いざというときに役立つ知識!日用品で防災グッズを作る方法

防災

 

出典 https://www.youtube.com/watch?v=R2zvNV8uSpc

 

災害時の用意は十分にされていますか?

地震や災害はいつ起こるかわからないものです。

そのため、いざという時の為に、あるもので出来る、簡単な防災グッズの作り方を覚えておくと便利です。

 

そこで今回は、いざというときに役立つ知識として日用品で防災グッズを作る方法をご紹介します。

 

 

 

日用品でできる防災グッズ


災害時には断水や停電が起きたり物資が不足します。

そんな時、ラップや新聞といった日用品で代用品が簡単に作れます。

 

日用品でできる防災グッズとしては、

暖をとるもの

おむつ

シャワー

スリッパ

お皿やコップ

簡易トイレ

簡易ランタン

このようなものがラップ、新聞紙、ポリ袋、ペットボトル、タオル、段ボール、キッチンペーパーなどで作ることが出来ます。

 

 

暖をとるものの作り方


出典 http://country-webnews.com/post-3002/

 

お腹や手足、体の冷えは、避難生活が長引けば長引くほど、体力を奪っていきます、そのためしっかりと防寒対策を心がけるようにしましょう。

新聞紙を羽織って防寒するだけでなく、ポリ袋と合わせるとより暖かくなります。

また、靴下、腹巻きと新聞紙をあわせることでも有効な暖を取る方法となります。

 

 

 

簡易おむつ


出典 http://country-webnews.com/post-3002/

 

 

大きめのレジ袋とタオルを用意してください。

持ち手の端と両脇を切って開きます。

その上に清潔なさらしやタオルを畳んでおきます。

布の上に赤ちゃんのお尻が来るように寝かせ、上側になった持ち手の部分を赤ちゃんのお腹で結びます。

下側の持ち手部分をT字体の要領でお尻からお腹の前に入れ込みます。

余った部分を下に折り返します。

 

 

 

 

シャワー


 

ペットボトルを準備してください。

蓋に画びょうや先の尖ったもので穴を2~3カ所開け、ペットボトルに水を入れ蓋を閉めれば完成です。

ペットボトル本体に穴を開けて吊り下げる様にすればシャワー代わりになります。

 

 

 

 

 

スリッパ


出典 https://youtu.be/_ahFG4bkR0U

新聞紙があれば作れます。

新聞紙を折筋に沿って半分に折ります。

新聞紙を床に置いて、輪になっている方にかかとをあわせ、輪になっていないほう方をつま先の方におります。

折り曲げた方を2センチほど外側に折り返します。

裏返して、折ってないほうを表に横側にして置きます。

左右半分に折っており筋を付けます。

左右中央まで右側と左側から折ります。

左側の袋状になっている部分に、右側の上部を折り込みます。

帯状になっている部分の上側を斜めに追って内側に折り込みます。

四つの角に折り込んで完成です。

 

 

 

お皿やコップ


出典 http://country-webnews.com/post-3002/

 

 

新聞紙とビニールを使ったお皿やコップの作り方です。

新聞紙以外の物を使った食器の作り方も便利で非常時に用意しやすいのでご紹介します。

洗い物もままならない状況となりますので、利用できるものを最大限いかすことで節水にもつながります。

 

2リットルのペットボトルの飲み口をカッターで切り取り、次に縦に切ります。

底の部分は硬いので、大き目のハサミを使ったほうがうまくいきます。

この状態で、お皿として使えます。

切り方を工夫すれば汁気のある食べ物にも使えるので便利ですし、ホット用のペットボトルを使うことによって温かいスープなどを入れることも可能です。

 

 

 

 

簡易トイレ


出典 http://country-webnews.com/post-3002/

 

被災時には水道が止まってトイレも使えなくなることがあります。

そこで、水分を吸わせるなどの意味合いで新聞紙を細かく砕いてビニールに入れ簡易トイレとして利用します。

また、段ボール箱に穴を開け、ポリ袋を入れて簡易トイレを作ることができます。

 

