はじめて119番通報する人必見!119番通報と応急手当 徹底解説

出典https://www.nissay.co.jp/enjoy/cm/

救急車を呼んだことはありますか?

小さいお子さんがいるお母さんや年配の方がご家族にいる方は呼んだことがある方も多いのではないでしょうか?

しかし、救急車を呼ぶべきか呼ばないで大丈夫なのか迷ってしまうと思います。

そこで今回は、救急車を呼ぶか迷った場合に行うべきことを解説していきます。

救急車を呼ぶべきか迷ったら


急に子供が倒れた、子供が頭を打った、自分の体調が何らかの症状が出てつらいそんな時に、救急車を呼ぶべきかどうかを悩む心の余裕はありません。

「どういう症状なら救急車を呼ぶべきか」「救急車を呼ぶべきでない」という判断をその場ですることは非常に困難です。

そんな救急車を呼ぶか悩んだときに知っておくべきものをご紹介します。

#7119


救急車を呼ぶかどうか悩んだ時は、市町村の救急安心センター(相談窓口)に相談しましょう。

番号は#7119ですが、市町村によっては独自の番号を持っている場合もありますので最寄りの消防署のHPなどで確認してください。

近くの救急病院がどこにあるか救急車が来るまでの応急手当といった相談をすることもできます。

原則24時間365日体制で、看護師などの相談員が相談にのってくれますが市町村によりますので詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

救急車を呼ぶべきか迷ったらかけるべき番号#7119徹底解説

#8000


休日夜間に子どもの症状で救急車を呼ぶべきか悩んだ時は、小児救急専用の電話相談窓口こども医療電話相談が利用できます。

番号は#8000です。

こども医療でんわ相談では、相談員からこどもの症状についての適切な対処方法や病院の受診についてのアドバイスを受けることができます。

小児救急の電話相談は、地域によって利用可能な時間帯が異なります。

救急車を呼ぶべきかどうか悩んだ時に簡単に使えるアプリ


全国版救急受診アプリQ助

があります。

消防庁が作成したもので、症状を入力するだけで救急車を呼ぶべきかを判断することができます。

また、スマホを持っていない人でもWeb版を利用することも可能です。

しかし、こうしたツールを使用する余裕がないほど症状が強い時は、迷わず救急車を呼ぶべきです。

119番通報の方法は下記の記事で解説していますので参考にしてください。

 

119番通報の仕方と119番通報をしている電話の向こう側を徹底解説

迷わず救急車を呼ぶべき基準


中毒症(アルコール中毒、ガス中毒、食中毒等)

変形をともなった外傷

大火傷

大出血

意識障害(意識混濁)

普段通りに呼吸がない

心臓停止

以上の7項目がひとつでも当てはまればただちに119番通報してください。

心配蘇生法の手順


みなさんの中には消防の上級救命士や日本赤十字社の救急法を受講されたことがある人も多いと思います。

この順番は発見から反応・意識の確認、呼吸の確認からなる心配蘇生法の手順なのです。

心肺蘇生法の手順はこちらの記事で解説していますので参考にしてください。

助かる可能性を高める!心肺蘇生法のやり方徹底解説

周囲の状況の確認


まず、周囲の状況を確認しますが、ここでは傷病者が危険な場所にいないか、雨ざらしにされてないかなど、二次事故を防ぐためのものです。

ここで、ガスの臭いがしたり、アルコールが散乱していたり、アナフラキシーショックの原因である蜂が飛んでいる等近づく前に異変を感じたら119番通報です。

全身の観察


次に傷病者の全身を観察すると「大出血等なし」と言いますが、この等が大火傷であり、変形をともなった外傷(複雑骨折や開放性の骨折)なのです。

外傷の手当はこちらの記事で詳しくご紹介しています。

簡単!アニメで学ぶ応急手当(外傷など)

反応の確認


周囲の安全を確認して外傷などなければ、倒れている人に近づきます。

そして、肩口に座り、肩を叩きながら、「大丈夫ですか?」「聞こえますか?」など大きな声でよびかけ、反応があるか確認します。

「反応なし」なら当然、119要請をしますが、「うー」などと反応があった場合でも、意識がはっきりしていないので119番通報をします。

意識がはっきりしないときの判断


意識がはっきりしないとき、『酔っぱらいだから』とか『話ができているから大丈夫』という判断は危険です。

意識がはっきりしないときは話しかけながら以下の点に気をつけてください。

はなしができない

たほうの手足の動きが悪い

やが狭い

しきが遠くなる

ろよろする 歩けない

頭文字でおかしいよ覚えてください。

1つでも当てはまる場合は直ちに119判通報しましょう。

 

意識が朦朧としていたり混濁状態で気を付けなければいけないことは、相手の話をうのみにしすぎてはいけないということです。

「救急車は呼ばないでください」と言われることがほとんどですが、意識障害は大事になる確率が非常に高いため、迷わず119番通報をしましょう。

また、最初より落ち着いていても、65歳以上の高齢であったり、歩けないといった症状が見られるときは119番通報を迷わずにしましょう。

呼吸の確認


呼吸は見分け方は難しいですが横たわっていたり、苦しんでる状況で普通に呼吸していなければ119番通報です。

以下の動画にあるように、倒れている人がしゃっくりのようにゆっくり喘ぐ、不規則で異常な呼吸をしばらく続けることがあります。

これがいわゆる『死戦期呼吸』と呼ばれるものですが、普段通りの呼吸ではないためすぐに119番通報しましょう。

 

心臓停止


最後に心臓停止、これは心臓に耳を当ててもなかなかわかりませんが簡単に見分ける方法があります。

みなさんの人差し指の爪を思いっきりもう片方の爪で押してください。2、3秒で白からピンクに爪の色が戻りますよね。

これで色が戻らなければ、心臓が全身に血液を送り出せていないので、心臓が止まっているといえます。

また119番通報をし、もし反応がなければ心肺蘇生法を行いますが心臓マッサージのやり方はこちらの記事を参考にしてください。

「怖い」「難しそう」と感じる心肺蘇生法の練習がペットボトルでできる

119番通報したら


救急隊到着は全国平均で8.5分かかります。

119番通報をして救急隊が到着するまでの間の応急手当が救命にかかわってきます。

その後、救急隊へ引き継ぎますが、救急隊員に引き継いで終わりというわけにはいきません。

ご家族や友人また、関係者であれば救急車への同乗が求められます。

救急隊が到着してからどうすれば良いかは下記記事で詳しく解説しています。

119番通報をした後どうしたらよいのかを徹底解説

最後に


救急車は、本当に必要とする人のために利用するべき」ですが、自分が「本当に必要とする人」の場合はためらわずに救急車を呼びましょう。

また、Coaid119という119番通報と同時に周囲の救命知識のある人にSOSを発信できるアプリがあります。

下記の記事で紹介していますのでご覧ください。

救命アプリ『Coaido119』で一人で倒れた場合でももっとたくさんの人の命を救うことが出来る世の中に

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA