ハートフルコメディで学ぶ!防災の大切さ、自助・共助の大切さ ぐらがくる

 

出典 http://bo-sai.city.yokohama.lg.jp/info/guragakuru

 

防災について考えたことはありますか?
防災は難しいと思っていないですか?

 

2011年の東日本大震災以降は、防災意識の高まりをみせてますが、そこから年月が経つと、意識が薄れてきてしまうこともありますし、防災備蓄品の期限も5年くらいで切れてしまいます。

 

再び防災というもの自体を見直してみませんか?

 

しかし、防災は難しいと考えている方も多いと思います。

そこで今回は、わかりやすく防災の大切さ、自助共助の大切さを説くショートフィルムをご紹介します。

その名も

 

ぐらがくる

 

です。

 

 

 

 

 

ぐらがくるとは


国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア』を運営するショートショート実行委員会と横浜市が連携し、作成された防災に関するショートフィルムです。

 

ぐらがくるはいつ来てもおかしくない大地震から身を守る備えに取り組んでもらうことを目的とし、とある横浜に住む家族と防災にうるさい不思議な猫のやり取りから、防災や自助・共助の大切さを描くハートフルコメディーになっています。

 

 

出典 https://youtu.be/Lvp7i2JD4ms

 

 

 

ぐらがくるのあらすじ


横浜に住む小学生の田中けやき(山田美紅羽さん)。

ある日、けやきの前に、関東大震災を経験した防災にうるさい猫(声我修院達也さん)が現れます。

出典 https://youtu.be/Lvp7i2JD4ms

 

猫はけやきの家に上がり込み、けやきの父・雄二郎( 堀部圭亮さん)や、母・さくら(佐藤藍子さん)に対し、地震への備えが出来ていないと注意するが、雄二郎は猫に反発して言うことを聞こうとしません。

出典 https://youtu.be/Lvp7i2JD4ms

 

しかし、その猫の正体は思いがけないものでした。

けやきの祖父(渡辺哲さん)は猫の声に聞き覚えがあるようですが、、

 

はじめは猫を口うるさいと感じていた父・雄二郎ですが防災の大切さに気付きます。

出典 https://youtu.be/Lvp7i2JD4ms

 

けやきの家族を通して、消火器の使い方や、備蓄など防災の重要性を理解できる内容になっています。

 

 

監督は幼児教育番組『しまじろうのわお!』の総合演出をつとめた平林勇さん

ショートショート フィルムフェスティバル主宰者で、俳優の別所哲也さんがエグゼクティブプロデューサーをつとめています。

 

 

 

 

ぐらがくるはどこで見れる?


ぐらがくるは2018年アジア最大級の国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア』に出典しています。

 

現在は、横浜市民防災センター体験ツアー内災害シアターで放映されています。

 

【タイトル】 『ぐらがくる』
【エグゼクティブプロデューサー】 別所哲也
【監督】 平林勇
【出演】 堀部圭亮、佐藤藍子、山田美紅羽
大福・小雪(猫)、我修院達也、野島直人、大村一真、渡辺哲
【作品時間】 16分
【上映場所】 横浜市民防災センター 災害シアター
【上映期間】 平成30年3月10日から
【上映回数】 一日最大12回(体験ツアー内で上映)

出典 http://bo-sai.city.yokohama.lg.jp/info/guragakuru

 

こちらの記事では横浜市民防災センターをご紹介していますのであわせてご覧ください。

 

自治体・地域の取り組みから学ぶ! 防災力を高める方法  横浜市防災センター編

 

 

 

 

最後に


若干のネタバレあり

 

 

けやきの父・雄二郎ははじめ、横浜に地震など来るわけはないと防災に関して乗り気ではありませんでした。

 

 

しかし、防災にうるさい猫との出会いによって、防災の大切さ、自助共助の大切さを知るようになります。

 

雄二郎と同じように防災に関してあまり考えていない方も多いと思いますが、ぐらをくるを見て防災について真剣に考えてみませんか?

 

出典 https://youtu.be/Lvp7i2JD4ms

 

ぐらがくるの公開場所などは下記のHPをご覧ください。

 

http://bo-sai.city.yokohama.lg.jp/info/guragakuru

 

 

 

防災センターで学ぶ! 防災力を高める方法  横浜市防災センター 編

 

出典 http://bo-sai.city.yokohama.lg.jp/app/webroot/theme/ydrlc/img/お手%EF%BC%B0メニュー表%EF%BC%A8%EF%BC%B0用.pdf

 

日本は世界でも有数の災害大国です。

 

減災は行政や自治体、企業はもちろん、市民自らが参加しないと効果を発揮しません。

緊急持ち出し袋を用意したり、家具には転倒防止を施す等、日ごろから防災・減災を意識している人も多いと思います。

 

しかし、ハザードマップを入手しておいたり、事前防災行動計画を確認したり、行政や自治体などが主導になった減災のためのワークショップやイベントに参加するなどまだまだできることはたくさんあります。

また、知っておくと便利な場所に防災センターがあります。

 

防災センターとは、地方公共団体や央省庁で、災害により庁舎が大打撃を受け機能しなくなった場合の予備拠点、また災害対策本部として常設された施設です。

 

そして、この防災センターでは、防災という浸透させにくいテーマを、市民にとって継続的に取り組みやすい施設にするために、防災センターごとに独自の取り組みを行っています。

 

そこで今回は、防災センターが行っている防災啓発・防災教育普及事業を通して防災力を高める方法の中から横浜市民防災センターの取り組みをご紹介します。

 

 

出典 https://youtu.be/bt4OecojvCo

 

 

横浜市防災センターとは


横浜駅は、新宿駅、池袋駅、東京に次ぐ日本で4番目に利用者が多い駅となっています。

横浜市民防災センターは、横浜駅周辺の都市災害対応、市民への防災知識の普及啓発、備蓄物資・資機材の保管を主な目的として、昭和58年に開設しました。

平常時は主に、自分の命を守る自助意識、お互いに助け合う共助意識の啓発と、その行動を起こすことができる人を育成する場を提供する、自助・共助促進の中核施設として、災害時には、隣接する沢渡中央公園と一体化した一時避難場所として、被災者の応急救護活動拠点となります。

 

また、横浜駅西口の帰宅困難者一時滞在施設の指定を受けており、駅周辺滞留者の一時的な受け入れを行うほか、その際に配布する水・毛布等の備蓄も行っています。

横浜市民防災センターの取り組み


横浜市民防災センターは、災害時には、一時避難場所として、被災者の応急救護活動拠点となります。

平常時は、市民が集う市民のための施設とするため、高い学習効果を保ちつつ普段から情報発信力の強化を行っています。

 

館内は

災害のこわさを臨場感いっぱいに味わう災害シアターや地震シミュレーター、減災トレーニングルームなど、

自分を守る方法を学ぶ「自助エリア」

救護や消火といった、助け合うすべを身に付ける「共助エリア」

より専門的な研修により知識を習得する「専門エリア」

に分かれています。

 

出典 http://bo-sai.city.yokohama.lg.jp/facility

自助エリア


災害が発生したときは、まず、自分が無事であることが最も重要です。

自助に取り組むためには、まず、災害に備え、自分の家の安全対策をしておくとともに、家の外において地震や津波などに遭遇したときの、身の安全の守り方を知っておくことが必要です。

 

また、身の安全を確保し、生き延びていくためには、水や食料などの備えをしておくことも必要です。

 

横浜市防災センターの自助エリアでは、

震度3から7までの揺れや、東日本大震災や阪神淡路大震災などの過去の地震、戸建住宅や超高層ビルの揺れなど、様々なシチュエーションの揺れが体験でき、車いすの方でも体験可能な地震シュミレーター

 

出典 http://bo-sai.city.yokohama.lg.jp/tour

 

 

 

音響や映像で演出される地震・火災などの災害発生から避難までを疑似体験できる減災トレーニングルーム

 

出典 http://bo-sai.city.yokohama.lg.jp/tour

 

 

 

消火器を使った消火体験と、煙からの避難行動を体験できる火災シュミレータ―

 

出典 http://bo-sai.city.yokohama.lg.jp/tour

 

 

防災スリッパ・紙コップ・紙食器・ゴミ袋防寒着等の製作などの防災ワークショップ

段ボールベッド体験

などなかなか体験できないことも体験することが出来ます。

 

 

 

共助エリア


共助とは、家族やご近所地域コミュニティでともに助け合うことです。

 

実際に阪神淡路大震災では、倒壊した家から生き延びることが出来た中から8割の人が、家族もしくは近所の方に助けられたという調査結果も出ています。

 

横浜市防災センターの共助エリアでは

救出訓練や搬送訓練、消火訓練、心肺蘇生法などを学習することが出来ます。

 

出典 http://bo-sai.city.yokohama.lg.jp/facility

 

 

 

最後に


今回は横浜市の取り組みをご紹介しましたが、防災センターは数多くあります。

 

その中でも横浜市民防災センターは、夢中で体験するうちに、全身で、防災をおぼえていたということをテーマに体験を重視したプログラムを多く提供してくれています。

 

横浜市民センタ―での体験プログラムは基本的には事前予約が必要ですが、

せっかく来たのに、予約の空きがなく何も体験できない
体験ツアー後に、もう少し防災について学びたい

このような方たちのために、お手軽プログラムも用意してくれています。

 

お手軽プログラムもかなり充実していますので、子どもも大人も、みんなで気軽に災害を体験してみてください。

 

 

横浜市民防災センターの行き方は以下の通りです。

〒221-0844
横浜市神奈川区沢渡4-7

【鉄道】横浜駅西口より徒歩10分
【バス】「鶴屋町3丁目」より徒歩3分
「市民防災センター前」より徒歩1分

 

出典 http://bo-sai.city.yokohama.lg.jp/guide

 

今回ご紹介したもの以外でも役立つ情報がありますので是非、横浜市民防災センターのHPをご覧ください。

 

http://bo-sai.city.yokohama.lg.jp/

災害に備えて!いますぐできること 徹底解説

出典  災害医療

概要としては、一般人が知っておきたい災害医療の心得として4つの心得が紹介されていました。

その4つの心得とは

【心得1】災害の発生直後、救急車などの公助は頼れない

【心得2】限られた医療資源で最大多数の命を救うには「トリアージ」が必要

【心得3】遠方に搬送されることもあり得る

【心得4】災害時の診療は救護所で

というものです。

つまり、重要なことは

いつ、どこで、襲われるかわからない震災や災害時に災害医療とはどのようなものを理解すること。

尊い命を救い、被害を少しでも小さくするために大きな力となるのは自分の身は自分で守り、家族や地域で助け合うこと。

そのために、今できること、しなければならないことを見てみましょう。

 

災害被害を少なくするのは「自助」と「共助」


【心得1】災害の発生直後、救急車などの公助は頼れないにあるように、多数の傷病者が発生する災害発生直後は、公助(DMATや救急車などの公的機関で提供される援助)の対応能力をはるかに超えることが予想されます。

自分の身は自分で守る「自助」地域や身近にいる人同士が助け合う「共助」こそが、災害による被害を少なくするための大きな力となります。

しかし、一番重要なことは身の回りの人を助けるには、まず自分が無事でなければならず、「自助」あっての「共助」ということです。

 

すぐにできる自助努力


普段から、自分でできること、家族でできること、ご近所と力を合わせてできることなどについて考え、災害に備えておくことが大切なのです。

ここでは自分や家庭でできることをご紹介します。

 

防災マップをチェックする


防災マップとは、大地震、津波、洪水などの自然災害が発生した場合の被害の様子や、避難・救援活動に必要な情報が掲載されている地図のことです。

自宅はもちろん、学校や職場の近く、通勤通学途中にある避難所を、で確認しておきましょう。

防災マップは、各自治体のホームページにも掲載されています。

 

部屋の地震対策を行う


大地震では、テレビが飛び、タンスが自分の上に倒れかかってきます。

分離防止、転倒防止のための家具やテレビの固定ハリや柱が丈夫な位置への移動とともに、安全な場所で寝るなどの対策が重要です。

また、窓ガラスや食器は、鋭い破片を床一面に広げ、素足で歩ける状態ではなくなります。

スリッパやズック靴など、いつでも使えるように置いておきましょう。

 

 

常備しておくと便利なもの


速やかに屋外へ避難するために、履きやすく脱げにくいひもなしのズック靴雨や防寒のためのレインウエア、ガラスや瓦礫をかき分ける革手袋LEDのヘッドライトなどを用意しておきましょう

 

 

情報発信の方法


万一、被災した場合は、家族や知人に向けて、真っ先に自分から安否の情報を発信することが大切です。

安否確認には、災害用伝言ダイヤル171などのサービスを活用しましょう。

そのほか、ケータイ災害用伝言板サービスや、WEB171災害用ブロードバンド伝言板などもあります。

また、災害発生時には、被災地の外から被災地に向けては電話をしないようにし、無事の知らせは「被災地の外側」でリレーで伝えましょう。

 

災害医療とは


災害時には学校や病院、自治体の建物といった身近な場所に医療救護所が設営されます。

そこでは、少しでも多くの人を助けるためにトリアージ(一人でも多くの傷病者に対して最善の治療を行うため、傷病者の緊急度に応じて、搬送や治療の優先順位を決めることをいいます。)が実施され、傷病者を重症者、中等症者、軽症者に分けて対応を行います。

出典 http://www.asahi.com/special/saigaishi/saigaiiryou/

トリアージは医療従事者が行いますが、災害時には人手が足りなくなるため、トリアージの手伝いとして、各種連絡、トリアージタッグへの記載、呼吸の確認、意識状態の観察、応急手当、搬送などは十分に考えられます。

呼吸の確認など、心肺蘇生法に関してはこちらの記事をご覧ください。

 

助かる可能性を高める!心肺蘇生法のやり方徹底解説

 

災害医療の基本原則


災害医療の基本原則はCSCATTTです。

CSCATTTとは災害時に体系的に医療対応する際に留意するべき重要事項の頭文字を並べたものです。

C:command and control(指揮統制)

S:safety(安全)

C:communication(情報伝達)

A:assessment(評価)

T:triage(トリアージ)

T:treatmennt(治療)

T:trannsport(搬送)

 

災害時に関わる全ての組織の共通認識、共通言語となるべく普及していますので是非覚えてください。

 

一般市民が行える災害医療の手伝い


繰り返しになりますが、災害時は医療従事者の人手不足の問題が出ます。

その時に各種連絡、トリアージタッグへの記載、呼吸の確認、意識状態の観察、応急手当、搬送など災害医療の手伝いをすることも考えられます。

そのためには事前に準備をし、講習などを受講することをお勧めします。

また、災害医療では/災害時を想定した医療救護訓練を円滑に進めるためのマニュアル初めての 市民向け教科書「災害医療ガイドライン」やマルチメディア化したスマホアプリ 「災害医療タッチ」を利用することができますので、ぜひ活用してください。

搬送について


搬送に関しては災害医療にわかりやすいスライドがありますので参考にしてください。

previous arrow
Screenshot_20181109-155717
Screenshot_20181109-155951
Screenshot_20181109-155913
Screenshot_20181109-155740
Screenshot_20181109-155747
Screenshot_20181109-155805
Screenshot_20181109-155812
Screenshot_20181109-155913
Screenshot_20181109-155920
Screenshot_20181109-155945
Screenshot_20181109-155951
next arrow
Screenshot_20181109-155717
Screenshot_20181109-155951
Screenshot_20181109-155913
Screenshot_20181109-155740
Screenshot_20181109-155747
Screenshot_20181109-155805
Screenshot_20181109-155812
Screenshot_20181109-155913
Screenshot_20181109-155920
Screenshot_20181109-155945
Screenshot_20181109-155951
previous arrow
next arrow

出典 災害医療

 

最後に


今回災害医療に関してご紹介しましたが、一番重要なことは身の回りの人を助けるには、まず自分が無事でなければならず、「自助」あっての「共助」ということです。

また、日ごろから準備をしておくことで被害を最小限に抑えることができます。

怪我などの応急手当に関してはこちらの記事をご覧ください

簡単!アニメで学ぶ応急手当(外傷など)