キーボードが動かない 原因と応急処置 徹底解説

キーボードが動かない

・・・キーボードが動かない
どうしよう・・・



こんな経験ありませんか?


パソコンは精密機械のため、いろいろなトラブルが起こりますが、中でも多いのがキーボードが動かないキーボードが反応しないということです。

昨日までは普通に使えていたのに・・・
マウスは使えるのに・・・
再起動を繰り返してもキーボードが動かない


そんな時どうしたらよいでしょうか


今回は、そんな時にも困らないように、キーボードが動かない 原因と応急処置 を徹底解説していきます。



キーボードが動かない原因



キーボードが動かない場合の多くには何かしらの原因があります。


キーボードが動かない原因を解明することができれば、キーボードが再び動くようになるかもしれませんので、代表的な原因をご紹介します。



キーボードにごみやほこりが詰まっている 液体をこぼしてしまった


キーボードにごみやほこりが詰まっていたり、液体をこぼしてしまった場合にはキーボードが動かなくなることがあります。

ごみやほこりが詰まっている場合には、原因になりそうなものを取り除いて、キーボードが動くかどうかを確認してください。


また、水濡れの場合に放置しておくとキーボードだけでなく、他のパソコンパーツまで故障の原因になるため、早めに修理を依頼しましょう。



接続が不十分



キーボードが動かない場合に、確認してもらいたいのがキーボードの接触です。


有線で使用するタイプの場合、何かの拍子で接続がパソコン側がキーボードを認識できなくなるということがあります。


このような場合には、キーボードのケーブルを抜いて、もう一度差し込んでみてください。


無線キーボードの場合には、電池が少なくなっている場合は電池を交換したり、電源の入れ忘れを確認するとともに、キーボードの動作情報を受け取るための受信機(レシーバー)がパソコンのポートから外れそうになっていないか確認してみましょう。



フィルターキーが有効になってしまっている



Shift キーを8秒間以上長押しをするとフィルターキーが設定されます。


フィルターキー機能とは、同じキーを押したままにしてしまった際などに誤入力を防ぐための機能です。

うっかり、フィルター機能がオンになっているとキーボードを押しても反応しない可能性があります。


「設定」の「キーボード」に表示されている「フィルターキー機能の使用」がオフになっているかを確認してみましょう。






帯電によりキーボードが機能しない



パソコンは電気を帯びやすいため、帯電によってキーボードが動かなくなることもあります。

その場合は次の手順で放電作業を行ってください。


1電源を一度おとしてから、電源コードをコンセントから抜いてノートPCのバッテリーを外す。

2その状態で約90秒間放置する。

3その後再度バッテリーと電源コードを取り付けます。


放電が出来たらキーボードが動くかどうか動作確認を行ってください。




直らない キーボード自体が故障している場合の応急処置



上記の方法以外にも、Windows Updateを実行してシステムを最新にすることで、キーボードの問題が解決する場合もありますが、上記の原因に当てはまらない場合は、キーボード自体の故障も考えられます。


ノートパソコンの場合、キーボードだけの取り換えはできないため、外付けのキーボードを使うか修理が必要になります。


しかし、すぐにキーボードを使えないと不便なため、キーボードが使えないときの応急処置をご紹介します。



スクリーンキーボードを使用する



キーボードが使えず入力ができないときにも有効な手段がスクリーンキーボードです。


スクリーンキーボードとは、画面にキーボードを表示して、マウスでキーボードのボタンをクリックすることで、入力が可能になる機能です。



スクリーンキーボードには、マウス操作でキー入力ができるためキーボードが使えないときにとても役に立つだけでなく、(ハードウェア的な) キーボード入力をせずに、(ソフトウェア的に)スクリーンキーボードを利用することで盗み取りリスクも軽減されるというメリットもあります。

スクリーンキーボードの出し方


スクリーンキーボードを出す方法はいくつかありますが、キーボードが動かない場合に使用できる方法をご紹介します。

1デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開く

2「すべてのアプリ」から「Windows簡単操作」フォルダを展開して「スクリーンキーボード」をクリックしましょう。

[Windows 簡単操作]の[スクリーンキーボード]を選択


サインイン画面では画面右下の3つ並んでいるアイコンの中央にあるアクセシビリティアイコンをクリックしましょう。

メニューが表示されるので、「スクリーンキーボード」をクリックすると画面にスクリーンキーボードが表示されるようになります。


キーボードの故障が直ったり、外部キーボードを購入したら、非表示にしましょう。




最後に 




今回はキーボードが動かなかったり、反応しないときの原因と応急処置をご紹介しました。


急にキーボードが使えなくなると焦ってしまいますが、今回の方法を試してみてください。

また、日頃から電池残量の確認やレシーバーが差し込み口に差し込まれているかなどを確認しておくことが大切です。

それでも、キーボードが動作しない場合は、パソコンに詳しい方に見てもらうか修理に出すようにしましょう。


他のパソコン使用中のトラブルに関してはこちらの記事もご覧ください。

エアコンから変な音がする原因と業者を呼ばずに直せる異音と直せない異音 徹底解説

 

出典 https://www.facebook.com/mitsubishidenki/videos/三菱ルームエアコン夏の日の夕方篇/1766957140027717/

 

季節が変わり、エアコンをつけようと思ったら異音がした。

 

経験がある方は多いと思います。

エアコンが壊れてしまったのかと焦りますよね。
しかし、異音の中でも、すぐ直る異音と直らない異音があります。

 

でも、エアコンを修理したり、買い替えるのはまだ早いかもしれません。

 

そこで今回は、エアコンから変な音がする原因と業者を呼ばずに直せる異音と直せない異音 に関してご紹介します。

 

 

エアコンから変な音がする異音の種類


音の種類によっては動作上する音で故障ではないものもあります。

 

狭い室内機の中で無理やり風を作るので、構造上どうしても音が発生してしまうのです。

 

風以外の音が出ている場合、故障の可能性があります。

それぞれの音について可能性をご紹介します。

 

 

故障ではなくお手入れや使い方で改善できる音


ポコポコ・ポンポンなど木魚をたたくような音

高気密住宅に設置したエアコンで発生しやすい音です。

エアコンのドレンホースから部屋の空気が入り、室内外で発生した結露の水がスムーズに流れずポコポコと音がすることがあります。
熱交換器に付いた湿気(水)は、室内機内の皿に落ちて、排水口から室外に排出されます。
水が排出された分、部屋は負圧になります。

排水管で鳴った音は、エアコンという箱の中で響いて、かなり大きいボコボコ音になります。

排水口に排水バルブ、消音バルブといったパーツを着ければ音は防げますが、定期的なメンテナンスが必要になります。

 

 

カタカタ・ガタガタという音
故障と間違えられる中で一番多いのではないでしょうか?
原因は主に4つあります。

 

1. フィルターが正しい位置にハマってない・軸がズレている
フィルター掃除した後フィルターをつけるときに失敗してるケース。
ちゃんとカチってなるまでハメないとエアコン稼働中にどこかが当たって音が鳴る可能性があります。

 

2. フィルターにホコリが溜まってる
フィルターにホコリが溜まっている場合、ファンの回転でホコリが飛び、エアコン内部に当たってカタカタ音を発生させます。

 

3. フィルターが割れている
フィルターが割れている場合もズレている場合と同じでファンが回るときに変な場所に当たってカタカタします。
フィルターが割れてた場合は買ったエアコンのメーカーに依頼して新しいフィルターを購入する必要があります。

 

4.エアコンカバーがハマってない
これはエアコン上部にあるカバーが掃除の後等カチッとなるまでハメるのを忘れているとカタカタ音がなる可能性があります。
閉めるときは左右を同時に押すようにするときちんとハマります。

 

 

エアコンの動作上する音


シュー・パチッという音
空気洗浄の機能であるストリーマ放電の音です。

 

ピシッ・パキッという音
運転開始時や停止時の温度変化でエアコンの樹脂部品が伸び縮みした時の音です。

 

温度や湿度の変化によって室内機の部品が膨張収縮して起こります。
プラスチックパーツが鳴る場合が多いく、作りが悪い室内機だと頻繁に大きな音が鳴るようです。

 

プシューという音
霜とり運転時や運転停止時にエアコン内部の冷媒の流れが切り替わるときの音です。
 
 

 

故障の可能性がある音


ピーピーという音が繰り返されるとき
電源プラグを抜くまたは、エアコン専用のブレーカーを切り訳1分間待った後で再度ピーピー音が鳴る場合は故障の可能性があるのでメーカー等に連絡しましょう。

 

ガラガラやガコンガコンなどといった音

 

永続的に続く音の原因は、ほとんどがファン周りです。
 
室内機の中で動いて、何かにぶつかるような音を出すのは、それくらいしかありません。
 
こういった音が出たら、物理的に何かが破損していますので修理を頼むしかありません。
 
自動ホコリ取り機能が付いた機種は、ホコリフィルターがきちんと収まっていなかったり、ずれている場合も異音がします。
 
ガガガとかベキベキとかいう音の場合もあります。
 
すぐに使うのをやめて業者に見てもらいましょう。
 
この場合は故障している可能性が高いため、そのまま使うと取り返しがつかないかもしれません。
 
なお、室外機から異音や騒音がする場合は、自分で対応できないケースが多いです。
 
ですので、もし室外機に異常があったら、なるべく早いうちに業者へ依頼してみてもらうことをおすすめします。

 
 

 
 

最後に


エアコンからのカタカタ音の原因は、故障ではなく室内機の汚れであることが多いです。

 

きちんと掃除することによって解消されることもありますが、掃除しても改善されないこともあるでしょう。
 

 
フィルター掃除しても直らなかった場合、原因として考えられるのはすでに述べましたがフィルターではなく、エアコン内部のファンについたホコリが原因のケースです。
 
しかしそれ以外にもエアコン本体のモーターが故障している、ベアリングのオイル不足など修理が必要なケースもあります。
 
この場合は目視で確認してエアコンのファン周辺のホコリがひどかった場合はまずエアコンクリーニング業者に掃除を依頼し、それでも直らなかった場合は修理業者に依頼するといいでしょう。

 

エアコン清掃に関してはこちらの記事をご覧ください。

 

エアコンの臭いで悩んでいる方必見!臭いの元であるカビ・ホコリを除去する方法 徹底解説