ふなっしーに学ぶ!突然心停止に備えたAED普及イベント

 

出典 https://www.oricon.co.jp/article/1085344/

 

当サイトでは応急手当や心肺蘇生法に関する様々な情報をご紹介していますが、今回はふなっしーが倒れて○○が助ける!?をご紹介します。

 

出典 https://chibajets.jp/news/detail/id=17003
 

 

 

ふなっしー倒れる!?


バスケットボールBリーグ千葉ジェッツふなばしのホームゲームで、1日限定でジェッツとプロ選手契約を結んだ同市の非公認キャラクターふなっしーがハーフタイム中に急に体調を崩し倒れてしまいます。

 

倒れたふなっしーのそばにいた、千葉ジェッツのマスコットジャンボくんが直ちに助けを呼び、AEDを手配します。

ジャンボくんの助けの要請を受けたSECOMの警備員が心肺蘇生法とAEDを使用し、ふなっしーは復活しました。

 

 

 

出典 https://twitter.com/CHIBAJETS

 

 

AED普及イベント


これは、1日限定でジェッツとプロ選手契約を結んだ同市の非公認キャラクターふなっしーや千葉ジェッツのマスコットジャンボくんがAEDの使い方を実演し、万が一の時に命を救う装置の大切さを訴えたAED普及イベントです。

 

AEDとは、突然の心停止を助けるための、一般市民でも使うことのできる医療機器です。

 

日本では年間7万人、約5分に1人の方が心臓突然死で亡くなっています。

しかし、早い段階で心肺蘇生を行えばなんと2倍、さらにAEDを使えば、6倍もの人の命を助けることができます。

 

スポーツ中の突然心停止は、マラソン大会の最中に倒れAEDを含めた迅速な処置により奇跡的に助かった例として、タレント・松村邦洋氏のケースがあります。

 

スポーツでの突然心停止は、日常の生活より可能性は高くなります。

 

そのためにBリーグ以外でもサッカーJリーグやAEDチャリティマラソンなど多くの普及イベントが開催されています。

 

AEDの使用及び心肺蘇生法の実施の促進についての関心及び理解を深めるために、広報活動としてAED普及イベントは今後も多く開催されていくと思いますので、是非AEDにも注目してみてください。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です