簡単!クイズで学ぶ応急手当 5

クイズ

 

夏には夏バテや熱中症、冬には風邪やインフルエンザなど季節ごとに健康に注意すべき点があります。

 

 

 

 

そこで、季節ごとに役立つ応急手当や知識のクイズをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


季節によって気を付けなければいけない病気などがありますが、季節の変わり目も注意が必要です。

季節の変わり目に関してはこちらの記事をご覧ください。

呼吸法を変えるだけで健康になれる理由とオススメの呼吸法

健康の秘訣!知らないと危険な食べあわせの悪い食べものを徹底解説

 

出典 https://www.youtube.com/watch?v=aDxGyrjUAqU

 

食べあわせが良い食べ物、悪い食べ物というものがあります。

 

それぞれの食品には相性があり、うまく組み合わせて、バランスよく栄養素を取り入れれば、それぞれが持つ力以上の効果が得られることになります。

 

逆に食べ合わせの悪い組み合わせを「合食禁」ともいい、一緒に食べるときに食材の取り合わせが悪いとされ、一般に消化に害を来たすとされています。

 

 

 

普段何気なく食べている物の中にも、食べ合わせが悪い食べ物はありますし、中には危険な食べあわせもあります。

 

 

そこで今回は、知らずに食べて体調不良にならないように、食べあわせの悪い食べ物を徹底解説していきます。

 

納豆+生卵


納豆に含まれるビオチンという美肌効果のあるビタミンBの一種があります。

一方、生卵にはアビジンというタンパク質の一種が含まれています。

アビジンにはビオチンと強く結合する性質があります。

このふたつが結合してしまうとビオチンの吸収が妨がれてしまいます。

 

アビジンによって、せっかくのビオチンの効果が吸収されることなく体外へ排出されてしまうことから、納豆と生卵は避けた方が良いと言われています。

 

 

 

 

スイカ+天ぷら


スイカは水分が多いため、胃酸を薄めてしまいます。

天ぷらなどの揚げ部分の消化能力が落ちます。

揚げ物の後にみずみずしいスイカは、食べ過ぎてしまう傾向があるようです。

油分と水分は混ざらないので、この組み合わせは胃腸に弱い方などは注意が必要です。

 

天ぷらとスイカに関わらず、水ものと油ものは沢山食べるとお腹を壊しやすいため、注意が必要です。

 

 

 

トマト+きゅうり


トマトはビタミンCを豊富に含む食べ物です。

しかし、キュウリに含まれているアスコルビナーゼという酵素がトマトのビタミンCを酸化させてしまいます。

アスコルビナーゼは、キュウリ以外にも、ニンジン、ブロッコリーやカボチャ、バナナ、りんごなどにも含まれています。

そのまま食べず、サラダとして食べるならマヨネーズ、酢入りのドレッシングをかければ酵素を抑制できます。

 

 

また、トマトのビタミンCの一部が壊されたとしても、きゅうり自体のビタミンCや利尿作用、体の老廃物を排出する効果が加わるので、トータルで考えればバランスのとれた食事になっていると言われてます。

 

 

 

 

シラス・ちりめんじゃこ+大根


シラスに含まれるアミノ酸リシンの吸収を大根が持つ抗体により阻害してしまいます。

このリシンは、免疫力アップと抗ストレス効果があり、体内で作ることができないため、食べ物から摂取しなければならない必要なアミノ酸です。

 

大根が持つ抗体は、熱や酸に弱いという特徴があります。

そのため、大根とシラス・ちりめんじゃこの組み合わせで食べる場合には、少量の酢ををかけることをおすすめします。

 

 

 

 

ベーコン+ほうれん草


ほうれん草とベーコンの食べ合わせが悪いと言われる理由は2つあります。

ほうれん草に含まれている硝酸が人間の体内で亜硝酸に変化すると、ベーコンに含まれているタンパク質の分解物と反応し、発がん性物質が生成されてしまうこと

ベーコンに含まれているリン酸がほうれん草の鉄分、カルシウムの吸収を阻害すること

の2つです。

ほうれん草とベーコンの炒め物を食べるときは、ほうれん草を茹でてから炒め、ビタミンが多い野菜を加えて炒めると良いでしょう。

 

また、ゆで卵の硫黄分も同じく鉄分の吸収を阻害するので、ほうれん草と卵を食べる時はスクランブルエッグや目玉焼きがおすすめです。

 

 

 

 

なすの漬物+冷たいそば


なすの漬物は、身体を冷やし、そばも胃を冷やす作用があります。

お互い体を冷やす作用があるので注意が必要と言われてます。

加熱すれば冷やす作用は緩和されるので、温かいそばに代える、ネギ、七味などを加えて防ぐことができます。

 

 

 

 

レバー+みょうが


栄養豊富なレバーは、代謝を活発させる働きがあるため、痩せ気味の方に効果的です。

また、レバーはニンジンの10倍のビタミンAや鉄分が多く含まれており、低カロリーで貧血の予防になります。

 

しかし、みょうがは、苦み物質が胃腸の働きを抑えるため、栄養分の吸収を低減、阻害させてしまうようです。

ショウガを追加することで、栄養分の吸収率を高めてくれます。

 

 

 

 

ソース+ハム


一般的なソースに含まれる合成保存料パラオキシ安息香酸エステル(パラベン)がハムに含まれる発色剤の亜硝酸塩と結びつくと、発がん性物質が生成されてしまう恐れがあります。

パラオキシ安息香酸エステル(パラベン)は、ソース以外にも清涼飲料水、シロップ類に含まれてる場合があります。

 

亜硝酸塩は、ハム以外にソーセージ、ベーコンなどの肉製品、イクラ、タラコなどの魚介製品、燻製食品に使われる添加物に含まれています。

 

 

 

 

焼き魚+漬物


発がん性物質を作り出す組み合わせです。

魚を焼くと、良質なたんぱく質が変化を起こし、ジメチルアミンという物質ができます。

漬物は、野菜に含まれている硝酸塩が発酵の過程で亜硝酸塩に変化します。

これらジアチルアミンと亜硝酸塩が合わさるとニトロソアミンという発がん性物質が生成されてしまいます。

 

ビタミンCを一緒に摂ることで、ニトロソアミン、発がん性物質をの生成を抑えることができます。

 

また、漬物に含まれている硝酸塩は以下の方法で減らすことができます。

塩漬けの漬物は、水洗い後手絞りをすることで、葉物野菜は50%、根菜類のかぶの根で30%、硝酸イオンを除去できます。

ぬか漬けみそ漬けの漬物は、水洗い後、水切りすることで、硝酸イオン30%除去できます。

 

 

 

 

ところてん+生卵


この二つの食べ合わせは、胃腸に負担を掛けるので注意が必要です。

ところてんは、その98〜99%が水分であり、身体を冷やす作用、代謝を落とし、消化不良を起こす可能性があります。

 

生卵は、食べ物中でも消化がよいとされていますが、胃を冷やすため、2つの食べ合わせはよくないと言われてます。

 

 

 

 

 

最後に  うなぎと梅干し


食べあわせの悪い食べ物代表として、よくあがるうなぎと梅干しですが、栄養的・医学的にまったく問題はなく、むしろ理にかなった相性の良い組み合わせです。

うなぎに多く含まれるビタミンB1と、梅干しに多く含まれるクエン酸は、いずれも疲労回復に効果的な栄養素のひとつです。

以前は、うなぎの脂っこさと梅干しの酸味が刺激し合い、消化不良を起こすと考えられていたようです。

 

このようにうまく組み合わせて、バランスよく栄養素を取り入れれば、それぞれが持つ力以上の効果が得られることになります。

 

しかし反対に食品の相性が悪いと、胃腸障害や消化不良など逆効果を招くこともありますので今回の記事を参考にしてみてください。

 

また、良い食べあわせに関してはこちらの記事をご覧ください。

健康の秘訣!栄養素を100%生かす良い食べあわせ 徹底解説

簡単!クイズで学ぶ○○の効果がある食べ物 2

 

出典 https://www.youtube.com/watch?v=6j6K8l4G-Ic

 

不老長寿の効果があるといわれており、秦の始皇帝が探していたといわれる食べ物のは次のどれでしょうか?

 

1 昆布

2 そば

3 納豆

 

 

 

正解は 1の昆布です。

昆布のぬめり成分には血圧を下げる働きがあり、古くから長寿の効果があるといわれています。

万里の長城の建築で有名な中国の秦の始皇帝は、家来に長寿の国である日本へ行って長寿薬である昆布を入手することを命じました。

家来がたどり着いた場所は熊野の新宮市で世界一の海藻の産地と言われており昆布を始皇帝が待っている中国へ持ち帰ろうとしました。

しかし、日本での生活が居心地よくそのまま家来は日本に住みついてしまいました。

その結果、待ちくたびれた始皇帝は49歳で亡くなったという逸話があります。

 

食べ物には、このように特別な効果を持つものも多く存在します。

 

 

そこで今回は、クイズ形式で美味しいだけでなく色々な効果を期待できる食べ物 2
をご紹介していきます。

 

 

 

問題1


誤嚥防止に効果的な食べ物の調理法は次のうちどれでしょうか?

 

1 そぼろ

 

2 あんかけ

 

3 スープ

 

 

 

 

 

答え

 

 

解説

正解は2のあんかけです。

飲み込む動作が上手くできない状態を嚥下障害といいます。

食べ物を上手く飲み込めないと食事が取りづらくなるため、「低栄養や脱水を起こす」「食べ物が喉に詰まって窒息する」といった危険があるほか、高齢者の命を脅かす病気「誤嚥性肺炎」を引き起こす原因にもなります。

肺炎で亡くなる高齢者のうち7割の方が誤嚥性肺炎で亡くなっています。

誤嚥性肺炎とは飲み込んだ時に食道ではなく誤って気管に入ってしまうことです。

飲み込む力が落ちている人が食事を食べる時スープなどの液体の方が良いと思われがちですが、液体の場合すぐに流れてしまうので誤嚥になりやすい人が多いです。

逆にあんかけ料理はとろみがあって食べやすく誤嚥もしにくく安心して食べる事ができます。

 

ものを飲み込む時にむせる方必見!嚥下障害の原因と対処法 徹底解説

問題2


髪の毛を増やす効果があるといわれている食べ物は、次のうちのどれでしょうか?

 

1 刺身

2 レバー

3 つくね

 

 

 

 

答え

 

 

解説

 

正解は2のレバーです。

髪の90%以上が「ケラチン」という成分によって作られています。

、髪の毛の主成分となる「ケラチン」を作るのを手助けしてくれる栄養素が亜鉛です。

亜鉛が多く含まれている食材は、牡蠣・レバー・パルメザンチーズなどです。

また、亜鉛は育毛に役立つだけではなく免疫力を上げる効果もあります。

しかし、過剰に摂取すると逆効果になってしまうのでバランスよく取り入れましょう。

問題 3


乗り物酔いをした時に飲んではいけないものは次のどれでしょうか?

 

 

1 柑橘系のジュース

2 コーヒー

3 炭酸飲料

 

 

 

答え

 

 

 

解説

 

正解は1の柑橘系のジュースです。

乗り物酔いをしている時に柑橘系のジュースを飲むと胃酸の分泌を促す効果があるため、症状を悪化させてしまいます。

逆に炭酸水は自律神経を整える効果があるため、胃腸の働きをよくしてくれます。

また、炭酸水には美肌効果、血行促進、便秘解消などの効果があります。

乗り物酔いを起こしやすい方は、乗車30分前に薬を飲んでおき前日はしっかり睡眠をとりましょう。

 

 

 

乗り物酔いや吐き気で悩んでいる方必見!急な吐き気に困らないための対処法 徹底解説

 

 

 

 

 

問題 4


疲労回復の効果があるとされている飲み物は次のどれでしょうか?

 

 

1 白湯

2 抹茶

3 甘酒

 

 

 

答え

 

 

解説

 

正解は3の甘酒です。

甘酒は「飲む点滴」と呼ばれるくらい栄養が豊富で疲労回復にも効果があります。

甘酒に含まれるブドウ糖は、麹菌によって既に分解済となっているため、効率よく体内にエネルギー源を吸収できます。

 

その他にも点滴の成分と同じ、アミノ酸、ビタミンB群、ミネラルなどが豊富に含まれているため、飲む点滴と言われています

麹菌に含まれる酵素は抗酸化作用があるので、老化の元凶となる活性酸素の発生を抑制してくれる働きがあります。

動脈硬化や高血圧などの生活習慣病の予防にも役立ち、女性ならではの悩みである生理痛や生理前のイライラ、肌荒れといった月経前症候群の解消、母乳の出を良くする効果もあるといわれています。

 

アミノ酸・ビタミンも豊富で体への吸収も良い為、食欲がない時にもお勧めです。

 

 

疲れがとれないで悩んでいる方必見!脳疲労回復をする「マインドフルネス」の方法 

 

 

 

問題 5


身体をあたためる効果があるものは次のうちのどれでしょうか?

 

 

1 お酢

2 砂糖

3 ハチミツ

 

 

 

答え

 

 

解説

 

正解は3のハチミツです。

 

食事では冷たいもの避けて、体温以上のものを摂るのがベストです。

 

また、食材に気をつける必要があります。

食品には、体を温める「陽性食品」体を冷やす「陰性食品」があるといわれています。

その中でも、ハチミツには身体を温める効果があるので寒い冬にお勧めです。

 

ハチミツ以外にも

体を温める食品の例
 野菜類――ニンジン、カボチャ、玉ネギ、山芋など
 肉・魚類――鶏肉、羊肉、鮭、鯖、タラ、ふぐなど
 調味料・香辛料――味噌、ニンニク、コショウ、シナモンなど
 豆類など――小豆、黒豆、納豆など

 

逆に、体を冷やす食品の例としては
 野菜・果実類――キュウリ、レタス、トマト、柿、梨、バナナ、メロン、スイカ、パイナップルなど
 飲料――麦茶、コーヒー、牛乳、豆乳など
 調味料など――酢、植物油など

が挙げられます。

1歳未満の乳児にハチミツを与えると「乳児ボツリヌス症」になる場合があるので与えないようにしてください。

 

冷え性で悩んでいる人必見!冷え性の原因と対処法

 

 

 

最後に


いかがでしたでしょうか?

全て覚えるのは大変ですが、クイズをやることによって、身体に良い食べ物を知って健康に役立てましょう。

 

食事のリズムが狂うことによって体調を崩す場合もありますので注意が必要です。

 

食事のリズムが狂ってしまっていることから起こる自律神経の乱れのセルフチェックの方法と対処法

簡単!クイズ形式で学ぶ不眠症対策・快眠の方法 3

 

出典 https://www.youtube.com/watch?v=ds8SFGw0aag

 

ショートスリーパーかロングスリーパーかは生まれつき決まっている

〇か×か

 

 

 

 

正解は 〇 です。

 

一般的に親が眠りが少なくてすむ子供は、睡眠時間が短く、逆に親がよく眠る子供は睡眠時間が長い、と言われています。

 

一卵性双生児が違う環境で別々に生活していても、両者の睡眠パターンはとてもよく似ていることから、睡眠も遺伝が関係すると言われています。

 

重要なことは自分のタイプを自覚して、無理をしないということです。

 

睡眠に関しては、数多くの誤解や迷信なども出回っており、快眠には正しい知識が必要です。

 

そこで今回は、クイズ形式で不眠症対策・快眠の方法 3
をご紹介していきます。

 

 

 

こちらの記事で不眠の原因を調べてからクイズにチャレンジしてみてください。

 

チェックリストで不眠の原因チェックと対処法 徹底解説

 

 

 

 

 

 

問題1


夜寝ているとき、足がつって起きてしまうことがあります。
その原因は次のうち何でしょうか?

 

1 布団の中の温度が暑く布団の中と外の温度の差が激しいから

 

2 寝る前に食べ過ぎてしまうから

 

3 体内の水分が不足してしまうから

 

 

 

 

 

答え

 

 

解説

 

足がつる原因は筋肉の疲労や血行不良、加齢による筋力の衰えなど、さまざまですが、特に多いのが水分不足です。

体内の水分にはナトリウムカリウムマグネシウムなどの電解質が含まれていて、汗や尿などで体内の水分が排出されると、電解質が失われ、筋肉がけいれんしやすくなります。

 

「のどが渇いたときはお茶やコーヒーを飲んでいる」という人もいますが、カフェインには利尿作用があり、飲んだ分以上に体内の水分を減らしてしまいます。

夜の水分補給にはカフェインを含まないミネラルウォーターなどの飲み物を飲むのが良いでしょう。

足をつった時の対処法 徹底解説

 

 

 

問題2


早寝早起きが悪影響を及ぼす人もいる。〇でしょうか?×でしょうか?

 

1 〇

2 ×

 

 

 

 

答え

 

 

解説

 

正解は1の◯です。

生物には『時間遺伝子』という、時間を管理する遺伝子が存在し、その遺伝子がいつ活発になるかはそれぞれの遺伝的傾向によって異なります。

ピリオド1という時計遺伝子に関する疫学調査では、朝型が36%、夜型が16%、どちらでもないが48%と報告されています。

 

朝型の人は午前中に調子がよく、夜型の人は夕方くらいから徐々に調子があがってきます。

 

健康に良いからと、夜型の人が無理をして早起きをした結果、体調が悪くなることもあります。

 

夜、実際に眠ることができる時間は、10代前半までは8時間以上、25歳で約7時間、45歳で約6.5時間、65歳で約6時間と加齢によって減少します。

これらを目安に寝る時間と起きる時間を一定にするとよいでしょう。
 

 

 

 

 

問題 3


睡眠時間が短くなると発症リスクが高くなるのは次のうちのどれでしょうか?。

 

 

1 肝臓がん

2 大腸がん

3 乳がん

 

 

 

答え

 

 

 

解説

 

正解は3の乳がんです。

「東北大学が約2万4,000人の女性を対象に行った研究で、平均睡眠時間が6時間以下の人は、7時間以上寝ている人より乳がんのリスクが1.6倍高かったという報告があります。

年末年始は多忙で不規則になりがちですが、睡眠はしっかりとるようにしましょう

睡眠不足は、それ自体が強いストレスになり、ストレスは、癌の発症率をアップさせます。

 

さらに、睡眠不足はメラトニンの分泌不足につながり、メラトニンには実は、抗腫瘍作用というものがあります。

不足することで女性ホルモンの分泌が高まり乳がんになる可能性が出てきます。

 

 

寝起きの体調不良の原因と対処法で目覚めの良い1日を迎える方法

 

 

 

 

問題 4


良い睡眠のために暖めると良い場所は次のどれでしょうか?

 

 

1 首

2 手首

3 足首

 

 

 

答え

 

1、2、3

 

解説

 

正解は1、2、3全てです。

首、手首、足首は動脈が肌の近くを通っているため、特に冷えやすい箇所です。

冷え性で寝れないと言う方は、対策をとりましょう。

 

 

 

 

 

問題 5


人間の体には目覚めていく順番があります。一番早く目覚めるのは次のうちどれでしょうか?

 

 

1 手・足

2 目・耳

3 脳

 

 

 

答え

 

 

解説

 

目・耳、手・足、胃・腸、脳の順番で目覚めていきます。

脳が目覚めるのには時間がかかり、さらにフル回転するためには1時間半から2時間かかると言われています。

スポーツの前に軽い準備運動をすると体がよく動きくようになりますが、実は脳にもウォーミングアップが重要です。

脳のウォーミングアップとして効果的なのが、音読や単純計算です。

音読をする場合には、いつもより早いスピードで音読をすると、より効果的です。

 

会話で言葉が出てこなくなってきた方必見!究極の脳トレ方法

 

 

計算は、単純な1ケタの足し算や引き算、掛け算を、1〜2分間、なるべく多くの問題を解くように集中して行いましょう。

 

 

また、野菜や果物、緑茶、果汁100%のフルーツジュース、そば、大豆、高カカオチョコレート等に含まれているフラボノイドには、脳の血行促進、酸化ストレスの軽減、神経細胞の再生といった効果があり、脳の機能強化の効果が期待できるとされています。

 

 

 

 

最後に


いかがでしたでしょうか?
クイズの答えを実践するだけでも、不眠を解消し、快眠の手助けになるはずです。

今回は第三弾としてご紹介しましたが第一弾、第二弾はこちらの記事をご覧ください。

 

簡単!クイズで学ぶ不眠症対策・快眠の方法

 

簡単!クイズで学ぶ不眠症対策・快眠の方法 2

 

 

 

簡単!クイズで学ぶ不眠症対策・快眠の方法 2

 

出典 https://www.youtube.com/watch?v=ds8SFGw0aag

 

朝型人間か夜型人間かは生まれつき決まっている

〇か×か

 

 

 

 

 

 

正解は 〇 です。

 

早起きが得意な朝型人間と、夜更かしが得意な夜型人間いますが、実はDNAにより生まれつき決まっています。

 

朝型人間はノルアドレナリンという神経伝達物質が生まれつき多く、夜型人間はノルアドレナリンが少ないと言われています。

 

イライラとやる気は紙一重?神経伝達物質ノルアドレナリンをコントロールしてストレスに強くなる方法

 

朝型タイプの人は深夜まで続く仕事や、夜勤がある仕事、徹夜が多い仕事を苦手としており、一方、夜型タイプの人は、早朝から始まる仕事にはなかなか適応出来ません。

 

重要なことは自分のタイプを自覚して、無理をしないということです。

 

睡眠に関しては、数多くの誤解や迷信なども出回っており、快眠には正しい知識が必要です。

 

そこで今回は、クイズ形式で不眠症対策・快眠の方法 2
をご紹介していきます。

 

 

 

こちらの記事で不眠の原因を調べてからクイズにチャレンジしてみてください。

 

チェックリストで不眠の原因チェックと対処法 徹底解説

 

 

 

 

 

 

問題1


快眠の知識として誤りは次のうちどれでしょう?

 

1 寝だめをすることが出来る

 

2 快眠するためには羊を数えるとよい

 

3 夢を見ているのは寝れていないからである

 

 

 

 

 

答え

 

1、2、3

 

解説

 

寝ためはできませんし、寝だめをしようとすると、睡眠にトラブルが生じたり、体調を崩す原因にもなります。

寝だめをして突然長い時間睡眠をとると、体内時計が乱れてしまいます。

また、寝ためをすると、自分が必要とする睡眠時間よりも長い時間を、無理やり寝ることになります。

深い睡眠というのは、眠り始めてから3,4時間に集中しており、そこで体や脳の疲れが大きく回復します。

そして、朝型には浅い睡眠が続きます。

つまり、必要以上に長く眠っていても、浅い眠りがだらだらと続くだけで、その分、脳や体が回復するわけではありません。

 

2 の眠れない時には羊を数えると快眠できるというのは、昔からよく言われていますが、眠れない時に羊を数えるというテクニックは、日本で生まれたわけではなく、海外から伝わったと言われています。

英語で羊(sheep)と発音するときに、息を強く吐き出すからリラックスできて快眠できるという説があります。

日本語で羊という発音は、息を吐くわけではないので、代わりに寝る前に深呼吸をするようにしてみましょう。

 

 

呼吸法を変えるだけで健康になれる理由とオススメの呼吸法

 

3 の夢を見ているのは寝れていないからであるというのも迷信です。

人は睡眠中にたくさんの夢を見ていますが、ほとんどの夢は忘れてしまうようです。

ただし、レム睡眠の最中に目が覚めると、夢を覚えていることもあります。

夢をたくさん見たと感じるのは、それは単にレム睡眠の時に目が覚めているだけといえます。

 

 

出典 http://www.fuminnsyou.com/quiz/sukkiri/

 

 

 

 

 

問題2


睡眠中に人が目を覚ましている回数は何回でしょうか?

 

1 目は覚まさない人が多い

2 1~2回

3 10回以上

 

 

 

 

答え

 

 

解説

 

実は、健全な睡眠がとれている人でも、睡眠中に数十回は目を覚ましています。
ります。

特に、レム睡眠のときには、ちょっとしたことに反応して目が覚めやすくなっています。

これは、本能的に危険を察知した時に、すぐに身を守ることができるためのもので、快適な眠りがとれている人でも、一晩の間に10回~数十回目を覚ますのは当然のことといえます。

 

睡眠中は数十回目を覚ましているものですが、実際にはそのことを忘れてしまう方がほとんどです。

満足な睡眠をとれている方は、熟睡感を感じることができる一方で、寝れないと感じる方は、睡眠中に目を醒ますことを過度に気にしてしまう人といえます。

 

睡眠中に何度も目を覚ましてしまうと感じる方は、時計を見たり、携帯を見たりして時間を確認することは控えましょう。

 

 

 

 

 

問題 3


色にも眠りに効果的な色と眠りを妨げる色があります。

眠りを妨げる色は次のどれでしょうか?

 

 

1 青色

2 紫色

3 黄色

 

 

 

答え

 

 

2

 

解説

 

主に寝室のインテリアや寝具の色ですが、心を落ち着かせてぐっすり眠れたり、逆に眠りが浅くなってしまったりと、眠る時に見る色は睡眠の質を左右する重要な要素です。

 

眠りに効果的な色

①青
青色には、鎮静作用があります。

日中に興奮した神経を鎮める作用があるため

心を落ち着かせる効果が期待できます。

 

②緑
目にいい色の代表として上げられる緑色は、睡眠においても
目にいい色として挙げられます。

緑色は光の波長のちょうど中心にある色のため、目から入ってくると
脳が「心地いい」と感じるようです。

リラックス効果や疲れ目を癒やす効果、精神や肉体的に安静をもたらすと
言われています。

③黃
刺激的に見える黄色ですが、睡眠時にホルモンの分泌を促進する
効果があり、快適な眠りをサポートしてくれるそうです。

また、原色の明るい黄色ではなく、パステルイエローなどの優しい
色味の方が寝具に向いているようです。

 

 

逆に眠りを妨げる色としては、次の色が代表的な色としてあります。

 

①赤
赤色は刺激色なので、脳に刺激を与えてしまいます。

安眠効果が薄れてしまい、途中で目が覚める・眠りが浅いなどの

不眠症状を引き起こす場合があるようです。

 

②紫
紫色も赤同様に脳に刺激を与えてしまうため、悪夢を見やすくなったり
眠ったのに疲れが取れにくくなる可能性があるようです。

 

 

 

 

 

問題 4


睡眠に関して誤っている考え方は次のどれでしょうか?

 

 

1 寝過ぎは体に悪い影響を与えるのでやめたほうが良い

2 どれだけたくさん寝ても、昼頃眠くなるのは仕方ない

3 寝返りが多いのは、熟睡できていない証拠である

 

 

 

答え

 

 

解説

 

寝返りを沢山打っていると、熟睡できていないというイメージがあるかもしれません。ですが、睡眠中に寝返りを打つことは、熟睡のためには必要なことです。

 

個人差はありますが、一晩のうちに20~30回、多い人はそれ以上の寝返りを打っています。

 

寝返りをする必要がある理由としては、

常に体の同じ部分が圧迫されることで、血液が循環しなくなり、圧迫された部分が壊死してしまうこと、

適度に寝返りを打って態勢を変えることで、同じ部分に汗をたくさんかかかないようにすること

適度な寝返りは体の歪みを整えること

寝返りを打つことによって、眠りの深さを切り替えるスイッチになること

 

このように、寝返りは熟睡のためには非常に重要なことです。

 

 

 

 

 

問題 5


睡眠のメリットに関して誤っているのは次のどれでしょうか?

 

 

1 お肌のためには早起きをすると良い

2 どれだけたくさん寝ても、昼頃眠くなるのは仕方ない

3 寝返りが多いのは、熟睡できていない証拠である

 

 

 

答え

 

 

解説

 

お肌の調子を整えたい人は、早起きではなく、なるべく早寝を心がけるようにしましょう。

午後10時~午前2時に眠ることで成長ホルモンが大量に分泌されます。

成長ホルモンにはお肌の調子を整える作用があります。

 

他にも、睡眠のメリットとして、暗記したいことがある場合、寝る前に勉強すると効率的に記憶することができます。

実際に記憶力と睡眠の関係をしらべた研究があるのですが、寝る前に英単語などを勉強すると、起きた時に記憶力が向上していることがわかっています。

 

また、寝不足だと活動量が低下して、基礎代謝が落ちるということ、ホルモンの分泌に異常をきたすことから太りやすくなるということも研究によってわかってきています。

 

 

最後に


いかがでしたでしょうか?
クイズの答えを実践するだけでも、不眠を解消し、快眠の手助けになるはずです。

今回は第二弾としてご紹介しましたが一弾はこちらの記事をご覧ください。

 

簡単!クイズで学ぶ不眠症対策・快眠の方法

 

 

睡眠障害のタイプ別チェック  徹底解説

 

出典  https://www.youtube.com/watch?v=sdoY–mNrw8

 

以前よりも寝つくまでに時間がかかるようになった

最近、睡眠時間は確保できているが、眠りが浅く十分眠った感じがしない。

よく眠れないため、疲れやすく、やる気がでない。

 

上の項目にチェックがつくようであれば不眠症の疑いがあるかもしれません。

 

しかし、一口に「不眠」といっても、その症状は人によって様々です。

ここでは不眠を含む代表的な睡眠障害としては、「不眠症」「過眠症」「概日リズム睡眠障害」「睡眠呼吸障害」「その他の睡眠障害」「身体疾患や精神疾患に合併した不眠」などが挙げられます。

 

 

そこで今回は、自分の睡眠障害はどのタイプなのかセルフチェックする方法と対処法についてご紹介します。

 

 

 

 

睡眠障害タイプチェック


 

日中に強い眠気に襲われ居眠りをしてしまう。
はい いいえ

 

 

 

 

 

「金縛り」によくあう。  はい いいえ

 

 

 

 

 

夜勤、シフト勤務、受験勉強等で、 就寝時間が不規則である はい いいえ

 

 

 

 

 

痛みやかゆみ喘息など具体的な疾患がある 

はい いいえ

 

 

 

 

最近、仕事の都合や引越しなどで、生活環境が大きく変わった はい いいえ

 

 

 

 

眠ろうとすると足がむずむずする はい いいえ

 

 

 

 

 

睡眠時間は確保できているが、眠りが浅く十分眠った感じがしない。

はい いいえ

 

 

 

 

以前よりも早く目が覚めるようになり、その後寝つけない。 

はい いいえ

             

 

 

 

日中、強い眠気が生じたり居眠りをすることが多い

はい いいえ

 

 

 

 

 

症タイプ

 

日中に強い眠気に襲われ居眠りをしてしまう。

就寝後まもなく、体を動かすことも声を上げて助けを求めることもできない、いわゆる「金縛り」によくあう。

笑ったり怒ったりすると、突然体の力が抜けてへたり込んでしまう。

眠気が起きるため、仕事や勉強、家事など、日常の生活に支障をきたすことがある。

会話中や食事中などでも、強い眠気に襲われ居眠りをしてしまうことがある。

 

 

上記のものが当てはまった方は過眠症で眠れなくなっている可能性があります。

 

 

過眠症とは

過眠症とは、夜眠っているにもかかわらず、日中に強い眠気が生じ起きているのが困難になる状態です。

また、睡眠不足を解消しても、日常生活に支障が出るほどの眠気や居眠りがある状態です。

”過眠”だからと言って、睡眠時間が長いわけではありません。

あくまで、日常生活上で、睡眠障害があることを言います。

 

過眠症の中でも複数のタイプがあります。

 

 

ナルコレプシー

世界的には1000人から2000人に1人にみられる病気で、10歳代で発症することが多い疾患です。

 

特徴としては

日中の耐え難い眠気と居眠りが繰り返し生じる。

居眠りは長くても30分以内と短く、目覚めたあとは一時的にすっきりする。

笑ったり怒ったりすると、突然体の力が入らなくなり、ひどいときにはへたり込んでしまう。

寝入りばなに金縛りにあったり、現実と区別がつかないような夢を体験したりする。

などの特徴があります。

 

 

 

 

特発性過眠症

発症は10~20歳代で、有病率はナルコレプシーよりやや少ないいわれています。

 

特徴としては

昼間の眠気と居眠りを主症状とする。

居眠りは、1時間以上続き、目覚め後はすっきりと覚醒できずに眠気が持続し、リフレッシュ感が乏しい場合が多い。

夜間睡眠が10時間以上と著しく長い場合がある。

などの特徴があります。

 

 

反復性過眠症


非常にまれなタイプです。

初発は、ほとんど10歳代で、女性よりも男性で頻度が高いとされています。

 

特徴としては

強い眠気を呈する時期(傾眠期)が3日から3週間持続し、自然に回復してまったく症状がなくなりますが、その後、不定の間隔で傾眠期が繰り返し出現するという特徴があります。

 

過眠症を引き起こす原因


 

脳内の覚醒維持機能の異常
何らかの原因で夜間の睡眠障害があるため

 

 

といった原因がありますが、適切な対処法を探るためにも専門医などに相談し、過眠症の原因を突き止める必要があるといえます。

まずはお近くの医療機関にご相談ください。

 

睡眠障害タイプ別チェックリストへ戻る

 

 

 

眠症タイプ


 

最近、いったん眠りについても、翌朝起床するまでの間に何度も目が覚めることがある。

以前よりも早く目が覚めるようになり、その後寝つけない。

最近、睡眠時間は確保できているが、眠りが浅く十分眠った感じがしない。

よく眠れないため、気分が落ち込んだり、イライラする。

よく眠れないため、注意力や集中力、記憶力が低下し、仕事や勉強、家事など、日常の生活に支障をきたしている。

よく眠れないため、日中に眠くて仕方がない。

よく眠れないため、頭痛、肩こり、胃腸の痛みなど体の不調感がある。

よく眠れないため、また眠れないのではないか、など睡眠のことが気がかりで心配だ。

よく眠れないため、疲れやすく、やる気がでない。

 

上記のものが当てはまった方はいわゆる不眠症の可能性があります。

 

不眠症とは


夜寝つきが悪い、眠りを維持できない、朝早く目が覚める、眠りが浅く十分眠った感じがしないなどの症状が続き、よく眠れないため日中の眠気、注意力の散漫、疲れや種々の体調不良が起こる状態を指します。

 

日本においては約5人に1人が、このような不眠の症状で悩んでいるとされています。

不眠症は、小児期や青年期にはまれですが、20~30歳代に始まり加齢とともに増加し、中年、老年と急激に増加します。

また、男性よりも女性に多いといわれています。

 

 

不眠症を引き起こす原因


時差がある場所、枕が変わる、また暑さや騒音、明るさなどの影響など環境が原因

年齢、性差、頻尿、痛み、かゆみなど身体的な原因

悩みやイライラ、極度の緊張からの精神的ストレス、睡眠に対するこだわりなど心が原因

アルコール、ニコチン、カフェインの摂取、薬の副作用、運動不足など生活習慣が原因

 

上記のような様々な原因があります。

 

 

こちらの記事ではツボや呼吸法など不眠対策に関してご紹介しています。

 

寝れなくて困っている方必見!スムーズに眠りにつく方法

 

 

睡眠障害タイプ別チェックリストへ戻る

 

 

 

 

日リズム睡眠障害タイプ


 

日勤と夜勤の交代勤務を続けてきたが、最近、夜勤後によく眠れない。

明け方まで眠くならず、いったん眠ると昼ごろまで目覚めない。

昼夜のメリハリがつかず、眠る時間が不規則だ。

夕方から眠くなり早くに眠ってしまうため、早朝には起きてしまう。

寝つく時間、起きる時間が毎日1~2時間ずつ遅れていく。

上記のものが当てはまった方は概日リズム睡眠障害タイプといえます。

 

 

概日リズム睡眠障害とは


昼夜のサイクルと体内時計のリズムが合わないため、1日の中で社会的に要求される、あるいは自ら望む時間帯に睡眠をとることができず、活動に困難をきたすような睡眠障害をいいます。

概日リズムが乱れてしまうことによって、睡眠サイクルは不安定な状態となります。

そのため、概日リズムが乱れることで様々なデメリットが生じます。

 

睡眠障害から引き起こされる弊害というのはとても多く、高血圧や脳梗塞、脳溢血などの要因となります。

 

 

概日リズム睡眠障害の種類


概日リズムが乱れてしまう睡眠障害にもいくつか種類があります。

 

 

睡眠相前進型


睡眠相前進型睡眠障害は高齢者に多い傾向があります。

眠る時間そのものが極端に早くなってしまうことによって、やがてはこの眠りのサイクルが毎日の習慣となってしまいます。

夕方から強い眠気を感じて眠りについてしまうため、夜中に目が覚めてしまうといった症状や早朝には目が覚めてしまい、その後二度寝をすることができないといった症状が見られます。

 

 

睡眠相後退型


睡眠相前進型とは逆に、若い人に多く、夜ふかしなどが主な原因です。

仕事であってもプライベートであっても、夜遅い時間まで起きていることが多く、規則正しい時間に目を覚ますことができないと言うサイクルの乱れが出てきてしまいます。

夜眠る時間が遅くなってしまうことで、朝起きるのが辛くなり学校への遅刻、さらには会社の遅刻なども増えてしまう結果につながります。

 

遅刻常習者必見!遅刻しない人間になる方法

 

 

交代勤務型


仕事で日勤と夜勤を繰り返されている方や毎日の出勤時間が違う、または退社時間が違うという方の場合、こちらの交代勤務型睡眠障害に陥りやすくなります。

 

生活リズムそのものに大きな変化があるにもかかわらず、体内の概日リズムは一般的な世の中の自然リズムに同調しているため、バランスが乱れてしまうといった症状です。

 

 

睡眠のリズムが狂ってしまっていることから起こる自律神経の乱れのセルフチェックの方法と対処法

 

深い眠りについたころに起きて仕事に行かなくてはならないと言うことも増えるため、仕事中に集中力が低下してしまったり、強い眠気に襲われてしまう、さらにはめまいや頭痛を伴うといった症状も見られます。

 

睡眠障害タイプ別チェックリストへ戻る

 

 

 

その他の睡眠障害


睡眠障害には過眠症・不眠症・リズムの乱れといったものがありますが、それ以外が理由のものもあります。

ここでは代表的なその他の睡眠障害をご紹介します。

 

むずむず脚症候群とは


眠ろうと床に就くと、足に、むずむず感・何ともいえない不快感・虫がはう感じなど異常な感覚があり、じっとしているのがつらく入眠できません。

これらの症状は、体を動かすことにより多少改善しますが、安静にしていると再び発現します。

レストレスレッグス症候群とも言われ、医師が患者の症状を聞き取って診断する病気です。

そのため、症状をできるだけ正確に伝える必要があるため、神経内科など医師の診断を受けてください。

 

 

 

周期性四肢運動障害とは


夜間睡眠中に、足や手がぴくついて何度も目が覚め深く眠れない。

これらの症状は自分の意思とは関係なく、足や手に繰り返し現れます。

不調が続くようなら、あなたの症状を医師に相談することをお勧めします。

 

 

身体疾患や精神疾患に合併した不眠


以下のような身体疾患や精神疾患では、不眠症状が出現することが多くあります。

1.頭痛、発熱、腰痛、関節痛、神経痛など
2. 痒み:アトピー性皮膚炎、老人性皮膚疾患など
3. 感染症
4. 循環器疾患:心不全、高血圧など
5. 血管性障害:脳血管障害など
6. 消化器疾患:腹痛、下痢、悪心・嘔吐など
7. 逆流性食道炎、消化性潰瘍など
8. 内分泌および代謝障害:肝・腎不全、糖尿病など
9. 頻尿:前立腺肥大など
10. 呼吸器疾患:肺炎、慢性閉塞性肺疾患、気管支喘息など
11. 神経症、うつ病、統合失調症など
不調が続くようなら、あなたの症状を医師に相談することをお勧めします。

 

 

 

睡眠障害タイプ別チェックリストへ戻る

 

 

 

最後に


不眠をはじめとする睡眠障害を引き起こす原因は、人によって様々です。

似たような症状でも原因によって、治療や対処法が全く変わってきます。

 

「最近よく眠れない」「寝てるのにスッキリしない」などと感じたら、睡眠障害改善で大切なことは、その根本的な原因が何なのかを知ることです。

そのうえで、必ず専門医で診察を受けるようにしてください。

 

チェックリストで不眠の原因チェックと対処法 徹底解説

冷え性で困っている方必見!意外と多いお尻の冷えの原因と対処法とお尻の冷えを解消することによってもたらされるメリット

出典 https://medicaldoc.jp/non-warmup-activities/

 

冷え性と感じている人が6割以上いるといわれています。

 

この中で、冷え性の人が冷えていると感じる部分で

 

1位が足先、2位が手先

 

と言われています。

 

しかし、意外と冷えやすく、体の不調につながりやすい場所がお尻の冷えです。

 

そこで今回は、お尻の冷えの原因とお尻の冷えを解消することによってもたらされるメリットに関してご紹介します。

 

 

体が冷える原因


体が冷える原因は日常生活に大きく関係しています。

そのため、日常生活を改善していくことで、冷え性を改善していくことができます。

 

体が冷える原因は大きく分けて3つあります。

 

 

体内で熱が作れない


基礎代謝は、1日のエネルギー消費の60~70%を占めています。

 

健康・ダイエット全ての基本!食事管理の基礎知識 徹底解説

 

体の部位ごとに基礎代謝を分けると、筋肉が約38%、肝臓が約12%、胃腸と腎臓がそれぞれ約8%、脾臓が約6%、心臓が約4%、その他が約24%となり、筋肉量が少ないと、生み出せる熱が少なくなります。

男性より女性に冷えを感じる人の割合が多いのは、女性の方が筋肉量が少ないからです。

 

間違ったダイエットで、さらに筋肉量を減らしてしまうと慢性的な冷えに結びついてしまう可能性があります。

 

 

作られた熱が全身に届かない


熱が作られたとしても、せっかくの熱が全身に届かないということがあります。

主な原因は、自律神経のバランスの乱れです。

 

バランスが乱れると、血流が滞り全身に熱が送られなくなってしまいます。

 

頭痛・だるさ・イライラ、不安を引き起こす正体 自律神経の乱れを整える方法

 

これはエアコンの効いた室内と暑い屋外を出入りして、血管が収縮したり拡張したりすること浴槽にお湯をためる時間がないからと、シャワーですませることでも起こります。

 

また、食べ過ぎると消化のために血液が胃腸に集まってしまい、熱産生量の多い筋肉やほかの器官への血液供給が減ってしまうことから食べ過ぎも冷えの原因になります。

特に、栄養バランスが偏った食事を続けていると、体の基礎となるたんぱく質や脂質、炭水化物と、それらの栄養を熱に変えるビタミン、ミネラルが不足し、冷え症になります。

 

そのため、極端な食事制限によるダイエットも、体温の元になるビタミンやミネラルが不足し、冷え症の原因になります。

 

 

 

体内の熱が逃げやすいため


血流が悪くて体が冷えているため汗をかかず、水分が十分に排出されていないことで、体に不要な水分がたまり、冷えやすくなってしまいます。

 

そのため、体を強く締め付ける下着は、血液の流れを悪くするので、冷え症の原因になります。

また、ミニ丈のボトム、ローライズジーンズ、素足にサンダルやパンプスなどの露出したファッションも、冷え症の原因になることがあります。

脂肪には断熱効果があるため、皮下脂肪の量も問題になってきます。

 

しかし、筋肉とは異なり脂肪には血管がほとんどないので、熱が加わってもその熱が全身に伝わりにくく、冷え性の原因となります。

 

 

お尻が冷えやすい原因


しかし、手や足などの冷えやすい末端と違って、内臓に近くて血液がたくさん循環しているお尻がなぜ冷たくなるのでしょうか?

