長続きしないで悩んでいる人必見!KASHの法則と習慣化のコツ






突然ですが



仕事ができる人とできない人の差

仕事がうまくいってるときとうまくいっていないときの差


この二つの差わかりますか?



この2つに共通する答えはKASHの法則にあります












KASHの法則とは



KASHの法則とはカッシュと読み、セールスマンに不可欠な要素であり、様々な研修などで取り上げられています。





このKASHは



Knowledge(知識)

Attitude(態度、姿勢)

Skill(技術)

Habit(習慣)


の頭文字で、知識を身に付ければ態度、姿勢が変わり、改まった態度で技術を身に付け習慣とすることが重要である





というセールスマンだけでなく、どの業界の業種、職種でも読み替えることが出来る社会人必須の法則です。












KASHの例



例えば、身体を鍛えようと思ったら


まずはどう運動をしたら良いか、何を食べたら良いか調べるはずです。(Knowledge 知識)


次になるべくエスカレーターを使わずに階段を使うとか、お酒は毎日飲まないなど態度が変わってくるはずです。 (Attitude 態度・姿勢)



実際にジムなどで身体を動かすことによって身体の使い方が身に付き(Skill 技術)


そして、

これを毎日繰り返す。(Habit 習慣化)



このKASHのバランスがとれている人は必然と仕事もうまくいきバランスがとれていないと仕事もうまくいきません。








KASHのバランンスが取れていない具体例



KASHのバランスがとれていないというのはどういうことでしょうか?



具体的な例を挙げて説明していきます。






Knowledge(知識)



家電量販店にテレビを買いに行き、オススメを聞いてもメリット・デメリットを聞いても答えることができずに「安いですよ」としか言わない店員さん

いますよね、



知識をひけらかされるのは嫌ですがお店やセールスマンに関わらず常に最新の知識を学びましょう。






Attitude(態度、姿勢)



約束の時間に来ない保険外交員ボロボロのスーツで来るセールスマン太っているスポーツインストラクター


これが態度・姿勢です。



話の内容も確かに大切ですが、見た目や約束などはその人の人柄が現れますし、信頼関係につながります。



説得力がないといくら良いものでも他の人から買おうという気持ちになってしまいます。






Skill(技術)



Skillがない人は職業関係なしに口だけで手が動かない人です。

ノウハウコレクターといわれる知識だけの人も含まれます。

ここで注意していただきたいことがあります。


「自分は技術を磨く練習をしている」と言っているのに仕事がうまくいっていない人がいます。


そういう人たちは、先輩に聞かずにやりやすい人とだけ練習をしたり、一人で練習をして、練習をした気になっている場合が多いのです。

セールスマンであれば売れている人に、スポーツ選手であればレギュラークラスの人や自分より成績が良い人に聞かないでやった気になっている人は、勇気を振り絞って自分より優秀な人をつかまえて練習してください。







Habit(習慣)




始めだけ頑張っても長続きしない人は当然結果はでません。



KASHのバランスがとれていないと、知識だけのノウハウコレクターや間違った知識で技術を磨いてもただの時間の浪費になってしまいます。



このように、知識や技術だけでなく態度を改めて習慣化することによってはじめてKASHのバランスが成り立つのです。

そして、この中で最も難しいのも習慣化です。



そこで、KASHの法則の一番のポイントである、習慣化のコツをご紹介します。










習慣化できない理由



新しいことを始めても習慣化されなくてはあまり意味がありません。

習慣化できるようになるためにはなぜ、習慣化できないかを知っておく必要があります。








習慣化できないものランキング



1位 早起き

2位 ダイエット

3位 片付け

4位 資格取得勉強

5位 嗜好品をやめる(禁酒・禁煙など)










習慣化できない理由



時間がない

めんどくさくなった、飽きた

誘惑に負けてしまった

つい忘れてしまう

効果がでないからあきらめた

楽しくない



といった理由がありますが、実は習慣化するにあたって3つの必要なことがあります。












習慣化するために必要な3つのこと



習慣化のコツの前に必要なことがあります。

この3つのことは習慣化のコツよりも大切なことかもしれません。







① モチベーションにたよらない



始めようとするときはやる気がすごくありますが、すぐ飽きてしまうということがあります。



新しく何かを始めるときは、一度盛り上がった気持ちを落ち着かせてなぜ、そのことをやりたいかを改めて考えてから始めましょう。







② 習慣化するためには他の習慣をやめる必要があると知る



早起きをするためには、早寝をする必要があります。


そのためには夜の日課である夜中にテレビを見るとか、寝る前にネットをするなどの習慣をやめる必要があります。




言い方を変えると、悪い習慣を捨てることで、良い習慣を手に入れることが出来ます。






③ 事前準備の段階であきらめない



例えばブログを始めるときに思いのほか、始める前に色々な作業がありますが、大半の人がそこでつまずき諦めるか、中途半端な準備のままスタートしてしまうので、うまくいかなくなり続かないのです。


①②③にあるように習慣化できてない人の大半は習慣化に向けてのスタートがきれていないのです。



なかなかやる気がおきずにスタートが切れない方はこちらの記事をご覧ください。













習慣化をするための4つのコツ




スタートがきれてしまえば、後はコツをつかむだけです。




コツをつかめば習慣化はそれほど難しくありません。




ここでは、4つのコツをご紹介します。





時間を決めない



いつまでに何キロやせるとか期間を決めるのは良いことですが、「何時になったらこれをする」のように最初から決めてしまうと、忙しくてたまたまその時間にできないで挫折してしまうことがあります。



ある程度できてから時間を設定するのは効果的ですが、はじめのうちは1日1回走ろうとか、今日中に30ページ読もうなど軽い段階から始めましょう。







強く意識する



習慣化できないときは「つい」「うっかり」といったことで忘れてしまいがちです。

早起きなどは目覚ましをかけていても「うっかり」夜更かしをして「つい」二度寝をしてしまいがちです。


習慣が当たり前になるまでは長期的な目標を考えて、強く意識をしましょう。





良い変化をみつける



ダイエットでも筋トレでもすぐには効果がでないものです。

効果が出ずに諦めるのではなく、ダイエットを始めてからよく眠れるや筋トレでストレス解消になったなど、その日その日の良い変化を見つけて自分をほめてみましょう。






やめた時のデメリットを考える




長続きすればするほどその習慣を続けるか、やめるべきかを考えるときが来ることがあります。


そのような時は、元の体型に戻ってしまう、同僚に宣言をしたのにカッコ悪いなど、始める前の状態、つまりデメリットを考えてみてください。




デメリットを考えることで、ブレーキがかかる場合があります。



また、習慣化する前に周りの人に宣言するのも1つの手でしょう。











最後に



仕事がうまくいっていないと感じたらKASHのバランスがとれているかをチェックしてみてください。

そして、習慣化がうまくいっていない場合はサボりたくてもサボれない環境に身を置くのも一つの方法です。

ダイエットしたいなら食事内容を報告する環境、勉強したいなら勉強しかできない自習室にいくのが効果的です。



逃げ道を断って習慣化させる方法はこちらの記事を参考にしてください。

仕事ができる人の秘訣!応援される人になるための方法

出典https://mobile.suntory.co.jp/softdrink/cclemon/?transfer=pc_to_mobile

仕事ができる人の特徴の1つに周りの人を味方につけるのがうまいというものがあります。

同じ頑張っていても、つい応援したくなる人、思わず協力したくなる人っていますよね?

できれば応援される人になりたいですよね?

そこで、今回は応援したくなる人の共通点と応援したくならない人がやっている1つのことをお話します。

実は、応援したくなる人にはある共通点があります。

応援したくなる人の共通点


例えば、運動会のリレーで他のチームとの距離がかなり開いていても最後まで走りきった子と足が早くても一位になれなさそうだからと手を抜いて走る子がいたら、どちらの子を応援したくなりますか?

おそらく、家族の方以外は一生懸命走っている子を応援しますよね?

かけっこで転んでしまっても最後まで走りきった子は思わず応援したくなりますよね?

この応援したくなる気持ちというのは心理学用語で“アンダードッグ効果”といいます。

アンダードッグ効果とは


アンダードッグ効果とは、直訳では負け犬ですが、かわいくて弱々しい犬をまもってあげたくなる心理をいいます。

一生懸命なのにうまくいかない人不利な立場の人を応援したくなる 頑張っているのに報われない人を助けてあげたくなる」というのがアンダードッグ効果です。

高校野球で大差がついてもあきらめないとか、AKBが当初小さい劇場にファンが数人しかいなかったけど頑張って売れるようになった。

というのがアンダードッグ効果です。

アンダードッグ効果で重要なこと


アンダードッグ効果で重要なのは、狙って同情されて応援してもらおうというわけではありません。

一生懸命やっている人、なにかに向かってひたむきに行動している人に対しては自然と応援したいという気持ちになりますし、本気になって一生懸命取り組む姿が好きな人は多いのです。

しかし、一生懸命やっているから応援されて当たり前と勘違いをしてしまう人もいます。

誰の応援をするかというのは、応援する人の自由です。

応援したくなる人


みんなが一生懸命やっている中でも応援したくなる人の特徴とはどういうところでしょうか?

挨拶がしっかりしている
ひたむき
あきらめない
他人のために動く
いつも笑顔
優しい

などあげればキリがないのです。

先ほども言いました通り、誰が誰の応援しても自由ですから、一生懸命+あなたなりのアルファを磨けば良いのです。

応援したくならない一生懸命な人


しかし、一生懸命なのに応援したくならないタイプの人がいます。

もしあなたが「自分は一生懸命なのに応援されない」と感じていたらこのタイプの人かもしれません。

それは、言い訳からスタートするタイプです。

ケガをしたとか等の言い訳をしていない人でも「部長が言っていたのですが、、」とか「一応先方には伝えましたが、、」のように責任を回避したい言い回しになっていないでしょうか?

話していて登場人物を多くして、自分の責任を曖昧にしてる人は、周りからみたら「この人は本気じゃないんだ」ととらえられます。

 

一生懸命と本気の違い


一生懸命とは、人に言われてなれる状態です。

誰かから何をしなければならないか、言われたことによって行動に移すのです。

一方、本気は人に言われてなるものではなく、自らの意思で行うことです。

つまり、自分で「○○を頑張っています!」という人は他人から見て本気ではないと思われるのです。

 

深刻と真剣の違い


人から言われて一生懸命にやる人は

頑張る→深刻になる→苦しい

ですが、

自らの意思で本気で行えば

覚悟を決める→真剣になる→楽しい

となり周りにも本気が伝わります。

 

本気になるための4つのこと


では、本気になるとはどういうことなのでしょうか?

優先順位を常に一番にする


例えば、付き合ってる彼女が落ち込んでいると連絡が来たら

A  3分後にLINEを送り心配な気持ちを伝える

B  5分後連絡をした後に1時間後に直接会いに行く

どちらが本気でしょうか?

時間としてはAの方が早いですが、Bは行動を起こしています。

 

仕事ではどうでしょうか?

お得意様に損をさせてしまい、謝らなければいけないときに、すぐ謝り電話だけですませるか、電話と直接会いに行くか

どちらが効果があるかは人によりますが、本気かどうかはBの方が本気だと言えるでしょう。

 

逃げないで向き合う


「部長が言っていたのですが」とか「先方には伝えましたが、」と課題を外に置きがちですが、問題に向きあい、逃げないことぬきでは自分に対して、的確な課題認識を持てません。

自分と向き合えない人は本気とは認められないのです。

ありとあらゆる角度から考え尽くす


会社の面接で「御社のホームページは見ています」と聞いてどうでしょうか?

本気と感じるでしょうか?

みんながいいそうですよね?

例えば

「御社のリンクが貼ってあるページは全て目を通しました」とか「社長のブログは全て読んでいます」だと先ほどのホームページと比べて、本気が伝わると思います。

角度を変えて考える限り考えることで本気度が通じることが多いです。

最後までやりきる


最後はストレートにやりきれるかどうかです。

楽天の三木谷社長は「成功のコンセプト」において人間には2つのタイプしかいないといっていたそうです。

様々な手段をこらして何が何でも物事を達成する人間

現状に満足し、ここまでやったからと自分自身に言い訳する人間。

ありとあらゆる角度から考え尽くすに近い部分もありますが、途中であきらめていたら本気とはとらえられることはないでしょう

最後に


応援される人は応援されようと思っているわけではありません。

本気の姿勢が応援したいという気持ちにつながります。

本気で物事に取り組んでいる人は周りも見てますし、成長もします。

また、自分が変わることで周りも変えることができるはずです。

上司として部下を変えたい方はこちらの記事もご覧ください。

困った部下や後輩を持つ人必見!人の意識・態度を変える方法

仕事ができる人の秘訣!情報収集の達人になる3つの方法

出典 news.livedoor.com/article/detail/5951046/

仕事ができる人の共通点として情報収集が上手い、なぜかその人に情報が集まるということがあります。

アンテナを張るという言われ方をする情報収集ですが、上手い・下手というよりも正しい情報収集と間違った情報収集がありますので、今回は情報収集の達人になる方法をご紹介します

情報収集とは


仕事やビジネスで情報収集が大切だとはわかっていても、おこなう目的は、意外とはっきりしていない方が多いと思います。

情報収集は「ただ情報を集めるだけ」ではありません。

情報を集めて、「知識にする」ことが重要です。

つまり、仕事で成果を出したり、日常生活を改善するためのノウハウにすることが求められます。

 

間違った情報収集とは


情報収集が下手な人は情報収集がしっかりできているつもりでも、できていないということがあります。

情報収集が下手な人の特徴つまり、間違った情報収集はどのようなものなのでしょうか?

取捨選択をしない情報収集


目的を持たずに情報収集を始めると、必要のない情報ばかり集まり、非効率などころか全く意味がない時間になってしまう可能性が高くなります。

また、仮に情報収集するべき情報が正解であったとしても、目的がないため本来学ぶべきではない、必要のない情報に寄り道をしてしまう可能性があります。

いる情報・いらない情報を取捨選択するようにしましょう。

 

いつ役に立つかわからない情報の収集


「いつか役に立つだろう」と記事を読んだり、とりあえずブックマークしてみたり、目を引いたビジネス書を買って本棚にしまったりする情報収集です。

目的を持って情報収集しないと、ノウハウを集めたり本を集めたり、きれいに情報を整理することだけに目が行ってしまい、実際に使える知識になりません。

使い道がない情報の収集


情報収集の方法が上手でも、アウトプット先がないと情報収集が目的のようになりただのノウハウコレクターになってしまいます。

すぐに使える知識だけを学ぶ必要はありませんがアウトプット先がないと情報収集も徒労に追ってしまいます。

「ブログで意見を書く」「仕事で使える知識か試してみる」などのアウトプット先を作ってアウトプットしていきましょう。

続かない情報収集


いくら情報収集がうまくても三日坊主では意味がありません。

やる気やモチベーションに頼らず無理なく情報収集できるようにスケジュールなどを見直しましょう。

習慣化のコツに関してはこちらの記事をご覧下さい。

仕事ができる人の秘訣!KASHの法則と習慣化のコツ

情報収集の仕方の種類


では、情報収集がうまい人、つまり正しい情報収集はどのようなものでしょうか?

実は情報収集には3種類の方法があります。

情報を集めるのはアンテナ?


情報のアンテナやアンテナを張るという呼び方が誤解を招き、イメージしにくいと思いますので、ここでは海と魚例えます。

 

情報が魚情報がある場所が海です。
魚を捕まえる道具がアンテナにかわる、情報収集のツールです。

情報収集の仕方 3種類


海=色々な情報がある場所の中から

①情報の網 ②情報のトラップ ③情報の銛

の3種類を使って、必要な魚=情報を捕りますので一つずつ説明していきます。

情報の網


ここでいう”網”というのは地引き網のような大きな網です。

大きな網で大量の魚を捕まえるように、大量の情報を収集することができます。

電車のつり革、TVやインターネット、会話などで仕入れる情報で、我々がいわゆるアンテナを張っている状態です。

メリット

様々な情報を得ることができる

欲しい情報に近い情報も得ることができる

デメリット

情報の取捨選択をしないと情報の海に溺れてしまう

間違った情報取集をしてしまう可能性が高い。

情報のトラップ


トラップというのは“罠”のことです。

魚の種類に応じて、餌をトラップの中に仕掛けておくことによってお目当ての魚がとれているものです。

具体的にどうするかといいますと、トラップですので仕込みが2つ必要になります。

1つ目の仕掛けは、自分が○○の情報を集めている、もしくは○○に詳しいのは自分だと宣言することです。

2つ目の仕掛けは集めている情報のネタ帳をつけ、常に皆の前でもメモをすることです。

この2つを続けることによって、例えばサッカーならあいつに聞こう、ラーメンの情報を教えてあげようと、情報が自然に集まるようになります。

 

情報の銛(もり)


銛は小型の槍のようなもので、獲物を刺す武器です。

銛は一対一で魚を追い込んで一気に刺すものですので、一対一になる必要があります。

具体的には、質問をする、ただこれだけです。

コミュニティやネットなどで情報を持っている人に直接聞くやり方です。

直接聞くのですから情報収集としては一番確実です。

 

情報収集で最も大事なこと


情報収集は、「目的を決める」ことが最も重要です。

目的を決めないと、誤った情報取集となってしまいます。

「何のためにどんな情報を探すのか?」を明確にすることから始めましょう。

最後に


今回は仕事ができる人は自然とできている情報収集の方法3種類ご案内しました。

この3つをうまく使い分けることで情報が自然に集まるようになりますのでぜひ試してみてください。