鼻がつまる原因の黒幕と対処方法

 

出典 http://applebat.com/?m=20130113

 

鼻がつまるとぼーっとしたり、集中力がなくなったり、頭がいたくなったりと様々な問題がでて悩んでいる人は多いと思います。

 

そして、寒い時期や花粉の季節でなくても鼻づまりで悩んでいる人も多いと思います。

 

そこで、今回は鼻づまりの黒幕と対処法をご紹介します。

 

 

鼻づまりの原因


鼻づまりの主な原因は次のものがありますが、一つではなく複数の原因が同時に起こっている場合も多くあるため注意が必要です。

 

 

急性鼻炎、アレルギー性鼻炎による鼻づまり


鼻炎は、さまざまな原因によって、鼻腔内の粘膜が腫れることで、くしゃみや鼻水が出やすくなる病気です。

鼻腔内の粘膜には、たくさんの毛細血管が通っているため、毛細血管が拡張したり収縮したりすることによって、鼻腔内の粘膜も腫れたり、ひいたりします。

鼻炎による鼻づまりは、鼻の中の粘膜が腫れることによって、鼻の通りが悪くなって起こります。

 

実は、鼻炎の鼻水は水っぽいので、鼻水自体が鼻づまりの原因となることは、ほとんどありません。

 

 

副鼻腔炎による鼻づまり


かぜを引いたときには、細菌感染によって、副鼻腔炎にかかりやすくなります。

かぜのウイルスに感染した鼻の粘膜は、抵抗力が落ちるので細菌にも感染しやすくなります。

細菌に感染すると、透明で水っぽかった鼻水が、黄色や緑の粘性のある鼻水に変わります。

さらに、副鼻腔炎になると、鼻腔内に粘性の高い鼻水がたまり、鼻づまりの原因となります。

 

 

 

鼻の構造等によって起こる鼻づまり


鼻中隔弯曲症
左右の鼻腔を隔てている「鼻中隔」という壁が、どちらかに大きく曲がっているために、空気の流れが悪くなります。

 

鼻たけ(ポリープ)
鼻腔内の粘膜にできるポリープが空気の流れを妨げます。鼻たけは、副鼻腔の入り口付近にできやすく、副鼻腔炎による粘膜の腫れが長く続いたり、繰り返し起こったりすることで、粘膜の腫れが戻らなくなったものです。

 

アデノイドの腫れ
アデノイドは、口蓋の裏側で、鼻の一番突き当たりの奥にある、扁桃と同じリンパ組織で、子どもの鼻づまりの原因としては最も多いものです。アデノイドは、鼻からの空気の通り道にあるため、肥大すると鼻呼吸がしづらくなります。

 

 

鼻づまりと自律神経の関係


鼻づまりは、自律神経と大いに関係しています。

自律神経は血管や内臓の動きなどをコントロールし、自分の意志とは無関係に働いています。

心身が活動したり緊張したりする際に優位になる交感神経と、休息時に優位になる副交感神経の2つから成り、両者が臨機応変にバランスを取ることで健康が保たれています。

 

 

鼻づまりの黒幕


鼻の粘膜の腫れや出来物、鼻汁が溜まるといった原因の他にも、軟骨が極端に曲がっているなど鼻のつくりが原因で空気の通り道がなくなり鼻がつまる原因となります。

 

その中でも粘膜の腫れが鼻づまりの原因として多いのてすが、鼻の中にある下鼻甲介という粘膜のひだには、自律神経が絡んだ血管が張り巡らされています。

 

自律神経のうち、副交感神経が興奮すると、鬱血して血管が広がります。

そして、鼻の粘膜が腫れて空気が通りにくくなったり、鼻汁がたまっていきます。

 

つまり、鼻づまりには黒幕である鬱血を解消するために交感神経を刺激することが効果的です。

 

その効果がある3つの方法を紹介します。

 

 

 

鼻づまりを治す3つの方法


 

わきには、鼻の穴の毛細血管を収縮させる交感神経が走っています。

わきを圧迫して交感神経に刺激を与えると、鬱血を解消し、粘膜の腫れが治まります。

 

 

①わきでペットボトルを挟む


右の鼻の穴がつまっている場合には、左のわきで、中身が入っている500mLのペットボトルを挟み、ぎゅっと締めつけます。

しばらくすると、鼻の通りがよくなってきます。

左の鼻の穴がつまっていたら、右のわきでペットボトルを挟みます。

「皮膚圧による半側発汗反射」といって、体の圧迫を受けた側では交感神経の働きが抑えられ、圧迫を受けていない側では交感神経が興奮するという反応を利用するのです。

鼻づまりを解消させる効果は、ペットボトルを挟んだ時間の5〜6倍ぐらい続きます。

ペットボトルが無い場合は自分の拳をわきにはさんで代用できます。

ただ、わきを長時間圧迫すると手や腕がしびれてくるので、5分以内にしましょう。

 

 

②横向きに寝る


「皮膚圧による半側発汗反射」を利用した方法が、もう一つあります。

鼻づまりが起こっている鼻の穴とは反対側を下にして、横向きにして寝るのです。

例えば、右の鼻の穴がつまっている場合は、体の左側を下にして、左のわきを圧迫しながら寝ます。

数分で鼻の通りがよくなってきます。

寝ているときに鼻がつまって息苦しくなったら、この方法を試すといいでしょう。

 

③ 飛び魚のポーズ


次の方法も思いきり脇を締めて圧力をかけることで、交感神経が刺激されて血流が良くなり、鼻が通るようになります。

 

①手を体の後ろにもっていき手のひらが背中の方をむくように左右の指を組みます

手を後ろ手に組んだ状態にしましょう

②手を組んだら腕をのばし息を吐きながら状態を折り曲げます

”おじぎ”の形をとります

③そのままの姿勢を5秒キープ
をします。

5秒キープが終わったらゆっくり状態を上げていきます

 

 

 

 

最後に


交感神経と副交感神経というとなんとなく”副交感神経が良い”ようなイメージがついていますが交感神経を刺激されることによって不眠になるかというとそんなことはありません。

 

交感神経を刺激して鼻づまりを解消しましょう。

 

鼻づまりに関してはこちらの記事もあわせてご覧ください。

 

鼻水・鼻づまりで困っている方必見!鼻水・鼻づまりを治す方法

この状態も要注意!!自律神経が乱れた時の見分け方と対処法(副交感神経)

 

 

出典 https://www.nissin.com/jp/products/cm/

 

自律神経が乱れているということを聞いたことがあるでしょうか?

 

何となく頭が痛い、やる気がでない、イライラする、眠気がとれない

 

このように、原因が思い当たらないのに様々な症状が現れるのは自律神経の乱れが原因である可能性が高いといえます。

 

そして、自律神経が乱れると、体の器官にさまざまな不調が現われるため非常に厄介な症状といえます。

 

自律神経には

ストレスを感じた時に優位になる交感神経

リラックス時に優位になる副交感神経

の2つがあります。

 

普段はこの2つの神経が生活しやすいようにバランスよく働いています。

 

しかし、ストレスや不規則な生活、ホルモンバランスの乱れなどが原因で神経のバランスが崩れます。

 

つまり、

「自律神経を整える」
というのは、
「交感神経と副交感神経のバランスを整える」
ということです。

ストレスを感じたり、緊張することによって、交感神経が優位になります。

しかし、副交感神経が優位になりすぎても、うつ病などの疑いが出てきます。
やる気がでないなども副交感神経優位にあると言われています。

そこで今回は、自律神経の中でも副交感神経の乱れと対処法をご紹介します。

 

自律神経が乱れることで引き起こされる症状


自律神経が乱れることによって、引き起こされる症状を総称して、自律神経失調症と呼ばれます。

 

 

自律神経失調症の症状


一言で自律神経失調症といっても症状は人によって異なり、個人差があるのが特徴です。

代表的な症状としては、次のようなものが挙げられます。

 

 

