健康の証!自律神経のバランスがとれている状態と自律神経の整え方 徹底解説

 

 

出典 https://hc.kowa.co.jp/qpkowa/

 

自律神経が乱れているということを聞いたことがあるでしょうか?

 

何となく頭が痛い、やる気がでない、イライラする、眠気がとれない

 

このように、原因が思い当たらないのに様々な症状が現れるのは自律神経の乱れが原因である可能性が高いといえます。

 

 

そして、自律神経が乱れると、体の器官にさまざまな不調が現われるため非常に厄介な症状といえます。

 

 

自律神経には

ストレスを感じた時に優位になる交感神経

リラックス時に優位になる副交感神経

の2つがあります。

普段はこの2つの神経が生活しやすいようにバランスよく働いています。

しかし、ストレスや不規則な生活、ホルモンバランスの乱れなどが原因で神経のバランスが崩れます。

つまり、

 

「自律神経を整える」

 

というのは、
「交感神経と副交感神経のバランスを整える」
ということです。

ストレスを感じたり、緊張することによって、交感神経が優位になります。
しかし、副交感神経が優位になりすぎても、うつ病などの疑いが出てきます。

そこで今回は、自律神経のバランスがとれている理想の状態と自律神経の整え方をご紹介します。

自律神経が乱れることで引き起こされる症状


自律神経が乱れることによって、引き起こされる症状を総称して、自律神経失調症と呼ばれます。

 

 

自律神経失調症の症状


一言で自律神経失調症といっても症状は人によって異なり、個人差があるのが特徴です。

代表的な症状としては、次のようなものが挙げられます。

 

 

疲労感
体が疲れやすい、朝起きることができない
 
頭痛
頭がずきずきする、頭が重い、頭がふらつく
 
体温の異常
慢性的な微熱、低体温など
 
睡眠異常
不眠、日中の眠気
 
耳・喉・口の症状
耳鳴り、耳が詰まった感じがする、喉の異物感、口が渇く、口内が痛いなど
 
胸部の異常
動悸、息切れ、胸の痛み、胸やけ、圧迫感、うまく息を吸い込めないなど
 
吐き気・胃腸の異常
吐き気、腹部膨満、便秘、下痢、腹にガスが溜まる
 
排尿の症状
頻尿、残尿感、排尿しにくい感じがある
 
手足の異常
手足のしびれ、脱力感、手足の冷え、ほてり
 
筋肉の凝り・関節の痛み
首や肩の凝り、関節の痛みなど
 
皮膚の異常
皮膚や粘膜のかゆみ
 
などの症状が主に挙げることができます。

 

 

自律神経のバランスがとれている状態とは


1 一日三食で食事の時間になると空腹になり食べ過ぎることも、間食もない

 

2 毎日7時間~8時間半程度の睡眠をとり睡眠不足を感じていない

 

3 日中に疲労を感じるようなことがなく、比較的活動している

 

4 浅い呼吸も深い呼吸も、吐き出す力も吸い込む力も意識して変えることができる

 

5 背骨の痛みや疲労感、めまいなどもなく、背骨を鳴らす経験も事故もない

 

6 筋肉に力を入れると固いけれど力を入れなければ柔らかくなる

 

7 胃腸の問題を感じたことはなく、食事もおいしくとれている

 

8 喜怒哀楽をまんべんなく感じ、感情が偏ることもない

 

 

交感神経が乱れると


交感神経の乱れによる症状は

 

パニック障害

嘔吐

動悸

息切れ

頭痛

発熱

吐き気

緊張

寒気

胸焼け

胃痛

イライラ

等が表れます。

 

 

副交感神経が乱れると


副交感神経の乱れによる症状は

 

うつ病

眠気

味覚障害

便秘

不安症

尿漏れ

脱力感

抜け毛

体調不良

急な体重減少

息苦しさ

失神

めまい

等の症状が表れます。

 

 

交感神経が乱れているときの対処法


現代人はストレスにさらされることが特に多いため、交感神経が優位になり、自律神経が乱れていることが多くあります。

そのため、交感神経の働きを押さえて、自律神経の乱れを調整する必要があります。

自律神経が乱れる大きな原因はストレスと不規則な生活リズムです。

ストレス対策として代表的なものが、ストレッチとウォーキングです。

ストレッチやウォーキングを行うと、脳にはセロトニンやドーパミンが分泌されます。

すると心が落ち着いて疲れも取れ、ストレスの改善に役立ちます。

さらに、体を適度に動かして汗をかけば夜も眠りやすくなるため、ストレスもたまりにくくなります。

 

 

ストレッチがストレス軽減に効果がある理由


ストレスを感じると、体がこわばって緊張状態になります。

 

長くこのような状態が続くと、最終的には自律神経失調症のような重度の病気にかかることもあります。

 

そこでストレスによってこわばった体をストレッチでほぐすことで、自律神経が緊張した状態を解除することができるのです。

 

これによってストレス解消に繋がります。

ストレスで悩んでいる方必見! ストレスを軽減させるストレッチ 徹底解説

 

最後に


自律神経が乱れると、感情がコントロールできなくなります。

ストレスを感じたり、緊張することによって、交感神経が優位になります。

 

自律神経のバランスを保つためには、ストレッチや運動以外にもあります。

朝食をとる


朝食をとらないのは自律神経が乱れる大きな原因になります。

体内の時計遺伝子にスイッチが入らないため、体が活動モードに入れません

朝食は時間をとってしっかり食べるのが理想的です。

 

お風呂に入る


自律神経が乱れる原因であまり知られていないのが、お風呂をシャワーのみで済ませるということです。

理想的なお湯の温度は39~41度で、15分入浴です。

副交感神経が優位になり、睡眠の質もアップします。

 

腸内環境を整える


腸内環境を整えることで自律神経のバランスをとることができます。

食物繊維を1日あたり20~25g必ず摂るように心がけましょう。

 

腸内環境を整えるツボをご紹介していますので、併せてご覧ください。

腹痛で悩んでいる人必見!腹痛を治すツボ

 

自律神経のバランスを整えることができれば、原因不明の体調不良も治る可能性が高いため、ぜひ今回ご紹介した方法を試してください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です