溺れた人への救助は人工呼吸をするの?しないの?溺水者の心肺蘇生法 徹底解説

溺れた人への心肺蘇生




プールや海で溺れた人が救助されたら、意識なし、呼吸なしだったが人工呼吸をしたら自発呼吸が戻ったというニュースを目にしたことがある方も多いと思います。

しかし、コロナ禍においては成人の心停止に人工呼吸は行わず胸骨圧迫とAEDを実施というニュースも目にします。

実際に溺れた人への救助は人工呼吸をするのか?しないのか?どのように救助を行えばよいのでしょうか?





確かに、コロナ禍における一般市民の方に向けての心肺蘇生の講習では、

胸骨圧迫とAEDが強調されすぎてしまい、とりあえずAEDを貼っておけばいい、胸を押しておけばいいという、心室細動以外の原因をあまり考えない流れが主流となってしまいる風潮があります。

しかし、小児蘇生や溺水者の救助には胸骨圧迫とAED以外に非常に重要なポイントがあります。




AEDがあればただちに装着すべきですが、それと同じかそれ以上に、子どもや溺水者の救助では人工呼吸が重要です。






心肺蘇生法ガイドラインと溺水者に対する心肺蘇生


一般的な心肺蘇生の根幹をなす重要なガイドラインであるAHA(アメリカ心臓協会)の心肺蘇生法ガイドラインが新しくなり、2020年10月21日に全世界に公開されました。

JRC蘇生ガイドライン2020 | (japanresuscitationcouncil.org)


今回の改定では手技の面では大きな変更はありませんでしたが、これまでは特殊なケースとされていた妊婦さんへの心肺蘇生や溺水者に対する心肺蘇生が記載されるようになりました。

特に溺水に関しては通常の流れとは異なる流れになっていますので、一般市民であっても学校の先生やプールの監視員などはきちんと習得しておく必要があります。



溺水者に対する心肺蘇生


コロナ渦における心肺蘇生では、バッグマスクがない、もしくはバッグマスク換気ができない場合は、成人傷病者には人工呼吸はしない、というのが基本方針ですが、

呼吸が原因で心停止が起こる可能性が高い子どもや溺水者に対しての心肺蘇生は人工呼吸が欠かせません



溺水者の救助手順


反応を確認する

大声で助けを呼ぶ

119番通報・AEDの手配

呼吸の確認

(普段通りの呼吸、胸・お腹の動きが確認できる場合は回復体位にして様子を見ながら救急隊を待つ)   

普段通りの呼吸をしていない 

 

気道確保・補助呼吸(2回)

 ↓

脈拍確認

 ↓

胸骨圧迫30回人工呼吸2回を繰り返す

 ↓

AED装着

 ↓

心電図の解析

電気ショック1回後直ちに心肺蘇生法を再開する

救急隊が到着するまで繰り返す



まとめ

溺水の救助手順
呼吸確認・なし → 人工呼吸2回       →脈拍確認・なし→ 30対2のCPR開始

最初の吹込み2回には、酸素供給と人工呼吸で状態を改善できる事を期待して行う補助呼吸の意味合いを持っています。


溺水者への救助で最も重要なことは人工呼吸をできるだけ早く行うこということです。

しかし、口対口人工呼吸は、フェイスシールドを使って練習したことがある、もしくは、あったとしてもできる自信がないというのが正直なところではないでしょうか?


そこで施設などに用意しておきたいものがポケットマスクです。

コロナ禍において人工呼吸をためらわれることがあって当然ですが、 呼吸が原因で心停止が起こる可能性が高い、子どもや溺水者に対しての心肺蘇生は人工呼吸が欠かせないことから、学校の先生やプールの指導者、プールの監視員などはポケットマスクとあわせて人工呼吸の練習をしておくとよいでしょう。



心肺蘇生の講習に関してはこちらの記事をあわせてご覧ください。

クイズ形式で学ぶ 応急手当普及シリーズ  第2回 『呼吸の確認 呼吸してる?してない?』 

呼吸の確認 呼吸してる?してない?






意識を無くしてたおれている人を見つけて119番通報をしたあとは呼吸の確認をするんですよね



そうですね、呼吸があるかないかで、心臓が動いてるかどうか判断しますので、呼吸の確認はとても重要です。




そこで、クイズ形式で学ぶ 応急手当普及シリーズ 第2回 は呼吸の確認をテーマにお届けします。

 

クイズに進む前に、呼吸の確認の目にどうするのか?呼吸の確認をしてからどうするのか?流れで見てみましょう。

 

傷病者の発生

安全の確認

反応を確認する

大声で助けを呼ぶ

119番通報・AEDの手配

呼吸の確認

(普段通りの呼吸は)   

している→回復体位にして様子を見ながら救急隊を待つ

していない → 胸骨圧迫30回

 

〇×クイズで学ぶwithコロナ・afterコロナの時代の心肺蘇生法



出典 https://youtu.be/H8SyknYEomE

新型コロナウイルス感染症が流行中に、人が倒れた場合の心肺蘇生法の指針が厚生労働省から発表されました。




新型コロナウイルス感染症が流行している時期に行う心肺蘇生法は、普段と違い注意する点があります。



具体的にどのような点が変更になっているのかクイズ形式でご紹介します。

クイズへ進む

人工呼吸は不要じゃない!人工呼吸の重要性 徹底解説

 

出典 https://www.youtube.com/watch?v=x1NegXrH1cE

 

昨今の心肺蘇生法講習では「人工呼吸はしなくてよい」という趣旨のことが言われることが増えてきているようです。

しかし、人工呼吸をしなくて良い、と積極的に言い切られたことは1度もありません。

 

窒息や溺水などは呼吸停止から心停止に至る「呼吸原性心停止」といわれています。

 

また、子どもの心停止は圧倒的に 呼吸原性心停止が多いので、人工呼吸で血中に酸素を取り込ませないと、いかに胸骨圧迫を行っても脳のダメージを防止できません。

 

そのため、特に、プール監視員や学校 教職員、保育士などは人工呼吸スキルも習得すべきなのです。

 

そこで今回は、人工呼吸に関してご紹介します。

 

 

人工呼吸について


救命講習などで気道確保と人工呼吸を習った経験があり、実践できるスキルのある人は、30回の胸骨圧迫の後、人工呼吸を2回行います。

片方の手を額におき、もう片方の手の人差し指と、中指を下あごの骨の部分に当て、頭を後ろにのけぞらせ、あごを持ち上げて気道を確保します。

指であごの柔らかい部分を圧迫しないようにします
頭を無理に後ろに反らせないようにします

 

人工呼吸の開始


気道を確保したまま、額に当てた手の親指と人差し指で鼻をつまみます

大きく口をあけ、傷病者の口を覆い、空気が漏れないようにして、1秒かけて胸が軽く膨らむ程度息を吹き込みます

吹込みが終わるたび、口と鼻をつまんでいる指を離します

同じ要領でもう1回吹き込みます

胸がうまくあがらなくても、人工呼吸は2回までとします。

 

人工呼吸によって胸骨圧迫が中断されますが、その中断時間が10秒以上にならないようにします。

人工呼吸をする時は、感染防止のため一方向弁付呼気吹き込み用具の使用を推奨しています。

意識のない傷病者は体の筋肉が弛緩しているために舌で気道がふさがれている状態になっています。

 

気道確保とは



人工呼吸をする前にはまず、気道確保をする必要があります。

気道確保とは、大気の通り道である気道(airway)の物理的な閉塞を解除する、もしくは予防する処置です。

窒息を防ぎ、呼吸管理を行うために実施されます。

気道閉塞の原因はさまざまですが、よくみられるのは意識障害による重力により舌の根元が咽頭に落ち込んで気道を塞いでしまう舌根沈下です。

気道閉塞は生命にかかわる緊急事態であり、心肺蘇生においても第一に気道確保が優先されます。

 

気道確保をしたら、人工呼吸は1回1秒とし、空気が漏れないように口を大きく開けて、傷病者の鼻をつまみ、口対口で行います。

胸の上がりが確認できるぐらいまで息を吹き込みます。

 

気道確保の種類


器具を使わずに気道確保をする方法は大きく分けて頭部後屈顎先挙上法(とうぶこうくつあごさききょじょうほう)下顎挙上法(かがくきょじょうほう)があります。

 

