エニアグラムから見るストレスによる性格の変化 徹底解説

 

 

出典 https://spice.eplus.jp/articles/168380

 

「自分はこんなにあなたのためにがんばっているのに、なぜそれにこたえてくれないの?」


「自分はこんなに頑張っているのに、周りの人は全然わかってくれない!」

 

急にこのような気持ちを感じたり、周りの人がこのような発言をしだしたら注意が必要です。

 

人は強いストレスや不安・怒りを感じると今までの性格とは違う側面が出ることがあります。

 

上記のこと以外にも、楽天家が急に口うるさくなったり、リーダーが急に秘密主義になったりすることがあります。

 

その人その人によって資質は異なるように、ストレスを感じるとその人その人によって性格が変わります。

 

資質を9つに分けて、思考や行動、強みや弱点などを知ることができる方法エニアグラムといいます。

 

そこで今回は、エニアグラムから見るタイプごとのストレスによる性格の変化をご紹介します。

 

 

 

エニアグラムとは


エニアグラムはギリシャ語で、エニアは「9」、グラムは「図」を意味しています。

エニアグラムとは、性格分類学のひとつで「人間が生まれつき持っている資質を9つのタイプに分類するもの」です。

 

性別や国籍、あるいは血筋などとは関係なく「こういう資質を持っている」と判断するための指標のひとつです。

 

 

エニアグラムの9つのタイプ


エニアグラムは、生まれ持った資質を次の9つのタイプに分けます。

それぞれのタイプの特徴を一言で表すと、次のようになります。

 

 

タイプ1[完全主義者]:理想が高く完全さを求める人

タイプ2[献身家]:愛情深く人のために尽くす人

タイプ3[達成者]:成功を求めて目標を達成する人

タイプ4[芸術家]:違いを求め個性的でありたい人

タイプ5[観察者]:人から離れて観察する人

タイプ6[堅実家]:安全を求め注意深く慎重な人

タイプ7[楽天家]:楽しみを求めて冒険する人

タイプ8[統率者]:挑戦的で己の力で突き進む人

タイプ9[平和主義者]:平和を愛し平穏な生活を好む人

 

 

エニアグラム診断


エニアグラムの診断は通常、本質である自分が20歳以下だったときにどうだったか90問の質問に答えることによって診断されますが、今回は簡易的な方法をご紹介します。

エニアグラム診断

 

 

あなたの行動の動機になっているものを下記の中から、ひとつクリックして下さい。

 

私はいつでも公正で正しくありたい。

 

私は人に必要とされたい。

 

私は成功して褒められたい。

 

私はユニークで他人とは違う特別な存在でありたい。

 

私は物事を冷静に観察し、本質を知りたい。

 

私は義務と責任を果たし、協調性を保ちたい。

 

私は物事の明るい面をみて人生を楽しみたい。

 

私は主導権をとり、常に強くありたい。

 

私は対立を避けて平穏でありたい。

 

 

 

 

 

エニアグラムタイプ1番の特徴(完全主義者)


タイプ1番のこだわり

「完全主義」「理想」「正義」「慎重さ」「綿密さ」「丁寧さ」「率直さ」「几帳面」「時間厳守」「約束」「改革」「尊厳」「倫理」「真理」

 

タイプ1の人が強いストレスを感じると

 

タイプ1の人が大きなストレスや不安・怒りを感じると、「現実逃避をする」「自分のことをわかってもらえないという想い」などが、自然と出てしまいます。

 

「自分はこんなに頑張っているのに、周りの人は全然わかってくれない!」

このような場合は要注意です。

 

 

エニアグラムタイプ2番の特徴(献身家)


タイプ2番のこだわり

「愛」「慈愛」「思いやり」「心」「支援」「親切心」「世話」「奉仕」「自己犠牲」「優しさ」

 

 

タイプ2の人が強いストレスを感じると

大きなストレスや不安・怒りを感じると、「攻撃的」「支配的」になってしまいます。

 

ほかの人を気にせず、自己中心的になって自分の意見を強く主張するようになったり、

「自分はこんなにあなたのためにがんばっているのに、なぜそれにこたえてくれないの?」と感情的になる

 

場合は要注意です。

 

 

 

エニアグラムタイプ3番の特徴(達成者)


タイプ3番のこだわり

「目標」「達成」「自尊心」「野心」「能率」「勤勉さ」「果断」「ステイタス」「実力」「リーダー」「組織」「マネジメント」

 

タイプ3の人が強いストレスを感じると

大きなストレスや不安・怒りを感じると、「周りの人に合わせすぎる」「行動が遅くなる」などの特徴が自然と出てきます。

 

抜け殻のようになる

目の前のことから目を背け、次の目標のことを考える

このようなことが起きたら要注意です。

 

 

 

エニアグラムタイプ4番の特徴(芸術家)


タイプ4番のこだわり

「想像力」「創造性」「独自性」「ユニークさ」「感覚」「感性の豊かさ」「ロマン」「芸術」「美意識」「夢」

 

タイプ4の人が強いストレスを感じると

 

大きなストレスや不安・怒りを感じると、自分の想いを過剰におしつけてくるなどの特徴が自然と出てきます。

 

周りの人の気持ちを確かめるために、感情的になって騒ぐ

自分が好きな人に必要以上に執着する

このようなことが起きたら要注意です。

 

 

エニアグラムタイプ5番の特徴(研究者)


タイプ5番のこだわり

「知識」「宇宙の摂理」「情報」「蓄積」「賢明」「分析力」「解析力」「研究」「専門分野」「博識」「倹約」「節約」「節制」

 

タイプ5の人が強いストレスを感じると

 

大きなストレスや不安・怒りを感じると、「いろいろなことに手を出しすぎる」「初めてのことにいきなり飛び込む」などの特徴が自然と出てきます。

 

孤独にならないように新しい環境に衝動的に飛び込むが、心が落ち着かない

色々なものに手を出すが、満足できない

 

このようなことが起きたら要注意です。

 

 

エニアグラムタイプ6番の特徴(堅実家)


タイプ6番のこだわり

「組織」「ルール」「規則」「規範」「誠実さ」「忠実さ」「責任感」「会社」「家庭」「友情」「親友」「団欒」「法」「マナー」

 

タイプ6の人が強いストレスを感じると

 

大きなストレスや不安・怒りを感じると、「周りの期待に応えるために、今まで以上に仕事に熱中したり努力する(時間を費やす)」「競争心が強くなる」などの特徴が自然と出てきます。

 

自分がどれだけすごいかを、周りに訴えかける

横暴になる

 

このようなことが起きたら要注意です。

 

 

エニアグラムタイプ7番の特徴(楽天家)

タイプ7番のこだわり

「明朗さ」「闊達」「快楽」「極楽」「柔軟性」「遊び」「欲」「気分転換」「楽天的」「財産」「音楽」「友人」「恋人」

 

タイプ7の人が強いストレスを感じると

大きなストレスや不安・怒りを感じると、「細かいことにうるさすぎる」「口やかましくなる」などの特徴が自然と出てきます。

 

明るい性格の楽天家が、真面目過ぎて少しだけ暗くなる

周りの人のできていない部分などを口やかましく説教する

 

といったことが起きたら要注意です。

 

 

エニアグラムタイプ8番の特徴(統率者)


タイプ8番のこだわり

「力」「パワー」「勇気」「決断」「独断」「英雄」「戦い」「支配」「権威」「権力」「義理」「人情」「勝利」「No1」

 

タイプ8の人が強いストレスを感じると

大きなストレスや不安・怒りを感じると、「秘密主義者になる」「ひとりで籠って情報収集をしたり戦略を考えたりする」などの特徴が自然と出てきます。

周りに対して軽蔑的になる

人を避けて自分がしている情報収集や戦略を隠す

 

などの特徴が出てきたら要注意です。。

 

 

エニアグラムタイプ9番の特徴(調停者)


タイプ9番のこだわり

「平和」「安らぎ」「思いやり」「落ち着き」「調和」「一体感」「日常」「仲裁」「マイペース」

 

タイプ9の人が強いストレスを感じると

大きなストレスや不安・怒りを感じると「いつも以上にいらいらする」「失望しやすくなる」などの特徴が自然と出てきます。

 

普段ガマンしていた怒りやストレスが爆発する

責任から逃れようとする

 

このようなことが起きたら要注意です。

 

 

最後に


強いストレスを感じると防衛本能として違う性格が顔を出すことがあります。

大切なことは、自分の感情や行動を冷静に分析してより自分自身を理解することです。

そのことによって、大きなストレス・怒りを感じてただ感情的になるだけではなく、自分自身と向き合うことができます。

 

ストレスを感じるとトレスに関してはこちらの記事で詳しくご紹介していますのでご覧ください。

 

ストレスが溜まっている人必見!ストレス対策のまとめ

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です