簡単!クイズで学ぶアンチエイジング効果がある飲み物




甘酒は血圧の上昇を抑制し、血管を老けにくくする効果がありますが、甘酒を飲むタイミングとして一番適しているのはいつでしょうか?




1 朝

2 昼

3 夜









正解は 1の朝です。



朝は血圧を上げるホルモンが活発なので、朝食に飲むと血圧上昇を抑えるのに役立ちます。


米麹甘酒は「飲む点滴」とも言われ、ブドウ糖、オリゴ糖、アミノ酸(必須アミノ酸)、ビタミンB群といった栄養素が含まれており、免疫力をアップさせる効果が期待できます。




また、麹菌に含まれるペプチドという成分は血圧上昇に関わるホルモンの抑制に役立ちますが、その血圧を上げるホルモンが活発な朝に飲むとより効果的と言われています。



健康で元気に長生きをしたいというのは、多くの人が望んでいることだと思います。





そこで今回は、クイズ形式で 健康長寿に効果のある食べ物をご紹介していきます。











問題1



甘酒には肌年齢を老けにくくする効果もありますが、甘酒を飲むタイミングとして一番適しているのはいつでしょうか?


1 朝

2 昼

3 夜















答え






解説


正解は3の夜です。


加齢によってコラーゲンが減少し、肌を老けさせてしまいます。


酒かす甘酒にはコラーゲンの減少を抑える効果があり、美肌を作る作用があります


さらに、新陳代謝は夜に行われるため、夜に甘酒を飲むのが効果的です。


他にも、酒粕に含まれるレジスタントプロテインは脂を包み込んで体の外に排出する働きがあるため、食事と一緒に飲むことで肥満を防ぐのに役立ちます。


甘酒を飲むことによって、血管年齢・肌年齢の老化を防ぐだけでなく肥満も防ぐ甘酒はまさに、飲む点滴と呼ぶにふさわしい飲み物です。

















問題2



脳の健康に良いといわれている飲み物は次のうちのどれでしょうか?


1 コーヒー

2 牛乳

3 紅茶












答え







解説

正解は1のコーヒーです。

1日5杯までのコーヒー摂取は、糖尿病や心臓血管疾患のリスクを下げるということがハーバード大学の研究でわかっていましたが、脳の健康にもよいということがわかりました。


コーヒーをロースト(焙煎)する際に生成されるフェニルインダンという物質がその鍵を握っていることがわかりました。

フェニルインダンには、アルツハイマー病やパーキンソン病につながるアミロイドβというタンパク質が脳にたまるのを防ぐ働きがあるそうです。

つまり、この成分の多いコーヒー摂取により脳の病気になるリスクを下げることができるということがいえます。















問題 3



脳の老化を防ぐ効果もあるコーヒーですが、ある食べ物と一緒に取ることで効果が増します。
その食べ物とは次のうちのどれでしょうか?




1 クッキー

2 ケーキ

3 ビターチョコレート













答え




解説

正解は3のビターチョコレートです。



チョコレートが脳に効く理由は主に3つあります。



1 チョコレートにブドウ糖が多く含まれている

脳のエネルギー源として必要になるブドウ糖、なかでも菓子類に含まれる精白された糖分は吸収が早く30分ほどで脳に届くといわれています。


2 チョコレートにはビタミンEやナイアシンといったビタミン類や、カルシウム、マグネシウム、亜鉛といったミネラルなどの栄養分がバランスよく含まれている点。

これらの栄養素は脳の活動に不可欠なだけでなく、チョコレートに含まれるカフェインの仲間であるオブロミンには記憶力や集中力を高めたりやる気を出したりする効果が、ギャバには精神を安定させる効果が期待できます。



3 チョコレート特有の甘い香りには集中力を高める働きがある点。

さらにビターチョコレートにはクロロゲン酸とカカオポリフェノールが多く含まれているため、脳を活性化してくれます。
















問題 4



コーヒーはある食品と一緒に取ることで脂肪燃焼効果を高めてくれますが
そのあるものとは、次のうちのどれでしょうか?



1 ミックスナッツ

2 小魚

3 ピスタチオ














答え

1








解説



正解は1のミックスナッツです。



カフェイン、クロロゲン酸の効果が発揮され、高い脂肪燃焼効果を期待することができます。



加えて、ミックスナッツに含まれているレシチンが脳を活性化させてくれます。














問題 5



血管の老化を防ぐためにコーヒーを飲んだ方が良いタイミングは、食前、食後どちらでしょうか?



