企業の取り組みから学ぶ! 防災力を高める方法  ハウス食品編

 

出典 https://housefoods-group.com/index.html

 

日本は世界でも有数の災害大国です。

 

大規模な自然災害は、地域住民の生活だけでなく、企業活動にも大きな支障を与えてしまいます。

 

企業として災害に対する企業防災に努め、意識を高め、備えをしておくことで被害を軽減できます。

 

企業によってはライオンのように、企業防災のノウハウをお客様など外に発信することで地域住民への防災にもつながります。

 

 

 

ライオン以外でも、防災啓発や防災教育を発信している企業は多数存在します。

 

 

 

そこで今回は、企業が行っている防災啓発・防災教育普及事業を通して防災力を高める方法の中からハウス食品の取り組みをご紹介します。

 

 

 

 

ハウス食品の取り組み


ハウス食品はレトルトカレーやカレーのルーを中心とする日本の大手食品メーカーであり、保存性が高く、普段から家庭でストックされる「レトルトカレー」は備蓄に最適ということで再注目されています。

 

 

 

レトルトカレーのように普段から買い置きがあり、食べ終わったら買い足すという考え方をローリングストックと言います。

このローリングストックを利用して、災害時における食の課題を解決するために日本赤十字社日本最大の料理動画 サービスであるクラシルが立ち上げたのが備えるごはんです。

 

ハウス食品はオーマイパスタなどで知られる日本製粉とともに協賛しています。

 

日本製粉株式会社 HP

 

 

 

ローリングストックとは


普段から少し多めに食材、加工品を買っておき、使ったら使った分だけ新しく買い足していくことで、常に一定量の食料を家に備蓄しておく方法をローリングストックといいます。

 

日常的に非常食を食べて、食べたら買い足すことにより、常に家庭に新しい非常食を備蓄する方法です。

 

3年、5年という「長期保存」のものは、気がつくと消費期限を過ぎていることが多いのが現状です。

ローリングストック法を使えば、比較的短い賞味期限の食べ物(普段食べているような食品)でも、非常食として活用することができます。

 

 

 

 

 

備えるごはん


日本赤十字社とクラシルを運営するdelyは、食の備えを多くの人に届ける取り組みとして、備えるごはんを立ち上げました。

 

 

 

出典 https://housefoods.jp/data/retortcurry/rolling_stock/index.html

 

 

大規模な災害発生時は、電気や水、ガスといったインフラが止まり、
スーパーやコンビニから食品が消えます。

 

このような限られた環境で不安や緊張が高まる中でも、簡単に作れる
定番食品を使ったおいしい料理を紹介しているサイトが備えるごはんです。

 

 

 

 

備えるごはんで紹介されているレシピ


備えるごはんでは現在8品のレシピが紹介されており、ハウスのHP日本赤十字社のHPクラシルのHPから確認することが出来ます。

ガス・電気がなくても出来る料理


備えるごはんの特徴は、ガス電機がなくてもできるレシピが紹介されていることです。

 

出典 https://youtu.be/VFbyZ5VP74c

 

レトルトカレーやアルファ化米を備蓄しておけば、いざという時でもおいしいリゾットが食べれます。

 

加熱をせず、材料を混ぜるだけで完成し、お腹にもたまりやすい簡単レシピです。

スパイシーな「咖喱屋カレー」にコーンの甘みが加わり、子どもも大好きな味付けになっています。

 

また、ボウルにラップを敷いてから調理すれば、洗い物も減ります。

 

 

 

カセットコンロ一つでできる料理


首都直下地震発生時のインフラの復旧日数は、電気1週間、上水道1ヵ月、ガス2ヵ月と言われており、発災から数日経っても、不自由な環境は続きます。

そんな中でも、ストレスを和らげる定番食品とカセットコンロを使った温かくておいしい料理も紹介されています。

 

 

 

出典 https://youtu.be/b8tFQkhh4Q0

 

レトルト食品と缶詰を備蓄しておけば、いざというときでも簡単にハヤシ煮が作れます。

アルミホイルで包んで蒸すことで、フライパンも器も汚れずに調理できます。

 

 

 

出典 https://youtu.be/CzPlD8ZzUUs

 

シチュールウとお餅を備えておけば、いざというときでも美味しいクリーム煮が食べられます。

クリームシチューにお餅を加えることで腹持ちもする一品になります。

 

 

 

 

最後に


今回はハウス食品・日本赤十字社・クラシルの取り組みをご紹介しましたが、企業防災をオープンにして、地域の防災に役立てている企業はまだまだあります。

 

その中でもハウス食品は、備蓄が効くレトルト食品を使った美味しいレシピを紹介するとともに、日本最大の料理動画 サービスクラシルにもレシピを紹介しています。

 

その他たくさんのレトルトカレーを使ったアレンジメニューも紹介されていますので、ハウス食品のHPもご覧ください。

 

https://housefoods-group.com/index.html

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA