企業の取り組みから学ぶ! 防災力を高める方法  東京メトロ編

 

出典 https://www.tokyometro.jp/safety/prevention/index.html

 

日本は世界でも有数の災害大国です。

 

大規模な自然災害は、地域住民の生活だけでなく、企業活動にも大きな支障を与えてしまいます。

 

企業として災害に対する企業防災に努め、意識を高め、備えをしておくことで被害を軽減できます。

 

企業によっては東京ガスのように、企業防災のノウハウをお客様など外に発信することで地域住民への防災にもつながります。

 

 

企業の取り組みから学ぶ! 防災力を高める方法  東京ガス編

 

 

東京ガス以外でも、防災啓発や防災教育を発信している企業は多数存在します。

 

 

そこで今回は、企業が行っている防災啓発・防災教育普及事業を通して防災力を高める方法の中から東京メトロの取り組みをご紹介します。

 

 

 

 

東京メトロの取り組み

 

東京メトロは、インフラを支える鉄道会社(地下鉄)として、災害時に社員全員が出社することが当然の任務となっています。

 

そのため、会社としてできる日頃からの社員に向けた防災啓発事業を考え、実行しています。

 

社内報や社外向けのパンフレットに大人タバコ講座などでおなじみの寄藤文平氏のイラストを採用して、社員全員の防災力向上を目的とした防災啓発キャンペーンのためのオリジナルロゴマークを制作しました。

 

防災啓発ツール全てにこのロゴマークを使用し、このイラストを見れば東京メトロ 東京防災を意識するようブランディングを行いました。

 

 

 

 

出典 http://plus-arts.net/project/tokyo-metro/

 

 

 

 

社内に向けての防災啓発


電車の乗務員には、動力車操縦者養成所において乗務員養成研修やフォローアップ研修を実施し、乗務員に必要な知識、技能の保有とその向上に努めています。

 

しかし東京メトロの場合はこれだけではありません。

 

東京メトロは大都市東京のインフラを支える企業として、交通の安全確保はもちろん、街のインフラを守る使命があります。

 

震災時には、社員は最寄りの各駅に行き震災対応を始めることが当然の使命であるため、震災対応中は愛する家族と離れて活動することとなります。

 

 

そのため、様々なツールを使って社員と社員の家庭の防災力を高めることを目指した、東京メトロ全社員向けの防災啓発の取り組みを始めました。

 

 

それが、東京防災 東京メトロです。

 

 

 

東京防災 東京メトロ


社員全員の防災力向上を目的としており、行動規範や災害時に乗客を守るための様々な防災の技や知識を盛り込んだ、オリジナルの社員向けの携行用マニュアルBOOKを制作し全社員に配布しています。

 

しかし、東京メトロはそれだけではありません。

 

イザという時に家族を置いて出社しなければならないことに不安を抱く社員が多いことから、社員の家族に向けた家具転倒防止対策や防災グッズ非常食の備蓄方法など、暮らしに関する防災マニュアルBOOKを制作し、社員同様、社員の全家族に向けて配布しました。

 

 

出典 http://plus-arts.net/project/tokyo-metro/

 

 

 

また、社内報での防災啓発や員の家族向けの親子サバイバル教室などを定期的に開催しています。

 

出典 http://plus-arts.net/project/tokyo-metro/

 

 

 

社外に向けての防犯啓発


東京メトロは利用客に安心を伝えるため、安全・防災の取り組みを詳しく伝えていますが、利用客に向けての安全ポケットガイドを配布、HPでのダウンロードが可能です。

 

安全ポケットガイドは、イラスト付きで幅広い人がわかりやすいように作られています。

 

安全ポケットガイドは、大地震が起きたら、台風・暴風雨のときは、火災が起きたら、危ないことをやめる、こんなときはの5項目に分け、駅員さんと利用客のQ&Aの形で説明されています

 

 

 

大地震が起きたら


出典 https://www.tokyometro.jp/ebook/safety_pocketguide/jp/index.html

 

 

 

出典 https://www.tokyometro.jp/ebook/safety_pocketguide/jp/index.html

 

 

 

 

 

台風・暴風雨のときは


 

出典 https://www.tokyometro.jp/ebook/safety_pocketguide/jp/index.html

 

 

 

火災が起きたら


出典 https://www.tokyometro.jp/ebook/safety_pocketguide/jp/index.html

 

 

 

出典 https://www.tokyometro.jp/ebook/safety_pocketguide/jp/index.html

 

 

 

 

危ないことをやめる


出典 https://www.tokyometro.jp/ebook/safety_pocketguide/jp/index.html

歩きスマホや駆け込み乗車などの危険性も説明されています。

 

 

 

出典 https://www.tokyometro.jp/ebook/safety_pocketguide/jp/index.html

 

 

 

 

 

こんなときは


出典 https://www.tokyometro.jp/ebook/safety_pocketguide/jp/index.html

 

最後のページは、緊急事態や駅員を呼びたい時などについて説明してあります。

 

 

 

 

最後に


今回は東京メトロの取り組みをご紹介しましたが、企業防災をオープンにして、地域の防災に役立てている企業はまだまだあります。

その中でも東京メトロは、多くの乗客を守る使命から、社員への啓発だけでなく、社員を支える家族に対しての啓発も行っています。

私たちが何気なく利用している電車の裏にはたくさんの安全対策がなされています。

 

東京メトロのHPもとても役に立つものになっていますので、ぜひHPも見てみてください。

 

https://www.tokyometro.jp/safety/prevention/index.html

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です