救急車が到着する前に意識が戻ったらどうしたらよい? 回復体位って知ってますか?





出典 http://www.disaster-medutainment.jp/


倒れているひとを発見し、意識を確認したところ意識が無いので119番通報をしました。救急車が到着する前に意識が戻りました。

こんな時あなたなら      


       

1 救急車をキャンセルする 

2 傷病者の様子を見ながら救急隊の到着を待つ


どちらを選びますか?




正解は当然2番です




いつ、再び具合が悪くなるかわからないので、本人が嫌がっても救急隊を待ちましょう。

では、どのようにして待てば良いのでしょうか?










一番楽な姿勢をとらせる



119番通報をする時、傷病者の意識がはっきりしているか全く無いかの二択とは限りません。


途中で意識が回復する意識はあるけどぐったりしている、意識はないが呼吸はしっかりとしているなど様々な状態であるはずなので、傷病者が一番楽な姿勢をとらせましょう。

ただ、具合の悪い人に「楽な姿勢をとってください」といっても、どの体勢もきついと思いますので、どの体勢が楽に感じるのかある程度は伝えてあげるとよいでしょう。






それぞれの状態に適した体制



まず、傷病者にとって楽な姿勢というのは、呼吸や血液の循環を維持して、苦痛を和らげ、悪化を防ぐことを目的としています。

では実際にどんな症状の時に、どのような姿勢で救急隊を待てばよいのでしょうか?

それぞれの状態に適した体制をご紹介します。


※今回の動画は災害医療http://www.disaster-medutainment.jp/
より












意識がもうろうとしている人(回復体位)



気道を確保していることから、窒息防止に有効であるため、

意識はないが呼吸はある人、意識がもうろうとしている人、心臓マッサージなどにより息を吹き返したばかりの人にも適しています。


吐いた物を口の中から取り除きやすいのでアルコール中毒者や嘔吐している人に適しています。


出典 https://www.youtube.com/watch?v=mFhOdY9ot14






回復体位のとらせかた



1 傷病者を横向きに寝かせ、腕を横に伸ばします。









2 下あごを前に出して気道を確保し、両肘を曲げ上側の手の甲を顔の下に入れます。







3 上側の膝を約90度曲げ、後ろに倒れないようにする体位です。












傷病の原因がわからない人(仰向けの体位)



最も自然な体位であり、全身の筋肉に緊張を与えない自然な姿勢です。

心臓マッサージを行う際はこの姿勢にしてから行います。







出典 https://www.youtube.com/watch?v=nhwUeEPZOs8









仰向けの体位のとらせ方



うつぶせで倒れている人を仰向けにする方法です。



1 傷病者の一方の腕をまっすぐに伸ばします







2 一方の手で傷病者の後頭部を支え、もう一方の手を傷病者の脇下に入れます。










3 後ろに下がりながら傷病者の身体を反転させます。












貧血・顔色が青い人(ショック体位)



あお向けで足側を高くした体位で、足を高くすることにより、貧血や、出血性ショックの傷病者に適しています。
















ショック体位のとらせ方



1 毛布を15~30㎝の高さに畳みます。

毛布が足りない場合は毛布の下に旅行用カバンなど厚みのあるものを入れましょう






2 両手で傷病者の足を持ち上げます。






3 毛布を引き寄せ、傷病者の足をのせます。











その他の体位



上記以外にも、呼吸や、循環機能を維持や苦痛を和らげ、症状の悪化を防ぐのに有効な体位はありますのでご紹介します。












膝屈曲位(しつくっきょくい) 



あおむけの姿勢で毛布などで頭と膝を上げた体位です。



出典 https://www.city.kitakyushu.lg.jp/shoubou/file_0005.html



腹部の緊張と痛みを和らげるので、腹部の外傷や腹痛の時はベルトなどゆるめてから、この姿勢をとるとよいでしょう。







腹臥位(ふくがい)



腹ばいで顔を横に向けた体位です。

背中をけがしている時にとらせるとよい姿勢ですが、腹部が刺激される他、窒息を起こしやすいので常に目を離さずに見ている必要があります。







半坐位(はんざい)



上体を軽く起こした体位です。


出典 https://www.city.kitakyushu.lg.jp/shoubou/file_0005.html

横隔膜が下がり、呼吸面積が広がることにより、呼吸がしやすくなるためと、肺のうっ血状態が軽減されるため胸や呼吸の苦しい傷病者に適しています。


また、頭にけがをしている場合や、脳血管障害の場合に適しています。








坐位(ざい)