疲労感
体が疲れやすい、朝起きることができない

頭痛
頭がずきずきする、頭が重い、頭がふらつく

体温の異常
慢性的な微熱、低体温など

睡眠異常
不眠、日中の眠気

耳・喉・口の症状
耳鳴り、耳が詰まった感じがする、喉の異物感、口が渇く、口内が痛いなど

胸部の異常
動悸、息切れ、胸の痛み、胸やけ、圧迫感、うまく息を吸い込めないなど

吐き気・胃腸の異常
吐き気、腹部膨満、便秘、下痢、腹にガスが溜まる

排尿の症状
頻尿、残尿感、排尿しにくい感じがある

手足の異常
手足のしびれ、脱力感、手足の冷え、ほてり

筋肉の凝り・関節の痛み
首や肩の凝り、関節の痛みなど

皮膚の異常
皮膚や粘膜のかゆみ

などの症状が主に挙げることができます。

 

 

自律神経の乱れのセルフチェック(副交感神経の乱れ)


1 空腹を感じてもあまり食事量をふやすことができない。

 

2 空腹を感じず、一日3食食べれることがほとんどない。

 

3 学生時代はかなり運動をしていたが、現在ではほとんど運動をしておらず体力が落ちていると実感している

 

4 できる限り体力を使わないようにしており、冷え対策もしっかりしている

 

 
5 過去に事故の経験や整体で、無理に背中を鳴らしたことからめまいや痛みが増えた気がする

 

6  事故の経験や整体で背中を鳴らした経験はないが、明らかに運動不足で身体を支えきれない、また少し動くと疲労やめまいを感じる

 

7 常にため息やあくびをすることが多く動作がゆっくりしている

 

8  吸い込む行為が苦しく、少し吸い込んでゆっくり吐き出す呼吸をしている

 

9  いくら寝ても疲れがとれず、夜中にトイレで起きてしまう

 

10  一、二時間に一度はトイレで目覚め、日中強い眠気がある

 

11 筋肉に力をいれても固くならない

 

12 筋肉が無いに等しい

 

13 便秘や下痢になることが時々ある

 

14 常に便秘や下痢の状態であり、整腸剤や下剤が手放せない

 

15 いくつかの感情が慢性化している

 

16 悩みや気持ちを周りに伝えることができず、伝えてもどうにもならないと受け入れている

 

 

副交感神経が乱れると


副交感神経の乱れによる症状は

 

うつ病

眠気

味覚障害

便秘

不安症

尿漏れ

脱力感

抜け毛

体調不良

急な体重減少

息苦しさ

失神

めまい

等の症状が表れます。

 

 

交感神経が乱れているときの対処法


現代人はストレスにさらされることが特に多いため、交感神経が優位になり、自律神経が乱れていることが多くあります。

そのため、交感神経の働きを押さえて、自律神経の乱れを調整する必要があります。

 

 

1 空腹を感じてもあまり食事量をふやすことができない。


空1腹を感じてもあまり食事量を増やせないのは、運動量や睡眠時間が少ないと起こります。

食事量や睡眠時間の不足は副交感神経の乱れにつながります。

対策としては、寝る前に軽く運動を行い、栄養が必要な場所を脳に伝える必要があります。

 

そのことによって、睡眠の質が向上し、睡眠中に栄養吸収しやすくなり食事量も増やせるようになります。

 

 

 

2 空腹を感じず、一日3食食べれることがほとんどない。


この状態は活動量が少なすぎるか、逆に活動しすぎた場合も表れます。

活動量が少ない場合には、活動量を多くすることが対処法になります。

活動量を増やすことで、空腹を感じることができますが、急に活動量を増やすのではなく、徐々にふやすようにしましょう。

 

反対に、活動しすぎた結果起きた場合は、ストレッチなどで身体を緩める方法が効果的です。

深い呼吸をしながらストレッチを行うことで、筋肉が柔らかくなりその結果、空腹を感じることができるようになります。

 

3 学生時代はかなり運動をしていたが、現在ではほとんど運動をしておらず体力が落ちていると実感している


学生時代に毎日運動していた筋肉というのは、動くための記憶を残しています。

筋肉を使わないでいるとその筋肉が原因で体調のリズムが崩れるようになります。

過去動かしていて今は動かしていない身体の動きを取り入れてみましょう。

そのことだけでも運動不足が解消されます。

 

4 できる限り体力を使わないようにしており、冷え対策もしっかりしている


身体を動かさずに冷え対策をしても、かえって冷えを悪化させます。

冷えている冷やしたくない箇所があればその場所を動かす運動習慣を身につけましょう。

 

5 過去に事故の経験や整体で、無理に背中を鳴らしたことからめまいや痛みが増えた気がする


背骨に多くの脊椎捻挫を作り上げている状態です。

背骨をひねって音を鳴らす癖をやめましょう。

背骨のゆがみが自律神経の乱れとなります。

腕立ての姿勢を維持することによって、背骨を支える筋肉をつけていきましょう。

また、めまいがある場合は、片脚片眼立ちをすることがめまいの改善につながります。

 

6 事故の経験や整体で背中を鳴らした経験はないが、明らかに運動不足で身体を支えきれない、また少し動くと疲労やめまいを感じる


筋力が不足しており、背骨を支えきれない状態です。

ラジオ体操をゆっくり目なテンポで始めるなどゆっくりと身体を動かす習慣をつけていきましょう。

 

7 常にため息やあくびをすることが多く動作がゆっくりしている


副交感神経優位になっている状態です。

行動をするときに、少し小走りにしてみたりすることで心肺機能を鍛えていきましょう。

 

8 吸い込む行為が苦しく、少し吸い込んでゆっくり吐き出す呼吸をしている


しっかりと吸い込むことを意識することが大切です。

そのためには一回空気を吐ききってみてください。

吐ききってしまえば、反動で吸い込む力がついてきます。

 

9 いくら寝ても疲れがとれず、夜中にトイレで起きてしまう


休日に寝だめをしようとする人は寝ても疲れがなかなかとれません。

休日も平日もほぼ同じ時間に起きるようにすると、自律神経が整い睡眠の質が整っていきます。

 

10  一、二時間に一度はトイレで目覚め、日中強い眠気がある


完全に眠れていない状態です。

膀胱周辺の血流も低下しています。

足を振り子のように左右や前後に揺らすなどの運動をしましょう。

振り子にしている速度を早めたり、遅くしたりすると効果が出やすくなります。

 

11 筋肉に力をいれても固くならない


力んでも筋肉に力が入らない状態が続くと、筋肉疲労や筋肉に痛みが生じます。

 

筋肉を最大限縮こませるようにして運動をすることで、鍛えられていきます。

 

 

12 筋肉が無いに等しい


筋力が不足しており、背骨を支えきれない状態です。

ラジオ体操をゆっくり目なテンポで始めるなどゆっくりと身体を動かす習慣をつけていきましょう。
歌を歌う、口笛を吹いてみるなどして、吐く時間を長くするようにしていきましょう。

 

 

13 便秘や下痢になることが時々ある


睡眠時間が短い、睡眠の質が悪い可能性があります。

睡眠を極力とるようにこころがけるとともに、大声で笑う習慣をつけてみましょう。

横隔膜が動きやすくなり、腸を自動運動させることができます。

その結果、丈夫な腸を作ることができます。

 

14 常に便秘や下痢の状態であり、整腸剤や下剤が手放せない


便秘や下痢を薬で調整をしていると、気づかないうちに肝臓が弱っていきます。

肝臓と胃腸を同時に鍛えるためには、片足閉眼立ち(眼を閉じて片足で3分立つことを目安にしてください)が効果的です。

下半身の筋力アップすることで、肝臓と胃腸を同時に鍛えることができます。

 

 

15 いくつかの感情が慢性化している


慢性化している時は、ストレスを受け続け感情のコントロールをあきらめている状態です。

いろいろな人に相談して、違う意見をくれる人と話をしてみましょう。漢字用の慢性化を防ぐことができるはずです。

 

16 悩みや気持ちを周りに伝えることができず、伝えてもどうにもならないと受け入れている


強いストレスを受け続けて、相談する人もいないときにおこる状態です。

このような時は、泳いだり、走ったり力いっぱい運動することで思いや悩みが変わってくるようになります。

 

