太ももが太く見えて気になる人必見!太ももが太く見える原因と対処法

出典 http://cm-watch.net/keirin-futomomo/

 

太ももやお尻が太くなってズボンがはけなくなった。

 

このように悩んでいる方は多いと思いますが、太ももやおしりというのは脂肪が付いてしまうとなかなか落ちにくいため体の中でも痩せにくい箇所です。

 

また、脂肪がつきやすい場所として

①お尻
②腰
③お腹
④胸
⑤太もも
⑥二の腕
⑦ふくらはぎ

上のように、お尻と太ももは脂肪がつきやすい場所と言われています。

 

その中でも、

太ももは太くなる、もしくは太く見える場所です。

 

しかし、太ももが太くなる、太く見える原因に応じて対処を行うことで、自宅で、簡単に太ももを細くすることができます。

 

そこで今回は、太ももが太くなる原因と『簡単に』、『自宅で』、『効果が期待できる』対処法をご紹介します。

 

太ももが太い原因


太ももが太い原因はひとつではなく、いくつかの原因が重なっていることもあります。

 

原因が複数の場合は方法も複数取り入れて実行するようにして下さい。

 

大きく分けると、3つの太ももが太る原因があります。

 

足のむくみのせいで太ももが太く見える


太ももにむくみが大きく出る人は太ももが太く見えてしまいます。

 

むくみの原因は体内にある余分な水分です。

通常、余分な水分は汗や尿で体外に排出されます、しかし、代謝が低い人重力の影響で下半身の血液を心臓に送る力が弱いと下半身にむくみが出やすくなります。

他にも、

運動不足による筋力低下
身体の冷え
肩こりなど、全身のこり
同じ姿勢
ヒールの高い靴で長時間歩く
ストレス
などによってリンパの流れが悪くなっているとむくむ原因になります。

また、
水分・塩分の採りすぎ
アルコールの飲み過ぎ
ラーメンなどの汁を全部飲む
濃い味付けの料理が多い
寝不足
などの食生活や睡眠不足もむくみの原因です。

 

むくみは立ったままの状態が長時間続くと血液が下のほうにたまりやすいから朝よりも夕方になるにつれて強くでる傾向があります。

足のむくみで悩んでいる方必見!足のむくみを改善するストレッチ 徹底解説

 

太ももの皮膚の弾力が低いせいで太ももが太い


太ももの皮膚の弾力が低いと、太ももが太く見える原因になります。

 

同じサイズなら、筋肉がついていて皮膚が引き締まっている人と皮膚が柔らかく張りがない人では皮膚が引き締まっている人のほうが太ももが細く見えます。

 

あまりに筋肉が多くても太ももが太く見えてしまいますが、適度に筋肉がついていると太ももの形が筋肉の形にそって立体的に見えるので細く見えます。

 

太ももの皮膚の弾力が低い場合は、太ももとお尻に筋肉をつけるために筋トレをしましょう。

 

大殿筋のエクササイズ


①床にひざを立て仰向けになる
②そのままお尻を上げ下げ30回

お尻はできるだけ高く上げることでより効果的です。

床に四つんばいになった状態で、片足を身体と平行かそれ以上まっすぐにあげます。

 

この状態で、足を曲げないように上げられるところまで上げ下げします。

 

普段身体が硬い人はあまり無理をせず、自分のできるところまで行いましょう。これは大殿筋が鍛えられるといわれています。

 

 

中殿筋のエクササイズ


同じく四つんばいの姿勢から、そのままの足の形で股関節を回転させ、足を横に旋回して開いていきます。
上半身から横へ平行に90度、膝から先が上に向かないようにすることが大切です。

 

 脂肪がたくさんついていて太ももが太い


太ももについている脂肪が多いと太ももが太く見えます。

 

そして、脂肪がどの部分に多くついているかによって太く見える度合いも違ってきます。

 

太ももについている脂肪を落とすには体脂肪を減らす必要があります。

 

体脂肪率を落とすには、適切に食事をとること、適度な運動を行なうことの両方を実行する必要があります。

 

無理な食事制限では体調を崩すおそれがあるばかりか、基礎代謝がさがって太りやすくなるリスクがあります。

 

正しい食生活と適度な運動を両立させて体脂肪率を落としていきましょう。

 

体脂肪を落とすための運動として、筋トレと無酸素運動を週に2回のペースで行うと効果的です。

筋トレは余裕でできる場合は負荷が足りないので、家にあるものを重り(リュックに本や水入りペットボトルを入れるなど)にして負荷を大きくしてやります。

太ももの筋トレ:ゆっくりスクワット10回×3セット(休憩1分)
胸の筋トレ:ゆっくり腕立て伏せ10回×3セット(休憩1分)

 

無酸素運動を行なうと一気に心拍数が増えますので代謝があがり、脂肪が燃えやすくなります。

 

無酸素運動を週に2回行なって脂肪が燃えやすい体内環境を作っていきましょう。

 

また、ジョギングやウォーキングでは膝に負担がかかるという方は水中ウォーキングがおススメです。

 

水中ウォーキングでダイエット・健康・膝痛、腰痛効果を得るための歩き方 徹底解説 

 

最後に


太ももは対策を始めても数ヶ月で効果が出るわけではありません。

 

何ヶ月も継続していくことでだんだんと効果がわかるようになってきます。

 

また、エクササイズをする前にツボを押すだけでエクササイズの効果が何倍にもなり、お尻を引き締め、太もも痩せにもつながりますので、あわせてツボ押しも試してみてください。