視力が低下してきたかもと悩んでいる方必見!視力低下の原因と対処法

出典 https://alicefight.blog.ss-blog.jp/2015-08-29-2

以前よりも遠くのものが見にくくなった

以前よりも近くのものが見にくくなった

こんな時私たちは視力が低下してきたと考えると思います。

日本人は他の国・他の民族と比べても近視人口が多いと言われています。

しかし、原因がわかれば、視力低下の対策もとれます。

 

そこで今回は、視力低下の原因と今日からできる改善法など、視力を良くしたいと思う人のための情報をご紹介します。

 

 

視力低下の原因


実は、近視になる原因は、現在の医学でも、はっきりとはわかっていません。

親からの遺伝など、生まれつきの要素が大きいとする「遺伝説」と、の使い方や照明の明るさ・栄養バランスなど、生活要素に重点を置く「環境説」とが知られており、この二つの説をあわせた複合的な原因によって近視が進むと考えられています。

ここでは、目の使い方や照明の明るさ・栄養バランスなど、生活要素に重点を置く「環境説」の原因をご紹介していきます。

 

 

 

近くを見すぎている


人が近くのモノを見ている時、目の筋肉は緊張し、疲れてしまいます。

その後、遠くを見れば目の緊張は次第に緩みます。

現代では、幼少期から、勉強や試験で目を使う機会が多くなり、そこへ、テレビゲームやパソコン、猫背姿勢での読書などが加わると、目の負担がいっそう高まり、近視化が進むと考えられています。

 

 

光の影響


テレビやパソコンなどの液晶は光を放っており、その光がブルーライトです。

ブルーライトは私たち人間が見ることのできる光の中で、もっとも強い光です。

パソコンに向かって一日中作業していた日に目がチカチカするのはこのためです。

 

疲れ目に関してはこちらの記事をご覧ください。

疲れ目で悩んでいる方必見!疲れ目を治す方法

 

 

ストレス


ストレスも視力を低下させる原因になります。

ストレスを感じる状態が続くと、目の筋肉も緊張してしまいます。

仕事や家庭でのイライラや心配事が目を動かす筋肉をこわばらせ、視力低下につながっていきます。

 

ストレスに関してはこちらの記事をご覧ください。

ストレスに対する誤解を解いて正しいストレス対処法を学びましょう!

 

 

栄養バランスが乱れている


目にはビタミンB1が栄養素として必要といわれています。

しかし、甘いものをとりすぎているとビタミンB1が目にたまりにくくなります。

 

そのため、食事の偏りも、急な視力低下を引き起こす可能性があります。

 

食事の偏りは視力低下以外にも様々根異教を及ぼします。

 

食事のリズムが狂ってしまっていることから起こる自律神経の乱れのセルフチェックの方法と対処法

 

 

近視の予防と視力回復の方法


近視を予防する方法としてよく言われるのはあまり目を酷使せず規則正しい生活を心がける、ということです。

 

上記の原因からもわかるように、「長時間のパソコン作業をしない」「暗い場所で本を読まない」「バランスのよい食事を摂る」などです。

目は眼精疲労によって軽度の近視を起こす場合があり、生活が改善されて疲労が取れると、このような近視は通常の視力に回復する可能性があります。

 

つまり、目の疲れ・緊張を解消してあげることができれば、視力低下の防止または視力改善の効果が期待できます。

 

 

疲れ目の対処方法


目を休ませることが一番ですので、蒸しタオル等を眼に乗せしばらく目をやすませましょう。

 

他にも、おススメの方法がパーミングという方法です。

この方法は短時間でできる目の血流の改善方法です。

「眼輪筋」という目の開閉に使う筋肉をギュッギュと刺激することで、眼球内の血行が良くなります。

 

(1)1,2,3,4,5とカウントしながらギュッと顔全体に力を入れるようにまばたきする。
(2)5の時にギューッと目を力を入れながら5秒間ほど閉じる。
(3)これを3セット連続して行う。

 

 

疲れ目に効くツボ


目のツボとしては、眉頭の内側で目の上の骨縁の少しへこんだところにある攅竹(さんちく)、目頭の左右のくぼみ、鼻の付け根の横側にある晴明(せいめい)、こめかみの下の少しくぼんだ部分にある太陽(たいよう)を静かに押さえてみましょう。

出典 https://takeda-kenko.jp/cminfo/alinamin_exalpha

 

攅竹(さんちく)


出典 http://www.me-kaiteki.com/recovery-method/visual-training/acupressure/position.html#sonota

まゆ毛の鼻側のはしにあります。このあたりを親指でさぐると、大きくへこんだ部分が攅竹です。

攅竹は、近視などの屈折異常はもちろんのこと、老眼にもよく効くツボです。

攅竹のツボにたいしては、真上から素直に、つまり垂直に押すのが基本ですが、それでやりづらい場合、上45度方向に押しあげる感じでもかまいません。3~5秒程度、力をかけつづけるか、リズムをつけて3~5回押しましょう。

 

晴明(せいめい)


出典 http://www.me-kaiteki.com/recovery-method/visual-training/acupressure/position.html#sonota

 

晴明のツボは、目頭(めがしら)のやや上にあります。

疲れ目の解消だけではなく、近視などの「屈折異常」、緑内障、白内障などの「眼病」にも効果的です。

片手の親指と人差し指で押すとよいでしょう。

 

太陽(たいよう)


出典 http://www.me-kaiteki.com/recovery-method/visual-training/acupressure/position.html#sonota

こめかみのツボです。

まゆ尻と目尻の中央から、やや後ろにあります。正確には”こめかみ”から、やや目尻寄りにあります。

こめかみのツボ太陽は、両手の人差し指で指圧します。

 

目のツボは目の近くを刺激しますから、誤って指が目に入ることのないよう、注意深く行ってください。

 

 

最後に


視力の低下防止や改善には個人差があります。

他の人に効果があった方法が必ずしも別の方にも効果的とは限りません。

大切なのは、「自分に合った方法」を「継続する」ことです。

 

視力回復トレーニングに関いてはこちらでご紹介していますので併せてご覧ください。

 

眼がかすむ、目が悪くなってきたとお悩みの方必見!自分の視覚機能をチェックして視力低下を防ぐ方法

眼がかすむ、目が悪くなってきたとお悩みの方必見!自分の視覚機能をチェックして視力低下を防ぐ方法

 

出典 http://commercial-break.net/hottomotto-106

 

「最近、目が霞む」

「本が読みづらくなってきた」

 

老眼かな?「年だからしょうがない」

なんてあきらめてないですか?

 

視力の低下は、飲み込む力の低下などとともに知らない間に低下していることが多くあります。

 

ものを飲み込む時にむせる方必見!嚥下障害の原因と対処法 徹底解説

 

そもそもなぜ、加齢とともに視力が低下していくのでしょうか?

 

 

そこで今回は、これ以上視力を低下させにように、視力が悪くなる原因と視力低下防止する方法に関してご紹介します。

 


 
 

視覚機能チェック


身体を動かさないとなまるのと同じように、目も使わないとなまります。

目を動かす運動には、

眼球を動かす力
焦点を合わせる力
両目の協調機能の強化
動体視力
立体視能力
奥行を認識する能力

 

などがあります。

 

まず、自分の目はどこが退化してきているのかをチェックしてみましょう

 

1 文章を読む時に字や行を飛ばす

2 文章を読んでいると、どこを読んでいるか分からなくなる

3 運動では球技が苦手

4 物がぼやけて見える

5 パソコンが見にくい

6文字がぼやけて見える

7遠近感が弱い

 

 

1 2 3を選んだ方は眼球運動機能が低下している恐れがあります。

眼球運動機能低下にすすむ

 

4 5にチェックが入った方は調節機能が低下している恐れがあります。 

調節機能低下に進む

 

