簡単!クイズで学ぶアンチエイジング効果がある飲み物




甘酒は血圧の上昇を抑制し、血管を老けにくくする効果がありますが、甘酒を飲むタイミングとして一番適しているのはいつでしょうか?




1 朝

2 昼

3 夜









正解は 1の朝です。



朝は血圧を上げるホルモンが活発なので、朝食に飲むと血圧上昇を抑えるのに役立ちます。


米麹甘酒は「飲む点滴」とも言われ、ブドウ糖、オリゴ糖、アミノ酸(必須アミノ酸)、ビタミンB群といった栄養素が含まれており、免疫力をアップさせる効果が期待できます。




また、麹菌に含まれるペプチドという成分は血圧上昇に関わるホルモンの抑制に役立ちますが、その血圧を上げるホルモンが活発な朝に飲むとより効果的と言われています。



健康で元気に長生きをしたいというのは、多くの人が望んでいることだと思います。





そこで今回は、クイズ形式で 健康長寿に効果のある食べ物をご紹介していきます。











問題1



甘酒には肌年齢を老けにくくする効果もありますが、甘酒を飲むタイミングとして一番適しているのはいつでしょうか?


1 朝

2 昼

3 夜















答え






解説


正解は3の夜です。


加齢によってコラーゲンが減少し、肌を老けさせてしまいます。


酒かす甘酒にはコラーゲンの減少を抑える効果があり、美肌を作る作用があります


さらに、新陳代謝は夜に行われるため、夜に甘酒を飲むのが効果的です。


他にも、酒粕に含まれるレジスタントプロテインは脂を包み込んで体の外に排出する働きがあるため、食事と一緒に飲むことで肥満を防ぐのに役立ちます。


甘酒を飲むことによって、血管年齢・肌年齢の老化を防ぐだけでなく肥満も防ぐ甘酒はまさに、飲む点滴と呼ぶにふさわしい飲み物です。

















問題2



脳の健康に良いといわれている飲み物は次のうちのどれでしょうか?


1 コーヒー

2 牛乳

3 紅茶












答え







解説

正解は1のコーヒーです。

1日5杯までのコーヒー摂取は、糖尿病や心臓血管疾患のリスクを下げるということがハーバード大学の研究でわかっていましたが、脳の健康にもよいということがわかりました。


コーヒーをロースト(焙煎)する際に生成されるフェニルインダンという物質がその鍵を握っていることがわかりました。

フェニルインダンには、アルツハイマー病やパーキンソン病につながるアミロイドβというタンパク質が脳にたまるのを防ぐ働きがあるそうです。

つまり、この成分の多いコーヒー摂取により脳の病気になるリスクを下げることができるということがいえます。















問題 3



脳の老化を防ぐ効果もあるコーヒーですが、ある食べ物と一緒に取ることで効果が増します。
その食べ物とは次のうちのどれでしょうか?




1 クッキー

2 ケーキ

3 ビターチョコレート













答え




解説

正解は3のビターチョコレートです。



チョコレートが脳に効く理由は主に3つあります。



1 チョコレートにブドウ糖が多く含まれている

脳のエネルギー源として必要になるブドウ糖、なかでも菓子類に含まれる精白された糖分は吸収が早く30分ほどで脳に届くといわれています。


2 チョコレートにはビタミンEやナイアシンといったビタミン類や、カルシウム、マグネシウム、亜鉛といったミネラルなどの栄養分がバランスよく含まれている点。

これらの栄養素は脳の活動に不可欠なだけでなく、チョコレートに含まれるカフェインの仲間であるオブロミンには記憶力や集中力を高めたりやる気を出したりする効果が、ギャバには精神を安定させる効果が期待できます。



3 チョコレート特有の甘い香りには集中力を高める働きがある点。

さらにビターチョコレートにはクロロゲン酸とカカオポリフェノールが多く含まれているため、脳を活性化してくれます。
















問題 4



コーヒーはある食品と一緒に取ることで脂肪燃焼効果を高めてくれますが
そのあるものとは、次のうちのどれでしょうか?



1 ミックスナッツ

2 小魚

3 ピスタチオ














答え

1








解説



正解は1のミックスナッツです。



カフェイン、クロロゲン酸の効果が発揮され、高い脂肪燃焼効果を期待することができます。



加えて、ミックスナッツに含まれているレシチンが脳を活性化させてくれます。














問題 5



血管の老化を防ぐためにコーヒーを飲んだ方が良いタイミングは、食前、食後どちらでしょうか?



1 食前

2 食後















答え





解説

正解は1の食前です。



食前にコーヒーを飲むことでカフェインが血糖値の急上昇を抑えてくれます。



また、コーヒーに含まれるクロロゲン酸が脂質を分解します。


このクロロゲン酸は糖分の吸収をゆっくりにしてくれる働きもあります。



一方、食後に飲めば、胃酸の分泌が促され、スムーズに消化されます。


また、ーヒーに含まれるポリフェノールはメラニン色素の生成を抑える効果があるため、美白に効があります。



ポリフェノールは、食後に飲むコーヒーからが一番多く採取されるという研究結果が出ています。

1日3〜4杯なら病気のリスクを下げるとも言われていますが、コーヒーを飲みすぎると糖尿病のリスクが高まるという結果もあるため、飲み過ぎには注意しましょう。















最後に



いかがでしたでしょうか?

このように、健康長寿に効果のある食べ物・飲み物はまだまだたくさん存在します。




特にコーヒーのような身近な飲み物でも、脳の老化防止・血管の老化防止や脂肪燃焼など健康長寿に役立てる効果が多くあります。


コーヒーは様々な疾患の抑止効果もあるといわれていますので、コーヒーが少し苦手という方もいらっしゃると思いますが、コーヒーブレイクで心も身体も健やかになってみませんか?



自宅で美味しいコーヒーを入れたいという方にとても分かりやすい動画がありましたのであわせてご紹介します。



出典 https://youtu.be/HXI4HbT9bjo

  




異名当てクイズで学ぶ!美容・健康に効果のある食べ物

 

出典 https://www.youtube.com/watch?v=uVpG5vqfHdE

 

海のミルク

畑の肉

黒いダイヤ

これらはある食べ物の異名です。

何の食べ物かわかりますか?

 

 

正解はそれぞれ

 

海のミルク→牡蠣

畑の肉→豆腐

黒いダイヤ→トリュフ

となっています。

 

この異名は、見た目が似ているから付けられる場合もありますが、異名の多くは食べ物の持つ効能・効果を表しています。

 

そこで今回は、美容健康に効果があることからついた食べ物の異名をクイズ形式で ご紹介していきます。

 

 

 

 

問題1


王様の野菜の異名を持つ食べ物は次のうちのどれでしょうか?

 

1 ほうれん草

 

2 モロヘイヤ

 

3 春菊

 

 

 

 

 

答え

 

 

解説

正解は2のモロヘイヤです。

 

アラビア語で王様だけのものという意味をもつモロヘイヤは、まさに王様が独り占めしたくなる高い栄養価が含まれています。

中でも、にんじんの1.4倍のカロチンを含み、ビタミンA・B・C、カリウム、カルシウム、鉄分も食べ物の中でもトップクラスを誇ります。

 

青汁の材料として使われていることも多く、そのため、動脈硬化、糖尿病、高血圧、骨粗鬆などの予防にも効果があります。

 

 

 

 

 

問題2


クレオパトラの美容食の異名を持つ食べ物は次のうちのどれでしょうか?

 

1 デーツ

2 干しブドウ

3 ナッツ

 

 

 

 

答え

 

 

解説

 

正解は1のデーツです。

 

デーツは砂漠の過酷な条件で生育し、その生命力の強さから生命の木、世界三大美人のクレオパトラも愛しクレオパトラの美容食とも呼ばれています。

 

デーツは栄養価として、美肌作りに欠かせないビタミンBやベータカロテン、むくみ対策に必要なマグネシウムや、アンチエイジング効果の高いポリフェノール、健康な髪や爪を作る亜鉛なども含んでいます。

 

体の内側からトータルにケアしてくれるフルーツといえます。

 

 

 

 

問題 3


食べる日焼け止めの異名を持つのは○○のリコピンですが、○○に入る食べ物は次のうちのどれでしょうか?

 

 

1 ナス

2 きゅうり

3 トマト

 

 

 

答え

 

 

 

解説

 

正解は3のトマトです。

リコピンはトマトに多くふくまれており、完熟トマト1kgあたり約50mgのリコピンが含まれています。

リコピンが持つ抗酸化作用はビタミンEの約100倍といわれています。

抗酸化力がとても高いため、紫外線によるシミやシワの原因である活性酸素を除去する作用があります。

 

そのため、リコピンは食べる日焼け止めの異名を持ちます。

 

リコピンは他にも色々な効果があるため、トマトが赤くなると医者が青くなると言う言葉もあるほどです。

リコピンは、活性酸素を原因とする視覚機能の低下に有効であるといわれています。

また、加齢によって起こる白内障や黄斑変性症などの視覚障害の予防や改善にはルテイン(カルテノイドの一種)が効果的ですが、リコピンもルテインとの相互作用で効果を発揮することが明らかとなっています。

さらにリコピンの持つ抗酸化作用は、悪玉(LDL)コレステロールの酸化を抑え、血流を改善します。

 

リコピンの血流改善作用は代謝の活発化につながるため、肥満を予防し生活習慣病の改善効果が期待されています。

 

 

 

 

問題 4


飲む点滴の異名を持つ飲み物は、次のうちのどれでしょうか?

 

 

1 甘酒

2 緑茶

3 コーヒー

 

 

 

答え

 

1

 

解説

 

正解は1の甘酒です。

米麹甘酒は「飲む点滴」とも言われ、ブドウ糖、オリゴ糖、アミノ酸(必須アミノ酸)、ビタミンB群といった栄養素が含まれており、免疫力をアップさせる効果が期待できます。

 

麹菌に含まれるペプチドという成分は血圧上昇に関わるホルモンの抑制に役立ちますが、その血圧を上げるホルモンが活発な朝に飲むとより効果的と言われています。

 

酒かす甘酒にはコラーゲンの減少を抑える効果があり、美肌を作るのにも最適です。

 

新陳代謝は夜に行われるため、夜に甘酒を飲むのが効果的です。

他にも、酒粕に含まれるレジスタントプロテインは脂を包み込んで体の外に排出する働きがあるため、食事と一緒に飲むことで肥満を防ぐのに役立ちます。

 

甘酒を飲むことによって、血管年齢・肌年齢の老化を防ぐだけでなく肥満も防ぐ甘酒はまさに、飲む点滴と呼ぶにふさわしい飲み物です。

 

 

 

 

問題 5


森のバターの異名を持つ食べ物は次のうちのどれでしょうか?

 

 

1 パパイヤ

2 アボカド

3 かぼちゃ

 

 

 

答え

 

 

解説

 

正解は2のアボカドです。

 

アボカドの食べられる部分の20%は脂肪分ですが、脂肪の8割がリノール酸やオレイン酸といわれる不飽和脂肪酸のため悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにしてくれるので、動脈硬化予防の他、抗酸化作用もあります。

 

良質な脂肪分が豊富に含まれることから、森のバターの愛称で親しまれるアボカドですが、10種類以上のビタミンと、10種類以上のミネラルを豊富に含んでいます。

 

果物の中でとても栄養が豊富なため、世界一栄養価が高い果物としてギネスに認定されています。

 

アボカドには、良質な脂肪分「不飽和脂肪酸」・食物繊維・グルタチオン・ビタミンE・ビタミンA・ビタミンC・ビタミンB群・葉酸・カロテン・カリウム・カルシウム・鉄・マグネシウム・銅・亜鉛・リン などが含まれています。

 

アボカド1個でごはん1膳分と同じカロリーのため、カロリーを気にする方は半分にするなど気にするとよいでしょう。

 

最後に


いかがでしたでしょうか?

このように、美容効果のある食べ物はまだまだたくさん存在します。

今後もご紹介していく予定ですので参考にしてください。

 

こちらの記事ではランキング形式で美容効果のある食べ物をご紹介しています。

ランキングで学ぶ!美容効果のある食べ物

ランキングで学ぶ!美容効果のある食べ物

 

出典 https://www.youtube.com/watch?v=lYsF8QqTFr4

 

甘いお菓子

スナック菓子

ピザ

揚げ物

フライドポテト

マーガリン

 

これらに共通することは、肌荒れやニキビの原因になりやすい食べ物ということです。

 

肌荒れやニキビの原因になりやすい理由は、脂肪分が多いものや刺激物は皮脂の分泌を増やし、肌のバランスを崩れやすくするためです。

 

普段から意識して摂取を控えることで予防につなげることが重要です。

 

 

反対に、肌荒れに有効な食べ物や飲み物は何でしょうか?今回はランキング形式で美肌に効果のある食べ物をご紹介していきます。

 

 

5位 鮭


 

鮭を食べるだけで、ビタミンに鉄分、タンパク質と多くの栄養を効率的に摂取することができます。

 

さらに、鮭には、アスタキサンチンという成分が含まれています。

 

このアスタキサンチンは、ビタミンEの1000倍もの抗酸化力を持っているため、アンチエイジングや美白に効果的な食材です。

 

その他にも、鮭に含まれているDHAやEPAは、オメガ3脂肪酸に分類され、血液中のコレステロール値を下げたり免疫力を上げたりして、様々な病気を予防する効果が期待できます。

 

 

 

4位 デーツ(ナツメヤシ)


 

デーツは、ヤシ科の高木ナツメヤシの実です。

デーツは砂漠の過酷な条件で生育し、その生命力の強さから生命の木、世界三大美人のクレオパトラも愛しクレオパトラの美容食とも呼ばれています。

 

デーツは栄養価として、美肌作りに欠かせないビタミンBやベータカロテン、むくみ対策に必要なマグネシウムや、アンチエイジング効果の高いポリフェノール、健康な髪や爪を作る亜鉛なども含んでいます。

 

体の内側からトータルにケアしてくれるフルーツといえます。

 

 

 

3位 オリーブオイル


 

オリーブオイルに入っているオレイン酸は、体の皮に含まれているもので、皮脂を修復し、肌を整えてくれる効果が期待できます。

 

また、βカロチン、ビタミンE、ビタミンK、普段の食事では摂取しにくいポリフェノールまで入っています。

 

オリーブオイルに含まれるビタミンEは、血行を促進するため、頭皮環境を整えて抜け毛を予防する効果があります。

また抗酸化作用によって、抜け毛や白髪の原因になる活性酸素を抑える効果もあります。

 

ただし、オリーブオイルはカロリーが高いため、1日大さじ1~2杯程度飲むのがおすすめです。

 

 

 

2位 トマト


 

トマトは完熟期になると活性酸素を除去するリコピン・ビタミン・ミネラルが大幅に増加し、様々な病気を防ぐ栄養素がたっぷりなため、医者いらずといわれるほどたくさんの効果があります。

特にリコピンには、強力な抗酸化力から得られ、血糖値を下げる,動脈硬化の予防、喘息の改善、美白効果、ダイエット効果などがあると言われています。

リコピンには、強力な抗酸化作用があるため、紫外線が肌に当たると活性酸素が発生し、シミやシワ、たるみの原因を防ぎます。

 

またリコピンにはシミの原因になるメラニンを生成するチロシナーゼの働きを抑制する効果があります。

 

 

 

1位 ビーツ


 

ビーツとは、ロシア料理のポルシチによく使われている赤いカブのような野菜です。

 

日本での産地は長野県や愛知県、静岡県などで、夏から秋にかけてが旬で、奇跡の野菜との異名を取るほど高い栄養素を誇っています。

 

ビーツはカリウム、ナトリウム、カルシウムなどのミネラルやナイアシン、パントテン酸などのビタミンB類、食物繊維などが含まれるほか、ベタシアニン、ベタインなどほかの作物にはなかなかない成分が含まれています。

 

さらに近年ではビーツに含まれるラフィノースというオリゴ糖の働きや、ビーツの赤色を示すベタシアニン、ベタキサンチンが持つ抗酸化作用、さらに血管拡張作用のあるNO(一酸化窒素)の、体内での産生を促進する成分が含まれており、その生理作用に注目が集まっています。

 

NOには血管の筋肉を柔軟にして血流をスムーズにするという働きがあります。

 

血流がよくなることにより、冷えやむくみ予防、美肌効果、ダイエット効果、エイジングケアも期待できます。

 

 

 

最後に


いかがでしたでしょうか?

このように、美容効果のある食べ物はまだまだたくさん存在します。

今後もご紹介していく予定ですので参考にしてください。

 

ランキングで学ぶ!効果効能が多い食べ物

 

出典 https://www.youtube.com/watch?v=5VBLcJUicNY

 

ダイエットに効果のある食べ物は〇〇

美容に良い食べ物は〇〇

長生きには〇〇が良い

 

などいろいろな効果がある食べ物があります。

 

しかし、その数が多すぎて、何が身体によいのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか?

 

そこで、今回は効果効能が多い食べ物を効果の数が多い順にランキング形式紹介します。

 

こちらの記事では、クイズ形式で食べ物の効果をご紹介していますので、あわせてご覧ください。

 

 

 

 

第一弾

 

簡単!クイズで学ぶ○○の効果がある食べ物

 

 

第二弾

 

簡単!クイズで学ぶ○○の効果がある食べ物 2

 

 

それでは早速10位からの発表です。

 

10位-1 いわし


 

 

いわしに含まれているラクトトリペプチドは頭皮環境を整える効果があります。

 

いわしに含まれているラクトトリペプチドは血管を改善し、血管のつまりを予防する他、血流の流れを良くする効果があります。

 

また、血管を改善することで、頭皮環境の毛細血管にも髪の毛に必要な栄養素を送り届けやすくする働きをしてくれます。

 

育毛には直接関係があるものではありませんが、硬くなった血管の改善をし、血流を良くすることにより、頭皮の血行を良くし頭皮環境を整えることをサポートしてくれます。

 

 

目次へ戻る

 

 

 

10位-2 ヨーグルト


 

 

ヨーグルトに含まれている乳酸菌・ビフィズス菌で美しい腸内フローラを作る効果があります。

 

腸内環境の良し悪しが、糖尿病、心臓疾患、肥満、ガンなどといったいろんな病気・症状の発症に深く関わっています。

 

そのため、腸内に存在している細菌のバランスを、咲き乱れるお花に例えていることから名づけられた、腸内フローラが注目されています。

 

理想的な腸内環境は「善玉菌2:悪玉菌1:その他の細菌7」という比率だと言われています。

ヨーグルトに含まれている乳酸菌・ビフィズス菌はこの環境づくりに必要不可欠です。

 

目次へ戻る

 

 

 

10位-3 チョコレート


 

 

チョコレートに含まれているカカオポリフェノールで善玉コレステロールの数値を上げることが出来ます。

 

コレステロールには、悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)があり、それぞれに設けられている役割というものがあります。

悪玉であるLDLコレステロールは肝臓で作られた後、血流に乗って全身に運ばれて有効に使われます。

その量が多くなりすぎてしまうと血中に溜まり、行き場のなくなったLDLコレステロールは動脈の内側の壁に入り込むようにり、それが蓄積することによって動脈硬化の発症に繋がりやすくなります。

一方、善玉であるHDLコレステロールは小腸などで作られ、動脈の内側の壁に溜まったLDLコレステロールを取り除き、肝臓に回収するという働きがあり、このことから善玉コレステロール(HDL)と呼ばれています。

 

HDLコレステロールは多すぎても少なすぎても、健康状態が悪化しますが、生活習慣の乱れがHDLコレステロールの減少につながります。

 

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールに、血中内の善玉コレステロールの値を、非常にはっきりと上げる作用があり、血管が健康になる効果が期待できます。

 

目次へ戻る

 

 

 

 

7位 2つの効果があるブロッコリー


 

 

ブロッコリーは、大変栄養的にすぐれた野菜で、生のブロッコリーのビタミンCはレモンの2倍も含まれています。

ブロッコリーには、ビタミンC・βカロテン・ルテインといった非常に強力な抗酸化作用を持っており、これら3つをバランスよく含んでいる食品は貴重です。

 

ブロッコリーは近年、テレビなどのメディアでも取り上げられており、多くの効果が期待できますが、代表的な効果をご紹介します。

 

 

1 ブロッコリーに含まれるイソチアネート・スルフォラファンががん予防に効果的です。

 

