AEDを使用した心肺蘇生法の手順

クすると、手順の詳細へジャンプします)

傷病者の発生

安全の確認

反応を確認する

大声で助けを呼ぶ

119番通報・AEDの手配

呼吸の確認

(普段通りの呼吸は)   

している→ 回復体位にして様子を見ながら救急隊を待つ

していない → 胸骨圧迫30回 

 

気道確保・人工呼吸(2回)

 ↓

胸骨圧迫30回人工呼吸2回を繰り返す

 ↓

AED装着

 ↓

心電図の解析

電気ショック1回後直ちに心肺蘇生法を再開する

 

 

 

全の確認


倒れている人に近づく前に周囲の安全を確認します。

 

 

手順一覧へ 

次へ  

 

 

を確認する


肩をかるくたたきながら、大声で呼びかけ、反応があるかないかを見ます。 

呼びかけに対して目をあけたり、何らかの返答がある、目的のある仕草がある等の反応があれば「反応あり」、なければ「反応なし」と判断します。
(けいれんのような動きは「目的のある仕草」ではないため、反応なしと判断します)

頭や首にケガがある場合やその疑いがある時は、体を揺すったり首を動かさないようにしましょう。

反応があれば傷病者の訴えを聞き、必要な応急手当を行います。(状況により救急車を要請します)

「反応なし」と判断した場合や、その判断に自信が持てない場合は、心停止の可能性を考えて行動します。

 

 

前へ

手順一覧へ 

次へ

 

 

 

車の要請・AEDの手配


反応がなければ、「誰か来てください!人が倒れています!」と大声で助けを求めてください。

協力者が来たら、

「あなたは119番通報して救急車を呼んでください」

「あなたはAEDを持ってきてください」と指示してください。

 

1人しかいない場合は、心肺蘇生法を始めるよりも119通報をすることと、近くにAEDがある場合はAEDを持ってきて使用することが優先されます。

119通報時に電話を通じオペレーターが心肺蘇生法を指示します。落ち着いて指示に従ってください

 

はじめての119番通報・心肺蘇生法で慌てないためのエキスパート 通信指令員とは?

 

前へ

手順一覧へ

次へ

 

 

の確認


目で胸と腹部の動きを見て、10秒以内で調べます

動いていない場合や、普段どおりでない動きの場合は呼吸なしと判断します

約10秒間確認して呼吸の状態がよくわからない場合も呼吸なしと判断します

 

「普段どおりの呼吸」をしていなければ「呼吸なし」と判断します。

しゃくりあげるような不規則な呼吸の場合は正常な呼吸ではない、つまり呼吸なしと判断します)

 

 

 

 

 

普段どおりの呼吸かわからないときは、胸骨圧迫を開始してください。

 

前へ

手順一覧へ

次へ

 

 

圧迫の実施


普段どおりの呼吸が無ければただちに胸骨圧迫を行います

胸骨圧迫の位置は胸の左右の真ん中の「胸骨」と呼ばれる縦長の骨の下半分です。

 

圧迫位置は胸の真ん中を目安にします。

 

 

胸骨圧迫は床面が固く平らなところで行います

胸の真ん中を”強く” ”速く” ”絶え間なく”圧迫することが重要です

圧迫の十分な解除が効果的な胸骨圧迫の条件です

 

 

 

前へ

手順一覧へ

次へ

 

 

呼吸


片方の手を額におき、もう片方の手の人差し指と、中指を下あごの骨の部分に当て、頭を後ろにのけぞらせ、あごを持ち上げて気道を確保します。

指であごの柔らかい部分を圧迫しないようにします
頭を無理に後ろに反らせないようにします

 

人工呼吸の開始


気道を確保したまま、額に当てた手の親指と人差し指で鼻をつまみます

大きく口をあけ、傷病者の口を覆い、空気が漏れないようにして、1秒かけて胸が軽く膨らむ程度息を吹き込みます

吹込みが終わるたび、口と鼻をつまんでいる指を離します

同じ要領でもう1回吹き込みます

胸がうまくあがらなくても、人工呼吸は2回までとします。

 

人工呼吸によって胸骨圧迫が中断されますが、その中断時間が10秒以上にならないようにします。

人工呼吸をする時は、感染防止のため一方向弁付呼気吹き込み用具の使用を推奨しています。

 

 

前へ

手順一覧へ

次へ

 

 

 

心肺生法の実施


胸骨圧迫を30回連続して行った後に、人工呼吸を2回行います。

この胸骨圧迫と人工呼吸の組み合わせ(30:2)を救急隊に引き継ぐまで絶え間なく実施します。

 

心肺蘇生法は救急隊が到着し、中断の指示があるまで続けます。

途中で傷病者が動き出す、うめき声を出す、普段どおりの呼吸を始める等の反応があった場合は、心肺蘇生法を中断し、気道を確保しながら回復体位にします。

判断に迷う時は継続してください。

 

 

 

前へ

手順一覧へ

次へ

 

 

AED


AEDが到着したら、まず電源をいれます。

電源を入れたらAEDが次に必要な行動を指示します。

AEDから電極パッドを傷病者の胸にはるよう指示がありますので、電極パッドを胸にはります。

電気ショックが必要なときは、ショックを行うよう指示がありますのでAEDの指示に従って、通電ボタンを押してください。
AEDの詳しい使いかたについてはこちらをご覧ください。

 

AEDが到着したらどうしたらよいか徹底解説

 

 

 

AEDは「反応なし」、「普段どおりの呼吸なし」の傷病者を対象に使用します。

未就学児(小学校入学前 概ね6歳まで)に対しては、小児用パッドを用います。小児用パッドが無いなどやむを得ない場合は、成人用パッドで代用します。

 

AEDから「電気ショックの必要はありません」などのメッセージが流れた場合、心肺蘇生が不要だという意味ではありませんので、傷病者の呼吸や反応等が戻るまでは心肺蘇生を続けてください。

救急隊に引き継ぐまでは、電極パッドははがさず、AEDの電源も入れたままにしておいてください。

 

前へ

手順一覧へ

 

 

最後に


今回は心肺蘇生法をフローチャート形式でご紹介しました。

心肺蘇生法はこちらの記事でも詳しく解説していますのでご覧ください。

 

 

助かる可能性を高める!心肺蘇生法のやり方徹底解説

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です