6 7に心当たりのある方は両目の調整機能が衰え始めている証拠です。

両目の調整機能にすすむ

 

 

① 眼球運動機能


1文章を読む時に字や行を飛ばす
2文章を読んでいると、どこを読んでいるか分からなくなる

3運動では球技が苦手

のような状態が見られる場合は眼球運動機能の低下の恐れがあります。

 

眼球運動機能とは


目は誰でも同じように使っているのではなく、実は利き手のように利き目があったり、それぞれにクセがあります。
 
しかし、どちらかの目だけに負担をかけ続けていると、目のはたらきが悪くなり、上記チェックリストのようなさまざまな支障がでてきます。

 

 

眼球運動機能のための運動


動く対象物を見るトレーニングです。

 

片方の腕を前に出し、親指を立てます。
親指を左右上下を動かし、両目で指先を追いましょう。

 

この時、顔は動かさないように気を付けましょう。

移動の速度は始めはゆっくりでだんだんと速度をあげていきましょう。

 

他にも次のような運動があります。

 

 

出典 https://driptime24.com/vision_training/

 

 

 

② 調節機能


4物がぼやけて見える
 
5パソコンが見えにくい

このような状態がある方は調節機能が低下している可能性が高くあります。

 

調節機能の低下とは


いわゆるピント機能のことです。

水晶体が弾力性をなくし、焦点合わせのためにはたらく毛様体筋が衰えることで、手もとが見えにくくなります。
 
これがいわゆる老眼です。
 
また、調節機能が低下すると眼精疲労も起こしやすくなります。
 
 

調節機能のための運動


ピント合わせのトレーニング

 

両目で見ることを意識して行いましょう。

 

片手を胸の前に伸ばし、親ゆびを立てます。続いて、両目をあけて親指の爪先を見続けます。

 
ピントがずれないように注意をしながら15〜20秒を目安に見続けましょう。

 

ピントを合わせることができたら、人差し指や小指などの細い指に変更し、見るようにしましょう。

 

次のような運動もピント合わせに効果があります。

 

出典 https://www.youtube.com/results?search_query=%23DJBENGAKU

 

 

 

➂両目の協調機能


6文字がぼやけて見える
7遠近感が弱い

このように感じ始めてきたら両目の協調機能が衰えてきています。

 

協調機能の低下


両目のチームワーク ともいえます。

私たちはものを見るとき、両目で見ることによって、ものを立体的にとらえることができます。

しかし、左右の目が別のものを見ていると距離感がつかめなくなります。

 

協調機能の運動


寄り目を作り、元にもどします。

片方の腕を前に出し、親指を立てます。

両目を開けて親指の爪先を見ます。

段々と自分の鼻に親指を近づけていき、寄り目を作ります。

今度は爪先を見ながらゆっくりと両親指を離していきます。

これを数回繰り返しましょう。

両目の連携を鍛えるにはこちらもご覧ください。

 

出典 https://driptime24.com/vision_training/

 

最後に


今回は目で物を追ったり、寄り目にしたりする三種類の眼球運動をご紹介しました。

 

今回紹介したトレーニングは 基本のものになりますので、慣れてきたら景色を見るときに両目で八の字を描いてみたり、ランダムに目を動かしてみましょう。

 

しかし、このようようなトレーニングを行なったからといってもすぐに視力が回復するというわけではありません。

 

このようなトレーニングを継続することによって、目の機能が強化された結果、視力が上がることがあります。

 

この継続するということが難しいのは事実です。

 

継続に関してはこちらの記事を参考にしてください。

仕事ができる人の秘訣!KASHの法則と習慣化のコツ

 

目が疲れていると感じたらこちらの記事を参考にしてください。

 

疲れ目で悩んでいる方必見!疲れ目を治す方法

 

 

また、目の充血に関してはこちらの記事をご覧ください。

 

充血で困っている方必見!すぐに充血を治す方法