大河ドラマ『おんな城主直虎』から学ぶ決断力を高める方法

人生とは決断の連続です。

特に30代以上になってくると人生のターニングポイントに巡り合う機会も多くなってきます。

しかし、自分には決断力があると胸を張って言える人はどのくらいいるでしょうか?

大事な時に即決できる人は人生もうまく運んでいきます。

そこで今回はターニングポイントで失敗しない決断力を高める方法を女性ながら城主として井伊家を守り、井伊直正の育ての親として生きることを決断した井伊直虎が主人公の2017年大河ドラマ『おんな城主直虎』を通してみていきたいと思います。

 

『おんな城主直虎』とは


この先ネタバレを含みます。また、今回はかなりマニアックになります。

 

おとわ(のちの直虎 柴咲コウ)は、遠江(現在の静岡県)の井伊家当主・直盛(なおもり)の娘として誕生します。

直盛の子は娘一人のみで、跡継ぎとなる男の子がいませんでした。
そのため、分家の亀之丞(のちの直親 三浦春馬)が井伊家を継ぐ事になります。

しかし、井伊家は強大な今川義元の支配下にあり、その今川に謀反の疑いをかけられた亀之丞の父が突然殺されてしまいます。

当時9歳の亀之丞は命からがら信州へと逃げましたが、それ以降消息が途絶えてしまいます。

謀反を今川に告げたのは井伊家・家老でおとわと亀之丞の幼馴染である鶴丸(のちの小野政次 高橋一生)の父小野政直らしいとのうわさが立ち井伊家に暗雲が立ち込めます。

政直は自分の息子・鶴丸とおとわを婚約させようとするが、おとわはこれを断り出家してしまいます。

出家先の龍潭寺の住職・南渓和尚はおとわに「次郎法師」と男の名をつけます。

それから10年の歳月が流れたある日、死んだとばかり思っていた亀之丞が戻ってきます。

しかし、すでに出家してしまった次郎法師には結婚はできないため、亀之丞は井伊家の跡を継ぐために直親と名を変え、井伊家家臣の娘・しのと結婚します。

その頃、おとわの父・直盛が桶狭間の戦いで戦死。さらに跡を継いだ直親は今川に暗殺されてしまいます。

こうして井伊家の男は、2歳になる直親の息子・虎松(のちの井伊直正 菅田将暉)を除き皆亡くなってしまいます。
はたして誰が井伊家を継げば良いのか?
混乱する中、次郎法師は「井伊直虎」と名乗り、おんなの身でありながら城主になったのでした。

 

直虎の決断


直虎は城主になる前に2つの大きな決断をしています。

その二つの決断とは出家城主になるというものです。

しかしこの2つの決断は直虎が望んだものではありませんでした。

出家は諸説ありますが、城主になったのは2歳の虎松以外他に誰もいなかったからという流れに身を任せた結果でした。

つまり決断とは言えないものでした。

しかし、城主になってからの直虎は徳政令を発布しない、家臣であり幼馴染の野政次を自ら手にかける家康に井伊家の遺児直政を託すなど決断の連続で、井伊家を窮地から何度も救うのでした。

 

 

決断に重要なこと


では、城主になる前は流されていた直虎が城主になってから決断できるようになったのでしょうか?

 

最終的にどうなりたいのか?


何かを決断する際に我々は「何をするのか」つまり、whatの部分を重要視します。

しかし、実際は「なぜするのか」つまりwhyが大切なのです。

何をするのかばかり考えてしまうと、自分がやっていたことがなぜやっているのかがわからなくなり、やる気もなくなってしまいます。

そのためには「最終的にどうなりたいかを考える」ことが重要です。

 

『おんな城主直虎』の登場人物の決断


直虎の決断は「直政を立派に育て、家督をつがせる」ことでした。

では他の登場人物はどうでしょうか?

 

井伊直政の決断


直政は父直親死後は再婚した母の姓松下を名乗り、松下虎松として生きていましたが、井伊家を再考したいと考え家康に直談判の手紙を書きます。

そこで家康から井伊万千代という名前をもらいます。

しかし、井伊なら草履版、松下なら家康の小姓として雇うといわれます。

 

直政は家康にはめられたと悔しがりながらも

直政「それがしは、井伊万千代という名前を頂ました。一晩にてそれを覆すのは、不忠の極み。井伊万千代、かくなるうえは日の本一の草履番を目指す所存にございます」

と草履版から成りあがることを決断します。

ここでの直政の最終的にどうなりたいかは『井伊家のお家再興』をしたいという思いでした。

その後、家康の身を守る手柄を立てるなどの実績が認められ、やがては家康の功臣として「徳川四天王」と呼ばれるまでの出世を遂げることとなります。

今川氏真の決断


今川義元の嫡男氏真(うじざね 尾上松也)は桶狭間の戦いで織田信長に父を討たれ今川家を滅亡に導きます。

その後紆余曲折を経て、かっての家臣である家康の庇護を受けることになります。

普通なら相当な屈辱であり、潔く死を受け入れる武将が多かった時代です。

しかし氏真は生き抜くことを決断します。

そして得意の蹴鞠で信長に取りいろうとします。

ドラマでは明智光秀に近づき本能寺の変に一枚噛んでいます。

氏真の決断に至る最終的にどうなりたいかは「戦以外で敵をとる」です。

結果として氏真は77歳まで生き、今川の家も明治まで残ることになります。

 

小野政次の決断


井伊の家臣でありながら、今川のスパイとみられていましたが、すべては井伊のため、直虎のためでした。

龍雲丸(直虎のパートナーのような存在 柳楽優弥)から

「このままいきゃ、あんたは井伊を乗っ取った挙句、罪人として裁かれるってことだろ!悔しくねえのかよ!井伊のためにって、あんなに!誰よりも!駆けずり回ってきたのはあんたじゃねえか!」

政次それこそが小野の本懐だからな。忌み嫌われ井伊の仇となる。おそらく私はこのために生まれてきたのだ」

政次の最終的にどうなりたいかは自分がではなく「直虎の幸せ」でした。

 

最後に


決断をするには何をするかではなくて、なぜするかが重要です。

そのうえで、できるか、できないかを考えたり、なぜそれをする事で解決できるのかを追求したりせずに、まずは決断してやってみる。

そして、大きな決断からではなく、日常生活の小さな決断からスタートしてみましょう。

『おんな城主直虎』はDVDも出ていますので是非見てください。

 

大河ドラマ『真田丸』から学ぶやる気スイッチの探しかた

大河ドラマの終わりで一年の終わりを感じます。

年末になると大掃除などやらなければいけないことがたくさんありますが、なかなかとりかかれない。

やる気スイッチがわかればというかたも多いと思います。

そこで今回は大河ドラマ『真田丸を通してやる気スイッチのつけかたを一緒に探してみましょう。

大河ドラマ『真田丸』とは


武田信玄の死から9年、隆盛を誇っていた武田家は、信玄の死をきっかけに急速に衰えていた。

武田家に仕える地方豪族に過ぎない真田家は、武田家が衰えたことで大きな後ろ盾を失ってしまっていた。

主人公はその真田家当主真田昌幸を父に、後の松代藩当主真田信之を兄にもつ真田信繁(真田幸村)です。

列強の戦国大名たちが群雄割拠する中、時には有力武将に取り入り、時には裏をかき、知恵と勘を頼りに戦国の大海原を泳ぐ真田家を乗せた船と真田幸村が築いた大阪城の出城の名称真田丸をかけた
三谷幸喜脚本の2016年の大河ドラマです。

真田信繁(堺雅人)父で天才武将の昌幸(草刈正雄)や、真面目な兄・信幸(大泉洋)幼なじみきり(長澤まさみ)に加え、誰もが知っている豊臣秀吉(小日向文世)徳川家康(内野聖陽)徳川秀忠(星野源)などそれぞれの登場人物の人生が交差する群像劇が得意な三谷幸喜氏は登場人物のやる気スイッチもしっかりと描いている気がします。

やる気スイッチとは


人にはそれぞれ、モチベーションが上がりやすい領域モチベーションエリア、ポジティブエリアがあります。

モチベーションエリア提唱者の山口博氏はモチベーションエリアは6つのエリアに分かれているといいます。

目標達成
目標達成するということにモチベーションが左右されやすい

自由度確保
自由に物事を行う、自分の裁量で決めることがモチベーションに左右されやすい

地位の獲得

地位、権限が高まるということにモチベーションが左右されやすい

他者との協力
他者と協力関係が築いていけるということにモチベーションが左右されやすい

安定の維持
安定し保障されているということにモチベーションが左右されやすい

公私の調和
公私のバランスがとれているということにモチベーションが左右されやすい

 

真田丸登場人物のやる気スイッチ


真田丸登場人物のやる気スイッチはどこにあるのでしょうか?

「目標達成」


目標達成するということがやる気スイッチになっているのは主人公真田信繁です。

「そのようなことは百も承知!されど、私はおまえを討ち果たさねばならぬのだ!我が父のため、我が友のため、先に死んでいった愛する者たちのために!」

最終回で家康に対峙したときのセリフです。

家康を討つという目的が信繁の原動力なのです。

「自由度確保」


自分の好きにやりたいということをモチベーションにしているのは徳川二代将軍の徳川秀忠です。

秀忠は二代将軍とはいえ偉大な父家康が実権を握っているため特に自分の裁量で物事を進めたいと感じています。

「地位の獲得」


地位の獲得がやる気スイッチになっているのは、真田丸前半の主役といっても過言はないでしょう。

主人公信繁の父真田昌幸です。

「わしが命じたのだ。 真田が大名になるためには、室賀がいては困るのだ! ……全ては真田のためじゃ!」
信繁の祝言の場でのセリフです。

調略を繰り返すことを厭わず、信濃の国衆を束ねようとし、大名になることを視野に入れていることで地位の獲得のためには手段を選ばない昌幸のやる気スイッチは地位の獲得です。

「他者との協力」


他者との協力がやる気スイッチになっているのは真田信之です。

「織田についたのだから、織田に従うべきだ」という彼の発言はまさに協力がモチベーションにつながっているのがわかります。

「安定の維持」


安定の維持は天下人になってからの家康です。

最終回、信繁に対峙して、「されどわしを殺したところで何も変わらん。
徳川の世は既に盤石!豊臣の天下には戻らん!戦で雌雄を決する世は終わった!」
家康が戦のない世の中を維持するために動いていたからこそ江戸時代という平和な時代になっていくのです。

「公私の調和」


公私の調和をやる気スイッチとしている真田丸の代表的な登場人物はヒロインきりです。

「私が大好きだった源次郎さまはどこにいったの?」
信繁が大坂方に誘われ悩んでいるときにきりが背中を押します。

きりこそ公私ともに信繁のパートナーできり自信も公私のバランスがやる気スイッチになっていたように思えます。

最後に


目標達成」の大小に影響を受けやすいという人もいれば、「公私の調和」がとれているかどうかでやる気が変わる人もいます。

モチベーションを上げようと思ってもやる気がでないというのであれば、モチベーションがあってない可能性があります。

やる気スイッチを押すにはまず自分ややる気スイッチを押したい人のモチベーションエリアがどこにあるのか自分や相手を理解する必要があります。

また、やる気スイッチはひとつとは限りませんし、その時によって変わる場合もあります。

やる気スイッチを探すため名作大河ドラマ『真田丸』を見てみませんか?

 

『スタジオジブリ』から学ぶプロとは






出典 https://movienosuke.com/mannga/1961/

スタジオジブリ宮崎監督の長編映画引退宣言に伴う制作部門の解散で、映画製作部門から撤退していました。

しかし、宮崎駿監督は「作るに値する題材を見出したから」と引退撤回し、あらためて映画制作を再開することを決断しました。

このことはニュースでも大きく取り上げられましたが、なぜジブリ作品、宮崎駿監督復帰がここまでニュースになるのでしょうか?

それは、スタジオジブリ及び宮崎駿監督・鈴木敏夫プロデューサーが本物のプロだからこそ待ち望まれていたという他ありません。

そこで今回は『スタジオジブリ』を通してプロとは何かを考えていきたいと思います。


出典 https://www.donguri-sora.com/products/list.php?category_id=275








ジブリ関連記事



ジブリ関連の記事をいくつか書いてありますのでそちらもぜひ、ご覧下さい。

previous arrow
next arrow
Slider









『スタジオジブリ』とは



スタジオジブリは「風の谷のナウシカ」の成功を基に1985年に徳間書店の支援のもと設立されました。

その後、徳間書店の社内カンパニーを経て独立会社として2004年に今の形になりましたが、2014年宮崎駿監督の引退宣言をきっかけにア映画制作部門を解体し、今後は版権管理などの事業だけになることが発表されました。










ジブリの名前に込められた想い



ジブリとはサハラ砂漠に吹く熱風のことで,
第2次大戦中、イタリアの軍用偵察機が名前に使用していました。

この偵察機は映画『風立ちぬ』の登場人物であり実在の人物カプローニが作ったものです。


出典 https://twitter.com/kinro_ntv/status/1116709274112028672

日本のアニメーション界に旋風を巻き起こそう」という意図があったそうです。

文字通り日本のアニメーション会に旋風を巻き起こしましたが、宮崎駿監督とジブリの双璧をなした高畑勲監督が亡くなり、宮崎駿監督の引退宣言になりましたが、復活宣言により再び日本アニメーションきってのプロ集団であるスタジオジブリが再び旋風を巻き起こしてくれるのを心待ちにしている方は多いと思います。







プロとは



プロ=プロフェッショナルが何かを理解するためには、対義語であるアマチュアとの違いで考えてみましょう。

アマチュアとは、プロに近い技術や知識を持っているが、その能力を活かせる職業に就いていない人を指す言葉です。

職業や分野によってプロとアマの違いはさまざまですが、ここではその一例をご紹介しましょう。

・最終的な結果を出すか出さないか

・不調のときに休むか休まないか


・常に成長のための努力をしているかどうか


・自分に対する評価基準が厳しいか甘いか


・成果が出たときにすぐ切り替えるか、いつまでも喜んでいるか


・責任があるかないか


妥協するかしないか



この中でも宮崎駿監督、鈴木敏夫プロデューサーは仕事にこだわりを持って一切妥協しないように感じます。

数例ですが例を挙げますので、ジブリのプロ集団たる秘密がわかると思います。










長編映画しか作らない



ジブリのように原則的に劇場用の長編アニメーション以外はほとんど製作しないスタジオというのは、日本のアニメ界だけでなく、世界的にも極めて稀な存在です。

アニメーション制作業界では、興行の保証が得られない劇場用作品は、リスクが大きすぎるだけに、継続して収入が得られるテレビ・アニメーション・シリーズを活動の中心に置くのが常識だそうです。

しかし、ジブリでは目指している人間の心理描写に深く入り込み、豊かな表現力で人生の喜びや悲しみをありのままに描き出すことを実現していくためにはどうしたらよいか考えました。

それが、テレビという、予算的にもスケジュール的にも制約の大きい媒体では不可能であるという結論に到達し、世界的にも稀有なアニメーション制作会社へと成長したのです。

出典 https://creive.me/archives/3555/









本職が声優の人をあまり起用しない



宮崎駿監督は『となりのトトロ』サツキメイの父親草壁タツオ役をプロの声優ではなく、声優としては素人である糸井重里さんに依頼した理由を以下のように語っています。

「声優さんの声を色々きいて
みたんですけど、なんか、
あったかくてね、子供の事を
全面的に理解している父親に
なりすぎちゃう。

昔、パパは何でも知っている
ってTV番組あったでしょ、
30そこそこの親父がそんなに
なるはずない。

自分が父親の体験者でしょ。
実際の父親の実態っていうのは
”パパは何でもしっている”じゃない」





ここでも強いこだわりを持ち、父親役の声優にリアリティを求めていたことがわかります。


出典 https://xn--o9j0bk7253fj2b.net/2017/01/totoro_otousan/







ジブリのキャッチコピーができるまで



こだわりを持ち、妥協しないのは宮崎駿監督だけではありません。

以前開催していたジブリ大博覧会で、鈴木敏夫プロデューサーとコピーライター糸井重里氏がもののけ姫のキャッチコピーを決めるまでのファックスのやりとりが展示してありました。

最初の手紙は1996年3月21日、鈴木さんから糸井さんにあてたものです。

まだ作品が完成していない中、ストーリーの概要を説明した手紙でした。

それから数カ月後、糸井さんから最初のコピーが手紙と一緒に届けられます。

最初のコピー案は、

「おそろしいか。愛しいか。」
「おまえには、オレがいる。」
「惚れたぞ。」
「ひたむきとけなげのスペクタクル。」


どの案もラブストーリー色が強いコピーのようです。

しかし、その当日中に、鈴木さんが糸井さんへの返事を書きます。

返事には「前略糸井重里さま 再考を! 宮崎も『ちがう』というし、小生もちがうと思いました」との回答でした。


2回目のコピー案は、ラブストーリー色が薄まり、


「だいじなものは、ありますか。」
「昔々は、今の今。」

の2案。

それに対して、鈴木さんはまたもやすぐに「も、もう1回! お願いします。大体こういうのは、3度目がいいんだと、ダレか偉い人もいって……いませんでしたっけ!? ともあれ、お手をわずらわせますが、よしなにご検討のほどを。ところで、告白しますが、ぼくもこの映画の解説文を書こうと思い立ち、すぐにつまづき、いま思い悩んでいる処です。トホホ」と送っています。



3回目、このときは

悪からでも善からでも、おまえを守る!

あなたは、何を守る?

弓を誰に弾く!?

なぜ、俺は生まれてきた。

LIFE IS LIFE!

化けものだらけ。

神々はなつかない。

森には、おそろしい神々がいる

これでも採用されません。      

そしてついに4回目のやり取りが行われた7月1日、あの「生きろ。」のコピーが生まれました。

このときには二人ともノイローゼ寸前だったそうです。 



宮崎駿監督に加え、鈴木敏夫プロデューサーも妥協をしない。 



この自分の仕事に信念を持ち、妥協しないという姿勢がプロ意識に繋がるのかもしれません。


出典 https://matome.naver.jp/odai/2142467873833256901







最後に



世の中にはプロとは名ばかりのただの職業になっている人が多く感じます。

真のプロであるスタジオジブリの作品がまた見れる日を楽しみにしながらもう一度ジブリ作品を見返してみてはいかがでしょうか?

プロとは何かそして、それぞれの作品に隠されてるメッセージがあなたを包んでくれるはずです。



出典 https://www.pinterest.jp/pin/367043438361703859/

『風の谷のナウシカ』から学ぶみんなに支持されるリーダーとは



出典  http://baphoo.hatenablog.com/entry/20110702/p1


あなたが思うジブリ作品の登場人物で理想のリーダーは誰ですか? 


ベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会が過去に行った調査では『風の谷のナウシカ』の主人公ナウシカを選んだ人が圧倒的に多かったそうです。


そこで今回はなぜナウシカが大多数の人にリーダーとして支持されたのかを通して支持されるリーダー像についてお話します。



出典 http://baphoo.hatenablog.com/entry/20110702/p1











『風の谷のナウシカ』とは



この先ネタバレを含みます。

宮崎駿オリジナルの原作漫画を映画化した劇場用アニメーションです。(当時はまだジブリはなかったので正確にはジブリ作品ではありません)

火の七日間」と呼ばれる大戦争により巨大産業文明が崩壊した時代が舞台です。

複雑高度化した技術体系は永遠に失われ、人類は猛毒の瘴気(しょうき)を生み出す菌類の森『腐海』とその森の番人である巨大な蟲(むし)に怯えながら各地で多数の小国を建国して生き延びていました。

物語の主人公は瘴気の影響が比較的少ない『風の谷』の族長であるジルは腐海の毒に侵されて病床にあり、父の代理で国を治める16才の娘ナウシカです。

出典 https://ciatr.jp/topics/31462




ある夜、大国「トルメキア」の輸送機が「風の谷」に墜落します。

墜落した輸送機には、「火の七日間」と呼ばれる世界大戦で世界を焼き尽くした「巨神兵(きょしんへい)」の体の一部が積まれていたのです。

その翌日、輸送機を探しにきた「トルメキア」軍が谷を占拠し、ナウシカの父親「ジル」を殺害してしまいます。

「トルメキア」の姫であり、軍の司令官「クシャナ」は「巨神兵」を「風の谷」で完成させる計画を立てます。

ナウシカは捕虜となり、トルメキアへ移送されることになります。

しかし、ナウシカを乗せたトルメキアの輸送機は敵国「ペジテ」の戦闘機の襲撃を受け腐海に不時着します。

出典 http://baphoo.hatenablog.com/entry/20110702/p1

腐海に不時着したナウシカはベジテの戦闘機のパイロットアスベルと出会います。

腐海の奥で、腐海の謎を知ったナウシカとアスベル、そして風の谷の民はナウシカのリーダーシップのもと、トルメキアを止める物語です。

出典 http://www.anime-kun.net/webzine/nausicaa-de-la-vallee-du-vent-502









ナウシカのリーダーシップとは?



ナウシカはいわゆるついてこいタイプのリーダーではありません。


しかし、ナウシカは立派なリーダーです。



ナウシカはどんなリーダーなのでしょうか?







リーダーシップの種類



リーダーシップには2つの種類があり、1つがいわゆるついてこいタイプの『支配型リーダー』、そしてもう1つがサーバントリーダー』です。

支配型リーダーは組織の頂点に立ち、目標達成のために部下を使います。

ジブリ作品で代表的な支配型リーダーは『天空の城ラピュタ』に出てくるドーラです。


出典 http://tkxr9e7xoz.seesaa.net/article/441253715.html



一方、サーバントリーダーは組織の下にいて、目標達成のために動く部下を支えて奉仕します。

ナウシカはサーバントリーダー型と言えます。



支配型リーダーの元では、務感から言われたことをやればいいという気持ちになり、与えられた役割や指示された内容だけ集中します。

『天空の城ラピュタ』のドーラファミリーはドーラの指示待ちになってしまうため、下は育ちません。

一方、サーバントリーダーの組織は、自由な雰囲気の中で、やる気が起き、工夫できることは工夫し、言われる前からできることを探してやろうとする気持ちが生まれます。

そして、サーバントリーダーがまとめる組織は、いろいろな人材が集まってくるのも特徴的です。

出典 https://www.instagram.com/p/B1RE_8SA_MN/










ナウシカとサーバントリーダー



ナウシカの一番の特徴は母性です。

ナウシカの優しさに触れることでみんながナウシカを支援したい、助けたいと思っています。

ナウシカがサーバントリーダーとして明らかなのは、ナウシカが行動を共にする人種の多様さです。

風の谷の仲間だけでなく、トルメキア、ベジテと、初め敵対していた他民族を見事に巻き込み共同戦線を張っています。







セリフから見るナウシカのリーダー像



姫として生まれたナウシカですが、リーダーとして民からはどう思われていたのでしょうか?


働き者のきれいな手だと言うてくれましたわい(ゴル)


出典 https://siyuukingdum-animeaudition.com/animation-engilabo/naushika-seiyuu-3301

人質として囚われた風の谷の老人ゴルが、トルメキア帝国の王女クシャナに対して放った言葉です。

同じく姫君であるナウシカと比較し、ナウシカの人柄を語った一言です。

腐海の毒に侵され、あと半年もすれば石のようになってしまうゴツゴツの手を、きれいな手だと、好きだと言ってくれる。

ナウシカの優しさ、そして全てに平等に接している姿が表れているセリフです。





姫様があきらめない限りあきらめるな(ミト)


出典 http://ameblo.jp/beatifulmonster2/entry-11566660096.html

風の谷に押し寄せる膨大な数の王蟲(おうむ)の群れを前に、みんながあきらめ死を覚悟している中、姫様(ナウシカ)が諦めていないのだから、みんなもまだ諦めてはいけないと鼓舞するミトの言葉。

どんな絶望を目の前にしても、まだナウシカがみんなを救ってくれると信じているナウシカがいかに慕われているかを表すセリフです。









視聴者がナウシカをリーダーとして選んだ理由



冒頭で紹介した理想のリーダーとしてナウシカが選ばれた理由は、

・自分を犠牲にして、周りに訴えて、最後には周りをもかえていく実現力
・正義感
・立場の弱い人のことを1番に考えてる。
・カリスマ性・統率力


を挙げています。

しかし、ナウシカにも欠点はあります。








ナウシカの欠点・サーバントリーダーのデメリット



ナウシカのリーダーとしての欠点は一人で背負い込みすぎる点です。

その欠点も周りのひとのサポートでうまくバランスがとれているといえます。


しかし、サーバントリーダーシップは万能ではないため、自ずと良い局面と、そうでない局面があることになります


また、方針を決定するのに時間がかかるという点もあります。


そのため、自ら気付き、思考することが苦手なメンバーや、知識・経験値が浅いメンバーは付いて来れず、脱落してしまうこともあります。








現代に求められるリーダーシップ



支配型リーダーシップのすべてが悪く、サーバントリーダーシップ全てが良いわけではありません。



重要なのは、それぞれのメリット・デメリットをリーダーは認識し、この使い分けを局面・状況に応じて行うことで、リーダーは組織を目標に向かわせることです。


ナウシカのリーダーシップの最大の特徴はすべてを包み込む愛です。



風の谷の最長老である大ババさまのセリフがあります。

なんといういたわりと友愛じゃ
王蟲が心を開いておる
子供達よ わしのめしいた目の代わりに 見ておくれ



王蟲(おうむ)はトルメキア軍に子供をさらわれ暴走します。

その暴走を止めるためナウシカが自分の命と引き換えに王蟲の子を群れに返します。


「ナウシカ」の献身的な愛に「王蟲」は暴走を止めます。


目の見えない大ババ様にも空気を通して伝わるのです。

仕事以外でも家族やスポーツ指導すべてに通じます。


ナウシカをもう一度見て、ナウシカのリーダーシップに触れてみませんか?


『耳をすませば』から学ぶ将来に不安を感じたときの対処方法





出典 https://www.pinterest.jp/pin/588634613774837527/


あなたは耳をすませば』の月島雫(つきしま しずく)、『魔女の宅急便』のキキ、どちらが好きですか?

スタジオジブリの鈴木プロデューサーが著書の中で聞かれていることです。



同じ年頃の女の子でも性格が正反対な二人どちらを選ぶかでその人の価値観が分かるそうです。

小説家になろうと決意し目標に向かって努力する雫が好きな人は、将来に夢を持って突き進むタイプ。

一方、生まれ持った魔女の能力を生かし宅急便の仕事を始めたキキが好きな人は、与えられた仕事を一歩一歩着実にこなすタイプと言えるのだそうです。

キキはいわゆる二世や二代目など生まれながらにして進路が決まっているタイプですが、雫ははじめから小説家になろうと決めていたわけではありません



雫はなぜ小説家を目指したのでしょうか?そして目標に向けて頑張ることができたのでしょうか?

今回は『耳をすませば』の主人公月島雫を通して将来に不安を感じたときの対処方法としての目標設定の方法を見てみましょう。








出典  http://www.amiami.com/top/detail/detail?gcode=JIGS-002156










『耳をすませば』とは



主人公は本が大好きでよく図書館で本を借りている中学三年生の女の子月島雫です。

雫は自分が借りる本の図書カードに「天沢聖司」という名前を良く見かけることに気づきます。

雫は、次第に「天沢聖司」はどんな人なんだろうと気になり始めます。

そしてある日、雫は電車の中で出会った猫に導かれ、「地球屋」という不思議な店にたどり着きます。

本の貸し出しカードで名前だけは知っていた少年天沢聖司と出会い、2人は夢を追いかけ始めるという物語です。








雫の目標設定



雫は天沢聖司と出会うまでは、進路も何とかなるだろう位にしか考えていない子でした。




雫タイプかキキタイプかそれとも



才能があるかどうかも分からないけれど、夢・目標を掲げて、そこに向かって生きている雫


出典 https://www.mirainoshitenclassic.com/2017/01/7others.html



持って生まれた才能・能力を使って、どう生きていくかを考えて目の前の仕事を一つ一つこなしていったキキ


出典 https://festy.jp/web/posts/1005401


しかし、大部分の人は

とりあえず今やることをやっていて、友達や家族とワイワイ話して遊んで、趣味もあるけれど

でもたまにポカンと心に穴があいたような寂しさや、虚無感に襲われる

自分は何者なのだろうか?

何を本当はしたいのだろうか?

と感じてるのではないでしょうか?









雫がなぜ目標設定できたか?



ここからはネタバレを含みます。

雫が偶然好きになった天沢聖司は、中学卒業したら、バイオリン職人になるためイタリアに修行に行ってしまうということがわかります。


出典 http://ghibli.jpn.org/news/mimisuma-train/



なのに雫は、自分自身は全然進路なんて考えてないことで焦り、悩みます。



自分より頑張ってる人に頑張れーなんて言えないよ


そこで、雫は、自分も、本を書くことを決心します。

受験前で家族から反対されながも突き通します。





「そうかぁ、簡単なことなんだ。あたしもやればいいんだ。」



ある日、友人の夕子との会話で

あいつは自分の才能を確かめにいくの。だったらあたしも試してみる


決めた!あたし物語を書く!


書きたいものがあるの。
あいつがやるならやってみる


雫は天沢聖司に対して恋愛感情だけでなくライバル心も感じたのでしょう。

そして、

そうかぁ、簡単なことなんだ。
あたしもやればいいんだ!


と雫の目標が決まった瞬間です。

夢をかなえるには、まず自分自身が一歩踏み出さないとなにもかなわないことを、雫は知っています。








「自分の中に原石を見つけて、時間をかけて磨くことなんだよ。」



この言葉は、聖司のおじいさんが完璧に物語を書けるか不安がっている雫に対してかけてあげた名言です。


出典 https://www.mirainoshitenclassic.com/2017/01/7others.html



原石とは“魅力”とか“才能”というものを指しているのだと思います。

まだ若くて未熟なのに最初から物語を完璧に物語を完成させようとする雫に対して、おじいさんからの「ゆっくり時間をかけて自分の魅力を見つけ、それを磨いていきなさい。」というメッセージです。







「雫さんの切り出したばかりの原石を、しっかり見せてもらいました。」



小説を書き終わった雫はまず聖司のおじいさんに読んでもらいます。

おじいさんは「ありがとう。とてもよかった。」と雫に伝えます。

しかし、雫は自分がまだまだ未熟であり、物語がまとまったものではないことが分かっていました。

だから、雫はおじいさんに本当の感想を言ってほしいと伝えます。

すると、おじいさんは雫にこんな言葉を伝えます。

「そう。荒々しくて、率直で、未完成で。聖司のヴァイオリンのようだ。」

「雫さんの切り出したばかりの原石を、しっかり見せてもらいました。」

「よくがんばりましたね。あなたは素敵です。」


雫は作品を完成させて、理解します。

本当に本が書きたければ、もっと勉強して、たくさんのことを学んでいかなければならないと理解します。

そして、何となく高校へ行くから小説家になるために高校へ行くと聖司を前に決意するのです。




出典 http://ske48matome.net/archives/29199462.html










最後に



雫は好きになった天沢聖司に感化された形でしたが、夢や目標は些細なきっかけでできるものです。

その中でも雫は、元々興味があった小説という原石を見つけます。

そして、できるかできないかではなくやるかやらないかでとりあえずやってみるという選択をしました。

何をしていいか?目標がないと悩んでいたら雫にならって、原石』を見つけ『とりあえずやってみる』を実践してみてください。









雫のその後



『猫の恩返し』というジブリ作品をご存知でしょうか?

この作品が『耳をすませば』と設定や内容が非常に似ているという声があがっていますが、実はこの作品は月島雫が将来作家になり執筆した作品、という設定だそうです。

原作者柊あおいさん宮崎駿さんがリクエストを送り、猫の恩返しの原作である「バロン 猫の男爵」を手がけました。



これは雫が書いた小説が舞台といわれています。

つまり、月島雫は中三からの夢を叶えたと言えます。

目標を達成する唯一の方法は毎日続けるです。



雫は聖司との出会いをきっかけに、才能があるかどうかも分からないけれど、夢・目標を掲げて、そこに向かって生きていくようになるのです。

目標に迷ったら『耳をすませば』を見てみてはいかがでしょうか?



『天空の城ラピュタ』から学ぶ人生のステージを上がるためのヒント



出典 https://gramho.com/explore-hashtag/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%81%A8%E3%83%91%E3%82%BA%E3%83%BC




夢を叶えたい、お金を稼げるようになりたいと考える人は多いと思います。


また、今の環境から抜け出したいという人も多いでしょう。


この○○したいという気持ちは人生のステージが変わるということを意味しています。


そこで今回は、人生のステージとは何か?また、人生のステージを上がるためにはどうしたらよいのか?を『天空の城ラピュタ』の主人公パズーの成長を通して学んでみましょう。



出典 https://matome.naver.jp/m/odai/2142098742612147901/2142102783231077803









『天空の城ラピュタとは』



「天空の城ラピュタ」は、宮崎駿監督作品で空に浮かぶ島「ラピュタ」をめぐる冒険物語です。



主人公は少年パズーと少女シータ

鉱山で機械工見習いとして働くパズーのもとに、ある日、シータが空からゆっくりと舞い降りてきます。


そこから、ふたりの冒険物語が始まります。



出典  https://ciatr.jp/topics/274647










人生のステージとは



人生には4つのステージというものがあって、
それを意識しているかしていないか、
知っているか知らないか

それによって人生の質というものが大きく変わってきます。


今よりもより良い人生、より良い生活を過ごしたいと思うのであればステージアップを志すと良いでしょう。





1 欲望のステージ



生活に追われるステージ



これは、自分の物欲、肉体的欲求を満たしたい、という状態です。

仕事で言えば「なるべく楽して、頭を使わず稼ぎたい」という意識が強く、 依存体質で、被害妄想が激しい状態です。





2 願望のステージ



自己実現のステージ


これは、自分の夢を叶える為に努力し、 自分の好きな事(やりたい事)を仕事にしようとする状態です





3 貢献のステージ



人に貢献するステージ

自分のためでなく、誰かの役に立ちたいと思います。


実は、1つ目の欲望、2つ目の願望ステージまでと、
3つ目の貢献ステージ以降では、大きな違い
があります。



最初の2つは、興味が自分つまりfor meです。



自己実現」は、あくまで自分の成功だけを考えるものであって、 他人の事なんてどうでも良いのです。



それに対して、3つ目のステージ以降は、「他人」に貢献する事を通して、自分の成功を目指そうとします。

つまり、for youなのです。





4 使命のステージ



天命に生きるステージ

人のためを超えて、世界全体のために生きています。


自分の仕事や活動が、まるで天から与えられた使命のように感じます。

このステージは、貢献のステージをもっと追究したもので、一つの迷いもなく、他人に貢献することができる状態です。

ここまでくると、人生において自分の役目というものが明確にわかってきます。










パズーのステージ変遷



この4つのステージをパズーに重ねて見てみましょう。



ここからネタバレを含みます






パズーの日常から



パズーには「空に浮かぶラピュタを見つけたい!」という夢がありました。


夢のために、自作の飛行機を作ったり、ラピュタに関する資料を集めていました。

この時点で、明確な自身の夢を持ち、そのために生きていたと言えます。

つまり、『天空の城ラピュタ』の中でのパズーの物語はステージ2の願望のステージからスタートします。


出典 https://matome.naver.jp/odai/2133459551974555901/2134176197092472803









願望のステージからの



ラピュタを見つけたいと願っていたパズーの前に突然、空から少女が舞い降りてきます。


出典  https://ciatr.jp/topics/274647


シータとの出会いを機に夢であるラピュタの手がかりもつかめてきて、願望のステージを一気に進むかのように見えました。



しかし、シータと共に軍隊に捕らえられ、シータはパズーを巻き込むまいとパズーに別れを告げます。

ラピュタの夢を追うことからも手を引けと言われ、今まで夢のために頑張って来た自分が全て否定されてしまうのです。



願望のステージから夢を奪われてしまい、生活に追われるステージである、1の欲望のステージに落ちてしまいます。









欲望のステージからの復活



落ち込んで帰宅するとドーラ海賊団に自宅を占領されており、そこで喝を入れられます。



シータと別れる際に軍から金貨をもらって帰って来たことがドーラにバレて、「それでもお前、男かい?」という言葉を浴びせられるのです。

出典 http://phamour.blog9.fc2.com/blog-entry-39.html


ドーラの喝によってパズーは大切なことに気づきます。

「シータを助けたい」

シータを助けるためにドーラの仲間になるつまり、海賊団にはいることで大切なことは自分の夢や生活でもなく、ただ「大切な人のためになりたい」ということに気づくのです。

自己を超越して、誰かのために生きる、そのことがパズーをステージ1からステージ3貢献のステージに一気に上がるきっかけになりました。

その後、シータを無事に救出し、ドーラの海賊船に乗り込んだパズーは、遂にラピュタにたどり着きます。


出典  https://matome.naver.jp/odai/2134011278376862601/2134012591878554803



一人で夢を追っていた頃には叶わなかったものが、人に貢献するステージになると、一気に夢の実現へ向かいます。


実はパズーは「ラピュタへ行く」という夢への執着が消えています。

実際にもよくいわれることですが、こだわりがなくなった方が夢が叶いやすくなるのです。









そして使命のステージへ



ラピュタの中心部にたどり着いた二人は実はラピュタが恐ろしい破壊力を秘めていることを知ります。


また、それを自らの欲望のために操ろうとするムスカとも対峙します。

出典 https://ciatr.jp/topics/274647




ムスカを前にパズーが取った選択は、ラピュタの破壊でした

ラピュタは、それまでのパズーにとって夢の象徴であり、大切なシータとの出会いを生んでくれたものでもしたが「世界全体のため」にパズーはシータと共に滅びの呪文である「バルス」を唱えます。


出典  https://www.keyumino.com/entry/Laputa











最後に



この人生のステージで重要なことは、パズーがステージ2からステージ1に下がったように、ステージが下がってしまうこともあるということです。

そして、パズーが自己実現の壁を破ったのは、

本当に大切なもの=シータのために

・今までの自分に大切なもの(家、仕事、夢)を捨て去った

・今まで敵だと思っていたドーラたちに協力を求めた




という2点があったからです。

つまり、あなたの考え方が大きく変われば、あなたを取り巻く世界だって変わります。

さらに、

・本当に大切なものを見つめ、自分の中の余計な執着や思考を転換する

・自分のためだけではなく、誰かのために貢献する意識を持つ



ことで、実は自分自身の人生が加速する流れを生むのです。



人生の困難にぶつかった時はぜひ『天空の城ラピュタ』を見てください。



『千と千尋の神隠し』から学ぶ人生のピンチを乗り切る方法

白と千





出典 http://www.oricon.co.jp/news/2044985/full/



毎日毎日、やることがたくさんありますよね。

でも、やることがたくさんあるのに


「このままでいいのか?」

「もう無理なんじゃないか?」


などと、行き詰まることはありませんか?




人は誰しもが生き詰まったり、人生のピンチに直面し、立ち向かう時がきます。




そこで今回はジブリ映画の中で最も普通の女の子がピンチに立ち向かって乗り越える映画『千と千尋の神隠し』の主人公 千(千尋)を通してピンチを乗り切る方法を見てみましょう。








千と千尋の神隠しとは


千と千尋の神隠しとは2001年に公開された、甘えん坊で臆病者そして少しドジな少女荻野千尋(おぎのちひろ)が主人公の宮崎駿監督作品のアニメーション映画です。



両親の都合で引っ越しする事になる千尋ですが、両親を豚に変えられてしまいます。


出典 https://youtu.be/7cv5p1XNuDw





千尋は豚に変えられないために温泉宿で働きますが、そこで名前を奪われてしまい 千 という名前になってしまいます。



千は色々な人の力を借りながら両親を元に戻す方法、この世界を抜け出す方法を模索しながら、とても奇妙な経験をする事で、少しずつ成長していく一人の女の子の物語です。



千尋

出典 https://matome.naver.jp/odai/2147854859919279801/2147854947419314903













千=千尋=視聴者のストーリー



千と千尋の神隠しに限らず成長を描く物語には共通点が多々あります。



その共通点をヒーローズジャーニーといいます。



そして、私たちもまたこのヒーローズジャーニーをたどり成長を繰り返しているのです。












「ヒーローズジャーニー」とは



神話学者ジョセフ・キャンベルが古今東西の神話を調べたところ、全く同じ構成を持っている、という事が発見されました。



それは、伝承された物語が伝播したというより、人が等しく心の中に持っているストーリーと言えるのかもしれません。









ヒーローズジャーニーの流れ



ヒーローズジャーニーを12に分けて考える説もありますが、今回は8に分けています。



1.Calling 天命
人との出会いや、不運な事故、など様々なことをきっかけにして、物事を始めようと考えます。



2.Commitment 決意
天命を受け入れることが出来ず、旅に出ることに対しての葛藤が起きますが、現状にとどまるのか?新しい道に進むのか?決意して進みます。



3.Threshold 境界線
旅を始める決断をした主人公は、最初の試練に遭遇し、不安になったり、予期せぬ出来事に負けそうになります。本当に新しい世界へ踏み出す勇気や覚悟があるのかどうかを試されるテストです。



4.Guardians  仲間・メンター
旅に出た主人公は新しい経験の中で、仲間や師匠など誰かの手助けによってさらに成長していきます。



5.Demon 悪魔・大きな課題にぶつかる
敵やライバル、己の中の課題や大きな試練に立ち向かいます。



6.Transformation 変容・大きく成長する
敵やライバル、己の中の課題や大きな試練を克服して、自分自身が大きく成長します。



7.Complete the task 課題完了
一つの課題を終え、成長した自分自身を認めることが出来ます。



8.Return home 故郷へ帰る
ゴールを迎えると共に新しい目標に向かいます。







このヒーローズジャーニーはジョージ・ルーカススターウォーズに採用し、以降様々な映画に影響を与えています。


そして、『天空の城ラピュタ』や『千と千尋の神隠し』といったジブリ作品もヒーローズジャーニーの流れに添って書かれているといえます。











『千と千尋の神隠し』のヒーローズジャーニー



以下ネタバレを含みます。


1、天命 

日常から非日常の世界に迷い混み、お父さんとお母さんがブタにされてしまいます。


千尋はお父さん、お母さんを人間に戻し、元の世界に戻ろうという大きな目標を持ちます。


出典 https://matome.naver.jp/odai/2148455934414534101/2148456599318306203




2、決意

千尋も帰り道を失ってしまい、身体が透けてきて消えそうになります。

泣いて困っているときに、この世界に住む少年ハクと出会います。

出典 https://matome.naver.jp/odai/2147854859919279801/2147854947419314903



ハクの助言で釜ジイに会い、その後、湯婆婆(ゆばあば)のもとで働く事を決意します。


出典  http://omosirog.com/blog/sentochihiro_yubaba




3、境界線=千尋、不安になる



自分一人が人間ということ、本当にお父さんとお母さんを人間に戻す事ができるのか不安に陥ります。






4、仲間との出会い


釜爺リン、といった「支援者」と出会い成長していきます。





5、大きな課題にぶつかる



ある日、強烈な異臭を放つ「クサレ神」がやってきて、その世話を押し付けられてしまいます。

出典 https://youtu.be/xBx9ywb02Yw


千尋の実直な働きにより、「クサレ神」はキレイになり元の河の主に戻りますが、翌日、ハクが魔女の契約印を盗み出したため、殺されかけ瀕死の状態で千尋のもとにやってきます。






6、大きく成長する



湯婆婆の息子であるカオナシという黒い影のような体にお面をつけたような姿をしているものにまとわりつかれ、ハクの呪いを解くために恐ろしいと言われる銭婆(ぜにーば)と対面することになります。



この時に、千尋は大切なハクを守るために勇気を出せるようになっているのです。



出典 https://ciatr.jp/topics/31439







7、課題完了



銭婆(ぜにーば)と会いハクの呪いは解かれ、その後ハクの正体が明確になり大切なハクに本当の名前を伝えます。

油屋に帰ったハクは、千尋と両親を解放するよう湯婆婆に要求しますが無理難題を吹っ掛けてきます。

しかし、千はその難題を乗り越え晴れて自由の身となることができます。



出典 https://bibi-star.jp/posts/13567







8、故郷へ帰る



ハクとの別れをおしみつつも人間に戻った父と母とともに元の世界へ戻ります。



あなたのヒーローズジャーニー



もしも今、あなたがピンチで行き詰まったり、行動が止まっているならこのヒーローズジャーニーを照らし合わせてみて下さい。



今自分がどこにいるか?次のステージに進むには何をしたら良いのか?

道しるべになるかも知れません。

仲間が必要なのか、大きな課題に挑むときなのか、自分が変わる試練を積むときなのか、ヒントをくれるはずです。










最後に



この作品の主人公である千=千尋は最初はひとりでは何もできないただの少女でした。



しかし、自身に降りかかる困難を周りの協力を得ながら解決していくなかでひとりでは何もできなかった少女が成長を遂げます。(宮崎駿監督自身は千尋の成長物語であることを否定していますが)

自分を助けてくれたハクのために勇気をもって主体的に行動するまでになります。

千尋は不思議な街に迷い込んで千になり、自分のことは自分でやることによって「生きる力」を養っていきました。


もし、ピンチだと感じたらヒーローズジャーニーを考えてみてください。

千尋のようにきっとピンチを乗り切れるはずです。

『魔女の宅急便』から学ぶスランプに陥った時、壁にぶつかったときの対処法

ヒッチハイク



出典 http://ghibli.jpn.org/trivia/kiki-matome/#respond



スランプに陥った時、壁にぶつかった時どうしますか?


仕事のアイデア、毎日の献立が出なくなった、勉強で煮詰まった



誰もがそんな経験があると思います。

そんな時にはジブリの名作『魔女の宅急便』があなたの背中を押してくれるはずです。



出典http://matome.naver.jp/odai/2143263743741282601/2143263918844369503










魔女の宅急便とは



魔女の家系である少女キキは、13歳になったのを機に魔女になるための修行をすることになります。



修行とは見知らぬ町で、1年間だけ生活するというものでした。

黒猫ジジと空飛ぶホウキに乗って旅に出たキキが選んだのは、海辺の町コリコという街でした。


やがて、パン屋の女主人おソノの家に居候し、宅急便屋を開業します。

人力飛行機の製作をしていて空を飛びたいと願うトンボ少年との出合いや宅急便の依頼でしりあった老婦人などと出会い、キキが一人前の魔女になる物語です。


見たことがない方は是非見てください!

出典 http://jamilog.jami-ru.com/?eid=958












キキに訪れるスランプ



ここからはネタバレを含みます

街にも慣れて、宅急便業も軌道に乗り始めた矢先、ある朝、キキは魔法が使えなくなってしまいます。


キキは黒猫のジジの言葉が聞えなくなり、ほうきに乗って飛ぶことが出来ません。

キキは魔法が使えなくなって、落ち込んでしまいます。


キキのようにスランプに陥ったり、壁にぶつかった場合どうしたらよいでしょうか?











ウルスラとの出会い



キキの場合は一人の少女ウルスラとの出会いがスランプ脱出のカギとなります。


ウルスラは画家で、森の中で絵を描くことに没頭している19歳の少女です。

作中では「夏の間は小屋に居る」と話していることから住まいは別の場所ですが、絵を描くことに集中したいために森に一時的に来るようです。

キキが宅配便の品物を落としてしまったことから出会い仲良くなります。そしてキキが落ち込んでいるときには励ましてくれる存在にもなりました。


出典http://d.hatena.ne.jp/DieSixx/20141103/p1









キキとウルスラの会話



出典 http://ghibli.jpn.org/trivia/kiki-matome/




魔法も絵も似ているんだね。
私もよく描けなくなるよ

ホント!? そういう時、どうするの?

だめだよ、こっちみちゃ

…私、前は何も考えなくても飛べたの。
でも、今はどうやって飛べたのか、わからなくなっちゃった…

そういう時は、じたばたするしかないよ。
描いて、描いて、描きまくる!

でも、やっぱり飛べなかったら…?

描くのをやめる!
散歩したり、景色をみたり、昼寝したり、何もしない!
そのうち急に描きたくなるんだよ











スランプ・壁を乗り越えるためのコツ



このキキとウルスラの会話にスランプ・壁を乗り越えるためのコツがあります。






「描いて描いて描きまくる!」



ウルスラが「私もよく描けなくなるよ。」と言うと、キキ「そういうとき、どうするの?」と質問します。


それに対して、ウルスラはこう答えます。
「そういうときは、ジタバタするしかないよ。
描いて描いて描きまくる!」



「行き詰まったとしても、とにかく何かをやってみる」という方法は、スランプ・壁を乗り越える方法の一つです。









「散歩をしたり、景色を見たり、昼寝したり、何もしない。」



「描いて描いて描きまくる!」の答えに対して、キキは「でも、やっぱり飛べなかったら?」と質問します。


それに対して、ウルスラはこう答えます。
「描くのをやめる。散歩をしたり、景色を見たり、昼寝したり、何もしない。そのうちに急に描きたくなるんだよ。」



今取り組んでいたこととは全く別のことを行い、リラックスするという方法です。










最後に



キキとウルスラの会話には続きがあります。



魔女は血で飛ぶんだって

魔女の血、絵描きの血、パン職人の血……みんな神様か誰かがくれた力なんだよね。おかげで苦労もするけどさ


魔女やパン職人の「血」とは、いわゆる天職の例えであり、本能によって突き動かされる感覚ではないでしょうか。



スランプを前に何度となくじたばたと試行錯誤を繰り返して苦しみ、けれど最後は、自分の天職なり、本能を信じて前に進んでくという宮崎駿監督からスランプや壁を乗り越えるためのメッセージなのかもしれません。