 

最後に


自律神経が乱れると、感情がコントロールできなくなります。

ストレスを感じたり、緊張することによって、交感神経が優位になります。

しかし、緊張がなさすぎると副交感神経が優位になりすぎてしまいます。

 

そのため、何よりも自律神経はバランスが重要ということが言えます。

 

副交感神経が優位になり、うつ病になりやすい状況を解説していますので、参考にしてください。

 

うつ病の手前かも 燃え尽き症候群と対処法

 

 

感情の変化でわかる自律神経の乱れと対処法

 

 

出典 https://eiga.com/movie/81486/video/

 

 

何となく頭が痛い、やる気がでない、イライラする、眠気がとれない

 

原因が思い当たらないのに様々な症状が現れるのは自律神経の乱れが原因である可能性が高いといえます。

 

そして、自律神経が乱れると、体の器官にさまざまな不調が現われるため非常に厄介な症状といえます。

 

特に、イライラしたり、やる気がでないなどといった感情の変化は、自律神経が乱れている代表的な症状です。

 

そのため、必要以上にイライラしたり悲しくなったりと感情がコントロールできなくなったときは要注意です。

 

そこで今回は、感情の変化でわかる自律神経の働きと対処法をご紹介します。

 

 

 

自律神経を整えるとは


自律神経には

ストレスを感じた時に優位になる交感神経

リラックス時に優位になる副交感神経
の2つがあります。

 

普段はこの2つの神経が生活しやすいようにバランスよく働いています。

 

しかし、ストレスや不規則な生活、ホルモンバランスの乱れなどが原因で神経のバランスが崩れます。

 

つまり、

「自律神経を整える」
というのは、
「交感神経と副交感神経のバランスを整える」
ということです。

 

自律神経が乱れることで引き起こされる症状


自律神経が乱れることによって、引き起こされる症状を総称して、自律神経失調症と呼ばれます。

 

 

自律神経失調症の症状


一言で自律神経失調症といっても症状は>人によって異なり、個人差があるのが特徴です。

代表的な症状としては、次のようなものが挙げられます。

 

 

疲労感
体が疲れやすい、朝起きることができない

頭痛
頭がずきずきする、頭が重い、頭がふらつく

体温の異常
慢性的な微熱、低体温など

睡眠異常
不眠、日中の眠気

耳・喉・口の症状
耳鳴り、耳が詰まった感じがする、喉の異物感、口が渇く、口内が痛いなど

胸部の異常
動悸、息切れ、胸の痛み、胸やけ、圧迫感、うまく息を吸い込めないなど

吐き気・胃腸の異常
吐き気、腹部膨満、便秘、下痢、腹にガスが溜まる

排尿の症状
頻尿、残尿感、排尿しにくい感じがある

手足の異常
手足のしびれ、脱力感、手足の冷え、ほてり

筋肉の凝り・関節の痛み
首や肩の凝り、関節の痛みなど

皮膚の異常
皮膚や粘膜のかゆみ

などの症状が主に挙げることができます。

 

 

自律神経の乱れのセルフチェック(感情について)


当てはまる項目を選んでください。

 

1 感情の起伏が激しく自分でコントロールすることが、難しくなっている

 

2 感情が偏っており、その感情がストレスになっている

 

3 喜怒哀楽をまんべんなく感じ、感情が偏ることもない

 

4 いくつかの感情が慢性化している

 

5 悩みや気持ちを周りに伝えることができず、伝えてもどうにもならないと受け入れている

 

セルフチェックの診断


1を選んだ方は交感神経優位の状態です。

2を選んだ方は交感神経が活動しやすい状態です。

3を選んだ方は自律神経が正常に働いている状態です。

4を選んだ方は副交感神経が活動しやすい状態です。

5を選んだ方は副交感神経が優位にある状態です。

 

 

交感神経が乱れると


1 2を選んだ方は交感神経優位に傾いているといえます。

 

交感神経の乱れによる症状は

 

パニック障害

嘔吐

動悸

息切れ

頭痛

発熱

吐き気

緊張

寒気

胸焼け

胃痛

イライラ

等が表れます。

 

 

副交感神経が乱れると


4 5を選んだ方は副交感神経優位に傾いているといえます。

副交感神経の乱れによる症状は

 

うつ病

眠気

味覚障害

便秘

不安症

尿漏れ

脱力感

抜け毛

体調不良

急な体重減少

息苦しさ

失神

めまい

等の症状が表れます。

 

 

胃腸について対処法


自分が今、交感神経優位の状態にあるのか、副交感神経優位の状態にあるのかを知ることで、自律神経のバランスをとり、コントロールできるようになります。

 

1 感情の起伏が激しく自分でコントロールすることが、難しくなっている


自律神経が激しく乱れている状態です。

このような場合は、息を吸い切ったところで力の限り止め続け、呼吸を落ち着かせてから今度は吐ききったところで力の限り止める。

繰り返し行うことで感情を抑える力がついてきます。

 

2 感情が偏っており、その感情がストレスになっている


感情が偏っている場合は、使っていない感情が何かを探すことから始めましょう。

そして、その感情が動くようなドラマや映像を見てみましょう。

使っていない感情を高めることによって内臓のバランスも整えることができます。

 

4 いくつかの感情が慢性化している


慢性化している時は、ストレスを受け続け感情のコントロールをあきらめている状態です。

いろいろな人に相談して、違う意見をくれる人と話をしてみましょう。漢字用の慢性化を防ぐことができるはずです。

 

5 悩みや気持ちを周りに伝えることができず、伝えてもどうにもならないと受け入れている


強いストレスを受け続けて、相談する人もいないときにおこる状態です。

このような時は、泳いだり、走ったり力いっぱい運動することで思いや悩みが変わってくるようになります。

 

 

最後に


自律神経が乱れると、感情がコントロールできなくなります。

心から笑えていなかったり、嫌なことがあってもあきらめてしまったりするようなことがあれば、要注意です。

 

ストレスを感じていると気にはこちらの記事を参考にしてください。

 

ストレスに対する誤解を解いて正しいストレス対処法を学びましょう!

 

胃腸の働きでわかる自律神経の働きと対処法

 

 

出典 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000003312.html

 

 

何となく頭が痛い、やる気がでない、イライラする、眠気がとれない

 

原因が思い当たらないのに様々な症状が現れるのは自律神経の乱れが原因である可能性が高いといえます。

 

そして、自律神経が乱れると、体の器官にさまざまな不調が現われるため非常に厄介な症状といえます。

 

自律神経が乱れているとすぐに影響がでる場所が胃腸です。

自律神経の乱れの原因のひとつにストレスがあります。

そして、ストレスを感じると胃がいたくなったり、便秘や下痢など胃腸の働きに影響が出ます。

そこで今回は、胃腸の働きでわかる自律神経の働きと対処法をご紹介します。

 

 

 

自律神経を整えるとは


自律神経には

ストレスを感じた時に優位になる交感神経

リラックス時に優位になる副交感神経
の2つがあります。

 

普段はこの2つの神経が生活しやすいようにバランスよく働いています。

 

しかし、ストレスや不規則な生活、ホルモンバランスの乱れなどが原因で神経のバランスが崩れます。

 

つまり、

「自律神経を整える」
というのは、
「交感神経と副交感神経のバランスを整える」
ということです。

 

自律神経が乱れることで引き起こされる症状


自律神経が乱れることによって、引き起こされる症状を総称して、自律神経失調症と呼ばれます。

 

 

自律神経失調症の症状


一言で自律神経失調症といっても症状は>人によって異なり、個人差があるのが特徴です。

代表的な症状としては、次のようなものが挙げられます。

 

 

疲労感
体が疲れやすい、朝起きることができない

頭痛
頭がずきずきする、頭が重い、頭がふらつく

体温の異常
慢性的な微熱、低体温など

睡眠異常
不眠、日中の眠気

耳・喉・口の症状
耳鳴り、耳が詰まった感じがする、喉の異物感、口が渇く、口内が痛いなど

胸部の異常
動悸、息切れ、胸の痛み、胸やけ、圧迫感、うまく息を吸い込めないなど

吐き気・胃腸の異常
吐き気、腹部膨満、便秘、下痢、腹にガスが溜まる

排尿の症状
頻尿、残尿感、排尿しにくい感じがある

手足の異常
手足のしびれ、脱力感、手足の冷え、ほてり

筋肉の凝り・関節の痛み
首や肩の凝り、関節の痛みなど

皮膚の異常
皮膚や粘膜のかゆみ

などの症状が主に挙げることができます。

 

 

自律神経の乱れのセルフチェック(胃腸について)


当てはまる項目を選んでください。

 

1 胃痛の頻度が多く、何度も胃カメラを飲んだことがある。また、胃が荒れていると医師に言われたこともあり、胃薬が手放せない

 

2 胃痛をたびたび感じ、胃カメラを飲んだ経験もある

 

3 胃腸の問題を感じたことはなく、食事もおいしくとれている

 

4 便秘や下痢になることが時々ある

 

5 常に便秘や下痢の状態であり、整腸剤や下剤が手放せない

 

セルフチェックの診断


1を選んだ方は交感神経優位の状態です。

2を選んだ方は交感神経が活動しやすい状態です。

3を選んだ方は自律神経が正常に働いている状態です。

4を選んだ方は副交感神経が活動しやすい状態です。

5を選んだ方は副交感神経が優位にある状態です。

 

 

交感神経が乱れると


1 2を選んだ方は交感神経優位に傾いているといえます。

 

交感神経の乱れによる症状は

 

パニック障害

嘔吐

動悸

息切れ

頭痛

発熱

吐き気

緊張

寒気

胸焼け

胃痛

イライラ

等が表れます。

 

 

副交感神経が乱れると


4 5を選んだ方は副交感神経優位に傾いているといえます。

副交感神経の乱れによる症状は

 

うつ病

眠気

味覚障害

便秘

不安症

尿漏れ

脱力感

抜け毛

体調不良

急な体重減少

息苦しさ

失神

めまい

等の症状が表れます。

 

 

胃腸について対処法


自分が今、交感神経優位の状態にあるのか、副交感神経優位の状態にあるのかを知ることで、自律神経のバランスをとり、コントロールできるようになります。

 

1 胃痛の頻度が多く、何度も胃カメラを飲んだことがある。また、胃が荒れていると医師に言われたこともあり、胃薬が手放せない


常に胃酸が出ている状態です。

さらに胃カメラを何度も飲んでいることによって、逆流性食道炎を引き起こしやすくなっています。

対策としては、腹式呼吸を行うことによって、リラックスできることが時間を作りましょう。

腹式呼吸の最中に呼吸をとめることによって、横隔膜が力み横隔膜の筋力強化につながり、逆流も予防できるようになります。

 

2 胃痛をたびたび感じ、胃カメラを飲んだ経験もある


ストレスを受けやすいタイプといえます。

リラックスがなかなかできないタイプでもあります。

対策としては、普段の呼吸を意識的に吸う時間の倍の時間をかけて吐く呼吸を意識することで、リラックスしやすくなり、胃痛も起こしにくくなります。

 

4 便秘や下痢になることが時々ある


睡眠時間が短い、睡眠の質が悪い可能性があります。

睡眠を極力とるようにこころがけるとともに、大声で笑う習慣をつけてみましょう。

横隔膜が動きやすくなり、腸を自動運動させることができます。

その結果、丈夫な腸を作ることができます。

 

5 常に便秘や下痢の状態であり、整腸剤や下剤が手放せない


便秘や下痢を薬で調整をしていると、気づかないうちに肝臓が弱っていきます。

肝臓と胃腸を同時に鍛えるためには、片足閉眼立ち(眼を閉じて片足で3分立つことを目安にしてください)が効果的です。

下半身の筋力アップすることで、肝臓と胃腸を同時に鍛えることができます。

 

 

最後に


自律神経が乱れると、まず胃腸に影響が出ます。

毎日、便が出ているか、便の色や過多さはどうなのかを知ることも、自律神経の状態を知ることにつながります。

簡単にできるセルフ体調チェックの方法!健康のバロメーター 徹底解説 3(おしっこ・便編)

 

筋肉の付き方で自律神経の乱れがセルフチェックできる方法と対処法

 

出典 https://www.j-cast.com/2019/05/20357855.html

 

何となく頭が痛い、やる気がでない、イライラする、眠気がとれない

 

原因が思い当たらないのに様々な症状が現れるのは自律神経の乱れが原因である可能性が高いといえます。

 

そして、自律神経が乱れると、体の器官にさまざまな不調が現われるため非常に厄介な症状といえます。

 

自律神経が乱れているかどうかを人の見た目である程度チェックできる方法があります。

 

その方法が筋肉の付き方を見ることです。

筋肉は、直接自律神経の乱れに関わっているわけではありませんが、無理に鍛えすぎても、鍛えなさすぎても自律神経の乱れの原因となります。

 

そこで今回は、筋肉の付き方で自律神経の乱れがセルフチェックできる方法と対処法をご紹介します。

 

 

 

自律神経を整えるとは


自律神経には

ストレスを感じた時に優位になる交感神経

リラックス時に優位になる副交感神経
の2つがあります。

 

普段はこの2つの神経が生活しやすいようにバランスよく働いています。

 

しかし、ストレスや不規則な生活、ホルモンバランスの乱れなどが原因で神経のバランスが崩れます。

 

つまり、

「自律神経を整える」
というのは、
「交感神経と副交感神経のバランスを整える」
ということです。

 

自律神経が乱れることで引き起こされる症状


自律神経が乱れることによって、引き起こされる症状を総称して、自律神経失調症と呼ばれます。

 

 

自律神経失調症の症状


一言で自律神経失調症といっても症状は>人によって異なり、個人差があるのが特徴です。

代表的な症状としては、次のようなものが挙げられます。

 

 

疲労感
体が疲れやすい、朝起きることができない

頭痛
頭がずきずきする、頭が重い、頭がふらつく

体温の異常
慢性的な微熱、低体温など

睡眠異常
不眠、日中の眠気

耳・喉・口の症状
耳鳴り、耳が詰まった感じがする、喉の異物感、口が渇く、口内が痛いなど

胸部の異常
動悸、息切れ、胸の痛み、胸やけ、圧迫感、うまく息を吸い込めないなど

吐き気・胃腸の異常
吐き気、腹部膨満、便秘、下痢、腹にガスが溜まる

排尿の症状
頻尿、残尿感、排尿しにくい感じがある

手足の異常
手足のしびれ、脱力感、手足の冷え、ほてり

筋肉の凝り・関節の痛み
首や肩の凝り、関節の痛みなど

皮膚の異常
皮膚や粘膜のかゆみ

などの症状が主に挙げることができます。

 

 

自律神経の乱れのセルフチェック(筋肉について)


当てはまる項目を選んでください。

 

1 体脂肪が極端に低く、身体をかなりしぼっており、いわゆるマッチョ

 

2 筋肉量がかなり高いが筋肉が固い

 

3筋肉が柔らかく、力をいれると固くなる

 

4 筋肉に力をいれても固くならない

 

5 筋肉が無いに等しい

 

セルフチェックの診断


1を選んだ方は交感神経優位の状態です。

2を選んだ方は交感神経が活動しやすい状態です。

3を選んだ方は自律神経が正常に働いている状態です。

4を選んだ方は副交感神経が活動しやすい状態です。

5を選んだ方は副交感神経が優位にある状態です。

 

 

交感神経が乱れると


1 2を選んだ方は交感神経優位に傾いているといえます。

 

交感神経の乱れによる症状は

 

パニック障害

嘔吐

動悸

息切れ

頭痛

発熱

吐き気

緊張

寒気

胸焼け

胃痛

イライラ

等が表れます。

 

 

副交感神経が乱れると


4 5を選んだ方は副交感神経優位に傾いているといえます。

副交感神経の乱れによる症状は

 

