防災センターで学ぶ! 防災力を高める方法  本所都民防災センター・本所防災館  編

 

出典 https://youtu.be/shA2KNwISUU

 

日本は世界でも有数の災害大国です。

 

減災は行政や自治体、企業はもちろん、市民自らが参加しないと効果を発揮しません。

緊急持ち出し袋を用意したり、家具には転倒防止を施す等、日ごろから防災・減災を意識している人も多いと思います。

 

しかし、ハザードマップを入手しておいたり、事前防災行動計画を確認したり、行政や自治体などが主導になった減災のためのワークショップやイベントに参加するなどまだまだできることはたくさんあります。

また、知っておくと便利な場所に防災センターがあります。

 

防災センターとは、地方公共団体や央省庁で、災害により庁舎が大打撃を受け機能しなくなった場合の予備拠点、また災害対策本部として常設された施設です。

 

そして、この防災センターでは、防災という浸透させにくいテーマを、市民にとって継続的に取り組みやすい施設にするために、防災センターごとに独自の取り組みを行っています。

 

そこで今回は、防災センターが行っている防災啓発・防災教育普及事業を通して防災力を高める方法の中から本所都民防災センター・本所防災館の取り組みをご紹介します。

 

 

出典 https://youtu.be/shA2KNwISUU

 

 

 

本所都民防災センター・本所防災館とは


本所と民防災センター・本所防災館は、東京消防庁が管轄する防災体験施設の一つであり、押上にある、身の回りの災害について実際に体験しながら学べる防災体験施設です。

 

ドアの開閉が水圧で困難になる都市型水害体験、国内最大級の煙体験コーナー、都内では唯一の水害体験コーナーなど国内屈指の防災体験施設であり、防災センター東の横綱と評価されることもあります。

 

 

 

本所都民防災センター・本所防災館の体験プログラム


本所都民防災センター・本所防災館は、4階建ての施設です。

 

本所都民防災センター・本所防災館では基本コースとショートコースの2つの体験コースを提供しています。

 

この施設の目玉である、地震体験・消火体験・煙体験・都市型水害体験・暴風雨体験などを体験するためには基本コースを選ぶ必要があります。
本所都民防災センター・本所防災館には、次のような体験プログラムがあります。

 

 

 

スポンジ製のタンスが倒れたり、テーブルが未固定でよりリアルな体験ができる地震体験コーナー

 

 

出典 https://youtu.be/kMlJwZFo_8Q

 

 

 

局地的集中豪雨や自動車が浸水して水圧がかかっているドアの開放体験することで、水害の恐ろしさを実際に体験できる都市型水害体験コーナー

出典 https://youtu.be/p8C1l4ycZ2U

 

 

 

雨具を借りて風速30メートル・時間雨量30ミリの暴風雨体験では風水害をもたらすほどの暴風雨だけでなく視界はおろか呼吸も辛くなることも体験できます。

 

 

出典 https://youtu.be/X1Z2ZzO7koY

 

 

実際の火災をシミュレートした映像に向かって消火器または屋内消火栓で火を消す方法を学ぶ消火体験

出典 https://youtu.be/shA2KNwISUU

 

 

煙の危険性を学習したのちに安全かつ迷わず避難する為の、ポイントを踏まえ脱出する方法を学ぶ煙体験は全国屈指の長さを誇るコースとなっています。

 

 

出典 https://youtu.be/shA2KNwISUU

 

他にも、音響システム、座席の振動等、インパクトのある演出を用い、地震をテーマに迫力ある映像を上映するシアター心肺蘇生法などの応急手当を訓練用の人形を実際に使って体験することが出来ます。

 

 

最後に


今回は本所都民防災センター・本所防災館の取り組みをご紹介しましたが、防災センターは数多くあります。

 

本所都民防災センター・本所防災館は、防災体験館における東の横綱と言われるほど、体験内容・ガイドの解説レベル共に日本屈指の防災体験施設です。

 

地震・消火・煙避難・暴風雨・応急手当などの各コーナーは、安全上ツアーグループが部屋を出る度施錠されるため、ガイドツアーに参加しなければ体験風景もなかなか見られませんので是非体験ツアーに参加してみてください。

 

本所都民防災センター・本所防災館の行方は以下の通りです。

 

東京都墨田区横川4-6-6 本所消防署内

電話:03-3621-0119

 

【電車】
東京メトロ半蔵門線錦糸町駅4番出口、京成・東武・都営・東京メトロ押上駅(とうきょうスカイツリー駅)B1出口より徒歩約10分。

 

【バス】

JR錦糸町駅北口より、都営バス都08・錦37系統「横川3」下車徒歩約3分

 

休館日:水曜・第3木曜(祝日の場合翌日)・年末年始

営業時間:9:00-17:00

料金
入園料・入館料無料

 

 

出典 https://www.tfd.metro.tokyo.lg.jp/hp-hjbskan/honjo-map.htm

 

 

今回ご紹介したもの以外でも役立つ情報がありますので是非、本所都民防災センター・本所防災館のHPをご覧ください。

 

https://www.tfd.metro.tokyo.lg.jp/hp-hjbskan/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です