『エアコンは24時間つけっぱなしの方が電気代は安い』のウソ・ホント 徹底解説

 

出典 https://home.tokyo-gas.co.jp/power/special/movies.html

 

『エアコンは24時間つけっぱなしの方が電気代は安い』

このような話を聞いたことはあるでしょうか?

 

特に夏にかかる電気代の半分は、エアコン代といわれていますので、つけっぱなしが良いのか、こまめに入り切りしたほうが良いのか?気になる方は多いと思います。

 

 

経済産業省HP今夏やるべき節電より

 

そこで今回は、『エアコンは24時間つけっぱなしの方が電気代は安い』はウソなのかホントなのかご紹介してきます。

 

 

『エアコンは24時間つけっぱなしの方が電気代は安い』の結論は


『エアコンは24時間つけっぱなしの方が電気代は安い』かどうかの結論としては、一か月など長いスパンで見た時には、つけっぱなしにした方が電気代は高くつきます。

 

エアコンをつけっぱなしにしていると、さすがに少し電気代が高くなります。

しかし、こまめに付けたり消したりしていると余計に電力使用量が増えてしまいます。

30分や1時間ぐらいの外出であれば、エアコンをつけっぱなしにしておくのがおすすめです。

また時間によってはつけっぱなしにしておいた方が良い時間帯もありますので、ケースバイケースといえるようです。
 
 

ずっと家にいる場合


こまめにスイッチをオン・オフせずに、つけっぱなしにしたほうが良いといえます。
 
 

30分程度の外出や、洗濯物を干すのに5分ベランダに出る場合


こまめにスイッチをオン・オフせずに、つけっぱなしにしたほうが良いといえます
 
 

2時間くらいの外出をする


一度エアコンのスイッチを切ったほうが節約できます。
 
 

仕事で夜まで帰らない


一度エアコンのスイッチを切ったほうが節約できます。
 
 

9:00~18:00は、つけっぱなしのほうが電気代が安い


日中9:00~18:00の外気温の高い時間帯は、つけっぱなしの方がこまめに入り切りよりも消費電力量が少なくなります。

設定温度と外気温の温度差が大きくなり、こまめに入り切りしたときの起動時の消費電力量が大きくなることが原因です。
 
 

18:00~23:00は、こまめに入り切りの方が電気代が安い


18:00~23:00の夜の時間帯は、つけっぱなしの方がこまめに入り切りよりも消費電力量が大きくなります。

外気温が低下して、こまめに入り切りしたときの起動時の消費電力量が小さくなることが原因です。

このように、エアコンの運転は、状況に応じて、使い分けるのがおすすめです。

つけっぱなしのメリット・デメリットを知った上で、その日の自分の行動に合わせて使い分けていきましょう。

 

 

入り切りをこまめにすることで、電気代が高くなる理由


エアコンの暖房をつけて、室内が冷える(暖かくなったら)スイッチを切る、また暑く(寒く)なってきたらスイッチを入れる

 

このようなエアコンのこまめなスイッチのオン・オフを繰り返していると、エアコンが常に最大運転(設定温度まで室温を上げる運転)をしていることになります。

つまり、一番電気代がかかる運転を常にしているということになってしまため、こまめにスイッチを入り切りすることでエアコン代がかかるようになります。
 
 

つけっぱなしの方が電力を消費する場合


消費電力は、外気温の変化や陽射しなど天候の影響を大きく受けるため、条件が異なる場合があります。

 

基本的に、エアコンは運転を開始した直後に消費電力が大きく、設定温度に到達した後は消費電力が小さくなります。

 

しかし、急激な温度上昇があった場合などには、設定温度を維持するためには、消費電力が上昇することもあります。

この様な場合は日中であってもエアコンをつけっぱなしにした方が消費電力量が大きくなることもあります。

 

 

エアコンの電気代はいくらくらいかかるのか


エアコンの電気代は、設定温度や住宅性能と言った使用環境や電力会社との契約によって異なりますので、正確な電気代のご案内はできませんが、富士通HP 1時間あたりの電気代はいくらですか?でわかりやすい例が紹介されています。

電気代のご案内は、消費電力から計算した、あくまで目安の代金となります。

1時間あたりの電気代の求め方
電気代(円)=消費電力(kW)×27(円)※

※電力料金目安単価27円/kWh(税込)[平成26年4月改定]で算出。

これをもとに計算すると、

冷房
130W÷1,000kW×27円=約 3.5円(最小)
880W÷1,000kW×27円=約 23.8円(最大)

暖房
110W÷1,000kW×27円=約 3円(最小)
1,500W÷1,000kW×27円=約 40.5円(最大)

というように、1時間あたりの電気代は、冷房時「約 3.5円~約 23.8円」暖房時は「約 3円~約 40.5円」となります。

 

 

消費電力と電気代の関係


消費電力が多ければ、電気代も高くつきます。

つまり、エアコンは室温を設定温度まで上げる間が一番電気代がかかります。

通常、エアコンが最も多く電力を消費するのは、外気温と設定温度の差が大きい運転開始直後です。

その後、設定温度になってしまってからは電気代はあまりかかりません。

また、夏よりも、外気温との温度差が大きい冬のほうがエアコンの電気代が高くなります。

その理由としては、室温を設定温度に合わせるまでの電気代がいちばん多くかかるということは、室内と外気温の温度差が大きいほど電気代が高くなりやすいということです。

住まいの地域により季節ごとの気温も異なりますが、夏よりも冬のほうが室内と外気温との温度差が大きく、電気代がかかる傾向にあります。

 

 

最後に


結論としては、9:00~18:00は、つけっぱなしのほうが電気代が安く、18:00~23:00は、こまめに入り切りの方が電気代が安いといえるようです。

 

つけっぱなしにするか、こまめに入り切りするかはケースバイケースといえますが、エアコン代を節約するためには、稼働時間だけでなく、効率よく運転させるポイントを抑える必要があります。

 

エアコンを効率よく運転させるポイントに関しては、こちらの記事をご覧ください。

 

知っててよかったエアコンを長持ちさせる方法、ドライ機能はお金がかかる?エアコンが故障以外で冷えない方法 徹底解説

Follow me!

The following two tabs change content below.
アバター

不惑の応急手当広め隊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA