大河ドラマ『真田丸』から学ぶやる気スイッチの探しかた

大河ドラマの終わりで一年の終わりを感じます。

年末になると大掃除などやらなければいけないことがたくさんありますが、なかなかとりかかれない。

やる気スイッチがわかればというかたも多いと思います。

そこで今回は大河ドラマ『真田丸を通してやる気スイッチのつけかたを一緒に探してみましょう。

大河ドラマ『真田丸』とは


武田信玄の死から9年、隆盛を誇っていた武田家は、信玄の死をきっかけに急速に衰えていた。

武田家に仕える地方豪族に過ぎない真田家は、武田家が衰えたことで大きな後ろ盾を失ってしまっていた。

主人公はその真田家当主真田昌幸を父に、後の松代藩当主真田信之を兄にもつ真田信繁(真田幸村)です。

列強の戦国大名たちが群雄割拠する中、時には有力武将に取り入り、時には裏をかき、知恵と勘を頼りに戦国の大海原を泳ぐ真田家を乗せた船と真田幸村が築いた大阪城の出城の名称真田丸をかけた
三谷幸喜脚本の2016年の大河ドラマです。

真田信繁(堺雅人)父で天才武将の昌幸(草刈正雄)や、真面目な兄・信幸(大泉洋)幼なじみきり(長澤まさみ)に加え、誰もが知っている豊臣秀吉(小日向文世)徳川家康(内野聖陽)徳川秀忠(星野源)などそれぞれの登場人物の人生が交差する群像劇が得意な三谷幸喜氏は登場人物のやる気スイッチもしっかりと描いている気がします。

やる気スイッチとは


人にはそれぞれ、モチベーションが上がりやすい領域モチベーションエリア、ポジティブエリアがあります。

モチベーションエリア提唱者の山口博氏はモチベーションエリアは6つのエリアに分かれているといいます。

目標達成
目標達成するということにモチベーションが左右されやすい

自由度確保
自由に物事を行う、自分の裁量で決めることがモチベーションに左右されやすい

地位の獲得

地位、権限が高まるということにモチベーションが左右されやすい

他者との協力
他者と協力関係が築いていけるということにモチベーションが左右されやすい

安定の維持
安定し保障されているということにモチベーションが左右されやすい

公私の調和
公私のバランスがとれているということにモチベーションが左右されやすい

 

真田丸登場人物のやる気スイッチ


真田丸登場人物のやる気スイッチはどこにあるのでしょうか?

「目標達成」


目標達成するということがやる気スイッチになっているのは主人公真田信繁です。

「そのようなことは百も承知!されど、私はおまえを討ち果たさねばならぬのだ!我が父のため、我が友のため、先に死んでいった愛する者たちのために!」

最終回で家康に対峙したときのセリフです。

家康を討つという目的が信繁の原動力なのです。

「自由度確保」


自分の好きにやりたいということをモチベーションにしているのは徳川二代将軍の徳川秀忠です。

秀忠は二代将軍とはいえ偉大な父家康が実権を握っているため特に自分の裁量で物事を進めたいと感じています。

「地位の獲得」


地位の獲得がやる気スイッチになっているのは、真田丸前半の主役といっても過言はないでしょう。

主人公信繁の父真田昌幸です。

「わしが命じたのだ。 真田が大名になるためには、室賀がいては困るのだ! ……全ては真田のためじゃ!」
信繁の祝言の場でのセリフです。

調略を繰り返すことを厭わず、信濃の国衆を束ねようとし、大名になることを視野に入れていることで地位の獲得のためには手段を選ばない昌幸のやる気スイッチは地位の獲得です。

「他者との協力」


他者との協力がやる気スイッチになっているのは真田信之です。

「織田についたのだから、織田に従うべきだ」という彼の発言はまさに協力がモチベーションにつながっているのがわかります。

「安定の維持」


安定の維持は天下人になってからの家康です。

最終回、信繁に対峙して、「されどわしを殺したところで何も変わらん。
徳川の世は既に盤石!豊臣の天下には戻らん!戦で雌雄を決する世は終わった!」
家康が戦のない世の中を維持するために動いていたからこそ江戸時代という平和な時代になっていくのです。

「公私の調和」


公私の調和をやる気スイッチとしている真田丸の代表的な登場人物はヒロインきりです。

「私が大好きだった源次郎さまはどこにいったの?」
信繁が大坂方に誘われ悩んでいるときにきりが背中を押します。

きりこそ公私ともに信繁のパートナーできり自信も公私のバランスがやる気スイッチになっていたように思えます。

最後に


目標達成」の大小に影響を受けやすいという人もいれば、「公私の調和」がとれているかどうかでやる気が変わる人もいます。

モチベーションを上げようと思ってもやる気がでないというのであれば、モチベーションがあってない可能性があります。

やる気スイッチを押すにはまず自分ややる気スイッチを押したい人のモチベーションエリアがどこにあるのか自分や相手を理解する必要があります。

また、やる気スイッチはひとつとは限りませんし、その時によって変わる場合もあります。

やる気スイッチを探すため名作大河ドラマ『真田丸』を見てみませんか?