座った状態の体位です。

出典 https://www.city.kitakyushu.lg.jp/shoubou/file_0005.html


半坐位と同じように、横隔膜が下がり、呼吸面積が広がることにより、吸がしやすくなるためと、肺のうっ血状態が軽減されるため胸や呼吸の苦しい傷病者に適しています。










最後に



119番通報をした後に、意識はないが呼吸はある人、意識がもうろうとしている人、心臓マッサージなどにより息を吹き返したばかりの人など回復体位は是非覚えておいてほしい体位です。



下記の記事では119番通報をした後に準備しておきたいことをご紹介していますのであわせてご覧ください。


今回ご紹介したように、症状によって異なる体位がありますが、とても役立ちます。


回復体位以外でもショック体位は足のむくみをとるのにも適しています、ぜひそれぞれの体位にする理由とあわせて覚えておいておきましょう。




119番通報をした後どうしたらよいのかを徹底解説



出典 https://www.119aed.jp/index.html


9月9日は救急の日です。


119番通報の仕方に関しては様々なところで紹介されていますが、救急車を呼んだ後、どうしたらよいのでしょうか?

そこで今回は119番通報をした後の流れを徹底解説します。


※今回の動画と画像は大阪市のボジョレーに教わる救命ノートhttps://www.119aed.jp/index.htmlを参照にしています。







119番通報の仕方


119番通報の仕方と119番通報をしている電話の向こう側を徹底解説

で119番通報の仕方と救急隊員の動きがわかると思います。









心肺蘇生法と救急隊員到着




救急隊到着は全国平均で8.5分かかります。

119番通報をして救急隊が到着するまでの間の応急手当が救命にかかわってきます。

心肺蘇生法に関しては、助かる必要性を高める!心肺蘇生法のやり方

で説明していますので参考にしてください。

ここまでは、各消防署で行っている普通救命士講習や日本赤十字社の救急法などで説明されていますが、救急隊員が到着したらどのような動き方になるのでしょうか?









傷病者のために119番通報をした時




救急隊員
消防です。具合の悪いかたはどちらですか?



あなた
こっちです。お願いいたします。



救急隊員
 倒れた人は,どこで,どのようにしていたかわかりますか?



あなた
私は見ていないのですが、雨で滑って転んだときに頭を打ったみたいです。



救急隊員
反応の変化などを教えてください。



あなた
初めは意識があったのですがしばらくして意識がなくなりました。



救急隊員
あなたが行った手当を教えてください。



あなた
意識がなくなってから心肺蘇生法とAEDのショックを一回行いました。



救急隊員
ありがとうございます。あとは私たちが交代します。



救急隊員
救急車に同乗される方は準備してください。



家族や知り合いの場合は、名前や生年月日、現病歴などを尋ねられます。

見知らぬ人という立場の場合は、発見時の状況を伝えるところまでで役割は終わります。(病院までの付き添いを要請されることはありません)











心肺蘇生法を救急隊に引き継ぐ




次の動画は心肺蘇生法と救急隊員に引き継いだ後の救急隊員の動きが見れます。












救急車に傷病者と一緒に乗るまでに準備すること



救急隊員に引き継いで終わりというわけにはいきません。




ご家族や友人また、関係者であれば救急車への同乗が求められます。

救急車が来たら、必要な持ち物は主に4つ


お薬手帳

本人確認できる物
(免許証、保険証、医療証)
→市外の救急病院などで二度手間
にならないために必要です。

病院の一時金と帰るときのお金

携帯電話やスマートフォン



上の2つは後日でもなんとかなりますが、交通費だけは、なんともなりません。

行きは救急車に乗れても帰りは自分で帰らないと行けませんので、準備しておきましょう。

服装に関してはパジャマでも部屋着でもいいですが、夏場でも生地が薄い服の場合、パーカーなどの何か羽織れるものがある方がいいでしょう。

帰宅する際はその服装のまま帰ることになりますので、


寒かったり暑かったりしない服

透けていたりしない服



など、外に出ても大丈夫な服が一番いいと思います。

救急車内の温度はある程度調整してもらえますが、特に冬場は毛布しかないので、寒いと感じるときは


靴下

下着

タオルケット

飲み物

をもっていた方がいいでしょう。



他にも入院になり、保護者が完全にいなければいけない病院もありますので

携帯電話の充電器
 
眼鏡、コンタクト
 
歯ブラシや化粧道具
 
子どものおもちゃ



なども用意しておくと良いでしょう。

まだお子さんが小さい場合は、お出掛けの時におむつや、マグを入れるトートバッグを持って出るのも良いかもしれません。










救急車内はどうなっているのか?



救急車に同乗することもありますが、救急車内はどうなっているのでしょうか?

