『エアコンは24時間つけっぱなしの方が電気代は安い』のウソ・ホント 徹底解説

 

出典 https://home.tokyo-gas.co.jp/power/special/movies.html

 

『エアコンは24時間つけっぱなしの方が電気代は安い』

このような話を聞いたことはあるでしょうか?

 

特に夏にかかる電気代の半分は、エアコン代といわれていますので、つけっぱなしが良いのか、こまめに入り切りしたほうが良いのか?気になる方は多いと思います。

 

 

経済産業省HP今夏やるべき節電より

 

そこで今回は、『エアコンは24時間つけっぱなしの方が電気代は安い』はウソなのかホントなのかご紹介してきます。

 

 

『エアコンは24時間つけっぱなしの方が電気代は安い』の結論は


『エアコンは24時間つけっぱなしの方が電気代は安い』かどうかの結論としては、一か月など長いスパンで見た時には、つけっぱなしにした方が電気代は高くつきます。

 

エアコンをつけっぱなしにしていると、さすがに少し電気代が高くなります。

しかし、こまめに付けたり消したりしていると余計に電力使用量が増えてしまいます。

30分や1時間ぐらいの外出であれば、エアコンをつけっぱなしにしておくのがおすすめです。

また時間によってはつけっぱなしにしておいた方が良い時間帯もありますので、ケースバイケースといえるようです。
 
 

ずっと家にいる場合


こまめにスイッチをオン・オフせずに、つけっぱなしにしたほうが良いといえます。
 
 

30分程度の外出や、洗濯物を干すのに5分ベランダに出る場合


こまめにスイッチをオン・オフせずに、つけっぱなしにしたほうが良いといえます
 
 

2時間くらいの外出をする


一度エアコンのスイッチを切ったほうが節約できます。
 
 

仕事で夜まで帰らない


一度エアコンのスイッチを切ったほうが節約できます。
 
 

9:00~18:00は、つけっぱなしのほうが電気代が安い


日中9:00~18:00の外気温の高い時間帯は、つけっぱなしの方がこまめに入り切りよりも消費電力量が少なくなります。

設定温度と外気温の温度差が大きくなり、こまめに入り切りしたときの起動時の消費電力量が大きくなることが原因です。
 
 

18:00~23:00は、こまめに入り切りの方が電気代が安い


18:00~23:00の夜の時間帯は、つけっぱなしの方がこまめに入り切りよりも消費電力量が大きくなります。

外気温が低下して、こまめに入り切りしたときの起動時の消費電力量が小さくなることが原因です。

このように、エアコンの運転は、状況に応じて、使い分けるのがおすすめです。

つけっぱなしのメリット・デメリットを知った上で、その日の自分の行動に合わせて使い分けていきましょう。

 

 

入り切りをこまめにすることで、電気代が高くなる理由


エアコンの暖房をつけて、室内が冷える(暖かくなったら)スイッチを切る、また暑く(寒く)なってきたらスイッチを入れる

 

このようなエアコンのこまめなスイッチのオン・オフを繰り返していると、エアコンが常に最大運転(設定温度まで室温を上げる運転)をしていることになります。

つまり、一番電気代がかかる運転を常にしているということになってしまため、こまめにスイッチを入り切りすることでエアコン代がかかるようになります。
 
 

つけっぱなしの方が電力を消費する場合


消費電力は、外気温の変化や陽射しなど天候の影響を大きく受けるため、条件が異なる場合があります。

 

基本的に、エアコンは運転を開始した直後に消費電力が大きく、設定温度に到達した後は消費電力が小さくなります。

 

しかし、急激な温度上昇があった場合などには、設定温度を維持するためには、消費電力が上昇することもあります。

この様な場合は日中であってもエアコンをつけっぱなしにした方が消費電力量が大きくなることもあります。

 

 

エアコンの電気代はいくらくらいかかるのか


エアコンの電気代は、設定温度や住宅性能と言った使用環境や電力会社との契約によって異なりますので、正確な電気代のご案内はできませんが、富士通HP 1時間あたりの電気代はいくらですか?でわかりやすい例が紹介されています。

電気代のご案内は、消費電力から計算した、あくまで目安の代金となります。

1時間あたりの電気代の求め方
電気代(円)=消費電力(kW)×27(円)※

※電力料金目安単価27円/kWh(税込)[平成26年4月改定]で算出。

これをもとに計算すると、

冷房
130W÷1,000kW×27円=約 3.5円(最小)
880W÷1,000kW×27円=約 23.8円(最大)

暖房
110W÷1,000kW×27円=約 3円(最小)
1,500W÷1,000kW×27円=約 40.5円(最大)

というように、1時間あたりの電気代は、冷房時「約 3.5円~約 23.8円」暖房時は「約 3円~約 40.5円」となります。

 

 

消費電力と電気代の関係


消費電力が多ければ、電気代も高くつきます。

つまり、エアコンは室温を設定温度まで上げる間が一番電気代がかかります。

通常、エアコンが最も多く電力を消費するのは、外気温と設定温度の差が大きい運転開始直後です。

その後、設定温度になってしまってからは電気代はあまりかかりません。

また、夏よりも、外気温との温度差が大きい冬のほうがエアコンの電気代が高くなります。

その理由としては、室温を設定温度に合わせるまでの電気代がいちばん多くかかるということは、室内と外気温の温度差が大きいほど電気代が高くなりやすいということです。

住まいの地域により季節ごとの気温も異なりますが、夏よりも冬のほうが室内と外気温との温度差が大きく、電気代がかかる傾向にあります。

 

 

最後に


結論としては、9:00~18:00は、つけっぱなしのほうが電気代が安く、18:00~23:00は、こまめに入り切りの方が電気代が安いといえるようです。

 

つけっぱなしにするか、こまめに入り切りするかはケースバイケースといえますが、エアコン代を節約するためには、稼働時間だけでなく、効率よく運転させるポイントを抑える必要があります。

 

エアコンを効率よく運転させるポイントに関しては、こちらの記事をご覧ください。

 

知っててよかったエアコンを長持ちさせる方法、ドライ機能はお金がかかる?エアコンが故障以外で冷えない方法 徹底解説

エアコンの臭いで悩んでいる方必見!臭いの元であるカビ・ホコリを除去する方法 徹底解説

 

出典 https://www.hitowa.com/holdings/info/view/32

 

久しぶりにエアコンを付けたらかび臭い

エアコンをつけるとくしゃみが止まらない

 

このような場合の解決方法は一つ、エアコンを掃除することです。

 

うちのエアコンは大丈夫!と思っている方、エアコンの風を出す送風ファンをチェックしてみてください。

意外とほこりがびっしりとついています。

これはただの汚れではなく、カビです。

エアコンの内部はカビの生育条件である酸素、栄養(ほこり)、温度、湿度が全て揃ってるのです。

 

そこで今回は、今回はエアコンの臭いの元であるカビ・ホコリを除去する方法をご紹介します。

 

 

エアコンが臭う理由


エアコンは室内の空気を吸い込んで、冷やした(または温めた)風を送り出しています。

その空気を吸い込む際に、室内のホコリや汚れなども一緒に吸い込んでしまい、そうした汚れが内部に徐々にたまっていきます。

 

エアコンの室内機の中では空気を冷やす過程で水分が発生しますが、そこにホコリがついてしまうと、カビが発生してしまいます。

特に気温、湿度が高くなってくる季節になるとカビの発生は加速します。

 

このカビが、エアコンの臭いの原因とります。

 

その他部屋の臭いに関してはこちらの記事をご覧ください。

 

部屋や玄関が臭くて困っている方必見!気になる玄関や部屋の臭いの原因と一瞬で消す方法

 

 

エアコンのカビが引き起こす病気


エアコンの掃除をせず、カビやホコリをそのままにしておくと、嫌な臭いがするだけでなく、エアコンがカビを室内にまき散らし、エアコンのカビが原因で病気を引き起こすケースがあることです。

 

エアコン内部に発生したカビは、涼しい空気と一緒にその胞子を飛ばしてしまいます。

つまり部屋中にカビの胞子が拡散されてしまいます。

エアコンの内部は、結露により湿気がたまり、カビが発生・増殖しやすい環境にあると言えます。

ひとくちにカビといっても様々な種類がありますが、エアコン内部に発生するのは黒カビであることが多いです。

また、カビは胞子を放出することで増殖していくとされているのですが、エアコン内部で黒カビが増殖した場合、その胞子が送風口から出され部屋中に広がってしまう危険性も考えられます。

そして、エアコンから放出されたカビやその胞子を吸い込むと、以下のような病気になる可能性があることも指摘されています。

 

・アレルギー性鼻炎
・呼吸器系疾患
・肺炎
・夏型過敏性肺炎「夏型過敏性肺炎」

 

などの危険性があります。

そのままにしていると慢性化して症状がさらに悪化、喘息や肺炎を引き起こす心配もあるので、気になる症状があったら、そのままにせず病院の診断を受けるようにしてください。

 

エアコン清掃の方法


カビをなんとかするには、プロに依頼しなければダメなのでしょうか。

エアコンクリーニングは家庭でできないと思われていますが、機能や汚れる場所を理解すれば簡単です。

 

 

シーズン前に清掃をしておくべきポイント


エアコンを清掃する際には、シーズン前とシーズン中での注意点があります。

特にエアコンをよく使うシーズン前に清掃ができているかどうかが、カビの繁殖防止につながります。

 

 

吹き出し口


割り箸などに掃除クロスや布を巻き付けて作った「お掃除棒」などを使って汚れを落とす。
作業する際には必ずコンセントを抜いて作業するようにしてください。

 

<吹き出し口の掃除の基本的な手順>

(1)安全のため、エアコンのコンセントを抜く。

(2)吹き出し口にあるルーバーを手で回し下げる。

(3)中性洗剤を薄めたものをタオルにしみこませて拭く。

(4)手が届きにくい部分も、定規にタオルを巻き付けるなどして拭く。

(5)コンセントをさし込み、電源を付けて「送風運転」をする。

 

 

フィルター


フィルターを外して水洗いをする。

油煙がついたり、汚れがひどい場合は中性洗剤を使用してしっかり落とすようにしてください。

作業する際には必ずコンセントを抜いて作業するようにしてください。

 

<フィルター掃除の基本的な手順>

(1)エアコンのカバーを開き、掃除機などでフィルターに付着したホコリを吸い取る。

(2)ホコリをまき散らさないように、ゆっくり慎重にフィルターを外す。

(3)掃除機などを使って、もう一度フィルターに付着したホコリを

吸い取る。
(4)お風呂場などで水洗いをして、陰干しをして、完全に乾燥させる。

 

 

本体周辺


エアコンの外回りを拭く。

特に上部は通気の穴があるので、ほこりが溜まりやすいポイントです。

伸縮性のハンディモップなどでほこりをとる。作業する際には必ずコンセントを抜いて作業するようにしてください。

 

 

試運転


内部に溜まっているカビの胞子を排気するため、窓を開けて10分ほど換気運転を行いましょう。

 

 

シーズン中に掃除をするときのポイント


毎日のようにエアコンを使う7~8月、12月~2月は、以下の3つを実行しましょう。

1 毎日「送風」! 内部の湿度を下げるために、送風運転(30 分ほど)を行う。

2 フィルターは2週間に1回、モップや掃除機を使って溜まっているほこりを取る。

3 本体周辺や吹き出し口は、2週間に1回モップなどでほこりを取る。

 

フィルター自動お掃除タイプのエアコンもありますが、これは表面のフィルターを掃除してくれますが、ダストボックスにはほこりが溜まるタイプもあるので、こちらも忘れずに捨てましょう。

この掃除を継続的にすることである程度の汚れは防ぐことができます。

 

 

最後に


フィルターが目詰まりしているエアコン(2.2kW)と、フィルターを月に1~2回掃除をした場合を比較すると、年間で31.95kWhの省エネ、約700円の節約にります(※経済産業省 資源エネルギー庁「省エネポータルサイト」参照)。

カビを除去し、エコで、節約にもなるエアコン掃除、ぜひ今日から始めてください。

 

その他、エアコン代の節約方法などに関してはこちらの記事をご覧ください。

 

知っててよかったエアコンを長持ちさせる方法、ドライ機能はお金がかかる?エアコンが故障以外で冷えない方法 徹底解説

 

 

エアコンから変な音がする原因と業者を呼ばずに直せる異音と直せない異音 徹底解説

 

出典 https://www.facebook.com/mitsubishidenki/videos/三菱ルームエアコン夏の日の夕方篇/1766957140027717/

 

季節が変わり、エアコンをつけようと思ったら異音がした。

 

経験がある方は多いと思います。

エアコンが壊れてしまったのかと焦りますよね。
しかし、異音の中でも、すぐ直る異音と直らない異音があります。

 

でも、エアコンを修理したり、買い替えるのはまだ早いかもしれません。

 

そこで今回は、エアコンから変な音がする原因と業者を呼ばずに直せる異音と直せない異音 に関してご紹介します。

 

 

エアコンから変な音がする異音の種類


音の種類によっては動作上する音で故障ではないものもあります。

 

狭い室内機の中で無理やり風を作るので、構造上どうしても音が発生してしまうのです。

 

風以外の音が出ている場合、故障の可能性があります。

それぞれの音について可能性をご紹介します。

 

 

故障ではなくお手入れや使い方で改善できる音


ポコポコ・ポンポンなど木魚をたたくような音

高気密住宅に設置したエアコンで発生しやすい音です。

エアコンのドレンホースから部屋の空気が入り、室内外で発生した結露の水がスムーズに流れずポコポコと音がすることがあります。
熱交換器に付いた湿気(水)は、室内機内の皿に落ちて、排水口から室外に排出されます。
水が排出された分、部屋は負圧になります。

排水管で鳴った音は、エアコンという箱の中で響いて、かなり大きいボコボコ音になります。

排水口に排水バルブ、消音バルブといったパーツを着ければ音は防げますが、定期的なメンテナンスが必要になります。

 

 

カタカタ・ガタガタという音
故障と間違えられる中で一番多いのではないでしょうか?
原因は主に4つあります。

 

1. フィルターが正しい位置にハマってない・軸がズレている
フィルター掃除した後フィルターをつけるときに失敗してるケース。
ちゃんとカチってなるまでハメないとエアコン稼働中にどこかが当たって音が鳴る可能性があります。

 

2. フィルターにホコリが溜まってる
フィルターにホコリが溜まっている場合、ファンの回転でホコリが飛び、エアコン内部に当たってカタカタ音を発生させます。

 

3. フィルターが割れている
フィルターが割れている場合もズレている場合と同じでファンが回るときに変な場所に当たってカタカタします。
フィルターが割れてた場合は買ったエアコンのメーカーに依頼して新しいフィルターを購入する必要があります。

 

4.エアコンカバーがハマってない
これはエアコン上部にあるカバーが掃除の後等カチッとなるまでハメるのを忘れているとカタカタ音がなる可能性があります。
閉めるときは左右を同時に押すようにするときちんとハマります。

 

 

エアコンの動作上する音


シュー・パチッという音
空気洗浄の機能であるストリーマ放電の音です。

 

ピシッ・パキッという音
運転開始時や停止時の温度変化でエアコンの樹脂部品が伸び縮みした時の音です。

 

温度や湿度の変化によって室内機の部品が膨張収縮して起こります。
プラスチックパーツが鳴る場合が多いく、作りが悪い室内機だと頻繁に大きな音が鳴るようです。

 

プシューという音
霜とり運転時や運転停止時にエアコン内部の冷媒の流れが切り替わるときの音です。
 
 

 

故障の可能性がある音


ピーピーという音が繰り返されるとき
電源プラグを抜くまたは、エアコン専用のブレーカーを切り訳1分間待った後で再度ピーピー音が鳴る場合は故障の可能性があるのでメーカー等に連絡しましょう。

 

ガラガラやガコンガコンなどといった音

 

永続的に続く音の原因は、ほとんどがファン周りです。
 
室内機の中で動いて、何かにぶつかるような音を出すのは、それくらいしかありません。
 
こういった音が出たら、物理的に何かが破損していますので修理を頼むしかありません。
 
自動ホコリ取り機能が付いた機種は、ホコリフィルターがきちんと収まっていなかったり、ずれている場合も異音がします。
 
ガガガとかベキベキとかいう音の場合もあります。
 
すぐに使うのをやめて業者に見てもらいましょう。
 
この場合は故障している可能性が高いため、そのまま使うと取り返しがつかないかもしれません。
 
なお、室外機から異音や騒音がする場合は、自分で対応できないケースが多いです。
 
ですので、もし室外機に異常があったら、なるべく早いうちに業者へ依頼してみてもらうことをおすすめします。

 
 

 
 

最後に


エアコンからのカタカタ音の原因は、故障ではなく室内機の汚れであることが多いです。

 

きちんと掃除することによって解消されることもありますが、掃除しても改善されないこともあるでしょう。
 

 
フィルター掃除しても直らなかった場合、原因として考えられるのはすでに述べましたがフィルターではなく、エアコン内部のファンについたホコリが原因のケースです。
 
しかしそれ以外にもエアコン本体のモーターが故障している、ベアリングのオイル不足など修理が必要なケースもあります。
 
この場合は目視で確認してエアコンのファン周辺のホコリがひどかった場合はまずエアコンクリーニング業者に掃除を依頼し、それでも直らなかった場合は修理業者に依頼するといいでしょう。

 

エアコン清掃に関してはこちらの記事をご覧ください。

 

エアコンの臭いで悩んでいる方必見!臭いの元であるカビ・ホコリを除去する方法 徹底解説

 

 

 

知っててよかったエアコンを長持ちさせる方法、ドライ機能はお金がかかる?エアコンが故障以外で冷えない方法 徹底解説

 

出典  https://www.mhi-mth.co.jp/cm/

 

エアコンで気になることといえば、故障代金のことがまず浮かぶと思います。

8月の水道光熱費の全国平均(2人以上)は1万9680円(※総務省統計局「家計調査」より)といわれています。

猛暑が続く中、エアコンや扇風機の利用は欠かせませんが、気になるのが電気代。

快適に生活しながら節約することはできないのか考えている方は多いのではないかでしょうか?

 

そこで今回は 知っててよかったエアコンを長持ちさせる方法、ドライ機能はお金がかかる?エアコンが故障以外で冷えない方法をご紹介します。

 

 

エアコンを長持ちさせるには


久しぶりに電源を入れたら動かないといった経験はありませんか?

エアコンを買い替える出費はかなりの痛手といえます。

でも、使い方次第でエアコンは長持ちするかもしれません。

 

古い家電を買い換える


10年前の家電に比べると、省エネ機能搭載の最新家電は電気代も安くなります。

買い換え時を検討する際は、使用中の機種と省エネ家電の電気代を比較できる環境省の「省エネ製品買換えナビゲーション しんきゅうさん」を参考にしてください。

https://ondankataisaku.env.go.jp/shinkyusan/

 

 

1ヶ月に1回は稼働させること


使う回数が少ないとエアコンの中にほこりがたまり故障の原因になります。

 

フィルターの清掃


フィルターにほこりがたまるとエアコンに大きな負荷がかかります。

二週間に一度はフィルターの掃除をしましょう。

また、室外機は、吹き出し口をふさがないことや、ワンシーズンに1回掃除することで、節電に繋がります。

 

 

コンプレッサーになるべく負担をかけないこと


冷房を使用する際はなるべく高めの温度で設定しましょう。低い温度設定はコンプレッサーに負担をかけます。

夏・冬と大活躍するエアコン。メンテナンスをしっかりして次のシーズンに備えておきましょう。

 

 

 

 

ドライ(除湿)機能はお金がかかる?


エアコンは冷房運転よりもドライ(除湿)の方が電気代がかかるという事を耳にしたことがある方も多いと思いますが、実際はどうなのでしょう?

