夏場に具合が悪くなる人必見!夏バテ、夏風邪に並ぶクーラー病の原因と対処法

 

出典https://www.mitsubishielectric.co.jp/home/kirigamine/setsubi/news2019/winter_kaiteki.html

夏に体調がすぐれないと感じたら、夏バテ夏風邪を疑うと思います。

 

しかし、夏には夏風邪以外でもくしゃみや鼻づまりが出て、夏バテでなくてもだるい、食欲がないといった症状があらわれるものがあります。

 

それが、クーラー病です。

 

クーラーは自律神経のバランスも崩し、様々な体調不良を引き起こしてしまう危険性があります。

 

 

そこで今回は、夏に不可欠なクーラーがきっかけで起きるクーラー病とはどういうものなのか?また、クーラー病の対処法に関してご紹介します。

 

 

クーラー病とは


クーラー病とは冷房病ともいわれ、正式な病名ではなく、主にクーラーが原因として起きる自律神経のバランスが乱れた状態のことを指します。

クーラーの効いた部屋で長時間過ごしたり、冷たい部屋と暑い屋外を行き来することにより体温調節機能が鈍くなります。

 

その結果として、

倦怠感

疲労感

手・足・腰の冷え

頭痛

神経痛

肩凝り

微熱

むくみ

めまい

食欲不振

生理不順

 

などの症状があらわれるようになります。

 

 

クーラー病の原因


夏は暑いため、私たち人間は、体の外へ熱を放出するために毛細血管を広げて汗をかきやすくしているなどをして、体内で熱を発するのを抑えます。

夏に気温が上がって暑くなっても体がそれに対応できるようになっているのです。

 

しかし、人間の体は、クーラーが効いていても、毛細血管を広げ、体外へ熱を出そうとしてしまうため体が冷えすぎてしまいます。

 

また、体温調節機能を司るのは“自律神経”という脳の神経で、通常は汗をかいてそれを蒸発させることにより熱を逃がし、体温調整をしています。

 

頭痛・だるさ・イライラ、不安を引き起こす正体 自律神経の乱れを整える方法

 

しかし、クーラーにより体が冷え切った状態が続くと、汗をかく機能が退化してしまい屋外に出ても汗をかけなくなってしまいます。

 

このように自律神経のバランスが乱れた状態をクーラー病といいます。

 

 

クーラー病と感じたら


次のチェックリストでいくつ当てはまるでしょうか?

 

暑くてもあまり汗をかかない

 

寝つきが悪い

 

朝からダルい

 

やる気が出ない

 

イライラしやすい

 

めまい、立ちくらみがする

 

むくみやすい

 

肌がくすんでいる

 

クマがある

 

食欲があまりない

 

身体の一部が冷えている(手足、お尻、お腹など)

 

身体のあちこちが痛い(頭痛、神経痛、肩凝りなど)

 

腹痛や下痢を起こしやすい

 

生理不順

当てはまっている項目が多ければ、クーラー病の可能性があります。

クーラー病の対処法


上記に当てはまる項目が多く、体調不良を感じたら、まずは体を温めることが大切です。

クーラーで冷え切ってしまった体を温めることで、自律神経の機能を改善させることができます。

体を温める方法として有効なのが、湯船につかることです。

夏の暑い季節になると、湯船につからずにシャワーで済ませてしまう人も多いと思いますが、湯船に浸かることでクーラー病が改善されることがあります。

37度〜38度くらいのぬるめのお湯に30分程度つかることが効果的で、体の芯から温まることができます。

クーラー病の予防法


夏場は日が長くなるために夜更かしをしてしまうことや、暑さから食欲が減退し冷たいものを食べるなどといったことから、生活習慣が乱れやすくなります。

 

生活習慣が乱れることによって、自律神経が乱れ、クーラー病につながります。

 

そのため、クーラー病に関して最も重要なことは、予防することです。

 

簡単にできるクーラー病の予防法をご紹介します。

クーラーの温度設定を見直す


室内と室外の気温差が激しいと自律神経の乱れを引き起こしてしまいます。

室内と室外での気温差があまり出ないようにすることが大切です。

 

クーラーの温度は、寒いと感じすぎない温度が25~28℃といわれており、エアコンを長持ちさせるためにも27~28℃が最適です

 

 

知っててよかったエアコンを長持ちさせる方法、ドライ機能はお金がかかる?エアコンが故障以外で冷えない方法 徹底解説

また人に直接当たらないようにするなどして、体を冷やさないということもポイントです。

体を冷やさないようにする


会社など、自分の思い通りに温度調節ができない場合は、カーディガンやひざ掛けを使って体が冷えるのを防ぎましょう。

 

また、足元を冷やさないことも大切なので、靴下やレッグウォーマーも効果的です。

 

 

冷たいものを食べ過ぎない


身体を冷やさないための工夫には、冷たいものを食べ過ぎないということも含まれます。

 

食べ物は身体をあたためる陽の食べ物腸管を緩めたり、身体を冷やす陰の食べ物に分けることができます。

暑さで食欲がなくなってしまうと、アイスクリーム、清涼飲料、スイカ、そうめんなどを食べてしまいがちです。

これらは陰の食べ物になりますので、陽の食べ物である、カボチャ、レンコン、ごぼう、人参などの根菜類、みそ、ショウガ、ネギ、玄米、生姜、ねぎやにんにく、たまねぎ、とうがらしなどを食事に取り入れるようにしましょう。

血行を良くする


体を冷やさないためには血行を良くすることが大切です。

夏は暑いため、どうしてもシャワーだけで済ませがちですが、湯船にしっかりとつかることで血行が良くなりますし、簡単な運動を取り入れるだけでも血行が良くなります。

 

また、身体が芯から温まっていないことが原因で自律神経が乱れることも多いことから、意識して体の冷えを防止することが重要です。

 

健康の証!自律神経のバランスがとれている状態と自律神経の整え方 徹底解説

最後に


冷房病は年齢に関係なくかかることから、体温調節が苦手な乳幼児や高齢者が、クーラー病になると、重症化する可能性が高いため注意が必要です。

 

クーラー病で自律神経が乱れると、免疫力がさがってしまい夏風邪をひきやすくなります。

 

夏風邪に関してはこちらの記事をご覧ください。

 

夏風邪で悩んでいる方必見!夏風邪が長引く理由と夏風邪の対処法

 

しかし、クーラー病を恐れるがあまり、熱中症にかかるようなことがないように、今回ご紹介した方法でクーラー病を予防するようにしましょう。

 

熱中症に関しては、こちらの記事をご覧ください。

 

熱中症予防のため、気を付けるべきことと熱中症の対処法 徹底解説

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です