うつ病

眠気

味覚障害

便秘

不安症

尿漏れ

脱力感

抜け毛

体調不良

急な体重減少

息苦しさ

失神

めまい

等の症状が表れます。

 

 

筋肉について対処法


自分が今、交感神経優位の状態にあるのか、副交感神経優位の状態にあるのかを知ることで、自律神経のバランスをとり、コントロールできるようになります。

 

1 体脂肪が極端に低く、身体をかなりしぼっており、いわゆるマッチョ


脂肪がなく、筋肉が太いと保温効果が失われます。

筋肉は動かし続けないと、体調不良の原因となります。

体脂肪が低ければ低いほど身体を動かすようにしましょう。

 

2 筋肉量がかなり高いが筋肉が固い


筋肉に力いれてない状態で筋肉が固いのは、良くないと言われています。

柔軟性を高めることで、力を抜いた時に柔らかい筋肉になるようになります。

 

4 筋肉に力をいれても固くならない


力んでも筋肉に力が入らない状態が続くと、筋肉疲労や筋肉に痛みが生じます。

 

筋肉を最大限縮こませるようにして運動をすることで、鍛えられていきます。

 

5 筋肉が無いに等しい


筋力が不足しており、背骨を支えきれない状態です。

ラジオ体操をゆっくり目なテンポで始めるなどゆっくりと身体を動かす習慣をつけていきましょう。

 

 

最後に


何事もやりすぎてしまうと、交感神経優位に働き、何事もやらなすぎることで、副交感神経が優位に働きます。

このことは筋肉を鍛えることにもいえます。

無理に筋肉をつけようとすると、身体を壊してしまいます。

無理なくほどほどに鍛えるようにしましょう。

 

 

運動不足に関してはこちらの記事をご覧ください。

 

運動不足から起こる自律神経の乱れのセルフチェックの方法と対処法

呼吸の乱れから起こる自律神経の乱れのセルフチェックの方法と対処法

 

出典 http://taiso-movie.com/

 

何となく頭が痛い、やる気がでない、イライラする、眠気がとれない

 

原因が思い当たらないのに様々な症状が現れるのは自律神経の乱れが原因である可能性が高いといえます。

 

そして、自律神経が乱れると、体の器官にさまざまな不調が現われるため非常に厄介な症状といえます。

 

自律神経の乱れは様々な原因があります。

その中でも、見落としがちですがとても重要な原因が呼吸です。

無呼吸、口呼吸や吸う力が弱くなっていることからしっかりと呼吸できていないと自律神経の乱れの原因となります。

 

そこで今回は、呼吸の乱れから起こる自律神経の乱れのセルフチェックの方法と対処法をご紹介します。

 

 

 

自律神経を整えるとは


自律神経には

ストレスを感じた時に優位になる交感神経

リラックス時に優位になる副交感神経
の2つがあります。

 

普段はこの2つの神経が生活しやすいようにバランスよく働いています。

 

しかし、ストレスや不規則な生活、ホルモンバランスの乱れなどが原因で神経のバランスが崩れます。

 

つまり、

「自律神経を整える」
というのは、
「交感神経と副交感神経のバランスを整える」
ということです。

 

自律神経が乱れることで引き起こされる症状


自律神経が乱れることによって、引き起こされる症状を総称して、自律神経失調症と呼ばれます。

 

 

自律神経失調症の症状


一言で自律神経失調症といっても症状は>人によって異なり、個人差があるのが特徴です。

代表的な症状としては、次のようなものが挙げられます。

 

 

疲労感
体が疲れやすい、朝起きることができない

頭痛
頭がずきずきする、頭が重い、頭がふらつく

体温の異常
慢性的な微熱、低体温など

睡眠異常
不眠、日中の眠気

耳・喉・口の症状
耳鳴り、耳が詰まった感じがする、喉の異物感、口が渇く、口内が痛いなど

胸部の異常
動悸、息切れ、胸の痛み、胸やけ、圧迫感、うまく息を吸い込めないなど

吐き気・胃腸の異常
吐き気、腹部膨満、便秘、下痢、腹にガスが溜まる

排尿の症状
頻尿、残尿感、排尿しにくい感じがある

手足の異常
手足のしびれ、脱力感、手足の冷え、ほてり

筋肉の凝り・関節の痛み
首や肩の凝り、関節の痛みなど

皮膚の異常
皮膚や粘膜のかゆみ

などの症状が主に挙げることができます。

 

 

自律神経の乱れのセルフチェック(呼吸について)


当てはまる項目を選んでください。

 

1 何かに集中している時に、無呼吸に近い状態になっていることが多い

 

2呼吸の中でたくさん空気を吸うことはできるが長く吐き出すことはできない

 

3浅い呼吸も深い呼吸も、吐き出す力も数値からも意識して変えることができる

 

4常にため息やあくびをすることが多く動作がゆっくりしている

 

5 吸い込む行為が苦しく、少し吸い込んでゆっくり吐き出す呼吸をしている

セルフチェックの診断


1を選んだ方は交感神経優位の状態です。

2を選んだ方は交感神経が活動しやすい状態です。

3を選んだ方は自律神経が正常に働いている状態です。

4を選んだ方は副交感神経が活動しやすい状態です。

5を選んだ方は副交感神経が優位にある状態です。

 

 

交感神経が乱れると


1 2を選んだ方は交感神経優位に傾いているといえます。

 

交感神経の乱れによる症状は

 

パニック障害

嘔吐

動悸

息切れ

頭痛

発熱

吐き気

緊張

寒気

胸焼け

胃痛

イライラ

等が表れます。

 

 

副交感神経が乱れると


4 5を選んだ方は副交感神経優位に傾いているといえます。

副交感神経の乱れによる症状は

 

うつ病

眠気

味覚障害

便秘

不安症

尿漏れ

脱力感

抜け毛

体調不良

急な体重減少

息苦しさ

失神

めまい

等の症状が表れます。

 

 

呼吸について対処法


自分が今、交感神経優位の状態にあるのか、副交感神経優位の状態にあるのかを知ることで、自律神経のバランスをとり、コントロールできるようになります。

1 何かに集中している時に、無呼吸に近い状態になっていることが多い


交感神経優位型の特徴的な呼吸です。

吐くときの時間を意識して伸ばしていくようにしましょう。

 

2呼吸の中でたくさん空気を吸うことはできるが長く吐き出すことはできない


頑張ることはできても、力を抜くことが苦手なタイプです。

歌を歌う、口笛を吹いてみるなどして、吐く時間を長くするようにしていきましょう。

 

4常にため息やあくびをすることが多く動作がゆっくりしている


副交感神経優位になっている状態です。

行動をするときに、少し小走りにしてみたりすることで心肺機能を鍛えていきましょう。

 

5 吸い込む行為が苦しく、少し吸い込んでゆっくり吐き出す呼吸をしている


しっかりと吸い込むことを意識することが大切です。

そのためには一回空気を吐ききってみてください。

吐ききってしまえば、反動で吸い込む力がついてきます。

 

最後に


数ある健康法の中でも、手軽に誰でもできる健康法が呼吸法です。

逆に呼吸法が乱れると不調の原因になりますので、正しい呼吸を意識してみましょう。

普段あたりまえのようにしている呼吸ですが、呼吸を訓練することによって、
心身を訓練することにつながります。

 

呼吸法に関してはこちらの記事をご覧ください。

 

呼吸法を変えるだけで健康になれる理由とオススメの呼吸法

背骨のゆがみからくる自律神経の乱れのセルフチェックの方法と対処法

 

出典 http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama-film/

 

何となく頭が痛い、やる気がでない、イライラする、眠気がとれない

 

原因が思い当たらないのに様々な症状が現れるのは自律神経の乱れが原因である可能性が高いといえます。

 

そして、自律神経が乱れると、体の器官にさまざまな不調が現われるため非常に厄介な症状といえます。

 

自律神経は背骨のすぐ前(お腹側)にあります。
首の前側から骨盤の内側まで続いています。

 

そのため、背骨や骨盤が歪めば、それが刺激となって自律神経系にも乱れが生じる可能性があるということです。

 

そこで今回は、背骨のゆがみから起こる自律神経の乱れのセルフチェックの方法と対処法をご紹介します。

 

 

 

自律神経を整えるとは


自律神経には

ストレスを感じた時に優位になる交感神経

リラックス時に優位になる副交感神経
の2つがあります。

 

普段はこの2つの神経が生活しやすいようにバランスよく働いています。

 

しかし、ストレスや不規則な生活、ホルモンバランスの乱れなどが原因で神経のバランスが崩れます。

 

つまり、

「自律神経を整える」
というのは、
「交感神経と副交感神経のバランスを整える」
ということです。

 

自律神経が乱れることで引き起こされる症状


自律神経が乱れることによって、引き起こされる症状を総称して、自律神経失調症と呼ばれます。

 

 

自律神経失調症の症状


一言で自律神経失調症といっても症状は>人によって異なり、個人差があるのが特徴です。

代表的な症状としては、次のようなものが挙げられます。

 

 

疲労感
体が疲れやすい、朝起きることができない

頭痛
頭がずきずきする、頭が重い、頭がふらつく

体温の異常
慢性的な微熱、低体温など

睡眠異常
不眠、日中の眠気

耳・喉・口の症状
耳鳴り、耳が詰まった感じがする、喉の異物感、口が渇く、口内が痛いなど

胸部の異常
動悸、息切れ、胸の痛み、胸やけ、圧迫感、うまく息を吸い込めないなど

吐き気・胃腸の異常
吐き気、腹部膨満、便秘、下痢、腹にガスが溜まる

排尿の症状
頻尿、残尿感、排尿しにくい感じがある

手足の異常
手足のしびれ、脱力感、手足の冷え、ほてり

筋肉の凝り・関節の痛み
首や肩の凝り、関節の痛みなど

皮膚の異常
皮膚や粘膜のかゆみ

などの症状が主に挙げることができます。

 

 

自律神経の乱れのセルフチェック(背骨について)


当てはまる項目を選んでください。

 

1 交通事故、転落事故等でむち打ちの経験がある、整体で背骨を無理やり鳴らしてもらうことが多くある

 

2 事故の経験はないが、整体や自力で背骨を鳴らす癖がある

 

3背骨の痛み・疲労感、めまいなどもなく、背中を鳴らす習慣もない

 

4 過去に事故の経験や整体で、無理に背中を鳴らしたことからめまいや痛みが増えた気がする

 

5 事故の経験や整体で背中を鳴らした経験はないが、明らかに運動不足で身体を支えきれない、また少し動くと疲労やめまいを感じる

 

セルフチェックの診断


1を選んだ方は交感神経優位の状態です。

2を選んだ方は交感神経が活動しやすい状態です。

3を選んだ方は自律神経が正常に働いている状態です。

4を選んだ方は副交感神経が活動しやすい状態です。

5を選んだ方は副交感神経が優位にある状態です。

 

 

交感神経が乱れると


1 2を選んだ方は交感神経優位に傾いているといえます。

 

交感神経の乱れによる症状は

 

パニック障害

嘔吐

動悸

息切れ

頭痛

発熱

吐き気

緊張

寒気

胸焼け

胃痛

イライラ

等が表れます。

 

 

副交感神経が乱れると


4 5を選んだ方は副交感神経優位に傾いているといえます。

副交感神経の乱れによる症状は

 

うつ病

眠気

味覚障害

便秘

不安症

尿漏れ

脱力感

抜け毛

体調不良

急な体重減少

息苦しさ

失神

めまい

等の症状が表れます。

 

 

背骨について対処法


自分が今、交感神経優位の状態にあるのか、副交感神経優位の状態にあるのかを知ることで、自律神経のバランスをとり、コントロールできるようになります。

 

1 交通事故、転落事故等でむち打ちの経験がある、整体で背骨を無理やり鳴らしてもらうことが多くある


背骨に多くの脊椎捻挫を作り上げている状態です。
背骨をひねって音を鳴らす癖をやめましょう。

背骨のゆがみが自律神経の乱れとなります。
腕立ての姿勢を維持することによって、背骨を支える筋肉をつけていきましょう。

 

2 事故の経験はないが、整体や自力で背骨を鳴らす癖がある


背骨に多くの脊椎捻挫を作り上げている状態です。
背骨をひねって音を鳴らす癖をやめましょう。

背骨のゆがみが自律神経の乱れとなります。
腕立ての姿勢を維持することによって、背骨を支える筋肉をつけていきましょう。

 

 

4 過去に事故の経験や整体で、無理に背中を鳴らしたことからめまいや痛みが増えた気がする


背骨に多くの脊椎捻挫を作り上げている状態です。

背骨をひねって音を鳴らす癖をやめましょう。

背骨のゆがみが自律神経の乱れとなります。

腕立ての姿勢を維持することによって、背骨を支える筋肉をつけていきましょう。

また、めまいがある場合は、片脚片眼立ちをすることがめまいの改善につながります。

 

5 事故の経験や整体で背中を鳴らした経験はないが、明らかに運動不足で身体を支えきれない、また少し動くと疲労やめまいを感じる


筋力が不足しており、背骨を支えきれない状態です。

ラジオ体操をゆっくり目なテンポで始めるなどゆっくりと身体を動かす習慣をつけていきましょう。

 

 

最後に


首の骨の下の方から肩甲骨の間くらいの部分にずれができると、心臓や肺につながる自律神経の活動のバランスが乱れ、動悸や息切れ、咳、ひどいと喘息のような症状などが出てくると考えられています。

姿勢を正しく保つことがじゅうようですが、背骨を支えるためにはある程度の筋肉も必要となります。

無理なく運動を始めるには水中ウォーキングもおススメです。

 

水中ウォーキングはこちらの記事をご覧ください。

水中ウォーキングでダイエット・健康・膝痛、腰痛効果を得るための歩き方 徹底解説 

運動不足から起こる自律神経の乱れのセルフチェックの方法と対処法

 

https://www.au.com/pr/cm/#cm2

 

何となく頭が痛い、やる気がでない、イライラする、眠気がとれない

 

原因が思い当たらないのに様々な症状が現れるのは自律神経の乱れが原因である可能性が高いといえます。

 

そして、自律神経が乱れると、体の器官にさまざまな不調が現われるため非常に厄介な症状といえます。

自律神経の乱れは原因不明とされることが多くありますが、実際は身体や生活のどこかリズムが狂ってしまっていることから自律神経の乱れが生じているといえます。

食事、睡眠と並んで大切なことが運動です。
そこで今回は、運動不足から起こる自律神経の乱れのセルフチェックの方法と対処法をご紹介します。

 

 

自律神経を整えるとは


自律神経には

ストレスを感じた時に優位になる交感神経

リラックス時に優位になる副交感神経
の2つがあります。

 

普段はこの2つの神経が生活しやすいようにバランスよく働いています。

 

しかし、ストレスや不規則な生活、ホルモンバランスの乱れなどが原因で神経のバランスが崩れます。

 

つまり、

「自律神経を整える」
というのは、
「交感神経と副交感神経のバランスを整える」
ということです。

 

自律神経が乱れることで引き起こされる症状


自律神経が乱れることによって、引き起こされる症状を総称して、自律神経失調症と呼ばれます。

 

 

自律神経失調症の症状


一言で自律神経失調症といっても、症状は人によって異なり、個人差があるのが特徴です。

代表的な症状としては、次のようなものが挙げられます。

疲労感
体が疲れやすい、朝起きることができない

頭痛
頭がずきずきする、頭が重い、頭がふらつく

体温の異常
慢性的な微熱、低体温など

睡眠異常
不眠、日中の眠気

耳・喉・口の症状
耳鳴り、耳が詰まった感じがする、喉の異物感、口が渇く、口内が痛いなど

胸部の異常
動悸、息切れ、胸の痛み、胸やけ、圧迫感、うまく息を吸い込めないなど

吐き気・胃腸の異常
吐き気、腹部膨満、便秘、下痢、腹にガスが溜まる

排尿の症状
頻尿、残尿感、排尿しにくい感じがある

手足の異常
手足のしびれ、脱力感、手足の冷え、ほてり

筋肉の凝り・関節の痛み
首や肩の凝り、関節の痛みなど

皮膚の異常
皮膚や粘膜のかゆみ

などの症状が主に挙げることができます。

 

 

自律神経の乱れのセルフチェック(運動について)


当てはまる項目を選んでください。

 

1 朝も晩も運動を積極的に行っており体脂肪もかなり減らしている

 

2 休日のみ一日中運動をしていて、運動不足は感じない

 

3 日中に疲労を感じるようなことはなく、比較的活動していることが多い

 

4 学生時代はかなり運動をしていたが、現在ではほとんど運動をしておらず体力が落ちていると実感している

 

5 できる限り体力を使わないようにしており、冷え対策もしっかりしている

 

セルフチェックの診断


1を選んだ方は交感神経優位の状態です。

2を選んだ方は交感神経が活動しやすい状態です。

3を選んだ方は自律神経が正常に働いている状態です。

4を選んだ方は副交感神経が活動しやすい状態です。

5を選んだ方は副交感神経が優位にある状態です。

 

 

交感神経が乱れると


1 2を選んだ方は交感神経優位に傾いているといえます。

 

交感神経の乱れによる症状は

 

パニック障害

嘔吐

動悸

息切れ

頭痛

発熱

吐き気

緊張

寒気

胸焼け

胃痛

イライラ

等が表れます。

 

 

副交感神経が乱れると


4 5を選んだ方は副交感神経優位に傾いているといえます。

副交感神経の乱れによる症状は

 

うつ病

眠気

味覚障害

便秘

不安症

尿漏れ

脱力感

抜け毛

体調不良

急な体重減少

息苦しさ

失神

めまい

等の症状が表れます。

 

 

運動について対処法


自分が今、交感神経優位の状態にあるのか、副交感神経優位の状態にあるのかを知ることで、自律神経のバランスをとり、コントロールできるようになります。

 

1 朝も晩も運動を積極的に行っており体脂肪もかなり減らしている


完全に交感神経優位になっています。

寝る前の運動は激しく行うのではなく、睡眠をとりやすくする運動に切り替えてみましょう。

運動をしながら眠くなるようなストレッチやヨガなどがおススメです。

 

2 休日のみ一日中運動をしていて、運動不足は感じない


平日は全く運動をせず、休日だけ運動をしてもよい筋肉はつきません。

運動向きの身体を作るためには、平日1~2日は運動した筋肉をストレッチなどでほぐしていくことが効果的です。

日常生活で疲労を感じる動きを鍛えるだけでも十分な筋肉がつくといわれています。

 

4 学生時代はかなり運動をしていたが、現在ではほとんど運動をしておらず体力が落ちていると実感している


学生時代に毎日運動していた筋肉というのは、動くための記憶を残しています。

筋肉を使わないでいるとその筋肉が原因で体調のリズムが崩れるようになります。

過去動かしていて今は動かしていない身体の動きを取り入れてみましょう。

そのことだけでも運動不足が解消されます。

 

5 できる限り体力を使わないようにしており、冷え対策もしっかりしている


身体を動かさずに冷え対策をしても、かえって冷えを悪化させます。

冷えている冷やしたくない箇所があればその場所を動かす運動習慣を身につけましょう。

 

 

最後に


今回は運動不足から自律神経に及ぼす影響と対処法をご紹介しました。

しかし、重要なことは運動不足だけでなく、身体の全体のバランスを元に戻すということです。

 

運動後の疲労回復にはこちらの記事をご覧ください。

 

疲れている方必見!疲労回復に最適なストレッチ 徹底解説

睡眠のリズムが狂ってしまっていることから起こる自律神経の乱れのセルフチェックの方法と対処法

 

出典 http://www.shiseido.co.jp/sw/products/SWFG070310.seam?brnd_cd=K4&online_shohin_ctlg_kbn=2

 

何となく頭が痛い、やる気がでない、イライラする、眠気がとれない

 

原因が思い当たらないのに様々な症状が現れるのは自律神経の乱れが原因である可能性が高いといえます。

 

そして、自律神経が乱れると、体の器官にさまざまな不調が現われるため非常に厄介な症状といえます。

自律神経の乱れは原因不明とされることが多くありますが、実際は身体や生活のどこかリズムが狂ってしまっていることから自律神経の乱れが生じているといえます。

生活のリズムの中でも最も重要なのが睡眠です。

 

そこで今回は、睡眠のリズムが狂ってしまっていることから起こる自律神経の乱れのセルフチェックの方法と対処法をご紹介します。

 

 

自律神経を整えるとは


自律神経には

ストレスを感じた時に優位になる交感神経

リラックス時に優位になる副交感神経
の2つがあります。

 

普段はこの2つの神経が生活しやすいようにバランスよく働いています。

 

しかし、ストレスや不規則な生活、ホルモンバランスの乱れなどが原因で神経のバランスが崩れます。

 

つまり、

「自律神経を整える」
というのは、
「交感神経と副交感神経のバランスを整える」
ということです。

 

自律神経が乱れることで引き起こされる症状


自律神経が乱れることによって、引き起こされる症状を総称して、自律神経失調症と呼ばれます。

 

 

自律神経失調症の症状


一言で自律神経失調症といっても、症状は人によって異なり、個人差があるのが特徴です。

代表的な症状としては、次のようなものが挙げられます。

疲労感
体が疲れやすい、朝起きることができない

頭痛
頭がずきずきする、頭が重い、頭がふらつく

体温の異常
慢性的な微熱、低体温など

睡眠異常
不眠、日中の眠気

耳・喉・口の症状
耳鳴り、耳が詰まった感じがする、喉の異物感、口が渇く、口内が痛いなど

胸部の異常
動悸、息切れ、胸の痛み、胸やけ、圧迫感、うまく息を吸い込めないなど

吐き気・胃腸の異常
吐き気、腹部膨満、便秘、下痢、腹にガスが溜まる

排尿の症状
頻尿、残尿感、排尿しにくい感じがある

手足の異常
手足のしびれ、脱力感、手足の冷え、ほてり

筋肉の凝り・関節の痛み
首や肩の凝り、関節の痛みなど

皮膚の異常
皮膚や粘膜のかゆみ

などの症状が主に挙げることができます。

 

 

自律神経の乱れのセルフチェック(睡眠について)


当てはまる項目を選んでください。

 

1 四時間以上睡眠をとれることはないが、元気である

 

2 五、六時間は睡眠をとれているので、問題はないと考えている

 

3 毎日七、八時間の睡眠がとれており、睡眠不足を感じない

 

4 いくら寝ても疲れがとれず、夜中にトイレで起きてしまう

 

5 一、二時間に一度はトイレで目覚め、日中強い眠気がある

 

セルフチェックの診断


1を選んだ方は交感神経優位の状態です。

2を選んだ方は交感神経が活動しやすい状態です。

3を選んだ方は自律神経が正常に働いている状態です。

4を選んだ方は副交感神経が活動しやすい状態です。

5を選んだ方は副交感神経が優位にある状態です。

 

 

交感神経が乱れると


1 2を選んだ方は交感神経優位に傾いているといえます。

 

交感神経の乱れによる症状は

 

パニック障害

嘔吐

動悸

息切れ

頭痛

発熱

吐き気

緊張

寒気

胸焼け

胃痛

イライラ

等が表れます。

 

 

副交感神経が乱れると


4 5を選んだ方は副交感神経優位に傾いているといえます。

副交感神経の乱れによる症状は

 

うつ病

眠気

味覚障害

便秘

不安症

尿漏れ

脱力感

抜け毛

体調不良

急な体重減少

息苦しさ

失神

めまい

等の症状が表れます。

 

 

