

行き当たりばったりで辞めてしまっては、円満退職にはつながりません。

 

仕事内容や会社・部署の状況などを考慮した上で、無理のない退職スケジュールを立てることが重要です。

 

 

 

 

円満退職のためのスケジュール


退職を決めてから退職日まで一般的には2か月は必要とされています。

基本的なスケジュールをご紹介しますので参考にしてください。

 

2カ月前


直属の上司に退職の意思表示をする

 

退職手続きに関して就業規則を確認する
 
上司に話す前に同僚などに話さない
 
家族に退職の意を伝え、納得を得る
 
転職に伴うお金の準備を整える

退職日をいつにするか上司に相談する

 

1か月半前


退職願を出す前に上司と話し合う

 

会社に退職願の専用フォーマットがあるか確認する
 
退職願の日付、印鑑、誤字などの不備はないか確認する

退職願を提出する

 

 

1か月前


退職手続きに関して就業規則を確認する

 

上司に話す前に同僚などに話さない

家族に退職の意を伝え、納得を得る

転職に伴うお金の準備を整える

 

 

20日前


業務引き継ぎ文書の作成

 

後任者と引き継ぎに関する話し合いをする

部署内、関連部署への引き継ぎ文書を整理する

現状報告など、転職先へときどき報告をする

あいさつ状の手配をする

 

 

10日前


得意先へのあいさつ回り

 

取引先のリストアップをする

後任者を連れて取引先にあいさつをする

自分宛郵便物の送付先を変更する

 

 

退職日当日


退職に関する手続き

 

担当業務をすべて処理したことを確認する

業務にトラブルが生じた場合に備え、退職後の連絡先を上司と後任者に伝える

健康保険証を返却する

身分証明書、社章、通勤定期券など会社から貸与されたものを返却する

会社が保管している場合、年金手帳と雇用保険被保険者証を受け取る

源泉徴収票を受領する

住民税の支払方法を確認する

社費で購入したものをすべて返却する

会社貸与のパソコン内に入っているデータを整理する

離職票を受領する(転職先が決まっていない場合)

社内で世話になった人にあいさつして回る

 

 

退職後


退職金の受け取り、保険などの手続き ※いずれも転職先が決まっていない場合

 

求職の申し込みをする

失業給付受給資格を確認する

国民年金の加入手続きをする

任意継続被保険者制度の加入手続き、または国民健康保険の加入手続きをする

 

 

上記が基本的なスケジュールですが、それぞれのポイントをご紹介していきます。

 

 

家族の了承を得る


結婚している人など生計をともにする家族がいる場合は、転職先が決まってから伝えるのではなく、転職活動を始める前に相談しておきましょう。

 

転職することによって収入が下がる、家族で過ごす時間が減るなど、転職先が決まってから事後報告で家族に伝えると、思いがけず家族に反対されることがあります。

 

そのため、年収が下がる可能性があるときや休みが不定休な場合などは「どうしてもこの分野の仕事をしてみたい」など、自分の意思を伝えておきましょう。

転職活動は思いの外労力を使うものですので家族の支えが不可欠です。

 

上司に納得してもらう


退職の意思を固めたら、まず直属の上司に話しましょう。

 

もし、直属の上司が人事権をもっていない場合でも、直属の上司を飛び越えてさらに上の上司に相談するのはなるべく避けたほうが無難です

 

直属上司のサポートが円満退職に欠かせないといえます。

 

退職までの期間をしっかり取る


部下が退職の申し出をしたとき、上司が一番頭を悩ませるのは“その人がしていた仕事を今後誰に任せるか”です。

 

引き継げる人が部署にいなければ、中途採用や他部署からの異動などで人材を確保する段取りには時間がかかるため、退職意思を上司に伝えてから退職までの期間が長いほうがよいと言えます。

 

法律上は退職日の2週間前に申告すればいいことになっていますが、引継ぎをきちんとするために、少なくとも1ヶ月、できれば2~3ヶ月ほど猶予があると、周囲への影響は少なくて済みます。

 

また、会社によって繁忙期や異動が多い時期が違いますので考慮に入れる必要があります。

 

引継ぎや退職準備をきちんと行う


引継ぎのポイントは、以下の通りです。

 

リストを用意しておくとよいでしょう。

 

業務をモレなく洗い出す


業務を週単位で振り返り、朝から終業までの業務をすべて洗い出します。

 

次に、1ヶ月に1度、半期に1度、年に1度など頻度が低い業務も忘れずにリストアップしましょう。

 

後任者との並走期間を設ける


後任者との引継ぎ期間は、少なくとも一週間は確保しましょう。

 

仕事を引き継ぎながら、後任者がきちんと理解できているかを確認していきます。

 

また、念のため退職後の連絡先を伝えておきましょう。

 

引継ぎ状況を上司に報告する


意外と忘れがちですが、引継ぎ状況は適宜上司にも共有しておきましょう。

 

取引先への連絡


社外のお客様や取引先に連絡し、取引の頻度が高い場合は後任者を紹介しておきましょう。

 

社内への挨拶


最後に勤務先に出社する日までに、お世話になった人には必ず挨拶に行きましょう。

 

お世話になった人が退職後に辞めたことを知ったということがないようにしておきましょう。

 

身のまわりの整理・整頓


使っていた机や書類の整理、掃除を忘れずにしておきましょう。

 

貸与品の返却


セキュリティカードなど、会社からの貸与品の返却も忘れないようにしましょう。

 

保険や個人情報の削除など会社によって異なる部分も多くありますので、会社や上司に確認しましょう。

 

最後に


これまでお世話になってきた職場です。

 

気の知れた人と今後も付き合うためにも円満退職がよいですよね。

そのためにも、これまで築いてきた人間関係を大切に、「立つ鳥跡を濁さず」の心意気で準備を進めましょう。

転職をする前にもう一度転職すべきタイミングかどうか悩んでいる方はこちらの記事をご覧ください。

仕事ができる人の秘訣!仕事ができる人は転職でも失敗しない  転職すべき人、転職すべきではない人 徹底解説