アブラナ科特有のイソチオシアネートには、がん予防、老化防止などの効果が期待されます。

同じ抗がん物質として、ブロッコリーに含まれるスルフォラファンは、特に新芽部分に多く、ブロッコリースプラウトとして人気があります。

スルフォラファンは、持続効果が非常に長く続く抗酸化作用を持つ栄養素で、その持続力はビタミンCの20倍と言われており、胃の中のピロリ菌を減らしてくれる効果もあることから胃がん予防にも効果があります。

 

 

2 ブロッコリーに含まれるケルセチンで間接の負担を和らげます

 

ブロッコリーに多く含まれるケルチセンはフラボノイドの一つで、ビタミンCの働きを助ける栄養です。

また、血管をしなやかにしたり、活性酸素によるダメージを防ぐ働きにより注目されています。

ケルチセンは関節炎でつくられる活性酸素を除去し、炎症・痛みを抑制する効果があります。

 

目次へ戻る

 

 

 

6位 3つの効果がある枝豆


 

 

ビールのお供に最適な枝豆ですが、栄養素が豊富で身体によい食品です。

栄養素が豊富なため、様々な効果が期待できます。

 

1 枝豆に含まれるモリブデンで二日酔い対策になります。

 

モリブデンは肝臓に多く存在し、有害物質の分解、排出に欠かせない栄養成分です。

さらに、枝豆にはメチオニンやオルニチンと呼ばれるアミノ酸・ビタミンB群も多く含まれており、これらにはアルコールの分解を促したり肝機能を強化したりする効果があります。

 

このため、枝豆には二日酔いの症状を抑える効能が期待できます。

 

二日酔いで困った人必見!飲む前に押すツボ

 

 

2 枝豆にはイソフラボンが含まれており、女性ホルモンの働きを助けてくれる効果があります。

 

枝豆には女性ホルモンと似た働きをしてくれるイソフラボンも多く含んでいます。

イソフラボンは、女性ホルモンの働きを助け、バランスを整えてくれます。

また、枝豆には鉄分も多く含まれており、貧血の予防に効果的です。

 

 

 

3 枝豆にはビタミンCとタンパク質が含まれているため、シミ・そばかすの予防に効果があります。

 

大豆にはない栄養素ビタミンCが、枝豆には含まれているため、メラニンの生成を抑制したりして、シミを予防改善する効能が期待されています。

枝豆には、多くの野菜と異なり、植物性のたんぱく質が豊富に含まれています。

 

肌を支えるコラーゲンは植物性タンパク質から作られます。

 

目次へ戻る

 

 

 

5位-1 4つの効果があるバナナ


 

 

バナナは栄養価が高く非常に優れた果物です。

カロリーが低いにもかかわらず、豊富な栄養成分があるため、ダイエットにも向いている食品です。

 

バナナにはダイエット以外にもたくさんの効果があります。

 

1 バナナに多く含まれるカリウムは血圧を下げる効果があります。

 

血圧が高くなる原因の一つがナトリウムですが、カリウムはこのナトリウムを減少させる効果があるので、血圧を下げる効果があります。

 

 

2 バナナには食物繊維が多く含まれているため、便秘解消効果があります。

 

ただ便秘解消のためにバナナを食べる場合は、レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)が多く含まれている、あまり熟していないバナナを食べるほうがより効果が高まります。

 

3 バナナには抗酸化物質であるポリフェノールも含まれているため、アンチエイジングに効果があります。

 

ポリフェノールは老化の原因になってくる活性酸素を除去してくれる作用があるため、アンチエイジングに非常に効果的です

 

4 バナナにあるトリプトファンとビタミンBで幸せ効果があります。

 

幸せホルモンと呼ばれるセロトニンは、バナナの栄養素であるトリプトファンとビタミンBによって作られます。

 

心のバランスを保つ神経伝達物質セロトニンをコントロールして幸せになる方法

 

目次へ戻る

 

 

 

5位-2 4つの効果がある キウイフルーツ 


 

 

キウイフルーツは1個当たり50kカロリーと低く、栄養素が高いため、バナナと並んでダイエット効果が期待できるフルーツです。

 

キウイフルーツにもダイエット以外の効果がたくさんあります。

 

 

1 キウイフルーツにはビタミンCが多く含まれているため美肌に効果があります。

 

キウイフルーツに含まれているビタミンCが日光や煙、汚染された大気による肌細胞の損傷を防ぎ、シワを和らぎ、ハリのある肌にしてくれます。

 

 

2 キウイフルーツには食物繊維が多く含まれているため、便秘解消効果があります。

 

食物繊維は主に水溶性不溶性の二種類に分けられそれぞれ腸への働き方も違います。

水溶性食物繊維は水に溶けるので腸の粘膜を保護してくれたり便を柔らかくしてくれるので、便秘の予防解消につながります。

不溶性食物繊維は腸を刺激して蠕動運動を促したり便の量を増やしたりする働きがあります。

キウイフルーツにはこの二つの食物繊維が含まれています。

 

 

3 キウイフルーツに含まれる抗酸化作用やセロトニンの作用で睡眠の質を改善する効果があります。

 

キウイフルーツには、強力な抗酸化作用があり、免疫システムの機能の強化、細胞の保護や修復を促進するなど、とても優れた果物です。

睡眠不足は抗酸化レベルの低下と関連していることから、抗酸化ビタミンCは、睡眠時無呼吸に関連する心血管疾患の治療に有効であるという研究結果が出ています。

 

 

4 キウイフルーツに多く含まれるカリウムは血圧を下げる効果があります。

 

血圧が高くなる原因の一つがナトリウムですが、カリウムはこのナトリウムを減少させる効果があるので、血圧を下げる効果があります。

キウイフルーツに含まれているカリウムは約301mgで果物の中ではトップクラスです。

 

 

目次へ戻る

 

 

 

3位 5つの効果があるニンジン


 

 

1日の野菜の摂取量は350gといわれていますが、人参1本で約150~200g(54kcal)をとることが出来ます。

 

人参はβカロテンが多く含まれているため、アンチエイジングに効果があることで知られていますが、それ以外にも効果があります。

 

 

1 人参に含まれているβカロテンは免疫力アップの効果もあります。

 

人参に含まれるβ-カロテンは必要に応じて、ビタミンAに変換され皮膚や鼻、
のどなどの粘膜を丈夫にして正常に保つ働きがあり、細菌に対しての免疫力を高めてくれる効果があります。

そのため、インフルエンザや風邪の予防に効果的です。

 

 

 

2 人参に含まれているβカロテンは動脈硬化を予防する効果があります。

 

人参に含まれるβ-カロテンは活性酸素を除去する働きがあります。

活性酸素を除去することでコレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化を予防する効果が期待できます。

 

 

3 人参に含まれるビタミンAは美肌効果があります。

 

人参にはビタミンAが沢山含まれています。

ビタミンAは皮膚や粘膜の新陳代謝を活発にしてくれる効果があります。

このビタミンAの効果により、肌の代謝が促進され、肌のシワやたるみの改善に繋がり、ハリのある健康的な肌に近づけることが期待できます。

またビタミンAには肌の老化を早める活性酸素を抑える働きも持っています。

 

 

 

4 人参に含まれるルテインを摂取することで、がん病予防につなげることを期待できます。

 

眼の水晶体に含まれるルテインは、ブルーライトを吸収してダメージを抑えたり、持ち前の抗酸化作用によって活性酸素を除去したりといった働きがあります。

ルテインは体内で生成することが出来ないため、基本的には食べ物から摂取する必要があります。

人参にはルテインが含まれていますので、摂取することで眼病予防につなげることができます。

ただし、人参だけでは十分なルテインを摂取することは難しいため、サプリメントも併用しましょう。

 

 

ルテイン以外にも、人参に含まれるβカロテンには抗酸化作用があり、眼病の原因となり得る活性酸素を除去するはたらきがあります。

 

 

5 人参に含まれるクマリン・鉄分はむくみ改善・冷え性予防の効果があります。

 

人参は、血液の状態を正常に保つクマリン造血に欠かせない鉄分なども含まれます。

身体の冷えからくる、むくみ解消と冷え症の改善効果があります。

また、胃を丈夫にして食欲を増進する働きがあり、保温作用があるので、冷え症や低血圧改善以外にしもやけにも効果があります。

 

目次へ戻る

 

 

 

3位 6つの効果がある納豆


 

 

納豆といえば健康食品の代表的な食品ですが、実際にたくさんの効果があります。

 

 

1 納豆に含まれるナットウキナーゼには血液をサラサラにする効果があります。

 

ナットウキナーゼは、大豆を製造する過程で作られるため、納豆にしか含まれていない栄養です。

ナットウキナーゼは、血栓を予防したり、血栓を溶かす酵素を活性化させる効果があります。

 

そのため、血液をサラサラにする効能があり、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞など血管系の病気を予防する効果が期待できます。

 

 

 

2 納豆に多く含まれるたんぱく質により、髪や筋肉、皮膚を健康に保つ効果があります。

 

納豆の原料である大豆には植物性のタンパク質が非常に多く含まれています。

大豆は植物性食品の中で例外的にタンパク質を多く含みます。

植物性のタンパク質は脂質をほとんど含まずに摂取できるため、貴重な栄養源と言えます。

納豆に含まれているタンパク質は主にカラダの主成分となる栄養で、筋肉や髪、皮膚、爪を健康に保つ効果があります。

 

 

3 納豆に含まれているイソフラボンには骨粗鬆や更年期障害を予防する効果があります。

 

イソフラボンとは、納豆の大豆の胚芽に多く含まれるフラボノイドの一種です。

イソフラボンには強い抗酸化作用があり、老化を防止するアンチエイジング効果やコレステロール値の抑制、免疫力を高める効能などもあります。

また、イソフラボンには更年期障害や骨粗鬆症の予防などの効果などが挙げられます。

 

 

4 納豆に含まれているレシチンには記憶力の向上、認知症の予防効果があります。

 

レシチンとはリン脂質の一種でリン酸と脂質が結合してできた栄養成分です。

レシチンには、アセチルコリンという記憶に関係した神経伝達物質の生成を促す作用があり、記憶力の向上や認知症の予防に効果が期待されます。

 

 

5 納豆に多く含まれるモリブデンは貧血予防の効果があります。

 

モリブデンは豆類や大豆製品に多く含まれており、特に、納豆に多くのモリブデンが含まれています。

モリブデンはミネラルに分類される栄養で、キサンチンオキシダーゼの補酵素になる働きがあります。

キサンチンオキシダーゼは尿酸の産生を促す効果があります。

また、モリブデンは鉄分の利用を促し、貧血を予防する効果も期待されます。

 

 

6 納豆に含まれる大豆サポニンにはコレステロール値の上昇を抑制する効果があります。

 

大豆サポニンとは、大豆に含まれている苦味や渋み成分のことで、コレステロール値の上昇を抑制したり、中性脂肪や血圧を低下させる効果があります。

ほかにも、大豆サポニンには、肝機能障害の改善、がん予防、抗酸化用による老化防止などの効果も期待されています

 

目次へ戻る

 

 

2位 7つの効果があるリンゴ


 

 

ウェールズ地方に1日1個のリンゴは医者を遠ざけるという言葉があるそうです。

この言葉通り、リンゴは健康をもたらす効果に優れています。

 

 

1 リンゴに含まれる食物繊維ペクチンが喘息予防効果に優れています。

 

リンゴの食物繊維ペクチンがヒスタミンの過剰分泌を抑えることで、喘息を予防する効果が現れるようです。

ヒスタミンの抑制は、喘息だけでなく、アレルギー性の病気の予防にも役立ち、花粉症やアトピー性皮膚炎などにも効果があります。

 

 

 

2 リンゴに含まれているペクチンは血液系の病気の予防にも効果があります。

 

リンゴに含まれるペクチンは血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを分解するため、血液をサラサラにし、血液系の病気を予防してくれます。

リンゴには血中の脂肪過多で原因で起こる心臓病や脳卒中などの予防効果があると言えます。

 

 

3 リンゴに含まれるポリフェノール・フルクトースは糖尿病の改善に効果があります。

 

リンゴに含まれるポリフェノールがインスリン感受性を改善し、特に2型糖尿病患者に対して有効であるとの見解が出されています。

また、リンゴの果糖フルクトースは比較的、体に吸収される量が少ないことも2型糖尿病の改善に役立つようです。

さらに、リンゴに含まれるペクチンが、腸にはたらきかけ、糖質の吸収を穏やかにします。

 

 

4 リンゴペクチンは腸内環境も改善します。

 

リンゴに含まれるペクチンは、腸内環境を改善する作用が非常に高いことがわかっています。

腸内細菌の最適なバランスを維持するのに加え、腸壁の機能改善にも効果があるため、毒素や内臓脂肪の蓄積、炎症を抑え、肥満やそれに由来する病気を予防できると考えられます。

また、リンゴの皮に含まれる食物繊維(ペクチンも含む)は便秘の解消にも優れた効果があることも広く知られています。

 

 

5 リンゴに含まれる豊富な抗酸化物質により、アルツハイマー予防効果があります。

 

リンゴに含まれる豊富な抗酸化物質により、食事中の酸化原因を取り除く作用に優れています。

そのため、リンゴジュース濃縮物は食事後に脳の神経伝達物質アセチルコリンの量を維持する効果にも優れているというデータがあります。

リンゴはアルツハイマー等の予防にも効果的であることが示唆されています。

 

 

6 りんごに含まれる抗酸化物質は、関節機能の改善効果もあります。

 

りんごに含まれる抗酸化物質は、炎症の原因となる活性酸素を抑制する働きがあり、これが関節の機能改善に効果的であると考えられます。

 

 

 

7 リンゴに含まれているクエン酸・リンゴ酸で疲労回復の効果があります。 

 

クエン酸とリンゴ酸は体内の酸性物質をエネルギーにし弱アルカリ性に変え身体のバランスを治してくれる効能があります。

クエン酸やリンゴ酸には、疲労物質と言われている乳酸の生成を抑制する効果があります。

 

 

目次へ戻る

 

 

1位 8つの効果があるトマト

 

 

ヨーロッパの古い言い伝えで、トマトが赤くなると医者が青くなるということわざがあるそうです。

完熟期になると活性酸素を除去するリコピン・ビタミン・ミネラルが大幅に増加し、様々な病気を防ぐ栄養素がたっぷりなため、医者いらずといわれるほどたくさんの効果があります。

 

 

1 トマトに多く含まれているリコピンはがんを予防する作用があります。

 

がんとは、体内に活性酸素が必要以上に増加していることが大きな原因の一つです。

活性酸素は細胞を酸化させることで、体内がさびてしまいます。

トマトは、活性酸素を抑制し、細胞を新しくしてくれる働きが抗酸化と言います。

トマトに含まれるリコピンは、抗酸化力が強く、人参に含まれるβカロテンの2倍、ビタミンEの100倍も含まれています。

よく熟した赤色のトマトや加熱した方が、リコピンの吸収率は3~4倍に上り、多く摂取することができます

ビタミンCやリコピンなどの抗酸化栄養素が豊富で、ガンの原因物質として有名な活性酸素の除去・抑制効果に優れています。

 

また、βカロチン類を摂ることは、直腸ガンの予防にも優れていると言われています。

 

 

 

 

2 トマトに含まれるカリウムには心臓病のリスクを減らす効果があります。

 

トマトに含まれるカリウムが摂りすぎてしまったナトリウムを体外に排出してくれる効果があり、これが心臓病になるリスクを抑えてくれます。

 

また、トマトに含まれる食物繊維、ビタミンC、コリンは、血圧を下げ、血流を改善し、血管神経系の機能改善にも優れているため、心臓を健康な状態に保つ作用に優れた栄養素です。

 

 

 

3 トマトに含まれるリコピンは糖尿病を抑える効果もあります。

 

トマトに含まれるリコピンには血糖値の上昇を抑え、インスリン抵抗性の改善に効果があるという結果が出ています。

 

 

 

4 トマトは食物繊維が豊富なため、腸にいい食べ物です。

 

トマトは水分含有量が高く、食物繊維も豊富なことから、便秘を改善し定期的な排便を促進する効果もあります。

特に食物繊維は水溶性と不溶性を両方ともに含んでいることに加え、トマトはカリウムも含まれることから、腸の運動を活発化し、便秘の改善に効果的であるとされています。

 

 

5 トマトに含まれるルテインは白内障などの予防に効果があります。

 

トマトに含まれるルテインは眼病を予防する作用が高い栄養素ですが、同じファイトケミカルの一種であるゼアキサンチンと一緒に摂取することでその作用が高まることがわかっています。

ルテインとゼアキサンチン両方を含むことから、眼病予防には最適な食品と言われています。

 

 

6 トマトに多く含まれる葉酸には不妊の改善・予防効果があります。

 

トマトに多く含まれる葉酸はタンパク質などの合成を促し、胎児の体の発育や細胞の生成にはたらき、妊娠前および妊娠中に不可欠な栄養素です。

また、男性側としては精巣内のリコピン濃度を高めれば精液の中に含まれる精漿のリコピン濃度も高められるとともに精子の運動も促進し、妊娠の確率を上げるとされています。

 

 

 

7 トマトに含まれる葉酸やリコピンは、うつ病の改善にも効果的です。

 

葉酸は、血液や他の栄養素が脳に供給されるのを阻害するホモシステインの過剰生成を防ぎ、うつ病の改善に効果があるといわれています。

 

 

 

8 トマトに含まれているクマル酸が喫煙や副流煙から守ってくれます。

 

トマトに含まれている、クマル酸やクロロゲン酸は、タバコの煙から保護する作用のある栄養素です。

トマトはこれらを2つとも含むため、タバコを原因とする病気の予防効果に優れているとされています。

 

 

 

 

ものを飲み込む時にむせる方必見!嚥下障害の原因と対処法 徹底解説

https://www.kobayashi.co.jp/enjoy/ch/

 

年齢を重ねるにつれて

 

視力の低下

疲れがとれない

体力の低下

シミやシワ、白髪

体重増加

お酒に弱くなった

 

身体に様々な変化を感じるようになってきますが、意外なところにも影響が出てきます。

 

そのうちの一つが嚥下(えんげ)障害です。

 

 

嚥下障害とは


「嚥下」とは、口の中のものを飲み込んで胃に送ることです。

 

飲み込む動作が上手くできない状態を嚥下障害といいます。

食べ物を上手く飲み込めないと食事が取りづらくなるため、「低栄養や脱水を起こす」「食べ物が喉に詰まって窒息する」といった危険があるほか、高齢者の命を脅かす病気「誤嚥性肺炎」を引き起こす原因にもなります。

 

嚥下障害の特徴


以下のような症状が表れたら嚥下障害かもしれません。

 

食事中によくむせる

以前はむせなかったのに、時々むせるようになった

食事中や食後によく咳が出る

食べ物がのどにつかえる感じがする

食べ物をお茶や味噌汁などで飲み込むことが多い

食後に声がかれたり、ガラガラ声になる

むせやすい食べ物を避けている

飲み込んだ後も、口の中に食べ物が残っている

 

などの症状が主に表れます。

 

食事中にむせる


特にむせやすいのは、味噌汁やお茶などの水分、または水分と固形物の入り混じった食べ物です。

むせるのを避けようと水分を多く含むものをあまり取らなくなると、脱水につながります。

飲食物だけでなく、自身の唾液でも咳き込む場合があります。

 

 

固形物を噛んで飲み込めなくなる


硬い食べ物はよく噛まないと飲み込めないため、麺類などの柔らかいものや、噛まずに食べられるものを好むようになります。

その結果栄養が偏り、低栄養につながります。

 

食事をすると疲れる、最後まで食べきれない


時間をかけてよく咀嚼しなければ飲み込めなかったり、飲み込んでも口腔内に食べ物が残ったりするため、食事に時間がかかるようになります。

食べられるものも制限されるため、食事自体の楽しみが奪われ、食べる意欲の低下につながります。

場合によっては食事の途中で肉体的・精神的に疲れてしまい、出されたメニューをすべて食べきれないこともあります。

 

食事の後、声がかれる


声質の変化も、よく見られる症状です。

食べ物を飲み込んだあとに声がかすれたり、口腔内に食べ物が残留することから痰が絡みやすくなり、がらがらした声になったりします。

 

体重が減る


食べる量が減る上、食事の内容が偏るため、低栄養状態になって体調を崩しやすくなり、体重が落ちていきます。

嚥下障害の原因


食べ物が口腔内から咽頭、食道、胃へと運ばれるまでには多くの器官が関わっていますが、嚥下障害はこれらの器官が何らかの理由で上手く働かないことが原因で起こります。

 

器質的原因


嚥下に関わる口腔内から胃までの気管に食べ物の通過を妨げる構造上の問題があり、うまく嚥下ができなくなるケースです。

中でも多いのは、口内炎や喉頭がんによる腫瘍、炎症などです。

唇顎口蓋裂(しんがくこうがいれつ)などの先天的な奇形が原因となることもあります。

 

機能的原因


器官の構造そのものには問題がなく、それらを動かす筋肉や神経に問題があって嚥下機能が衰えるケースです。

運動麻痺や認知機能障害を引き起こす「脳血管疾患(=脳卒中)」、または「パーキンソン病」に代表される神経と筋肉の伝達異常が生じる「神経筋疾患」が原因の可能性があります。

向精神薬(こうせいしんやく:精神科で処方される薬の総称)や鎮静剤といった、薬剤の影響で各器官の働きが低下することもあります。

加齢により咀嚼や嚥下に必要な筋力が衰えるのも、機能的原因の一つです。筋力が低下すると飲み込むときに気道を閉じることができなくなり、食べ物が気管に入りやすくなります。

心理的原因


うつ病などによる食欲不振など、心因性の疾患が嚥下障害を引き起こすケースです。

嚥下障害の危険性


実は嚥下障害はがん・心疾患についで3番目に多い死因である、肺炎の原因にもなります。

嚥下障害から起こる肺炎を誤嚥性肺炎といいます。

通常、口腔内のものを飲み込むときは気管につながる部分が閉じています。

しかし、嚥下障害があるとこの機能がうまく働かず、唾液や食べ物、胃の逆流物などが気管に入ってしまうことがあります。

気管に入った唾液や食べ物に含まれる細菌が肺に送り込まれると、中で炎症を起こし、激しく咳き込んだり高熱が出たりといった症状が現れます。これが誤嚥性肺炎です。

 

嚥下障害の防止には


悪化した場合は手術をすることもありますが、大体の場合はトレーニングでなおすことができます。

自宅でもできる3つのトレーニングをご紹介します。

 

①腹式呼吸


腹式呼吸は、まずゆっくり息を吐き出し、最後はお腹をへこませるまで息を出し切ります。そしてゆっくりお腹まで息を入れる感じで吸っていきます。これを繰り返します。

呼吸機能を高めることで、気管に食べ物が入った場合でも排出しやすくなります。

 

② 発音のトレーニング


「パッパッパッパッパ」と繰り返し発音します。

パッと息を吐きながら音を発する時は、食べ物を飲み込む時と同じ器官(口、舌、のどなど)を使うので、鍛えることができます。

 

 

③ 首、肩、口、舌のトレーニング


首のトレーニングは、肩の力を抜いて、首をゆっくり回したり、前後・左右に動かし、首筋をしっかり伸ばすようにしましょう。

口のトレーニングは、ほおをふくらませたり、へこませたりを繰り返します。舌は、前に出したり、引っ込めたりします。

首や口・舌の周辺の緊張をとり、リラックスさせることで、飲み込む時の筋肉運動をスムーズにすることができます。

 

 

最後に


嚥下障害なんてまだ先のことと、思いがちですが、早めにトレーニングをしておくことで防止につながりますし、紹介したトレーニングは何かをしながらでもできるものですので、回数などは自分の体力などに応じて、無理のない程度にし、毎日続けるようにしましょう。

頻尿で悩んでいる方必見!頻尿、残尿で悩まないための解決法

 

https://www.oricon.co.jp/news/2083901/photo/1/

 

会議の前や長距離の乗り物、映画を見る前に必ずトイレに行くのにすぐにトイレに行きたくなる。

 

仕事中にトイレが近いと思われたくないから我慢しようとしても我慢できない。

 

 

このような頻尿に関する悩みを持っている人は意外と多くいます。

 

女性や高齢者だけでなく、若い男性の間でも頻尿の症状が増えているそうです。

 

 

そこで今回は、頻尿、残尿で悩まないための解決法をご紹介します。

 

 

頻尿とは


 

トイレへ行く回数は、日中で5〜7回寝ている間は0回が正常と言われています。

日中8回以上トイレに行く人は頻尿と言えます。

 

また夜寝てから朝起きるまでに1回以上、トイレに行くことを夜間頻尿と言います。

 

 

 

すぐに病院に行くべき頻尿


 

恥ずかしいから病院へ行けないという方も多いと思いますが、病院で診察されることで、ほかの病気の早期発見につながることもあります。

 

特に頻尿に加えて残尿感、排尿時痛、下腹部不快感などがあれば膀胱や前立腺の病気の可能性も考えられるため、すぐに病院で受診するようにしましょう。

 

また、尿意を気にすることで夜寝れなくなり、二度寝をして遅刻してしまうなど様々な弊害も起こりうります。

 

二度寝に関してはこちらの記事をご覧ください。

 

二度寝で失敗した経験がある人必見!二度寝のメリットデメリット徹底解説 

 

 

頻尿の原因


 

頻尿の原因は様々なものがあり、生活習慣や状況が引き起こすものから、疾病によるものまであります。

 

頻尿を改善するためにも、頻尿の原因を知ることは大切です。

 

 

 

生活習慣や状況が引き起こす頻尿


 

頻尿は疲れやストレスなど、体や精神の状態また、普段の生活が原因で引き起こされることもあります。

 

ストレスに関してはこちらの記事をご覧ください。

 

ストレス社会の救世主神経伝達物質GABAを増やしてぐっすり眠る方法

 

水分の摂りすぎ


 

コーヒーや緑茶、豆乳、ビールといった利尿作用のある飲み物を摂取しすぎると頻尿になることがあります。

利尿作用がない飲み物でも、飲みすぎてしまうと尿の量が増えて、頻尿になることがあります。

 

精神状況からくる


緊張していたり不安を抱えていたりすると頻尿になることがあります。

また、ストレスや不安を抱えているときに頻尿を引き起こすことがあります。

心因性頻尿ともいわれ、精神的な問題で頻尿になってしまうことがあります。

ただ、尿意を感じたとしても尿が全く出ない場合もあります。

 

 

体温の低下


体が冷えてしまうと、膀胱が刺激されて頻尿になる場合があります。

また、冷たい水に触れたり、水が流れる音を聞いたりすると尿意を催すことがあります。

 

加齢に伴う機能の低下


年齢を重ねると、尿を濃縮するホルモンの分泌量が減少したり、膀胱が硬くなってしまったりするので、頻尿になることがあります。

 

尿を濃縮できなくなると、必然的に尿の量が増えてしまいます。

また、膀胱が硬くなってしまうと、尿を溜める量が少なくなってしまい、このことから、とともに頻尿の可能性が高くなるといえます。

 

 

残尿による頻尿


 

糖尿病椎間板ヘルニアなどにより、膀胱が正常に収縮できなくなることが要因で、1回の排尿量は少なくなります。

また、加齢も主な要因として挙げられ、女性の場合は更年期障害の一つとして残尿が生じる場合があります。

 

排尿した後も膀胱内に尿が残ってしまうため、新たに貯められる尿の量が減少し、頻繁に尿意が起こりやすくなります。

 

 

疾病が原因の頻尿


尿がそれほど溜まっていないにも関わらず、膀胱が活動し過ぎてしまう疾患過活動膀胱といいます。

そのことによって、急に我慢できない尿意が起きたり、トイレが近くなったりします。

過活動膀胱は明らかな要因がないにもかかわらず発症してしまうことが少なくありません。

 

過活動膀胱の原因男性は前立腺肥大症が多く、女性は膀胱などの尿路を支えている筋肉が弱くなることが多いといわれています。

 

 

前立腺肥大症


前立腺肥大症とは、膀胱の下にある前立腺が太く大きくなって、尿道を圧迫し、さまざまな排尿障害を引き起こす疾患です。

前立腺肥大症は中高年男性に多くみられる症状で、男性ホルモンの働きが影響を与えている可能性があるといわれています。

また、加齢とともに、男性ホルモンをはじめ、他の性ホルモンの環境が変化するので、前立腺が肥大すると考えられています。

 

骨盤底筋(こつばんていきん)が弱くなるため


女性が頻尿になる原因の一つとして、出産などによって膀胱などの尿路を支えている骨盤底筋が弱くなったり緩んだり、身体を締め付ける衣類や下着などを着続けたりすることで、肋骨が圧迫されて内臓が下に押されてしまいます。

その影響で骨盤底筋などに負担がかかり、頻尿になってしまうことがあります。

 

尿路の炎症による頻尿


大腸菌の侵入などによる膀胱炎により、膀胱が刺激されると頻尿になります。

大腸菌などの細菌が膀胱に入り込むと、頻尿のほか尿が濁ったり下腹に痛みを感じたりすることもあります。

女性は尿道が短く菌が入り込みやすくなっているため、頻尿になりやすいといわれています。

 

 

頻尿の対処法


座ったままの姿勢が日常的に長時間続くことで、下半身に圧力が掛かり膀胱が収縮されてしまうため高齢者や女性だけでなく若い男性も頻尿の症状は増えてきています。

 

そのため、頻尿を改善するためには、膀胱まわりの3つの筋肉を動かし、鍛えることで頻尿を改善することができます。

 

 

膀胱まわりの3つの筋肉を鍛える方法


骨盤底筋

膀胱や子宮、尿道を支えています。

骨盤と太ももをつなぐ内またの筋肉

お尻の筋肉

この3つの筋肉を鍛える方法です。

2リットルのペットボトルを使いますが、500ミリリットルのペットボトルから初めてもかまいません。

 

1 椅子に座って、足を開きます。

2 2リットルのペットボトルを縦に挟み、力を入れます。

3 ペットボトルが凹むくらい、力を入れる

4 5秒ほど維持し、力を緩めます。

 

これら3つの筋肉を動かし鍛えると、内腸骨動脈と呼ばれる血管に血流が増え、膀胱につながる血管にも血流が増えます。

 

このことによって、C線維という暴行を活性化させる神経の活性化を抑え畜尿力をアップさせることにつながると考えられます。

 

 

頻尿に効くツボ 三陰交(さんいんこう)


 

 

https://kufura.jp/beauty_health/woman-body/15546

内くるぶしから指4本分上にあり、骨のきわが目安です、押すと圧痛のある人が多い場所にあります。

 

女性の生理にとても効果があるといわれています。

他に、更年期症状、メンタルケア、冷え症、むくみなどにも効果があります。

 

頻尿に効くツボ 陰陵泉(いんりょうせん)


 

 

http://www.kokua-seikotsuin.com/blog/sp/2015/06/post-83-1155036.html

 

膝の下、内側の骨が、大きく曲がって細くなったところにあります。

泌尿器系のトラブルからくる不調に効果的です。

 

 

頻尿に効くツボ 腎穴(じんけつ)


 

https://www.tsubomaster.com/腎穴_つぼ

 

小指の第一関節の横ジワの中央にあります。

泌尿器系の不調に効果的なツボです。

特に腎臓に有効といわれます。

 

 

最後に


トイレが近いことや、尿意を我慢できないのは、恥ずかしいことではありません。

痛み、尿の勢いがないなど、他にも気になる症状があれば、医師の診察を受けるようにしましょう。

 

こちらではその他のトイレに関してご紹介していますのでご覧ください。

 

いまさら聞けない。トイレの蓋は閉めたほうが良いか?開けたままで良いか?

 

疲れがとれないで悩んでいる方必見!脳疲労回復をする「マインドフルネス」の方法 

 

出典 https://alinamin.jp/alinamin-a/index.html?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_content=10_a01&utm_campaign=ss10_171101

 

どんなに休んでも、休んだ気がしない。

疲れがとれない。

 

やらなければならないという気持ちはあるけれど、

「それに体がついてこない」
「頭が回らない」

そんな状態の時ありませんか?

 

そんな時は体を休めるだけでは回復しない疲労、脳疲労かもしれません。

 

 

脳疲労とは


脳は身体を休めるのと違い、何もしていない状態でも休めていません。

どれだけ無為に時間を過ごしていてもそれは逆効果になってしまいます。

それが脳が疲れる原因となります。

 

脳がアイドリング状態であるため


人間の脳には無意識に思考をめぐらせている領域があります。

それが、

内側前頭前野(ないそくぜんとうぜんや)

後帯状皮質(こうたいじょうひしつ)
楔前部(けつぜんぶ)

下頭頂小葉(かとうちょうしょうよう)

と呼ばれる部位です。

 

これらをひっくるめてDMN(デフォルト・モード・ネットワーク)と呼ばれています。

このDMNは通称「雑念回路」とも言われており、雑念が多ければ多いほどエネルギーを消費します。

 

車でいうところのアイドリング状態です。

何かをしながら別のことをやってしまう、この状態は雑念が浮かびやすく思考がクリアになりません。

 

このように脳が休むことなく勝手に色々考え始めることで脳は疲れてしまいます。

 

情報収集のバランスが乱れるため


脳は大脳新皮質大脳旧皮質で処理されます。

 

大脳新皮質は理性の脳といわれ、
言語
理論
芸術

といった身体の外側からの情報を処理する働きを持っています。

 

一方、大脳旧皮質は本能・情動の脳と呼ばれており、
喜怒哀楽や快不快
食欲や睡眠欲

といった生理的欲求などの内側からの情報を処理します。

 

通常はそれぞれがバランスを保っているのですが、外部からの情報が多いと大脳新皮質がその情報を処理するためにフル回転します。

 

すると大脳新皮質と大脳旧皮質のバランスが崩れてしまい、大脳旧皮質が司る情動や本能的な欲求が抑圧されます。

すると、自律神経やホルモン分泌を制御している間脳にアンバランスな指示が送られてしまうことで心身に異常が出てしまいます。

脳内の理性と本能のバランスが崩れ、理性が本能を抑圧してしまい生理的欲求や喜怒哀楽を司る本能の脳が上手く働かなくなってしまう状態になり脳疲がは起こります。

 

 

脳疲労の症状


脳疲労は身体の疲労と違い、以下のような認知力の低下が現れます。

 

集中できない

考えるのが面倒

記憶力の低下

もの忘れ

理解力の低下

判断力の低下

表現力の低下

コミュニケーション低下

思考力が低下

作業効率の低下

注意力の低下

ミスの増加

 

このような問題が長期的に発生してしまえば、生活習慣病やうつ病などの精神疾患に発展する危険性があります。

そうならないためにもしっかり対策して、脳疲労で脳が働かない問題を解消して行きましょう。

また、脳疲労は自律神経の乱れにも影響を与えます。

自律神経の乱れに関してはこちらの記事をご覧ください。

 

頭痛・だるさ・イライラ、不安を引き起こす正体 自律神経の乱れを整える方法

 

脳疲労度チェック


脳疲労は誰にでも起こりうる症状です。

以下の項目の中で、1つでも毎日続いている人、週に2~3日以上ある項目が3つ以上ある人は要注です。

むりをせず、一度専門医の診断を受けることをおすすめします。

 

夜中に目が覚めたり、用もないのに朝早く目覚める

寝付きが悪い

食事がおいしいと思わない(習慣で食べるか、無理に食べる)

便秘が多い

からだを使わないのにへとへとだ

気持ちが沈んで暗い

希望が持てない

考えがまとまらない

イライラする

不安だ

自分は価値がない人間だと思う

 

引用…脳疲労とは – BOOCSクリニック福岡/

 

 

脳疲労回復 マインドフルネス


 

脳疲労を回復させるためには「脳のアイドリング状態」をストップさせる必要があります。

 

そこで、現在注目をされているのがマインドフルネスです。

マインドフルネスとは「今この瞬間の自分自身の身体や気持ちの状態に気づける、心のあり方」のことです。

主に瞑想などを通じて自身の意識をただ今だけに集中してリラックスしていきます。

瞑想というと少し敬遠されるひともいると思いますが、日常生活の中で雑念や無駄な思考にとらわれていると、心の休まる時間がとれず、ストレスにうまく対応することができなくなってしまいます。

そんな状態を改善できるのがマインドフルネスなのです。

ここでは代表的な2つを紹介します。

 

マインドフルネス瞑想


 

1.椅子に座る(背筋を軽く伸ばし、背中は背もたれから離して)

お腹はゆったり、手は太ももの上、脚は組まないでください。目は閉じましょう。

2. 身体の感覚に意識を向ける

接触の感覚(足の裏と床、お尻と椅子、手と太ももなど)身体が地球に引っ張られる重力の感覚

 

3. 呼吸に注意を向ける

呼吸に関わる感覚を意識する(鼻を通る空気/空気の出入りによる胸・お腹の上下/呼吸と呼吸の切れ目/それぞれの呼吸の深さ/吸う息と吐く息の温度の違いなど)

4. 雑念が浮かんだら

雑念が浮かんだなと感じたらに注意を呼吸に戻しましょう。

ムーブメント瞑想


 

1 最初はできる限りゆっくりと、歩きます。

2 脚の筋肉や関節の複雑な動き、手の動き、足が地面を蹴る感じ、1つずつ細かく意識します。3 しばらくすると、歩行以外のことに意識がさまよいはじめるはずです。

雑念に流されていることに気づいたら、呼吸法のときと同様、ゆっくりと身体の動きに注意を引き戻しましょう。

すぐに注意が逸れるようなら、ラベリングを組み合わせましょう。

脚の動きに合わせて「右」「左」とか「上げる」「下げる」と心のなかでつぶやくのがオススメです。

 

 

最後に


ぼーっとしていても脳は常に何かを考えてしまうものです。

身体が睡眠で疲れをとるのと同じように、脳は瞑想をすることで疲れをとります。

難しいことはありません、上の2つ以外でも

移動中に音楽を聴いているときには、いつもよりも歌詞をしっかり聞き取ってみるとか、ご飯を食べるとき急がず今までよりあじわってみるとか、そういう意識の向け方でいいのです。

 

また、脳疲労の回復には十分な睡眠が不可欠です。

睡眠に関してはこちらの記事をご覧ください。

 

寝れなくて困っている方必見!スムーズに眠りにつく方法

シミで悩んでいる人必見!自宅で簡単にできる シミを目立たなくさせる方法

 

出典 http://cm-watch.net/haku-fuminokimura/

疲れた印象、老けた印象を与えるのはシワだけではありません。

シミは、肌の老化を感じさせ、老けた印象を与えてしまいます。

そして、今では女性だけでなく、男性の3人に1人はシミで悩んでいるそうです。

 

シミは、紫外線だけでなく、食生活の乱れや睡眠不足などでもシミを引き起こし、様々な種類があります。

 

そこで今回は、シミの種類と自宅で簡単にできるシミを目立たなくさせる方法をご紹介します。

 

 

シミの原因


シミとは、皮膚内で続けられる体内部を紫外線から守る働きのメラニンという色素が沈着したものです。

メラニンは、新陳代謝の働きで、28日間で剥がれ落ちて元の肌色に戻ります。

しかし、新陳代謝がうまくいかないとシミになります。

 

さまざまな理由から新陳代謝が正常なサイクルを保てず、乱れてしまうと、肌細胞そのものの質が悪くなってしまいます。

新陳代謝が正常なサイクルを保てなく様々な理由が、シミの原因となります。

新陳代謝が正常なサイクルを保てなくなる主な理由は以下の通りです。

 

日焼けによるシミ


シミの多くは、日光性黒子、老人性色素班と呼ばれる、紫外線が原因でできます。

シミは紫外線を受けてメラニンが活性化し、色素沈着を起こしてできます。

淡褐色から濃褐色の色素班で、顔以外にも手、背中、腕など露出部に多く目立ちます。

40代くらいから寝脱人が増えていき、年齢を重ねるごとにシミが増え、濃くなっていくのが特徴です。

 

乾燥肌によるシミ


肌が乾燥して潤いがなくなると、角質層が硬くなり、古い細胞が肌の表面にとどまりやすくなります。

更に角質が乱れることで、角質と角質の間に隙間ができて、肌の水分が蒸発して、肌の乾燥が進むという悪循環になります。

肌が乾燥してコラーゲンなどが不足すると、肌細胞の生成も停滞してしまうため、メラニン色素が肌に残りやすくなり、シミができる原因となってしまいます。

肌の刺激によるシミ


肌が炎症を起こして組織が破壊されると、傷跡となってシミが残ります。

体を守ろうとして様ざまな自助作用が働き、その一つがメラニンの生成も、その一つです。

メラニンというと紫外線を浴び生成されるイメージが強いと思いますが、
紫外線によるダメージも、ニキビや傷などの炎症でもメラニンが生成されます。

そのためニキビが悪化したり、傷が深くなると、
メラニンがたくさん作り出されて、シミが残る原因になります。

 

不規則な生活によるシミ


食生活の乱れは、血行不良は新陳代謝を悪くし、新陳代謝の周期を乱してしまい、色素沈着によるシミの原因となります。

また、就寝中も代謝は行われており、睡眠不足が続くことで就寝中の代謝がおろそかになります。

代謝がが遅くなることで、角質やメラニン色素が肌に残ったまま、剥がれにくくなるため色素が沈着してシミができやすくなります。

 

ストレスによるシミ


強いストレスを受けることでホルモンバランスが崩れ、その結果、色素細胞の活動が活発になりシミを増やすと言われています。

また、ストレスが溜まることで体内に身体を錆びさせる活性酸素の量も増え、肌の老化を促進させシミができやすくなる環境を作ってしまいます。

 

ストレス対策に関してはこちらの記事をご覧ください

 

ストレスが溜まっている人必見!ストレス対策のまとめ

タバコによるシミ


ビタミンCは、シミの原因であるメラニンを抑えてくれますが、タバコを吸うことでビタミンCが減っていき、メラニンが増えていきます。

また、タバコに含まれているニコチンは新陳代謝を衰えさせて、メラニンを外に出すことができず、そのまま付着してシミを作ってしまいます。

 

 

 

シミの種類


シミの原因が様々なようにシミにはいくつかの種類があります。

シミは種類によって予防や対策の方法が違っていきますので、自分がどのシミのタイプであるかを知ることが重要です。

チェックに当てはまるものが多いタイプが、自分のシミのタイプです。

 

 

スポット斑(老人性色素斑)


最も頻度の高いもので、40歳以降の中高年の顔面、手背、前腕などに出ます。

老化現象の一つで、主な原因は紫外線などによるメラニンの付着です。

 

形は円形で境界がはっきりしている。

色は濃い褐色。

40代から増えはじめた。

紫外線を受けることが多い。

年々円が大きくなり、色も濃くなっている。

2mm~20mmの大きさのものがいくつかある。

食事のバランスが悪い、酸性食品が多い。(肉・アルコールなど)

甘いものが好きだ。

 

 

肝斑(かんぱん)


30代後半から増え、女性ホルモンが主な原因といわれています。

頬にできることが多いシミで、左右対称に発症することが特徴です。

 

頬のシミが特に多い。

シミが正中線を境に左右対称にできている。

形は楕円で境界がはっきりしていない。

生理が不順。(通院し、投薬を受けた)

妊娠したことがある。

ストレスが多い。

30~40代ぐらいから急にでき始めた。

睡眠不足で眠りも浅い。

 

 

ソバカス(雀卵斑)


幼い頃に発症することが多いです。

その原因は優性遺伝だといわれています。

また、肌が白い人は紫外線防御機能が大きく働くため、ソバカスができやすいといわれています。

 

ソバカスは親や兄弟にもある。

鼻根を中心に両頬が多い。

形は小さい円形。

紫外線を受けると濃くなり、浴びないと少なくなる。

小学生の高学年から増えはじめた。

40代後半から少なくなってきた。

子どものころよく紫外線を浴びた。

洗顔はゴシゴシ洗うのが好き。

 

 

肌老化によるシミ


実年齢に限らず肌が老化して起きるシミです。

乾燥肌やストレス、睡眠不足、紫外線対策をしないなど、肌が老化しやすい方に現れます。

 

乾燥肌でシワができやすい。

室内にいることが多く、特別な紫外線対策はしていない。

年齢を重ねるごとに頬を中心に濃くなっている。

ストレスを感じることが多い。

睡眠時間が短く、眠りが浅い。

肌のお手入れは自己流だ。

野菜中心の食生活。

キメが粗く、帯状になっている。

 

 

ほくろ


シミに似ているものでほくろがあります。

 

ほくろは、色素性母斑(しきそせいぼはん)母斑細胞母斑(ぼはんさいぼうぼはん)と呼ばれます。

 

ほくろは、色素細胞(メラノサイト)というニン色素を作る細胞が変化した「母斑細胞」と呼ばれる細胞のかたまりで、メラニン色素を作り出すため、肌が褐色ないし黒色に見えます。

 

 

ほくろができる原因


肌が紫外線を浴びると、メラノサイトがメラニンを作り出します。

 

代謝がしっかり働いていれば、ターンオーバーとともにメラニンが排出されるため、肌は元の状態に戻ります。

 

しかし、メラノサイトが活性化しすぎたり、何らかの刺激を受けて異常を起こすことによって、母斑細胞へと変化しほくろが形成されます。

 

ほくろができる原因の大半は紫外線ですが、ストレスや生活習慣の乱れによってもメラノサイトの働きが活発化し、ほくろができることもあります。

 

ほくろを大きくしないためには、メラノサイトを活性化させないことが最も大切です。

そのためには、紫外線を防ぐ、肌の乾燥を防ぐのはもちろんのこと、ストレスを溜めないことや、バランスのいい食生活、良質な睡眠も大切になってきます。

 

 

病院へ行ったほうが良いほくろ


メラノサイトが悪性化して、腫瘍になったものを悪性黒色腫(メラノーマ)といいます。

メラノーマは、皮膚腫瘍の中で最も悪性度が高く、発生すると進行が早いので注意が必要です。

 

足底と指趾爪部に発生する確率が高く、皮膚以外の口腔や目の結膜に発生することもあります。

 

メラノーマとほくろを見分けるには以下のポイントがあります。

 

形が左右非対称である

端がギザギザしており、境界に鮮明な部分と不鮮明な部分がある

黒褐色が多いが、色調にムラがある

直径が6mm以上ある

大きさ、形、色調の進行性の変化

 

このような場合は、病院で医師の診察を受けてください。

 

 

 

シミに効果があるツボ


シミの主な原因はメラニンの排出と新陳代謝の不足です。

今回は、メラニンの排出を抑えるツボと、新陳代謝を活性化するツボをご紹介します。

 

 

攅竹(さんちく)


 

出典 https://pure-la.net/jamu/skincarejamu/kao-tubo.htm

 

眉頭の部分にあるツボです。眉頭の少し凹んでいるところが攅竹です。

アンチエイジング効果の高いツボといわれており、目の周りの血行を促進し、メラニンの排出を促しシミをできにくくする効果があるとされています。

 

睛明(せいめい)


 

出典 https://pure-la.net/jamu/skincarejamu/kao-tubo.htm

 

目の内側にあるツボです。

睛明は顔の全体の血行促進に効果があるといわれているツボで、新陳代謝を活性化し、ターンオーバーを促進させる作用があるとされています。

そのため、シミや色素沈着だけでなく、くすみやたるみにも効果が期待できるといわれています。

 

承漿(しょうしょう)


 

出典 https://pure-la.net/jamu/skincarejamu/kao-tubo.htm

下唇の中心の下にあるツボです。

下唇に指をあて、1本分下にあります。

承漿も睛明と同じく顔全体の血行を促進する効果があるとされているツボです。

シミや色素沈着の他に、乾燥や肌荒れにも効果があるとされています。

 

顴髎(かんりょう)


 

出典 https://www.sawai.co.jp/kenko-suishinka/tsubo/201404.html

 

ほほ骨の端にあるツボです。

ほお骨の下をなぞってみて少し凹んだところにあります。

血液の循環をよくし、新陳代謝を整える効果があるとされているので、シミ消しや肌のハリに有効なツボといわれています。

 

太陽(たいよう)


 

出典 http://me-kaiteki.com/recovery-method/visual-training/acupressure/taiyou.html

 

目尻と眉尻の中心にあるツボです。

新陳代謝を活性化させる効果のあるツボといわれており、すでにできてしまっている肌表面のシミにも効果が期待できるとされています。

 

 

最後に


シミの原因は紫外線だけではありません。

シミ対策はスキンケアだけでなく、食事や睡眠など普段からの生活も大切といえます。

 

睡眠不足で悩んでいる方はこちらの記事をご覧ください。

 

寝れなくて困っている方必見!スムーズに眠りにつく方法

ほうれい線で悩んでいる人必見!自宅で簡単にできる ほうれい線を目立たなくさせる方法

出典 https://tv-cm-music.blogspot.com/2015/10/Biore-CM.html?m=1

 

数年ぶりに会った人の印象がだいぶ変わって、老けた印象を受けたという経験がある方は多いと思います。

老けた印象を与える原因シミや肌のくすみなどに加え、顔のしわとたるみです。

そして、このシワとたるみの中でも特に目立つのがおでこのシワとほうれい線です。

 

おでこのシワに関してはこちらの記事で紹介しています。

 

おでこのシワで悩んでいる方必見!おでこのシワを目立たなくさせる方法

今回は、ほうれい線の原因とほうれい線を目立たなくさせる方法をご紹介します。

 

 

ほうれい線とは


ほうれい線は、漢字表記で法令線と書かれ、中国における面相学上の法令紋という呼称から取ったといわれています。

 

顔の小鼻の脇から口の端までで、表情を変えたときなどに両側に伸びる長い溝で、普段は目立たなくても、笑顔になるなど表情が変化したときには、年齢関係なくほうれい線が出ます。

 

ほうれい線は厳密に言うとシワではなく、顔の筋肉の境目そのものを指しています。

誰にでもあるほうれい線ですが、表情を作っていないときにもシワや影のように目立ってしまう場合があります。

ほうれい線が目立ってしまうと、顔全体が下に向かってたるんでしまったような印象を与え、疲れた顔・老け顔に見えてしまいます。

 

ほうれい線は、『シワ』ではなく、頬の『たるみによる溝』です。

 

 

ほうれい線の原因


若いうちからほうれい線がずいぶんと目立つ人もいれば、年齢を重ねても、ほうれい線がまったく目立たない人もいます。

 

つまり、ほうれい線が目立つことには加齢以外にも原因があり、その原因を知ることで予防しやすくなります。

ほうれい線が目立ってしまう代表的な原因をご紹介します。

 

表情にクセがついている


顔の皮膚は表情の動きに合わせて動きますが、口元ににシワがあつまるような表情をしていると、形状記憶されていくので、ほうれい線が濃くなっていきます。

また、顔がむくむと、むくんだ箇所の重さで肌がたるむことで、影のようなほうれい線が目立ちやすくなります。

冷え性対策や適度な運動などで血行をよくすることで、むくみを解消し、顔をすっきりさせられることができます。

 

紫外線の影響


紫外線は目には見えませんが強力な破壊力を持って肌の奥深くまで届きます。

顔は、紫外線の影響を受けやすく、皮膚の弾力を維持する構造が破壊されやすい部分です。

弾力を維持できなくなった肌はへこみ、シワになります。

 

 

肌の乾燥


放置してしまうと慢性化した乾燥によって頬のたるみが進行し、消えにくく目立つほうれい線へと変化してしまいます。

特に男性はスキンケアをしていない人が多いため乾燥している可能性が高いので、十分な水分を肌に与えてあげることが大切です。

 

加齢による顔の筋力低下


加齢によって、水分量やコラーゲンが低下していったり、筋肉が衰える、顔が痩せていくことが原因でほうれい線が生まれることも原因の一つです。

対策としては、マッサージや筋トレ、ツボ押し、しわ対策化粧品でのスキンケア、タンパク質を積極的に取ることが効果的です。

 

 

食生活


偏食や過度なダイエットなどで食生活が乱れてしまうと、肌にも影響があります。

特に、ビタミンCが不足すると肌荒れしやすくなり、肌のハリや弾力が奪われやすくなります。

肌にハリがなくなると、その影響が真っ先に現れやすい部分の1つがほうれい線ですので、ビタミンCも意識して摂取するようにしましょう。

 

 

男性の方がほうれい線ができやすい


元々の肌質もありますが、男性の方が紫外線を気にしない・顔の洗いすぎ・ひげそりといった肌に負担をかけながらもスキンケアをしない人が多いことから肌の乾燥を引き起こしやすいといわれています。

男性の肌は、水分量が、女性の60~70%程度と少ないこと、皮脂量が、女性の2倍前後多いことから乾燥しやすく、ほうれい線ができやすいといえます。

肌の乾燥がハリや弾力が失われ、たるみやしわの原因となり、ほうれい線に進行していきます。

 

 

ほうれい線対策


化粧水、乳液などスキンケアに抵抗がある男性はまだまだ多いと思います。

しかし、自分でツボを押すことで、ほうれい線を予防する方法があります。

 

ツボのなかには、顔の血流をよくして肌の新陳代謝を高めたり、ホルモンのバランスを調整したりして、シミやシワの予防に役立つものがあります。

肌の悩みがある方はぜひ以下のツボを刺激してみてください。

 

ほうれい線に効果があるツボ 巨りょう(こりょう)


 

出典 https://pure-la.net/jamu/skincarejamu/houreisen.htm

ほお骨のすぐ下、やや耳寄りのところに位置します。

顔の血流をよくして肌の新陳代謝を高めるツボです。

顔全体のシワや、フェースラインのたるみにも効果があります。

 

ほお骨の下をさわったときにくぼんでいるところで、押すと痛みがあります。

顴髎を刺激すると顔の血液循環がよくなり、肌の新陳代謝が促されるので、ハリがありシミのない肌がつくられるのを助けてくれます。

人差し指の指先に中指の指先を重ねて当て、小さい円を描くようにして、気持ちよく感じる強さで、5~7秒押して離す刺激を3~5分間繰り返しましょう。

 

ほうれい線に効果があるツボ 地倉(ちそう)


 

出典 https://pure-la.net/jamu/skincarejamu/houreisen.htm

口の端の外側で、ほうれい線を下に伸ばしてきた時に交わる位置にあります。

口の周りのしわ、口の周りのたるみ、ニキビ・吹き出物以外にも、顔のむくみやツヤ・ハリに効果があります。

心地いいくらいの力加減で、左右同時に5秒間押し、ゆっくりと離すを5回ゆっくりと押しましょう。

 

ほうれい線に効果があるツボ 下関(げかん)


 

出典 https://pure-la.net/jamu/skincarejamu/houreisen.htm

下関は耳の穴から頬骨に向かって指を移動させると骨がくぼんでいるところになります。

下関はほうれい線や顔のたるみ以外にも、歯の痛み・耳鳴りに効果的なツボとして知られています。

人差し指で皮膚を上に押し上げるように、優しくマッサージしましょう。

 

 

最後に


今回のツボに加えて、洗顔後のローションや日焼け止めなどをつかったスキンケアをすることでいつまでもわかさを保ち続けていきたいものですね。

また、ほうれい線に似ている頬にわたる線、ゴルゴラインに関してはこちらの記事をご覧ください。

 

シワでもないクマでもない 老けて見える、疲れて見える原因 ゴルゴラインの対処法 徹底解説

おでこのシワで悩んでいる方必見!自宅で簡単にできる おでこのシワを目立たなくさせる方法

出典 https://girlschannel.net/topics/213303/

 

おでこのシワで老けて見える、怖そうに見える。

おでこにシワがあるだけで印象がだいぶ変わってきます。

そして、放っておくとどんどん進行してしまうのがおでこのシワです。

 

特に、男性は女性に比べて、髪の毛が短い人が多くで目立ちやすいのでなんとかしたいと思っているかたも多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、おでこのしわの原因と目立たなくさせる方法についてお話します。

 

 

おでこのしわの原因


おでこのシワの原因は紫外線、乾燥、表情グセ、加齢などがあります。

 

このうち、紫外線、乾燥、表情グセは入浴後すぐに鏡を見て、消えているなら乾燥ジワなので、保湿で改善することができます。

入浴後は、肌が水分をたっぷり含んでいるので、その状態で消えていない場合は、真皮に原因がある加齢によるシワです。

 

おでこのシワは様々な原因があります。

 

頭皮が固くなっている


おでこが頭皮とつながっていることを知っていますか?

おでこは顔の肌というよりも頭皮との関係性が強いので、頭皮が固くなってしまうとおでこの皮膚も固くなってしまう傾向があります。

おでこの皮膚が固くなると、目を開けた時におでこの皮膚が凝り固まっているので皮膚がスムーズに動くことが出来ずにシワになります。

 

 

まぶたがたるんでいる


目の上のまぶたの筋肉が衰えていくと、まぶたの脂肪を支えることが難しくなってくるので、まぶたの皮膚が下に垂れるようになります。

まぶたが下がってしまわないように、おでこの皮膚が頑張って上に引き戻そうとしてくれるのですが、その頑張りの結果がシワとなって現れてきてしまいます。

 

表情にクセがついている


顔の皮膚は表情の動きに合わせて動きますが、いつもおでこにシワがあつまるような表情をしていると、形状記憶されていくので、おでこのシワが濃くなっていきます。

目が悪い人が遠くを見る時に、眉間にシワを寄せたり、目を見開いて驚いたりする表情は、眉間だけでなくおでこの皮膚も伸縮させているので、しわの原因になっています。

 

 

紫外線の影響


紫外線は目には見えませんが強力な破壊力を持って肌の奥深くまで届きます。

特におでこは顔の上部にあるため、紫外線の影響を受けやすく、皮膚の弾力を維持する構造が破壊されやすい部分です。

弾力を維持できなくなった肌はへこみ、シワになります。

 

 

肌の乾燥


肌が乾燥してしまっていると、皮膚が固くなってしまうので、おでこシワができやすくなります。

特に男性はスキンケアをしていない人が多いため乾燥している可能性が高いので、十分な水分を肌に与えてあげることが大切です。

 

加齢による顔の筋力低下


加齢によって、水分量やコラーゲンが低下していったり、筋肉が衰える、顔が痩せていくことが原因でおでこのシワが生まれることも原因の一つです。

対策としては、マッサージや筋トレ、ツボ押し、しわ対策化粧品でのスキンケア、タンパク質を積極的に取ることが効果的です。

 

 

しわを目立たなくさせる方法


シワを目立たなくさせる方法は、注射や手術をしなくても、マッサージなどで目立たなくさせる方法があります。

 

こめかみを引き上げる体操


①こめかみを両手で斜め上に引き上げます(つり目の状態になりますのでコンタクトは外した方が良いでしょう)。

②その状態のまま後頭部(ポニーテールをまとめる位置)まで、頭皮をもみあげるように皮膚を移動していきます。

③後頭部に余分な皮膚を集めるイメージで、その部分をぐいぐい両手を使って揉み込むようにマッサージします。

 

額を引き上げる体操


①両手を額と髪の毛の生え際にあて上に引っ張っておでこのしわをのばします。

②その状態を保ったまま、こめかみと同様、後頭部に余分な皮膚を移動します。

③後頭部で皮膚を揉み込むようにマッサージします。

 

顔側面を引き上げる体操


①両手で顔を挟むように耳の上あたりに当てます。

②そのまま水平に移動させるように、余分な皮膚を後頭部に移動すします。

③後頭部で皮膚を揉み込むようにマッサージします。

 

まぶたの筋トレ


①おでこを手で押さえて瞼を動かした時におでこが動かないように固定します。

②そのまま10秒間、大きく目を開きます。その後、目を閉じてもう一度10秒間目を開けます。
10~20回繰り返します。

 

 

しわに効果があるツボ 額中(がくちゅう)


出典 https://josei-bigaku.jp/jyosehorumontubo46703/

額中は字の通り、おでこの真ん中に存在しています。

ちょうど顔の中心、髪の毛の生え際と眉毛の真ん中に額中があります。

目の疲れやシワの軽減に効果があります。

 

額中を押す時はどちらかの人差し指と中指の2本を当て、円を描くように刺激売るようにしましょう。

 

 

シワに効果があるツボ 神庭(しんてい)


出典 https://www.tsubomaster.com/神庭_つぼ

眉間の中心の延長線上で、額の髪の生え際のすぐ上になります。

イライラしたときなど 精神や感情を落ち着かせ、気持ちを和ませる効果があります。

このツボを刺激すると、興奮状態の頭が沈静化して、自律神経の乱れが改善しますので脳の疲労にも効果的です。

 

 

シワに効果があるツボ 本神(ほんしん)


目尻からまっすぐ上に上がって、髪の生え際の少し(指の太さの半分ぐらい)後ろにあります。

おでこのたるみ、シワの他、精神疾患、頭痛、不眠、めまいなどに効果があります。

こちらも指の腹を使って、上下になぞってみましょう。

 

 

 

最後に


おでこのしわの原因は加齢によるものだけではありません。

マッサージやスキンケアはすぐにでも実践できるので、シワが気になり始めたという方は、すぐにでも実践してみてましょう。

 

シワが気になる方はこちらの記事もご覧ください。

表情筋を鍛えてシワ・たるみを解消して小顔になる方法