お尻が太く見えて気になる人必見!お尻が太く見える原因と対処法

出典 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000138.000000979.html

 

太ももやお尻が太くなってズボンがはけなくなった。

 

このように悩んでいる方は多いと思いますが、太ももやおしりというのは脂肪が付いてしまうとなかなか落ちにくいため体の中でも痩せにくい箇所です。

 

また、脂肪がつきやすい場所として

①お尻
②腰
③お腹
④胸
⑤太もも
⑥二の腕
⑦ふくらはぎ

上のように、お尻と太ももは脂肪がつきやすい場所と言われています。

その中でも、

お尻は脂肪がつきやすく、落としにくいうえに、自分からは見づらいため自覚もしにくいという難点があります。

 

しかし、脂肪を落としにくいお尻も原因を知ることで効果的に脂肪を落とすことができます。

そこで今回は、お尻が太くなる原因と『簡単に』、『自宅で』、『効果が期待できる』対処法をご紹介します。

 

 

 

お尻が太い原因


太ももが太い原因はひとつではなく、いくつかの原因が重なっていることもあります。

 

原因が複数の場合は方法も複数取り入れて実行するようにして下さい。

 

大きく分けると、3つのお尻が太る原因があります。

 

姿勢が悪く骨盤が歪む


お尻が太る大きな原因として、骨盤の歪みがあります。

 

骨盤というのは体の中でも大きな骨で上半身と下半身を繋ぐ
大切な役割をしています。

そのため日常生活の歩き方や座り方などの姿勢が骨盤に歪みとして
影響を及ぼしてしまうことがあります。

 

背骨のゆがみからくる自律神経の乱れのセルフチェックの方法と対処法

 

骨盤が歪んでしまうと血流が悪くなりお腹やお尻の脂肪の代謝が落ちて
太ってしまう原因になります。

 

 

筋肉量の低下によるもの


お尻の筋力が低下して、腰やお尻の脂肪や筋肉が垂れることによって、お尻が大きく見えることがあります。

 

お尻の筋肉には、大臀筋と中臀筋、小臀筋の3つがあります。

 

 

出典 https://shogokoba.com/blog/archives/227

 

これらの筋肉がたるんでくると、お尻全体が下に下がってくるので、お尻が大きく見えます。

また、お尻をしたから支えている太ももの裏のハムストリング(大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋)の筋力が低下することでも、お尻は下に下がって、大きく見えてしまいます。

筋肉量の低下による場合は、太ももとお尻に筋肉をつけるために筋トレをしましょう。

 

ワイドスクワット


スクワットはおしりや下半身痩せにはとても効果的です。

 

 行うときの注意点はスクワットは膝に負荷がかかるため準備体操でしっかりと関節をほぐしてから行いましょう。

 

またあまり膝を曲げて腰を落とすと体重が膝にのって怪我や痛めてしまう原因になるので適度に自分ができる範囲で無理なく屈伸させるようにしましょう。

 

詳しい動きについては下の動画がわかりやすいのでご覧ください。

 

出典 sports graphic Number

 

 

 

大殿筋のエクササイズ


①床にひざを立て仰向けになる

②そのままお尻を上げ下げ30回
お尻はできるだけ高く上げることでより効果的です。

床に四つんばいになった状態で、片足を身体と平行かそれ以上まっすぐにあげます。

 

この状態で、足を曲げないように上げられるところまで上げ下げします。

 

普段身体が硬い人はあまり無理をせず、自分のできるところまで行いましょう。これは大殿筋が鍛えられるといわれています。

 

 

中殿筋のエクササイズ


同じく四つんばいの姿勢から、そのままの足の形で股関節を回転させ、足を横に旋回して開いていきます。

 

上半身から横へ平行に90度、膝から先が上に向かないようにすることが大切です。

 

 

セルライトができやすい


お尻についている脂肪が多いとお尻が太く見えます。

 

 

お尻は脂肪がたまりやすく、筋力が弱い部位です。

その上血液やリンパの流れが滞りやすいので、セルライトが出来やすくなります。

冷えやむくみが起こりやすい場所は、脂肪細胞の変性が起こりやすい、つまりセルライトが出来やすいと言うことです。

セルライトとは脂肪の塊で皮下脂肪と老廃物が混ざって固まったものです。

特にお尻や太ももに出来やすく、一度出来てしまうとそう簡単には落とすのが難しくなります。

 

セルライトは、血液循環の悪いところ=冷えているところ、に出来るため、温めたほうが除去しやすくなります。

冷えを改善するために、自宅で簡単に出来るのはリンパマッサージです。

 

出典 ドクターズ ダイエットTV

こちらのマッサージは自宅で簡単に行うことができますが、自分で除去するには限界がありますので、気になる方は痩身エステやセルライトに着目したコースがあるエステサロンに通うのもおススメです。

 

 

 

最後に


年齢を重ねるにつれて、お尻はどんどん柔らかくなっていきます。

 

お尻は意外と人に見られている部分のため、たるんだお尻は老けている印象を与えてしまいます。

 

お尻が垂れているということは骨盤が歪んでいたり腰回りの筋肉も低下して腰痛も引き起こしている可能性があり、見た目だけではなく様々なトラブルの原因にもなります。

 

そのためにも、お尻の引き締めは重要となってきます。

 

お尻は対策を始めても数ヶ月で効果が出るわけではありません。
何ヶ月も継続していくことでだんだんと効果がわかるようになってきます。 

習慣化するための方法に関してはこちらの記事をご覧ください。

 

仕事ができる人の秘訣!KASHの法則と習慣化のコツ

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です