救急車の中には、傷病者を医療機関に搬送するまでの間、救命処置などの応急処置を施すために、さまざまな装置や資器材が配備されています。














救急車がすぐには出発しない理由




救急隊が到着してもすぐに救急車が出発するわけではありません。













傷病者への確認作業



救急車が現場へ到着した後、救急隊員は傷病者の名前を確認して必要な資器材を活用して傷病者の症状、血圧、体温、脈拍、呼吸、意識、状態などを観察し、必要に応じて現場での応急処置を実施します。





病院選定




救急車が向かっている中で救急隊から連絡が来る時があります。

救急車からの電話で始まる救急隊員からの問診で、応急処置と、どこの病院に搬送するかの判断に使われます。

観察と応急処置の結果から、傷病者の状態に合った診療科目の診察、処置が可能な搬送先病院を選定し、携帯電話で受入れを依頼します。

救急病院でも全ての症状に対応出来るわけではありません。


救急隊は、病院の受入れ情報をもとに近隣の受入れ先を探しますが、特に夜間、休日などの診療体制は限られるため、時には依頼回数が多くなったり、選定時間が長引くことがあります。

搬送先が決まれば緊急走行で直ちに病院へ向かいます。











病院に着いてから


救急病院に搬送された後は、病院のストレッチャーに移されて救急車は帰ります。

救急隊員、病院スタッフから聞き取りをされ、問診や手続きの書類を何枚も書いたりします。 病院では救急処置や検査をし、その結果により治療や入院や帰宅となります。







病院で聞かれること




名前(漢字と読み両方)

年齢/生年月日

持病と普段服用している薬自宅住所・電話番号

病院に迎えに来ることのできる人の電話番号


は必ず聞かれますが他にも





病院スタッフ
今日はどこで何をしてましたか?



病院スタッフ
今日は何を食べましたか?



病院スタッフ
過去に同じ症状はありましたか?



病院スタッフ
今日一番つらかったときを10としたら今はどの位ですか?



のように聞かれます。 名前や生年月日などは何度も聞かれますのでメモを用意しておくとよいでしょう。





最後に




ご家族にお子さんや高齢者がいる場合は氏名、住所、家族への連絡先、かかりつけの病院、普段飲んでいる薬など特に必要な情報を事前に記載した情報カードを用意しておきましょう。



救急隊に提示することによって救急隊の処置、医療機関の選定及び医師への引継ぎなどがスムーズに行われ、迅速な搬送につながります。



119番通報の仕方に関してはこちらの記事をご覧ください。

はじめて119番通報する人必見!119番通報と応急手当 徹底解説

出典https://www.nissay.co.jp/enjoy/cm/

救急車を呼んだことはありますか?

小さいお子さんがいるお母さんや年配の方がご家族にいる方は呼んだことがある方も多いのではないでしょうか?

しかし、救急車を呼ぶべきか呼ばないで大丈夫なのか迷ってしまうと思います。

そこで今回は、救急車を呼ぶか迷った場合に行うべきことを解説していきます。

救急車を呼ぶべきか迷ったら


急に子供が倒れた、子供が頭を打った、自分の体調が何らかの症状が出てつらいそんな時に、救急車を呼ぶべきかどうかを悩む心の余裕はありません。

「どういう症状なら救急車を呼ぶべきか」「救急車を呼ぶべきでない」という判断をその場ですることは非常に困難です。

そんな救急車を呼ぶか悩んだときに知っておくべきものをご紹介します。

#7119


救急車を呼ぶかどうか悩んだ時は、市町村の救急安心センター(相談窓口)に相談しましょう。

番号は#7119ですが、市町村によっては独自の番号を持っている場合もありますので最寄りの消防署のHPなどで確認してください。

近くの救急病院がどこにあるか救急車が来るまでの応急手当といった相談をすることもできます。

原則24時間365日体制で、看護師などの相談員が相談にのってくれますが市町村によりますので詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

救急車を呼ぶべきか迷ったらかけるべき番号#7119徹底解説

#8000


休日夜間に子どもの症状で救急車を呼ぶべきか悩んだ時は、小児救急専用の電話相談窓口こども医療電話相談が利用できます。

番号は#8000です。

こども医療でんわ相談では、相談員からこどもの症状についての適切な対処方法や病院の受診についてのアドバイスを受けることができます。

小児救急の電話相談は、地域によって利用可能な時間帯が異なります。

救急車を呼ぶべきかどうか悩んだ時に簡単に使えるアプリ


全国版救急受診アプリQ助

があります。

消防庁が作成したもので、症状を入力するだけで救急車を呼ぶべきかを判断することができます。

また、スマホを持っていない人でもWeb版を利用することも可能です。

しかし、こうしたツールを使用する余裕がないほど症状が強い時は、迷わず救急車を呼ぶべきです。

119番通報の方法は下記の記事で解説していますので参考にしてください。

 

