食事のリズムが狂ってしまっていることから起こる自律神経の乱れのセルフチェックの方法と対処法

 

出典 https://minne.com/feature/iyaben

 

何となく頭が痛い、やる気がでない、イライラする、眠気がとれない

 

原因が思い当たらないのに様々な症状が現れるのは自律神経の乱れが原因である可能性が高いといえます。

 

そして、自律神経が乱れると、体の器官にさまざまな不調が現われるため非常に厄介な症状といえます。

自律神経の乱れは原因不明とされることが多くありますが、実際は身体や生活のどこかリズムが狂ってしまっていることから自律神経の乱れが生じているといえます。

身体が危険信号として症状を
出してしまうのです。

 

そこで今回は、食事のリズムが狂ってしまっていることから起こる自律神経の乱れのセルフチェックの方法と対処法をご紹介します。

 

 

 

 

自律神経を整えるとは


自律神経には

ストレスを感じた時に優位になる交感神経

リラックス時に優位になる副交感神経
の2つがあります。

 

普段はこの2つの神経が生活しやすいようにバランスよく働いています。

 

しかし、ストレスや不規則な生活、ホルモンバランスの乱れなどが原因で神経のバランスが崩れます。

 

つまり、

「自律神経を整える」
というのは、
「交感神経と副交感神経のバランスを整える」
ということです。

 

自律神経が乱れることで引き起こされる症状


自律神経が乱れることによって、引き起こされる症状を総称して、自律神経失調症と呼ばれます。

 

 

 

自律神経失調症の症状


一言で自律神経失調症といっても、症状は人によって異なり、個人差があるのが特徴です。

代表的な症状としては、次のようなものが挙げられます。

 

 

疲労感
体が疲れやすい、朝起きることができない

頭痛
頭がずきずきする、頭が重い、頭がふらつく

体温の異常
慢性的な微熱、低体温など

睡眠異常
不眠、日中の眠気

耳・喉・口の症状
耳鳴り、耳が詰まった感じがする、喉の異物感、口が渇く、口内が痛いなど

胸部の異常
動悸、息切れ、胸の痛み、胸やけ、圧迫感、うまく息を吸い込めないなど

吐き気・胃腸の異常
吐き気、腹部膨満、便秘、下痢、腹にガスが溜まる

排尿の症状
頻尿、残尿感、排尿しにくい感じがある

手足の異常
手足のしびれ、脱力感、手足の冷え、ほてり

筋肉の凝り・関節の痛み
首や肩の凝り、関節の痛みなど

皮膚の異常
皮膚や粘膜のかゆみ

などの症状が主に挙げることができます。

 

 

自律神経の乱れのセルフチェック(食事について)


当てはまる項目を選んでください。

 

1 食欲が旺盛でいつも空腹を感じて間食も食事量も多い

 

2 空腹を感じることない位のペースで食事をしている

 

3 一日3食で食事の時間に空腹になり、食べ過ぎることもない。また、間食もあまりしない

 

4 空腹を感じてもあまり食事量をふやすことができない。

 

5 空腹を感じず、一日3食食べれることがほとんどない。

 

セルフチェックの診断


1を選んだ方は交感神経優位の状態です。

2を選んだ方は交感神経が活動しやすい状態です。

3を選んだ方は自律神経が正常に働いている状態です。

4を選んだ方は副交感神経が活動しやすい状態です。

5を選んだ方は副交感神経が優位にある状態です。

 

 

交感神経が乱れると


1 2を選んだ方は交感神経優位に傾いているといえます。

 

交感神経の乱れによる症状は

 

パニック障害

嘔吐

動悸

息切れ

頭痛

発熱

吐き気

緊張

寒気

胸焼け

胃痛

イライラ

などが表れます。

 

 

副交感神経が乱れると


4 5を選んだ方は副交感神経優位に傾いているといえます。

副交感神経の乱れによる症状は

 

うつ病

眠気

味覚障害

便秘

不安症

尿漏れ

脱力感

抜け毛

体調不良

急な体重減少

息苦しさ

失神

めまい

等の症状が表れます。

 

 

食事について対処法


自分が今、交感神経優位の状態にあるのか、副交感神経優位の状態にあるのかを知ることで、自律神経のバランスをとり、コントロールできるようになります。

 

 

1 食欲が旺盛でいつも空腹を感じて間食も食事量も多い


胃が拡張して胃酸過多になっている状況です。

胃潰瘍や逆流性食道炎になりやすくなっています。

食事内容を変えずとも、食事を減らし、胃酸の量を減らすことで空腹になるタイミングを減らすことができます。

併せて間食の回数を減らすように調整していきましょう。

 

 

 

2 空腹を感じることない位のペースで食事をしている


空腹を感じることなく、食事を取り続けることは交感神経が高まる原因となります。

その上、空腹なく食事を取り続けることで、胃腸の負担になります。

食事をする前に運動をするなどして、空腹を感じてから食事をするなどの工夫が大切です。

 

 

4 空腹を感じてもあまり食事量をふやすことができない。


空腹を感じてもあまり食事量を増やせないのは、運動量や睡眠時間が少ないと起こります。

食事量や睡眠時間の不足は副交感神経の乱れにつながります。

対策としては、寝る前に軽く運動を行い、栄養が必要な場所を脳に伝える必要があります。

 

そのことによって、睡眠の質が向上し、睡眠中に栄養吸収しやすくなり食事量も増やせるようになります。

 

 

 

5 空腹を感じず、一日3食食べれることがほとんどない。


この状態は活動量が少なすぎるか、逆に活動しすぎた場合も表れます。

活動量が少ない場合には、活動量を多くすることが対処法になります。

活動量を増やすことで、空腹を感じることができますが、急に活動量を増やすのではなく、徐々にふやすようにしましょう。

 

反対に、活動しすぎた結果起きた場合は、ストレッチなどで身体を緩める方法が効果的です。

深い呼吸をしながらストレッチを行うことで、筋肉が柔らかくなりその結果、空腹を感じることができるようになります。

 

 

最後に


今回は食事のリズムが狂ってしまったことから自律神経に及ぼす影響と対処法をご紹介しました。

しかし、重要なことは食事のリズムだけでなく、身体の全体のバランスを元に戻す
ということです。

自律神経に関してはこちらの記事も参考にしてください。

 

頭痛・だるさ・イライラ、不安を引き起こす正体 自律神経の乱れを整える方法

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA