仕事ができる人の秘訣!クイズで学ぶ部下に対してのメンタルヘルス対策

 

出典 https://youtu.be/zHazYW5xpJE

 

部下がストレスで通院し始めたと打ち明けられました。

あなたが上司ならどうしますか?

 

ストレス社会といわれる現代社会の中で、部下のストレスを

そこで今回は、クイズ形式で今日からすぐ使えるビジネステクニックをご紹介していきます。

 

 

[applink id=”673503525″ title=”ストレススキャン カメラで手軽にストレスチェック!”]

 

 

 

この記事は厚生労働省働く人のメンタルヘルス・ポータルサイトを参照しています。

 

問題1


後輩がお客様からクレーム電話を受けています。

後輩は今までに何度もクレーム対応を経験しているはずなのですが、おろおろしているので、つい助け舟を出して、電話を代わってしまいました。

対応として〇か×か

 

 

 

1 〇

 

2 ×

 

 

 

 

 

答え

 

 

解説

 

 

後輩や部下のため変わらないという人もいると思いますが、正解は電話を替わるです。

何よりも、いろいろ経験させるのはこちらの都合であり、お客様にとっては関係のないことを念頭に置きましょう。

クレームであれば、きちんと処理できなかったではすまされません。

クレーム対応経験がある後輩がおろおろしてしまう、後輩には荷が重すぎるケースというのもあります。

やらせる、やってみせる、この両方を上手く取り入れて指導しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

問題2


産業医等へ相談することを嫌がる部下への対応として、最も適切なものは次のうちのどれでしょうか?

 

 

 

1  管理監督者自身が産業医に相談する

2 業務命令として強制的に医師の診断を受けさせる

3 放っておく

 

 

 

 

答え

 

 

解説

 

産業医等への相談を勧めても、中には、相談することに心理的な抵抗を示す部下もいます。

その場合には無理強いはせず、「それならば、あなたの代わりに私が相談に行ってくるよ」と本人に伝えた上で、管理監督者自身が産業医や専門家に直接相談し、得られたアドバイスに従って対応してみてください。

 

今どのくらいストレスが溜まっているかチェックしてみましょう。

かぜをよくひく

かぜがなおりにくい

頭がスッキリしない(頭が重い)。

眼がよく疲れる。

鼻づまりすることがある。

めまいを感じることがある。

立ちくらみしそうになる。

耳なりがすることがある。

口のなかが荒れたり、ただれたりすることがよくある。

舌が白くなっていることがある。

いつも食べ物が胃にもたれるような気がする。

下痢や便秘をすることがよくある。

肩がこりやすい。

背中や腰が痛くなることがよくある。

疲れがなかなかとれない。

体重増減が激しい

なにかするとすぐに疲れる。

仕事をやる気が起こらない。

夜中目が覚める。

ちょっとしたことでも腹がたったり、イライラしそうになることが多い。

 

5個以上当てはまる方はストレスが溜まっている証拠かもしれませんので休養が必要です。

また10個以上当てはまる方は心療内科などで診察を受けるようにしてください。

 

ストレスとは、心や体にかかる外部からの刺激に対応しようとして生じるさまざまな反応のことです。

 

 

ストレスが溜まっている人必見!ストレス対策のまとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 3


「いつもと違う」部下に気づくために必要なこととして、どのように対応するのが良いでしょうか?

 

 

 

1 いつもの部下をよく観察しておく

2 その部下の情報を部下の同僚などから集める

3 飲みの席などに部下を頻繁に誘う

 

 

 

答え

 

 

 

 

解説

 

どれも重要ですが、特に重要なのが1のいつもの部下をよく観察しておくです。

管理監督者には、「いつもと違う」部下に早く気づき、早く対応することが求められます。

 

具体的な変化としては

仕事に関して、遅刻欠勤が増える・残業等が急に増えている・無断欠勤がある。

報告や相談、会話がなくなった。

表情に活気がなく、動作に元気がない。

服装が乱れていたり、衣服が不潔になった。

などの変化がないかを知る必要があります。

 

そのためには、いつもの部下のことを知っておく必要があります。

 

 

ただし、その背後に病気が隠れていることもあるので、産業医等に相談することも必要となります。

 

何科にかかればよいのかわからない方必見!受診診療科で悩んだ時に役立つ方法

 

 

 

 

 

 

 

問題 4


部下がストレスで通院し始めたと打ち明けられました。

上司として行っておくべきことは次のどれでしょうか?

 

 

1 部下へ定期的な通院を支援する

2 産業医などに就業上の措置の要否を確認する

3 ヘルスナップ

 

 

 

 

 

答え

 

 

 

 

解説

 

定期的な通院を支援して早期治療を図ります。

産業医に相談して、就業上の措置の要否について意見を求めます。

 

その際、プライバシーの保護に配慮し、連絡する必要がない者には言わないように注意し、同僚などへの情報開示では本人の意思を尊重しましょう。

職場や業務に原因がないか検証し、必要があれば再発防止を図ります。

 

他にも、保健師や衛生管理者など事業場内メンタルヘルス推進担当者に連絡し、必要に応じて、産業医を介して主治医の意見を尋ねましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 5


部下が休職することになりました。

復帰するまで連絡は取らずにおくことが一番良い〇でしょうか?×でしょうか?

 

 

2 ×

 

 

 

 

答え

 

 

 

 

解説

 

 

休職の理由がうつ病など精神的な病気の場合、休職中に連絡を取ったほうがいいのかどうか迷ってしまうと思います。

しかし、休職している方にしてみると、職場の人から何も連絡がないと、「自分はもう要らないと思われているのではないか」と不安な気持ちになることが多いようですので、連絡をするのは大事なことです。

もっとも、休み始めの頃など、会社や仕事のことを考えるだけで不安になるということもありますので、休まれている方の状況に応じて、連絡の取り方を考える必要はあります。

休みに入る時に、休職中の連絡の取り方について決めておかれるとよいでしょう。

頻度としては、うつ病の休職の場合は月単位の休みが多いので、1か月に1回とか、診断書の切れる頃などを目安にされるとよいでしょう。

なお、実際に連絡する場合には、原則、主治医と連絡をとった上で実施しましょう。

直属の上司の方が窓口になるのが一般的ですが、部下の方との人間関係がこじれているなど、直接やり取りをするのに問題があるような場合は、他の方を窓口にするような配慮が必要になります。

 

 

 

最後に


いかがでしたでしょうか?

 

「いつもと違う」部下に対しては、管理監督者には労務管理上何らかの対応をすることが求められます。

 

部下に対してだけでなくご自身のメンタルヘルスケアにもつながりますので、繰り返し今回のクイズと解説を読んでみてください。

 

また、厚生労働省のサイトでは一人で悩まず、問題解決に向けて一歩を踏み出すための相談機関や窓口を紹介しています。

 

http://kokoro.mhlw.go.jp/agency/

 

 

この状態も要注意!!自律神経が乱れた時の見分け方と対処法(副交感神経)

 

 

出典 https://www.nissin.com/jp/products/cm/

 

自律神経が乱れているということを聞いたことがあるでしょうか?

 

何となく頭が痛い、やる気がでない、イライラする、眠気がとれない

 

このように、原因が思い当たらないのに様々な症状が現れるのは自律神経の乱れが原因である可能性が高いといえます。

 

そして、自律神経が乱れると、体の器官にさまざまな不調が現われるため非常に厄介な症状といえます。

 

自律神経には

ストレスを感じた時に優位になる交感神経

リラックス時に優位になる副交感神経

の2つがあります。

 

普段はこの2つの神経が生活しやすいようにバランスよく働いています。

 

しかし、ストレスや不規則な生活、ホルモンバランスの乱れなどが原因で神経のバランスが崩れます。

 

つまり、

「自律神経を整える」
というのは、
「交感神経と副交感神経のバランスを整える」
ということです。

ストレスを感じたり、緊張することによって、交感神経が優位になります。

しかし、副交感神経が優位になりすぎても、うつ病などの疑いが出てきます。
やる気がでないなども副交感神経優位にあると言われています。

そこで今回は、自律神経の中でも副交感神経の乱れと対処法をご紹介します。

 

自律神経が乱れることで引き起こされる症状


自律神経が乱れることによって、引き起こされる症状を総称して、自律神経失調症と呼ばれます。

 

 

自律神経失調症の症状


一言で自律神経失調症といっても症状は人によって異なり、個人差があるのが特徴です。

代表的な症状としては、次のようなものが挙げられます。

 

 

疲労感
体が疲れやすい、朝起きることができない

頭痛
頭がずきずきする、頭が重い、頭がふらつく

体温の異常
慢性的な微熱、低体温など

睡眠異常
不眠、日中の眠気

耳・喉・口の症状
耳鳴り、耳が詰まった感じがする、喉の異物感、口が渇く、口内が痛いなど

胸部の異常
動悸、息切れ、胸の痛み、胸やけ、圧迫感、うまく息を吸い込めないなど

吐き気・胃腸の異常
吐き気、腹部膨満、便秘、下痢、腹にガスが溜まる

排尿の症状
頻尿、残尿感、排尿しにくい感じがある

手足の異常
手足のしびれ、脱力感、手足の冷え、ほてり

筋肉の凝り・関節の痛み
首や肩の凝り、関節の痛みなど

皮膚の異常
皮膚や粘膜のかゆみ

などの症状が主に挙げることができます。

 

 

自律神経の乱れのセルフチェック(副交感神経の乱れ)


1 空腹を感じてもあまり食事量をふやすことができない。

 

2 空腹を感じず、一日3食食べれることがほとんどない。

 

3 学生時代はかなり運動をしていたが、現在ではほとんど運動をしておらず体力が落ちていると実感している

 

4 できる限り体力を使わないようにしており、冷え対策もしっかりしている

 

 
5 過去に事故の経験や整体で、無理に背中を鳴らしたことからめまいや痛みが増えた気がする

 

6  事故の経験や整体で背中を鳴らした経験はないが、明らかに運動不足で身体を支えきれない、また少し動くと疲労やめまいを感じる

 

7 常にため息やあくびをすることが多く動作がゆっくりしている

 

8  吸い込む行為が苦しく、少し吸い込んでゆっくり吐き出す呼吸をしている

 

9  いくら寝ても疲れがとれず、夜中にトイレで起きてしまう

 

10  一、二時間に一度はトイレで目覚め、日中強い眠気がある

 

11 筋肉に力をいれても固くならない

 

12 筋肉が無いに等しい

 

13 便秘や下痢になることが時々ある

 

14 常に便秘や下痢の状態であり、整腸剤や下剤が手放せない

 

15 いくつかの感情が慢性化している

 

16 悩みや気持ちを周りに伝えることができず、伝えてもどうにもならないと受け入れている

 

 

副交感神経が乱れると


副交感神経の乱れによる症状は

 

うつ病

眠気

味覚障害

便秘

不安症

尿漏れ

脱力感

抜け毛

体調不良

急な体重減少

息苦しさ

失神

めまい

等の症状が表れます。

 

 

交感神経が乱れているときの対処法


現代人はストレスにさらされることが特に多いため、交感神経が優位になり、自律神経が乱れていることが多くあります。

そのため、交感神経の働きを押さえて、自律神経の乱れを調整する必要があります。

 

 

1 空腹を感じてもあまり食事量をふやすことができない。


空1腹を感じてもあまり食事量を増やせないのは、運動量や睡眠時間が少ないと起こります。

食事量や睡眠時間の不足は副交感神経の乱れにつながります。

対策としては、寝る前に軽く運動を行い、栄養が必要な場所を脳に伝える必要があります。

 

そのことによって、睡眠の質が向上し、睡眠中に栄養吸収しやすくなり食事量も増やせるようになります。

 

 

 

2 空腹を感じず、一日3食食べれることがほとんどない。


この状態は活動量が少なすぎるか、逆に活動しすぎた場合も表れます。

活動量が少ない場合には、活動量を多くすることが対処法になります。

活動量を増やすことで、空腹を感じることができますが、急に活動量を増やすのではなく、徐々にふやすようにしましょう。

 

反対に、活動しすぎた結果起きた場合は、ストレッチなどで身体を緩める方法が効果的です。

深い呼吸をしながらストレッチを行うことで、筋肉が柔らかくなりその結果、空腹を感じることができるようになります。

 

3 学生時代はかなり運動をしていたが、現在ではほとんど運動をしておらず体力が落ちていると実感している


学生時代に毎日運動していた筋肉というのは、動くための記憶を残しています。

筋肉を使わないでいるとその筋肉が原因で体調のリズムが崩れるようになります。

過去動かしていて今は動かしていない身体の動きを取り入れてみましょう。

そのことだけでも運動不足が解消されます。

 

4 できる限り体力を使わないようにしており、冷え対策もしっかりしている


身体を動かさずに冷え対策をしても、かえって冷えを悪化させます。

冷えている冷やしたくない箇所があればその場所を動かす運動習慣を身につけましょう。

 

5 過去に事故の経験や整体で、無理に背中を鳴らしたことからめまいや痛みが増えた気がする


背骨に多くの脊椎捻挫を作り上げている状態です。

背骨をひねって音を鳴らす癖をやめましょう。

背骨のゆがみが自律神経の乱れとなります。

腕立ての姿勢を維持することによって、背骨を支える筋肉をつけていきましょう。

また、めまいがある場合は、片脚片眼立ちをすることがめまいの改善につながります。

 

6 事故の経験や整体で背中を鳴らした経験はないが、明らかに運動不足で身体を支えきれない、また少し動くと疲労やめまいを感じる


筋力が不足しており、背骨を支えきれない状態です。

ラジオ体操をゆっくり目なテンポで始めるなどゆっくりと身体を動かす習慣をつけていきましょう。

 

7 常にため息やあくびをすることが多く動作がゆっくりしている


副交感神経優位になっている状態です。

行動をするときに、少し小走りにしてみたりすることで心肺機能を鍛えていきましょう。

 

8 吸い込む行為が苦しく、少し吸い込んでゆっくり吐き出す呼吸をしている


しっかりと吸い込むことを意識することが大切です。

そのためには一回空気を吐ききってみてください。

吐ききってしまえば、反動で吸い込む力がついてきます。

 

9 いくら寝ても疲れがとれず、夜中にトイレで起きてしまう


休日に寝だめをしようとする人は寝ても疲れがなかなかとれません。

休日も平日もほぼ同じ時間に起きるようにすると、自律神経が整い睡眠の質が整っていきます。

 

10  一、二時間に一度はトイレで目覚め、日中強い眠気がある


完全に眠れていない状態です。

膀胱周辺の血流も低下しています。

足を振り子のように左右や前後に揺らすなどの運動をしましょう。

振り子にしている速度を早めたり、遅くしたりすると効果が出やすくなります。

 

11 筋肉に力をいれても固くならない


力んでも筋肉に力が入らない状態が続くと、筋肉疲労や筋肉に痛みが生じます。

 

筋肉を最大限縮こませるようにして運動をすることで、鍛えられていきます。

 

 

12 筋肉が無いに等しい


筋力が不足しており、背骨を支えきれない状態です。

ラジオ体操をゆっくり目なテンポで始めるなどゆっくりと身体を動かす習慣をつけていきましょう。
歌を歌う、口笛を吹いてみるなどして、吐く時間を長くするようにしていきましょう。

 

 

13 便秘や下痢になることが時々ある


睡眠時間が短い、睡眠の質が悪い可能性があります。

睡眠を極力とるようにこころがけるとともに、大声で笑う習慣をつけてみましょう。

横隔膜が動きやすくなり、腸を自動運動させることができます。

その結果、丈夫な腸を作ることができます。

 

14 常に便秘や下痢の状態であり、整腸剤や下剤が手放せない


便秘や下痢を薬で調整をしていると、気づかないうちに肝臓が弱っていきます。

肝臓と胃腸を同時に鍛えるためには、片足閉眼立ち(眼を閉じて片足で3分立つことを目安にしてください)が効果的です。

下半身の筋力アップすることで、肝臓と胃腸を同時に鍛えることができます。

 

 

15 いくつかの感情が慢性化している


慢性化している時は、ストレスを受け続け感情のコントロールをあきらめている状態です。

いろいろな人に相談して、違う意見をくれる人と話をしてみましょう。漢字用の慢性化を防ぐことができるはずです。

 

16 悩みや気持ちを周りに伝えることができず、伝えてもどうにもならないと受け入れている


強いストレスを受け続けて、相談する人もいないときにおこる状態です。

このような時は、泳いだり、走ったり力いっぱい運動することで思いや悩みが変わってくるようになります。

 

 

最後に


自律神経が乱れると、感情がコントロールできなくなります。

ストレスを感じたり、緊張することによって、交感神経が優位になります。

しかし、緊張がなさすぎると副交感神経が優位になりすぎてしまいます。

 

そのため、何よりも自律神経はバランスが重要ということが言えます。

 

副交感神経が優位になり、うつ病になりやすい状況を解説していますので、参考にしてください。

 

うつ病の手前かも 燃え尽き症候群と対処法

 

 

うつ病の手前かも 燃え尽き症候群と対処法

 

出典 https://www.buzzfeed.com/jp/ryosukekamba/joe

 

毎日毎日一生懸命働いて、気づくと心にぽっかり穴が空き、何もしたくなくなっている状態を感じたこと、また周りにそういう人はいませんか?

 

大きなイベントプロジェクトを終えた後大切な教え子たちが卒業していった後子供が一人立ちした後など、大きな仕事をやり終えた後に生じる疲労感や無気力な状態のことを、「燃え尽き症候群(無気力症候群・バーンアウト症候群)」と言います。

 

無我夢中でやってきたことが中途半端に終わってしまったり、期待していたものが得られなかったときに起こるこのような状態は、心が疲れきってしまっている状態だと考えられ、心因性のうつ病に発展する人も少なくありません。

 

 

燃え尽き症候群になりやすい人


燃え尽き症候群になりやすい人としては、完璧主義理想が高い人責任感が強い人が挙げられますが、他にも以下のような人は注意が必要です。

生活リズムが乱れている人


十分な睡眠、バランスの良い食生活は身体だけでなく、心のバランスも整えてくれます。

 

そのため残業が増えたり、忙しすぎてゆっくり食事をすることも難しいという時には、身体の免疫が下がって風邪をひきやすくなるなどの身体の不調につながりやすくなります。

 

心のバランスに関してはこちらの記事をご覧ください。

 

心のバランスを保つ神経伝達物質セロトニンをコントロールして幸せになる方法

 

 

 

 

頼れないで一人でやってしまう


誰にも助けを求められず、誰にもフォローされない環境は追いつめられ非常にストレスがかかります。

常に仕事や誰かに怯えて、気を張りながら仕事をしている状態になるため心も休まる暇がありません。

 

全てを自分でやってしまう人は、優先度を測れずに他の人に頼めません。

 

優先順位のつけ方に関してはこちらの記事をご覧ください。

 

仕事ができる人の秘訣!優先順位を考えるときのポイント

 

 

 

やりがいを感じるとができない


モチベーションの高い方にとってだけでなく、自分のスキルにあっていない仕事を続けるのはやりがいを感じられることがなく、ストレスになります。

職場の環境だけでなく難しすぎたり簡単すぎたりする仕事の質も関係してきます。

自尊心を持って仕事を続けていくことが重要なのです。

 

 

燃え尽き症候群がもたらす身体への影響


燃え尽き症候群に陥ってしまった場合、やる気が無くなるだけで無く、様々な症状が表れます。

精神的な物だけで無く、身体的にも影響が出てきてしまうので、もし症状に気付いたら、早めに対処する事が必要です。

 

 

心身の不調


ストレスによる身体の不調や症状がひどい時には不眠症になるなど、身体が無理をし過ぎている時の反応はとても正直です。

体のだるさや熱っぽさ、仕事のことを考えてしまって眠れないなどの症状が頻繁に感じられる時は、思い切って2~3日の休暇を取るのも早期の回復には有効です。

 

ストレス解消法に関してはこちらの記事をご覧ください。

 

ストレスで悩んでいる方必見!最強のストレス解消法

 

 

 

仕事のことをついつい考えてしまう


プライベートの時間も仕事のことを考えてしまう、というのはいたって普通のことです。

しかし、それが恐怖や過度のストレスを伴うようなマイナスの感情とともに想起されるなら、かなり深刻な状態と言えるでしょう。

 

 

常にイライラする


職場だけでなく、家族や友人といる時ですらイライラしてしまうのは、小さなストレスが知らず知らずのうちに溜まっている証拠です。

自分自身だけでなく、上司や同僚など最近イライラしていることが増えたなという人がいたら要注意です。

 

イライラしている人に対しての対応の仕方に関してはこちらをご覧ください。

 

イライラしている人に対しての接し方

 

 

遅刻・欠勤が目立つ


燃え尽き症候群に限らずメンタルストレスを抱える方に多いのが遅刻や欠勤です。

これは辛い状況から逃げ出したいという逃避の一種ですが、ついつい仕事を休むための言い訳を考えているという状態は、実は心が悲鳴を上げつつあるという状態なのです。

 

その他遅刻しないようにする方法はこちらをご覧ください。

遅刻常習者必見!遅刻しない人間になる方法

 

 

 

対処法


燃え尽き症候群にならないためには、適度に休憩をとること、頑張りすぎないこと、完ぺきを求めないことが重要です。

 

しかし、燃え尽き症候群になってしまった場合の対処法をご紹介します。

 

 

 

頑張ったから燃え尽きたと認める


先ずはそれまで頑張ってきた自分を認めてあげて、考え過ぎたり、動き過ぎたりした自分を休めてあげることが大切です。

人間の脳は同じ事を繰り返すとそれに慣れてしまい、新しい事を考えたりする事が苦になってしまいます。

燃え尽き症候群状態であると、ただでさえ無気力な状態なのに、また新しく脳を働かせなければならず、二重苦であるためになかなか動けないのです。

可能であれば、じっくり睡眠をとり、酷使し過ぎた脳や身体を、休めるだけ休めてあげましょう。

 

十分な睡眠が確保できない場合、昼寝でカバーすることも可能です。

 

昼食後眠気で仕事にならない人必見!奇跡の睡眠法パワーナップ

 

 

 

 

新しい目的を見つける


新しく熱中できるものと出会うこと燃え尽き症候群の解消には非常に有効な方法となります。

新しく熱中できるものに出会えれば、喪失感もたちまち「(新しい物事への)モチベーション」へ切り替わっていきます。

 

 

 

自分がやったことを記録しておく


燃え尽きるほど頑張り、達成してしまった目標の意味を知り、今後それらの経験をどう活かせるのか導き出し、先に進むことも重要です。

 

全く別の目標などをもつ事も一つの手かもしれませんが、せっかく燃え尽きる程の努力と経験をしてきたわけですから、それらの経験を記録してみましょう。

自分がしてきた経緯を今一度思い起こすことによって頑張った自分に感謝でき次のステップに進めるはずです。

 

 

 

最後に


今回、燃え尽き症候群についてお話しましたが、多くのメンタル疾患に共通する点は真面目で完璧主義者が強いストレスを抱えると発症するという点です。

 

今回の対処法も燃え尽き症候群以外にも効き目がありますので、定期的に息抜きをするなどして身体に休息をあげましょう。

 

仕事ができる人の秘訣!効率よく休憩する方法