1 食前

2 食後















答え





解説

正解は1の食前です。



食前にコーヒーを飲むことでカフェインが血糖値の急上昇を抑えてくれます。



また、コーヒーに含まれるクロロゲン酸が脂質を分解します。


このクロロゲン酸は糖分の吸収をゆっくりにしてくれる働きもあります。



一方、食後に飲めば、胃酸の分泌が促され、スムーズに消化されます。


また、ーヒーに含まれるポリフェノールはメラニン色素の生成を抑える効果があるため、美白に効があります。



ポリフェノールは、食後に飲むコーヒーからが一番多く採取されるという研究結果が出ています。

1日3〜4杯なら病気のリスクを下げるとも言われていますが、コーヒーを飲みすぎると糖尿病のリスクが高まるという結果もあるため、飲み過ぎには注意しましょう。















最後に



いかがでしたでしょうか?

このように、健康長寿に効果のある食べ物・飲み物はまだまだたくさん存在します。




特にコーヒーのような身近な飲み物でも、脳の老化防止・血管の老化防止や脂肪燃焼など健康長寿に役立てる効果が多くあります。


コーヒーは様々な疾患の抑止効果もあるといわれていますので、コーヒーが少し苦手という方もいらっしゃると思いますが、コーヒーブレイクで心も身体も健やかになってみませんか?



自宅で美味しいコーヒーを入れたいという方にとても分かりやすい動画がありましたのであわせてご紹介します。



出典 https://youtu.be/HXI4HbT9bjo

  




簡単!クイズで学ぶ○○の効果がある食べ物 2

 

出典 https://www.youtube.com/watch?v=6j6K8l4G-Ic

 

不老長寿の効果があるといわれており、秦の始皇帝が探していたといわれる食べ物のは次のどれでしょうか?

 

1 昆布

2 そば

3 納豆

 

 

 

正解は 1の昆布です。

昆布のぬめり成分には血圧を下げる働きがあり、古くから長寿の効果があるといわれています。

万里の長城の建築で有名な中国の秦の始皇帝は、家来に長寿の国である日本へ行って長寿薬である昆布を入手することを命じました。

家来がたどり着いた場所は熊野の新宮市で世界一の海藻の産地と言われており昆布を始皇帝が待っている中国へ持ち帰ろうとしました。

しかし、日本での生活が居心地よくそのまま家来は日本に住みついてしまいました。

その結果、待ちくたびれた始皇帝は49歳で亡くなったという逸話があります。

 

食べ物には、このように特別な効果を持つものも多く存在します。

 

 

そこで今回は、クイズ形式で美味しいだけでなく色々な効果を期待できる食べ物 2
をご紹介していきます。

 

 

 

問題1


誤嚥防止に効果的な食べ物の調理法は次のうちどれでしょうか?

 

1 そぼろ

 

2 あんかけ

 

3 スープ

 

 

 

 

 

答え

 

 

解説

正解は2のあんかけです。

飲み込む動作が上手くできない状態を嚥下障害といいます。

食べ物を上手く飲み込めないと食事が取りづらくなるため、「低栄養や脱水を起こす」「食べ物が喉に詰まって窒息する」といった危険があるほか、高齢者の命を脅かす病気「誤嚥性肺炎」を引き起こす原因にもなります。

肺炎で亡くなる高齢者のうち7割の方が誤嚥性肺炎で亡くなっています。

誤嚥性肺炎とは飲み込んだ時に食道ではなく誤って気管に入ってしまうことです。

飲み込む力が落ちている人が食事を食べる時スープなどの液体の方が良いと思われがちですが、液体の場合すぐに流れてしまうので誤嚥になりやすい人が多いです。

逆にあんかけ料理はとろみがあって食べやすく誤嚥もしにくく安心して食べる事ができます。

 

ものを飲み込む時にむせる方必見!嚥下障害の原因と対処法 徹底解説

問題2


髪の毛を増やす効果があるといわれている食べ物は、次のうちのどれでしょうか?

 

1 刺身

2 レバー

3 つくね

 

 

 

 

答え

 

 

解説

 

正解は2のレバーです。

髪の90%以上が「ケラチン」という成分によって作られています。

、髪の毛の主成分となる「ケラチン」を作るのを手助けしてくれる栄養素が亜鉛です。

亜鉛が多く含まれている食材は、牡蠣・レバー・パルメザンチーズなどです。

また、亜鉛は育毛に役立つだけではなく免疫力を上げる効果もあります。

しかし、過剰に摂取すると逆効果になってしまうのでバランスよく取り入れましょう。

問題 3


乗り物酔いをした時に飲んではいけないものは次のどれでしょうか?

 

 

1 柑橘系のジュース

2 コーヒー

3 炭酸飲料

 

 

 

答え

 

 

 

解説

 

正解は1の柑橘系のジュースです。

乗り物酔いをしている時に柑橘系のジュースを飲むと胃酸の分泌を促す効果があるため、症状を悪化させてしまいます。

逆に炭酸水は自律神経を整える効果があるため、胃腸の働きをよくしてくれます。

また、炭酸水には美肌効果、血行促進、便秘解消などの効果があります。

乗り物酔いを起こしやすい方は、乗車30分前に薬を飲んでおき前日はしっかり睡眠をとりましょう。

 

 

 

乗り物酔いや吐き気で悩んでいる方必見!急な吐き気に困らないための対処法 徹底解説

 

 

 

 

 

問題 4


疲労回復の効果があるとされている飲み物は次のどれでしょうか?

 

 

1 白湯

2 抹茶

3 甘酒

 

 

 

答え

 

 

解説

 

正解は3の甘酒です。

甘酒は「飲む点滴」と呼ばれるくらい栄養が豊富で疲労回復にも効果があります。

甘酒に含まれるブドウ糖は、麹菌によって既に分解済となっているため、効率よく体内にエネルギー源を吸収できます。

 

その他にも点滴の成分と同じ、アミノ酸、ビタミンB群、ミネラルなどが豊富に含まれているため、飲む点滴と言われています

麹菌に含まれる酵素は抗酸化作用があるので、老化の元凶となる活性酸素の発生を抑制してくれる働きがあります。

動脈硬化や高血圧などの生活習慣病の予防にも役立ち、女性ならではの悩みである生理痛や生理前のイライラ、肌荒れといった月経前症候群の解消、母乳の出を良くする効果もあるといわれています。

 

アミノ酸・ビタミンも豊富で体への吸収も良い為、食欲がない時にもお勧めです。

 

 

疲れがとれないで悩んでいる方必見!脳疲労回復をする「マインドフルネス」の方法 

 

 

 

問題 5


身体をあたためる効果があるものは次のうちのどれでしょうか?

 

 

1 お酢

2 砂糖

3 ハチミツ

 

 

 

答え

 

 

解説

 

正解は3のハチミツです。

 

食事では冷たいもの避けて、体温以上のものを摂るのがベストです。

 

また、食材に気をつける必要があります。

食品には、体を温める「陽性食品」体を冷やす「陰性食品」があるといわれています。

その中でも、ハチミツには身体を温める効果があるので寒い冬にお勧めです。

 

ハチミツ以外にも

体を温める食品の例
 野菜類――ニンジン、カボチャ、玉ネギ、山芋など
 肉・魚類――鶏肉、羊肉、鮭、鯖、タラ、ふぐなど
 調味料・香辛料――味噌、ニンニク、コショウ、シナモンなど
 豆類など――小豆、黒豆、納豆など

 

逆に、体を冷やす食品の例としては
 野菜・果実類――キュウリ、レタス、トマト、柿、梨、バナナ、メロン、スイカ、パイナップルなど
 飲料――麦茶、コーヒー、牛乳、豆乳など
 調味料など――酢、植物油など

が挙げられます。

1歳未満の乳児にハチミツを与えると「乳児ボツリヌス症」になる場合があるので与えないようにしてください。

 

冷え性で悩んでいる人必見!冷え性の原因と対処法

 

 

 

最後に


いかがでしたでしょうか?

全て覚えるのは大変ですが、クイズをやることによって、身体に良い食べ物を知って健康に役立てましょう。

 

食事のリズムが狂うことによって体調を崩す場合もありますので注意が必要です。

 

食事のリズムが狂ってしまっていることから起こる自律神経の乱れのセルフチェックの方法と対処法