寒くなると腰痛で悩むという方必見!冷えからくる腰痛に効く4つの対策

 

出典 https://www.cinematoday.jp/page/A0006714

 

健康の悩みで男性は一位、女性は二位が腰痛です。

 

国民病ともいえる腰痛ですが、腰痛を抱えている方の多くは、夏より冬のほうが痛みを感じています。

また、腰に限らず他の関節でも「寒くなると痛くなる」傾向にあります。

 

では、なぜ寒くなると腰痛になるのでしょうか?

 

そこで今回は、冷えからくる腰痛に効く4つの対策をご紹介します。

 

 

腰痛の原因


腰痛は、原因が特定できる「特異的腰痛」と、はっきり原因が特定できない「非特異的腰痛」の2種類に大きく分けられます。

そして、その85%は原因が特定しきれない「非特異的腰痛不明」なのです。

 

特異的腰痛


特異的腰痛とは、は医師の診断、およびX線やMRIなど画像検査で腰痛の原因が特定できるもののことです。

 

椎間板ヘルニアや、腰部脊柱管狭窄症、圧迫骨折、加齢にともなって骨密度が減少する骨粗しょう症などの症状が特異的腰痛にあたり、全体的な腰痛の15%に該当します。

 

非特異的腰痛


一方、非特異的腰痛とは、医療機関を受診しても、厳密にどの部分のケガや病気によるものか特定できない症状のことです。

 

怪我や病気が原因ではなく、

腰部に強い負荷がかかる作業

長時間の静的作業姿勢

おじぎ姿勢などの前屈、ひねり、後屈ねん転

急激または、不用意な動作

精神的なストレス

振動、寒冷な環境・気候

ベッドや布団の状態

年齢、性別、体格、筋力

 

上記のような原因を持つ腰痛が実に全体の85%をしめています。

 

この中でも冬や急に寒くなると腰が痛くなるのが

 

振動、寒冷な環境・気候

つまら、冷えからくる腰痛です。

 

冷えからくる腰痛の原因


上に挙げた非特異的腰痛ですが、実は共通点があります。

その共通点とは、腰痛の多くは、筋肉が緊張することで神経を圧迫したり、血液の流れが悪くなったりすることで生じているということです。

 

血流が悪くなり腰痛になる


血流が悪くなると循環して体の各部を温めていた機能が低下し、乳酸などの疲労物質が押し流されずに筋肉に溜まって、だるさや痛みなどの不快な症状を引き起こします。

 

寒さで縮こまり姿勢が悪くなり腰痛になる


背骨が歪み神経が圧迫されるとことが原因で、痛みやしびれなどの違和感を生じるようになります。

 

自律神経の乱れが原因で腰痛になる


筋肉や血管は自律神経によってコントロールされています。

通常、寒冷な環境などで体が冷えると、熱を体から逃がさないよう自律神経が筋肉や血管を収縮させることで体温を保ちます。

しかし、ストレスなどにより自律神経が乱れてしまうと腰痛を引き起こす原因になります。

 

健康の証!自律神経のバランスがとれている状態と自律神経の整え方 徹底解説

 

 

冷えからくる腰痛の対策


冷えからくる腰痛の一番の対策は、身体を冷やさないことです。

 

ここでは簡単にできて、効率的な身体を冷やさない4つの方法をご紹介します。

 

1 身体を冷やす食べ物を避ける


食べ物の中には、身体を冷やす食べ物と身体を温める食べ物があります。

 

身体を冷やす食べ物


きゅうりやレタス、トマト、メロン、スイカ、麦茶、コーヒー、牛乳などが体を冷やす食べ物です。

また、

脂肪のお多い牛肉や豚肉、ソーセージや貝類、イカ、タコ、そば、きのこ・ごぼうなど消化が悪い食べ物が挙げられます。

 

このような消化が悪い食べ物は、睡眠の5時間くらい前に済ませるようにしておきましょう。

 

身体を温める食べ物


身体を温めるためには唐辛子を使った料理や、キムチ、カレーなど辛い物を食べることが効果的です。

 

他にも、ニンジンやかぼちゃ等の根菜類、豆類が身体を温める食べ物です。

夜に体温を上げておくと、その反動で就寝中には普段よりも体温が下がりやすくなります。

 

また、冷え性持ちの人は不眠になりやすいため、代謝を高めて、体温を上げてくれるカプサイシンが含まれている唐辛子がおススメです。

 

 

2 ぬるめのお湯にゆっくりつかる


夏でも冬でもシャワーですませてしまう方も多いと思いますが、シャワーではなく、ぬるめのお風呂に入る方がよい理由があります。

 

血流がよくなる


ぬるめのお風呂でゆっくり温まると、血液やリンパの流れが良くなり、冷えてコリ固まっていた体が解れていきます。

 

 

自律神経を整える


お風呂の温度が熱すぎると、逆に交感神経を優位にさせてしまいます。

40度を超えると血管が収縮するため、血液が流れにくくなることから38度から40度のぬるめのお湯でゆっくり入ることで副交感神経の働きを強め、リラックスすることが出来ます。

 

シャワーは流水の刺激で、交感神経の働きを高める効果がありますので、朝起きた後、交感神経に切り替えるために朝のシャワーは効果的です。

 

 

3 運動やストレッチをする


筋肉を動かすことで、筋肉というポンプを動かして血流を良くすることが出来ます。

そのため、ウォーキングなどで筋肉を動かすだけですぐに血行を改善することが出来ます。

 

こちらのストレッチも自律神経の調整や血行促進に効果があります。

 

寝不足で悩んでいる方必見!快眠・安眠の効果があるストレッチ 徹底解説

 

 

4 重ね着で温める


足をめぐった血液は、心臓に戻るまでの過程で腰の付近を通ることになるので、足が冷えれば腰も冷え、身体全体が冷えてしまいます。

温めるためには、生地を重ねて空気の層をつくることが重要です。

薄い生地でも、下着や腹巻きなどを数枚重ねることで、衣類の生地の間に留まった空気が体温で温り、保温効果を発揮します。

 

 

 

最後に


お風呂に入り体が温かくなると、腰の痛みが楽になる、という人は冷えからくる腰痛です。

 

体の内・外からきちんと温めることで、腰の痛みを緩和させることが出来ます。

 

腰痛を緩和させるツボに関してはこちらの記事をご覧ください。

腰痛で悩んでいる人必見!腰痛に効くツボ

 

冷え性に関してはこちらもご覧ください。

 

冷え性で悩んでいる人必見!冷え性の原因と対処法

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です