口内炎で苦しんでるかた必見!口内炎に効くツボ

出典 https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_traful/cm/

 

一度はなるけど治しかたがわからない自然治癒が多い病気で精神的にも肉体的にもきつい病気

 

なんだと思いますか?

 

答えはタイトルにある通り、「口内炎」です。

 

口内炎とは


口内炎は、口のなかの粘膜に起きる炎症の総称です。

 

原因としては、ストレス栄養不足などによる免疫力低下や、口の中を噛んでしまうなどの物理的刺激ウイルスなどによる感染が考えられるほか、原因不明な場合もあります。

 

他の病気の一症状として口内炎が起こる場合もあるので、注意が必要です。

 

口内炎の種類


原因がさまざまなため複数の種類があります。

アフタ性口内炎


名前は聞いたことがなくても、多くの人が経験し、もっとも一般的な口内炎が「アフタ性口内炎」です。

アフタとは、口のなかの粘膜にできる5ミリから10ミリほどの潰瘍で、何度も繰り返す人が多いため、再発性アフタとも呼ばれます。

食事の際など、食べ物が触れる刺激で強い痛みがありますが、10日から2週間ほどで自然に治るものです。

原因については、過労や睡眠不足、強いストレスなどの体力的な要因、栄養不足(ビタミンB2)で、からだの抵抗力が弱っているときに、アフタができやすいと考えられます。

円形または楕円形の白っぽい潰瘍が特徴です。

外傷性口内炎


食事のとき、誤って口のなかを噛んでしまったり、歯磨きのときに歯ブラシがあたってしまったりすることが原因で粘膜が損傷し炎症が起こった状態が「外傷性の口内炎」です。

カタル性口内炎とも呼ばれ、アフタ性とは異なり、境界が不明瞭で、唾液の量が増えて口臭が発生したり、口の中が熱く感じたりすることもあります。

特徴は、口の粘膜が赤く腫れたり水疱ができたりします。

また、味覚がわかりにくくなることもあります。

傷が治れば自然と痛みもなくなります。

ウイルス性口内炎


ウイルスによって起こる口内炎でよく見られるのが、単純ヘルペスウイルスが原因の「ヘルペス性口内炎」です。

口のまわりや粘膜に水ぶくれができ、破れてただれを生じることもあり、強い痛みや発熱を伴うこともあります。

高齢者がなりやすい口内炎


高齢者の場合は、入れ歯の管理が悪く不潔な状態になるとカンジダ菌という、もともと口のなかにあるカビの一種が増殖し「カンジダ性口内炎」というウィルス性口内炎になることがあります。

 

口内炎の中でも一番多いとされている再発性アフタは暴飲暴食や睡眠不足等の不摂生で、胃腸の調子を悪くしたり、風邪をひいたり、ビタミンB不足が原因で、口内炎で悩む人が多いといわれています。

 

口内炎の対処法


口内炎の対処方法としては、次のようなものがあります。

 

口内を洗浄する


軽度な口内炎であれば、粘膜で繁殖した細菌を除去することである程度悪化を抑えられます。

 

うがいを小まめにおこないましょう。

 

軽度であれば、洗浄することで自然と回復していきます。

 

口内炎の塗り薬を塗る


口内炎がだいぶ悪化している場合、アフタゾロン軟膏、ケナログ軟膏などが含まれた「口内炎用の塗り薬」を患部に塗ります

細菌を除去し口内炎を抑え、あわせて痛みを緩和する効果もあります。

 

ビタミンをとる


慢性的な疲労や睡眠不足などによる免疫力の低下や、栄養不良によるビタミンB2欠乏が原因となることが知られています。

ビタミンB2は医薬品で補充することもできます。

 

 

忙しい時などは予防的に服用するのも効果的ですし、回復も早めることができます。

 

予防する


口内炎はできてしまった後に対処するよりも、口内炎ができないように予防しましょう。

 

アフタ性口内炎は様々な原因がありますが、生活習慣が原因となることが多い口内炎です。

 

この場合は体調管理、食生活の改善、ストレス解消、ビタミンなどサプリを摂取するなど免疫力を高める取り組みが必要となります。

 

病院へ行くべき口内炎


あまりに口内炎がひどく長引く場合は、病気などが原因している可能性がありますので、一度医師の診察を受けましょう。

 

口内炎に効くツボ


ツボを押すことによって、口内炎の治りを早める効果があります。

 

兌端(だたん)


https://www.idononippon.com/blockcalendar/2012/11/20.html
口内炎のためのツボです。
上唇の中央で鼻の下にある筋の先端がツボです。

効果

頭部疾患、胸部疾患、内臓疾患に良いとされています。

押し方

上唇の中心の鼻の下の先端なので、
指先の腹で歯茎に押し付けるように、少しずつ圧迫していき、痛くなる寸前で力を抜くのを8回行いましょう。

 

押す時は息を吐いて、
力を抜いた時に息継ぎをします。

 

口瘡点(こうそうてん)


https://orangehappy.net/526.html

 

口瘡点は、手のひら側の中指の付け根の横じわの中央にあります。

 

効果

口瘡点を押したり揉んだりしても口内炎に効果があります。

口内炎の痛みや炎症が、和らぎます。

押し方

口瘡点は手のツボですので、暇さえあれば息を吐きながら、押したり揉んだりして刺激します。

 

1度に5~6回時間を見つけて、1日数回おこなって下さい。
出典 https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_traful/cm/

 

最後に


口内炎は食べるとき、しゃべるときにも痛みが出ますのでストレスにもなります。

口内炎ができてしまったら、ストレス軽減のためにも今回ご紹介したツボを押してみてください。

また、舌に痛みを感じる場合はこちらをご覧ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA