簡単!アニメで学ぶ予防救急

 

子どもやお年寄りがいる家庭では、ケガや事故はつきものといえます。

 

しかし、ケガや病気の中には、少しの注意と心がけで防げるものがあります。

そして、このような日頃から注意し、心がける意識や行動を「予防救急」といいます。

 

そこで今回は、予防救急とはどういうことなのかアニメでわかりやすくご紹介します。

 

予防救急とは


予防救急とは、事故を未然に防ぐ取組みです。

生活習慣病や日常の事故などによるケガは日頃から少しの注意を払うこと事前に対策をとることで予防をすることができます。

このように、病気や事故に対する予防の意識を高めることで、救急車を呼ばなければならない事態を未然に防ぐことができます。

 

予防できる病気やケガ


救急車を呼ばなくてはならないような病気やケガを未然に防ぐためには、日頃から気を付けるポイントを知ることが重要です。

 

転倒・転落


 

普段歩きなれている道や住み慣れている自宅にも小さな危険が潜んでいます。

ちょっとした段差や物につまずいて転倒してしまい、思いがけない大きなケガにつながる場合があるので注意が必要です。

 

屋内での事故発生場所 は、居室・階段・廊下・浴室が多くみられます。

 

《予防のポイント》
・室内の段差をなくす工夫をしましょう。
・物につまずいて転倒しないように整理整頓をしましょう。
・階段や廊下、浴室には手すりをつけましょう。
・靴下やスリッパは滑りにくいものを履きましょう。
・廊下や階段に足元を照らすライトを設置しましょう。

 

 

屋外での事故発生場所 は道路・横断歩道・階段・高いところでの作業・用水路に転落などが挙げられます。

《予防のポイント》
・歩きやすい靴を履いて外出しましょう。ステッキを使用するのも有効な転倒防止手段です。
・急いで道路を横断するのは大変危険です。ゆとりをもって横断するようにしましょう。

・余裕をもってゆっくり歩きましょう。ながら歩きは大変危険です。
・ヘルメットを着用し、脚立などの足場はしっかりと固定しましょう。
・田んぼのあぜ道などの細い道を通るのはなるべく控えましょう。
・早朝・夜間の外が暗い時間帯はライトを携行しましょう

 

窒息



 

窒息は、食べ物などがのどに詰まって呼吸ができなくなる状態で、最悪の場合死亡に至るケースもあります。

高齢者が餅を詰まらせたり、乳幼児がおもちゃを飲み込んでしまう事故が多く発生しています。

 

《予防のポイント》

・餅などのつまりやすい食べ物は細かく切り、よく噛んでゆっくり食べる
・食べ物は一度にたさん口の中に入れない
・乳幼児の口にはいるようなものを手の届くところに置かない

簡単!アニメで学ぶ応急手当(のどにつまらせたら)

 

 

やけど


ポットのお湯やスープ、アイロンやストーブなど、やけどの原因となるものは、身のまわりに多くあります。

不慮の事故の場合もありますが、小さいこどもは危険の判断が難しいことから、注意が必要です。

 

《予防のポイント》

・ポットなど高温の液体が入ったものは、こどもの手の届かないところに置く
・ストーブなど暖房器具のまわりには柵を置き、こどもを近づけさせない
・花火をするときはこどもから目を離さない
・火の取り扱いに注意する

 

 

 

いざというときに慌てないために、すぐに病院へ行くべきやけど、やけどの跡を残さないための対処法 徹底解説

 

 

 

ケガや事故が起こりやすい場所


ケガや事故というと外出中に起きていると思われがちですが、実は7割近くが家庭内で起こっています。

 

 

家庭内でのヒヤリとした、またケガをした場所は

リビング・居間
自宅の玄関・階段・廊下
台所・ダイニング
自宅の庭・ベランダ
寝室・ベッド・寝具等
集合住宅の共用部
その他の家の中での製品等

〈参考 東京都生活文化局消費生活部平成29年ヒヤリ・ハッと調査 〉

の順番でヒヤリ・ハッとした場所が続いており、ヒヤリとした場所がわかることによって、どのようにヒヤリ・ハッとしたかがわかるようになります。

 

つまり、特に多いのが段差でつまずいてケガをしやすい、次に転倒や火傷ということがわかると思います。

 

このようにヒヤリとしたことハッとしたことから分析をしていくことで、本人も家族も注意するようになり、事故を未然に防ぐことができるようになってくるのです。

小さいお子さんがいる家庭では階段に柵を設けたり、机の角にストッパーを付けているご家庭も多いかと思います。

お子さんが成長してから月齢によってケガも変わってきますので、家族でヒヤリ・ハッと体験を話し合うことによって、家庭でも事故防止の習慣をもう一度考えてみましょう。

 

 

最後に


ケガをしてしまった時に備えて応急手当の知識を学ぶことは大切ですが、何よりも重要なことはケガをする前に事故を未然に防ぐことです。

とは言うものの、小さな子どもや高齢者はケガをする確率も高く、重大な事故につながる危険性があります。

また、事故を未然に防ぐといっても、道で自動車や自転車、小石や段差まで危険なものをあらかじめ排除しておくわけにもいきませんので、統計などで危険だとわかっている場所などを頭に入れて事故を未然に防ぐ習慣をつけましょう。

 

また、怪我をしてしまった際の応急手当も併せてご覧ください。

 

簡単!アニメで学ぶ応急手当(外傷など)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です