体臭で悩んでいる方必見!体臭・加齢臭・ミドル脂臭の原因と予防法

出典 https://actresspress.com/nanao-febreze-cm/

年齢を重ねるにつれ気になる一つが体臭です。

年齢を重ね臭い体臭はすべて加齢臭だと思われがちですが、実は少し違います。

 

体臭、加齢臭さらに臭いの中で一番嫌われるといわれているミドル脂臭と呼ばれる臭いがあり、それぞれ違います。

臭いは“スメル(=臭い)ハラスメント”と言われ、社会問題になりつつあります。

 

そこで今回は、体臭、加齢臭、ミドル脂臭それぞれの特徴と予防法をご紹介します。

 

 

体臭の原因


体臭の原因は大きく分けるとそれ以外の要因の二つに分けることができます。
 
 

汗が原因の体臭


 

汗は、分泌されたばかりではほぼ無臭です。

しかし、時間が経って皮膚常在菌が作用することにより、これらに含まれる脂質やタンパク質、アミノ酸などの成分が酸化、分解されて、不快なニオイのするガス(揮発性成分)を発するようになります。

 

そのため、体臭の種類は数百種以上といわれています。

汗が原因の体臭の代表的なものは、ワキガ足の匂いそして、ミドル脂臭などです。

 

 

それ以外が原因の体臭


一方、汗以外が原因で発生する体臭は、皮質からの匂いや疲労、ストレス、加齢による体の酸化や病気など、様々な原因が考えられます。

代表的なものとして、口臭疲労臭、加齢臭、ストレス汗臭、便秘臭、ダイエット臭、病気を原因とする体臭などが挙げられます。

 

 

加齢臭とは


体臭は年齢に関係なく発生しますが、加齢臭は年齢を重ねるごとに臭いを放つようになります。

 

加齢臭は皮脂腺から分泌される皮脂中にある9-ヘキサデセン酸が過酸化脂質によって分解された時に生じる、ノネナールというニオイ物質のために起こります。
 
 

加齢臭の匂いとセルフチェックの仕方


納豆や生魚のような臭い
古本のような臭い
押入れの中のような臭い
ブルーチーズのような臭い
お線香のような臭い
廃油のような臭い

 

加齢臭は自分ではなかなか気づきにくいものですが、周囲の人々は遠慮しがちで伝えにくいものです。

 

そこで、簡単なセルフチェックとして、

1.加齢臭が発生しやすい脇の下や耳などの場所をコットンまたはティッシュで強く拭き取ります。

2.このコットンまたはティッシュの臭いを嗅ぎます。

3.臭いがしたら、加齢臭の可能性が高いということです。

 

 

加齢臭の予防法


加齢臭の原因であるノネナールには水に溶けにくく肌にこびりつきやすいという厄介な性質があります。
 
そのため、軽く汗を拭いたり、シャワーを浴びたりする程度ではニオイが落ちてくれません。
 
加齢臭を落とすには、ゆっくり丁寧に洗うことが必要です。
 
特に加齢臭の発生しやす耳の後ろ、首の後ろ、肩や背中をしっかり洗いましょう。
 
夜にしっかりと汚れを落とし、朝シャワーで寝ている間に出た皮脂を洗い流すことで加齢臭を軽減することができます。

 

他にも、脂っこい食事を減らしたり、睡眠をしっかりとる、ビタミンBビタミンCをとること代謝が良くなります。

 

代謝をよくすることで加齢臭を軽減させることができます。

 

代謝をよくするには、こちらの記事もご覧ください。

 

ストレス、肌荒れ、便秘などの原因毒素を排出!一人でできるデトックス

 

 

ミドル脂臭とは


ミドル脂臭も加齢が原因で起こるという点は加齢臭と同じですが、ニオイの発生元が違います。

 

加齢臭は皮脂を過酸化脂質が分解するときに発生するノネナールという物質が原因ですが、ミドル脂臭は汗の中の乳酸を皮膚常在菌が分解したときに発生する「ジアセチル」が原因です。

 

加齢によって汗腺の機能が衰えると、汗の中に乳酸が出やすくなるのでミドル脂臭が発生しやすくなります。

 

30半ばを過ぎると食生活の乱れや運動不足、血行不良などが原因となって汗の中の乳酸の量が増加します。

 

① ヒトの汗の中に含まれる乳酸と体内にある菌(ブドウ球菌)が合わさり「ジアセチル」が生成されます。
 
②頭皮に付着している菌が豊富な皮脂をエサをとして代謝分解し、「中鎖脂肪酸」と呼ばれる脂肪の一種の原料を排出します。
 

①と②が混ざり合う事で強烈な「ミドル脂臭」になります。

 
 

加齢臭よりもミドル脂臭


・加齢臭はそれほど臭いがきつくなく、ミドル脂臭は臭いが不快

 

・発揮性が高いため臭いが広がりやすい

 

・発生場所が首元である為、本人が自覚しにくい

 

という特徴があり、対策をしないととても厄介であり、女性から嫌われてしまう原因になります。
 
 

ミドル脂臭対策


① 血流を良くして乳酸を溜め込まない

 

② 皮脂腺から分泌されるの量を抑える

 

③ 清潔な体を保つ

 

この3つが対策として挙げられます。

 
 

① 血流を良くして乳酸を溜め込まない


クエン酸には乳酸の分解を助ける効果があります。

クエン酸が多く含まれる食べ物は、

 

お酢・オレンジやみかんなどの柑橘類・梅干しなどに多く含まれています。
 
また、運動をして血の巡りを良くすることでミドル脂臭の原因となる老廃物の蓄積を予防することが出来ます。
 

② 皮脂腺から分泌されるの量を抑える


ミドル脂臭の特徴は、脂っこい臭いが特徴的です。

その臭いはやはり頭皮から過剰分泌される皮脂が原因の1つです。

 
頭皮環境を改善するには、毛根に栄養を与えることが予防と改善につながります。
 

その為には海藻類や緑黄色野菜を積極的に摂る事で栄養がきちんと行き届き、過剰分泌されることが減り、ミドル脂臭の予防と対策に繋がります。

 
 

③ 清潔な体を保つ


頭皮の毛穴からは毎日皮脂の分泌が盛んに行われており、その脂は時間とともに酸化して皮膚や毛穴にこびりつきます。
 
その脂はミドル脂臭の原因になるばい菌のごちそうなので、きちんと洗い落としきることが大切です。

 

38度前後のお湯で頭全体をゆすぐ

 

シャワーの温度が熱すぎると頭皮が乾燥しやすくなり、低すぎると毛穴が開きずらくなり脂がとりにくくなります。
 
38度くらいの少しぬるめの温度で頭皮・髪を満遍なく濡らしましょう。
 
 

最後に


加齢臭にはまだ早いと感じている方も多いと思いますが、加齢臭よりも臭いといわれているミドル脂臭は30代から発生します。

 
また、体臭にはさまざまな原因があり、予防するには、原因に適した正しい対策をとることが必要です。
 
加齢臭やミドル脂臭と同じく嫌われる臭いである、口臭に関してはこちらの記事をご覧ください。

 

口臭で悩んでいる方必見!くさいと言われないための予防法

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です