熱中症予防のため、気を付けるべきことと熱中症の対処法 徹底解説

http://srdp.co.jp/blog/2017/06/01/熱中症対策ポスター/

 

毎年夏がくると熱中症のニュースが出ます。

気を付けているはずなのになぜ熱中症になってしまうのでしょうか?

 

実は熱中症は真夏にだけ起こるものではありません。

そこで今回は、熱中症予防のため、気を付けるべきことと熱中症の対処法をご紹介します。

 

熱中症とは


熱中症とは、高温多湿な環境に、私たちの身体が適応できないことで生じるさまざまな症状の総称です。

 

 

日射病、熱失神、熱痙攣、熱射病などがあります。

 

体温が上がり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温の調節機能が働かくなったりして体温の上昇やめまい、けいれん、頭痛などのさまざまな症状を起こします。

 

熱中症は重症度によって、次の3つの段階に分けられます。

 

 

Ⅰ度


現場での応急処置で対応できる軽症

立ちくらみ(脳への血流が瞬間的に不十分になったことで生じます)

筋肉痛、筋肉の硬直(発汗に伴う塩分の不足で生じるこむら返りがおこります。)

大量の発汗

などが症状として出ます。

 

 

Ⅱ度


Ⅱ度以上の場合、必ず病院へ行きましょう。

場合によっては救急車の要請を必要とする中等症です。

 

頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感

などをともないます。

 

 

Ⅲ度


入院して集中治療の必要性のある重症ですので、すぐに119番通報しましょう。

 

意識障害、けいれん、手足の運動障害高体温

などが見られます。

 

 

熱中症対策のポイント


 

熱中症といえば、炎天下に長時間いた真夏の暑いなか運動をしていたといった夏場に起こるというイメージを持っている方が多いと思います。

 

しかし、実際には梅雨の合間に突然気温が上がったなど身体が暑さになれていない時期にかかりやすい病気です。

 

具体的には、次のような環境では特に注意しましょう。

  気温が高い、湿度が高い 
  風が弱い、日差しが強い 
  照り返しが強い
  急に暑くなった

 

また、気温が低い日でも湿度が高いと熱中症にかかりやすくなります。

 

家の中でじっとしていても室温や湿度の高さから熱中症にかかることもあります。

 

どんなに小さくても「いつもとは違う、おかしい」といった体調の変化に気づき、すみやかに水分や塩分を適切に摂り、暑さを避けて休息をとりましょう

 

 

熱中症の症状


熱中症には様々な症状が見られます。

 

気温や湿度が高い環境のなかで、

 

立ちくらみ、
筋肉のこむら返り、
体に力が入らない、
ぐったりする、
呼びかけへの反応がおかしい、
けいれんがある、
まっすぐに走れない・歩けない、
体が熱い

 

などの症状がみられたときには、すぐに熱中症が疑われます。

 

さらに、高体温、汗をかいていなくて触ると熱い、ズキンズキンとする頭痛、めまいや吐き気、意識障害がある場合は、重症ですので、すぐに救急車の要請を行いましょう。

 

 

救急車の呼び方に関してはこちらの記事をご覧ください。

 

はじめて119番通報する人必見!119番通報と応急手当 徹底解説

 

 

めまいや立ちくらみがする


めまいや立ちくらみ、顔がほてるなどの症状が出たら、熱中症のサインです。

 

一時的に意識が遠のいたり、腹痛などの症状が出る場合もあります。

 

筋肉の痛みが出たり、硬直する


手足の筋肉がつるなどの症状が出る場合があります。

 

筋肉がピクピクとけいれんしたり、硬くなることもあります。

 

つった時の対処法に関してはこちらをご覧ください。

 

足をつった時の対処法 徹底解説

 

大量の汗が出る


熱中症の初期段階では、汗が出ているため体温が上昇しないこともあります。

大量の汗をかき、体内の水分が失われると、それ以上汗をかくことができず、体温が上がっていきます。

 

 

 

頭痛がする


頭痛は、熱中症の代表的な症状です。

 

頭の内外の血管や頭につながる神経が圧迫や炎症などの刺激を受ける頭や首の筋肉が伸び縮みしたりすると、それぞれの部位で痛みの刺激を受け取る部分が反応して痛みが発生します。

 

頭痛に関してはこちらの記事も参考にしてください。

頭痛で悩んでいる方必見!頭痛の種類と痛みを軽くする方法

意識がなくなる


識がもうろうとしていたり、なくなったりしたら直ちに119番通報してください。

風邪や貧血と間違えてしまいそうな症状もあり、注意が必要です。

 

熱中症の応急手当


熱中症の初期症状であるめまいや立ちくらみ、一時的な失神などの熱失神を生じたときには、

①クーラーが効いた部屋や涼しい日陰で休ませ、

 

②衣服を緩めて風通しをよくし

 

③首やワキに濡れタオルなどをはさんだり、

 

④ひどい時は体に水をかけて冷やすようにしましょう。

 

しばらく様子を見て、症状が改善しないような場合には、医療機関を受診するのがよいでしょう。

 

 

最後に


自分はならないという過信は禁物です。

 

特に、次の①~③に当てはまる場合は夏期の屋外活動は気を付けましょう。

下痢や二日酔いなどで脱水症状の人は、熱中症の危険が高くなります。

疲労や風邪などで体調不良の時は、体温調節機能が低下しています。また、熱中症はその日の体調に影響するので、朝食を食べなかった日や寝不足の日は、暑いところでの活動を控えてください。

運動不足の人は、汗をかく機能が低下しているため、熱中症への危険が高くなります。

夏場の屋外や熱のこもる室内での活動の際には、こまめに休息と水分補給を行って、熱中症の予防をこころがけましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です