ストレスが溜まっている人必見!ストレス対策のまとめ

出典https://www.fujitv.co.jp/sukattojapan/onair/103rd.html

身体がだるくてやる気がでない、何時間寝ても疲れがとれない

そのなんとなくの体調不良はストレスが原因かもしれません。

ストレスチェック


今どのくらいストレスが溜まっているかチェックしてみましょう。

  1.  かぜをよくひく
  2.  かぜがなおりにくい
  3.  頭がスッキリしない(頭が重い)。
  4.  眼がよく疲れる。
  5.  鼻づまりすることがある。
  6.  めまいを感じることがある。
  7.  立ちくらみしそうになる。
  8.  耳なりがすることがある。
  9.  口のなかが荒れたり、ただれたりすることがよくある。
  10.  舌が白くなっていることがある。
  11.  いつも食べ物が胃にもたれるような気がする。
  12.  下痢や便秘をすることがよくある。
  13.  肩がこりやすい。
  14.  背中や腰が痛くなることがよくある。
  15.  疲れがなかなかとれない。
  16.  体重増減が激しい
  17.  なにかするとすぐに疲れる。
  18.  仕事をやる気が起こらない。
  19.  夜中目が覚める。
  20.  ちょっとしたことでも腹がたったり、イライラしそうになることが多い。

5個以上当てはまる方はストレスが溜まっている証拠かもしれませんので休養が必要です。

また10個以上当てはまる方は心療内科などで診察を受けるようにしてください。

ストレスとは、心や体にかかる外部からの刺激に対応しようとして生じるさまざまな反応のことです。

ストレスの原因に関してはこちらの記事で紹介していますので参考にしてください。

ストレスで悩んでいる方必見!最強のストレス解消法

ストレスからくる症状


ストレスをためすぎると、自律神経の働きが乱れ、あらゆる不調の原因になったり、体の防衛反応によって太りやすくなったりします。

また、ストレス初期から出現する症状は以下のようなものがあります。

目が疲れやすい

肩がこりやすい

背中や腰が痛くなる

朝、気持ち良く起きられないこと

頭がスッキリしない(頭が重い)

たちくらみしそうになる

夢をよくみる

手、足が冷たくなることが多い

食べ物が胃にもたれることが多い

このように、ストレスからくる症状は一人一人違っており、循環器に問題を起こす人や、消化器に問題を起こす人、頭痛に悩まされる人等様々です。

身体に異変を感じたらストレスが溜まっている証拠かもしれませんのでストレス対策が必要です。

自分にあったストレス対策を


現代社会でストレスはストレス社会と呼ばれるほどストレスを感じない生活は難しいため、上手につきあいながら生活していく必要があります。

そこで、簡単にできるストレス解消法をいくつかご紹介します。

大声を出す
泣く
運動をする
快適な入浴
寝る
太陽の光を浴びる
好きな香りでリラックスする
好きなもの・おいしいものを食べる

など自分にあったストレス解消法をみつけましょう。

またこのサイトでもストレス対策を取り扱っていますので参考にしてください。

previous arrow
モヤモヤしている人必見!モヤモヤを解消する方法
イライラする人必見!イライラをコントロールする方法
後回しにする癖がある人必見!すぐ行動できる人になる方法
大河ドラマ『平清盛』から学ぶ胃痛に効くツボ
大河ドラマ『毛利元就』から学ぶくよくよしない方法
ストレスで悩んでいる方必見!最強のストレス解消法
かゆみで悩んでいる方必見!かゆみの原因と対処法
呼吸法を変えるだけで健康になれる理由とオススメの呼吸法
next arrow
 

ストレスに効果があるツボ


上記のストレス解消法をみてわかるように、ストレス解消法はすぐ、簡単にできるものが少ないです。

しかし、ツボを押すことによって、過度に作用するという交感神経の働きを和らげることができます。

つまりツボを押すことによってストレスを和らげることができます。

今回ご紹介するツボは

へそから指3本分下にある下丹田

手のひらの中央にある労宮
足の第2指の爪の外側にあるれい兌
の3つのツボです。

 

下丹田


出典 https://ameblo.jp/aoitreatment/entry-12350541630.html
丹田というと一般的におへその場所を示しますが、丹田は実は額にある上丹田胸の中央にある中丹田、そしてへそにある下丹田
と、3つあります。
ここから気を入れたり巡らせたり、溜めたり出したりする事で、
生命活動を活性化さるのです。

位置

へその下指3本分の中央にあります。

効果

病気全般の予防、健康、循環器系の強壮、精力増進、婦人病のツボ

押し方

ツボの上に両手の中指を当てて心身をリラックスさせ、静かに息を鼻から吸います。

この時お腹に空気が溜まっていくイメージをして、ゆっくりと膨らませます。
次に吸った息を口からゆっくりと吐きながら、お腹を凹ませていきます。

 

これを5回おこないます。

 

労宮(ろうきゅう)


出典 https://w.grapps.me/beauty/

位置

手のひらの中央で、指を握ると中指の先端が、手のひらに当たるところにあります。

効果

労宮は心が疲れた時に有効で(心労)に用います。

循環器系統を保護したり副交感神経を活発にしたり、血行を良くする事で体内の酸素量を増やしてくれるツボです。

押し方

労宮を中心に手のひら全体をやや強めに指圧します。

 

労宮のツボを少しずつ力を入れて押していき、痛くなった所で一呼吸置いて力を抜き、これを10回程繰り返します。

 

終わったら両掌を10回程擦り合わせて下さい。

れい兌(れいだ)


出典 www.skincare-univ.com

位置

足の第2指の爪の外側、生え際に取ります。

効果

古くから精神的興奮を抑える特効穴で、神経衰弱はもちろん、ノイローゼ、貧血、消化不良、脳卒中、扁桃腺炎等に使われます。

押し方

親指と人差し指で挟む様にして、

親指の腹でコリコリと、押し回すように揉みます。
息を吐きながら5秒間押し回し、

息継ぎをする時休み、これを5回続けます。

最後に


大事なことは自分がストレスを抱えていると気づくことです。

ストレスをためずにツボを押し、休めるときに休むのが一番のストレス対策です。

出典https://www.fujitv.co.jp/sukattojapan/onair/103rd.html

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です