睡眠について対処法


自分が今、交感神経優位の状態にあるのか、副交感神経優位の状態にあるのかを知ることで、自律神経のバランスをとり、コントロールできるようになります。

 

1 四時間以上睡眠をとれることはないが、元気である


短時間睡眠が気にならずに元気でいられるのは典型的な交感神経優位の状態です。

現在元気であっても身体に変調を来す危険性が高いため、30分でも早めに眠れるような癖をつけていきましょう。

 

2 五、六時間は睡眠をとれているので、問題はないと考えている


普通に生きているだけでも七、八時間は睡眠が必要といわれています。

さらに頑張って働いていたり、ストレスを感じていれば睡眠時間はそれだけ多くとる必要があります。

こちらも30分でも早く寝れるように工夫しましょう。

 

4 いくら寝ても疲れがとれず、夜中にトイレで起きてしまう


休日に寝だめをしようとする人は寝ても疲れがなかなかとれません。

休日も平日もほぼ同じ時間に起きるようにすると、自律神経が整い睡眠の質が整っていきます。

 

5 一、二時間に一度はトイレで目覚め、日中強い眠気がある


完全に眠れていない状態です。

膀胱周辺の血流も低下しています。

足を振り子のように左右や前後に揺らすなどの運動をしましょう。

振り子にしている速度を早めたり、遅くしたりすると効果が出やすくなります。

 

 

最後に


今回は睡眠のリズムが狂ってしまったことから自律神経に及ぼす影響と対処法をご紹介しました。

しかし、重要なことは睡眠のリズムだけでなく、身体の全体のバランスを元に戻すということです。

 

寝不足を解消するために関してはこちらの記事も参考にしてください。

寝不足で悩んでいる方必見!快眠・安眠の効果があるストレッチ 徹底解説

食事のリズムが狂ってしまっていることから起こる自律神経の乱れのセルフチェックの方法と対処法

 

出典 https://minne.com/feature/iyaben

 

何となく頭が痛い、やる気がでない、イライラする、眠気がとれない

 

原因が思い当たらないのに様々な症状が現れるのは自律神経の乱れが原因である可能性が高いといえます。

 

そして、自律神経が乱れると、体の器官にさまざまな不調が現われるため非常に厄介な症状といえます。

自律神経の乱れは原因不明とされることが多くありますが、実際は身体や生活のどこかリズムが狂ってしまっていることから自律神経の乱れが生じているといえます。

身体が危険信号として症状を
出してしまうのです。

 

そこで今回は、食事のリズムが狂ってしまっていることから起こる自律神経の乱れのセルフチェックの方法と対処法をご紹介します。

 

 

 

 

自律神経を整えるとは


自律神経には

ストレスを感じた時に優位になる交感神経

リラックス時に優位になる副交感神経
の2つがあります。

 

普段はこの2つの神経が生活しやすいようにバランスよく働いています。

 

しかし、ストレスや不規則な生活、ホルモンバランスの乱れなどが原因で神経のバランスが崩れます。

 

つまり、

「自律神経を整える」
というのは、
「交感神経と副交感神経のバランスを整える」
ということです。

 

自律神経が乱れることで引き起こされる症状


自律神経が乱れることによって、引き起こされる症状を総称して、自律神経失調症と呼ばれます。

 

 

 

自律神経失調症の症状


一言で自律神経失調症といっても、症状は人によって異なり、個人差があるのが特徴です。

代表的な症状としては、次のようなものが挙げられます。

 

 

疲労感
体が疲れやすい、朝起きることができない

頭痛
頭がずきずきする、頭が重い、頭がふらつく

体温の異常
慢性的な微熱、低体温など

睡眠異常
不眠、日中の眠気

耳・喉・口の症状
耳鳴り、耳が詰まった感じがする、喉の異物感、口が渇く、口内が痛いなど

胸部の異常
動悸、息切れ、胸の痛み、胸やけ、圧迫感、うまく息を吸い込めないなど

吐き気・胃腸の異常
吐き気、腹部膨満、便秘、下痢、腹にガスが溜まる

排尿の症状
頻尿、残尿感、排尿しにくい感じがある

手足の異常
手足のしびれ、脱力感、手足の冷え、ほてり

筋肉の凝り・関節の痛み
首や肩の凝り、関節の痛みなど

皮膚の異常
皮膚や粘膜のかゆみ

などの症状が主に挙げることができます。

 

 

自律神経の乱れのセルフチェック(食事について)


当てはまる項目を選んでください。

 

1 食欲が旺盛でいつも空腹を感じて間食も食事量も多い

 

2 空腹を感じることない位のペースで食事をしている

 

3 一日3食で食事の時間に空腹になり、食べ過ぎることもない。また、間食もあまりしない

 

4 空腹を感じてもあまり食事量をふやすことができない。

 

5 空腹を感じず、一日3食食べれることがほとんどない。

 

セルフチェックの診断


1を選んだ方は交感神経優位の状態です。

2を選んだ方は交感神経が活動しやすい状態です。

3を選んだ方は自律神経が正常に働いている状態です。

4を選んだ方は副交感神経が活動しやすい状態です。

5を選んだ方は副交感神経が優位にある状態です。

 

 

交感神経が乱れると


1 2を選んだ方は交感神経優位に傾いているといえます。

 

交感神経の乱れによる症状は

 

パニック障害

嘔吐

動悸

息切れ

頭痛

発熱

吐き気

緊張

寒気

胸焼け

胃痛

イライラ

などが表れます。

 

 

副交感神経が乱れると


4 5を選んだ方は副交感神経優位に傾いているといえます。

副交感神経の乱れによる症状は

 

うつ病

眠気

味覚障害

便秘

不安症

尿漏れ

脱力感

抜け毛

体調不良

急な体重減少

息苦しさ

失神

めまい

等の症状が表れます。

 

 

食事について対処法


自分が今、交感神経優位の状態にあるのか、副交感神経優位の状態にあるのかを知ることで、自律神経のバランスをとり、コントロールできるようになります。

 

 

1 食欲が旺盛でいつも空腹を感じて間食も食事量も多い


胃が拡張して胃酸過多になっている状況です。

胃潰瘍や逆流性食道炎になりやすくなっています。

食事内容を変えずとも、食事を減らし、胃酸の量を減らすことで空腹になるタイミングを減らすことができます。

併せて間食の回数を減らすように調整していきましょう。

 

 

 

2 空腹を感じることない位のペースで食事をしている


空腹を感じることなく、食事を取り続けることは交感神経が高まる原因となります。

その上、空腹なく食事を取り続けることで、胃腸の負担になります。

食事をする前に運動をするなどして、空腹を感じてから食事をするなどの工夫が大切です。

 

 

4 空腹を感じてもあまり食事量をふやすことができない。


空腹を感じてもあまり食事量を増やせないのは、運動量や睡眠時間が少ないと起こります。

食事量や睡眠時間の不足は副交感神経の乱れにつながります。

対策としては、寝る前に軽く運動を行い、栄養が必要な場所を脳に伝える必要があります。

 

そのことによって、睡眠の質が向上し、睡眠中に栄養吸収しやすくなり食事量も増やせるようになります。

 

 

 

5 空腹を感じず、一日3食食べれることがほとんどない。


この状態は活動量が少なすぎるか、逆に活動しすぎた場合も表れます。

活動量が少ない場合には、活動量を多くすることが対処法になります。

活動量を増やすことで、空腹を感じることができますが、急に活動量を増やすのではなく、徐々にふやすようにしましょう。

 

反対に、活動しすぎた結果起きた場合は、ストレッチなどで身体を緩める方法が効果的です。

深い呼吸をしながらストレッチを行うことで、筋肉が柔らかくなりその結果、空腹を感じることができるようになります。

 

 

最後に


今回は食事のリズムが狂ってしまったことから自律神経に及ぼす影響と対処法をご紹介しました。

しかし、重要なことは食事のリズムだけでなく、身体の全体のバランスを元に戻す
ということです。

自律神経に関してはこちらの記事も参考にしてください。

 

頭痛・だるさ・イライラ、不安を引き起こす正体 自律神経の乱れを整える方法