エニアグラムから見るタイプごとのこだわりを知ってエニアグラムタイプを見分ける方法

 

 

出典 https://kyodonewsprwire.jp/release/201805184053

 

相手がどういうタイプなのか知りたいと思ったり、考えたことはありませんか?

 

普段生活をしていて、こだわっていること、とらわれているものがあればその人の資質を見抜くチャンスです。

 

その人その人によって資質は異なるように、こだわりやとらわれているものが1人1人あります。

 

資質を9つに分けて、思考や行動、強みや弱点などを知ることができる方法エニアグラムといいます。

 

そこで今回は、エニアグラムから見るタイプごとのこだわりを通してあの人のエニアグラムのタイプを知る方法をご紹介します。

 

 

 

エニアグラムとは


エニアグラムはギリシャ語で、エニアは「9」、グラムは「図」を意味しています。

エニアグラムとは、性格分類学のひとつで「人間が生まれつき持っている資質を9つのタイプに分類するもの」です。

 

性別や国籍、あるいは血筋などとは関係なく「こういう資質を持っている」と判断するための指標のひとつです。

 

 

エニアグラムの9つのタイプ


エニアグラムは、生まれ持った資質を次の9つのタイプに分けます。

それぞれのタイプの特徴を一言で表すと、次のようになります。

 

 

タイプ1[完全主義者]:理想が高く完全さを求める人

タイプ2[献身家]:愛情深く人のために尽くす人

タイプ3[達成者]:成功を求めて目標を達成する人

タイプ4[芸術家]:違いを求め個性的でありたい人

タイプ5[観察者]:人から離れて観察する人

タイプ6[堅実家]:安全を求め注意深く慎重な人

タイプ7[楽天家]:楽しみを求めて冒険する人

タイプ8[統率者]:挑戦的で己の力で突き進む人

タイプ9[平和主義者]:平和を愛し平穏な生活を好む人

 

 

エニアグラム診断


エニアグラムの診断は通常、本質である自分が20歳以下だったときにどうだったか90問の質問に答えることによって診断されますが、今回は簡易的な方法をご紹介します。

エニアグラム診断

 

 

あなたの行動の動機になっているものを下記の中から、ひとつクリックして下さい。

 

私はいつでも公正で正しくありたい。

 

私は人に必要とされたい。

 

私は成功して褒められたい。

 

私はユニークで他人とは違う特別な存在でありたい。

 

私は物事を冷静に観察し、本質を知りたい。

 

私は義務と責任を果たし、協調性を保ちたい。

 

私は物事の明るい面をみて人生を楽しみたい。

 

私は主導権をとり、常に強くありたい。

 

私は対立を避けて平穏でありたい。

 

 

 

 

 

エニアグラムタイプ1番の特徴(完全主義者)


タイプ1番のこだわり

「完全主義」「理想」「正義」「慎重さ」「綿密さ」「丁寧さ」「率直さ」「几帳面」「時間厳守」「約束」「改革」「尊厳」「倫理」「真理」

 

タイプ1の人を見分けるポイント

 

タイプ1の人は「ものごとはこうあるべきだ」という想いを持っていて、まじめで堅実なタイプの完全主義者です。

自分が目標としている生き方ができていないとき
さぼっている他人
無責任な人

このような人を見ると、怒りがこみ上げてきます。

しかし、タイプ1:完全主義者は、怒る=感情的になる=自分をコントロールできなくなる=完璧な自分ではない という思いから怒りを出さないようにしています。

 

タイプ1の人は怒りの感情を表に出さないため、自分自身が怒っているとあまり認識できていないため、ストレスがたまると自分の中で必要以上に周りを責めて批判してしまう傾向があります。

 

 

エニアグラムタイプ2番の特徴(献身家)


タイプ2番のこだわり

「愛」「慈愛」「思いやり」「心」「支援」「親切心」「世話」「奉仕」「自己犠牲」「優しさ」

 

 

タイプ2の人の見分けるポイント

 

タイプ2の人はいつも周りの人のことを最優先で考えて、自分のことは後回しにしてしまう献身家です。

自分が行っていることが役になっていないのではないか、という気持ちを隠すために、プライドに囚われてしまっています。

プライドに囚われているタイプ2:献身家は、「私は誰よりも思いやりがあるやさしい人間だ。周りの人のためにこんなにがんばっているんだから」という思いから、周りを見下す傾向があります。

また、プライドがあるため、自分の弱さや抱えている問題から目をそらす傾向があります。

タイプ2の人は「私は平気だから!」と自分に言い聞かせて、周りにばかり目が行ってしまう人が多い傾向があります。

 

 

 

エニアグラムタイプ3番の特徴(達成者)


タイプ3番のこだわり

「目標」「達成」「自尊心」「野心」「能率」「勤勉さ」「果断」「ステイタス」「実力」「リーダー」「組織」「マネジメント」

 

タイプ3の人の見分け方

 

タイプ3の人は目的を達成するまでのイメージをはっきりと持っていて、そのための手段を選ばず、目的を達成することで自分の価値を上げ続けている達成者です。

達成者は成功後の優秀な自分を常にイメージし、周りからもそう思われたいと思っています。

そのため、まだまだ未熟な場合でも「自分は優秀だ!」と、自分自身を欺き続け、周りに大口をたたいてしまう傾向があります。

目標達成に向けて自分のイメージを高く持ち続けるために、タイプ3:達成者はつねに自分自身を励まし続け、奮い立たせている傾向があります。

 

 

 

