充血で困っている方必見!すぐに充血を治す方法



出典 https://ameblo.jp/abc-sp/entry-11709850329.html



仕事あがりに友達と食事やデートなど予定があるのに目が充血していたという経験はありませんか

目の充血は見た目の問題だけでなく、不快な症状を伴って毎日の生活に不都合を及ぼすことも少なくありません。


そこで今回は、すぐに充血を治す方法をご紹介します。









充血とは



毛細血管などの末梢の血管が拡張して、そこに動脈性の血液の流入が増加した状態を示す。


Wikipedia充血より




いわゆる、白目が赤くなっている状態のことをいいます。











充血のメカニズム



白目は、結膜という薄い膜で表面を覆われています。

結膜には血管がたくさん通っていますが、非常に細いため、普段は目に見えません。

しかし、目が疲れるとこの血管が太くなり、そこを多くの血液が流れます。

これによって白目が充血してしまうのです。

血流が増えるのは、酸素や栄養などを目に届け、疲れを解消しようとするために行われます。


つまり、目の充血は、目の健康状態を保とうとする体の働きです。








充血の原因



充血の原因は主に白目にある結膜の下の血管が膨張する事ですが、どうしてこのような事が起こるのか、その原因は何なのでしょうか?

主な原因は目の疲れだと言われています。


テレビやパソコンの画面を長時間見続けると、疲れ目を引き起こし、血管が膨張して、充血します。


そのほかにも、ドライアイの人や、コンタクトレンズを長く使っている場合にも、角膜が酸素を多く取り入れようとするため、血管が拡張し、充血します。










ただちに病院にいくべき充血



充血は通常であれば数日もあれば、元にもどりますが、以下のような時は眼科医の診断を受けてください。

  • まぶしさを感じる
  • 痛みがある
  • 目に衝撃を受けた
  • かゆみがある
  • 目やにが出る
  • まぶたが腫れている
  • 長期間充血が続く

他にも、

  • 何かが目に入ったなど、きっかけがはっきりしていて充血が強い
  • 吐き気、頭痛、視力低下などがある
  • 目が開けられないほどの痛みや腫れがある



このような場合は直ちに眼科医の診断を受けましょう。









充血の対処法



疲れ目は、目の血管が血行不良になってしまった合図なので、目の周りを温めることで目の周りの血管が広がり、血行が良くなります。

対して充血は、眼が炎症を起こしている状態です。



では、充血になった場合、どのような対処法があるのでしょうか?









目を休める



充血していると感じたらまず始めにすることは、目を休めることです。


可能であればコンタクトレンズも外しましょう。

特に、パソコンやスマホを使用する時はまばたきの回数が減ってしまいがちになるので、意識してまばたきをするようにするのも効果があります。

1時間パソコン、スマホを使用したら5分間目を休めるなどの対策を行うと、目が充血するのを防ぐことが出来ます。







目を冷やす



充血の原因である膨張した血管を収縮させることが出来れば目の充血を治すことが出来ます。

そのためには、目を冷やすということが効果的です。

濡れタオルや氷水などを使って目を冷やせば、充血を抑えることが出来ます。







乾燥の状態を減らす



ドライアイも充血の原因の一つです。


目薬やまばたきも目を潤す効果がありますが、意外と気が付かないのが部屋の乾燥です。



部屋が乾燥していると目も乾燥してしまうので、部屋を加湿する事で目の充血を治すことが出来る場合もあります。






ブルーベリーを食べる



ブルーベリーは目に良いといわれていますが、充血にも効くのでしょうか?


ブルーベリーに多く含まれるアントシアニンという紫色の成分には目の血管を強く、血行を良くする働きがあります。


ブルーベリーをとることで、目の血行が良くなり、栄養・酸素が運ばれるうえにたまった老廃物の排泄がスムーズになるため、目の疲れを解消することが出来ます。








充血に効くツボ



充血を防ぐには疲れ目のツボも効果があります。

疲れ目のツボはこちらの記事で紹介していますので参考にしてください。











曲地(きょくち)



手を前に出して腕を曲げた時に、肘のところにシワができます。そのシワの外側の先端にあるツボです。

出典 https://ameblo.jp/korin38ka/entry-12368530724.html




親指で押すか揉みほぐしましょう。

力加減は自分が気持ちいいと感じる強さで押すのが大切ですが、1日に何十回も押さないようにしましょう。

曲地は充血に効く他、炎症を鎮めて免疫機能を高める効果があるので皮膚の炎症や、アトピー性皮膚炎などの症状緩和にも効果があります。







太衝(たいしょう)

足の甲の親指と人差し指の骨の間を足首の方に辿っていったくぼみの部分にあります。


出典 https://ourage.jp/column/karada_genki/24215/



軽く触れると脈打つのを感じるところです。


充血以外にもイライラして眠れない時、頭痛やめまいにも効きます。








養老(ようろう)



手の甲を上にすると、小指側の手首に肉眼でも分かる骨が飛び出た部分があり、その骨のすぐ下(若干薬指より)にあるくぼみにあります。



出典 https://ourage.jp/column/mainichi_yojo/32876/



疲れ目や目の充血、老眼以外にも、動機能障害などの老化防止肩と腕の痛み腰痛や寝違えなど様々な効果があります。









最後に



充血は見た目もよくないので、早く治したいものです。



ただ、酸素や栄養などを目に届け、疲れを解消しようとするために血流が増えるという、身体が出している休めのサインでもあります。



まずは目を休ませるようにしましょう。

疲れ目で悩んでいる方必見!疲れ目を治す方法

出典 http://suminohaba.exblog.jp/12910461/

目がかすむ、視界に透明なほこりや糸屑のような浮遊物を捉えた経験はありませんか?

また、まぶたがぴくぴく痙攣するという経験はどうでしょうか?

これらは全て疲れ目からきています。

特に近年ではスマートフォンの普及インターネットの閲覧オンラインゲームSNSなど液晶画面を見続ける機会が増えてきています。

その結果、目の疲れを訴える方が増えてきているのが現状です。

疲れ目の症状


疲れ目の症状には以下のものがあります。

・頭痛
・目のかすみ
・物が二重に見える
・ピントが合わない
・目が重たい
・目が痛む
・充血する
・目がショボショボする  など

また、 肩こり、頭痛、疲れやすい、身体がだるくなるなど疲れ目によって全身に不快な症状が起こることがあります。

疲れ目の原因


スマホやパソコンなどの画面を見る以外にも長時間運転なども目が疲れやすくなります。

では、なぜ見るだけでも疲れるのでしょうか?

目の筋肉への負担


激しくスポーツをしたときに身体も疲労するように、目の筋肉も激しく使うことで疲労してしまいます

目には眼球を支える筋肉があり、目をずっと使っていると負担がかかります。

また、眼球を支える筋肉の一つである毛様体筋は伸び縮みすることで、ピント調節の役割をしています。

しかし、パソコンやスマートフォンを見続けることは毛様体筋がずっと緊張した状態を続けることとなるため、毛様体筋は疲れピントが合わなくなります。

コンタクトレンズやメガネの度数が合っていない


コンタクトレンズやメガネが合っていないと、目を細めたり、酷使することになり目の疲れの原因になります。

目の乾き


涙は目がスムーズに機能するために大切な働きをしていますが、涙が少なくて目が乾いている状態だと、必要以上に目に負担がかかり、疲れを引き起こすことがあります。

ブルーライトの刺激


ブルーライトは目は波長が短いため散乱しやすい性質を持っています。これが眩しさやチラつきなどの原因になり、その分、脳はピント合わせに苦労します。

また、ブルーライトは他の光よりもエネルギーが強いため、瞳孔を縮めようとして目の筋肉も酷使され、眼の疲れや肩・首の凝りなどに影響します。

 

視界に見えるほこりや糸屑のような浮遊物


ホコリや糸くずのような時には煙のような形に姿を変えて、目で追うと移動したり、消え消えたと思って安心するとすぐに復活する。

この現象を見たことはあるでしょうか?

これは蚊が飛んでいるように見えることから”飛蚊症(ひぶんしょう)“と呼ばれる現象です。

飛蚊症の正体


視界内に小さな薄い影(糸くずや蛙のたまご)の正体は組織の小片や赤血球、さらにタンパク質の塊とされています。

どういうことかと言いますと、人は光と景色を、目の水晶体から取り入れ、眼球の奥にある網膜に投影することによって認識していますが、両者の間にある硝子体に、赤血球やたんぱく質があると、影となって網膜に映り込むそうです。

原因


原因は主に加齢ですが、加齢以外にもストレスや睡眠不足からくる疲れ眼からもきます。

網膜剥離等の病気の初期症状として現れることもありますので、急に飛蚊症が見えたら、眼科の診断を受けた方がいいでしょう。

その他にも
浮遊物が急に増えた。
視力が急激に低下した。
視野の一部に欠けがある。
暗い場所で、稲妻のような光が見えることがある。

上記の症状がある時はすぐに眼科に行くようにしましょう。

 

まぶたがぴくぴくけいれんする


長時間のパソコン作業、睡眠不足などによる疲れ目により、一時的にまぶたにけいれんが起こりますが、休息や睡眠をとるとおさまることがあると思います。

しかし、以下のような場合は病院で診てもらうようにしましょう。

まぶた以外に全身がけいれんする

まぶただけでなく頬や口周りなどもけいれんしている

数か月以上続いている

頻度や程度が強くなってきている

また、まぶたのけいれんがいつまでも続く、けいれんの時間が長くなっている、他の症状があるような時も受診のタイミングと言えます。

まぶたのけいれんが主な症状であれば、まずは眼科で相談してみるとよいでしょう。

医師にはいつからまぶたのけいれんがあるのか、どのくらいの頻度で起きるのか、一度けいれんが起きるとどれぐらい続くのか、他にはどんな症状があるのかなど、できるだけ詳しく伝えることがポイントです。

疲れ目の対処方法


目を休ませることが一番ですので、蒸しタオル等を眼に乗せしばらく目をやすませましょう。

疲れ目に効くツボ


目のツボとしては、眉頭の内側で目の上の骨縁の少しへこんだところにある攅竹(さんちく)、目頭の左右のくぼみ、鼻の付け根の横側にある晴明(せいめい)、こめかみの下の少しくぼんだ部分にある太陽(たいよう)を静かに押さえてみましょう。

出典 https://takeda-kenko.jp/cminfo/alinamin_exalpha

攅竹(さんちく)


出典 http://www.me-kaiteki.com/recovery-method/visual-training/acupressure/position.html#sonota

まゆ毛の鼻側のはしにあります。このあたりを親指でさぐると、大きくへこんだ部分が攅竹です。

攅竹は、近視などの屈折異常はもちろんのこと、老眼にもよく効くツボです。

攅竹のツボにたいしては、真上から素直に、つまり垂直に押すのが基本ですが、それでやりづらい場合、上45度方向に押しあげる感じでもかまいません。3~5秒程度、力をかけつづけるか、リズムをつけて3~5回押しましょう。

晴明(せいめい)


出典 http://www.me-kaiteki.com/recovery-method/visual-training/acupressure/position.html#sonota

 

晴明のツボは、目頭(めがしら)のやや上にあります。

疲れ目の解消だけではなく、近視などの「屈折異常」、緑内障、白内障などの「眼病」にも効果的です。

片手の親指と人差し指で押すとよいでしょう。

太陽(たいよう)


出典 http://www.me-kaiteki.com/recovery-method/visual-training/acupressure/position.html#sonota

こめかみのツボです。

まゆ尻と目尻の中央から、やや後ろにあります。正確には”こめかみ”から、やや目尻寄りにあります。

こめかみのツボ太陽は、両手の人差し指で指圧します。

 

目のツボは目の近くを刺激しますから、誤って指が目に入ることのないよう、注意深く行ってください。

最後に


飛蚊症やまぶたのけいれんのような症状は身体のサインといえますので、見逃すことなく、まずはゆっくり休ませることが一番重要なことになります。

また、充血の対処法はこちらの記事で紹介していますので参考にしてください。

 

充血で困っている方必見!すぐに充血を治す方法