この状態も要注意!!自律神経が乱れた時の見分け方と対処法(副交感神経)

 

 

出典 https://www.nissin.com/jp/products/cm/

 

自律神経が乱れているということを聞いたことがあるでしょうか?

 

何となく頭が痛い、やる気がでない、イライラする、眠気がとれない

 

このように、原因が思い当たらないのに様々な症状が現れるのは自律神経の乱れが原因である可能性が高いといえます。

 

そして、自律神経が乱れると、体の器官にさまざまな不調が現われるため非常に厄介な症状といえます。

 

自律神経には

ストレスを感じた時に優位になる交感神経

リラックス時に優位になる副交感神経

の2つがあります。

 

普段はこの2つの神経が生活しやすいようにバランスよく働いています。

 

しかし、ストレスや不規則な生活、ホルモンバランスの乱れなどが原因で神経のバランスが崩れます。

 

つまり、

「自律神経を整える」
というのは、
「交感神経と副交感神経のバランスを整える」
ということです。

ストレスを感じたり、緊張することによって、交感神経が優位になります。

しかし、副交感神経が優位になりすぎても、うつ病などの疑いが出てきます。
やる気がでないなども副交感神経優位にあると言われています。

そこで今回は、自律神経の中でも副交感神経の乱れと対処法をご紹介します。

 

目次

自律神経が乱れることで引き起こされる症状


自律神経が乱れることによって、引き起こされる症状を総称して、自律神経失調症と呼ばれます。

 

 

自律神経失調症の症状


一言で自律神経失調症といっても症状は人によって異なり、個人差があるのが特徴です。

代表的な症状としては、次のようなものが挙げられます。

 

 

疲労感
体が疲れやすい、朝起きることができない

頭痛
頭がずきずきする、頭が重い、頭がふらつく

体温の異常
慢性的な微熱、低体温など

睡眠異常
不眠、日中の眠気

耳・喉・口の症状
耳鳴り、耳が詰まった感じがする、喉の異物感、口が渇く、口内が痛いなど

胸部の異常
動悸、息切れ、胸の痛み、胸やけ、圧迫感、うまく息を吸い込めないなど

吐き気・胃腸の異常
吐き気、腹部膨満、便秘、下痢、腹にガスが溜まる

排尿の症状
頻尿、残尿感、排尿しにくい感じがある

手足の異常
手足のしびれ、脱力感、手足の冷え、ほてり

筋肉の凝り・関節の痛み
首や肩の凝り、関節の痛みなど

皮膚の異常
皮膚や粘膜のかゆみ

などの症状が主に挙げることができます。

 

 

自律神経の乱れのセルフチェック(副交感神経の乱れ)


1 空腹を感じてもあまり食事量をふやすことができない。

 

2 空腹を感じず、一日3食食べれることがほとんどない。

 

3 学生時代はかなり運動をしていたが、現在ではほとんど運動をしておらず体力が落ちていると実感している

 

4 できる限り体力を使わないようにしており、冷え対策もしっかりしている

 

 
5 過去に事故の経験や整体で、無理に背中を鳴らしたことからめまいや痛みが増えた気がする

 

6  事故の経験や整体で背中を鳴らした経験はないが、明らかに運動不足で身体を支えきれない、また少し動くと疲労やめまいを感じる

 

7 常にため息やあくびをすることが多く動作がゆっくりしている

 

8  吸い込む行為が苦しく、少し吸い込んでゆっくり吐き出す呼吸をしている

 

9  いくら寝ても疲れがとれず、夜中にトイレで起きてしまう

 

10  一、二時間に一度はトイレで目覚め、日中強い眠気がある

 

11 筋肉に力をいれても固くならない

 

12 筋肉が無いに等しい

 

13 便秘や下痢になることが時々ある

 

14 常に便秘や下痢の状態であり、整腸剤や下剤が手放せない

 

15 いくつかの感情が慢性化している

 

16 悩みや気持ちを周りに伝えることができず、伝えてもどうにもならないと受け入れている

 

 

副交感神経が乱れると


副交感神経の乱れによる症状は

 

うつ病

眠気

味覚障害

便秘

不安症

尿漏れ

脱力感

抜け毛

体調不良

急な体重減少

息苦しさ

失神

めまい

等の症状が表れます。

 

 

交感神経が乱れているときの対処法


現代人はストレスにさらされることが特に多いため、交感神経が優位になり、自律神経が乱れていることが多くあります。

そのため、交感神経の働きを押さえて、自律神経の乱れを調整する必要があります。

 

 

1 空腹を感じてもあまり食事量をふやすことができない。


空1腹を感じてもあまり食事量を増やせないのは、運動量や睡眠時間が少ないと起こります。

食事量や睡眠時間の不足は副交感神経の乱れにつながります。

対策としては、寝る前に軽く運動を行い、栄養が必要な場所を脳に伝える必要があります。

 

そのことによって、睡眠の質が向上し、睡眠中に栄養吸収しやすくなり食事量も増やせるようになります。

 

 

 

2 空腹を感じず、一日3食食べれることがほとんどない。


この状態は活動量が少なすぎるか、逆に活動しすぎた場合も表れます。

活動量が少ない場合には、活動量を多くすることが対処法になります。

活動量を増やすことで、空腹を感じることができますが、急に活動量を増やすのではなく、徐々にふやすようにしましょう。

 

反対に、活動しすぎた結果起きた場合は、ストレッチなどで身体を緩める方法が効果的です。

深い呼吸をしながらストレッチを行うことで、筋肉が柔らかくなりその結果、空腹を感じることができるようになります。

 

3 学生時代はかなり運動をしていたが、現在ではほとんど運動をしておらず体力が落ちていると実感している


学生時代に毎日運動していた筋肉というのは、動くための記憶を残しています。

筋肉を使わないでいるとその筋肉が原因で体調のリズムが崩れるようになります。

過去動かしていて今は動かしていない身体の動きを取り入れてみましょう。

そのことだけでも運動不足が解消されます。

 

4 できる限り体力を使わないようにしており、冷え対策もしっかりしている


身体を動かさずに冷え対策をしても、かえって冷えを悪化させます。

冷えている冷やしたくない箇所があればその場所を動かす運動習慣を身につけましょう。

 

5 過去に事故の経験や整体で、無理に背中を鳴らしたことからめまいや痛みが増えた気がする


背骨に多くの脊椎捻挫を作り上げている状態です。

背骨をひねって音を鳴らす癖をやめましょう。

背骨のゆがみが自律神経の乱れとなります。

腕立ての姿勢を維持することによって、背骨を支える筋肉をつけていきましょう。

また、めまいがある場合は、片脚片眼立ちをすることがめまいの改善につながります。

 

6 事故の経験や整体で背中を鳴らした経験はないが、明らかに運動不足で身体を支えきれない、また少し動くと疲労やめまいを感じる


筋力が不足しており、背骨を支えきれない状態です。

ラジオ体操をゆっくり目なテンポで始めるなどゆっくりと身体を動かす習慣をつけていきましょう。

 

7 常にため息やあくびをすることが多く動作がゆっくりしている


副交感神経優位になっている状態です。

行動をするときに、少し小走りにしてみたりすることで心肺機能を鍛えていきましょう。

 

8 吸い込む行為が苦しく、少し吸い込んでゆっくり吐き出す呼吸をしている


しっかりと吸い込むことを意識することが大切です。

そのためには一回空気を吐ききってみてください。

吐ききってしまえば、反動で吸い込む力がついてきます。

 

9 いくら寝ても疲れがとれず、夜中にトイレで起きてしまう


休日に寝だめをしようとする人は寝ても疲れがなかなかとれません。

休日も平日もほぼ同じ時間に起きるようにすると、自律神経が整い睡眠の質が整っていきます。

 

10  一、二時間に一度はトイレで目覚め、日中強い眠気がある


完全に眠れていない状態です。

膀胱周辺の血流も低下しています。

足を振り子のように左右や前後に揺らすなどの運動をしましょう。

振り子にしている速度を早めたり、遅くしたりすると効果が出やすくなります。

 

11 筋肉に力をいれても固くならない


力んでも筋肉に力が入らない状態が続くと、筋肉疲労や筋肉に痛みが生じます。

 

筋肉を最大限縮こませるようにして運動をすることで、鍛えられていきます。

 

 

12 筋肉が無いに等しい


筋力が不足しており、背骨を支えきれない状態です。

ラジオ体操をゆっくり目なテンポで始めるなどゆっくりと身体を動かす習慣をつけていきましょう。
歌を歌う、口笛を吹いてみるなどして、吐く時間を長くするようにしていきましょう。

 

 

13 便秘や下痢になることが時々ある


睡眠時間が短い、睡眠の質が悪い可能性があります。

睡眠を極力とるようにこころがけるとともに、大声で笑う習慣をつけてみましょう。

横隔膜が動きやすくなり、腸を自動運動させることができます。

その結果、丈夫な腸を作ることができます。

 

14 常に便秘や下痢の状態であり、整腸剤や下剤が手放せない


便秘や下痢を薬で調整をしていると、気づかないうちに肝臓が弱っていきます。

肝臓と胃腸を同時に鍛えるためには、片足閉眼立ち(眼を閉じて片足で3分立つことを目安にしてください)が効果的です。

下半身の筋力アップすることで、肝臓と胃腸を同時に鍛えることができます。

 

 

15 いくつかの感情が慢性化している


慢性化している時は、ストレスを受け続け感情のコントロールをあきらめている状態です。

いろいろな人に相談して、違う意見をくれる人と話をしてみましょう。漢字用の慢性化を防ぐことができるはずです。

 

16 悩みや気持ちを周りに伝えることができず、伝えてもどうにもならないと受け入れている


強いストレスを受け続けて、相談する人もいないときにおこる状態です。

このような時は、泳いだり、走ったり力いっぱい運動することで思いや悩みが変わってくるようになります。

 

 

最後に


自律神経が乱れると、感情がコントロールできなくなります。

ストレスを感じたり、緊張することによって、交感神経が優位になります。

しかし、緊張がなさすぎると副交感神経が優位になりすぎてしまいます。

 

そのため、何よりも自律神経はバランスが重要ということが言えます。

 

副交感神経が優位になり、うつ病になりやすい状況を解説していますので、参考にしてください。

 

うつ病の手前かも 燃え尽き症候群と対処法

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です