仕事ができる人の秘訣!仕事ができる人は転職でも失敗しない  転職すべき人、転職すべきではない人 徹底解説

 

出典 https://www.staffservice.co.jp/lp/022.html

 

転職を考えたことがあるという人は少なくないのではないでしょうか?

 
 

でも転職で失敗したくないから転職できないと考えるかたが多いと思います。

 
 
実は、転職すべき人は言い換えると転職で成功する人、転職すべきではない人は転職で失敗する人と言い換えることができます。
 
では、転職で成功する人と転職で失敗する人の違いは何なのでしょうか?

 

そこで今回は転職で失敗しないための方法と転職すべき人と転職すべきではない人はどういう人かを解説していきます。

 

 
 
 

転職で成功する人と転職で失敗する人の一番の違い


悩む理由は人により様々で、その理由次第では転職すべき人と転職するべきでない人に分かれます。

 

転職すべき人と転職すべきでない人の一番の違いは転職を考えた理由が明確かどうかです。

 

転職すべきでない人が転職してしまうと後から後悔することが多々あります。

 
 
 

転職して困る例


転職後に後悔する人はどういった理由で後悔するのでしょうか?

 

 

上司が怖く、転職したが転職先の上司はもっと恐くて後悔

人間関係が嫌で転職したけど、転職先の人間関係はそれ以上に最悪で後悔

公平な評価がしてもらえないので転職、しかし転職先は更に納得のいかない低評価で後悔

サービス残業が嫌で転職したけど、転職先は無理やり年俸制で残業代が付かず後悔

転勤ができないので転勤無しの企業に転職したが、転勤しないと出世街道から外れる企業で後悔

転職後により条件の良い会社を見つけて後悔

転職活動に時間が取れず条件の悪い会社に就職して後悔

給料より楽しい仕事を選んだことにより、給料が大幅に下がり、後悔

収入アップを考えて転職したが、結局ダウンすることになり後悔

 

このように挙げればきりがありませんが、実は転職後、後悔する人の特徴はある程度限定されています。

 

それは転職を考えた理由がどのような事かということです。

転職を考えた理由


転職を考える主な理由は以下のようなものが上位に挙げることができます。

 

①お金
②人間関係
③仕事内容
④労働時間
⑤社風
⑥評価
⑦そもそも働きたくない

 

しかし、この中でも下記のような人は転職すべきでない人といえます。

 

人間関係が嫌で転職をする人
仕事が嫌で転職をする人
転職活動に時間をかけない人
単に月収・年収アップ目的で転職する人

 

それでは、転職すべき人、転職すべきではない人の特徴はどのようなものなのでしょうか?

 
 
 

転職すべき人の特徴


当然中には人間関係が嫌、仕事が面白くない、給料が悪いといったことが理由で転職を考える人が多いと思います。

しかし、真面目にこれらの理由を述べてもマイナスにしかなりません。

 

そのため、言い方は工夫する必要があります。

 

それ以外に、以下の項目に当てはまる人は転職をすべき、もしくは転職をしてもしにくい人といえます。

 
 
 

やりたいことが明確に決まっている


転職して何がやりたいか決まっている人は転職すべき人であると言えるでしょう。

 

明確に決まっているからこそ、転職活動の方向性がしっかり決まり、転職も受かりやすいです。

 

また、転職後に実は思っていたものと違ったなんてこともなく、後悔することも少ないでしょう。

 

 

 

長期のキャリアプランをもっている


現状の不満や、短期のキャリアプランだけだと、転職した直後は満足しても、すぐに不満を感じるようになってしまい、転職を繰り返すということにつながりかねません。

 

転職してどういったキャリアを進んでいきたいか、長期的に考えることができていることが、転職すべき人の特徴です。

 
 
 

パワハラのひどい会社、労働基準法を違反している会社で働いている


今勤めている会社で、パワハラがひどい、サービス残業などの労働基準法違反が当たり前になっているといった場合は、転職すべきです。

 

残念ながらそういった会社で状況が改善することはほぼない為、転職して環境を変えたほうがいいです。

どうしてもそりが合わない人の対処法に関してはこちらの記事をご覧ください。

 

職場でなるべく関わりたくない人と極限まで関わらない方法


 
 
 

会社の経営状況が悪い


会社の経営状況が悪く、会社自体が危ないと感じた時は、転職すべき時です。

 

もし倒産してしまうと、職がなくなってしまいますし、失業保険がもらえるとはいえ、倒産して職を失ってしまう前に転職先を決めてしまうほうがいいです。
 
 
 

同業他社より明らかに給料が低い


同じ仕事をしている会社にも関わらず、自分の会社の給料が明らかに低いという場合があります。

こういった時には、同職種への転職を考えるべきです。

 

 

 

転職しないほうがいい人の特徴


転職活動は非常に重要です。この転職活動中の行動で結果が大きく変わってきます。

 
 

転職活動は単に仕事を探すだけではなくやるべきことがたくさんあります。

また、探し方も色々あり、探し方次第で優良企業の見つかる件数が大幅に増えることがあります。
 

しかし、次のような理由で転職を考えている場合は転職のタイミングではないのかもしれません。

 

 
 
 

転職の目的が不明確


自分のやりたいことがよくわかっていない、転職して何がしたいかわかっていないけど何となく今の会社で働き続けるのは嫌だから転職するといった考えの場合には、まだ転職しないほうがいいでしょう。

 

転職する目的を明確にせずに転職先を決めてしまうと、前の会社のほうがよかったと後悔につながり、またすぐにやめてしまうことになります。

 
 
 

周りの影響


友人が転職して成功したからなど、周囲が転職したことで、焦りなどから自分も転職することを決める人がいます。

 

これも自分の転職理由があるかしっかりと考えたうえで決めましょう。

 
 
 

転職するかしないかの判断


転職すべき人の特徴にあてはまるのであれば、もちろん転職活動を進めるべきです。
 

しかし、転職しないほうがいい人の特徴にあてはまったとしても転職は辞めると判断するのではなく、まずは転職活動してみることで問題点が解決することもあります。

 

目的が曖昧だったけど、転職活動してみてわかるということはよくあります。

 

絶対転職するとは決めずに、まずは転職活動を進めることが大切です。

 
 
 

最後に


たとえ転職をして理想と思った会社にであったとしても、働き出せばイメージとのギャップは必ず出て、すべてを満たす転職はまれです。

 

現職に不満があると転職した場合のメリットを追いがちですが、一時の感情や半端な覚悟で進めないことが重要だといえます。

 

「辞めるリスク」をあらゆる角度から考え、仕事で実現したいことや大切にしたいことを掘り下げ、5年後のビジョンを描いてみてください。

 

そのうえで現職で改善を図る道とどちらがいいのか冷静に判断しましょう。

 

選択で迷わない方法はこちらの記事をご覧ください。

仕事ができる人の秘訣!優先順位を考えるときのポイント

Follow me!

The following two tabs change content below.
アバター

不惑の応急手当広め隊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA