頭痛・だるさ・イライラ、不安を引き起こす正体 自律神経の乱れを整える方法

 

出典https://alinamin.jp/alinamin/tour/alinaminv.html

「雨の日は頭が痛くなる」、「寝ているのにだるい」、イライラしたり不安になったり感情の起伏が激しい、胸が締め付けられる感じがする

 

これらの症状の原因はすべて同じものです。

特に原因が思い当たらないのに様々な症状が現れるのは自律神経の乱れが原因であると考えられます。

不規則な生活やストレスによって自律神経の働きは乱れます。

自律神経が乱れると、体の器官にさまざまな不調が現われるため非常に厄介な症状といえます。

 

そこで今回は、自律神経が乱れることによって表れる症状と対処法をご紹介します。

 

 

自律神経とは


自律神経には

ストレスを感じた時に優位になる交感神経
リラックス時に優位になる副交感神経
の2つがあります。

 

普段はこの2つの神経が生活しやすいようにバランスよく働いています。

しかし、ストレスや不規則な生活、ホルモンバランスの乱れなどが原因で神経のバランスが崩れます。

 

自律神経は全身の器官をコントロールするため、バランスが崩れると全身の機能に支障をきたして、さまざまな症状が出ます。

 

 

自律神経が乱れることで引き起こされる症状


自律神経が乱れることによって、引き起こされる症状を総称して、自律神経失調症と呼ばれます。

 

自律神経失調症の症状


一言で自律神経失調症といっても、症状は人によって異なり、個人差があるのが特徴です。

代表的な症状としては、次のようなものが挙げられます。

疲労感
体が疲れやすい、朝起きることができない

頭痛
頭がずきずきする、頭が重い、頭がふらつく

体温の異常
慢性的な微熱、低体温など

睡眠異常
不眠、日中の眠気

耳・喉・口の症状
耳鳴り、耳が詰まった感じがする、喉の異物感、口が渇く、口内が痛いなど

胸部の異常
動悸、息切れ、胸の痛み、胸やけ、圧迫感、うまく息を吸い込めないなど

吐き気・胃腸の異常
吐き気、腹部膨満、便秘、下痢、腹にガスが溜まる

排尿の症状
頻尿、残尿感、排尿しにくい感じがある

手足の異常
手足のしびれ、脱力感、手足の冷え、ほてり

筋肉の凝り・関節の痛み
首や肩の凝り、関節の痛みなど

皮膚の異常
皮膚や粘膜のかゆみ

 

 

 

その他の自律神経の乱れによる疾患


自律神経の乱れは、自律神経失調症以外にも引き起こす疾患があります。

 

神経性胃炎


仕事などによる精神的なストレスや過労が原因となる胃炎です。

ストレスや生活習慣の乱れなどから、自律神経がバランスを崩して胃酸が過剰に分泌され、胃炎の症状を引き起こします。

 

胃痛に関してはこちらの記事をご覧ください。

 

過敏性腸症候群


ぜん動運動という腸のリズミカルな収縮に異常が起こり、腹痛をともなう慢性的な下痢や便秘などを引き起こします。

下痢と便秘が交互に起こることもあります。

何週間も下痢が続いたり、一時的に治まり、その後再発するという現象を繰り返すこともあります。

 

腹痛の対処法に関してはこちらの記事をご覧ください。

大河ドラマ『平清盛』から学ぶ胃痛に効くツボ

 

メニエール病


ストレスなどが原因で内耳のリンパ液に異常が生じます。

自分や周囲が回るめまいと、どちらか一方の耳にだけ起きる耳鳴り、そして難聴が同時に起き、多くの場合、強い吐き気や嘔吐をともないます。

耳鳴りに関してはこちらの記事をご覧ください。

耳鳴りで悩んでいる人必見!耳鳴りの原因と耳鳴りを緩和する方法

 

他にも、過剰な精神的ストレスが引き金となって、突然浅く速い呼吸を繰り返す疾患である、過呼吸症候群

気圧の変化で頭痛などが起こる気象病様々な症状が、自律神経の乱れが原因と言われています。

 

 

自律神経の整え方


自律神経が乱れる大きな原因はストレスと不規則な生活リズムです。

ストレス対策として代表的なものが、ストレッチとウォーキングです。

ストレッチやウォーキングを行うと、脳にはセロトニンやドーパミンが分泌されます。

すると心が落ち着いて疲れも取れ、ストレスの改善に役立ちます。

さらに、体を適度に動かして汗をかけば夜も眠りやすくなるため、ストレスもたまりにくくなります。

 

また、ストレス対策には深呼吸もおススメです。

深呼吸はこちらの記事で詳しくご紹介していますので、ご覧ください。

 

呼吸法を変えるだけで健康になれる理由とオススメの呼吸法

 

自律神経を整えるツボ


自律神経を整えるにはストレスを溜めないこと、規則正しい生活を心がけることが重要ですが、疲れや肩こりなど体の緊張で簡単に自律神経のバランスは崩れてしまいます。

そこで今回は、簡単にできる自律神経を整えるツボをご紹介します。

 

神門(しんもん)


https://kenkolink.com/tsubo.php/31/

手首(手のひら側)にある横線の内端(小指側)で、肘から手首へ小指側をなで上げると、指が止まるところにあります。

神門には自律神経を整えリラックスさせる効果があるため、腸が活発に動いてくれ便秘にも効果があります。

 

内関(ないかん)


https://kenkolink.com/tsubo.php/49/

 

手首の手のひら側のシワから肘に向かって手の指三本分上がった場所にあります。

内関は自律神経の乱れを整えるツボとして古くから使われてきました。

またこのツボは酔い止めにも効果があります。

このツボを芯を閉まった状態のボールペンのペン先で軽く刺激することで一人でもツボを刺激することができます。

 

労宮(ろうきゅう)


http://kenkolink.com/tsubo.php/35/

 

軽く握りこぶしを作ったときに中指と薬指の先端が触れる場所にあります。

労宮は精神的な疲れに効果があります。

自律神経の働きを整えるツボで「ストレスでイライラ」「不眠」「憂うつな気分」「体がだるい」などの症状を改善できます。

 

百会(ひゃくえ)


https://www.sawai.co.jp/kenko-suishinka/tsubo/201505.html

頭の頂上に位置します。
左右の耳の穴を結んだラインと眉間の中心から頭のてっぺんに向けたラインが頭上で交わるところあります。

自律神経の偏りを整え、ストレス、不眠症、自律神経失調症などの悩みの緩和にも役立ちます。

 

 

最後に


交感神経と副交感神経は同時に働くことができません。

交感神経が働いているときは副交感神経は休み、副交感神経が働いているときは交感神経は休んでいます。

このふたつがバランスをとりながら作用することで、心身の健康は保たれています。

しかし、ストレスを感じた時は、交感神経が働くようになっています。

もともと、交感神経のほうが優位に動くようになっており、ストレスを感じることで交感神経優位の状態が続き自律神経が乱れます。

そのため、日ごろからストレス対策をしておくことがとても重要といえます。

 

ストレス対策に関してはこちらの記事で詳しくご紹介していますので、ご覧ください。

ストレスが溜まっている人必見!ストレス対策のまとめ