簡単!クイズで学ぶアンチエイジング効果がある飲み物




甘酒は血圧の上昇を抑制し、血管を老けにくくする効果がありますが、甘酒を飲むタイミングとして一番適しているのはいつでしょうか?




1 朝

2 昼

3 夜









正解は 1の朝です。



朝は血圧を上げるホルモンが活発なので、朝食に飲むと血圧上昇を抑えるのに役立ちます。


米麹甘酒は「飲む点滴」とも言われ、ブドウ糖、オリゴ糖、アミノ酸(必須アミノ酸)、ビタミンB群といった栄養素が含まれており、免疫力をアップさせる効果が期待できます。




また、麹菌に含まれるペプチドという成分は血圧上昇に関わるホルモンの抑制に役立ちますが、その血圧を上げるホルモンが活発な朝に飲むとより効果的と言われています。



健康で元気に長生きをしたいというのは、多くの人が望んでいることだと思います。





そこで今回は、クイズ形式で 健康長寿に効果のある食べ物をご紹介していきます。











問題1



甘酒には肌年齢を老けにくくする効果もありますが、甘酒を飲むタイミングとして一番適しているのはいつでしょうか?


1 朝

2 昼

3 夜















答え






解説


正解は3の夜です。


加齢によってコラーゲンが減少し、肌を老けさせてしまいます。


酒かす甘酒にはコラーゲンの減少を抑える効果があり、美肌を作る作用があります


さらに、新陳代謝は夜に行われるため、夜に甘酒を飲むのが効果的です。


他にも、酒粕に含まれるレジスタントプロテインは脂を包み込んで体の外に排出する働きがあるため、食事と一緒に飲むことで肥満を防ぐのに役立ちます。


甘酒を飲むことによって、血管年齢・肌年齢の老化を防ぐだけでなく肥満も防ぐ甘酒はまさに、飲む点滴と呼ぶにふさわしい飲み物です。

















問題2



脳の健康に良いといわれている飲み物は次のうちのどれでしょうか?


1 コーヒー

2 牛乳

3 紅茶












答え







解説

正解は1のコーヒーです。

1日5杯までのコーヒー摂取は、糖尿病や心臓血管疾患のリスクを下げるということがハーバード大学の研究でわかっていましたが、脳の健康にもよいということがわかりました。


コーヒーをロースト(焙煎)する際に生成されるフェニルインダンという物質がその鍵を握っていることがわかりました。

フェニルインダンには、アルツハイマー病やパーキンソン病につながるアミロイドβというタンパク質が脳にたまるのを防ぐ働きがあるそうです。

つまり、この成分の多いコーヒー摂取により脳の病気になるリスクを下げることができるということがいえます。















問題 3



脳の老化を防ぐ効果もあるコーヒーですが、ある食べ物と一緒に取ることで効果が増します。
その食べ物とは次のうちのどれでしょうか?




1 クッキー

2 ケーキ

3 ビターチョコレート













答え




解説

正解は3のビターチョコレートです。



チョコレートが脳に効く理由は主に3つあります。



1 チョコレートにブドウ糖が多く含まれている

脳のエネルギー源として必要になるブドウ糖、なかでも菓子類に含まれる精白された糖分は吸収が早く30分ほどで脳に届くといわれています。


2 チョコレートにはビタミンEやナイアシンといったビタミン類や、カルシウム、マグネシウム、亜鉛といったミネラルなどの栄養分がバランスよく含まれている点。

これらの栄養素は脳の活動に不可欠なだけでなく、チョコレートに含まれるカフェインの仲間であるオブロミンには記憶力や集中力を高めたりやる気を出したりする効果が、ギャバには精神を安定させる効果が期待できます。



3 チョコレート特有の甘い香りには集中力を高める働きがある点。

さらにビターチョコレートにはクロロゲン酸とカカオポリフェノールが多く含まれているため、脳を活性化してくれます。
















問題 4



コーヒーはある食品と一緒に取ることで脂肪燃焼効果を高めてくれますが
そのあるものとは、次のうちのどれでしょうか?



1 ミックスナッツ

2 小魚

3 ピスタチオ














答え

1








解説



正解は1のミックスナッツです。



カフェイン、クロロゲン酸の効果が発揮され、高い脂肪燃焼効果を期待することができます。



加えて、ミックスナッツに含まれているレシチンが脳を活性化させてくれます。














問題 5



血管の老化を防ぐためにコーヒーを飲んだ方が良いタイミングは、食前、食後どちらでしょうか?



1 食前

2 食後















答え





解説

正解は1の食前です。



食前にコーヒーを飲むことでカフェインが血糖値の急上昇を抑えてくれます。



また、コーヒーに含まれるクロロゲン酸が脂質を分解します。


このクロロゲン酸は糖分の吸収をゆっくりにしてくれる働きもあります。



一方、食後に飲めば、胃酸の分泌が促され、スムーズに消化されます。


また、ーヒーに含まれるポリフェノールはメラニン色素の生成を抑える効果があるため、美白に効があります。



ポリフェノールは、食後に飲むコーヒーからが一番多く採取されるという研究結果が出ています。

1日3〜4杯なら病気のリスクを下げるとも言われていますが、コーヒーを飲みすぎると糖尿病のリスクが高まるという結果もあるため、飲み過ぎには注意しましょう。















最後に



いかがでしたでしょうか?

このように、健康長寿に効果のある食べ物・飲み物はまだまだたくさん存在します。




特にコーヒーのような身近な飲み物でも、脳の老化防止・血管の老化防止や脂肪燃焼など健康長寿に役立てる効果が多くあります。


コーヒーは様々な疾患の抑止効果もあるといわれていますので、コーヒーが少し苦手という方もいらっしゃると思いますが、コーヒーブレイクで心も身体も健やかになってみませんか?



自宅で美味しいコーヒーを入れたいという方にとても分かりやすい動画がありましたのであわせてご紹介します。



出典 https://youtu.be/HXI4HbT9bjo

  




ことわざで学ぶ!食べ物の効果と美味しい食べ方

 

出典 https://www.youtube.com/watch?v=IZYLgEyLMj0
 
始めちょろちょろ中ぱっぱ赤子泣くとも蓋取るな

 

便利な調理器具の普及によって、以前ほど役に立たなくなりましたが、昔から伝わる美味しく炊き上がる方法を歌として流行り、ことわざにしたものです。

弱火でゆっくりと米の中心まで吸水させることで米の甘みを引き出し、ムラなく米を炊き上げることができます。

はじめちょろちょろで米に水を吸水させたら、に強火にして沸騰させます。

沸騰したら弱火~中火にしてじっくりと中に火を通しましょう。

はじめちょろちょろ中ぱっぱの中ぱっぱは沸騰させるまでのことを言います。

中ぱっぱの後の歌詞は赤子泣いても二とるなと続きます。

蒸らしの段階は釜の温度を下げないことが重要なので、「赤子泣いてもふた取るな」、つまり何があっても蓋を取ってはいけないということに繋がります。
 
 
このことわざには、このようにお米をおいしく炊くための先人の知恵がつまっています。

他にも数多くの健康に対することや食べ物のことわざが存在します。

 

 

そこで今回は、昔からあることわざを通して、食べ物の効果や美味しい食べ方などをご紹介していきます。

 

 

秋ナスは嫁に食わすな


 

一般的によく使われている解釈は秋ナスはとても美味しいので嫁なんかに食べさせるのはもったいないという姑さんの意地悪な気持ちを表しているというものですが、ポジティブな解釈もあります。

 

夏野菜のナスには体を冷やす働きがあるので、涼しくなってきた秋にナスを食べて出産を控えたお嫁さんの体が冷えすぎないようにという、姑さんのお嫁さんを気遣う優しさからの言葉であるという解釈です。

食べ物には身体をあたためるものと冷やすものがあります。

 

身体をあたためる野菜には、にんじん、ねぎ、たまねぎ、ごぼう、れんこん、かぼちゃ、生姜、にら、にんにく、にんにくの芽、山芋、ふきなどがあります。

 

一方で、身体を冷やす野菜は、レタス、キャベツ、白菜、ほうれんそう、小松菜、きゅうり、トマト、ゴーヤ、セロリ、もやし、おくら、大根などがあり、ナスも身体を冷やす野菜に含まれています。

 

冷え性で悩んでいる方や妊婦さんは、身体を冷やす野菜を食べる場合は発酵する、熱を加える、圧力を加えるなどすると良いでしょう。

 

 

 

秋刀魚が出ると按摩が引っ込む


 

夏の暑さが落ち着いて、食欲も回復した頃に、栄養豊富なサンマが出回るようになると、食べた人は元気になって病人が減り、マッサージなどを行うあんまの出番がなくなるということ。

秋になると北の海から南下してくるサンマは、脂がのってとてもおいしく、良質のタンパク質や各種のビタミンがたっぷり含まれています。

 

血液をサラサラにして、コレステロールを正常に保つ働きのあるEPAや、脳細胞の活動を円滑にするDHAなど、体と頭にうれしい栄養素がぎっしり詰まっています。

EPAやDHAはオメガ3に分類されており、血液中の脂質濃度を下げる働きがあるといわれていることなどから、コレステロールを下げる、中性脂肪を下げる効果、高血圧予防、脂肪肝予防の効果があると期待されています。

また、同じように秋の食べ物に関してのことわざで、柿が赤くなると医者が青くなるということわざがあります。

 

生柿を1玉食べれば1日に必要なビタミンCを摂取することができ、ほかにも食物繊維、ビタミンの仲間である葉酸やビタミンA、ビタミンB6、マンガンやカリウムなども豊富に含まれています。

 

 

 

 

一日一個の林檎は医者知らず


 

この言葉はイギリスの一地方で生まれたことわざであるとされています。

 

りんごには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方がバランスよく含まれており、便通改善や腸内環境改善に役立ち、糖質の吸収を抑え、急激な血糖値の上昇を防ぎます。
 
また、ケルセチン、ポリフェノールなど抗酸化物質が活性酸素を除去し、免疫力を高め、疲れにくくなる効果が期待できます。

美肌・美白、動脈硬化予防の効果もあります。
 
 
 


冬至かぼちゃに年とらせるな


 

冬至の頃になると柚子湯に入るとともにかぼちゃを食べる習慣があります。

風邪を引かないため、また、金運上昇祈願などの意味があるようです。

 

かぼちゃには、ビタミンやカロテンが豊富で、緑黄色野菜をなかなか摂取することができない冬の大切な栄養源とされていました。

 

かぼちゃは夏から秋にかけて収穫される野菜で、栄養を損なわずに保存することができます。

しかし、冬至を過ぎるとさすがに傷んでしまうので、廃棄するようなもったいないことにならないように、年内には食べるようにという教えが元になってこのことわざがいわれるようになったようです。

 

 

 

匂い松茸味しめじ


 

たくさんあるきのこの中で、においが、いいものは松茸、味がいいものはしめじであるという有名なことわざです。
 
現在流通しているしめじは、ぶなしめじといい、安価で販売されていて料理にも使いやすい食材ですが、栄養成分が豊富で健康的な食材として知られています。

 

ぶなしめじに含まれる栄養成分は「ビタミンC」「ビタミンD」「ビタミンB1・B2・B6」「ナイアシン」「カリウム」「鉄分」「食物繊維」「アミノ酸」などがあります。

 

ぶなしめじは普段の食生活で不足しがちなビタミンやミネラルを豊富に含んでいます。

一方の松茸ですが、香り成分は、マツタケオールとケイ皮酸メチルによるもので、食欲増進作用、消化酵素の分泌を促す作用、がん予防効果があるといわれています。

 

また、カリウム、鉄、食物繊維の含有量はキノコ類の中ではトップクラスです。

カリウムは体内の余分なナトリウム(塩分)を尿とともに排泄してくれるので、高血圧の予防改善に役立ち、豊富な不溶性食物繊維は便秘の改善、腸内の有害物質の排出に有効です。

 

 

 

最後に


いかがでしたでしょうか?

古くから伝わる日本のことわざは、簡潔で覚えやすいとともに、真実を鋭く言い当てた絶妙なものであり、まざまな戒めやアドバイスを得ることができます。

 

異名当てクイズで学ぶ!美容・健康に効果のある食べ物

 

出典 https://www.youtube.com/watch?v=uVpG5vqfHdE

 

海のミルク

畑の肉

黒いダイヤ

これらはある食べ物の異名です。

何の食べ物かわかりますか?

 

 

正解はそれぞれ

 

海のミルク→牡蠣

畑の肉→豆腐

黒いダイヤ→トリュフ

となっています。

 

この異名は、見た目が似ているから付けられる場合もありますが、異名の多くは食べ物の持つ効能・効果を表しています。

 

そこで今回は、美容健康に効果があることからついた食べ物の異名をクイズ形式で ご紹介していきます。

 

 

 

 

問題1


王様の野菜の異名を持つ食べ物は次のうちのどれでしょうか?

 

1 ほうれん草

 

2 モロヘイヤ

 

3 春菊

 

 

 

 

 

答え

 

 

解説

正解は2のモロヘイヤです。

 

アラビア語で王様だけのものという意味をもつモロヘイヤは、まさに王様が独り占めしたくなる高い栄養価が含まれています。

中でも、にんじんの1.4倍のカロチンを含み、ビタミンA・B・C、カリウム、カルシウム、鉄分も食べ物の中でもトップクラスを誇ります。

 

青汁の材料として使われていることも多く、そのため、動脈硬化、糖尿病、高血圧、骨粗鬆などの予防にも効果があります。

 

 

 

 

 

問題2


クレオパトラの美容食の異名を持つ食べ物は次のうちのどれでしょうか?

 

1 デーツ

2 干しブドウ

3 ナッツ

 

 

 

 

答え

 

 

解説

 

正解は1のデーツです。

 

デーツは砂漠の過酷な条件で生育し、その生命力の強さから生命の木、世界三大美人のクレオパトラも愛しクレオパトラの美容食とも呼ばれています。

 

デーツは栄養価として、美肌作りに欠かせないビタミンBやベータカロテン、むくみ対策に必要なマグネシウムや、アンチエイジング効果の高いポリフェノール、健康な髪や爪を作る亜鉛なども含んでいます。

 

体の内側からトータルにケアしてくれるフルーツといえます。

 

 

 

 

問題 3


食べる日焼け止めの異名を持つのは○○のリコピンですが、○○に入る食べ物は次のうちのどれでしょうか?

 

 

1 ナス

2 きゅうり

3 トマト

 

 

 

答え

 

 

 

解説

 

正解は3のトマトです。

リコピンはトマトに多くふくまれており、完熟トマト1kgあたり約50mgのリコピンが含まれています。

リコピンが持つ抗酸化作用はビタミンEの約100倍といわれています。

抗酸化力がとても高いため、紫外線によるシミやシワの原因である活性酸素を除去する作用があります。

 

そのため、リコピンは食べる日焼け止めの異名を持ちます。

 

リコピンは他にも色々な効果があるため、トマトが赤くなると医者が青くなると言う言葉もあるほどです。

リコピンは、活性酸素を原因とする視覚機能の低下に有効であるといわれています。

また、加齢によって起こる白内障や黄斑変性症などの視覚障害の予防や改善にはルテイン(カルテノイドの一種)が効果的ですが、リコピンもルテインとの相互作用で効果を発揮することが明らかとなっています。

さらにリコピンの持つ抗酸化作用は、悪玉(LDL)コレステロールの酸化を抑え、血流を改善します。

 

リコピンの血流改善作用は代謝の活発化につながるため、肥満を予防し生活習慣病の改善効果が期待されています。

 

 

 

 

問題 4


飲む点滴の異名を持つ飲み物は、次のうちのどれでしょうか?

 

 

1 甘酒

2 緑茶

3 コーヒー

 

 

 

答え

 

1

 

解説

 

正解は1の甘酒です。

米麹甘酒は「飲む点滴」とも言われ、ブドウ糖、オリゴ糖、アミノ酸(必須アミノ酸)、ビタミンB群といった栄養素が含まれており、免疫力をアップさせる効果が期待できます。

 

麹菌に含まれるペプチドという成分は血圧上昇に関わるホルモンの抑制に役立ちますが、その血圧を上げるホルモンが活発な朝に飲むとより効果的と言われています。

 

酒かす甘酒にはコラーゲンの減少を抑える効果があり、美肌を作るのにも最適です。

 

新陳代謝は夜に行われるため、夜に甘酒を飲むのが効果的です。

他にも、酒粕に含まれるレジスタントプロテインは脂を包み込んで体の外に排出する働きがあるため、食事と一緒に飲むことで肥満を防ぐのに役立ちます。

 

甘酒を飲むことによって、血管年齢・肌年齢の老化を防ぐだけでなく肥満も防ぐ甘酒はまさに、飲む点滴と呼ぶにふさわしい飲み物です。

 

 

 

 

問題 5


森のバターの異名を持つ食べ物は次のうちのどれでしょうか?

 

 

1 パパイヤ

2 アボカド

3 かぼちゃ

 

 

 

答え

 

 

解説

 

正解は2のアボカドです。

 

アボカドの食べられる部分の20%は脂肪分ですが、脂肪の8割がリノール酸やオレイン酸といわれる不飽和脂肪酸のため悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにしてくれるので、動脈硬化予防の他、抗酸化作用もあります。

 

良質な脂肪分が豊富に含まれることから、森のバターの愛称で親しまれるアボカドですが、10種類以上のビタミンと、10種類以上のミネラルを豊富に含んでいます。

 

果物の中でとても栄養が豊富なため、世界一栄養価が高い果物としてギネスに認定されています。

 

アボカドには、良質な脂肪分「不飽和脂肪酸」・食物繊維・グルタチオン・ビタミンE・ビタミンA・ビタミンC・ビタミンB群・葉酸・カロテン・カリウム・カルシウム・鉄・マグネシウム・銅・亜鉛・リン などが含まれています。

 

アボカド1個でごはん1膳分と同じカロリーのため、カロリーを気にする方は半分にするなど気にするとよいでしょう。

 

最後に


いかがでしたでしょうか?

このように、美容効果のある食べ物はまだまだたくさん存在します。

今後もご紹介していく予定ですので参考にしてください。

 

こちらの記事ではランキング形式で美容効果のある食べ物をご紹介しています。

ランキングで学ぶ!美容効果のある食べ物

ランキングで学ぶ!美容効果のある食べ物

 

出典 https://www.youtube.com/watch?v=lYsF8QqTFr4

 

甘いお菓子

スナック菓子

ピザ

揚げ物

フライドポテト

マーガリン

 

これらに共通することは、肌荒れやニキビの原因になりやすい食べ物ということです。

 

肌荒れやニキビの原因になりやすい理由は、脂肪分が多いものや刺激物は皮脂の分泌を増やし、肌のバランスを崩れやすくするためです。

 

普段から意識して摂取を控えることで予防につなげることが重要です。

 

 

反対に、肌荒れに有効な食べ物や飲み物は何でしょうか?今回はランキング形式で美肌に効果のある食べ物をご紹介していきます。

 

 

5位 鮭


 

鮭を食べるだけで、ビタミンに鉄分、タンパク質と多くの栄養を効率的に摂取することができます。

 

さらに、鮭には、アスタキサンチンという成分が含まれています。

 

このアスタキサンチンは、ビタミンEの1000倍もの抗酸化力を持っているため、アンチエイジングや美白に効果的な食材です。

 

その他にも、鮭に含まれているDHAやEPAは、オメガ3脂肪酸に分類され、血液中のコレステロール値を下げたり免疫力を上げたりして、様々な病気を予防する効果が期待できます。

 

 

 

4位 デーツ(ナツメヤシ)


 

デーツは、ヤシ科の高木ナツメヤシの実です。

デーツは砂漠の過酷な条件で生育し、その生命力の強さから生命の木、世界三大美人のクレオパトラも愛しクレオパトラの美容食とも呼ばれています。

 

デーツは栄養価として、美肌作りに欠かせないビタミンBやベータカロテン、むくみ対策に必要なマグネシウムや、アンチエイジング効果の高いポリフェノール、健康な髪や爪を作る亜鉛なども含んでいます。

 

体の内側からトータルにケアしてくれるフルーツといえます。

 

 

 

3位 オリーブオイル


 

オリーブオイルに入っているオレイン酸は、体の皮に含まれているもので、皮脂を修復し、肌を整えてくれる効果が期待できます。

 

また、βカロチン、ビタミンE、ビタミンK、普段の食事では摂取しにくいポリフェノールまで入っています。

 

オリーブオイルに含まれるビタミンEは、血行を促進するため、頭皮環境を整えて抜け毛を予防する効果があります。

また抗酸化作用によって、抜け毛や白髪の原因になる活性酸素を抑える効果もあります。

 

ただし、オリーブオイルはカロリーが高いため、1日大さじ1~2杯程度飲むのがおすすめです。

 

 

 

2位 トマト


 

トマトは完熟期になると活性酸素を除去するリコピン・ビタミン・ミネラルが大幅に増加し、様々な病気を防ぐ栄養素がたっぷりなため、医者いらずといわれるほどたくさんの効果があります。

特にリコピンには、強力な抗酸化力から得られ、血糖値を下げる,動脈硬化の予防、喘息の改善、美白効果、ダイエット効果などがあると言われています。

リコピンには、強力な抗酸化作用があるため、紫外線が肌に当たると活性酸素が発生し、シミやシワ、たるみの原因を防ぎます。

 

またリコピンにはシミの原因になるメラニンを生成するチロシナーゼの働きを抑制する効果があります。

 

 

 

1位 ビーツ


 

ビーツとは、ロシア料理のポルシチによく使われている赤いカブのような野菜です。

 

日本での産地は長野県や愛知県、静岡県などで、夏から秋にかけてが旬で、奇跡の野菜との異名を取るほど高い栄養素を誇っています。

 

ビーツはカリウム、ナトリウム、カルシウムなどのミネラルやナイアシン、パントテン酸などのビタミンB類、食物繊維などが含まれるほか、ベタシアニン、ベタインなどほかの作物にはなかなかない成分が含まれています。

 

さらに近年ではビーツに含まれるラフィノースというオリゴ糖の働きや、ビーツの赤色を示すベタシアニン、ベタキサンチンが持つ抗酸化作用、さらに血管拡張作用のあるNO(一酸化窒素)の、体内での産生を促進する成分が含まれており、その生理作用に注目が集まっています。

 

NOには血管の筋肉を柔軟にして血流をスムーズにするという働きがあります。

 

血流がよくなることにより、冷えやむくみ予防、美肌効果、ダイエット効果、エイジングケアも期待できます。

 

 

 

最後に


いかがでしたでしょうか?

このように、美容効果のある食べ物はまだまだたくさん存在します。

今後もご紹介していく予定ですので参考にしてください。

 

健康の秘訣!知らないと危険な食べあわせの悪い食べものを徹底解説

 

出典 https://www.youtube.com/watch?v=aDxGyrjUAqU

 

食べあわせが良い食べ物、悪い食べ物というものがあります。

 

それぞれの食品には相性があり、うまく組み合わせて、バランスよく栄養素を取り入れれば、それぞれが持つ力以上の効果が得られることになります。

 

逆に食べ合わせの悪い組み合わせを「合食禁」ともいい、一緒に食べるときに食材の取り合わせが悪いとされ、一般に消化に害を来たすとされています。

 

 

 

普段何気なく食べている物の中にも、食べ合わせが悪い食べ物はありますし、中には危険な食べあわせもあります。

 

 

そこで今回は、知らずに食べて体調不良にならないように、食べあわせの悪い食べ物を徹底解説していきます。

 

納豆+生卵


納豆に含まれるビオチンという美肌効果のあるビタミンBの一種があります。

一方、生卵にはアビジンというタンパク質の一種が含まれています。

アビジンにはビオチンと強く結合する性質があります。

このふたつが結合してしまうとビオチンの吸収が妨がれてしまいます。

 

アビジンによって、せっかくのビオチンの効果が吸収されることなく体外へ排出されてしまうことから、納豆と生卵は避けた方が良いと言われています。

 

 

 

 

スイカ+天ぷら


スイカは水分が多いため、胃酸を薄めてしまいます。

天ぷらなどの揚げ部分の消化能力が落ちます。

揚げ物の後にみずみずしいスイカは、食べ過ぎてしまう傾向があるようです。

油分と水分は混ざらないので、この組み合わせは胃腸に弱い方などは注意が必要です。

 

天ぷらとスイカに関わらず、水ものと油ものは沢山食べるとお腹を壊しやすいため、注意が必要です。

 

 

 

トマト+きゅうり


トマトはビタミンCを豊富に含む食べ物です。

しかし、キュウリに含まれているアスコルビナーゼという酵素がトマトのビタミンCを酸化させてしまいます。

アスコルビナーゼは、キュウリ以外にも、ニンジン、ブロッコリーやカボチャ、バナナ、りんごなどにも含まれています。

そのまま食べず、サラダとして食べるならマヨネーズ、酢入りのドレッシングをかければ酵素を抑制できます。

 

 

また、トマトのビタミンCの一部が壊されたとしても、きゅうり自体のビタミンCや利尿作用、体の老廃物を排出する効果が加わるので、トータルで考えればバランスのとれた食事になっていると言われてます。

 

 

 

 

シラス・ちりめんじゃこ+大根


シラスに含まれるアミノ酸リシンの吸収を大根が持つ抗体により阻害してしまいます。

このリシンは、免疫力アップと抗ストレス効果があり、体内で作ることができないため、食べ物から摂取しなければならない必要なアミノ酸です。

 

大根が持つ抗体は、熱や酸に弱いという特徴があります。

そのため、大根とシラス・ちりめんじゃこの組み合わせで食べる場合には、少量の酢ををかけることをおすすめします。

 

 

 

 

ベーコン+ほうれん草


ほうれん草とベーコンの食べ合わせが悪いと言われる理由は2つあります。

ほうれん草に含まれている硝酸が人間の体内で亜硝酸に変化すると、ベーコンに含まれているタンパク質の分解物と反応し、発がん性物質が生成されてしまうこと

ベーコンに含まれているリン酸がほうれん草の鉄分、カルシウムの吸収を阻害すること

の2つです。

ほうれん草とベーコンの炒め物を食べるときは、ほうれん草を茹でてから炒め、ビタミンが多い野菜を加えて炒めると良いでしょう。

 

また、ゆで卵の硫黄分も同じく鉄分の吸収を阻害するので、ほうれん草と卵を食べる時はスクランブルエッグや目玉焼きがおすすめです。

 

 

 

 

なすの漬物+冷たいそば


なすの漬物は、身体を冷やし、そばも胃を冷やす作用があります。

お互い体を冷やす作用があるので注意が必要と言われてます。

加熱すれば冷やす作用は緩和されるので、温かいそばに代える、ネギ、七味などを加えて防ぐことができます。

 

 

 

 

レバー+みょうが


栄養豊富なレバーは、代謝を活発させる働きがあるため、痩せ気味の方に効果的です。

また、レバーはニンジンの10倍のビタミンAや鉄分が多く含まれており、低カロリーで貧血の予防になります。

 

しかし、みょうがは、苦み物質が胃腸の働きを抑えるため、栄養分の吸収を低減、阻害させてしまうようです。

ショウガを追加することで、栄養分の吸収率を高めてくれます。

 

 

 

 

ソース+ハム


一般的なソースに含まれる合成保存料パラオキシ安息香酸エステル(パラベン)がハムに含まれる発色剤の亜硝酸塩と結びつくと、発がん性物質が生成されてしまう恐れがあります。

パラオキシ安息香酸エステル(パラベン)は、ソース以外にも清涼飲料水、シロップ類に含まれてる場合があります。

 

亜硝酸塩は、ハム以外にソーセージ、ベーコンなどの肉製品、イクラ、タラコなどの魚介製品、燻製食品に使われる添加物に含まれています。

 

 

 

 

焼き魚+漬物


発がん性物質を作り出す組み合わせです。

魚を焼くと、良質なたんぱく質が変化を起こし、ジメチルアミンという物質ができます。

漬物は、野菜に含まれている硝酸塩が発酵の過程で亜硝酸塩に変化します。

これらジアチルアミンと亜硝酸塩が合わさるとニトロソアミンという発がん性物質が生成されてしまいます。

 

ビタミンCを一緒に摂ることで、ニトロソアミン、発がん性物質をの生成を抑えることができます。

 

また、漬物に含まれている硝酸塩は以下の方法で減らすことができます。

塩漬けの漬物は、水洗い後手絞りをすることで、葉物野菜は50%、根菜類のかぶの根で30%、硝酸イオンを除去できます。

ぬか漬けみそ漬けの漬物は、水洗い後、水切りすることで、硝酸イオン30%除去できます。

 

 

 

 

ところてん+生卵


この二つの食べ合わせは、胃腸に負担を掛けるので注意が必要です。

ところてんは、その98〜99%が水分であり、身体を冷やす作用、代謝を落とし、消化不良を起こす可能性があります。

 

生卵は、食べ物中でも消化がよいとされていますが、胃を冷やすため、2つの食べ合わせはよくないと言われてます。

 

 

 

 

 

最後に  うなぎと梅干し


食べあわせの悪い食べ物代表として、よくあがるうなぎと梅干しですが、栄養的・医学的にまったく問題はなく、むしろ理にかなった相性の良い組み合わせです。

うなぎに多く含まれるビタミンB1と、梅干しに多く含まれるクエン酸は、いずれも疲労回復に効果的な栄養素のひとつです。

以前は、うなぎの脂っこさと梅干しの酸味が刺激し合い、消化不良を起こすと考えられていたようです。

 

このようにうまく組み合わせて、バランスよく栄養素を取り入れれば、それぞれが持つ力以上の効果が得られることになります。

 

しかし反対に食品の相性が悪いと、胃腸障害や消化不良など逆効果を招くこともありますので今回の記事を参考にしてみてください。

 

また、良い食べあわせに関してはこちらの記事をご覧ください。

健康の秘訣!栄養素を100%生かす良い食べあわせ 徹底解説

健康の秘訣!栄養素を100%生かす良い食べあわせ 徹底解説

 

出典 https://www.youtube.com/watch?v=qQVhVIXeX-8

 

ビタミンcはお肌に良いが、熱に弱く、時間が経つと失われやすい

ビタミンB1は疲労回復や新陳代謝の促進に役立ちますが、ストレスを感じると尿中に排泄される

 

 

このように、栄養素には欠点を持ったものも多く、体内に入った栄養素は、お互いに助け合いながら、その役割を果たします。

 

しかし、実はそれぞれの食品には相性があり、うまく組み合わせて、バランスよく栄養素を取り入れれば、それぞれが持つ力以上の効果が得られることになります。

 

そこで今回は、鬼に金棒ともいえる栄養素を100%活かす良い食べあわせを徹底解説していきます。

 

 

 

 

豚肉+タマネギ・ニンニク


豚肉には新陳代謝の促進や疲労回復に役立つビタミンB1が豊富に含まれています。

しかし、ビタミンB1にはストレスを感じると尿中に排泄されるという欠点があります。

 

タマネギやニンニクに含まれるアリル化合物はビタミンB1と結合して、ビタミンB1単独の時よりも安定して代謝を行うことから、相性が良いとされています。

 

 

 

 

 

カレーライス+リンゴ


カレーライスは意外と脂っこい上に、塩分や糖質(デンプン)が非常に多く含まれています。

 

脂っこさの元である脂肪や塩分については、具のタマネギ、ニンジン、ジャガイモの中に含まれている食物繊維やカリウム、グリシリン等によって、排泄・分解されるので、それほど問題はありません。

一方で、糖質は体内に入るとグルコースになり、グリコーゲンとして肝臓に貯えられます。

 

しかし、貯蔵量にも限界があり、余ったグルコースは中性脂肪となって血液を通じ体内を巡ります。

 

そこでリンゴが効果的です。

 

リンゴに含まれる水溶性の繊維・ペクチンと糖質の代謝について注目されています。

ペクチンは粘度が高く、ペクチンによって粘度が高まった食物は、胃から腸への移動が緩慢になり、糖質等の栄養素の吸収がじっくりと行われます。

 

食後に急激に血糖が上がるのを抑え、また糖と結合して、糖の吸収速度そのものを緩やかにしてくれます。

 

 

 

 

 

焼き魚・焼き肉+大根おろし


サンマ等の焼き魚に大根おろしが添えてあるのは、焦げた部分にある発ガン物質を、大根おろしに含まれるビタミンCで中和する作用があるためとされています。

 

大根にはジアスターゼというデンプンを分解する酵素が含まれているので、ご飯などと一緒に食べると消化が良くなります。

 

ただし、ビタミンCは熱に弱く、時間が経つと失われやすいため、酢を加えると良いです。

 

また大根おろしは血液をサラサラにする働きがもありため、肉類などの脂っこいものと一緒に取るのがおすすめです。

 

また、大根おろしに小魚を和えることでカルシウムの吸収が高まるとされます。

大根がない時は野菜をたくさん食べてください。

野菜に含まれる豊富な食物繊維が有害な発ガン性物質を体外に排泄してくれます。

 

 

 

 

 

刺し身+シソの葉・ワサビ・大根の千切り


刺し身などの生魚は食中毒を引き起こす菌が発生する危険があります。

シソの葉やワサビ、大根の千切りには食中毒防止の働きがあり、しかも生臭さを和らげるので、付け合わせとして最適です。

 

またいずれも胃の働きを高め、消化を助ける働きもあります。

 

 

 

 

 

キュウリ+酢


キュウリはビタミンA・C、血圧調整や利尿作用があるカリウム等のミネラル類を比較的多く含んでいます。

またキュウリに含まれるククルビタミンCという成分に体の腫瘍や潰瘍を治す働きがあることから、中国では漢方薬として利用しています。

 

しかしキュウリにはアスコルビナーゼという酵素が含まれており、これはビタミンCを破壊してしまう一面があります。

 

酢には殺菌作用や食欲増進作用があることが知られていますが、アスコルビナーゼは酸に弱いため、お酢を加えることによって、ビタミンCを壊す働きを抑えることができます。

 

 

 

 

 

寿司+ガリ(甘酢ショウガ)


寿司の片隅に付いてくるガリには殺菌作用があります。

その効果で寿司ネタとなる生魚の毒を消し、食中毒を予防してくれるほか、胃の働きを助け、消化を促進してくれます。

またガリはトロやサス等の脂っこいものを食べたあとに、口直しとして食べれば、口の中がさっぱりとします。

 

 

 

 

 

 

肉料理+パイナップル


中華料理の酢豚の中のパイナップルやピザにパイナップルを嫌う人は意外と多いと思います。

酢豚の中のパイナップルやピザにパイナップルにはちゃんとした理由があります。

 

パイナップルにはブロメリンと呼ばれるタンパク質を分解する酵素が含まれており、これは肉類を柔らかくして、消化を良くする働きがあります。

パイナップルの芯や皮の上に調理前の硬いスジ肉を乗せると、柔らかくなることからもその効果を物語っています。

 

 

 

 

 

 

カキ+レモン


カキはビタミンB群やカルシウム、亜鉛等のミネラルが多く含まれ、非常に栄養価の高い食材です。

 

しかし水分が高い上に、タンパク質、脂肪、グリコーゲン等が多く、しかも酸・アルカリ度が中性であることから、バイ菌が繁殖しやすい条件が整っており、生ガキを食べる場合は特に注意が必要です。

 

レモン汁をかけると、カキは酸性となり、バイ菌が繁殖できなくなって、カキの鮮度が維持されるわけです。

またレモンに含まれるクエン酸はカキの中の鉄分と結合し、吸収されやすい形になり、しかもレモンに含まれるビタミンCは鉄分の腸への吸収を高めることも明らかになっています。

 

 

 

 

 

漬物+豆腐


漬物は塩分が多いのが欠点です。

そこで漬物を食べる時には豆腐やトマト、スイカ、リンゴなどカリウムの多い食べ物を同時に食べましょう。

カリウムには塩分を体外に排泄する働きがあります。

 

 

 

 

 

キクラゲ+野菜炒め


野菜を加熱することにより破壊されてしまうビタミンを、キクラゲを入れることで守ることができます。

 

またキクラゲは食物繊維が豊富で、大腸ガン予防効果もあります。

 

 

 

 

ホウレンソウ+ゴマ


ホウレンソウのビタミンCと、ゴマのビタミンEには、それぞれ活性酸素を除去する抗酸化作用があり、ビタミンCとEを同時に摂ることで、抗酸化作用がさらにパワーアップします。

 

ビタミンやミネラルが豊富なほうれん草と、悪玉コレステロールを排除するタンパク質や植物性脂肪を多く含むゴマの組み合わせは高血圧や動脈硬化に良いとされています。

 

しかし、ほうれん草はさまざまな栄養素を含んだ食品として知られていますが、結石の原因となるシュウ酸という物質が含まれている欠点があります。

その点、ゴマには結石を防ぐリジンという成分が多く含まれていることから、この組み合わせが抜群なのです。

 

 

 

 

 

生ハム+メロン


生ハムは大変塩分が多い食べ物ですが、メロンに含まれるカリウムが塩分を体外に排出してくれます。

また、メロンに含まれるギャバやパントテン酸が、高血圧やコレステロールの上昇をおさえ、肥満防止に効果があります。

 

 

 

 

 

肉料理+ひじき


肉料理を消化するには生野菜がいいと言われていますが、つけ合わせ程度の生野菜より効果的なのがひじきです。

カロリーが少ないにもかかわらず、ビタミン・ミネラル・食物繊維が野菜よりも多くなっています。

 

ひじきの繊維は野菜のセルロースと違い、特有の粘性を持った水溶性ペクチンなので、胃や腸を刺激しません。

 

 

 

 

豆腐+わかめ


大豆にはサポニンという成分が大量に入っていて、動脈硬化を促進する過酸化脂質ができるのを防ぎ、分解を促進してくれます。

 

また大豆はビタミンB1・Eをはじめ、鉄分、カルシウム、ミネラルなども豊富です。

 

海藻にはヨウ素(ヨード)が多く含まれていて、ヨウ素は甲状腺ホルモンの構成成分として必要なものです。

しかし、過剰に摂取した場合、甲状腺の病気の原因になってしまうと言われています。

 

豆腐など、大豆にはヨウ素中毒を防ぐ働きがあると言われています。

 

 

 

 

 

 

みそ汁+油揚げ


塩分の摂りすぎは、高血圧・脳卒中の原因になります。

過剰摂取を抑えるために、主成分のナトリウムを再吸収しないように、大豆、黒豆、ジャガイモ、トマト、ナス、ネギ、ピーマン、海藻類などに含まれるカリウムを摂取しましょう。

 

例えば塩分を多く含むみそ汁には、カリウムを含む油揚げと、食物繊維が豊富なわかめをたっぷり入れると効果的です。

 

 

 

 

 

 

お酒+果物


お酒で悪酔いしてしまったとき、有効なのは果物です。

 

果物に含まれる果糖が異常に増加した有毒物質アセトアルデヒドを分解して、無害なアセチルCoAに変化します。

 

このアセチルCoAは過剰になると、果糖が変化したオキサロ酢酸と協力して、クエン酸に変化します。

そして、体に必要なエネルギーとして吸収されるのです。

酔いすぎと感じたときは、フルーツを食べるか、レモンの輪切りをかじると有効です。

 

 

 

 

豆腐+カツオ節

タンパク質を構成しているのは複数のアミノ酸ですが、20種ほどあるアミノ酸のうち体内で合成することができず食べ物から摂らなければならないものを必須アミノ酸と呼んでいます。

 

必須アミノ酸はロイシン、イソロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、トリプトファン、スレオニン、バリンの8種類があります。

 

この8種類のアミノ酸がよりそろっているほど、より含んでいるものほど良質なタンパク質といえるのです。

 

豆腐にはフェニルアラニン、トリプトファンが豊富に含まれていますが、リジン、メチオニンが不足しています。

その一方でカツオ節にはリジン、メチオニンが豊富に含まれている代わりにフェニルアラニン、トリプトファンが不足しています。

そのため、この食べ合わせはお互いの足りない所を補う理想の食べ合わせといえます。

 

またこの食べ合わせにはもうひとつ利点があります。

 

カツオ節に含まれているビタミンDが豆腐に含まれている豊富なカルシウムの吸収を助けてくれます。

 

カルシウムはそのままでは吸収が悪いのですが、ビタミンDの助けを借りると20倍も吸収がよくなります。

 

 

 

 

 

 

最後に


いかがでしたでしょうか?

サンマに大根おろし、刺身にツマなどのような一見当たり前に見えるものから、酢豚にパイナップルのようにあまり好まれないものまで、実は考えられた最高の食べ合わせなのです。

 

人手間加えるだけで、栄養素を理想的にとることができる、良い食べあわせになりますので、ぜひ試してみてください。

 

食べ物の効果に関してはこちらの記事もご覧ください。

 

簡単!クイズで学ぶ○○の効果がある食べ物

医者が選ぶ体・健康に良い食べ物ランキング

 

出典 https://www.youtube.com/watch?v=nWLHwMiwbe0

 

以前、日本テレビ系列で放送された「世界一受けたい授業」で「医師7万人にアンケート お医者さんのベストチョイス」というものが取り上げられていました。

 

医師向けのコミュニティーサイト「Mad Peer(メドピア)」という、医師だけが書き込みを行える巨大掲示板があります。

 

「医師7万人にアンケート お医者さんのベストチョイス」は、この「メドピア」を通じてアンケート調査を行い、その結果をもとにして、ランキング形式で発表されたものです。

 

 

今回は医者が選ぶ体・健康に良い食べ物ランキング紹介します。

 

今回のランキングは「世界一受けたい授業」で「医師7万人にアンケート お医者さんのベストチョイス」のランキングです。

 

5位 リンゴ


 

 

ウェールズ地方に1日1個のリンゴは医者を遠ざけるという言葉があるそうです。

この言葉通り、リンゴは健康をもたらす効果に優れています。

 

 

1 リンゴに含まれる食物繊維ペクチンが喘息予防効果に優れています。

 

リンゴの食物繊維ペクチンがヒスタミンの過剰分泌を抑えることで、喘息を予防する効果が現れるようです。

ヒスタミンの抑制は、喘息だけでなく、アレルギー性の病気の予防にも役立ち、花粉症やアトピー性皮膚炎などにも効果があります。

 

 

 

2 リンゴに含まれているペクチンは血液系の病気の予防にも効果があります。

 

リンゴに含まれるペクチンは血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを分解するため、血液をサラサラにし、血液系の病気を予防してくれます。

リンゴには血中の脂肪過多で原因で起こる心臓病や脳卒中などの予防効果があると言えます。

 

 

3 リンゴに含まれるポリフェノール・フルクトースは糖尿病の改善に効果があります。

 

リンゴに含まれるポリフェノールがインスリン感受性を改善し、特に2型糖尿病患者に対して有効であるとの見解が出されています。

また、リンゴの果糖フルクトースは比較的、体に吸収される量が少ないことも2型糖尿病の改善に役立つようです。

さらに、リンゴに含まれるペクチンが、腸にはたらきかけ、糖質の吸収を穏やかにします。

 

 

4 リンゴペクチンは腸内環境も改善します。

 

リンゴに含まれるペクチンは、腸内環境を改善する作用が非常に高いことがわかっています。

腸内細菌の最適なバランスを維持するのに加え、腸壁の機能改善にも効果があるため、毒素や内臓脂肪の蓄積、炎症を抑え、肥満やそれに由来する病気を予防できると考えられます。

また、リンゴの皮に含まれる食物繊維(ペクチンも含む)は便秘の解消にも優れた効果があることも広く知られています。

 

 

5 リンゴに含まれる豊富な抗酸化物質により、アルツハイマー予防効果があります。

 

リンゴに含まれる豊富な抗酸化物質により、食事中の酸化原因を取り除く作用に優れています。

そのため、リンゴジュース濃縮物は食事後に脳の神経伝達物質アセチルコリンの量を維持する効果にも優れているというデータがあります。

リンゴはアルツハイマー等の予防にも効果的であることが示唆されています。

 

 

6 りんごに含まれる抗酸化物質は、関節機能の改善効果もあります。

 

りんごに含まれる抗酸化物質は、炎症の原因となる活性酸素を抑制する働きがあり、これが関節の機能改善に効果的であると考えられます。

 

 

 

7 リンゴに含まれているクエン酸・リンゴ酸で疲労回復の効果があります。 

 

クエン酸とリンゴ酸は体内の酸性物質をエネルギーにし弱アルカリ性に変え身体のバランスを治してくれる効能があります。

クエン酸やリンゴ酸には、疲労物質と言われている乳酸の生成を抑制する効果があります。

 

 

4位 ブロッコリー


 

 

ブロッコリーは、大変栄養的にすぐれた野菜で、生のブロッコリーのビタミンCはレモンの2倍も含まれています。

ブロッコリーには、ビタミンC・βカロテン・ルテインといった非常に強力な抗酸化作用を持っており、これら3つをバランスよく含んでいる食品は貴重です。

 

ブロッコリーは近年、テレビなどのメディアでも取り上げられており、多くの効果が期待できますが、代表的な効果をご紹介します。

 

 

1 ブロッコリーに含まれるイソチアネート・スルフォラファンががん予防に効果的です。

 

アブラナ科特有のイソチオシアネートには、がん予防、老化防止などの効果が期待されます。

同じ抗がん物質として、ブロッコリーに含まれるスルフォラファンは、特に新芽部分に多く、ブロッコリースプラウトとして人気があります。

スルフォラファンは、持続効果が非常に長く続く抗酸化作用を持つ栄養素で、その持続力はビタミンCの20倍と言われており、胃の中のピロリ菌を減らしてくれる効果もあることから胃がん予防にも効果があります。

 

 

2 ブロッコリーに含まれるケルセチンで間接の負担を和らげます

 

ブロッコリーに多く含まれるケルチセンはフラボノイドの一つで、ビタミンCの働きを助ける栄養です。

また、血管をしなやかにしたり、活性酸素によるダメージを防ぐ働きにより注目されています。

ケルチセンは関節炎でつくられる活性酸素を除去し、炎症・痛みを抑制する効果があります。

 

3位 納豆


 

 

納豆といえば健康食品の代表的な食品ですが、実際にたくさんの効果があります。

 

 

1 納豆に含まれるナットウキナーゼには血液をサラサラにする効果があります。

 

ナットウキナーゼは、大豆を製造する過程で作られるため、納豆にしか含まれていない栄養です。

ナットウキナーゼは、血栓を予防したり、血栓を溶かす酵素を活性化させる効果があります。

 

そのため、血液をサラサラにする効能があり、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞など血管系の病気を予防する効果が期待できます。

 

 

 

2 納豆に多く含まれるたんぱく質により、髪や筋肉、皮膚を健康に保つ効果があります。

 

納豆の原料である大豆には植物性のタンパク質が非常に多く含まれています。

大豆は植物性食品の中で例外的にタンパク質を多く含みます。

植物性のタンパク質は脂質をほとんど含まずに摂取できるため、貴重な栄養源と言えます。

納豆に含まれているタンパク質は主にカラダの主成分となる栄養で、筋肉や髪、皮膚、爪を健康に保つ効果があります。

 

 

3 納豆に含まれているイソフラボンには骨粗鬆や更年期障害を予防する効果があります。

 

イソフラボンとは、納豆の大豆の胚芽に多く含まれるフラボノイドの一種です。

イソフラボンには強い抗酸化作用があり、老化を防止するアンチエイジング効果やコレステロール値の抑制、免疫力を高める効能などもあります。

また、イソフラボンには更年期障害や骨粗鬆症の予防などの効果などが挙げられます。

 

 

4 納豆に含まれているレシチンには記憶力の向上、認知症の予防効果があります。

 

レシチンとはリン脂質の一種でリン酸と脂質が結合してできた栄養成分です。

レシチンには、アセチルコリンという記憶に関係した神経伝達物質の生成を促す作用があり、記憶力の向上や認知症の予防に効果が期待されます。

 

 

5 納豆に多く含まれるモリブデンは貧血予防の効果があります。

 

モリブデンは豆類や大豆製品に多く含まれており、特に、納豆に多くのモリブデンが含まれています。

モリブデンはミネラルに分類される栄養で、キサンチンオキシダーゼの補酵素になる働きがあります。

キサンチンオキシダーゼは尿酸の産生を促す効果があります。

また、モリブデンは鉄分の利用を促し、貧血を予防する効果も期待されます。

 

 

6 納豆に含まれる大豆サポニンにはコレステロール値の上昇を抑制する効果があります。

 

大豆サポニンとは、大豆に含まれている苦味や渋み成分のことで、コレステロール値の上昇を抑制したり、中性脂肪や血圧を低下させる効果があります。

ほかにも、大豆サポニンには、肝機能障害の改善、がん予防、抗酸化用による老化防止などの効果も期待されています

 

2位 ヨーグルト


 

 

ヨーグルトに含まれている乳酸菌・ビフィズス菌で美しい腸内フローラを作る効果があります。

 

腸内環境の良し悪しが、糖尿病、心臓疾患、肥満、ガンなどといったいろんな病気・症状の発症に深く関わっています。

 

そのため、腸内に存在している細菌のバランスを、咲き乱れるお花に例えていることから名づけられた、腸内フローラが注目されています。

 

理想的な腸内環境は「善玉菌2:悪玉菌1:その他の細菌7」という比率だと言われています。

ヨーグルトに含まれている乳酸菌・ビフィズス菌はこの環境づくりに必要不可欠です。

1位 トマト

 

 

ヨーロッパの古い言い伝えで、トマトが赤くなると医者が青くなるということわざがあるそうです。

完熟期になると活性酸素を除去するリコピン・ビタミン・ミネラルが大幅に増加し、様々な病気を防ぐ栄養素がたっぷりなため、医者いらずといわれるほどたくさんの効果があります。

 

 

1 トマトに多く含まれているリコピンはがんを予防する作用があります。

 

がんとは、体内に活性酸素が必要以上に増加していることが大きな原因の一つです。

活性酸素は細胞を酸化させることで、体内がさびてしまいます。

トマトは、活性酸素を抑制し、細胞を新しくしてくれる働きが抗酸化と言います。

トマトに含まれるリコピンは、抗酸化力が強く、人参に含まれるβカロテンの2倍、ビタミンEの100倍も含まれています。

よく熟した赤色のトマトや加熱した方が、リコピンの吸収率は3~4倍に上り、多く摂取することができます

ビタミンCやリコピンなどの抗酸化栄養素が豊富で、ガンの原因物質として有名な活性酸素の除去・抑制効果に優れています。

 

また、βカロチン類を摂ることは、直腸ガンの予防にも優れていると言われています。

 

 

 

 

2 トマトに含まれるカリウムには心臓病のリスクを減らす効果があります。

 

トマトに含まれるカリウムが摂りすぎてしまったナトリウムを体外に排出してくれる効果があり、これが心臓病になるリスクを抑えてくれます。

 

また、トマトに含まれる食物繊維、ビタミンC、コリンは、血圧を下げ、血流を改善し、血管神経系の機能改善にも優れているため、心臓を健康な状態に保つ作用に優れた栄養素です。

 

 

 

3 トマトに含まれるリコピンは糖尿病を抑える効果もあります。

 

トマトに含まれるリコピンには血糖値の上昇を抑え、インスリン抵抗性の改善に効果があるという結果が出ています。

 

 

 

4 トマトは食物繊維が豊富なため、腸にいい食べ物です。

 

トマトは水分含有量が高く、食物繊維も豊富なことから、便秘を改善し定期的な排便を促進する効果もあります。

特に食物繊維は水溶性と不溶性を両方ともに含んでいることに加え、トマトはカリウムも含まれることから、腸の運動を活発化し、便秘の改善に効果的であるとされています。

 

 

5 トマトに含まれるルテインは白内障などの予防に効果があります。

 

トマトに含まれるルテインは眼病を予防する作用が高い栄養素ですが、同じファイトケミカルの一種であるゼアキサンチンと一緒に摂取することでその作用が高まることがわかっています。

ルテインとゼアキサンチン両方を含むことから、眼病予防には最適な食品と言われています。

 

 

6 トマトに多く含まれる葉酸には不妊の改善・予防効果があります。

 

トマトに多く含まれる葉酸はタンパク質などの合成を促し、胎児の体の発育や細胞の生成にはたらき、妊娠前および妊娠中に不可欠な栄養素です。

また、男性側としては精巣内のリコピン濃度を高めれば精液の中に含まれる精漿のリコピン濃度も高められるとともに精子の運動も促進し、妊娠の確率を上げるとされています。

 

 

 

7 トマトに含まれる葉酸やリコピンは、うつ病の改善にも効果的です。

 

葉酸は、血液や他の栄養素が脳に供給されるのを阻害するホモシステインの過剰生成を防ぎ、うつ病の改善に効果があるといわれています。

 

 

 

8 トマトに含まれているクマル酸が喫煙や副流煙から守ってくれます。

 

トマトに含まれている、クマル酸やクロロゲン酸は、タバコの煙から保護する作用のある栄養素です。

トマトはこれらを2つとも含むため、タバコを原因とする病気の予防効果に優れているとされています。

ランキングで学ぶ!効果効能が多い食べ物

 

出典 https://www.youtube.com/watch?v=5VBLcJUicNY

 

ダイエットに効果のある食べ物は〇〇

美容に良い食べ物は〇〇

長生きには〇〇が良い

 

などいろいろな効果がある食べ物があります。

 

しかし、その数が多すぎて、何が身体によいのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか?

 

そこで、今回は効果効能が多い食べ物を効果の数が多い順にランキング形式紹介します。

 

こちらの記事では、クイズ形式で食べ物の効果をご紹介していますので、あわせてご覧ください。

 

 

 

 

第一弾

 

簡単!クイズで学ぶ○○の効果がある食べ物

 

 

第二弾

 

簡単!クイズで学ぶ○○の効果がある食べ物 2

 

 

それでは早速10位からの発表です。

 

10位-1 いわし


 

 

いわしに含まれているラクトトリペプチドは頭皮環境を整える効果があります。

 

いわしに含まれているラクトトリペプチドは血管を改善し、血管のつまりを予防する他、血流の流れを良くする効果があります。

 

また、血管を改善することで、頭皮環境の毛細血管にも髪の毛に必要な栄養素を送り届けやすくする働きをしてくれます。

 

育毛には直接関係があるものではありませんが、硬くなった血管の改善をし、血流を良くすることにより、頭皮の血行を良くし頭皮環境を整えることをサポートしてくれます。

 

 

目次へ戻る

 

 

 

10位-2 ヨーグルト


 

 

ヨーグルトに含まれている乳酸菌・ビフィズス菌で美しい腸内フローラを作る効果があります。

 

腸内環境の良し悪しが、糖尿病、心臓疾患、肥満、ガンなどといったいろんな病気・症状の発症に深く関わっています。

 

そのため、腸内に存在している細菌のバランスを、咲き乱れるお花に例えていることから名づけられた、腸内フローラが注目されています。

 

理想的な腸内環境は「善玉菌2:悪玉菌1:その他の細菌7」という比率だと言われています。

ヨーグルトに含まれている乳酸菌・ビフィズス菌はこの環境づくりに必要不可欠です。

 

目次へ戻る

 

 

 

10位-3 チョコレート


 

 

チョコレートに含まれているカカオポリフェノールで善玉コレステロールの数値を上げることが出来ます。

 

コレステロールには、悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)があり、それぞれに設けられている役割というものがあります。

悪玉であるLDLコレステロールは肝臓で作られた後、血流に乗って全身に運ばれて有効に使われます。

その量が多くなりすぎてしまうと血中に溜まり、行き場のなくなったLDLコレステロールは動脈の内側の壁に入り込むようにり、それが蓄積することによって動脈硬化の発症に繋がりやすくなります。

一方、善玉であるHDLコレステロールは小腸などで作られ、動脈の内側の壁に溜まったLDLコレステロールを取り除き、肝臓に回収するという働きがあり、このことから善玉コレステロール(HDL)と呼ばれています。

 

HDLコレステロールは多すぎても少なすぎても、健康状態が悪化しますが、生活習慣の乱れがHDLコレステロールの減少につながります。

 

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールに、血中内の善玉コレステロールの値を、非常にはっきりと上げる作用があり、血管が健康になる効果が期待できます。

 

目次へ戻る

 

 

 

 

7位 2つの効果があるブロッコリー


 

 

ブロッコリーは、大変栄養的にすぐれた野菜で、生のブロッコリーのビタミンCはレモンの2倍も含まれています。

ブロッコリーには、ビタミンC・βカロテン・ルテインといった非常に強力な抗酸化作用を持っており、これら3つをバランスよく含んでいる食品は貴重です。

 

ブロッコリーは近年、テレビなどのメディアでも取り上げられており、多くの効果が期待できますが、代表的な効果をご紹介します。

 

 

1 ブロッコリーに含まれるイソチアネート・スルフォラファンががん予防に効果的です。

 

アブラナ科特有のイソチオシアネートには、がん予防、老化防止などの効果が期待されます。

同じ抗がん物質として、ブロッコリーに含まれるスルフォラファンは、特に新芽部分に多く、ブロッコリースプラウトとして人気があります。

スルフォラファンは、持続効果が非常に長く続く抗酸化作用を持つ栄養素で、その持続力はビタミンCの20倍と言われており、胃の中のピロリ菌を減らしてくれる効果もあることから胃がん予防にも効果があります。

 

 

2 ブロッコリーに含まれるケルセチンで間接の負担を和らげます

 

ブロッコリーに多く含まれるケルチセンはフラボノイドの一つで、ビタミンCの働きを助ける栄養です。

また、血管をしなやかにしたり、活性酸素によるダメージを防ぐ働きにより注目されています。

ケルチセンは関節炎でつくられる活性酸素を除去し、炎症・痛みを抑制する効果があります。

 

目次へ戻る

 

 

 

6位 3つの効果がある枝豆


 

 

ビールのお供に最適な枝豆ですが、栄養素が豊富で身体によい食品です。

栄養素が豊富なため、様々な効果が期待できます。

 

1 枝豆に含まれるモリブデンで二日酔い対策になります。

 

モリブデンは肝臓に多く存在し、有害物質の分解、排出に欠かせない栄養成分です。

さらに、枝豆にはメチオニンやオルニチンと呼ばれるアミノ酸・ビタミンB群も多く含まれており、これらにはアルコールの分解を促したり肝機能を強化したりする効果があります。

 

このため、枝豆には二日酔いの症状を抑える効能が期待できます。

 

二日酔いで困った人必見!飲む前に押すツボ

 

 

2 枝豆にはイソフラボンが含まれており、女性ホルモンの働きを助けてくれる効果があります。

 

枝豆には女性ホルモンと似た働きをしてくれるイソフラボンも多く含んでいます。

イソフラボンは、女性ホルモンの働きを助け、バランスを整えてくれます。

また、枝豆には鉄分も多く含まれており、貧血の予防に効果的です。

 

 

 

3 枝豆にはビタミンCとタンパク質が含まれているため、シミ・そばかすの予防に効果があります。

 

大豆にはない栄養素ビタミンCが、枝豆には含まれているため、メラニンの生成を抑制したりして、シミを予防改善する効能が期待されています。

枝豆には、多くの野菜と異なり、植物性のたんぱく質が豊富に含まれています。

 

肌を支えるコラーゲンは植物性タンパク質から作られます。

 

目次へ戻る

 

 

 

5位-1 4つの効果があるバナナ


 

 

バナナは栄養価が高く非常に優れた果物です。

カロリーが低いにもかかわらず、豊富な栄養成分があるため、ダイエットにも向いている食品です。

 

バナナにはダイエット以外にもたくさんの効果があります。

 

1 バナナに多く含まれるカリウムは血圧を下げる効果があります。

 

血圧が高くなる原因の一つがナトリウムですが、カリウムはこのナトリウムを減少させる効果があるので、血圧を下げる効果があります。

 

 

2 バナナには食物繊維が多く含まれているため、便秘解消効果があります。

 

ただ便秘解消のためにバナナを食べる場合は、レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)が多く含まれている、あまり熟していないバナナを食べるほうがより効果が高まります。

 

3 バナナには抗酸化物質であるポリフェノールも含まれているため、アンチエイジングに効果があります。

 

ポリフェノールは老化の原因になってくる活性酸素を除去してくれる作用があるため、アンチエイジングに非常に効果的です

 

4 バナナにあるトリプトファンとビタミンBで幸せ効果があります。

 

幸せホルモンと呼ばれるセロトニンは、バナナの栄養素であるトリプトファンとビタミンBによって作られます。

 

心のバランスを保つ神経伝達物質セロトニンをコントロールして幸せになる方法

 

目次へ戻る

 

 

 

5位-2 4つの効果がある キウイフルーツ 


 

 

キウイフルーツは1個当たり50kカロリーと低く、栄養素が高いため、バナナと並んでダイエット効果が期待できるフルーツです。

 

キウイフルーツにもダイエット以外の効果がたくさんあります。

 

 

1 キウイフルーツにはビタミンCが多く含まれているため美肌に効果があります。

 

キウイフルーツに含まれているビタミンCが日光や煙、汚染された大気による肌細胞の損傷を防ぎ、シワを和らぎ、ハリのある肌にしてくれます。

 

 

2 キウイフルーツには食物繊維が多く含まれているため、便秘解消効果があります。

 

食物繊維は主に水溶性不溶性の二種類に分けられそれぞれ腸への働き方も違います。

水溶性食物繊維は水に溶けるので腸の粘膜を保護してくれたり便を柔らかくしてくれるので、便秘の予防解消につながります。

不溶性食物繊維は腸を刺激して蠕動運動を促したり便の量を増やしたりする働きがあります。

キウイフルーツにはこの二つの食物繊維が含まれています。

 

 

3 キウイフルーツに含まれる抗酸化作用やセロトニンの作用で睡眠の質を改善する効果があります。

 

キウイフルーツには、強力な抗酸化作用があり、免疫システムの機能の強化、細胞の保護や修復を促進するなど、とても優れた果物です。

睡眠不足は抗酸化レベルの低下と関連していることから、抗酸化ビタミンCは、睡眠時無呼吸に関連する心血管疾患の治療に有効であるという研究結果が出ています。

 

 

4 キウイフルーツに多く含まれるカリウムは血圧を下げる効果があります。

 

血圧が高くなる原因の一つがナトリウムですが、カリウムはこのナトリウムを減少させる効果があるので、血圧を下げる効果があります。

キウイフルーツに含まれているカリウムは約301mgで果物の中ではトップクラスです。

 

 

目次へ戻る

 

 

 

3位 5つの効果があるニンジン


 

 

1日の野菜の摂取量は350gといわれていますが、人参1本で約150~200g(54kcal)をとることが出来ます。

 

人参はβカロテンが多く含まれているため、アンチエイジングに効果があることで知られていますが、それ以外にも効果があります。

 

 

1 人参に含まれているβカロテンは免疫力アップの効果もあります。

 

人参に含まれるβ-カロテンは必要に応じて、ビタミンAに変換され皮膚や鼻、
のどなどの粘膜を丈夫にして正常に保つ働きがあり、細菌に対しての免疫力を高めてくれる効果があります。

そのため、インフルエンザや風邪の予防に効果的です。

 

 

 

2 人参に含まれているβカロテンは動脈硬化を予防する効果があります。

 

人参に含まれるβ-カロテンは活性酸素を除去する働きがあります。

活性酸素を除去することでコレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化を予防する効果が期待できます。

 

 

3 人参に含まれるビタミンAは美肌効果があります。

 

人参にはビタミンAが沢山含まれています。

ビタミンAは皮膚や粘膜の新陳代謝を活発にしてくれる効果があります。

このビタミンAの効果により、肌の代謝が促進され、肌のシワやたるみの改善に繋がり、ハリのある健康的な肌に近づけることが期待できます。

またビタミンAには肌の老化を早める活性酸素を抑える働きも持っています。

 

 

 

4 人参に含まれるルテインを摂取することで、がん病予防につなげることを期待できます。

 

眼の水晶体に含まれるルテインは、ブルーライトを吸収してダメージを抑えたり、持ち前の抗酸化作用によって活性酸素を除去したりといった働きがあります。

ルテインは体内で生成することが出来ないため、基本的には食べ物から摂取する必要があります。

人参にはルテインが含まれていますので、摂取することで眼病予防につなげることができます。

ただし、人参だけでは十分なルテインを摂取することは難しいため、サプリメントも併用しましょう。

 

 

ルテイン以外にも、人参に含まれるβカロテンには抗酸化作用があり、眼病の原因となり得る活性酸素を除去するはたらきがあります。

 

 

5 人参に含まれるクマリン・鉄分はむくみ改善・冷え性予防の効果があります。

 

人参は、血液の状態を正常に保つクマリン造血に欠かせない鉄分なども含まれます。

身体の冷えからくる、むくみ解消と冷え症の改善効果があります。

また、胃を丈夫にして食欲を増進する働きがあり、保温作用があるので、冷え症や低血圧改善以外にしもやけにも効果があります。

 

目次へ戻る

 

 

 

3位 6つの効果がある納豆


 

 

納豆といえば健康食品の代表的な食品ですが、実際にたくさんの効果があります。

 

 

1 納豆に含まれるナットウキナーゼには血液をサラサラにする効果があります。

 

ナットウキナーゼは、大豆を製造する過程で作られるため、納豆にしか含まれていない栄養です。

ナットウキナーゼは、血栓を予防したり、血栓を溶かす酵素を活性化させる効果があります。

 

そのため、血液をサラサラにする効能があり、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞など血管系の病気を予防する効果が期待できます。

 

 

 

2 納豆に多く含まれるたんぱく質により、髪や筋肉、皮膚を健康に保つ効果があります。

 

納豆の原料である大豆には植物性のタンパク質が非常に多く含まれています。

大豆は植物性食品の中で例外的にタンパク質を多く含みます。

植物性のタンパク質は脂質をほとんど含まずに摂取できるため、貴重な栄養源と言えます。

納豆に含まれているタンパク質は主にカラダの主成分となる栄養で、筋肉や髪、皮膚、爪を健康に保つ効果があります。

 

 

3 納豆に含まれているイソフラボンには骨粗鬆や更年期障害を予防する効果があります。

 

イソフラボンとは、納豆の大豆の胚芽に多く含まれるフラボノイドの一種です。

イソフラボンには強い抗酸化作用があり、老化を防止するアンチエイジング効果やコレステロール値の抑制、免疫力を高める効能などもあります。

また、イソフラボンには更年期障害や骨粗鬆症の予防などの効果などが挙げられます。

 

 

4 納豆に含まれているレシチンには記憶力の向上、認知症の予防効果があります。

 

レシチンとはリン脂質の一種でリン酸と脂質が結合してできた栄養成分です。

レシチンには、アセチルコリンという記憶に関係した神経伝達物質の生成を促す作用があり、記憶力の向上や認知症の予防に効果が期待されます。

 

 

5 納豆に多く含まれるモリブデンは貧血予防の効果があります。

 

モリブデンは豆類や大豆製品に多く含まれており、特に、納豆に多くのモリブデンが含まれています。

モリブデンはミネラルに分類される栄養で、キサンチンオキシダーゼの補酵素になる働きがあります。

キサンチンオキシダーゼは尿酸の産生を促す効果があります。

また、モリブデンは鉄分の利用を促し、貧血を予防する効果も期待されます。

 

 

6 納豆に含まれる大豆サポニンにはコレステロール値の上昇を抑制する効果があります。

 

大豆サポニンとは、大豆に含まれている苦味や渋み成分のことで、コレステロール値の上昇を抑制したり、中性脂肪や血圧を低下させる効果があります。

ほかにも、大豆サポニンには、肝機能障害の改善、がん予防、抗酸化用による老化防止などの効果も期待されています

 

目次へ戻る

 

 

2位 7つの効果があるリンゴ


 

 

ウェールズ地方に1日1個のリンゴは医者を遠ざけるという言葉があるそうです。

この言葉通り、リンゴは健康をもたらす効果に優れています。

 

 

1 リンゴに含まれる食物繊維ペクチンが喘息予防効果に優れています。

 

リンゴの食物繊維ペクチンがヒスタミンの過剰分泌を抑えることで、喘息を予防する効果が現れるようです。

ヒスタミンの抑制は、喘息だけでなく、アレルギー性の病気の予防にも役立ち、花粉症やアトピー性皮膚炎などにも効果があります。

 

 

 

2 リンゴに含まれているペクチンは血液系の病気の予防にも効果があります。

 

リンゴに含まれるペクチンは血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを分解するため、血液をサラサラにし、血液系の病気を予防してくれます。

リンゴには血中の脂肪過多で原因で起こる心臓病や脳卒中などの予防効果があると言えます。

 

 

3 リンゴに含まれるポリフェノール・フルクトースは糖尿病の改善に効果があります。

 

リンゴに含まれるポリフェノールがインスリン感受性を改善し、特に2型糖尿病患者に対して有効であるとの見解が出されています。

また、リンゴの果糖フルクトースは比較的、体に吸収される量が少ないことも2型糖尿病の改善に役立つようです。

さらに、リンゴに含まれるペクチンが、腸にはたらきかけ、糖質の吸収を穏やかにします。

 

 

4 リンゴペクチンは腸内環境も改善します。

 

リンゴに含まれるペクチンは、腸内環境を改善する作用が非常に高いことがわかっています。

腸内細菌の最適なバランスを維持するのに加え、腸壁の機能改善にも効果があるため、毒素や内臓脂肪の蓄積、炎症を抑え、肥満やそれに由来する病気を予防できると考えられます。

また、リンゴの皮に含まれる食物繊維(ペクチンも含む)は便秘の解消にも優れた効果があることも広く知られています。

 

 

5 リンゴに含まれる豊富な抗酸化物質により、アルツハイマー予防効果があります。

 

リンゴに含まれる豊富な抗酸化物質により、食事中の酸化原因を取り除く作用に優れています。

そのため、リンゴジュース濃縮物は食事後に脳の神経伝達物質アセチルコリンの量を維持する効果にも優れているというデータがあります。

リンゴはアルツハイマー等の予防にも効果的であることが示唆されています。

 

 

6 りんごに含まれる抗酸化物質は、関節機能の改善効果もあります。

 

りんごに含まれる抗酸化物質は、炎症の原因となる活性酸素を抑制する働きがあり、これが関節の機能改善に効果的であると考えられます。

 

 

 

7 リンゴに含まれているクエン酸・リンゴ酸で疲労回復の効果があります。 

 

クエン酸とリンゴ酸は体内の酸性物質をエネルギーにし弱アルカリ性に変え身体のバランスを治してくれる効能があります。

クエン酸やリンゴ酸には、疲労物質と言われている乳酸の生成を抑制する効果があります。

 

 

目次へ戻る

 

 

1位 8つの効果があるトマト

 

 

ヨーロッパの古い言い伝えで、トマトが赤くなると医者が青くなるということわざがあるそうです。

完熟期になると活性酸素を除去するリコピン・ビタミン・ミネラルが大幅に増加し、様々な病気を防ぐ栄養素がたっぷりなため、医者いらずといわれるほどたくさんの効果があります。

 

 

1 トマトに多く含まれているリコピンはがんを予防する作用があります。

 

がんとは、体内に活性酸素が必要以上に増加していることが大きな原因の一つです。

活性酸素は細胞を酸化させることで、体内がさびてしまいます。

トマトは、活性酸素を抑制し、細胞を新しくしてくれる働きが抗酸化と言います。

トマトに含まれるリコピンは、抗酸化力が強く、人参に含まれるβカロテンの2倍、ビタミンEの100倍も含まれています。

よく熟した赤色のトマトや加熱した方が、リコピンの吸収率は3~4倍に上り、多く摂取することができます

ビタミンCやリコピンなどの抗酸化栄養素が豊富で、ガンの原因物質として有名な活性酸素の除去・抑制効果に優れています。

 

また、βカロチン類を摂ることは、直腸ガンの予防にも優れていると言われています。

 

 

 

 

2 トマトに含まれるカリウムには心臓病のリスクを減らす効果があります。

 

トマトに含まれるカリウムが摂りすぎてしまったナトリウムを体外に排出してくれる効果があり、これが心臓病になるリスクを抑えてくれます。

 

また、トマトに含まれる食物繊維、ビタミンC、コリンは、血圧を下げ、血流を改善し、血管神経系の機能改善にも優れているため、心臓を健康な状態に保つ作用に優れた栄養素です。

 

 

 

3 トマトに含まれるリコピンは糖尿病を抑える効果もあります。

 

トマトに含まれるリコピンには血糖値の上昇を抑え、インスリン抵抗性の改善に効果があるという結果が出ています。

 

 

 

4 トマトは食物繊維が豊富なため、腸にいい食べ物です。

 

トマトは水分含有量が高く、食物繊維も豊富なことから、便秘を改善し定期的な排便を促進する効果もあります。

特に食物繊維は水溶性と不溶性を両方ともに含んでいることに加え、トマトはカリウムも含まれることから、腸の運動を活発化し、便秘の改善に効果的であるとされています。

 

 

5 トマトに含まれるルテインは白内障などの予防に効果があります。

 

トマトに含まれるルテインは眼病を予防する作用が高い栄養素ですが、同じファイトケミカルの一種であるゼアキサンチンと一緒に摂取することでその作用が高まることがわかっています。

ルテインとゼアキサンチン両方を含むことから、眼病予防には最適な食品と言われています。

 

 

6 トマトに多く含まれる葉酸には不妊の改善・予防効果があります。

 

トマトに多く含まれる葉酸はタンパク質などの合成を促し、胎児の体の発育や細胞の生成にはたらき、妊娠前および妊娠中に不可欠な栄養素です。

また、男性側としては精巣内のリコピン濃度を高めれば精液の中に含まれる精漿のリコピン濃度も高められるとともに精子の運動も促進し、妊娠の確率を上げるとされています。

 

 

 

7 トマトに含まれる葉酸やリコピンは、うつ病の改善にも効果的です。

 

葉酸は、血液や他の栄養素が脳に供給されるのを阻害するホモシステインの過剰生成を防ぎ、うつ病の改善に効果があるといわれています。

 

 

 

8 トマトに含まれているクマル酸が喫煙や副流煙から守ってくれます。

 

トマトに含まれている、クマル酸やクロロゲン酸は、タバコの煙から保護する作用のある栄養素です。

トマトはこれらを2つとも含むため、タバコを原因とする病気の予防効果に優れているとされています。

 

 

 

 

簡単!クイズで学ぶ疲労回復に効果のある食べ物・調理方法

 

出典 https://www.youtube.com/watch?v=WI6VRdHjo3Q

 

疲労回復に効果がある食べ物は次のうちどれでしょうか?

 

1 鶏の胸肉

2 豚ロース

3 カツオ

 

 

 

正解は 1,2,3全部です。

 

ハードな運動をしたり、過度のストレスがかかったりすると、筋肉や自律神経の細胞で活性酸素が大量発生します。

 

こうして細胞が酸化ストレス状態になるとFF(ファティーグ・ファクター)というたんぱく質が発生し、その情報が脳に伝わって疲労感が生じるものと考えられています。

体内でFFが増えると、それに呼応するようにFR(ファテイーグ・リカバー)というタンパク質が生成されます。

このFRのおかげで疲れても少し休めば元気になれます。

 

 

しかし、刺激のない毎日で活性酸素があまり発生しない状態ではFRも作られないので、FRの生成能力そのものが低下していきます。

そのため、何らかの強いストレスを受けたとき、FRの生成が追いつかず、疲れが取れにくい体になってしまいます

鶏の胸肉、豚ロース、カツオ、マグロなどに多く含まれている、イミダゾールジペプチドは、非常に高い抗酸化作用をもつアミノ酸で、疲労回復物質のFRの生成を助ける働きがあります。

イミダゾールジペプチドの疲労回復効果はビタミンCより高いと言われています。

イミダゾールジペプチドのように疲労回復に効果のある食べ物がある一方、調理方法によっては疲労回復効果が得られなくなってしまう食べ物もあります。

 

そこで今回は、クイズ形式で疲労回復に効果のある食べ物・調理方法をご紹介していきます。

 

 

 

問題1


豚肉だけ食べるのでは疲労回復効果を十分に得ることができません。

豚肉に多く含まれているビタミンB1を効率よく摂取するために良い食べ物は次のうちどれでしょうか?

 

1 お酢

 

2 砂糖

 

3 塩

 

 

 

 

 

答え

 

 

解説

正解は1のお酢です。

 

ビタミンB1を効率よく摂取するためには、クエン酸を一緒に摂ることが大事です。

クエン酸はお酢、レモン、パイナップル、みかん、キウイ、梅などに多く含まれています。

酢豚にパイナップルや、とんかつにレモンを添えたり、酢の物を食べることによって、ビタミンB1とクエン酸の相乗効果で疲労回復効果が高まります。

 

 

問題2


疲れている時に食べると逆効果なものは次のうちどれでしょうか?

 

1 うなぎ

2 てんぷら

3 寿司

 

 

 

 

答え

 

 

解説

 

正解は1のうなぎです。

 

戦前・戦時中から戦後にかけての深刻な食糧難だった時代は、エネルギー不足によって疲れを感じるという症状がよく見られたそうです。

そのため、少量でもたくさんのエネルギーを摂取できるうなぎなどが「精をつける」食材とされました。

スタミナ料理の代名詞的なうなぎや焼き肉には脂肪分を多く含みます。

 

実は、これら脂肪分を多く含む食事は、消化する際に胃腸に負担がかかり、内臓の疲労を増大させてしまうので、注意が必要です。

 

 

ただし、好物を食べてストレス発散することが必ずしも悪いというわけではないので、暴飲暴食にならないようほどほどにして、内臓をいたわるようにしましょう。

 

 

 

 

問題 3


疲れた時に控えたほうが良い食べ物は次のどれでしょうか?

 

 

1 ビタミンCが多く含まれているもの

2 食物繊維が多く含まれているもの

3 亜鉛が多く含まれているもの

 

 

 

答え

 

 

 

解説

 

正解は2の食物繊維が多く含まれているものです。

 

食物繊維を含む食材は物理的に硬いことが多く、よく噛んでから飲み込む必要があります。

疲れているときは、しっかりと噛むのも億劫なことが多く、十分に噛みくだく前に飲みこんでしまいがちになる傾向にあります。

 

さらに胃腸に負担がかかってしまう原因になるので、もし料理に使用する場合は小さく切って料理する、やわらかくなるまで煮るなどの工夫をして食べましょう。

 

1のビタミンCは細胞の酸化を防ぐ働きをします。

また、ストレスが蓄積すると副腎からアドレナリンなどの副腎皮質ホルモンが分泌されますが、このときホルモンの原料としてビタミンCが大量に使われます。

ビタミンCが不足していると、ストレスに対する抵抗力が弱まってしまいます。

ビタミンCは水に溶けやすく、空気や熱でも壊れやすいので、できるだけ早めに生で食べるようにしましょう。

 

ビタミンCが多く含まれているものは、いちご、キウイ、グレープフルーツ、レモン、ブロッコリー、小松菜、菜の花、みかん、柿などです。

 

 

3の亜鉛は細胞の酸化を防ぎます。

不足すると味覚障害や免疫力の低下などを引き起こします。

亜鉛が多く含まれている食べ物は、牛ひれ肉、牛レバー、カキ、卵、チーズ、納豆、高野豆腐、切干大根、アーモンド、ピーナッツなどです。

 

 

 

 

問題 4


疲れた時に取らないほうが良い食べ物は次のうちのどれでしょうか?

 

 

1 アイスクリーム

2 チョコレート

3 かりんとう

 

 

 

答え

 

 

解説

 

正解は1のアイスクリームです。

 

冷たい食べ物・飲み物ばかりを好み摂取を繰り返していると、冷たいものを摂取するたびに、内臓が一時的に冷やされてしまいます。

冷やされた内臓は、体の機能によってまた通常の温度を取り戻そうと熱が産生されます。

また、冷たいものを取りすぎていると、自律神経のバランスも崩すため、より疲れやすさを感じやすくなっていきます。

 

疲れている時の飲み物は温かいものを選び、食事にも、汁物など温かいものを取り入れるようにしましょう。

 

ただし、極端に熱いものを食べ過ぎて食道や胃の粘膜がやけどを起こすとそこからガンに発展するケースがあるため、注意が必要です。

 

 

 

問題 5


免疫力アップや風邪予防・二日酔い対策にも効果があるといわれている柿ですが、干し柿にするとあるものが失われ、効果が半減します。

あるものとは次のうちのどれでしょうか?

 

 

1 ビタミンB

2 ビタミンC

3 カリウム

 

 

 

答え

 

 

解説

 

正解は2のビタミンCです。

 

柿は果物類でも栄養価が高い部類と称され、中でもビタミンC含有が際立って多くなっています。

また、ビタミンCは、ストレスに負けない健やかな体を保つためにも必要なビタミンです。

 

そのほかβ-カロテンやβ-クリプトキサンチンなどのカロテノイド系色素やタンニンなどが含まれており、抗酸化フルーツとしても効果が期待できます。

渋抜きをせずに食べられ、持ちがよくなる干し柿ですが、干してしまうとビタミンCが失われてしまいます。

 

 

 

最後に


いかがでしたでしょうか?

このように、疲労回復に効果のある食べ物はまだまだたくさん存在します。

今後もご紹介していく予定ですので参考にしてください。

 

 

身体によい食べ物の知識に関してはこちらの記事でもご紹介していますので、ご覧ください。

 

簡単!クイズで学ぶ○○の効果がある食べ物

 

簡単!クイズで学ぶ○○の効果がある食べ物 2

 

出典 https://www.youtube.com/watch?v=6j6K8l4G-Ic

 

不老長寿の効果があるといわれており、秦の始皇帝が探していたといわれる食べ物のは次のどれでしょうか?

 

1 昆布

2 そば

3 納豆

 

 

 

正解は 1の昆布です。

昆布のぬめり成分には血圧を下げる働きがあり、古くから長寿の効果があるといわれています。

万里の長城の建築で有名な中国の秦の始皇帝は、家来に長寿の国である日本へ行って長寿薬である昆布を入手することを命じました。

家来がたどり着いた場所は熊野の新宮市で世界一の海藻の産地と言われており昆布を始皇帝が待っている中国へ持ち帰ろうとしました。

しかし、日本での生活が居心地よくそのまま家来は日本に住みついてしまいました。

その結果、待ちくたびれた始皇帝は49歳で亡くなったという逸話があります。

 

食べ物には、このように特別な効果を持つものも多く存在します。

 

 

そこで今回は、クイズ形式で美味しいだけでなく色々な効果を期待できる食べ物 2
をご紹介していきます。

 

 

 

問題1


誤嚥防止に効果的な食べ物の調理法は次のうちどれでしょうか?

 

1 そぼろ

 

2 あんかけ

 

3 スープ

 

 

 

 

 

答え

 

 

解説

正解は2のあんかけです。

飲み込む動作が上手くできない状態を嚥下障害といいます。

食べ物を上手く飲み込めないと食事が取りづらくなるため、「低栄養や脱水を起こす」「食べ物が喉に詰まって窒息する」といった危険があるほか、高齢者の命を脅かす病気「誤嚥性肺炎」を引き起こす原因にもなります。

肺炎で亡くなる高齢者のうち7割の方が誤嚥性肺炎で亡くなっています。

誤嚥性肺炎とは飲み込んだ時に食道ではなく誤って気管に入ってしまうことです。

飲み込む力が落ちている人が食事を食べる時スープなどの液体の方が良いと思われがちですが、液体の場合すぐに流れてしまうので誤嚥になりやすい人が多いです。

逆にあんかけ料理はとろみがあって食べやすく誤嚥もしにくく安心して食べる事ができます。

 

ものを飲み込む時にむせる方必見!嚥下障害の原因と対処法 徹底解説

問題2


髪の毛を増やす効果があるといわれている食べ物は、次のうちのどれでしょうか?

 

1 刺身

2 レバー

3 つくね

 

 

 

 

答え

 

 

解説

 

正解は2のレバーです。

髪の90%以上が「ケラチン」という成分によって作られています。

、髪の毛の主成分となる「ケラチン」を作るのを手助けしてくれる栄養素が亜鉛です。

亜鉛が多く含まれている食材は、牡蠣・レバー・パルメザンチーズなどです。

また、亜鉛は育毛に役立つだけではなく免疫力を上げる効果もあります。

しかし、過剰に摂取すると逆効果になってしまうのでバランスよく取り入れましょう。

問題 3


乗り物酔いをした時に飲んではいけないものは次のどれでしょうか?

 

 

1 柑橘系のジュース

2 コーヒー

3 炭酸飲料

 

 

 

答え

 

 

 

解説

 

正解は1の柑橘系のジュースです。

乗り物酔いをしている時に柑橘系のジュースを飲むと胃酸の分泌を促す効果があるため、症状を悪化させてしまいます。

逆に炭酸水は自律神経を整える効果があるため、胃腸の働きをよくしてくれます。

また、炭酸水には美肌効果、血行促進、便秘解消などの効果があります。

乗り物酔いを起こしやすい方は、乗車30分前に薬を飲んでおき前日はしっかり睡眠をとりましょう。

 

 

 

乗り物酔いや吐き気で悩んでいる方必見!急な吐き気に困らないための対処法 徹底解説

 

 

 

 

 

問題 4


疲労回復の効果があるとされている飲み物は次のどれでしょうか?

 

 

1 白湯

2 抹茶

3 甘酒

 

 

 

答え

 

 

解説

 

正解は3の甘酒です。

甘酒は「飲む点滴」と呼ばれるくらい栄養が豊富で疲労回復にも効果があります。

甘酒に含まれるブドウ糖は、麹菌によって既に分解済となっているため、効率よく体内にエネルギー源を吸収できます。

 

その他にも点滴の成分と同じ、アミノ酸、ビタミンB群、ミネラルなどが豊富に含まれているため、飲む点滴と言われています

麹菌に含まれる酵素は抗酸化作用があるので、老化の元凶となる活性酸素の発生を抑制してくれる働きがあります。

動脈硬化や高血圧などの生活習慣病の予防にも役立ち、女性ならではの悩みである生理痛や生理前のイライラ、肌荒れといった月経前症候群の解消、母乳の出を良くする効果もあるといわれています。

 

アミノ酸・ビタミンも豊富で体への吸収も良い為、食欲がない時にもお勧めです。

 

 

疲れがとれないで悩んでいる方必見!脳疲労回復をする「マインドフルネス」の方法 

 

 

 

問題 5


身体をあたためる効果があるものは次のうちのどれでしょうか?

 

 

1 お酢

2 砂糖

3 ハチミツ

 

 

 

答え

 

 

解説

 

正解は3のハチミツです。

 

食事では冷たいもの避けて、体温以上のものを摂るのがベストです。

 

また、食材に気をつける必要があります。

食品には、体を温める「陽性食品」体を冷やす「陰性食品」があるといわれています。

その中でも、ハチミツには身体を温める効果があるので寒い冬にお勧めです。

 

ハチミツ以外にも

体を温める食品の例
 野菜類――ニンジン、カボチャ、玉ネギ、山芋など
 肉・魚類――鶏肉、羊肉、鮭、鯖、タラ、ふぐなど
 調味料・香辛料――味噌、ニンニク、コショウ、シナモンなど
 豆類など――小豆、黒豆、納豆など

 

逆に、体を冷やす食品の例としては
 野菜・果実類――キュウリ、レタス、トマト、柿、梨、バナナ、メロン、スイカ、パイナップルなど
 飲料――麦茶、コーヒー、牛乳、豆乳など
 調味料など――酢、植物油など

が挙げられます。

1歳未満の乳児にハチミツを与えると「乳児ボツリヌス症」になる場合があるので与えないようにしてください。

 

冷え性で悩んでいる人必見!冷え性の原因と対処法

 

 

 

最後に


いかがでしたでしょうか?

全て覚えるのは大変ですが、クイズをやることによって、身体に良い食べ物を知って健康に役立てましょう。

 

食事のリズムが狂うことによって体調を崩す場合もありますので注意が必要です。

 

食事のリズムが狂ってしまっていることから起こる自律神経の乱れのセルフチェックの方法と対処法