 

ドライ機能には大きく分けて、室内の気温を下げつつ除湿をする弱冷房除湿(以前からある一般的な除湿機能)と室内の気温を下げずに除湿する再燃除湿(最近のエアコンについている機能)があります。

再燃除湿は取り込んだ空気を冷やすことで空気中の水分を取り除きましょう。

その後、そのまま室内に戻してしまうと室内が冷えてしまうため空気を温め直してから室内に戻しています。

そのように空気を温め直す分電気代が多くかかってしまいます。

 

エアコンにかかる電気代は再燃除湿>冷房>弱冷房除湿となりますがそれぞれ機能ごとに目的が異なるためどの機能も必要です。

特に再燃除湿機能は湿気が多く肌寒くなる梅雨の日などにとても役立ちます。

 

 

エアコン代金を節約する方法


真夏の高温多湿の気候では「冷房」設定以外にもエアコン代金を節約する方法があります。

 

温度は27~28℃


しかし、「冷房」設定でも、極端に低い温度にすれば電気代がかかります。

推奨されているのは28℃ですが、暑い時期はもう少し下げて暑くないかなと思う程度の温度がオススメです。

 

経済産業省 資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド春夏秋冬」の調べによると、夏場の「冷房」設定温度を27℃から28℃にしましょう。

 

わずか1℃上げるだけで、ワンシーズン820円の電気代節約になるそうです。

 

 

風量は「自動」設定でつけっぱなしに


エアコンは、室温を急激に冷やす際に、最も電力を消費します。

そのため、こまめにオン・オフするより、つけっぱなしの方が節電につながります。

 

1時間程度の外出時には、エアコンを切るよりつけっぱなしにすることで代金もかからないのです。

 

 

風量と風向きで代金節約を


風量も「自動」設定がオススメです。

室温を急激に冷やす際は強風に、適温になったら微風にと自動調節してくれるので、無駄がありません。

 

一方で、風向は、冷房→水平、暖房→下向き

「冷房」の際は、冷たい空気は下にたまるので、風向を水平にして部屋全体に冷たい空気がいきわたるようにするとよいです。

逆に、「暖房」の際は、暖かい空気は上にたまるので、風向を下向きにして部屋の下まで暖かい空気が届くようにしましょう。

 

 

 

エアコンが故障以外で冷えない理由


エアコンが故障以外で冷えないことがあるとご存じでしたか?

実は簡単なことで冷えるようになります。

 

エアコンがホコリで詰まっている


エアコンの冷房が効かないとき、最も可能性が高い原因はホコリです。

風の通り道であるフィルターやファンは掃除をしないとホコリがどんどんたまっていきます。

そうすると、風の通り道が悪くなるので冷房が効きづらくなります。

 

エアコンの能力と部屋があっていない


引っ越しやエアコンの移設などでよく起こるのがエアコンの能力と部屋の規模があっていないということです。

通常エアコンには適切な部屋の広さが畳数で8畳用10畳用などと設定されています。

想定以上に部屋が広い場合には、エアコンが効きづらくなります。

また、木造建築は空気が外に逃げやすいため鉄筋住宅よりも効きが悪くなります。

 

 

室外機に直接日光が当たっている。


室外機に日光が当たると名悦が逃げづらくなるためエアコンの効きが悪くなります。

もしエアコンが効いていたとしても、部屋を冷やすのに余計な電力を使うため、電気代が高くなってしまいます。

 

 

室外機の周りに物が置いてある。


室外機は室内の熱い空気を外に排出する役割を持っているため、室外機が汚れていたり、周りに物があったりすると熱が放出しにくくなり、冷房が効きづらくなります。

 

エアコンのガス漏れ


エアコンの配管には、冷媒ガスという熱を運ぶ役割をするガスがたまっています。

これが経年劣化による配管の腐食など何かの拍子でガスが漏れてしまうと温度調節がうまくいかず冷房が効かなくなってしまいます。

 

ガスの取り扱いは専門的な技術や知識が必要なため業者さんに連絡しましょう。

 

 

 

特に7月8月は取付け業者も繁忙期なので、取付けた後に確認をすることが重要だと言えます。

 

 

最後に


生活費の中でも特にかかるのが光熱費です。

その中でも、エアコンを使うシーズンの光熱費に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか?

今回ご紹介した方法で、節約できますので是非試してください。

 

エアコンに対するその他のお悩みに関してはこちらの記事をご覧ください。

 

エアコンから変な音がする原因と業者を呼ばずに直せる異音と直せない異音 徹底解説