エニアグラムタイプ4番の特徴(芸術家)


タイプ4番のこだわり

「想像力」「創造性」「独自性」「ユニークさ」「感覚」「感性の豊かさ」「ロマン」「芸術」「美意識」「夢」

 

タイプ4の人の見分け方

 

タイプ4の人は自分らしさを最優先し、自分の世界に浸りながら「自分は特別な才能を持っている」と考えている芸術家です。

天才肌な人と言えます。

他人と一緒であるということに価値を見出さず、むしろ避ける傾向にあります。

そのため、物の見方やセンスが非常に個性的であることが多く、自分なりの美意識が確立されています。

 

 

エニアグラムタイプ5番の特徴(研究者)


タイプ5番のこだわり

「知識」「宇宙の摂理」「情報」「蓄積」「賢明」「分析力」「解析力」「研究」「専門分野」「博識」「倹約」「節約」「節制」

 

タイプ5の人の見分け方

 

タイプ5の人は、目の前で起きていることを理論的に説明したいという想いが強く、そのための情報収集に時間をかける観察者です。

物事の本質を知りたがります。そのため普通の人なら見落としてしまうような細かい点まで注意深く観察します。

自分の知識を深める時間を他人から奪われたくないことから一人の時間が多く

自分の知識を深めたり能力を磨くために過去の新聞やデータを収集するといった傾向もあります。

 

 

エニアグラムタイプ6番の特徴(堅実家)


タイプ6番のこだわり

「組織」「ルール」「規則」「規範」「誠実さ」「忠実さ」「責任感」「会社」「家庭」「友情」「親友」「団欒」「法」「マナー」

 

タイプ6の人が強いストレスを感じると

 

タイプ6の人は責任感が強く周りの人を大切にし、長いものに巻かれるタイプの堅実家です。

日本人で1番多いといわれているのがこのタイプ6です。

今の関係を壊したくない、自分の何気ない一言で空気を悪くしたくないという気持ちが強いため、周りに対してできる限り社交的&フレンドリーに接し、相手が自分に対して不快感を持っていないか、相手の態度を見て確認している傾向があります。

 

 

 

エニアグラムタイプ7番の特徴(楽天家)

タイプ7番のこだわり

「明朗さ」「闊達」「快楽」「極楽」「柔軟性」「遊び」「欲」「気分転換」「楽天的」「財産」「音楽」「友人」「恋人」

 

タイプ7の人が強いストレスを感じると

 

タイプ7の人は楽しいことが大好きで元気で前向き、現実的で頭の回転が速く失敗をおそれずにいろいろなことにチャレンジする楽天家です。

周囲からはかなり活動的に見られます。

しかし、いろいろなことに手を出すということは、一つのことに集中することを苦手であるということです。

一つのことに集中してしまえば、他の分野での楽しみを犠牲にしてしまうかもしれないからです。

結果として、器用貧乏に陥りやすい人も多くいます。

これに関連して、このタイプは束縛されるのを嫌がります。

 

心に余裕をもって働くにはこちらの記事をご覧ください。

 

仕事ができる人の秘訣!心に余裕を持つ方法

 

 

エニアグラムタイプ8番の特徴(統率者)


タイプ8番のこだわり

「力」「パワー」「勇気」「決断」「独断」「英雄」「戦い」「支配」「権威」「権力」「義理」「人情」「勝利」「No1」

 

タイプ8の人の見分け方

 

タイプ8の人はパワフルで積極的にいろいろなことに挑戦し、威厳があって存在感がある統率者です。

カリスマ性があってリーダー気質、自身に満ち溢れています。

 

「もっと刺激が欲しい」「もっと手ごたえが欲しい」という欲望から、周りの人に自分の意見をいつも以上に強く主張してしまい、

 

周りとの激論を求める、自分の意志を強く主張する
押しがいつも以上に強くなる

 

といった傾向がみられる場合もあります。

 

 

エニアグラムタイプ9番の特徴(調停者)


タイプ9番のこだわり

「平和」「安らぎ」「思いやり」「落ち着き」「調和」「一体感」「日常」「仲裁」「マイペース」

 

タイプ9の人の見分け方

 

タイプ9の人は争いごとがキライで、のんびりしていて控えめな人の支えとなる調停者です。

 

いつも、安定の中で生きたい思っているので、今の状況・環境を変えたくないという想いがあります。

できる限りトラブルに関わりたくない
今の心地いい状態を他人にジャマされたくない、壊されたくない

そんな想いから、新しいことに挑戦したり、今の環境をさらに良くしようと自ル国ということは少ないといえます。

時には優柔不断とみられることもあります。

 

仕事ができる人の秘訣!優先順位を考えるときのポイント

 

 

最後に


エニアグラムには自分のタイプの両隣にあるタイプのどちらかを「ウィング」と呼んでいます。

例えば、タイプ2献身家の人は隣り合った、タイプ1完全主義者とタイプ3達成者どちらかの顔を併せ持ちます。

 

つまり純粋なタイプは存在しません。

 

エニアグラムでは、自分のタイプの特徴にプラスしてウィングのタイプの特徴も持ち合わせていると考えられます。

そのため、同じタイプの人でも、ウィングをどちらに持っているかによって思考や行動が少し異なってきます。

 

あくまでも目安ですが、タイプを知っておくことで人間関係構築の役立ちます。

 

気になる相手の生年月日がわかればバイオリズムで相手をある程度、知ることも可能です。

 

バイオリズムを活用した自己管理をする方法

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です