はじめての119番通報・心肺蘇生法で慌てないためのエキスパート 通信指令員とは?

通信指令員




出典 https://youtu.be/bK-cPoVyB7o




あなた
人が倒れてる!どうしよう119番通報うまくできないかも




通信指令
安心してください!我々通信指令員が119番通報を受けた際に急病人やけが人の容態を聞き心肺蘇生法などのやり方を伝えます。




事故や怪我などで119番通報をすると通信指令員と呼ばれる係員が電話に出ます。



この係員が、事故現場などを割り出し、救急車・消防車を向かわせる他、応急手当の方法などを教えてくれます。



つまり、電話の先にいる、この通信指令員が応急手当を教えてくれることで、手当に関わったことがない人でも救命効果が上がります。


そこで今回は、はじめての119番通報でも慌てないように、通信指令員の役割をご紹介します。











通信指令員とは


119番通報をすると、通報を受けた係員が、通報者から情報を聴取しながら、タッチパネルとマウス操作を行い、コンピューターが出動指令を行います。


通報を受けた時点で、その現場から最も近い位置にある消防車・救急車に対して、出動指令が行われます。


これらの作業は119番着信から1分程度で行われます。



消防車・救急車が現場へ向かっている間にも、通信指令員は詳しい情報収集を行い、応急手当の方法などを伝えてくれます。



この応急手当を教えてくれる口頭指導があるため、意識がない、呼吸がないといった場合はためらわずに119番通報するようにしましょう。






口頭指導の例



意識がない大量の出血がある、広範囲のやけどをしたなどは、緊急度が非常に高い場合です。


そのため、通信指令員は救急車だけでなく消防車も同時に出場するPA連携と呼ばれる、「支援救急出場」という指令を出します。

通信指令員は、支援救急出場指令と同時に、通報者やその周囲の方々に、応急手当の口頭指導を行います。









口頭指導とは



消防の通信指令員が119番通報してきた人に対して、通報内容から傷病者の状態を判断します。


そして、救急車が到着するまでの間に何らかの対応が必要であると判断した場合、その状況に即した具体的な応急手当の方法を口頭で指示し、協力を要請します。



これを口頭指導と言います。









口頭指導の目的



口頭指導は、傷病者のそばに居合わせた人(バイスタンダー)から状況を聴取し、それに適した応急手当を指示して実行してもらう事により救命効果の向上を図ることを目的としています。









心肺蘇生法の口頭指導



出典 https://youtu.be/bK-cPoVyB7o



実際に傷病者に意識がない場合、電話先で通信指令員は「心肺蘇生法のやり方を知っていますか?」と聞いてきますので見栄をはらずに正直に答えましょう。

また、「AEDは近くにありますか?」「AEDを持ってきてください。」と言われますので誰かがいるときは依頼し、周りに誰もいないときは自分で取りに行きます。



まず、固い場所に寝ているかを聞かれますので可能であれば胸骨圧迫が行いやすい、固い場所に移動します。




出典 https://youtu.be/bK-cPoVyB7o



通信指令員「心臓マッサージのやり方を伝えるのでその通りやってください







出典 https://youtu.be/bK-cPoVyB7o

「傷病者を仰向けにして、胸の横に位置してください。」










出典 https://youtu.be/bK-cPoVyB7o

胸の真ん中に手のひらの付け根を当ててください。










出典 https://youtu.be/bK-cPoVyB7o

「その上にもう一方の手を重ねて置いてください。」










出典 https://youtu.be/bK-cPoVyB7o

出典 https://youtu.be/bK-cPoVyB7o


両ひじをまっすぐに伸ばして真上から5㎝(中学生までは胸の厚みの3分の1)(両手・片手・2本指は任意)沈むように胸を強く圧迫してください。」









出典 https://youtu.be/bK-cPoVyB7o



圧迫のテンポは「イチ」「ニイ」「サン」くらいの速さで連続して行ってください。(テンポに合わせるため数を数えるなど具体的に伝えてくれます。)」


※毎回の胸骨圧迫の後で完全に胸壁が元の位置に戻るように圧迫を解除するように言われます。


また、胸骨圧迫が浅くならないようにとも言われます。


協力者がいる場合は1~2分目安に交代してくださいと言われます。


救急隊が到着し交代するまで、または、傷病者に正常な呼吸や胸骨圧迫をしている手を払いのけるなどが認められるまでは続けてくださいと言われます。



AEDが到着したら救急隊にAED到着の旨を伝えましょう。









異物除去の口頭指導


「口頭指導」は、心肺蘇生法気道異物除去法止血法熱傷手当指趾切断手当の中から、直ちに応急手当が必要と判断される場合に実施しますが、ここでは心肺蘇生法の次に起こりうる気道異物除去法がどのように口頭指導が行われるかをご紹介します。



通報者 「子どもが食べ物を喉に詰まらせてしまって意識がありません!」





出典 https://youtu.be/6S0qSdcLJGM

通信指令員 「お子さんを前かがみの姿勢にして、背中の真ん中を手の平で強く叩いて下さい。

トイレに向かって吐くような姿勢です。」

「出ましたか?」



通報者 「まだ、出ません。」






出典 https://youtu.be/6S0qSdcLJGM



「それでは、お子さんの後ろに回り、腋の下から腕を前に通してください。


その手を、肋骨の下の柔らかい部分で組んでください。


その手を当てたまま、体ごと持ち上げる様に上へ引き上げてください。



「何度か行い、吐き出さないようでしたら、心肺蘇生法を行っていただきます。どうですか?」




通報者 「あ!咳をし始めました。意識も戻ったみたいです。」




通信指令員 「それでは、呼吸をしやすいような楽な姿勢にしてあげて、救急隊をお待ちください。











最後に



このように、通信指令員が冷静な判断で指示を出してくれます。



まず一番重要なことは落ち着いて行動することです。



第一発見者であったり、そばにいるあなたの応急処置が、被害を最小限に食い止める鍵です。



落ち着いて通信指令員の指示に従ってくださいあなたの応急手当が命を救います。




119番通報の仕方と流れに関してはこちらの記事も参考にしてください。

119番通報をした後どうしたらよいのかを徹底解説



出典 https://www.119aed.jp/index.html


9月9日は救急の日です。


119番通報の仕方に関しては様々なところで紹介されていますが、救急車を呼んだ後、どうしたらよいのでしょうか?

そこで今回は119番通報をした後の流れを徹底解説します。


※今回の動画と画像は大阪市のボジョレーに教わる救命ノートhttps://www.119aed.jp/index.htmlを参照にしています。







119番通報の仕方


119番通報の仕方と119番通報をしている電話の向こう側を徹底解説

で119番通報の仕方と救急隊員の動きがわかると思います。









心肺蘇生法と救急隊員到着




救急隊到着は全国平均で8.5分かかります。

119番通報をして救急隊が到着するまでの間の応急手当が救命にかかわってきます。

心肺蘇生法に関しては、助かる必要性を高める!心肺蘇生法のやり方

で説明していますので参考にしてください。

ここまでは、各消防署で行っている普通救命士講習や日本赤十字社の救急法などで説明されていますが、救急隊員が到着したらどのような動き方になるのでしょうか?









傷病者のために119番通報をした時




救急隊員
消防です。具合の悪いかたはどちらですか?



あなた
こっちです。お願いいたします。



救急隊員
 倒れた人は,どこで,どのようにしていたかわかりますか?



あなた
私は見ていないのですが、雨で滑って転んだときに頭を打ったみたいです。



救急隊員
反応の変化などを教えてください。



あなた
初めは意識があったのですがしばらくして意識がなくなりました。



救急隊員
あなたが行った手当を教えてください。



あなた
意識がなくなってから心肺蘇生法とAEDのショックを一回行いました。



救急隊員
ありがとうございます。あとは私たちが交代します。



救急隊員
救急車に同乗される方は準備してください。



家族や知り合いの場合は、名前や生年月日、現病歴などを尋ねられます。

見知らぬ人という立場の場合は、発見時の状況を伝えるところまでで役割は終わります。(病院までの付き添いを要請されることはありません)











心肺蘇生法を救急隊に引き継ぐ




次の動画は心肺蘇生法と救急隊員に引き継いだ後の救急隊員の動きが見れます。












救急車に傷病者と一緒に乗るまでに準備すること



救急隊員に引き継いで終わりというわけにはいきません。




ご家族や友人また、関係者であれば救急車への同乗が求められます。

救急車が来たら、必要な持ち物は主に4つ


お薬手帳

本人確認できる物
(免許証、保険証、医療証)
→市外の救急病院などで二度手間
にならないために必要です。

病院の一時金と帰るときのお金

携帯電話やスマートフォン



上の2つは後日でもなんとかなりますが、交通費だけは、なんともなりません。

行きは救急車に乗れても帰りは自分で帰らないと行けませんので、準備しておきましょう。

服装に関してはパジャマでも部屋着でもいいですが、夏場でも生地が薄い服の場合、パーカーなどの何か羽織れるものがある方がいいでしょう。

帰宅する際はその服装のまま帰ることになりますので、


寒かったり暑かったりしない服

透けていたりしない服



など、外に出ても大丈夫な服が一番いいと思います。

救急車内の温度はある程度調整してもらえますが、特に冬場は毛布しかないので、寒いと感じるときは


靴下

下着

タオルケット

飲み物

をもっていた方がいいでしょう。



他にも入院になり、保護者が完全にいなければいけない病院もありますので

携帯電話の充電器
 
眼鏡、コンタクト
 
歯ブラシや化粧道具
 
子どものおもちゃ



なども用意しておくと良いでしょう。

まだお子さんが小さい場合は、お出掛けの時におむつや、マグを入れるトートバッグを持って出るのも良いかもしれません。










救急車内はどうなっているのか?



救急車に同乗することもありますが、救急車内はどうなっているのでしょうか?

救急車の中には、傷病者を医療機関に搬送するまでの間、救命処置などの応急処置を施すために、さまざまな装置や資器材が配備されています。














救急車がすぐには出発しない理由




救急隊が到着してもすぐに救急車が出発するわけではありません。













傷病者への確認作業



救急車が現場へ到着した後、救急隊員は傷病者の名前を確認して必要な資器材を活用して傷病者の症状、血圧、体温、脈拍、呼吸、意識、状態などを観察し、必要に応じて現場での応急処置を実施します。





病院選定




救急車が向かっている中で救急隊から連絡が来る時があります。

救急車からの電話で始まる救急隊員からの問診で、応急処置と、どこの病院に搬送するかの判断に使われます。

観察と応急処置の結果から、傷病者の状態に合った診療科目の診察、処置が可能な搬送先病院を選定し、携帯電話で受入れを依頼します。

救急病院でも全ての症状に対応出来るわけではありません。


救急隊は、病院の受入れ情報をもとに近隣の受入れ先を探しますが、特に夜間、休日などの診療体制は限られるため、時には依頼回数が多くなったり、選定時間が長引くことがあります。

搬送先が決まれば緊急走行で直ちに病院へ向かいます。











病院に着いてから


救急病院に搬送された後は、病院のストレッチャーに移されて救急車は帰ります。

救急隊員、病院スタッフから聞き取りをされ、問診や手続きの書類を何枚も書いたりします。 病院では救急処置や検査をし、その結果により治療や入院や帰宅となります。







病院で聞かれること




名前(漢字と読み両方)

年齢/生年月日

持病と普段服用している薬自宅住所・電話番号

病院に迎えに来ることのできる人の電話番号


は必ず聞かれますが他にも





病院スタッフ
今日はどこで何をしてましたか?



病院スタッフ
今日は何を食べましたか?



病院スタッフ
過去に同じ症状はありましたか?



病院スタッフ
今日一番つらかったときを10としたら今はどの位ですか?



のように聞かれます。 名前や生年月日などは何度も聞かれますのでメモを用意しておくとよいでしょう。





最後に




ご家族にお子さんや高齢者がいる場合は氏名、住所、家族への連絡先、かかりつけの病院、普段飲んでいる薬など特に必要な情報を事前に記載した情報カードを用意しておきましょう。



救急隊に提示することによって救急隊の処置、医療機関の選定及び医師への引継ぎなどがスムーズに行われ、迅速な搬送につながります。



119番通報の仕方に関してはこちらの記事をご覧ください。

119番通報の仕方と119番通報をしている電話の向こう側を徹底解説

 

 

 

出典 https://youtu.be/JeLjZ0X3xnA?t=1




119番通報するとき慌ててしまいますよね。



しかし、「早く来て」とだけ言って電話を切ってしまうのは困りものです。





いざというときに焦らないように、119番通報はどのようにすればよいのか?119番通報をするとどこにかかるのか?救急車はどのタイミングで出動するのかご紹介します。









119番通報の流れ



あなた
局番無しの119番をダイヤル



通信指令
119番消防です。火事ですか救急 ですか?



あなた
救急です!



通信指令
場所はどちらですか?

(マンション、アパート名も教えてください。)



あなた
こちらは○○区○○町○丁目○番地○○号(○○マンション○○号室)○○という家です。



通信指令
どなたがどうされましたか?

