ランキングで学ぶ!美容効果のある食べ物

 

出典 https://www.youtube.com/watch?v=lYsF8QqTFr4

 

甘いお菓子

スナック菓子

ピザ

揚げ物

フライドポテト

マーガリン

 

これらに共通することは、肌荒れやニキビの原因になりやすい食べ物ということです。

 

肌荒れやニキビの原因になりやすい理由は、脂肪分が多いものや刺激物は皮脂の分泌を増やし、肌のバランスを崩れやすくするためです。

 

普段から意識して摂取を控えることで予防につなげることが重要です。

 

 

反対に、肌荒れに有効な食べ物や飲み物は何でしょうか?今回はランキング形式で美肌に効果のある食べ物をご紹介していきます。

 

 

5位 鮭


 

鮭を食べるだけで、ビタミンに鉄分、タンパク質と多くの栄養を効率的に摂取することができます。

 

さらに、鮭には、アスタキサンチンという成分が含まれています。

 

このアスタキサンチンは、ビタミンEの1000倍もの抗酸化力を持っているため、アンチエイジングや美白に効果的な食材です。

 

その他にも、鮭に含まれているDHAやEPAは、オメガ3脂肪酸に分類され、血液中のコレステロール値を下げたり免疫力を上げたりして、様々な病気を予防する効果が期待できます。

 

 

 

4位 デーツ(ナツメヤシ)


 

デーツは、ヤシ科の高木ナツメヤシの実です。

デーツは砂漠の過酷な条件で生育し、その生命力の強さから生命の木、世界三大美人のクレオパトラも愛しクレオパトラの美容食とも呼ばれています。

 

デーツは栄養価として、美肌作りに欠かせないビタミンBやベータカロテン、むくみ対策に必要なマグネシウムや、アンチエイジング効果の高いポリフェノール、健康な髪や爪を作る亜鉛なども含んでいます。

 

体の内側からトータルにケアしてくれるフルーツといえます。

 

 

 

3位 オリーブオイル


 

オリーブオイルに入っているオレイン酸は、体の皮に含まれているもので、皮脂を修復し、肌を整えてくれる効果が期待できます。

 

また、βカロチン、ビタミンE、ビタミンK、普段の食事では摂取しにくいポリフェノールまで入っています。

 

オリーブオイルに含まれるビタミンEは、血行を促進するため、頭皮環境を整えて抜け毛を予防する効果があります。

また抗酸化作用によって、抜け毛や白髪の原因になる活性酸素を抑える効果もあります。

 

ただし、オリーブオイルはカロリーが高いため、1日大さじ1~2杯程度飲むのがおすすめです。

 

 

 

2位 トマト


 

トマトは完熟期になると活性酸素を除去するリコピン・ビタミン・ミネラルが大幅に増加し、様々な病気を防ぐ栄養素がたっぷりなため、医者いらずといわれるほどたくさんの効果があります。

特にリコピンには、強力な抗酸化力から得られ、血糖値を下げる,動脈硬化の予防、喘息の改善、美白効果、ダイエット効果などがあると言われています。

リコピンには、強力な抗酸化作用があるため、紫外線が肌に当たると活性酸素が発生し、シミやシワ、たるみの原因を防ぎます。

 

またリコピンにはシミの原因になるメラニンを生成するチロシナーゼの働きを抑制する効果があります。

 

 

 

1位 ビーツ


 

ビーツとは、ロシア料理のポルシチによく使われている赤いカブのような野菜です。

 

日本での産地は長野県や愛知県、静岡県などで、夏から秋にかけてが旬で、奇跡の野菜との異名を取るほど高い栄養素を誇っています。

 

ビーツはカリウム、ナトリウム、カルシウムなどのミネラルやナイアシン、パントテン酸などのビタミンB類、食物繊維などが含まれるほか、ベタシアニン、ベタインなどほかの作物にはなかなかない成分が含まれています。

 

さらに近年ではビーツに含まれるラフィノースというオリゴ糖の働きや、ビーツの赤色を示すベタシアニン、ベタキサンチンが持つ抗酸化作用、さらに血管拡張作用のあるNO(一酸化窒素)の、体内での産生を促進する成分が含まれており、その生理作用に注目が集まっています。

 

NOには血管の筋肉を柔軟にして血流をスムーズにするという働きがあります。

 

血流がよくなることにより、冷えやむくみ予防、美肌効果、ダイエット効果、エイジングケアも期待できます。

 

 

 

最後に


いかがでしたでしょうか?

このように、美容効果のある食べ物はまだまだたくさん存在します。

今後もご紹介していく予定ですので参考にしてください。

 

ほうれい線で悩んでいる人必見!自宅で簡単にできる ほうれい線を目立たなくさせる方法

出典 https://tv-cm-music.blogspot.com/2015/10/Biore-CM.html?m=1

 

数年ぶりに会った人の印象がだいぶ変わって、老けた印象を受けたという経験がある方は多いと思います。

老けた印象を与える原因シミや肌のくすみなどに加え、顔のしわとたるみです。

そして、このシワとたるみの中でも特に目立つのがおでこのシワとほうれい線です。

 

おでこのシワに関してはこちらの記事で紹介しています。

 

おでこのシワで悩んでいる方必見!おでこのシワを目立たなくさせる方法

今回は、ほうれい線の原因とほうれい線を目立たなくさせる方法をご紹介します。

 

 

ほうれい線とは


ほうれい線は、漢字表記で法令線と書かれ、中国における面相学上の法令紋という呼称から取ったといわれています。

 

顔の小鼻の脇から口の端までで、表情を変えたときなどに両側に伸びる長い溝で、普段は目立たなくても、笑顔になるなど表情が変化したときには、年齢関係なくほうれい線が出ます。

 

ほうれい線は厳密に言うとシワではなく、顔の筋肉の境目そのものを指しています。

誰にでもあるほうれい線ですが、表情を作っていないときにもシワや影のように目立ってしまう場合があります。

ほうれい線が目立ってしまうと、顔全体が下に向かってたるんでしまったような印象を与え、疲れた顔・老け顔に見えてしまいます。

 

ほうれい線は、『シワ』ではなく、頬の『たるみによる溝』です。

 

 

ほうれい線の原因


若いうちからほうれい線がずいぶんと目立つ人もいれば、年齢を重ねても、ほうれい線がまったく目立たない人もいます。

 

つまり、ほうれい線が目立つことには加齢以外にも原因があり、その原因を知ることで予防しやすくなります。

ほうれい線が目立ってしまう代表的な原因をご紹介します。

 

表情にクセがついている


顔の皮膚は表情の動きに合わせて動きますが、口元ににシワがあつまるような表情をしていると、形状記憶されていくので、ほうれい線が濃くなっていきます。

また、顔がむくむと、むくんだ箇所の重さで肌がたるむことで、影のようなほうれい線が目立ちやすくなります。

冷え性対策や適度な運動などで血行をよくすることで、むくみを解消し、顔をすっきりさせられることができます。

 

紫外線の影響


紫外線は目には見えませんが強力な破壊力を持って肌の奥深くまで届きます。

顔は、紫外線の影響を受けやすく、皮膚の弾力を維持する構造が破壊されやすい部分です。

弾力を維持できなくなった肌はへこみ、シワになります。

 

 

肌の乾燥


放置してしまうと慢性化した乾燥によって頬のたるみが進行し、消えにくく目立つほうれい線へと変化してしまいます。

特に男性はスキンケアをしていない人が多いため乾燥している可能性が高いので、十分な水分を肌に与えてあげることが大切です。

 

加齢による顔の筋力低下


加齢によって、水分量やコラーゲンが低下していったり、筋肉が衰える、顔が痩せていくことが原因でほうれい線が生まれることも原因の一つです。

対策としては、マッサージや筋トレ、ツボ押し、しわ対策化粧品でのスキンケア、タンパク質を積極的に取ることが効果的です。

 

 

食生活


偏食や過度なダイエットなどで食生活が乱れてしまうと、肌にも影響があります。

特に、ビタミンCが不足すると肌荒れしやすくなり、肌のハリや弾力が奪われやすくなります。

肌にハリがなくなると、その影響が真っ先に現れやすい部分の1つがほうれい線ですので、ビタミンCも意識して摂取するようにしましょう。

 

 

男性の方がほうれい線ができやすい


元々の肌質もありますが、男性の方が紫外線を気にしない・顔の洗いすぎ・ひげそりといった肌に負担をかけながらもスキンケアをしない人が多いことから肌の乾燥を引き起こしやすいといわれています。

男性の肌は、水分量が、女性の60~70%程度と少ないこと、皮脂量が、女性の2倍前後多いことから乾燥しやすく、ほうれい線ができやすいといえます。

肌の乾燥がハリや弾力が失われ、たるみやしわの原因となり、ほうれい線に進行していきます。

 

 

ほうれい線対策


化粧水、乳液などスキンケアに抵抗がある男性はまだまだ多いと思います。

しかし、自分でツボを押すことで、ほうれい線を予防する方法があります。

 

ツボのなかには、顔の血流をよくして肌の新陳代謝を高めたり、ホルモンのバランスを調整したりして、シミやシワの予防に役立つものがあります。

肌の悩みがある方はぜひ以下のツボを刺激してみてください。

 

ほうれい線に効果があるツボ 巨りょう(こりょう)


 

出典 https://pure-la.net/jamu/skincarejamu/houreisen.htm

ほお骨のすぐ下、やや耳寄りのところに位置します。

顔の血流をよくして肌の新陳代謝を高めるツボです。

顔全体のシワや、フェースラインのたるみにも効果があります。

 

ほお骨の下をさわったときにくぼんでいるところで、押すと痛みがあります。

顴髎を刺激すると顔の血液循環がよくなり、肌の新陳代謝が促されるので、ハリがありシミのない肌がつくられるのを助けてくれます。

人差し指の指先に中指の指先を重ねて当て、小さい円を描くようにして、気持ちよく感じる強さで、5~7秒押して離す刺激を3~5分間繰り返しましょう。

 

ほうれい線に効果があるツボ 地倉(ちそう)


 

出典 https://pure-la.net/jamu/skincarejamu/houreisen.htm

口の端の外側で、ほうれい線を下に伸ばしてきた時に交わる位置にあります。

口の周りのしわ、口の周りのたるみ、ニキビ・吹き出物以外にも、顔のむくみやツヤ・ハリに効果があります。

心地いいくらいの力加減で、左右同時に5秒間押し、ゆっくりと離すを5回ゆっくりと押しましょう。

 

ほうれい線に効果があるツボ 下関(げかん)


 

出典 https://pure-la.net/jamu/skincarejamu/houreisen.htm

下関は耳の穴から頬骨に向かって指を移動させると骨がくぼんでいるところになります。

下関はほうれい線や顔のたるみ以外にも、歯の痛み・耳鳴りに効果的なツボとして知られています。

人差し指で皮膚を上に押し上げるように、優しくマッサージしましょう。

 

 

最後に


今回のツボに加えて、洗顔後のローションや日焼け止めなどをつかったスキンケアをすることでいつまでもわかさを保ち続けていきたいものですね。

また、ほうれい線に似ている頬にわたる線、ゴルゴラインに関してはこちらの記事をご覧ください。

 

シワでもないクマでもない 老けて見える、疲れて見える原因 ゴルゴラインの対処法 徹底解説

表情筋を鍛えてシワ・たるみを解消して小顔になる方法

 

出典https://www.pinterest.jp/pin/840413980435541425/

最近疲れてうまく笑えない、笑うと顔が引きつるといった経験ないですか?

 

それは、表情の衰えによる、顔のコリかもしれません。 

コリというと肩コリや首コリといったイメージが強いと思いますが、実は顔コリというものもあり、肩コリや首コリと違って、顔のコリは老けて見えたり疲れて見えるなど、見た目にかかわってきます。

 

そこで今回は、顔コリの原因である表情筋のトレーニング方法に関してご紹介します。

 

顔コリとは


筋肉がこわばってしまうと血流が悪くなり、水分や老廃物が血管内に溜まり目の下にクマができたり、目元がヒクヒクする原因となります。

そして顔のコリはむくみやたるみ、くすみにシワといった肌の悩みも増やしてしまうことになるので、凝り固まった筋肉をほぐして肌の悩みを解消していきましょう。

 

 

顔コリの原因


顔を触って肌のハリとは違う硬さを感じたら、顔の筋肉つまり表情筋が硬くなっていることが考えられます。

顔の筋肉が硬くなってしまうのは、筋肉の疲労や無表情でいること、自律神経の乱れなどが、原因として考えられます。

 

顔の筋肉の疲労


顔の筋肉も、身体の筋肉と同じように、使い過ぎると疲れて硬くなります。

例えば、パソコンやスマホを長時間見るなど、目の筋肉ばかりを使っていると固くなりコリやすくなります。

また、接客業などで笑顔でい続けることも顔がコル原因です。

 

無表情


笑顔でい続けるのとは逆に、無表情でいることは顔の筋肉をあまり使えていない為、筋肉が硬くなりコリの原因になります。

 

自律神経の乱れ


頭には脳があるため、たくさんの神経が通っていて、顔の筋肉は自律神経とも深い関わりがあります。

 

そのため、自律神経のバランスが乱れると顔の筋肉は硬くなりますし、顔の筋肉が硬くなることでも自律神経のバランスが乱れる原因になります。

 

 

顔の筋肉、表情筋


表情筋とは、目、鼻、口の開閉やみみを動かす筋のことです。

 

それらは20数種類あり、それらが互いに共同して作動することで複雑な表情を表します。

表情筋は、

 

「頬筋(きょうきん)」
「眼輪筋(がんりんきん)」
「口輪筋(こうりんきん)」
「頤筋(おとがいきん)」

「前頭筋(ぜんとうきん)」

などが代表的です。

 

頬筋(きょうきん)


頬筋は、口の両左右あたりにあって口角を上げるときに使う筋肉です。

頬筋が衰えてくると、頬のたるみやほうれい線などの原因になります。

 

頬筋のコリによる影響

・頬のたるみ
・ほうれい線
など

 

トレーニングの仕方


頭の重さを利用したストレッチです。机などに肘をついてと頬筋に沿って(頬骨の少し上あたり)に手を当てると、頭の重さで自然と頬筋が伸びます。

 

それを、鼻の両脇からこめかみの下あたりまで行います。

 

効果

このストレッチは、頬のたるみやほうれい線などにおすすめです。

 

眼輪筋(がんりんきん)


眼輪筋は、目の周りにあって目の開閉に使う筋肉です。

眼輪筋が衰えると、目尻のシワやまぶたのくぼみなどにつながります。

ご高齢の方にまぶたのくぼんでいる方が多いのは、この眼輪筋の衰えがひとつの原因です。

 

また、筋肉が硬くなると血行も悪くなりますので、眼輪筋のコリで目のクマの原因になります。

眼輪筋のコリによる影響

・目尻のシワ
・まぶたのくぼみ
・目のクマ
など

 

トレーニングの仕方


目の横あたりを指で軽く押さえて、眼輪筋を伸ばすようにして左右上下と色々な方向に引っ張ります。目尻のしわが気になるときは、斜め上の方向に伸ばしてあげるのがおすすめです。

効果

このストレッチは、目尻のシワや、まぶたのくぼみ、目のクマなどにおすすめです。

こちらの記事で、目のクマに効くツボを紹介しています。

目の下のクマで悩んでいる人必見! 目の下のクマの原因と対処法

口輪筋(こうりんきん)


口輪筋は、口の周りにあって口を動かすときに使う筋肉で、話したり食べたりするときに働きます。

口輪筋が衰えると、口周りのシワや、口角のたるみなどにつながります。

 

眼輪筋のコリによる影響

・口周りのシワ
・口角のたるみ
など

 

トレーニングの仕方


口の中から舌で押しながら唇の周りをゆっくりと回していきましょう。

 

効果

このストレッチは、口周りのシワや口角のたるみにおすすめですし、舌をゆっくり動かすことでだ液が出て、だ液には殺菌作用がありますから、口臭の予防にもつながります。

 

 

口臭防止に関する記事はこちらをご覧ください。

口臭で悩んでいる方必見!くさいと言われないための予防法

オトガイ筋


オトガイ筋は、顎にある筋肉で口を動かすときに使います。

 

オトガイ筋が衰えてくると、二重顎(あご)などのたるみにつながってフェイスラインが崩れる原因になります。

また、口角が下がることから始まり、やがてあごへとつながってできるマリオネットラインの原因にもなり疲れて見られてしまいます。

オトガイ筋をほぐすことで、顎のラインを引き締める効果も期待できます。

オトガイ筋のコリによる影響

・二重顎などフェイスラインの崩れ
など

 

トレーニングの仕方


口輪筋と同じように舌回し運動が効果的です。

 

前頭筋(ぜんとうきん)


前頭筋(ぜんとうきん)は、おでこにある筋肉で眉を動かすときに使います。

前頭筋が衰えると、おでこの横しわの原因になります。

 

前頭筋のコリによる影響

・おでこの横しわ
など

 

トレーニングの仕方


おでこに手のひらを当てて、そのまま眉毛を上げて3~4秒後、力を抜くを5回ほど行いましょう。

効果

頭皮が柔らかくなり、血行が良い状態になるので、髪に栄養もいきやすく、美髪効果、顔のむくみも解消しやすくなります。

 

後に


老けて見えるのが気になる方、たるみやシワが気になる方毎日トレーニングを行うことでむくみもとれますし、表情も豊かになりますので是非ためしてみてください。

 

老けて見えるのが気になる方はこちらの記事もご覧ください。

 

ほうれい線で悩んでいる人必見!自宅で簡単にできる ほうれい線を目立たなくさせる方法