 

主な原因は大きく分けて2つあります。

 

血行不良


一つ目の原因は他の冷え性と同じく血行不良ですが、手や足と違って、同じ姿勢でいるとお尻はほとんど動きません。

そのため、お尻の方が手足よりも血行やリンパの流れが悪くなります。

また、お尻は毛細血管がたくさん集まっている場所でもあるので、血管が細かい分、血行が悪くなりやすいのです。

デスクワークで座ったままであるとか、仕事で立ちっぱなしであるとか、同じ姿勢でいると、お尻は血行不良になりやすいです。

 

脂肪が多い


2つ目の原因は、脂肪が多いことです。

脂肪は寒さからも守ってくれる働きをしますが、一度冷えたらあたたまりにくいという特徴も持っています。

また、脂肪自体は他の部位よりも冷たいと言われています。

 

もともとお尻には脂肪がたくさんついています。それは女性の身体は子宮を守るようにして脂肪がつきやすくなっているからです。

そのため、運動不足でお尻の筋肉を動かさない人やもともと脂肪が多い人は、お尻が温まらずドンドン冷えていく悪循環に陥ってしまうこともあるのです。

 

 

お尻の冷えが引き起こすデメリット


手足の冷えに比べて、お尻の冷えを気にする人は少ないですが、お尻の冷えを放っておくと体の不調の原因になります。

お尻の冷えを放っておくとどのようなデメリットがあるのでしょうか?

 

 

太りやすくなる


人間の身体は、冷えるところを温めようとして脂肪をつけると言われています。

そのため、日々ダイエットに励んで美しいヒップラインを望んでも、お尻が冷たいままでは体が死亡を付けようとするため、ダイエット効果は現れにくくなります。

 

 

足がむくみやすくなる


下半身の冷えと同様にお尻が冷えると、血液循環やリンパの流れも悪くなり、老廃物が貯まりやすく足がむくむ原因になってしまいます。

お尻は、大切な子宮などの器官を含む骨盤の周りにあるので、お尻が冷たいことで骨盤内の血流も悪化し、婦人科系の部位に不調をきたすこともありますので、内臓の冷えによる影響と同様に確認しておきましょう。

足がむくんで困っている人必見!足のむくみをとるツボ

 

 

 

腰痛・肩こりの原因となる


お尻の冷えが慢性的にあると、体の深部も冷えていきます。

そしてこの体の深部の冷えはやがて全身にめぐり、直近の腰部はもちろんお尻から離れた肩や首といった部分の血行も阻害します。

冷えた血流によって筋肉が収縮するとコリとなります。

つまり、お尻の冷えは慢性的な肩こりや首こり、腰部のこりの根本原因なのです。

 

腰痛で悩んでいる人必見!腰痛に効くツボ

 

その他にも、

不眠

婦人科系疾患を引き起こしやすくなる

 

等の原因にもなりますので、お尻の冷えは早いうちに直しましょう。

 

 

冷え性を予防する方法


お尻の冷えの原因は大きく分けて考えれば次の2つに分けることが出来ます。

血行不良による冷え
筋肉不足による冷え

この2つを同時に解消できれば、尻冷えの2大要因を打ち消す事ができるということになります。

 

ここでは、冷え性予防の方法をいくつかご紹介していきます。

 

お尻の筋肉を鍛える


スクワットはおしりや下半身痩せにはとても効果的です。

行うときの注意点はスクワットは膝に負荷がかかるため準備体操でしっかりと関節をほぐしてから行いましょう。

またあまり膝を曲げて腰を落とすと体重が膝にのって怪我や痛めてしまう原因になるので適度に自分ができる範囲で無理なく屈伸させるようにしましょう。

お尻が太く見えて気になる人必見!お尻が太く見える原因と対処法

 

 

冷え性を予防する方法


食事では冷たいもの避けて、体温以上のものを摂るのがベストです。

よく噛んで食べることも重要です。

また、食材に気をつける必要があります。

食品には、体を温める「陽性食品」と体を冷やす「陰性食品」があるといわれています。

体を温める食品の例

 野菜類――ニンジン、カボチャ、玉ネギ、山芋など
 肉・魚類――鶏肉、羊肉、鮭、鯖、タラ、ふぐなど
 調味料・香辛料――味噌、ニンニク、コショウ、シナモンなど
 豆類など――小豆、黒豆、納豆など

 

体を冷やす食品の例

 野菜・果実類――キュウリ、レタス、トマト、柿、梨、バナナ、メロン、スイカ、パイナップルなど
 飲料――麦茶、コーヒー、牛乳、豆乳など
 調味料など――酢、植物油など

 

 

運動で血行を良くする


体中の筋肉を働かす全身運動が一番です。

しかし、そんな時間がないときはどこでも簡単にできて、血行を良くする足裏のツボを刺激する運動がおすすめです。

足を軽く開いて立ち、両足一緒にかかとを上げ下げする背伸び運動を行いましょう。

座り仕事が多い場合は、仕事中に足元に小さいボールや空き缶などを置いて、足の裏で転がすと、足裏のツボが刺激され、全身の血行が良くなります。

 

立ち仕事や長時間歩く方必見!疲れがたまりやすい足の裏のセルフマッサージ

 

 

入浴で血行を良くする


血流が滞ると冷えにつながりますので、体を締め付ける服や下着は避けましょう。

膝から下全体を締め付けるようなブーツは、足の血流を阻害する場合があります。

昼間ブーツをはいた場合には、入浴で血行を促進するなどのケアを欠かさないようにしましょう。

 

 

入浴の際は38~40℃のぬるめのお湯に、20分程度つかりましょう。

入浴後は簡単なストレッチをすると、さらに効果的です。

 

足のむくみで悩んでいる方必見!足のむくみを改善するストレッチ 徹底解説

湯船につかれないときは、シャワーだけですませず足湯で下半身をしっかり温めましょう。

 

最後に


お尻の冷えは手足の冷えに比べ、放っておくことが多い場所です

しかし、お尻が冷えていることによって様々な体調不良を起こすきっかけとなります。

 

症状がひどい場合には、婦人科や内科などを受診しましょう。

 

「冷えは毎年のことだから」などと油断せず、症状が重くならないうちに対処することが重要です。

 

冷えに関してはこちらの記事も参考にしてください。

 

 

 

冷え性で悩んでいる人必見!冷え性の原因と対処法

出典 https://medicaldoc.jp/non-warmup-activities/

 

女性 66%

男性 43%

 

この数字は何の数字かわかりますでしょうか?

 

この数字は冷え性だと感じている方の割合です。

女性の2人に1人が冷え性といわれていますが、最近では男性の冷え性の割合も増えてきています。

 

また、冬場だけでなく、夏でも身体が冷えるという人が増えてきています。

しかし、意外と冷えの原因がわかってない人が多くいます。

 

そこで今回は、冷えの原因と原因ごとの対処法に関してご紹介します。

 

 

体が冷える原因


体が冷える原因は日常生活に大きく関係しています。

そのため、日常生活を改善していくことで、冷え性を改善していくことができます。

 

体が冷える原因は大きく分けて3つあります。

 

 

体内で熱が作れない


基礎代謝は、1日のエネルギー消費の60~70%を占めています。

 

健康・ダイエット全ての基本!食事管理の基礎知識 徹底解説

 

体の部位ごとに基礎代謝を分けると、筋肉が約38%、肝臓が約12%、胃腸と腎臓がそれぞれ約8%、脾臓が約6%、心臓が約4%、その他が約24%となり、筋肉量が少ないと、生み出せる熱が少なくなります。

男性より女性に冷えを感じる人の割合が多いのは、女性の方が筋肉量が少ないからです。

 

間違ったダイエットで、さらに筋肉量を減らしてしまうと慢性的な冷えに結びついてしまう可能性があります。

 

 

作られた熱が全身に届かない


熱が作られたとしても、せっかくの熱が全身に届かないということがあります。

主な原因は、自律神経のバランスの乱れです。

 

バランスが乱れると、血流が滞り全身に熱が送られなくなってしまいます。

 

頭痛・だるさ・イライラ、不安を引き起こす正体 自律神経の乱れを整える方法

 

これはエアコンの効いた室内と暑い屋外を出入りして、血管が収縮したり拡張したりすること浴槽にお湯をためる時間がないからと、シャワーですませることでも起こります。

 

また、食べ過ぎると消化のために血液が胃腸に集まってしまい、熱産生量の多い筋肉やほかの器官への血液供給が減ってしまうことから食べ過ぎも冷えの原因になります。

特に、栄養バランスが偏った食事を続けていると、体の基礎となるたんぱく質や脂質、炭水化物と、それらの栄養を熱に変えるビタミン、ミネラルが不足し、冷え症になります。

 

そのため、極端な食事制限によるダイエットも、体温の元になるビタミンやミネラルが不足し、冷え症の原因になります。

 

 

 

体内の熱が逃げやすいため


血流が悪くて体が冷えているため汗をかかず、水分が十分に排出されていないことで、体に不要な水分がたまり、冷えやすくなってしまいます。

 

そのため、体を強く締め付ける下着は、血液の流れを悪くするので、冷え症の原因になります。

また、ミニ丈のボトム、ローライズジーンズ、素足にサンダルやパンプスなどの露出したファッションも、冷え症の原因になることがあります。

脂肪には断熱効果があるため、皮下脂肪の量も問題になってきます。

 

しかし、筋肉とは異なり脂肪には血管がほとんどないので、熱が加わってもその熱が全身に伝わりにくく、冷え性の原因となります。

 

 

冷え性と病気の関係


冷え性はただ体が冷えるというだけでなく、病気がもととなり冷え性になるというケースもありますので、注意が必要です。

特に、冷えだけでなく、ほかの症状が同時に現れた時には注意が必要です。

冷えと足の痛みが同時に現れた場合には、閉塞性動脈硬化症などを疑ってみる必要がありますので、病院へ行き医師の診察を受けるようにしてください。

 

他にも冷え性を伴う疾患として

 

貧血

低血圧症

更年期障害

などが挙げられます。

めまい・立ちくらみを起こす方必見!めまい・立ちくらみになった時の対処法

 

また、冷え性が引き起こす疾患として

 

月経困難症

膀胱炎

頻尿

 

などが挙げられます。

 

頻尿で悩んでいる方必見!頻尿、残尿で悩まないための解決法

 

冷え性を予防する方法


冷え性の対処法としては、冷えの状態が長く続くと、体に不調があらわれやすくなるため、冷えの状態を長続きさせないことです。

 

ここでは、冷え性予防の方法をいくつかご紹介していきます。

 

冷え性を予防する方法


食事では冷たいもの避けて、体温以上のものを摂るのがベストです。

よく噛んで食べることも重要です。

また、食材に気をつける必要があります。

食品には、体を温める「陽性食品」と体を冷やす「陰性食品」があるといわれています。

体を温める食品の例

 野菜類――ニンジン、カボチャ、玉ネギ、山芋など
 肉・魚類――鶏肉、羊肉、鮭、鯖、タラ、ふぐなど
 調味料・香辛料――味噌、ニンニク、コショウ、シナモンなど
 豆類など――小豆、黒豆、納豆など

 

体を冷やす食品の例

 野菜・果実類――キュウリ、レタス、トマト、柿、梨、バナナ、メロン、スイカ、パイナップルなど
 飲料――麦茶、コーヒー、牛乳、豆乳など
 調味料など――酢、植物油など

 

 

運動で血行を良くする


体中の筋肉を働かす全身運動が一番です。

しかし、そんな時間がないときはどこでも簡単にできて、血行を良くする足裏のツボを刺激する運動がおすすめです。

足を軽く開いて立ち、両足一緒にかかとを上げ下げする背伸び運動を行いましょう。

座り仕事が多い場合は、仕事中に足元に小さいボールや空き缶などを置いて、足の裏で転がすと、足裏のツボが刺激され、全身の血行が良くなります。

 

立ち仕事や長時間歩く方必見!疲れがたまりやすい足の裏のセルフマッサージ

 

 

入浴で血行を良くする


血流が滞ると冷えにつながりますので、体を締め付ける服や下着は避けましょう。

膝から下全体を締め付けるようなブーツは、足の血流を阻害する場合があります。

昼間ブーツをはいた場合には、入浴で血行を促進するなどのケアを欠かさないようにしましょう。

 

 

入浴の際は38~40℃のぬるめのお湯に、20分程度つかりましょう。

入浴後は簡単なストレッチをすると、さらに効果的です。

 

足のむくみで悩んでいる方必見!足のむくみを改善するストレッチ 徹底解説

 

湯船につかれないときは、シャワーだけですませず足湯で下半身をしっかり温めましょう。

 

最後に


冷えは、その状態を我慢する・放っておくのではなく、ちゃんと向き合って対処することが必要です。

 

そうすることが、体調が悪化するのを防ぐことにつながります。

 

症状がひどい場合には、婦人科や内科などを受診しましょう。

 

「冷えは毎年のことだから」などと油断せず、症状が重くならないうちに対処することが重要です。

 

冷えに関してはこちらの記事も参考にしてください。

 

夏場に具合が悪くなる人必見!夏バテ、夏風邪に並ぶクーラー病の原因と対処法

肌荒れが気になる方必見!季節の変わり目に肌荒れやかゆみがひどくなる原因と対処法 徹底解説

 

出典 https://faq.wp.shiseido.co.jp/faq/show/20298?category_id=19&site_domain=support

 

 

季節の変わり目になると、風邪をひきやすくなったり、体調を崩す人が多くなります。

 

しかし、季節の変わり目で注意しなければならないのは、体調不良だけではありません。

 

季節の変わり目の変調の中で意外と多いのが、肌荒れやかゆみです。

 

かゆみや赤み、ヒリヒリ、肌荒れなど、毎年特定の季節に繰り返し悩んでいるという方も多いと思います。

 

そこで今回は、季節の変わり目に起こる肌荒れやかゆみの原因と対処法をご紹介します。

 

 

季節の変わり目に肌が敏感になる人の特徴


普段は何もないのに、特定の時期に肌が敏感になる人とそうでない人がいます。

下のチェックリストで、敏感な肌かどうかを診断してみましょう。

 

ある特定の時期に肌に赤みがでる

花粉症である

ほおや目のまわりにかさつきがでる

外出が多い

睡眠が不足しがち

紫外線に弱い

ストレスが溜まりやすい

 

当てはまる数が多いほど、敏感肌の可能性が高いということになります。

 

 

季節の変わり目に肌が敏感になる原因


急激な気温の変化・寒暖差により自律神経のバランスが崩れるのと同時に、肌の水分・油分のバランスの崩れてしまいます。

水分・油分のバランスが崩れると乾燥の原因にもなり、紫外線などの外的ダメージから肌を守る機能も低下してしまいます。

さらに気温の変化寒暖差の環境の変化は、気づかぬうちにストレスとなり肌荒れを起こしてしまう状態になってしまいます。

 

上記の理由に加え、季節の変わり目に肌が敏感になる原因のひとつと言われているのが、「季節性アレルゲン」です。

 

季節性アレルゲンを代表するものとしては、花粉、カビ、ほこり、ハウスダスト、PM2.5 などが知られています。

ほこりで悩んでいる人必見!ほこりの出現を減らし、出たほこりをすべて消す方法

 

 

それらのアレルゲンが肌に付着して炎症を起こすことで、肌に赤みが出たり肌荒れするといった敏感肌症状が出ることがあります。

 

 

アレルゲンとは


体の中に異物( 抗原) が侵入してくると、体の免疫機能がそれを記憶し、次回の侵入時には速やかに排除されるよう抗体が産生されます。

通常の免疫は、ウィルスや細菌など体に害となるものに対してのみ機能し、体を守っています。

しかしアレルギーでは、体に害のない花粉などの抗原についても異物と判定し、体に何らかの症状が出てしまいます。

 

アレルギー反応を起こすような抗原を「アレルゲン」と呼びます。

 

このアレルゲンには、花粉、ハウスダスト、ダニ、金属、薬、植物など様々な種類のものがありますが、毎年限られた時期に現れるものが「季節性アレルゲン」です。

 

季節の変わり目に肌あれが目立つ方は、季節ごとのアレルゲンに気を付け、スキンケアなどに気を付ける必要があります。

 

 

季節ごとのアレルゲンと対処法


季節ごとのアレルゲンと対処法を季節ごとの肌の状態とともに解説していきます。

 

春の肌


寒い日と暖かい日の差や朝晩の寒暖差が激しく気温が安定しません。

この不安定な寒暖差に肌の機能もついていけず、皮脂が出て外はしっとりでも中はカサカサのインナードライ肌状態にも陥りやすい季節です

 

季節の変わり目の寒暖差や、スギやヒノキなどの花粉やほこり、増加する紫外線など外的要因の他、新年度の環境の変化による疲労ストレス等が冬から春にかけての敏感肌の原因です。

 

スキンケアを刺激の少ないものに変えても良いでしょう。

 

 

夏の肌


夏は、急激に気温が上がり日差しも強くなる季節です。

急激に上昇する気温と室内の冷房で屋内外の差が激しく、皮脂の過剰分泌冷房による乾燥で肌を守るバリア機能が低下してしまいます。

夏場に具合が悪くなる人必見!夏バテ、夏風邪に並ぶクーラー病の原因と対処法

 

イネ科の植物や、高温多湿のためカビなどのアレルゲンが発生します。

 

夏に合うさっぱりタイプの保湿ケアを重点的に行ってください。

 

 

秋の肌


気温の低下と共にお肌も乾燥へと向かい、新陳代謝も低下。

肌の生まれ変わりが乱れます。

ターンオーバーが乱れると、古い角質が上手く剥がれ落ちず蓄積されどんより肌がくすんでした。あり、メラニンの排出が間に合わず、シミ・ソバカスが現れてくることもあります。

 

シミで悩んでいる人必見!自宅で簡単にできる シミを目立たなくさせる方法

ブタクサなど秋の草やこの時期はペットの毛の生えかわり時期でもあるため、動物アレルギーにも気を付ける必要があります。

 

スキンケアは、夏のダメージを回復できるように、ハリをアップする特別ケアをプラスすると良いでしょう。

 

 

冬の肌


冬は急激に気温が下がり、屋内外乾燥している季節です。

肌も乾燥状態が進み、粉を吹いたような状態やピリピリひりつきを感じるほど乾燥が悪化することもあります。

また寒さで血行不良に陥り、上手く酸素や栄養を肌へ運搬することができなくなってしまいます。

 

乾燥からの敏感肌にならないように、念入りなスキンケアを心がけると良いでしょう。

 

 

肌荒れを治す方法・改善方法


アレルゲンが肌に付着し、炎症などを起こすことで肌に赤みが出たり、通常のスキンケアが合わなくなるなど、普段なにもなかったはずの肌が敏感肌へと変わることがあります。

原因を排除し、季節に合ったスキンケアを行うことが重要です。

しかし、スキンケアをする上で、意外と多いのが間違った洗顔です。

 

間違った洗顔


肌荒れには複数の原因が考えられますが、その根本的な原因は、バリア機能の低下による肌の乾燥です。

 

バリア機能を低下させる原因の中で意外と多いのが、間違ったスキンケアです。

ボディシャンプーでの洗顔も、顔には刺激が強すぎるため肌荒れの原因となります。

また、洗いすぎや擦りすぎも注意が必要です。

必要以上に洗い過ぎたり、強い力で擦りすぎると、セラミドや天然保湿因子(NMF)といった保湿に大切な成分で、バリア機能を担っているものまで洗い流してしまいます。

 

その結果、お肌のバリア機能が低下し、刺激に弱くなって肌荒れになるリスクが高まります。

 

 

正しい洗顔方法


1.ぬるま湯だけで顔全体を洗います。

皮脂はお湯に溶ける性質をもつので、汚れを流すには水よりお湯が効果的です。

熱すぎない32度から35度のぬるま湯が適温とされています。

 

2.洗顔料できめ細かい泡をつくるようにしましょう。

顔の中で最も汚れの激しいパーツ、鼻とあご周りから洗い始めます。

あごのくぼみは、舌で押し出すと洗いやすくなります。

目頭から鼻筋にかけてのくぼみは、内側へ向けて泡を転がすように洗います。

Tゾーンを洗い終えたら、最後に頬を優しく洗います。

 

3.ぬるま湯ですすぎます。

流す前に泡をある程度落としておと肌に付着した泡をしっかり流すことができます。

 

4.タオルで顔をおさえるように水分を取り除きます。

肌に負担となってしまうので強くこすらないようにしましょう。

肌の表面についた水滴をそっと押さえてあげるようにぬぐいます。

 

 

最後に


季節の変わり目は、気温の変化や空気の乾燥など、肌状態が不安定になり、乾燥をしたり赤みが出たりと、敏感肌になりやすいと感じる方が多くいます。

 

スキンケアももちろんですが、リラックスや食事・睡眠など普段の生活を見直すことも肌荒れを治す方法・改善のためのポイントがあります。

 

食べること・寝ること・運動の重要性 徹底解説

 

 

 

季節の変わり目の体調不良で悩んでいる方必見!季節の変わり目の体調不良を防ぐ方法 徹底解説

 

出典  https://www.cupnoodle.jp/characters/

 

毎年夏が終わる9月あたりから10月、11月

春先の3月、4月

あたりの季節の変わり目には体調を不良を起こす人がいます。

 

季節の変わり目は気圧の変動や気温、湿度などが大きく変化します。

夏場は日が長かったのが、秋に入り始めると日が短くなります。

温度も大きく下がり始め、昼と夜の寒暖差が激しくなっていきます。

そうなると、自律神経が大きく乱れて体調を崩す人が多くなるのです。

 

 

そこで今回は、季節の変わり目に体調が悪くなる原因と対処法をご紹介します。

 

 

季節の変わり目に起こりやすい症状


季節の変わり目や寒くなったり雨が続くと以下の症状が出ます。

 

風邪をひきやすくなる

肩や古傷が痛くなる

気分が憂鬱になる

肌が痒くなる

体がむくんだような状態になる

頭痛やめまいが起こる

 

このように、痛みだけではなく心や肌にも変化が出るのが特徴です。

 

季節の変わり目の風邪に関しては、こちらの記事をご覧ください。

 

夏風邪で悩んでいる方必見!夏風邪が長引く理由と夏風邪の対処法

 

季節の変わり目に体調が悪くなる原因


「雨の日は頭が痛くなる」「台風が近づくとぜんそくの発作が出る」「梅雨時に古傷がしくしく痛む」

このような季節の変わり目に体調が悪くなる主な原因は自律神経の乱れです。

 

健康の証!自律神経のバランスがとれている状態と自律神経の整え方 徹底解説

 

 

自律神経の乱れと季節の変わり目に体調が悪くなる関係


季節の変わり目に体調が悪くなる主な原因と言われているのが自律神経の乱れです。

 

自律神経には

ストレスを感じた時に優位になる交感神経
リラックス時に優位になる副交感神経
の2つがあります。

普段はこの2つの神経が生活しやすいようにバランスよく働いているのですが、天候の変化で交感神経の方が活発化し、それが痛みとなって出るのが頭痛です。

頭痛のみ起こる場合、低気圧性頭痛と呼ばれることもあります。

 

頭痛に関してはこちらの記事で詳しくご紹介していますので、あわせてご覧ください。

頭痛で悩んでいる方必見!頭痛の種類と痛みを軽くする方法

 

気温差が原因で自律神経が乱れる場合


日中は気温が上昇し暖かくて、朝晩が冷えるのは当たり前の状態です。

しかし、その気温差があまりにひどいと、体が気温についていけなくなります。

その結果、自律神経が乱れます。

 

気圧で自律神経が乱れる場合


気圧の変化は血圧に深く関係しています。

気圧が下がったり上がったりすると、耳の奥にある内耳が敏感に感知します。

内耳とは、中耳のさらに奥に位置し、三半規管や前庭など体のバランスを保つ気管が集まっている部分です。

内耳が気圧の変化を脳へ伝えると、わたしたちの体は筋肉の収縮・膨張をすることで外からの圧力の変化に対して体をベストな状態に保つことができます。

特に、内耳が敏感な人は、少しの気圧変化に対しても、必要以上に内耳が機能してしまい、脳から筋肉の収縮・膨張に関する指令がでてしまいます。

この脳からの命令によって、血流が必要以上に変わり頭痛やめまい、いろいろな痛み、むくみなどのツライ症状があらわれます。

血管が膨張することで、低血圧になったり、頭の血管が膨張することで頭痛が起きたりします。

また、血液やリンパ液など全身の流れが悪くなり、体調不良が起きるとも言われています。

 

季節の変わり目の体調管理する方法


季節の変わり目の体調不良を予防する方法は自律神経を整えることです。

 

特に朝食は、寝ている間に下がってしまった体温を上げ、自律神経を整えるのに大きな役割を果たすので必ずとるようにしましょう。

また、気象病対策には豚肉・うなぎ・玄米に多く含まれる、ビタミンB1が有効です。

痛みや自律神経のメカニズムとも深く関係している、脳の栄養素・糖質を体内でエネルギーに換えてくれる働きをします。

 

健康・ダイエット全ての基本!食事管理の基礎知識 徹底解説

 

季節の変わり目に効果があるマッサージ


耳には多くのツボがあり、マッサージすることで、血流がよくなります。

また、敏感な内耳の状態も改善し、気象病の症状が軽減されます。

1 耳を親指、人差し指、中指でつまむ。

2 上、下、外側にひっぱります。
ひっぱったら5秒キープして戻すを繰り返してください。

3 耳をつまんだまま、耳をゆっくり5回まわします。

4耳を手のひらで覆い5回まわしましょう。

※耳をひっぱりすぎないように注意してください。

耳のマッサージはこちらでも詳しくご紹介ていますのでご覧ください。

耳鳴りで悩んでいる人必見!耳鳴りの原因と耳鳴りを緩和する方法

季節の変わり目に効果があるストレッチ


毎日のストレッチにより、体の筋肉がやわらかくなり、血行が改善されます。

1 寝ころんだ状態でテニスボールに身体を乗せます。

2 頭の付け根、首、顎の下、頬、耳の下、肩甲骨の周り、腕の付け根から鎖骨の下を、ゆっくり圧をかけながら、1か所10秒程度で少しずつずらしながら行います。

 

軽めでよいので、お風呂のあとに行うのが効果的です。

食後のストレッチは胃に負担がかかるため、食後1時間は運動を控えましょう。

 

季節の変わり目に効果があるツボ 内関(ないかん)


https://www.tsubomaster.com/内関_つぼ

手首の手のひら側のシワから肘に向かって手の指三本分上がった場所にあります。

内関は自律神経の乱れを整えるツボとして古くから使われてきました。

またこのツボは酔い止めにも効果があります。

このツボを芯を閉まった状態のボールペンのペン先で軽く刺激することで一人でもツボを刺激することができます。

 

最後に


人間の体は急に切り替えができるほど高性能ではなく、少しずつ気温や気圧、気候の変化に対応していくしかありません。

そのため、自律神経を整えて寒暖差や気圧の変動に耐えられる体づくりを心がけましょう。

 

また、自律神経を整えるには深呼吸が効果的です。

 

深呼吸に関してはこちらの記事をご覧ください。

呼吸法を変えるだけで健康になれる理由とオススメの呼吸法

季節の変わり目の体調不良は①十分な睡眠②体温管理③免疫力を高める食事、で防ぐ