具体的な作り方としては

段ボールないしバケツの中に二重にしたポリ袋をかぶせます。
この事からも段ボールは極端に底が浅く作ったり、深すぎないように気を付けましょう。

次の工程も一緒ですが、ちぎって丸めた新聞紙を沢山その中に入れましょう。
実際これだけの作業で簡易トイレの制作は完了です。

水が止まった状況などではこういった方法を使いましょう。

 

 

 

簡易ランタン


懐中電灯を用意してあるご家庭は多いと思いますが、懐中電灯は遠くを照らすのには便利でも周りを照らすのにはもの足りません。

しかし、懐中電灯の上に水を入れたペットボトルを乗せるだけで、光が乱反射して周りを照らすことができます。

懐中電灯が小さい場合はコップに入れてやってみてください。

 

また、懐中電灯が無くても、スマホで代用できます。

スマホには、懐中電灯の代わりとなるフラッシュライト機能が備わっていますが、ランタン代わりに使うには明るすぎるし、光の範囲が狭いのが難点です。

 

そこで、スマホの光を和らげ、広範囲に拡散させるためにペットボトルが役に立ちます。

 

 

 

 

 

出典 https://edmm.jp/72569/

 

やり方としては

ライトをつけてスマホを階段などに置きます。

スマホの上に水の入ったペットボトルを置きます。

すると、光が液体に反射し、広範囲に拡散し、周りを照らすランタン代わりになります。

 

スマホの場合、懐中電灯よりも電池の減りを気にしないといけませんが、多くの人が持っているスマホと身近なペットボトルでできるので、特別な準備も必要ありません。

 

 

最後に


今回は、日用品で防災グッズを作る方法をご紹介しました。

防災グッズを備えている状態が理想的ですが、常にそれらを肌身離さず持ち歩くわけにもいきません。

 

そのためにも、簡易的とはいえ、これらの作り方を知っておくなどの対策を事前にしておくだけでも、いざというときに役立ちます。

 

いざというときの緊急持ち出し袋に関してはこちらの記事をご覧ください。

 

災害に備えて 非常時持ち出し袋に入れておきたいものと普段から持ち出し袋歩きたい防災グッズ

災害に備えて!いますぐできること 徹底解説

出典  災害医療

概要としては、一般人が知っておきたい災害医療の心得として4つの心得が紹介されていました。

その4つの心得とは

【心得1】災害の発生直後、救急車などの公助は頼れない

【心得2】限られた医療資源で最大多数の命を救うには「トリアージ」が必要

【心得3】遠方に搬送されることもあり得る

【心得4】災害時の診療は救護所で

というものです。

つまり、重要なことは

いつ、どこで、襲われるかわからない震災や災害時に災害医療とはどのようなものを理解すること。

尊い命を救い、被害を少しでも小さくするために大きな力となるのは自分の身は自分で守り、家族や地域で助け合うこと。

そのために、今できること、しなければならないことを見てみましょう。

 

災害被害を少なくするのは「自助」と「共助」


【心得1】災害の発生直後、救急車などの公助は頼れないにあるように、多数の傷病者が発生する災害発生直後は、公助(DMATや救急車などの公的機関で提供される援助)の対応能力をはるかに超えることが予想されます。

自分の身は自分で守る「自助」地域や身近にいる人同士が助け合う「共助」こそが、災害による被害を少なくするための大きな力となります。

しかし、一番重要なことは身の回りの人を助けるには、まず自分が無事でなければならず、「自助」あっての「共助」ということです。

 

すぐにできる自助努力


普段から、自分でできること、家族でできること、ご近所と力を合わせてできることなどについて考え、災害に備えておくことが大切なのです。

ここでは自分や家庭でできることをご紹介します。

 

防災マップをチェックする


防災マップとは、大地震、津波、洪水などの自然災害が発生した場合の被害の様子や、避難・救援活動に必要な情報が掲載されている地図のことです。

自宅はもちろん、学校や職場の近く、通勤通学途中にある避難所を、で確認しておきましょう。

防災マップは、各自治体のホームページにも掲載されています。

 

部屋の地震対策を行う


大地震では、テレビが飛び、タンスが自分の上に倒れかかってきます。

分離防止、転倒防止のための家具やテレビの固定ハリや柱が丈夫な位置への移動とともに、安全な場所で寝るなどの対策が重要です。

また、窓ガラスや食器は、鋭い破片を床一面に広げ、素足で歩ける状態ではなくなります。

スリッパやズック靴など、いつでも使えるように置いておきましょう。

 

 

常備しておくと便利なもの


速やかに屋外へ避難するために、履きやすく脱げにくいひもなしのズック靴雨や防寒のためのレインウエア、ガラスや瓦礫をかき分ける革手袋LEDのヘッドライトなどを用意しておきましょう

 

 

情報発信の方法


万一、被災した場合は、家族や知人に向けて、真っ先に自分から安否の情報を発信することが大切です。

安否確認には、災害用伝言ダイヤル171などのサービスを活用しましょう。

そのほか、ケータイ災害用伝言板サービスや、WEB171災害用ブロードバンド伝言板などもあります。

また、災害発生時には、被災地の外から被災地に向けては電話をしないようにし、無事の知らせは「被災地の外側」でリレーで伝えましょう。

 

災害医療とは


災害時には学校や病院、自治体の建物といった身近な場所に医療救護所が設営されます。

そこでは、少しでも多くの人を助けるためにトリアージ(一人でも多くの傷病者に対して最善の治療を行うため、傷病者の緊急度に応じて、搬送や治療の優先順位を決めることをいいます。)が実施され、傷病者を重症者、中等症者、軽症者に分けて対応を行います。

出典 http://www.asahi.com/special/saigaishi/saigaiiryou/

トリアージは医療従事者が行いますが、災害時には人手が足りなくなるため、トリアージの手伝いとして、各種連絡、トリアージタッグへの記載、呼吸の確認、意識状態の観察、応急手当、搬送などは十分に考えられます。

呼吸の確認など、心肺蘇生法に関してはこちらの記事をご覧ください。

 

助かる可能性を高める!心肺蘇生法のやり方徹底解説

 

災害医療の基本原則


災害医療の基本原則はCSCATTTです。

CSCATTTとは災害時に体系的に医療対応する際に留意するべき重要事項の頭文字を並べたものです。

C:command and control(指揮統制)

S:safety(安全)

C:communication(情報伝達)

A:assessment(評価)

T:triage(トリアージ)

T:treatmennt(治療)

T:trannsport(搬送)

 

災害時に関わる全ての組織の共通認識、共通言語となるべく普及していますので是非覚えてください。

 

一般市民が行える災害医療の手伝い


繰り返しになりますが、災害時は医療従事者の人手不足の問題が出ます。

その時に各種連絡、トリアージタッグへの記載、呼吸の確認、意識状態の観察、応急手当、搬送など災害医療の手伝いをすることも考えられます。

そのためには事前に準備をし、講習などを受講することをお勧めします。

また、災害医療では/災害時を想定した医療救護訓練を円滑に進めるためのマニュアル初めての 市民向け教科書「災害医療ガイドライン」やマルチメディア化したスマホアプリ 「災害医療タッチ」を利用することができますので、ぜひ活用してください。

搬送について


搬送に関しては災害医療にわかりやすいスライドがありますので参考にしてください。

previous arrow
Screenshot_20181109-155717
Screenshot_20181109-155951
Screenshot_20181109-155913
Screenshot_20181109-155740
Screenshot_20181109-155747
Screenshot_20181109-155805
Screenshot_20181109-155812
Screenshot_20181109-155913
Screenshot_20181109-155920
Screenshot_20181109-155945
Screenshot_20181109-155951
next arrow
Screenshot_20181109-155717
Screenshot_20181109-155951
Screenshot_20181109-155913
Screenshot_20181109-155740
Screenshot_20181109-155747
Screenshot_20181109-155805
Screenshot_20181109-155812
Screenshot_20181109-155913
Screenshot_20181109-155920
Screenshot_20181109-155945
Screenshot_20181109-155951
previous arrow
next arrow

出典 災害医療

 

最後に


今回災害医療に関してご紹介しましたが、一番重要なことは身の回りの人を助けるには、まず自分が無事でなければならず、「自助」あっての「共助」ということです。

また、日ごろから準備をしておくことで被害を最小限に抑えることができます。

怪我などの応急手当に関してはこちらの記事をご覧ください

簡単!アニメで学ぶ応急手当(外傷など)