119番通報の仕方と119番通報をしている電話の向こう側を徹底解説

迷わず救急車を呼ぶべき基準


中毒症(アルコール中毒、ガス中毒、食中毒等)

変形をともなった外傷

大火傷

大出血

意識障害(意識混濁)

普段通りに呼吸がない

心臓停止

以上の7項目がひとつでも当てはまればただちに119番通報してください。

心配蘇生法の手順


みなさんの中には消防の上級救命士や日本赤十字社の救急法を受講されたことがある人も多いと思います。

この順番は発見から反応・意識の確認、呼吸の確認からなる心配蘇生法の手順なのです。

心肺蘇生法の手順はこちらの記事で解説していますので参考にしてください。

助かる可能性を高める!心肺蘇生法のやり方徹底解説

周囲の状況の確認


まず、周囲の状況を確認しますが、ここでは傷病者が危険な場所にいないか、雨ざらしにされてないかなど、二次事故を防ぐためのものです。

ここで、ガスの臭いがしたり、アルコールが散乱していたり、アナフラキシーショックの原因である蜂が飛んでいる等近づく前に異変を感じたら119番通報です。

全身の観察


次に傷病者の全身を観察すると「大出血等なし」と言いますが、この等が大火傷であり、変形をともなった外傷(複雑骨折や開放性の骨折)なのです。

外傷の手当はこちらの記事で詳しくご紹介しています。

簡単!アニメで学ぶ応急手当(外傷など)

反応の確認


周囲の安全を確認して外傷などなければ、倒れている人に近づきます。

そして、肩口に座り、肩を叩きながら、「大丈夫ですか?」「聞こえますか?」など大きな声でよびかけ、反応があるか確認します。

「反応なし」なら当然、119要請をしますが、「うー」などと反応があった場合でも、意識がはっきりしていないので119番通報をします。

意識がはっきりしないときの判断


意識がはっきりしないとき、『酔っぱらいだから』とか『話ができているから大丈夫』という判断は危険です。

意識がはっきりしないときは話しかけながら以下の点に気をつけてください。

はなしができない

たほうの手足の動きが悪い

やが狭い

しきが遠くなる

ろよろする 歩けない

頭文字でおかしいよ覚えてください。

1つでも当てはまる場合は直ちに119判通報しましょう。

 

意識が朦朧としていたり混濁状態で気を付けなければいけないことは、相手の話をうのみにしすぎてはいけないということです。

「救急車は呼ばないでください」と言われることがほとんどですが、意識障害は大事になる確率が非常に高いため、迷わず119番通報をしましょう。

また、最初より落ち着いていても、65歳以上の高齢であったり、歩けないといった症状が見られるときは119番通報を迷わずにしましょう。

呼吸の確認


呼吸は見分け方は難しいですが横たわっていたり、苦しんでる状況で普通に呼吸していなければ119番通報です。

以下の動画にあるように、倒れている人がしゃっくりのようにゆっくり喘ぐ、不規則で異常な呼吸をしばらく続けることがあります。

これがいわゆる『死戦期呼吸』と呼ばれるものですが、普段通りの呼吸ではないためすぐに119番通報しましょう。

 

心臓停止


最後に心臓停止、これは心臓に耳を当ててもなかなかわかりませんが簡単に見分ける方法があります。

みなさんの人差し指の爪を思いっきりもう片方の爪で押してください。2、3秒で白からピンクに爪の色が戻りますよね。

これで色が戻らなければ、心臓が全身に血液を送り出せていないので、心臓が止まっているといえます。

また119番通報をし、もし反応がなければ心肺蘇生法を行いますが心臓マッサージのやり方はこちらの記事を参考にしてください。

「怖い」「難しそう」と感じる心肺蘇生法の練習がペットボトルでできる

119番通報したら


救急隊到着は全国平均で8.5分かかります。

119番通報をして救急隊が到着するまでの間の応急手当が救命にかかわってきます。

その後、救急隊へ引き継ぎますが、救急隊員に引き継いで終わりというわけにはいきません。

ご家族や友人また、関係者であれば救急車への同乗が求められます。

救急隊が到着してからどうすれば良いかは下記記事で詳しく解説しています。

119番通報をした後どうしたらよいのかを徹底解説

最後に


救急車は、本当に必要とする人のために利用するべき」ですが、自分が「本当に必要とする人」の場合はためらわずに救急車を呼びましょう。

また、Coaid119という119番通報と同時に周囲の救命知識のある人にSOSを発信できるアプリがあります。

下記の記事で紹介していますのでご覧ください。

救命アプリ『Coaido119』で一人で倒れた場合でももっとたくさんの人の命を救うことが出来る世の中に