※傷病者の意識・会話・呼吸・歩行の状態等も伺うことがありますので簡潔にお答え下さい。



あなた
子どもが頭を打って意識がもうろうとしています。



通信指令
あなたのお名前とお使いの電話番号を教えてください。



あなた
私の名前は○○で電話番号は××です。



通信指令
もう救急車は出ていますので待っていてください。








上のような流れが一般的ですが、焦っていると冒頭のような「早く来て!」と言って電話を切ってしまうケースもかなりあるそうです。


実は通信指令の誘導に沿って話をした方が救急隊の到着は早いのです。




大阪市が全国で初めてパソコンやスマートフォンで応急手当アプリを開発しており、とてもわかりやすいのでこの動画をご覧下さい。




動画:YouTube 大阪市ボジョレーに学ぶ応急手当










119番電話がつながる場所



119番通報は各消防本部の通信指令室につながります。





東京は23区なら23区は大手町、多摩地区(稲城市と島はそれぞれの消防本部につながるので除きます。)は立川につながります。



ですので、

119をすると「はい、119番です」と電話にでますので驚かないでください。



救急車は病院から出てるのではなくて、119を電話した際に話をしているのは指令員です。










最初に聞かれること




まず聞かれることは「火事ですか?救急ですか?」です。





これも慌てずに答えましょう。



指令員は消火活動の経験を一年間以上勤めないとなれないプロですので、自分で何でも言うのでなく、任せましょう。







次に聞かれること



次に聞かれるのは場所です。





「住所はどこですか?」と聞かれますので事故もしくは火事が起きている住所を伝えてください。



指令員は、三つのモニターを見ながら、これらの内容を聞いて、コンピュータに入力していきます。



火事か救急、場所を入力した時点で、出場準備のための「予告指令」が最寄の消防署に流れます。



通信指令室では、「予告指令」と同時に、その現場付近の地図が表示され、災害種別に応じた車両・台数を自動編成して、災害指令画面が立ち上がります。



そのため、住所をうまく伝えられなかったり、電話中に意識を失っても救急隊が迎うようになっていますので安心してください。











慌てずに伝えましょう



この時点でもう消防隊員は準備していますので、慌てずに指令員に災害・事故・傷病者の容態を伝えます。



※火災の場合は「何が燃えているのか?」「逃げ遅れなど人命危険がある、なし」救急の場合は「意識がある、なし」「呼吸をしている、いない」「何歳くらいの方か」などがとても重要な内容です。








救急隊出発




最後に通報者の名前、電話番号を聞かれます。



それらを確認し、さらに、災害の規模を選択したうえで「出動指令」ボタンを押下すると、各消防署所に出動指令が流れます。


この間、通報者の電話は切断されることなく救急要請などでは、「応急手当」を指導するためそのまま通話を切らないで指導することもありますが、救急隊員はもう向かっていますのですぐに電話を切らないでください。










口頭指導について



消防の通信指令員が119番通報してきた人に対して、通報内容から傷病者の状態を判断します。



そして、救急車が到着するまでの間に何らかの対応が必要であると判断した場合、その状況に即した具体的な応急手当の方法を口頭で指示し、協力を要請します。



これを口頭指導と言います。






実際に傷病者に意識がない場合、電話先で通信指令員は「心肺蘇生法のやり方を知っていますか?」と聞いてきますので正直に答えましょう。



また、「AEDは近くにありますか?」「AEDを持ってきてください。」と言われますので誰かがいるときは依頼し、周りに誰もいないときは自分で取りに行きます。



まず、固い場所に寝ているかを聞かれますので可能であれば胸骨圧迫が行いやすい、固い場所に移動します。



救急隊が到着し交代するまで、または、傷病者に正常な呼吸や胸骨圧迫をしている手を払いのけるなどが認められるまでは続けてくださいと言われます。

AEDが到着したら救急隊にAED到着の旨を伝えましょう。












最後に



119番通報をした時、どうしても慌ててしまい、「早く来て」とだけ言って電話を切って救急隊員を待ちたいという気持ちはあると思います。



しかし、指令員が向かうわけではありませんし、指令員の口頭指導により、助かる命もありますので、大切なひとを守るためにも119番通報の仕組みをぜひ覚えておいてください。




119番通報をした後の流れに関してはこちらの記事もご覧ください。


あわてずに救急隊や看護師に引き継ぐための魔法の言葉「GUMBA」とは

出典 https://youtu.be/N77FqIdFf6k

 

 

看護士
倒れて救急車を呼んだ経緯を聞かせてください
看護士
朝の調子はどうでしたか?
看護士
今朝は何を食べていましたか?
看護士
今まで病気をしたことがありますか?
看護士
何かアレルギー症状はありましたか?





これは救急車の車中で救急隊の方、到着した救急病院の医師・看護師に聞かれる事です。


気が動転しているかもしれない中で、救急者を呼んだ後に、上のようなことを矢継ぎ早に聞かれます。


もし、家族のために救急車を呼んだのであれば当然わかっているはずの内容ですが、気が動転している時に聞かれた場合、準備していないとすぐには答えることができないかもしれません。



そんな時に便利な語呂合わせがあります。


それがGUMBAです。



そこで今回は救急隊や看護師に聞かれる項目「GUMBA」とはなにかについてご紹介します。






GUMBAとは?




GUMBA(グンバ)と読みます。

このGUMBAは救急隊が救急現場で傷病者に接触し、現病歴や既往歴などの問診をする際に、必要な情報を簡潔かつ正確に問診を行えるようまとめられたものです。



「Symptoms(症状)」・「Allergies(アレルギー)」・「Medication(薬)」・「Past medical history(病歴)」・「Last oral intake(最後に食べたもの)」・「Event preceding the inciden(異変がなぜ起きたのか)」の頭文字でSAMPLEというのがあります。




そのSAMPLEを日本用にわかりやすくしたものがGUMBAです。







GUMBAは何の略?



G:原因
U:訴え
M:めし
B:病気(既往歴)
A:アレルギー

の頭文字です。





G(原因)



看護士
倒れて救急車を呼んだ経緯を聞かせてください




救急隊や看護士はどのように怪我や病気をしたのかを聞いてきます。

怪我や病気の背景をつかむことで病気や怪我の診断やその場で必要な処置や対応を検討するために必要です。





U(訴え)



看護士
朝の調子はどうでしたか?



この訴えは、傷病者本人がしゃべれる状態かどうかで違ってきます。

しゃべれる状態であれば、

一番つらいものが一番の怪我や疾患を特定しやすいものになります。

しゃべれない状態の時は

「朝はいつも通りなんともなかった」

「前日の寝る前にお腹が痛いと言っていた」

「急に頭痛を訴えてその場に倒れた」

「一ヶ月前から頭痛を訴えていた」

など、話せなくなる前の状況はどうだったのかが、判断材料になります。




M(めし)



看護士
今朝は何を食べていましたか?



気管挿管や緊急手術のときに胃に内容物があると嘔吐のリスクがあるかの判断や、栄養失調、脱水、電解質異常を考慮するために聞いてきます。




B(病気)



看護士
ご主人は今まで病気をしたことがありますか?



  病気は既往歴を聞いてきます。 


これは、その人がどんな人なのか、合わせて考慮しなければならないものなのか考える上で聞いてくるものです。  また、病気にあわせて、内服薬なども伝えると良いでしょう。




A(アレルギー)



看護士
何かアレルギー症状はありましたか?



  入院した際の病院食を検討する必要性や、薬でアレルギーがあればその薬を使わないようにする判断材料になります。  また、甲殻類を食べてアナフラキシーショックなど原因の特定にもつながります。   






他に準備しておくとよいこと




119番通報後は、救急隊員に引き継いで終わりというわけにはいきません。

ご家族や友人また、関係者であれば救急車への同乗が求められます。

そこで、救急隊や看護士に引き継ぐ事項以外に準備をしておくとよいものをご紹介します。

救急車が来たら、必要な持ち物は主に4つ。


お薬手帳
本人確認できる物
(免許証、保険証、医療証)
→市外の救急病院などで二度手間
にならないために必要です。
病院の一時金と帰るときのお金
携帯電話やスマートフォン




上の2つは後日でもなんとかなりますが、交通費だけは、なんともなりません。

行きは救急車に乗れても帰りは自分で帰らないと行けませんので、準備しておきましょう。

服装に関してはパジャマでも部屋着でもいいですが、夏場でも生地が薄い服の場合、パーカーなどの何か羽織れるものがある方がいいでしょう。

帰宅する際はその服装のまま帰ることになりますので、

寒かったり暑かったりしない服
透けていたりしない服


など、外に出ても大丈夫な服が一番いいと思います。


救急車内の温度はある程度調整してもらえますが、特に冬場は毛布しかないので、寒いと感じるときは

靴下
下着
タオルケット
飲み物



をもっていた方がいいでしょう。

他にも入院になり、保護者が完全にいなければいけない病院もありますので


携帯電話の充電器
眼鏡、コンタクト
歯ブラシや化粧道具
子どものおもちゃ

なども用意しておくと良いでしょう。

まだお子さんが小さい場合は、お出掛けの時におむつや、マグを入れるトートバッグを持って出るのも良いかもしれません。





最後に



救急車が現場へ到着した後、救急隊員は傷病者の名前を確認して、必要な資器材を活用して傷病者の症状、血圧、体温、脈拍、呼吸、意識、状態などを観察し、必要に応じて現場での応急処置を実施します。

その際に、「GUMBA」のことが頭に入っていれば、緊急時多少は冷静に対応できるようになると思います。

GUMBA以外にも役立つ語呂合わせはあります。


いざというときに備え、こちらの記事もご覧ください。