頭部後屈顎先挙上法


出典 https://www.kango-roo.com/sn/m/view/280

片手を額にあて、もう片方の手の人差指と中指の2本をあご先にあて、これを持ち上げて気道を確保する方法です。

ポイント
1.指であごの柔らかい部分を押さない。
2.あまり頭部を後屈させすぎない。
3.頚部損傷(首)の疑わしい時は行わない。

 

 

下顎挙上法


出典 https://www.kango-roo.com/sn/k/view/4368

自分は傷病者の頭側に位置して両手で顔をはさみ動かないように固定し、指を使って下あごの部分だけを上に持ち上げる方法をいいます。

頚椎(けいつい)に損傷が疑われる場合に最も適した気道確保です。

両手で顔をはさみこみ、顔と首を固定して後にそらさないため首が動かず病状悪化を起こしにくいです。

ポイント
1.頭を後に反らせない。
2.乳児にもこの方法を使用する。

 

胸骨圧迫(と人工呼吸)とAEDの繰り返しと観察


救急隊員が到着するまで、胸骨圧迫と人工呼吸、そしてAEDの使用を繰り返します。

30回胸骨圧迫、2回人工呼吸の割合で続けます。

2分ごとにAEDが心電図を解析しますので、AEDのガイダンスに従い、解析に入ったら離れ、必要があれば電気ショックを行い、すぐに胸骨圧迫を再開します。

意識が戻り正常な呼吸に戻った場合や呼びかけに応じるなどのしぐさが出ない限りは心肺蘇生を中断してはいけません。

意識が戻った場合は、傷病者を観察しながら救急車を待ちます。

訓練を受けている場合は傷病者を回復体位にし、救急車の到着を待ちます。

観察を続けるなかで、正常な呼吸ではないと判断した場合は、再度、心肺蘇生とAEDの使用を行います。

 

 

 

最後に


人工呼吸はある程度の訓練が必要であり、効果的な人工呼吸を行うスキルを持ち合わせていない市民救助者には実施がなかなか難しいものです。

 

しかし、溺水や窒息で心停止になった場合等は、血液中の酸素が枯渇している可能性が大です。

そのため酸素を体内に取り込む動作、つまり人工呼吸が必要になってきます。

 

消防署や日本赤十字社の講習会で人工呼吸の方法なども習得することができます。

 

応急手当の知識を学びたい方必見!救命講習 徹底解説

助かる可能性を高める!心肺蘇生法のやり方徹底解説

心肺蘇生法

交通事故の18倍もの方が突然死で亡くなっています。

 

そして、心停止で倒れた人の社会復帰率は9%の現状、さらに倒れてからの対処が1分遅れるごとに救命率は7〜10%下がります。

 

しかし、それを救える方法があります!

 

 

CPR(心肺蘇生法)とは


それが、CPR(CardioPulmonary Resuscitation)、いわゆる心肺蘇生法です。

 

心肺蘇生法とは、胸骨圧迫法(心臓マッサージ)を主に行い、余裕があれば気道確保、呼吸の補助方法である人工呼吸を行うことを指します。

 

運転免許を持っている人や最近では授業でもとりあげられるので、一度は知識として学んだことがある人も多いはずです。

 

ただ、今、目の前で誰かが心肺停止で倒れた場合、あなたは心肺蘇生法、行うことができますか?

そこで今回は、助かる可能性を高める!心肺蘇生法のやり方についてお話します。

 

 

 

 

心肺蘇生法の流れ


傷病者発見
傷病者の観察
反応の確認
協力者の要請
119番通報の依頼とAEDの依頼
呼吸の確認
胸骨圧迫(心臓マッサージ)
AED到着
AEDパッドを貼れるか腹部の確認
パッド装着
電気ショックのボタンを押す
心肺蘇生法の再開
previous arrow
next arrow
 
傷病者発見
傷病者の観察
反応の確認
協力者の要請
119番通報の依頼とAEDの依頼
呼吸の確認
胸骨圧迫(心臓マッサージ)
AED到着
AEDパッドを貼れるか腹部の確認
パッド装着
電気ショックのボタンを押す
心肺蘇生法の再開
previous arrow
next arrow

画像:日本赤十字社の一次救命処置(BLS)~心肺蘇生法とAED~

 

 

 

反応(意識)を確認する


まずは、倒れている人の反応を確認します。

周囲の安全を確認してから倒れている人に近づきます。

そして、肩を叩きながら、「大丈夫ですか?」「聞こえますか?」など大きな声でよびかけ、反応があるか確認します。

 

この時、鎖骨の辺りを叩きましょう。

 

 

 

助けを呼ぶ・119番通報(口頭指導)


倒れている人(傷病者)に反応がなければ、大きな声で周囲に助けを求めます。

 

 

 

119番通報とAEDの手配


 

「人が倒れています!誰か来てください。助けてください!」

 

周囲に人が集まったらあなたは119番通報をして、救急車を呼んでください」、「あなたはAEDを持ってきてくださいと指示を出します。

この時のポイントは、指示を出すときに指をさして、あなたは119番を、あなたはAEDと個別に指名することです。

「あなた」と指示されることで、格段に行動しやすくなります。

 

誰も周りにいない場合は、自分で119番通報しましょう。

 

 

119番通報のポイント


119番通報すると、電話口の通信指令員から、呼吸・心停止の判断や胸骨圧迫のやり方などの指導を受けることができます。

 

はじめての119番通報・心肺蘇生法で慌てないための通信指令員口頭指導 徹底解説

 

 

 

救命講習を受けたことがなかったり、心肺蘇生法に自信がない場合は、119番通報して状況を説明した後、通信指令員に相談して指示を仰ぎましょう。

 

 

 

 

呼吸の確認


傷病者が正常な呼吸をしているか確認します。

 

胸や腹部の動きを見て(上下に動いているか)判断します。

胸と腹部が動いていなければ、呼吸が止まっていると判断します。

 

「死戦期呼吸」という心停止直後によく見られる、しゃくりあげるような呼吸があります。

 

死戦期呼吸では口がぱくぱく動いていることが多いため、別名「あえぎ呼吸」とも呼ばれており、胸骨圧迫が必要な状態です。

口の動きを見ると、この死戦期呼吸を正常な呼吸と勘違いしてしまう可能性があるので、胸やお腹で呼吸の確認をします。

 

 

呼吸の確認のポイント


呼吸の観察には10秒以上かけないようにします。

正常な呼吸かわからない場合など、判断に迷ったら、ただちに胸骨圧迫を開始します。

迷ったら(疑わしきは)胸骨圧迫、とされています。

すぐに胸を押しましょう。

 

 

 

胸骨圧迫


 

傷病者を仰向きに寝かせて、横にひざをつき、胸骨圧迫を行います。

成人への胸骨圧迫は、片方の手の付け根を胸(胸骨の下半分)に置き、もう片方の手を重ねて指を交互に組みます。

肘をまっすぐに伸ばし、手の付け根に体重をかけて胸の真ん中(胸骨下半分)を圧迫します。

 

一回圧迫したら、胸が完全に元の位置に戻るように圧迫を解除します。そしてまた圧迫します。

 

 

小児(15歳未満)の場合は、両腕または片腕で圧迫をします。

 

小さいお子さんのお母さんお父さん必見!幼児の心肺蘇生法 徹底解説 

 

 

乳児の場合は、二本指(中指と薬指)で圧迫します。

 

 

胸骨圧迫のポイント


 

押す深さ

胸が約5cm沈むように圧迫し、6cmを超えない。(小児や乳児は、胸の約3分の1の深さ)

 

押すテンポ

1分間に100~120回(小児や乳児も同じテンポ)

 

解除(除圧)

毎回、圧迫したらしっかりと(完全に)胸を元の位置に戻す。

ただし、押す深さが浅くならないように注意しましょう。

 

絶え間なく

AEDを使う際や人工呼吸の際など胸骨圧迫を中断する時間が生じますが、中断は最小限にします(10秒以下)

 

交代する

胸骨圧迫は体力を使います。

胸骨圧迫の質(深さやリズムなど)を低下させないために、複数人いる場合には救助者同士で胸骨圧迫を1~2分ごとに交代しながら行いましょう。

 

 

 

AEDを使う


AEDの電源を入れると音声ガイダンスが始まります。このガイダンスに従い使用します。

 

 

 

AEDの使い方の流れ


 

AEDの電源を入れる

フタを開けると電源が入るタイプ、電源ボタンを押すタイプがあります。

 

傷病者の胸部を確認する

 

 

胸部が濡れてないか確認

水や汗などで濡れているとパッドが密着しません。(タオルで拭き取る)

 

付けてない確認

貼り薬(ニトロ・シップ等)がパッド貼り付け箇所にあれば、確実にはがして薬剤も拭き取ります。

 

ペースメーカー確認

心臓ペースメーカーや除細動器が埋め込まれている場合は、胸に硬いこぶのような出っ張りが見えます。

貼り付け部位にこの出っ張りがある場合は、電極パッドは出っ張りを避けて貼り付けてください。

 

 

電極パッドを貼り付ける

右胸と左わき腹それぞれに貼り付けます。

(※未就学児(およそ6歳未満)に対しては、小児用パッド・小児用モードがあればそちらを使い、無い場合などやむを得ない場合は成人用パッドを使用します。

その際パッド同士が触れ合わないように、胸と背中に貼るなどしてください。)

 

 

AEDが電気ショックが必要かどうかを判断する

 

AEDが自動的に心電図を解析して、「心電図を解析しています。触れないで下さい。」と音声ガイダンスが流れます。

 

このアナウンスを聞いたら胸骨圧迫を中断して傷病者に触らないように離れます。

 

 

電気ショックのボタンを押す(必要な場合)

電気ショックが必要な場合、AEDから「電気ショックが必要です。点滅しているボタンを押して下さい。」などの音声ガイダンスが流れます。

 

それに従い電気ショックボタンを押します

この時、電気ショックが不要であれば「電気ショックは不要です。」と音声がでますのでその場合は直ちに胸骨圧迫を再開します。

 

 

すぐに胸骨圧迫を再開する

電気ショックを行った後、または電気ショックが不要とアナウンスされた後はどちらの場合も、すぐに胸骨圧迫を再開します。

 

 

 

AED使用の際のポイント


AEDを使用する際、一度貼った電極パッドは救急隊が到着するまで剥がさないようにして下さい。

電気ショックが不要といわれたり、傷病者が意識を取り戻した場合でも、万が一再度意識を失いAEDを使用することになる可能性があるので救急隊員に引き継ぐまで貼ったままにします。

なお、傷病者が意識を取り戻した場合は、胸骨圧迫は中止します。

 

 

 

 

気道確保と人工呼吸

 

救命講習などで気道確保と人工呼吸を習った経験があり、実践できるスキルのある人は、30回の胸骨圧迫の後、人工呼吸を2回行います。

意識のない傷病者は体の筋肉が弛緩しているために舌で気道がふさがれている状態になっています。

人工呼吸をする前にはまず、気道確保をする必要があります。

 

気道確保をしたら、人工呼吸は1回1秒とし、空気が漏れないように口を大きく開けて、傷病者の鼻をつまみ、口対口で行います。

胸の上がりが確認できるぐらいまで息を吹き込みます。

特に小児の心停止においては、胸骨圧迫と人工呼吸を組み合わせた心肺蘇生を行うことが望ましいです。

 

 

 

胸骨圧迫(と人工呼吸)とAEDの繰り返しと観察


 

救急隊員が到着するまで、胸骨圧迫と人工呼吸、そしてAEDの使用を繰り返します。

30回胸骨圧迫、2回人工呼吸の割合で続けます。

2分ごとにAEDが心電図を解析しますので、AEDのガイダンスに従い、解析に入ったら離れ、必要があれば電気ショックを行い、すぐに胸骨圧迫を再開します。

 

意識が戻り正常な呼吸に戻った場合や呼びかけに応じるなどのしぐさが出ない限りは心肺蘇生を中断してはいけません。

 

意識が戻った場合は、傷病者を観察しながら救急車を待ちます。

 

救急隊到着後の流れについてはこちらの記事をご覧ください。

 

119番通報をした後どうしたらよいのかを徹底解説

 

 

訓練を受けている場合は傷病者を回復体位にし、救急車の到着を待ちます。

観察を続けるなかで、正常な呼吸ではないと判断した場合は、再度、心肺蘇生とAEDの使用を行います。

心肺蘇生法の手順に関しては日本赤十字社の動画がありますので、こちらあわせてもご覧ください。

 

 

 

最後に 日本赤十字社の一次救命処置(BLS)~心肺蘇生法とAED~